2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【姫が犯した】かぐや姫の物語3【罪と罰】

1 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 04:57:35.01 ID:jpN76tEe
かぐや姫の物語
http://www.kaguyahime-monogatari.jp/

スタジオジブリ
http://www.ghibli.jp/

  前スレ
【高畑】かぐや姫の物語2【サンバ】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1385558818/

2 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 07:46:14.78 ID:YQZdqHOK
ジブリ、の最高傑作だと思います。

宮崎? いらんいらん。とっととやめるなりなんなりして結構。

高畑は、死ぬまで働かせるように。

3 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 08:27:57.72 ID:uk1h7t80
キネマ旬報12月下旬号
かぐや姫の物語
上島春彦「世界に誇りたくなる出来」★★★★★
北川れい子「ただ素晴らしいとしか言いようがない、大傑作!!」★★★★★
モルモット吉田「老年期を迎えた高畑勲が、こんなにもみずみずしく生命力に満ちた傑作を作ろうとは」★★★★★

4 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 08:32:55.79 ID:YQZdqHOK
ほんと素晴らしい作品だと思う。

アホの岡田としおとかいう、無知なバカでただのヲタクがとんちんかんなポイントばかりこじつけて
恥さらしてるけど、これはジブリ最高の一本でしょうね。
素晴らしいわ。

5 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 09:25:35.25 ID:Gk8vgInO
昨日見てきたんだが

映画になった日本昔話をみてる感じ
取り立てて凄いと思う気持ちもでないが
特に批判する部分もないし…

見て損したとも思わないが、特に感動も凄いものでもなかった
微妙な気分になりました。

なのでえらい傑作と言ってる人の気持ちも分からないし
とんでもなく貶してる人の気持ちもわがんねw

6 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 09:33:30.81 ID:4Fa9WObJ
>>5
なるほど。それはそれでありだと思う。

映像は面白くなかった?普段ハッキリカッチリした輪郭線とカラフルな色のジャパニメーションや3DCGばっかり見てるから、手描きタッチのざっくりした輪郭線で淡い色使いは新鮮に感じたよ。
映像表現として楽しめたというか。

7 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 09:43:09.34 ID:Sk0t91Cc
外国で賞を取りまくって、「日本ではコケたのかい?日本人はセンスないねw」と外人に笑われなければいいけどな
それを危惧する

8 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:05:51.64 ID:3Rc3MK0a
センスとかスカしたこと言ってろ
絶対観にいかねえ

9 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:18:30.99 ID:pCzaJwrw
姫がおかした罪と罰ってコピーでこの内容は期待はずれだったな
釈然としないが、地球にあこがれたのが罪ということでいいんだよな?なぜそれが罪になるのかは説明なかったよな?


オリジナルに手を加えてみたけど、回収しきれずぶん投げたような映画だった。
姫の方が月に助けをもとめておきながら、やっぱり地球にいたいなんて言われてもね

姫が地球にいたい理由がうすら寒い自分に探しの旅みたいにしか感じられず、別れのシーンで泣かそうとしてんのか笑わそうとしてんのか…

10 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:35:40.98 ID:xLoDWmmB
助けを求めたっても、とっさに悲鳴を上げただけのことだからなあ。
考えた上で月にコンタクトしたんでもなんでもない。
あれでOKってことになる月のルールがそもそも意味不明。
言うまでもなく映画の独自要素だが。

11 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:40:34.24 ID:pQ8VAVKT
原本かぐやが帝へ薬を贈ったのは
翁の頼みをきいてくれたことへのお礼。
原作では帝に心を許してるとか言ってる奴
ほんとにお前は原本を読んだのかと。
帝が兵を出したのも
翁を哀れに思ってと原本に書いてある。

12 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:42:43.82 ID:DwUdLJ+m
前スレの原作厨に言いたいのは、原作は竹取物語だが本作品はあくまで「かぐや姫の物語」ってこと。
まぁ原作厨ってよりはただのネトウヨなのかもしれんが。

13 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:42:50.07 ID:KHfI0U1c
御門の扱いがひどいとか話題になっているけど、
1000年以上の評価に耐えた作品をいじるだけの
ストーリーの詰めが甘かったんだと思いますね。

古事記や日本書紀を読んだ人には地名とかの由来とか
は、後付やこじつけのおまけなんてあんまり
そこは掘り下げないほうがいい。なので富士山カットは正解。

御門は振られた5人貴公子のうちの何人かとは義兄弟やいとことか
で、宮中の女性にも5人の身内は大勢いるわけだし、
姫を恨みに思う人たちが御門を焚きつけたことにするほうが
ドロドロしていて自然だ。

ラストは御門が生き残った4人の貴公子を引き連れて竹取御殿防衛。
防衛軍は兎、燕、竜、虎など6つに分けてどこかで見た顔に・・・
ホーホケキョ!!

14 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:53:45.30 ID:g8r86+V+
>>10
映画だから、で済むなら感想見に来ねーよ

15 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:53:49.27 ID:xLoDWmmB
いじり方がまずかったら、そりゃ原作と比べてあれこれ言われるのは当たり前。

16 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:54:29.94 ID:WgoHhHcU
>>10
月の世界では心乱されることがないから
悲鳴だとしてもただごとではないことになる

17 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:56:31.12 ID:xLoDWmmB
それまでもガンガン心乱されてたじゃんw

18 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:56:45.94 ID:g8r86+V+
映画の感想書いたらネトウヨって飛躍しすぎ

そういえば監督は共産党だっけか
なるほど

19 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 10:59:41.23 ID:KHfI0U1c
大仏が迎えに来るのは違和感あるけど平安時代の人には当然なのかな。
アニメだから宇宙服にしてもガンダムみたくしてもいいのに。

習近平がアメリカから娘を連れ戻すとか、
某教団が家族から信者を連れ戻すとかそういうの想像したわ。

太子族は竹に金塊や絹織物つめて輸出したりしてるんだろうか。

20 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 11:00:42.18 ID:wO8MLhXH
>>19
平安時代は国家仏教
庶民は手を合わせることすら知らんはず

21 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 11:07:50.82 ID:WgoHhHcU
>>16
「もうここには居たくない!」と思ったのは帝の時だけだよ
それまではそこまで乱れてない
この言葉(感情)がスイッチ

22 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 11:08:41.95 ID:WgoHhHcU
>17へのアンカミスw

23 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 11:19:38.58 ID:4Fa9WObJ
>>20
いや、仏への信仰自体は庶民も持ってた。それに朝廷が認証してない民間僧もいたし。
歴史によく残ってるのがエリート僧と有名寺院てだけで。

24 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 11:35:18.54 ID:Gk8vgInO
>>6

映像美に関しても微妙な気持ちになったんだわ
淡いラフのようなこの映像がいいような気もすれば
これがしっかりくっきりした絵だあったらなぁと思うような気もする気持ちが渦巻く微妙な気分w

かぐや姫の顔すら 確かに美しさを感じるときもあればなにか違うな感じもある不思議な作品だったわ

25 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 12:58:32.17 ID:9jTZmnuG
アニメの日本昔話に馴染んだ層から見たら新鮮味がなかったのかも?

26 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 13:33:06.59 ID:PmMmNYTd
日本昔話は1本の時間も短いしストーリー紹介だけだからなぁ
あとは映像とかセリフとかのニュアンスで感情移入するかどうかだけど
こっちのかぐや姫は映画として感情の機微まで描こうとするものだから
日本昔話とは違った良さがあると思うなぁ

27 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 13:55:45.96 ID:I3FDuTV0
おもしろかった。

「元の世界のことを忘れてしまう」がうまく使われてると思ったなぁ
来る前の取決めをおぼえてれば、普通の日本人みたいに我慢して耐えようとしたかもしれないけど、
そうじゃなかったから、感情を素直に出して、後悔することになる

「本当の自由なんてない」が残酷な形で出てると感じた

28 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 14:01:57.19 ID:26JPsZT+
これは日本むかし話でもなんでもないって

現代劇のしかもジブリらしい本格エンターテイメントだよ。

途中の久石のカット代わりでの挿入曲がそれらしいから惑わされるけど
ちゃんと見てれば、最初から最後までとんでもないエンタメ作品だとすぐ分かる。

無駄なカットやシーンも殆ど無い。
かぐやが地球に降りてから成熟して月に召されるまでを描いた、
一大スペクタクル映画だよ。

まだ見てないならすぐ見た方がいい。

29 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 14:07:12.58 ID:LTGgbyxZ
「山田くん」も本作もテーマは同じ。
良い事も良くない事も色々あるのが生きること。描き方が逆なだけでね。

姫も藤原先生の様に「適当」に受け止めてたらずっと地球で生きられたのにね。
最後に姫はそれに気付いて月に戻りましたってお話。

30 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 14:14:17.87 ID:PmMmNYTd
山田くんぜんぜん興味なかったけど見てみようかな

31 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 14:40:34.22 ID:2N5vGrdJ
既出かも、知れないが、、

>>http://mamiamamiya.hatenablog.com/entry/2013/12/02/100005

女性の視点で良く書けているレビューだと思う。

32 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 14:45:25.99 ID:YM/PL1IW
昨日のWOWOWのドキュメンタリー面白かったな
色見本がないからカットごとに最適な色合いを模索
田辺さんの絵を真似できてしかもラフ線の勢いを殺さない描き方
当然日本屈指のアニメーターばかり集める事になる
しかも絵コンテが全然上がってこない
こりゃ時間もお金もかかるよ

33 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 14:45:44.41 ID:3RpXG4TU
本人乙

34 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 14:57:13.35 ID:/Ex3U28t
作画が雑で酷いね
まるで原画をまんま動画にしたような感じ
もうちょっと丁寧に描いて欲しかったよ

35 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 15:05:08.59 ID:LTGgbyxZ
ネタとしてもいけてないなあw

36 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 15:29:37.88 ID:A+RkymE2
>>25
昔話DVDまでもってるけど、新鮮だったよ。現代的改変加えてぶち壊してる。かぐや姫にだけ現代的人格与えて、整合性なくなってる。

37 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 15:31:32.43 ID:A+RkymE2
>>34
絵柄は好きだなあ
逆に言えば絵だけしか魅力なかった
あとは曲も良かった。

38 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 15:43:54.82 ID:XQ/zdbVV
かぐや姫が美人に見えてくるところとか動きとかチイチイとか
うまく言葉に言えない部分に凄さがちりばめられてたなあ

39 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 15:53:29.10 ID:PmMmNYTd
天井人と地球人っていう部分はテーマとしてはザルドスなんかに近いものがあるのかな

40 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 16:26:51.54 ID:4Fa9WObJ
>>31
うーん、正直ロキノンのミュージシャンや楽曲レビューかとおもた。
かぐや姫をダシにしてただ自分の言いたいこと書き連ねてる感じがする。女性ってそんなに弱い立場かね?
性差別の存在は否定しない。でも昔も今も彼女たちはしたたかに生きてると思うのだけど。

41 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 16:56:23.41 ID:V1eF8uQP
次スレ【姫を犯した】【罪と罰】

42 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 18:09:07.70 ID:4YYM2Yk4
>>34
同意
制作に何年もかけたのにあんな下書きみたいな絵がカクカク動くアニメしか作れないなんていったい何やってたんだろうと思う

43 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 18:19:36.10 ID:WgoHhHcU
あれを雑な線でそれが生きているように見える人と見えない人
同じ絵をみても人によって解釈が違うよね
製作側の意図が自然に読めた人はいい絵に見えているわけで・・
余白は受けてに補間の余地を残すことで響き方が違う
そこを無意識に補間できる人と出来ない人

より具体的な例では
今の緻密なゲームより昔の粗いゲームの方がおもしろかったと言われたり
俳句なんかは人により響き方がちがうよね

こういうことが理解できないとたぶん普通にできる人が楽しんでる半分も世の中を楽しめない

44 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 18:25:00.61 ID:aIYAW28J
山田くん程にはコケなかったから大勝利

45 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 18:48:58.78 ID:i+w+9iLp
>>43
わろた
なに目線だおまえきもちわりい

46 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 19:06:58.00 ID:6wbB7SkI
観てないからわからないのだけど、

かぐや姫に求婚した人が死ぬシーンで子供がゲラゲラ笑ってたと聞いたのだが、
そこは笑える場面なの?

47 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 19:12:02.12 ID:vtAxivd3
>>46
コミカルな描き方してるから笑う子供いるかも

そしてその知らせをきっかけに姫が切れちゃうから、場面のテンション落差激しくて観客おいてけぼりになる。

48 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 19:25:45.01 ID:3Rc3MK0a
まあ、ジブリはおばちゃんに嫌われる様なアニメ作っちゃ駄目だから これでいい
ジブリ以外でこういう線の絵でもっと時代劇アニメとかはみてみたいね

49 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 19:27:16.41 ID:Obv24pWt
見て来た!
ここで賛否両論だった映像は、自分は素晴らしいと感じたが、萌えアニメが好きな友人はすごく嫌がっていた。

ストーリーも良かったが、姫が感情を爆発させるシーンがいちいち夢オチでガッカリしたな。
クライマックスも捨丸と懐かしい野山を駆け回るのかと思いきや、千と千尋的な飛行を始めてぽかーんとした。
見て良かったけど、何か惜しい印象を受けてしまった。

50 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:02:46.65 ID:tygaLWPu
>>1
× 姫が犯した
○ 姫の犯した

51 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:06:17.54 ID:xLoDWmmB
>>21
かなり適当すぎるな。
心の乱れなら宴会で侮辱されて逃げ出したり(行動付きで居たくないと思ったはずw)、
自分の軽口のお陰で人が死んだのを悔いる時とかの方が、遥かに大きかったはず。
キーワードにだけ反応するんじゃ開けゴマだw

52 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:09:39.69 ID:WgoHhHcU
>>45
反応でどちらの人か如実にわかる一例

53 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:14:28.46 ID:l3fkY8GC
>>50
すいません
深夜にスレ立てしたので寝呆けてました
以後気を付けます

54 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:17:44.32 ID:xLoDWmmB
画的な表現は山田くんの方がいいな。
これをずっと2時間見てたいとは思わないけど。

55 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:18:46.69 ID:xLoDWmmB
>>52
そら、信者/アンチ丸出しのレスなら、嫌でもそうなるだろw

56 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:22:53.70 ID:LTGgbyxZ
>>49
夢オチじゃないの、ムーンライトパワーでリセットされたの?

57 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:27:11.41 ID:pqGo8WPA
>>36>>40
同意

>>46-47
原作も可笑しく書いてあるとこなんだから、
子どもが笑っていいんだよ。
なのにかぐや姫がマジでヤンデレで暴れるから
ぽかーん

>>52
人より日本画よく見る方で、萌アニメは全くみないけど
このアニメの絵をいいとは全く思わなかった。
ちょうど応挙とか見た後だったからむしろなんじゃこらと思った。
中途半端。
絵のスタイルだけ日本画っぽく真似ても駄目で、
日本昔話みたいにざっくりでも情緒があれば美しさがでる。

58 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:30:33.46 ID:xLoDWmmB
甕に頭つっこんで笑い取った後に死亡、って演出の意図がよくわからんな。
高畑ほどの演出家が観客の心理変化がわからんはずがないし、冷水を浴びせたかったのか。
昔のエヴァ映画の実写挿入みたいなw

59 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:36:26.73 ID:vJ/dchP7
>>58
あれは一種のTODOMEだ

60 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:38:21.80 ID:DwUdLJ+m
>>43
同意だわ
感性ない奴はどれだけ損しているのか
かわいそうになる

61 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:42:29.45 ID:pqGo8WPA
ちょっとひねて見れば、
古典だとうまくいってるんだけど、
(最初それほど重傷じゃなくて歌をやりとりしたりして死ぬまで時間があるし、
かぐや姫は天人なので人が死んでもそれほど動揺しない。
そもそも古代は人間の死が身近。)

アニメは現代風の意識を持った人間の女にしてしまったので
私が悪い等々むちゃくちゃ騒ぐという、
古典と現代のギャップを見せてるんじゃないかな。

62 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:49:30.33 ID:xLoDWmmB
>>61
それはまあいいんだけど、ならあのシーンは最初からシリアスっぽく見せればスムーズに流れるはずでね。
オーソドックスな演出ならそうするだろうところをあえて(だろうたぶん)ああしたのが謎、ってことね。

63 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 20:52:09.71 ID:xLoDWmmB
山田くんは、かつての日本昔ばなしみたいに、エピソードごとに画風とか変えてたら、
俺は傑作だと思ったかもしれないなー。
やっぱ見続けると飽きる。

64 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 21:19:45.96 ID:zld4MKRK
外国で賞を取りまくって、「日本ではコケたのかい?日本人はセンスないねw」と外人に笑われなければいいけどな
それを危惧する

65 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 21:20:26.53 ID:pqGo8WPA
>>62
そこでブレヒトですよ。
ギャップをあえてみせるという。

まあ単に古典を現代化するのに失敗してるだけだと思うけどね。
そんなにセンスないから。

66 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 21:31:52.08 ID:qnNf1TMi
>>64
まあ作ったのは日本人だからいいじゃない

67 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 21:58:14.38 ID:26JPsZT+
あの絵は、それ単体で優劣を批評するよりも、あのジブリがあのラッシュ同然の絵で
GOサインを出したという事実が余りにも衝撃的すぎて、その顛末を確認するため
だけでも価値のある挑戦だった。

結果、映画の中身も大成功。
近年稀に見る名作はこうして世に放たれた。

68 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 21:58:30.64 ID:6wbB7SkI
>>47
>>57
ありがとう!

69 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 22:25:02.31 ID:5nZ45oUI
今日見てきた
姫の犯した罪ってなにかよくわからんかった
いきることに憧れたことが罪で、人間の色々な葛藤を味わうことが罰?

70 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 22:36:06.71 ID:mUfc2BtP
禁断の地(地球)に憧れたことが罪で
罰としてその禁断の地におろされた

71 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 22:39:22.96 ID:mUfc2BtP
上記は姫本人が言ってること
その禁断の地で再度罪を犯し罰を受けてるけどね
2度目はととさまかかさまを悲しませ、月に戻っても
頭から離れない唄とともに(記憶を消されたため)理由もなく悲しみが湧いてくるというもの

かぐや姫うつ病になっちゃうやん・・

72 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 22:53:56.97 ID:Gz3F0FW+
> その禁断の地で再度罪を犯し罰を受けてるけどね

・・・はい?

73 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 22:57:28.44 ID:mUfc2BtP
罪2:わがままからここに居たくないと思ってしまい愛情いっぱいに育ててくれたととさまかかさまを悲しませ
罰2:地球で育った記憶を消され、理由のない悲しみを伴って生きていかなければならない

解説めんどくせ

74 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:00:32.86 ID:Gz3F0FW+
そりゃあんたの勝手な思い込みってだけでしょ

75 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:01:34.18 ID:mUfc2BtP
おいおい、解釈も何も観ての通りやんw

76 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:01:36.85 ID:Gz3F0FW+
広告コピーを過剰にありがたがって、何も見ても罪と罰に見えるってやつで

77 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:03:04.91 ID:mUfc2BtP
はぁ? 頭固いね

78 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:14:33.94 ID:oAreYKuF
そんな余計な脳内補完までしてありがたがる人なんてほんの少数だろ。
無理やりなよいしょには付き合い切れんよ。
駄作。それが全て。

79 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:15:59.60 ID:mUfc2BtP
感想はひとそれぞれだが
みたまんますらこれかよw
呆れた

80 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:18:52.54 ID:yo8Pbdk0
月側が竹から金?みたいなのを出さなければ都にいけずにあの兄ちゃんと結婚出来たのにな(混血は月側に阻止されるかもだけど)

基本何もかも月側の陰謀じゃん
地球のネガキャンしてるだけじゃん

そして姫=タケノコが悲しみながら唄うのをまた月の少女が見て地球に興味を抱き…

連鎖を止めようとしたら月側のエラい人が心変わりしないと…
かぐや2でそこらへんやるのは…しんどいか…

81 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:25:51.51 ID:T9EQ5P7G
毎日ID赤くして人の感想にいちゃもんつけてる奴がいるね。
なんなんだろ

82 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:27:05.28 ID:Mfgcdv1Y
>>80
あー、月がわの意図を考え始めると大変だね。
古典と同じで、よくわからないと切り捨てて観てたけど
気になる人も居るんだね。

おれは、最後の楽しげなパレードが、
心底怖かった。ああ、全く心が通じないんだなと。

83 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:27:47.64 ID:mUfc2BtP
よく観てみ
いちゃもんつけてんのはどっちか
それとIDが赤いのは書き込み回数が多いだけ
それだけのこと

こういうことわざわざ難くせつけて言ってくるのこそいちゃもんだと思うけどね

84 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:37:50.52 ID:Gz3F0FW+
>>80
月にしてみれば、地上の人間が何を思おうがどうでもいいんだろう。
罰ではあっても最低限の生活は確保させたかったんだろうし。

85 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:38:43.61 ID:mUfc2BtP
ちなみに
天神が罰で地上(穢れた地)に降ろしたのは実は本人にとっては罰となっておらず
姫本人が天神に向かって最後の方で反抗的に言ってる通りこの地は穢れておらず逆に全て愛おしいとね
逆に一方的に月に帰ることに対して許しをととさま、かかさまに求めてることから
本人が罪を犯したという意識があって、帰りたくないとも言ってるので罰になってるってことね

思い込みというかそのままなんだけど
観たらわかることが何で分からないのかなぁ
2回目みたらわかると思うよ

86 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:40:00.74 ID:Gz3F0FW+
>>82
天人をどう描くかが肝だったと思うんだが、
わりと昔ながらの描写でなんか肩透かし気味ではあった。

87 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:42:36.89 ID:Gz3F0FW+
>>85
それをわざわざ「罪」とか「罰」とか見る意味がないって話だよw
ドラマの中で何かマイナスがあったらなんでも罪だと言えるし、
すべての描写を罰とこじつけることは非常にたやすい。
この作品のテーマが本当に罪と罰というものなのか、まずそっから考えてみるべき。

88 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:44:10.56 ID:mUfc2BtP
こじつけねぇ
頭やっぱ固いでしょ
逆に罪とか罰とかにしたくないって意固地になってるね

89 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:46:21.93 ID:Gz3F0FW+
別にあんたがそう見るのは勝手だけど、あんまりコンセンサスが得られる見解でもないと思うよw

90 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:47:39.85 ID:Mfgcdv1Y
>>86
大乗仏教だっけ、死ぬ間際に
ああやって楽器をかき鳴らして、おむかえがくるんだけど、
仏教だといいものとして描かれてたものが、
ああやって恐ろしいイメージで描かれたのは、
スゴイと思ったよ。

91 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:47:43.60 ID:mUfc2BtP
俺にとっては観ててすんなり解釈できたけどね
そんなもんをこじつけとか言いがかりつけられると
こういう人もいるんだなって思っただけ

つかここまで書いて理解できない人もいるんだなと

92 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:49:59.17 ID:oAreYKuF
じゃあ言うけど、かぐや姫が心底地球が嫌いと思って
戻ればかぐや姫には悲しみは残らず罰は無し、
トトサマカカサマは悲しみ嘆いて罪は残るじゃないか。
罪と罰の対応関係に捉えるのは矛盾してるわ。

だからあんたの無理やりよいしょの脳内補完だとしか感じないよ。

93 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:51:15.07 ID:Gz3F0FW+
>>90
基本的に仏教絵画って、見ると畏怖の念を抱くものが多いからねw
お寺の絵そのまんまっていうか。

94 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:53:02.01 ID:mUfc2BtP
仮にそういうストーリーにしたなら
そのまま理解すればいいだけ
なんでそんなに難しく考えてんの?

95 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:54:48.45 ID:hndQZsae
>>57
確かに日本画ではなかったね。
というかアニメと水墨画の融合(?)は目指していても、日本画らしさは元々目指していないのでは?
応挙より若冲や蕭白や芦雪が好きな自分にはすごく良かったよ。

96 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:54:59.27 ID:Gz3F0FW+
>>92
無理矢理よいしょというか、1つのキーワードに擬えられると「深い読解をした!」と思う段階なんだと思う。
懐かしのMMR的というかねw
「○○は実は△△だったんだよ!」「な、なんだってー!」っていう。

97 :名無シネマ@上映中:2013/12/07(土) 23:56:24.83 ID:mUfc2BtP
この こじつけられてる感がハンパねーw

98 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:05:07.09 ID:dK+Y1YaN
月の大仏みたいな奴らは楽しんでるだろ
かぐや姫というゲームをな

99 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:06:34.08 ID:OqbsjRuU
流刑地での刑期を終えてかぐや姫は天人に戻りました、というお話

100 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:11:52.23 ID:mJuKI5PK
ここではないどこかへ!
ここではないどこかへ!


こ〜こではないどーこーかーえと〜
by GLAY

100人くらいはいるはずだ!

101 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:23:15.17 ID:fZntIXgC
以上、ぼくのかんがえたさいきょうのかぐやひめ でした

102 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:24:41.20 ID:OqbsjRuU
>>100
いやに現代風な言い回しだなあ、とは思った

103 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:27:51.56 ID:roEtZ9yF
ま、こんだけ自説披露したがるファンがついたのなら映画としては成功だろうね。ここまで熱心な奴は他のスレでもみたことない。

104 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:30:45.36 ID:LcU951Qb
>>82
パレードの音楽自体はCD欲しいくらいいいものだけど、それは音楽単体での話

あの場面段々異様な空気になって最後帰るときにまた音楽が流れ始めると絶望的な悲しさが…orz

105 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:31:06.98 ID:n0UbKjUv
自説?
パンフレットよみましょう
自説に拘って素直に見れない人ばかりだね

106 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:33:47.97 ID:G2UUY9QD
>>100
古くさいセリフだと思った、制作はじめたの五年前だっけ?当時はまだこういう自分探し系のテーマが輝いてたね。
最近じゃ個性とか本当の自分とかの言葉も聞かなくなってきたな。

107 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:34:33.52 ID:mJuKI5PK
2人で飛ぶ場面と最後のパレードは
某宗教の尊師アニメが頭に浮かんだw

108 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:36:41.88 ID:90SGvblM
>>105
販促ご苦労様です

109 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:38:28.54 ID:n0UbKjUv
>>108
事実、ここで話されてることがバカみたいにすっきりする

110 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:40:02.00 ID:OqbsjRuU
>>103
いや結構いると思うけど

111 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:40:14.31 ID:90SGvblM
パンフみなきゃすっきりしない映画は映画として成立してないだろ

112 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:41:01.84 ID:n0UbKjUv
事実は事実

113 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:41:52.58 ID:90SGvblM
>>112
あんたパンフ書きうつしてんの?面白いろとするね。

114 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:43:56.46 ID:n0UbKjUv
あなたが何を妄想して何言ってるのか理解できません

115 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:44:55.58 ID:OqbsjRuU
パンフくらいみんな読んでるだろ

116 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:47:37.99 ID:Yi1vzZUX
前半は日本映画、日本文化の最良の部分を取り入れた傑作。
後半は監督の独りよがりの駄作。
そもそも竹取物語でハイジをやるなと言いたい。
あの筆ペンではインド経由の物語のスケール感を出すのは無理。
後半のシナリオを放置するジブリは腐っている。
鈴木も作品を理解していない。

前半は掛け値なしの傑作なので惜しい。
これは風立ちぬと同じ症例だ。

プレスコもアニメーターを萎縮させているだけだ。

117 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:48:44.36 ID:w3fUQd3+
パンフに大仏さんの説明とかあんの?あるなら読みたい。

118 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:49:58.84 ID:+ySSmIxF
罪と罰についてはしっかり書かれてるよ

119 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:50:56.10 ID:OqbsjRuU
>>116
ちなみにどこまでが前半?

120 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:51:09.23 ID:9sunTmu1
>>70
禁酒法時代に酒を飲みたいと思ったら酒場に連れてってくれる罰、みたいなもんか?

121 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:51:55.41 ID:+ySSmIxF
それと高畑がこの映画を作るに至った経緯とか思いとか
いろんなスレでパンフ無視した解釈や見せ方のねらいが伝わっていないで非難されてるのがわかって面白い

122 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:52:41.96 ID:w3fUQd3+
>>118
姫は地球に憧れました。これが罪です。
地球におろされました。これが罰です。

以上のこと載ってたら教えて。
あのコピーで映画がこれじゃぶん投げられた気分

123 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:52:51.51 ID:+ySSmIxF
>>120
その点もパンフに明確にかかれてる

124 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:53:50.65 ID:+ySSmIxF
>>122
ここの点もね

125 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:54:50.30 ID:w3fUQd3+
>>121
大多数の人に伝わってないなら、監督として大失敗だな。

126 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:57:21.42 ID:w3fUQd3+
だからどう書かれてるんだよ
もう寝るから朝までにupしとけよ

127 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:57:47.42 ID:n0UbKjUv
今の日本人の感性が落ちているのが逆
そういう意味では失敗かも

128 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:58:58.20 ID:n0UbKjUv
逆→原因

129 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 00:59:22.76 ID:iMGfnv/V
結果的に人生を無為に過ごしたと、
迎えが来る間際に気付いたことが罪と罰なんだと思ったけど違うのか

130 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 01:00:55.44 ID:OqbsjRuU
>>120
まんじゅうこわい

131 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 01:02:14.89 ID:OqbsjRuU
映画を見る時間があったらパンフを読む方が有意義らしいです

132 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 01:03:14.31 ID:n0UbKjUv
>>129
パンフでは帰還女性の記憶を呼び覚ませて苦しめたことが罪で
同様に苦しむようにと地上に降ろされたのが罰として書かれてるけど
それも解釈として正しいと思うよ

頭の固い人にはパンフ以外の解釈はこじつけになるらしいけどw

133 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 01:17:14.48 ID:OqbsjRuU
個々人の感想としてなら正しいも間違いもない。
正しいとか言い出すのなら、妥当かどうか判断されるのが当たり前。

134 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 01:19:57.95 ID:iMGfnv/V
天人側の背景を知るにはパンフ必要なんだな
流石に月世界の事情に関しては
映画の情報だけでは想像が及ばなかった

解釈や情報不足で、つまらんわけわかめ
って感想持たれると残念だ
いい映画なだけに

135 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 01:22:21.96 ID:iL74E5l1
パンフ厨

136 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 01:42:12.37 ID:FJLMVnxv
パンフを読まないと創作者の意図が伝わらないってことは
誰にも反論の余地のない失敗作ってことだ。

137 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 01:48:43.44 ID:FJLMVnxv
>>127
ヤフーレビューのこのコメント思い出した。役に立つ押したわ。

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id344585/rid723/p5/s0/c43/

現代という時代はこんなことをするのかと思った。
日本最古の美しい国宝の器に型をとり、偽物を作って、
「日本最古の器に隠された真実!実は国宝は便器だった!」という
とんでもない宣伝文句で売り出された気分である。

「実際は便器だったのかー」「便器の気持ちがよく分かりました」
「いままで見た中で最高傑作!」「なるほどここが傾いているのも便器だったからか」
「人間の生き様を見た気がします」「器を普遍的な作品に仕上げようとしている」
「いい歳して号泣しました。」
「嘘でも便器の方が泣けます。子供も泣きました。」


「日本最古の物語に隠された『真実』の物語」に対して
阿呆面さらした恥知らずのコメントがずらずらと並ぶ。
恥知らずなのは間違いないが、もはや正気か?と問いたい。

138 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 01:58:41.13 ID:n0UbKjUv
2chじは極端(ちょっと変わり者)なんだよ
特に書き込むような人らは

139 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 02:04:52.20 ID:iMGfnv/V
>>137
キノの旅みたいなノリだな

140 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 02:12:25.03 ID:vkhtm8bv
>>45
わかってる人全般の印象だとおもうよ。

141 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 04:29:24.66 ID:uc5JTUHs
来週のハゲ評だな

142 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 05:10:05.87 ID:ZwWjHlF3
>137
便器みたいなレビューコメントじゃん。
便器みたいといってるだけで、その論の根拠になる説明をなんらしていない。
評論でもなんでもない、「便器」といいたいというアイデアだけがうかんで、それをそのまま書いてるだけ。

143 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 10:49:48.51 ID:f1tiI8Ye
>>140
わかってる人?
電波受信機でも埋め込まれてる人の間違いだろ。

144 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 10:57:36.50 ID:xZCdJZNk
>>140
もう相手にしない方がいいよ

感性の乏しい人間には何を言ったって理解できない
色盲に色を、味覚障害に味を説明するようなもん

145 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 11:24:48.46 ID:BEvvdvnu
便器映画wwww
見てないけど

146 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 11:28:02.40 ID:nHIeS8el
まあ動きがひどいのは事実だからしょうがないわな
今の均一な描線のアニメを見慣れた観客相手にあの手法でやるなら
1秒24枚でやらないと動きが不自然に見えてしまうだろうけど
恐らく12枚でやってるからカクカクして見えるんだと思う

147 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 11:32:52.41 ID:o76CChYR
ようつべであの絵見て見る気失せた。いつものジブリの絵だったら見に行ったのに。そういうやついっぱいいるだろ。

148 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 11:43:15.93 ID:TpnKhP74
わかる人=正常
わからない人=異常者
なのかよw
なんだいそりゃw
自分がなにを言っているのか理解してるのか

149 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 11:50:19.03 ID:V+j/1Oor
>>132
大仏姉さんを苦しめたから罰を受けたってことか。三回観たけどそんなんわからんかった。

150 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 11:52:38.09 ID:J0xY4YAu
結局記憶消されるんだったら、「罰」にならないんじゃないの???

また「罪」を犯してしまうかもしれないじやない?

151 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 11:57:39.15 ID:V+j/1Oor
>>150
記憶全部は消えないんじゃない?
歌覚えてたりするんだから、微妙に悲しみが永遠に残るような酷い罰なんだろうな。

こんな解釈はパンフに載ってないからわかってない人扱いされちゃうのかな(笑)

152 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 12:06:41.11 ID:G2UUY9QD


153 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 12:38:31.71 ID:8UXQyq0R
正しいとか正しくないとか、わかってるとか感性とかどうでもいいんだよ。
学問として映画みてんじゃねーんだよ。

観た、こう感じた、それだけのことじゃん。

映画を高尚ななにかと勘違いしてるようなアホは、映画なんか観ないほうがいいぜ。

154 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 12:44:45.00 ID:IGufWiFv
何が罪で何が罰かっていうのがそんな重要な背景だとは思わんな。
この世に生まれて来て死ぬということにどういう背景があるのか説明が足らん!て
怒ってるようなもん。
そういうのはこの物語イコール世界が成立するための設定でしかなく、意味はないのよ

155 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 12:45:32.95 ID:BWTII9we
パチもんAVでるかな
「姫を犯したツダとババ」

156 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 12:49:25.51 ID:f1tiI8Ye
>>154
映画としてはどうでもいいことなのかもね。
宣伝が悪いんだと思う。

ここのスレタイにも使われるくらいインパクトのある呼び込み文句なんだよ。

157 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 13:07:12.62 ID:Yi1vzZUX
罪と罰というのは
堕天使とか失楽園とか
流出論的な西欧文化の枠組み

要するに竹取物語は日本文化の枠に収まらない
それを無理に収めようとすると破綻する

158 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 13:07:15.21 ID:IGufWiFv
>>156
このコピーは鈴木Pが適当にでっち上げたようなことを鈴木がテレビで話してたね。
高畑勲は気に入らなかったけど、みんなが、これがいいっていうから渋々従ったって。
高畑は鈴木がダミーで出した第二案の「凛とした少女」がなんちゃらってコピーのほうを
押してたとか。

159 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 14:39:46.68 ID:XN57XREQ
>>137
マーケティングとか、パンフのコンセプト文とか、気負い過ぎてるんだよなあ
純粋に表現としては男鹿さんとかの絵は素晴らしかったし、あまりでかでかと言わずに演ってほしかったな。
タイトルもなあ、イマイチ
駿さんが、今昔物語の虫愛でる姫にナウシカを重ねたみたいに、うまく出来たら良かったんだけど
原作を犯す勇気、表現者としてはやはり駿さんの方が一枚上かと

160 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 14:41:55.96 ID:XN57XREQ
今昔物語じゃなかったかもすまん

161 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 14:54:39.90 ID:bxBzTN+E
あの絵が動くのを見て、すごいなあと単純に感じられないのは不幸だよ。
少なくとも汚いという感情は微塵もわかなかった。

162 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 15:09:33.07 ID:PR5lOgR+
生まれ落ちた罪 生き残る罰

163 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 15:16:48.37 ID:ld+N6mHt
>駿さんが、今昔物語の虫愛でる姫にナウシカを重ねたみたいに、うまく出来たら良かったんだけど

同意。ナウシカは名作だと思う。
古典をあそこまでにするとは。
最後の所気に入らないみたいだけど、アニメとしてあれでよかった。
高畑さんは頭の固い秀才という感じ。
オリジナリティーがない。

164 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 15:27:12.41 ID:mJuKI5PK
あくまでかぐや姫の物語でしょ
そこまでオリジナリティ求めるのは違くない?
使徒が来たり大猿になったり美少女戦士に変身したりしても困るべ

165 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 15:31:06.69 ID:ld+N6mHt
かぐや姫にこだわらず
ナウシカみたいに使徒が来たり大猿になったり美少女戦士に変身しても
かまわないと思ってる。

あくまでかぐや姫にするなら、人間にすべきじゃなかった。

166 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 15:37:10.43 ID:xZCdJZNk
いい意見出てるね
俺も罪と罰はこの映画のキャッチコピーとしては的はずれと思う
鈴木Pのキャッチコピーを否定した高畑の気持ちが分かる

167 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 15:42:18.15 ID:xZCdJZNk
>>158
渋々従ったんじゃなく、鈴木Pが最後になって勝手にあのキャッチコピーをマスコミに出したって言ってたよ

168 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:00:57.96 ID:2WP+Dj/0
翁が得意げに1m以上に育った竹の子の皮の残ったままの
奴を食べるとか言って伐採してたけど何なの?

竹の子は地面から穂先がちょっと覗いた程度で掘り出して
採取するもんだろ
あれじゃもうただの竹で食えんわ
ジブリにはいいおじいちゃんも多いだろうにホントにアニメーターって
一般常識ないな

あと、お釈迦様が月の世界に住んでいるとは知らなかったなw

169 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:07:04.95 ID:XN57XREQ
駿なら、御釈迦様は巨神兵かなw

170 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:10:50.30 ID:XN57XREQ
>>168
表現上、現実と乖離してても良しとするのはジブリらしいよ
千と千尋の時も、湯屋の建物の見え方おかしいしw
けどいんだよあれはあれで

171 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:11:17.28 ID:XqRfmfje
>>168
育ったたけのこの先(穂先筍)も美味しいよー
えぐみも少ないしね

172 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:12:02.67 ID:ld+N6mHt
>>158
>鈴木敏夫プロデューサーがこのコピーを提案すると高畑監督から
>「気品がない!」と一蹴されたことを明かした。

>しかし、鈴木氏は「姫の犯した罪と罰」にこだわった。なんとか監督を説得しようと考えた彼は
>まず「清く、凛々しく、美しく」という高畑監督が気に入りそうなコピーを作った。
>監督に見せると「これなら問題ない」と納得した。

>そこで、今度は周囲の人々に2つのコピーを見せて意見を聞いたところ
>「姫の犯した罪と罰」が好評だったのだ。それには監督も意見を押し通すわけにいかなかったようで
>「勝手にやってください!」と不本意ながら承諾したのである。

高畑監督が気に入りそうなコピーwww
見透かされてるwww

173 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:25:09.78 ID:ZaZuP12v
まぁそれなら罪と罰のがいいな
少なくとも罪と罰だと見る前に、ん?何何?って感じはある
清く凛々しくだとああそういうやつね感で見に行かない奴も多そうな感じ

174 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:41:23.99 ID:mJuKI5PK
>>168
この監督東大だぞ、アニメーターだから一般常識ないっつーのは無理あるわ
お前が思いつくようなミスなんて全部考慮してるよ

175 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:44:18.29 ID:39WTXGLt
>>111
50億かけて2時間も上映するのに
パンフで補足しないといけないなんて

176 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:49:18.46 ID:2WP+Dj/0
東大出と、一般常識がない は相互に矛盾するものではないと思うw

凝ったアニメーションを謳ってたけど、正直去年の虹色ほたるや
アシュラの方がアニメーションに関してはインパクトがあったね
アニメーションの凄さを自慢するならせめて3年前に出すべきだった

キャラもかぐやより虹色ほたるのさえちゃんの方が萌えるしな

177 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 16:59:07.91 ID:2IpfL0cg
竹の種類が違うらしいぞ。

178 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 17:01:40.41 ID:2IpfL0cg
引っ掛け問題が随所にちらべられている。

179 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 17:04:53.23 ID:mJuKI5PK
だから今食われてるタケノコとは種類が違うんだって
なんでも地面から出てる部分だけを食うらしいよ

180 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 17:05:58.82 ID:XqRfmfje
いやだからある程度育った竹の子でも穂先は食べられるんだってば
該当シーンよく覚えてないからあれだけど、
間引きのために育った竹の子を切る→そこから穂先だけ切り取って食材にっていうのは普通

181 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 17:09:32.26 ID:mJuKI5PK
だからそういう竹はまだ日本には伝わってないんだっつの
なんだこのタケノコ論議はw

182 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 17:14:16.92 ID:ld+N6mHt
むしろわざとそういうの入れて解説して楽しむというか、
細部は時代考証しっかりしといて
原作の根幹は大きく無視というあざとさがある。

183 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 17:14:31.42 ID:XqRfmfje
あれ孟宗竹じゃないんだ

184 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 17:35:31.77 ID:Q6eXgNjJ
マダケは地上部を食うもんだね。
モウソウチクでも地上部食えるけれどね。

185 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 18:20:11.46 ID:sy4Dl794
つまり罪と罰は監督が意図してつくりこんでないのね。
わかったようなこと言って掘り下げた奴馬鹿っぽいじゃねぇか。

186 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 18:30:09.81 ID:s+2ivjz9
>>168
あれのモデルは釈迦如来ではなく、阿弥陀如来だそうだ

阿弥陀聖衆来迎図
http://i.imgur.com/aLsH0rH.jpg
http://i.imgur.com/B8Y3znP.jpg

187 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 18:35:58.46 ID:3NcczHb7
>>186
そういう問題じゃねえだろ

188 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 18:38:16.84 ID:s+2ivjz9
問題とか知らんが、基本的なことで間違って覚えるのはまずいだろ
鎌倉の大仏をお釈迦様とか言う人もいるんだから

189 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 18:40:51.67 ID:FuMMRsTU
そんな言い合いして神経逆立てあってないで
わらべ唄でも聴いてなごめよ
http://www2.age2.tv/rd2/src/age5174.mp3

190 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 18:44:28.58 ID:s+2ivjz9
食べる竹の子の件でもな
高畑は徹底的に調べあげるから、生半可に突っ込むと恥をかくから気を付けた方がいい

191 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 18:45:03.54 ID:OqbsjRuU
>>148
信仰とはそういうものなんだよ。
なんとかだから信じるとか、できるだけ客観的な視点でとか、そういうのは偽物。
最後に出てきた阿弥陀如来にただすがればそれでいいという教えに従ってるんだよ。
いい映画だよ、仏陀再誕。

192 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 18:56:28.86 ID:xZCdJZNk
これ海外で大絶賛だったら、ここで批判した奴、顔真っ赤にするだろなw

193 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 18:56:29.36 ID:OqbsjRuU
>>182
しっかりというか、調べがついたことだけはそのまんま嬉しそうに引き写したんじゃね。
他との考証レベルの統一とかは一切気にせずにw

194 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 19:00:54.29 ID:lhFaNrpS
2014年スタジオジブリ夏の新作映画が『思い出のマーニー』に決定した。
原作はイギリスの作家ジョージ・ロビンソンの児童文学『思い出のマーニー』
内気な少女アンナが、不思議な少女マーニーとの出会いと別れを通して成長していく幻想的な物語。
監督は『借りくらしのアリエッティ』に続き監督2作目となる米林宏昌。
企画は宮崎駿。
プロデューサーは鈴木敏夫に代わり、西村義明が務める。
宮崎駿は原作小説についてコメントを寄せている。
「この本を読んだ人は心の中にひとつの風景がのこされます。
入江の湿地のかたわらに立つ一軒の家とこちらを向いてる窓。
何年もたってあなたが大人になってこの本のことを
すっかり忘れてしまってもその家はあなたの中にずっとあり続けます。
そして、いつかその窓に出会います。
旅をしてはじめて見た家なのにずっと前に見たことがあるような気がして
懐かしいような切ないような気持ちになって突然マーニーのことを思い出すのです。
これはそういう本です」

公開されたマーニーの画像
http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20130701/14/1216114/8/1600x1062x6330f6f086bf110e9f599b.jpg

195 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 19:06:52.60 ID:OeIP4Q3w
アリエッティを金髪、青い目にしたらマーニーだな

196 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 19:29:17.45 ID:XN57XREQ
>>192
しねえよw
海外で認められたから良いとかお子ちゃまかww

197 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 19:41:48.83 ID:ld+N6mHt
こういうアニメって、権威主義の人がころっと騙されるとは思う。
別スレで信者達が
海外の評論家の評価と賞が欲しい、海外で絶賛されるのが最高パターンとか
もっと大物感出さないと駄目、
〜(有名外国人)に絶賛してもらおうとか言っててドン引きした。
それとも海外コンプのあるバブル世代なんだろうか。

198 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 20:09:18.92 ID:WN5JnWsy
となりの山田君からすれば、絵が綺麗で傑作っぽいけど、
ストーリーの1割ぐらい「ん?」って感じだな。

199 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 20:24:09.93 ID:ZWjLRz4q
あんまりタケノコタケノコ言うから
時期でもないのにタケノコご飯が食いたくなってきた

200 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 20:28:01.42 ID:wVqjon3x
優しいタッチの絵は良かった。昔の美しい日本を想像できた。
ストーリーに何の捻りも感じないのが残念。
爺ちゃんの声優が入れ替わったのは分からなかった。でも爺ちゃん個性強すぎだよ。

201 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 20:36:03.17 ID:x3auVT1x
じじいが悪いよなあ


でも、じじいがこういう行動とるってわかってたからじじいの元に姫が降ろされたんだろうし、
何がわるかったのか、にわとりと卵だよなあ

202 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 20:37:02.09 ID:m1kw55Bf
やわらかい絵がよかった
かぐや姫が走るシーンは
逆に迫力があったなあ

日本でしか表現できないアニメだね。

203 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 20:41:09.24 ID:1esgaZeQ
月人はしゃべんない方が良かったのではないか。

204 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:00:07.86 ID:mLlzzOmt
>>201
悪意に解釈し始めたら、「翁がこういう人物だとわかってたから、
月人たちがあれこれ手配して、かぐや姫が帰らざるを得なくなるように
仕組んだ」ってなるよ
陰謀論にとらわれるときりがないから怖い

翁は、かぐやが人の生まれでないことを直接目にしてしまったから、
かぐやに普通の人間の暮らしはもったいないと考えたんだろうと思う
そこまで踏み込んでない媼は、かぐやの人間らしさを尊重しようとした
どっちも娘の幸せを考えたんだよ

205 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:07:37.21 ID:90SGvblM
外国で賞を取りまくって、「日本ではコケたのかい?日本人はセンスないねw」と外人に笑われなければいいけどな
それを危惧する

206 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:07:49.07 ID:x3auVT1x
いや、でも、中盤からジジイは
「これでわしも、官位がもらえる!官位だぞ!うひょーーーー」と狂乱してたじゃんw

207 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:13:22.72 ID:x3auVT1x
これ、平安京だよね?
花見に行くときに、鳩がとんでいく先に見えてるのって、羅生門とその横にある東寺の五重塔だよね?
平城京だと、羅城門と五重塔の組合せなんてありえないし。

208 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:17:14.65 ID:u2KnuhRZ
>>206
それは古典と同じだけどな

209 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:18:32.99 ID:x3auVT1x
官位もらえたとして、どれくらいの官位だろうね?
官位もらえてない今でも、屋敷は平安京内にあるんでしょ? たいしたもんじゃね?

210 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:21:52.49 ID:3emw++Rp
都の道端には餓死者が転がってるような時代だから、翁の家だっていつ没落して不幸になるかもわからん
かぐやの幸せを思えば、身分の高い人と結婚させるのが最善と翁が考えるのも当然だけどな
かぐやが変わり者なんだよ

211 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:23:19.58 ID:x3auVT1x
京都は羅生門を復元するべきだよな。
金もってんだろ?京都財政って。

坊主に寄付させろよ。

212 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:25:17.67 ID:3emw++Rp
>>197
黒澤明の羅生門みたいになるかもよ
公開された時は微妙扱い
ベネチアで賞を取った途端に日本人は手の平返しで絶賛し始めるとかw

213 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:32:15.63 ID:WN5JnWsy
捨丸兄さん不倫よ、不潔!

214 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:41:27.75 ID:mLlzzOmt
>>213
正直、あそこはハラハラしたw
かぐやと捨丸が抱き合ってるところに、妻子が現れたらどうなるかと…

その前に石作皇子で男の不実さを見てるからなぁ

捨丸の方に幼馴染の子以上の意識がなかったと思いたい

215 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:48:29.57 ID:3emw++Rp
>>214
捨丸に妻子がいる設定にしたのは監督の確信犯だよ
捨丸が戻ってきた時に、妻は勘付いてる
「何かを感じた妻」と書いてある

高畑監督の直筆絵コンテ
http://pbs.twimg.com/media/Bazi6BMCYAE_jtF.jpg:large?.jpg

216 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:54:13.66 ID:WN5JnWsy
捨丸兄さんは泥棒だし、善人じゃないんだけど、
憎めないキャラだね

217 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:55:00.45 ID:mLlzzOmt
>>215
おお〜ありがとう
映像では妻の態度はあまり強調されてなかったと思う

石作皇子も、原典では偽物の鉢を持ってきただけで、複数股かけのエピソードはないよね
かぐやの嫌悪の表現としてはうまかったんじゃないかな

218 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:55:12.81 ID:OqbsjRuU
>>204
天人たちにしてみれば、姫を島流しにはするけど、
あんまり変な奴に預けておかしなことになったら困るし・・・ということで、
見込まれたのが翁なんじゃないの。

219 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:56:34.98 ID:3emw++Rp
>>217
でも、よーく見てた人は妻の表情に気づいたみたい
俺は気づかなかったけど

220 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 21:58:43.28 ID:OqbsjRuU
>>217
問題は妻子持ち設定にしたことで、何が表現できたかだね。

俺の場合は「捨丸ありえね〜」とか「下半身思考か!」みたいな気持ちが一番強くて、
その後を生臭く感じたな。

221 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:05:15.59 ID:WN5JnWsy
自然のなかで本能で動くDQNのほうが
都会のまつりごとエリートよりセクシーなのよ。
たぶん。

222 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:05:52.38 ID:mLlzzOmt
>>220
俺はちょっと違ったなぁ
「かぐやがいくら懐かしんでも、捨丸と結ばれることはない」という予感だったな

浮世離れできる身分になったかぐやと違って、捨丸は現実を思い知らされてる人間だと思う
気の迷いはあるだろうけど、妻子と生業に戻っていくんじゃないかな
一時の夢としてはすばらしいものだったじゃないか

223 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:05:53.74 ID:ld+N6mHt
>>220
穢れを表現したかったんだろうね
穢れと自然な気持ちが一体。

224 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:19:52.00 ID:OqbsjRuU
>>222
俺も最初はそう思ったが、当の捨丸があっさりいっちゃったんで、目が点になったw

225 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:26:16.97 ID:mLlzzOmt
>>224
いや〜
この世界は現代みたいに「願いを言葉にすればかなう」と言える時代じゃないでしょ
かぐや自身が、最後に現実に負けて自分の願いを壊してる
捨丸も思わず口にしたので、どこかで思い知らされると思う

翁があそこまで成り上がるのは、竹から出た黄金があっても、口利きを頼んだり
嘲弄されながら根回ししたり、並大抵の努力じゃなかったと思うよ

226 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:32:31.04 ID:OqbsjRuU
どうせ夢になってしまうから、とも考えてみたが、
むしろ障害なくて幸せを信じられた瞬間に突き落とされた方が切なさ倍増だしなあ。
うーむ、どうもしっくりこない。

227 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:36:37.53 ID:mLlzzOmt
言われると確かに。
かぐやの方が先に捨丸の言葉の危うさを感じて、あれを別れの夢にした、とかかな?
かぐやだけ水の中へ落ちてるよね。

228 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:44:35.15 ID:i6DCxOFB
全然スレ盛り上がってないね。
ネットでのステマ凄そう。

229 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:49:25.28 ID:XXbkI9w0
ネットでのステマが凄ければ、盛り上がってなきゃおかしくないかい?

230 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:50:45.65 ID:VQ1kmh4b
>>224
同じく
捨丸に振られて現実を思い知らされる、もしくは子供の頃の姿に返って駆け回るのかと思ったからビックリしたw

231 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:53:30.59 ID:OqbsjRuU
もしかしたら、捨丸を狂わせたのは姫の能力なんかねえ。
そう考えればその後の諦めも腑に落ちるが、それは流石に妄想の範疇か。
他ではむしろ姫の望みと逆になることが多いし。

232 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 22:58:25.99 ID:i6DCxOFB
そんなに面白いならスレ盛り上がるから。

233 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:04:52.65 ID:XXbkI9w0
興収と見た人数を考えろよ

234 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:16:43.74 ID:H9maQpiG
>>225
あれ出来杉だよなぁ。失礼ながら身分は低く知識や教養もそうあるように見えない田舎の竹取がなぜ…
いやケチつけたら話進まないがw

つうかじいちゃんの異常な情熱がなぁ。かぐやへの愛情の深さは分かるけど。

235 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:20:43.25 ID:fSP0VtsC
絵は白雪姫(1937)の方がキレイだと思う

236 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:20:47.16 ID:0lEe4PfQ
金を持っていればチヤホヤされる時代じゃないものな
身分がものをいう

237 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:22:48.23 ID:0lEe4PfQ
>>232
本スレはここじゃないんだぜ

238 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:28:11.62 ID:OqbsjRuU
てゆーか田舎の爺が金なんか持って都に行ったら、奪われて終わり。
命があったらラッキーくらい。

239 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:42:26.45 ID:ld+N6mHt
確かに。犯人捨て丸かもしれん。

240 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:44:49.68 ID:JF37SQrM
捨丸=自分目線で見てた。
かぐや姫が都へ行く=初恋の人が私立のお嬢様中学校に進学。
一緒に鴨鍋を食べたかったのに・・・。
月に帰る前に捨丸との邂逅=20年振りの同窓会。
ここで泣いてしまった。

241 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:47:18.18 ID:afxczTVA
動画マンなら、おもしろいんだろうなと思う
月から降りてきた釈迦に対して、かぐやは天照の化身のような扱いなんだね
隣のバカップルが煩かったから、集中して見られなかった
また見るよレイトショーで

242 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:55:40.70 ID:ZaZuP12v
羽衣かぶせようとする天女が爺婆やかぐやの話聞いて心底わけわかんねえって顔してんのがよかった
もうこいつら何言ってもひとつも分かり合えないし無駄って感じで

243 :名無シネマ@上映中:2013/12/08(日) 23:58:39.78 ID:ld+N6mHt
さながら信者とアンチだなw

244 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:02:51.81 ID:o20oVk6F
>>241
2回目見るときは、前半部分の印象がガラリと変わって楽しいよ。

245 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:08:39.11 ID:57uv7ibF
>242
姫「ちょっと待って! 地上は穢れにまみれたようなところじゃないわ! みんな----」

 天女、はいはいワロスワロスってな感じでバサーって羽衣かけるw

姫、ポカーーン、記憶喪失顔に

246 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:09:30.75 ID:TMMjyB80
何でも二原論にしなきゃ思考できないのかい
俺は面白かったと思うけど、違和感あったり疑問に思ったこと書くよ。

絶賛称賛でなければアンチ扱いされたり、わかってないと上から目線の謎発言されたり、
逆にちょっと誉めたら信者扱いされたり

極端なこと平気で言う人はどっかおかしいよ

247 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:23:16.38 ID:dKhl/zXk
お前こそ突然なんだって感じだ

248 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:23:58.87 ID:UyZEZHIu
「最高傑作」とか「罪と罰とは」「原典に無い真実」などと
熱狂的に大騒ぎされたせいでかえって白けたしがっかり感が半端ない。
監督がそんなもの元から意図して作り込んでないのだから、
中味身の丈にあったキャッチやレビューに留めて欲しかった。

249 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:25:22.81 ID:g/teUZdD
淡竹(はちく)、真竹(まだけ)でも30cmぐらいで収穫するそうだけど、
1mぐらいになってから食べる竹って何だ?

250 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:26:06.75 ID:eIgH6gCj
これは高畑勲が仏教に喧嘩売った作品だと思った。
かぐや姫=自然児で、自然な感情に従って生きる存在。
仏教の教えは人間の感情を煩悩と捉え、喜怒哀楽を超えた涅槃の境地=月の世界に
見たてて、この人間世界で、素直な魂を持った感情が傷つかずに生きていけるかというね、
かぐや姫はこの戦いに敗れたのだけど、でも、感情を超克した月の世界よりも、
感情が苦しむこの地上のほうこそ愛おしい、そんなメッセージを感じました。

251 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:29:23.44 ID:dKhl/zXk
宗教はアヘンとする共産主義者だからな

252 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:31:14.87 ID:DYeLCg0f
そんな深読みする気が全く起こらん
坊さんの念仏聴かされてるような映画だ
ガキがずっと騒いでたが俺はガキに同情した

253 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:34:27.13 ID:UyZEZHIu
>>252
全くもって同感だわ。

254 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:40:34.35 ID:l376Qdol
月に大仏が住んでるわけがないから駄作

255 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 00:57:13.02 ID:++e5MFA2
雑な作りだから深読みできて楽しいのに、自己流解釈にしたり顔で感性がどーのわかる人にはどーのうるせーったらありゃしねー

256 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 01:06:44.95 ID:I94yhWfv
女:感情移入して泣く
男:謎解きにはまる
こんな感じかね
パンフや小説買わせるのはAKB商法ならぬジブリ商法だな

257 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 01:08:35.12 ID:g/teUZdD
虹色ほたるもレンタルでいいから観といてね

258 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 01:53:51.78 ID:yqbwrRnH
月の世界、仏教の否定でないと思う
この世界とこの世界を生きることの肯定?
でも都の生活は否定だわな
結局田舎、自然万歳ってことか

259 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 02:25:05.54 ID:7Z39MA2S
否定とかそんなんじゃない。
超越してるんだから。
否定肯定ではない、別次元。

パンフ読めばわかる。

260 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 04:04:43.31 ID:RCg5tg+V
CMがセンスなさすぎてワロタw誰があんなの考えたんだろう。

261 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 04:41:38.83 ID:ybFu3lgx
俺は、ものを作ってる人に
敬意をもてって、いうメッセージが
あるのかなあって思ったよ。
都のやつは、誰かが作ったもので生きてるし、
月のやつは、そこから外れてるしなあ。

262 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 08:57:49.28 ID:IW96hDzt
途中2回ほど夢オチでしたー的な描写があるけどあれは夢オチだったの?

263 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 09:16:22.61 ID:HEOGRUoR
>>209
五位

264 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 09:30:54.34 ID:LZzT8vFi
最後に姫が地球を振り返って見てたのは何だったんだ?
もう記憶はないんだよね?

265 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 09:38:15.94 ID:JJfjbZXR
>>248
いや企画書読むと、高畑はそれっぽいこと考えてたみたいよ。
罪と罰は別にテーマってほどじゃないけどね。
キャッチコピーのせいで過剰反応する人いるが。

266 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 09:38:45.98 ID:HEOGRUoR
わらべうたくらいは覚えているんだろ

267 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 09:41:11.60 ID:JJfjbZXR
>>250
いまが、現世でかなり自由に幸せに生きられる時代になっちゃってるからねー。
当時の仏教観とは相容れなくて当たり前なんだが、そういうところをこの映画は全然配慮してないからな。

>>264
よくある演出、って以上の意味はないと思った。

268 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 09:53:13.77 ID:CJjZbBBf
企画書(笑)
映画の話しろよ

269 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 09:54:41.14 ID:JJfjbZXR
元の意図って話をしてるからな

270 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 09:55:34.19 ID:lDhaA1Tv
高畑監督が仏教にケンカ売ったというか、原作がそうなんだから仕方ない
悩むことのない月の世界に戻ることなんてちっとも嬉しくないってかぐや姫が言ってるんだよ
当時の人間なら出家したい、解脱して悟りの世界に行きたいって思うのが普通なのに
これってかなりすごいことなんじゃないかと思うんだが

271 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 09:56:26.66 ID:lDhaA1Tv
まあ、紫式部はその竹取物語を評価した上で、源氏物語みたいなのを書いちゃうんだけどな

272 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 10:01:27.28 ID:4b2MVqCL
原作がすごいよな。
かぐや姫を人間にしないで深読みした方がすごいものができたと思う。

人間にしたら今回みたいに心理とか人生とかで簡単にできるけど。

273 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 10:24:24.93 ID:xII5Me5/
なんで大仏の頭をピカチュー色にしたんだろうな。
そこだけ気になった。

274 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 11:33:44.54 ID:eicvQSVt
我が国の総理大臣を呼び捨てする左翼のじじいの作品見るかボケ

275 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 14:08:48.62 ID:4b2MVqCL
左翼としては大成功だな。
これでずっと日本最古の物語は少女が苦しんだ話と誤解する奴が出てくる。
なかでも一番ひどかったのが天皇。

276 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 14:14:56.80 ID:zLxF3qLI
源平より前の日本仏教は下民の宗教ではなかったから
山出しで我侭な女とは合わない

277 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 15:13:51.82 ID:mCFlGMCF
なんでこれ竹取り物語でやったの
古典を昇華さそるんじゃなくて、現代的リメイクしたうえに姫の人格いじって話の整合性までなくなってる。

セリフも陳腐だよね。
ここではないどこかへなんてヒッピーかよ

278 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 15:33:57.80 ID:jrEUAst6
ここではないどこかへっていうのは女ったらしの軽薄なセリフとして言ってるから陳腐でいいんでしょ

279 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 15:40:18.70 ID:oZfxrb2A
あーなるほど
たしかに信者の発言も左巻きっぽいな
「わかる自分はすばらしい、わからない奴らは見下す」
これって日本共産党の思考そのもの

280 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 15:41:37.96 ID:HEOGRUoR
貴族に「ボク」と自称させてるくらいだからわざとだろ。

281 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 16:06:51.79 ID:4b2MVqCL
>>279
実際は分かってないのになw

時代考証はちゃんとしてる風に装いながら
田舎は持ち上げ、貴族や天皇はわざと貶めてる。
まあ海外でも教養ある人や「オタク」は英語で原作を読むだろう。
そして高畑の竹取物語が「意図的に」改変されていることをはっきりと認識するだろう。

282 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 16:33:41.83 ID:rzHKrUS8
見てきたけど舞台背景の絵が良かったわ
ただ長いからケツがいてぇ

283 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 17:52:56.81 ID:TDZJwh+y
風立ちぬ同様、左翼右翼どちらの道具にされちまってるな。
所詮ここで語るのはそんなもんか

284 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 17:56:47.92 ID:GJJ+6ehZ
二度見したいけど長すぎるからためらうんだよなぁ

285 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 18:09:29.72 ID:pWtoUm0x
高畑監督はコミュニストを自認してるだろ。

286 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 18:13:57.13 ID:WaCYvgV2
今日観てきました。
何度も、寝入りそうになりました。。
罪と罰・・・何か、深い解釈でもあるかと思いきや、、がっかしの作品でした。

個人的にはレンタル100円で充分な作品だと思う。

287 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 18:15:21.45 ID:4b2MVqCL
竹取自体が高畑の思想を主張するための
道具にされちまったからな。

偏ってるな左翼的だなってのは見ての実感。

288 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 18:19:36.07 ID:TDZJwh+y
>>287
そもそも竹取物語自体風刺の塊なわけだが

289 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 18:24:22.20 ID:2bkMocsg
>>288
竹細工職人の歴史的考察すると物凄く面白いよ

竹取物語を書いた人の意図を想像すると興奮する。

賎民扱いされた隼人が大和へ挑戦する物語なんだよ


映画関係ないけど。

290 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 18:24:23.50 ID:3ol4a/p2
>>240
やっぱ男はステマるに自己投影してるね
女は泣いたーって言ってもステマるは眼中にない
女が監督だったら他の男たちの悪い所だけでない魅力も考えただろう
本当にその辺がっかりだよ
例えれば女全員ブスなハーレム漫画を読まされるお前ら

291 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 18:36:40.93 ID:TDZJwh+y
捨丸が未婚で出会ってたら、視聴者全員「捨丸イケメン」で合致するだろうな。
ラストシーンの別れの意味がまた違ってくる

292 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 18:41:41.23 ID:iAwOrenK
昔話のアニメ化というとどうしても改変したくなるのがアニメ制作者の性みたいだけど
この映画は原典の話を最大限尊重しつつ、ストーリー改変しない程度に演出による心情描写で個性を出している
映画の前にディズニーの「アナと雪の女王」の予告編が流れてたが
ディズニー関係者が観てたならアナがあったら入りたい気分になったことだろう・・・。

293 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 18:47:58.15 ID:v5oKOJWP
>>252
秀逸なレビューすぎるから保存しよう
たったの三行でどんな長文レビューよりも的確に言い表してくれた
ありがとう

294 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 19:09:17.21 ID:4b2MVqCL
>>289
竹細工職人関係ないかもよ。
竹取の翁ってもともとただもんじゃないし
かぐや姫が竹から出てくるのは
「竹=筒木(つつき)→月」の言葉遊びだよ。

295 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 19:12:20.41 ID:4b2MVqCL
>>288
諷刺は入ってるけど加減は知ってる。
今回のは不自然にバランスを欠いてると思った。

296 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 19:37:07.93 ID:TnjIn32I
ぽんぽことか火垂るの墓に比べると随分丸くなったなあと思ったけどね

297 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 19:40:00.65 ID:6ZoQbVfE
セーブしないとまずいの?
私営の作品なのに
芸術家がセーブしてたらいかんでしょう

298 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 19:41:38.94 ID:lDhaA1Tv
不死の薬を燃やさせるシーンがないぶん、確かに帝disり成分は原作より増しかもしれないがそれ以外は変わらないだろ
かぐや姫は何を思って帝に不死の薬を渡したんだろうな
輪廻転生すら許さんという意味だったら笑える

299 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 19:46:07.05 ID:N8I8/K0v
>>283
かわいそうな奴らだよな
何見てもそういう色眼鏡でしか見れないんだろうなこれからも
そんな貧しい感性にはなりたくないなー

300 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 19:49:53.53 ID:4b2MVqCL
>>297
セーブしなくてもいいよ。
ただそういう傾向があるって話してるだけ。
ただ問題は、ジブリが竹取物語の真実として広告してるし
日本人でもこれが竹取物語とどう違うのか分からない人はかなり多いだろうと思う。

301 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 19:59:32.44 ID:7BlnuJDQ
>>300
うむ、表向きは竹取物語だけど、中身は別物だな
確かにこの映画が古典の竹取物語と思い込む人もいそうだ
例えば古典では、五人の公達に求婚される件は、かぐや姫が袖にしまくることによって、庶民が喝采する痛快劇なってるけど、
この映画では、可哀想なかぐや姫の話になってる

302 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 20:12:16.80 ID:B5wXtLo9
偽りの自分を生きてしまったという罪。
その償いは何なのか?
そんなことを考えさせられたな。
間違いなく傑作。

303 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 20:14:01.89 ID:G6uh+ESP
瀬戸内寂聴あたりに見せて感想聞きたいね

304 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 20:23:02.54 ID:xII5Me5/
パヤヲ「全員ノーパンじゃねーか。パンチラシーン無しとかロリコンの素人だよっ」

305 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 20:25:40.92 ID:lDhaA1Tv
成長速度の速い幼女とかパヤオ先生にとっては悪夢だろうな

306 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 21:17:33.82 ID:UAvcA9I0
何が言いたいのかよく分からんかったな
姫が悲しみのない世界とかいう現実にはありもしないものを必死で否定して
月に連れ戻されると言っても、楽しい時代が少ししか描かれていなかったし翁が変わってしまって
あえて残りたい世界だったとも思えない
もしかして宮崎監督の「泣くのは素人」発言って製作者とかクリエイター以外の人と言う意味では無くて
月の世界は現実には存在しないと思い知っているからアニメファンはアニメを見るのに
辛い事があるから生きていると実感できる世界最高って何よ?マゾ?
みたいな意味なんではないかと思ったよ

307 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 21:44:09.83 ID:2bkMocsg
何が言いたいか、イデオロギーは伝わったけど、姫がなにしたいのか全くわからなかった

308 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 22:04:02.90 ID:fBLuHSJi
原作読んだことある奴、大杉

どういうきっかけで原作なんて読む機会があるんだ?

まさかお前ら平安時代から書き込みしてんの?

309 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 22:58:39.52 ID:IuPU1cMq
>>300-301

映画のキャッチコピーに権威求めてもしょうがなかろ
劇場公開が終わったらお役御免になったり、みんな忘れるような代物じゃないか

宣伝文句に釣られすぎ&囚われすぎ
制作側は頭の弱い観客にインパクト与えて呼び込めるように工夫してるんで、
それにひっかかってこだわるってことはそういう観客と同レベルってこった

310 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 23:20:43.59 ID:iNC53+48
>>277
まったくだな。
原作のよさを丸ごとスポイルした上に、人間の女性の話としてもよくわからんものになってしまってる。
こんなもん作る意味がどこにあったのか。

311 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 23:23:14.03 ID:A9PQSL/w
見て鬱になる
叶わない夢に条件出されて舞い上がってクソ真面目に頑張って梯子から落ちて死んだのワロタ
俺も15年前にあんな風に死んだんだ

312 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 23:29:24.38 ID:m+b1LHLI
昨日観てきた。結構映画も小説も好きだけどかぐや姫かなり面白い映画だと感じた、音楽も良かったし姫の葛藤もよく伝わってきた。姫、その場の空気が映像から伝わってくる場面もあった
叩きどころがそれなりにあるのは認めるけど個人的にはジブリ最高傑作だと思う。つまらんといってるひとはどんな映画が面白かったのかねぇ…教えてくれないと思うけど

313 :名無シネマ@上映中:2013/12/09(月) 23:36:37.21 ID:Fy4AIFkl
>>311
おまえ幽霊か
成仏しろよ

314 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 00:03:18.54 ID:pH+MrqF0
記憶消えるのは何なの?
何のために地球に降りたのやら

315 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 00:07:38.98 ID:R9W9nQYo
>>31
女女とうるさいな。世界は自意識の高い自立した女性様の為に
存在するのが理想なのかねえ。

こう言うのが褒めるなら駄作だな。

316 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 00:16:50.69 ID:sA2wImkz
>>312
葛藤なんかしてたか?苦しんでるのは伝わるが悩んでるようには見えない。
ただひたすら塞ぎこんでただけじゃん
どうしようどうしようとか、わかっちゃいるがわからないっていうのが葛藤で、単にやだやだするのは駄々っ子よ。

アシタカは好き、でも人間は嫌い の方がよほど葛藤が伝わるってもんよ

しかしジブリは初潮映画多いね。

317 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 00:21:37.06 ID:yxynXtCU
初潮って高畑のおもひでぽろぽろくらいだろ。

318 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 00:24:48.84 ID:5zVPNOCn
そりゃストーリーは千年も語り継がれる不朽の名作なわけだからしっかりしてるわな
ただみんな知ってて どうかいしゃくするのか楽しみに観に行くと
合う合わないはそれぞれ

319 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 01:12:35.99 ID:FGxjF7Ei
>>312
本当に見た?
どこがジブリ最高傑作?
ハッキリ言って損したわ

好きな映画はアニメなら
カリ城
ナウシカ
TVだけど
ハイジ
じゃりんこチエ

こんな事を聞いてどうするの?
『そんなの好きってバカwww』とでも言いたい訳?

320 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 02:14:43.61 ID:NCRSD1w7
>>317
千と千尋とか魔女宅とか、明言されてないけど初潮を描いたとされるものは多いよ。
ジブリ、初潮とかでググれ

パンフには載ってないかも知れないがな。

321 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 02:22:44.02 ID:bzLZLOrt
まあクララが立ったみたいな嬉し涙は流せなかったけど、
サンバ的音楽に乗って月の軍団がやってくるとこで、不思議な感動があった。

322 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 02:28:31.80 ID:FGxjF7Ei
あそこは良かったな
世にもめでたい音楽と共に華やかな行進
怪し過ぎて不気味を通り越していた

その後の月に赤ん坊の姫が映るラストは訳が分からなかったが

323 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 03:36:13.42 ID:1TwFohU4
>>226
だから、妻子がいることで救われてる。

324 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 03:59:21.45 ID:OpZsNaC0
しかしこれだけ物議をかもす映画ってすごい映画の証拠だよ

325 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 04:04:58.91 ID:u7S9QIXu
凄いステマ広告倒れの中身なしで物議を醸してると思う。
え?これだけ?まさかそんなはずないよな?え?ほんとうに?
って。

326 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 05:03:25.58 ID:OpZsNaC0
>>325
アンチもガンガン発言してるじゃん
こういうのを物議っていうんじゃね?

327 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 06:16:18.47 ID:u7S9QIXu
だから物議をかもす=凄いじゃなくて酷いってことだろ。

328 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 06:26:08.52 ID:GMsN3fLB
風立ちぬがアメリカの批評家うけがかなり良いみたいだな
風立ちぬがそうなんだから、これはどうなるのか今から楽しみだ

329 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 07:05:14.58 ID:yxynXtCU
>>320
明言されてないけどってwwww
馬鹿につきあいきれんな。

330 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 07:31:48.84 ID:zuD6XD3Z
>>320
それらが初潮に関係あると思うならお前の言葉で説明してみろよ。

331 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 08:41:23.03 ID:Jcnf1Pke
相模が良かった
姫さまがなんかやらかした時に発する「アッ!」がすごく好き

332 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 09:28:36.95 ID:oUZvKFiF
>>331
ラストでは名付け親と一緒になっていたけど、どういう関係なんだろうね。

333 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 09:57:18.70 ID:XBBMsRSE
ジブリの初潮好きは有名な話
少女の成長をテーマにしてるから当然

334 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 10:29:29.14 ID:OPOUszoL
>>333
有名だっていうなら魔女や千尋で具体的に説明しろや。
このクソが。

335 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 10:36:16.40 ID:XBBMsRSE
>>334
やれやれわかってないなぁ
感性がなんたら

336 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 10:38:48.36 ID:qAMkCG59
相模の「優雅でございましょ」は良かったな。決別したままだったのは残念
女童が不思議なほど話題に上らないのは狙い過ぎのキャラだからだろうか

337 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 10:43:03.64 ID:xvce4mhU
女童かわいいとか言われてるけど
大した役回りじゃないし見た目以外かわいいポイントがなかった

338 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 11:09:26.76 ID:Eg70ejdm
声は前撮りみたいじゃん

そしてキャラの見た目は声優の役者に似せてある

田畑は女童のキャラを見て、びっくりしただろうな

339 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 11:12:24.28 ID:ZsFa476i
みてきた。たるい。こんな話60分で十分だ。
しかも葛藤が描き切れてないし。まー少女の不安定さを描きたかったのかもしれんが、正直ジブリの少女趣味にはもう付き合いきれん。

340 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 11:45:58.68 ID:IT7Myv3y
田畑智子の残念おっぱいにはがっかりしたよな

341 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 11:50:11.48 ID:xvce4mhU
残念じゃねえよエロかったよ

342 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 11:53:29.66 ID:IT7Myv3y
しかし田畑智子もういた話ひとつもないな。
かぐや姫みたいになってしまうぞ。

343 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 12:06:31.45 ID:OPOUszoL
>>335
受け売り野郎ってわけね。

344 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 12:16:35.80 ID:jap0XGYQ
傑作だいや駄作だとネットだけじゃなく世間で話題になってほしいなぁ
お正月の動員見込めるだろうか

345 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 12:31:39.89 ID:IT7Myv3y
しかしさ、名づけをしてやるインベの秋田様(こいつ60以上のじじい)、
かぐや姫を目の前にして、「さながら枯れた泉がわきかえるようだ」のなんだの行ってるけど、
ようするに、初潮きたばかりの女の子(12歳くらいか?)に、勃起してるってことだろ?

キチガイアニメだなw いいぞもっとやれ高畑w

346 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 12:35:57.37 ID:oUZvKFiF
パタリロ女童はかぐや姫のいる部屋を守っていたけど、月の人々が来た時にはいなかったよな。
子どもを集めに行っていたんだろうな。
歌を聴いてしまった故に、記憶は消えても地球で覚えた感情は少し残ってしまったんだな。

月にあの歌を一緒に歌える人がいて良かったな。

347 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 12:53:20.75 ID:xvce4mhU
これ映画館でみなきゃ意味ない

348 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 13:06:15.41 ID:OpZsNaC0
>>347
いや、それはない

349 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 13:43:14.59 ID:u7S9QIXu
>>347
そんなに50億回収に切羽詰ってるのかね。
誰が観ても制作側の50億遠8年、見る側の1800円2時間半
に値するものじゃないって判る。

350 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 13:44:16.39 ID:7rEtfvL7
>>274
お前歴代の首相すべて敬称つけるの?

351 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 13:54:58.91 ID:awN1m8jm
必死なのは、ジブリなのか日テレなのか。。
まさか、アイフルホームも必死だったりしてw

352 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 13:56:17.76 ID:BjY4jO4/
竹取物語って高校の古典で必ず習う内容だと思うんだけど
ゆとり教育になって教えなくなったのかな?
原作を知ってたらストーリの土台はほぼ同じだとすぐにわかるだろ

353 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 13:58:30.33 ID:fjio+krJ
団塊ジュニアアムロ・レイの母親カマリア・レイに大人気なのがまずいんかな。

354 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 13:59:37.92 ID:xvce4mhU
>>348
大画面で見なきゃ価値のないシーンが沢山だからな
テレビで見てもつまらんよ
>>349
観てからいえ

355 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:01:04.50 ID:fjio+krJ
「母ちゃん俺の漫画捨てるなよ。」の母ちゃんももう還暦。

356 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:06:10.74 ID:axHC8vdm
これちょっと残念な作品
家で見た方がいいよ
映画館で見る価値なし

357 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:09:45.42 ID:xvce4mhU
これテレビで観たらそれこそ時間の無駄だわ馬鹿すぎる
今観なきゃもう観る必要ないくらいだ

358 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:13:07.24 ID:axHC8vdm
オレは見てきた感想
たしかに家でも見る価値なしの作品

359 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:14:47.22 ID:u7S9QIXu
>>354
観たから怒ってんの!

360 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:17:38.16 ID:u7S9QIXu
>>357
そう、一言で言って映画館だろうが家だろうが一切観る価値ない作品。

361 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:22:09.29 ID:OpZsNaC0
>>354
言われてみればね
でも俺としては内容重視だったからな
まあDVD待ってらんないからもう一回見るかも知れないけど
意外とリピーター多いのかもな

362 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:31:18.04 ID:dwux8Hcz
バカやろ。映画館で見る価値あるよ!隣の山田君に比べたら。。。

363 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:40:56.35 ID:HYUV0u2O
映画館じゃなきゃ集中力持たないのは確かだな
テレビだとタルくて速攻チャンネル変えるわ

364 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 14:45:33.57 ID:amNUvxBh
売りのアニメーションがさして凄くないのが残念
結構、止め絵も多いし、作画崩れもあったり

365 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 15:33:40.03 ID:HVECKa+u
>>352
良く似とるが違うなにかと感じる
違和感しか残らない

366 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 15:43:29.15 ID:OPOUszoL
http://www.tuins.ac.jp/library/pdf/2006kokusai-PDF/higuchi3.pdf

かぐや姫症候群に関する考察
―準ひきこもり行動との関連から―

367 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 15:44:03.79 ID:XBBMsRSE
その握りしめてる機械でちょいと検索すればすぐにわかることすらせず

368 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 15:47:37.52 ID:WGb+bPqV
月からの使者のシーンが一番の見どころ

369 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 16:16:37.69 ID:ywiOhE0p
かぐや姫って、昔の東映動画の「ホルスの大冒険」のヒルダちゃんに似てると
思ったら、あれも高畑さんだったんだね
原点回帰?

370 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 16:26:03.94 ID:Ua9Uz5mY
>>366
かぐや姫はひきこもりと似ているが、ひきこもりは昇天できないので早く何とかしたほうがいい
たったそれだけのこと言うために何文字費やすんだよ
学部生のレポートか?

検索候補の樋口康彦 気持ち悪い には笑ったが

371 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 16:37:29.88 ID:8ZYZxYmX
論文はそんなものだ

この話ってかぐや姫が女だから成立する話で男だったら映画化なんて絶対にされてない
三年寝太郎や諸葛孔明は最終的に成功してる

372 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 16:37:53.29 ID:Ua9Uz5mY
いろいろ考察するのもいいんだけどさ
単純に物語として好きなんだよね
中学生の頃読んでさ、最後の、不死の薬を大勢のもののふで燃やしに行かせて、だから富士の山というのだって
それで終わったときの感動は忘れられない。きれいな話だと思った
他はすっかり忘れちゃったけど、それは覚えてたしな
そして10年後の今、全部通して読むと語源説多すぎィ!
作者のドヤ顔が透けて見えるようですな。上手いこと言ったみたいな。
センス疑うわ。そこだけはダメだ。せいぜい3、4つに留めとけよ

373 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 16:54:16.05 ID:xvce4mhU
人生を見つめ直せるいい話じゃないか
それを大画面で美しい自然の映像で観れた事は中々感動できるものだったよ

確かに長すぎると思うしテレビで観てたら確実に寝ると思う
今までの高畑の映画はテレビでしか観てないがどれも途中で寝てる

374 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 17:18:48.92 ID:Rey19H7O
高畑さん、ど偉いもの作りもうしたな
どえりゃあ感動しもうしたとばい

375 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 17:46:57.94 ID:MJu+uAei
ID変えるの忘れてるぞ

376 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:12:42.22 ID:RXH6F3ur
罪と罰ねぇ・・。



姫 器物損壊 不貞関係の誘因(不法行為)
爺 未成年者略取 占有離脱物横領
御門 強制わいせつ未遂
捨丸 窃盗他



姫 散々拒否したあげく天の羽衣により記憶喪失の刑・強制送還
爺 愛娘誘拐の刑
御門 プライドズタズタ
捨丸 不倫未遂発覚・嫁により(以下ry

こんなものかな?

377 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:15:31.99 ID:OPOUszoL
姫 猥褻物陳列

378 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:22:18.46 ID:Eg70ejdm
かぐや姫 詐欺罪、姦通罪

379 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:23:53.45 ID:OPOUszoL
航空法違反

380 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:25:31.51 ID:xvce4mhU
姫が犯した罪と罰だってば

381 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:27:19.21 ID:KRGm0UzN
スピード違反

382 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:30:45.09 ID:OPOUszoL
労働基準法違反(児童労働)

383 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:36:01.32 ID:8ZYZxYmX
>>376
つーか元々地球は刑務所で刑期を終えたから帰ってく話じゃなかったか

384 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:37:21.52 ID:vrloa0l3
>>372
語源説多いのは古事記もそうだし当時の流行とかだったんじゃないの?
同じ内容を繰り返すところがあるところからして元は口承文学ぽいし
落語のように面白おかしく話が盛られていったんだろう

385 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 18:59:25.57 ID:fjio+krJ
エデンの園・・・月
地上・・・地球

386 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 19:01:58.43 ID:jLX3ayd+
この映画はヨーロッパで一般公開出来るの?
アニメでも子供のフルヌードはダメというイメージがあるけど、そうでもない?

387 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 20:26:18.71 ID:9t2JMx2d
>>308
遅レスだけど、古文の授業で習ったから読んだことある。
そのときはかぐや姫性格悪すぎ&どん底の悲壮感のなか無神経なくらい
飄々とした天人が迎えにくる最後にポカーンだったけど

388 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 20:54:30.90 ID:QYem6+Hw
>>386
冷泉某がこのままだとアメリカで公開出来ないとか書いていた

389 :名無シネマ@上映中:2013/12/10(火) 23:55:26.76 ID:RMsf2h+z
まったく見る価値が無いとは言わないけど、これ見るくらいならもっといい作品や面白い映画は山ほどある

390 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 00:02:29.30 ID:l5NEq1xy
>>389
オススメ映画教えてください

391 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 00:13:04.31 ID:2quWCmN0
>>389
オススメ教えてください

392 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 00:13:39.76 ID:D28olgmS
なんでもいいと思うよ。
確実にコレよりは面白いからw

393 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 00:14:00.40 ID:ts5Gf1FA
>>387
そうですか。

なら俺も授業で習ってたのかな。
全く記憶にない・・

394 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 00:29:39.32 ID:qxuLRWn3
少なくともこれは今年の邦画ベストワンだろ

395 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 00:41:54.12 ID:/BKd50N2
>>394
今年観た映画教えて

396 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 00:50:34.90 ID:D28olgmS
朝日夕刊のインタビューは面白いな。
これがもっと映画にも生かせればよかったのだが。

397 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 00:55:22.92 ID:qxuLRWn3
>>395
お前がこれより良かった今年の邦画を挙げろ

398 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 01:07:36.72 ID:G4PS6DwF
>>397
横だけど、例えば「舟を編む」

399 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 01:30:58.15 ID:JRfhFJfR
>>396
活かしてるじゃない。

400 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 01:37:02.36 ID:EmUH5TKj
「待てよ。みるみるうちに大きくなったはいいが、このまま若く美しいなんて都合が良すぎないか。そのうち、『おい、お前今皺増えなかったか』『急に白髪が』『腰が曲がっ・・』うわーっ、タケノコ、すまねーっ!」

「捨丸」とは、そののちにかぐや姫が名付けた名である。

401 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 01:49:23.57 ID:9p5HVaW+
>>394
風たちぬは何位?

402 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 01:59:57.09 ID:IDbMxUrB
かぐや姫はトトロを彷彿とさせる動きだったなあ。翁と姫のすれちがいが切なかった。万人受けはしないだろうけど風立ちぬと比べてだいぶ普遍的なテーマだったように思う。お付きの女がいい味出してたわ。

403 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 02:25:55.24 ID:aog8FwVl
最後の天女にワラタ
姫がヒトがーケモノがーイノチがーって一生懸命吠えてる時に
ハイハイもういいからと羽衣きせたw

404 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 02:27:17.94 ID:GQUnRKXX
船を編むはストーリーが糞

405 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 02:37:49.15 ID:0AxTGDoS
>>403
俺もハイハイどうせもう終わりの時間でしょもういいよって思いながら見てた。

406 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 02:44:54.47 ID:2JSUa2sn
原作はもっと酷くて、手紙を書かせてーとかいう姫に、天人は、遅い、だとか、理解できない、とか言うんだぜ

407 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 03:25:41.82 ID:WFikCvBg
姫「ちょま、地上はそんあ悪いやつばっかとちゃ----」
天女、はいはいワロスワロス) 羽衣、バッサ〜〜
姫 ポカーン(痴呆)  

仏陀 ほなかえりまひょか

408 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 03:57:18.50 ID:bBoeU0l9
声優に影武者がいたことも気づかないくせに、いい気になって批判してた奴ってまだいる?

409 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 04:37:40.30 ID:WFikCvBg
岡田としおとかいうデブ涙目w

誰もついてきてくれねーw
世間は絶賛の嵐w

410 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 10:10:23.64 ID:iP/ebYXq
>>408
気付かれるようなやっすい芝居する影武者つかってんの?

411 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 10:59:32.72 ID:HjHyKwII
かぐや姫はジブリ的美少女で可愛いんだけど、多くの男を惑わせる事を納得させる記号的美女の要素が乏しい
その辺がしっかりしてたら捨丸が妻子を捨てて駆け落ちしようとするところなんかもスッキリ頭に入ったと思う

412 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 10:59:55.02 ID:HM4qj7rF
影武者が話題になってから指摘しても遅いわ

413 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 13:35:15.66 ID:vlmtPI/8
>>409
岡田の感想なんて前田有一と同じくらいアテにならないな

414 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 13:39:13.93 ID:gQzvHfe/
昔話を現代的価値観で解釈し直す無粋さ愚かさだけが目に付く駄作だった
高畑君はまんが日本昔ばなしの酷薄さを勉強しなさい

415 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 14:16:27.62 ID:vzKUWtRJ
盛り上がるシーンが両方夢オチなのはちょっと・・・

416 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 15:41:31.99 ID:dEs17UBD
>>414
まさに同意

水墨画をCGでフルカラー化してハートマークや絵文字顔文字入れられたような汚さを感じる

417 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 15:44:43.86 ID:KpRmN2mV
>>411
名付け親のおっさんがかぐや姫の美しさについてさんざん力説してたじゃん
演出としては充分だと思うけど

418 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 15:54:36.30 ID:0hARbpX3
捨丸一派が大人になって家庭を持っていると言うのに成長が早い姫が大人にならないと言う不思議
自分が月から追放されたと承知していた割には異様に子どもっぽい人柄
翁が変わってしまい、プレイボーイに傷付けられ、軽率な言葉で人を死なせ、アントニオ帝に抱き着かれ
でも、月には帰りたくないと言う訳分から無い事を言い出す姫
作り込みが甘いと言うより誰かが意見しなければならないのに何故か出来なかったと言うレベル

419 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 16:23:12.98 ID:vIZIyGwA
>捨丸一派が大人になって家庭を持っていると言うのに成長が早い姫が大人にならないと言う不思議
→一番美しいままで成長がストップしてるんじゃね、だいたい地球人じゃないんだから成長速度なんて思いのままだろ

>自分が月から追放されたと承知していた割には異様に子どもっぽい人柄
→気づいたの物語の終盤、その頃には反省してる

>翁が変わってしまい、プレイボーイに傷付けられ、軽率な言葉で人を死なせ、アントニオ帝に抱き着かれ
でも、月には帰りたくないと言う訳分から無い事を言い出す姫
→地球の暮らしに憧れてた、捨丸と田舎で暮らしたいって言ってるだろ

作り込みが甘いと言うより誰かが意見しなければならないのに何故か出来なかったと言うレベル
→本当に映画見てたかどうか疑わしいほど何一つ理解してないレベル

420 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 16:34:59.66 ID:0hARbpX3
>気づいたの物語の終盤、その頃には反省してる
物語の終盤に月の住人だったと唐突に言い出しただけで終盤に気付いたなどと言う話は何処にもない

>地球の暮らしに憧れてた、捨丸と田舎で暮らしたいって言ってるだろ
捨丸との暮らしは月に帰りたくないと言い出した後の話

>一番美しいままで成長がストップしてるんじゃね、
>だいたい地球人じゃないんだから成長速度なんて思いのままだろ
俺様解釈になど興味無し

これで映画を見たと言うなら理解力以前に記憶力ヤバ過ぎるだろ

421 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 16:36:11.21 ID:GssZeZrV
いちゃもんクソ野郎が沢山いるんだな

422 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 17:34:40.62 ID:qVm54+ea
>>415
夢オチじゃないよ

423 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 17:44:03.16 ID:qVm54+ea
>>414
お前みたいなボンクラが、高畑くんなんて言って偉くなったつもりなの?
恥ずかしい小物だな

424 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 17:46:13.55 ID:ONOmBbqW
>>422
幽体離脱的なかんじなのかな?あれ。実際に捨丸たちは里を離れていたわけだし

425 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 17:48:17.12 ID:nMvt6Ja+
日本昔話は色々種類があり過ぎて一括りに語る事は出来ないよな

それより>>419は言いっ放しで逃げたのか?

426 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 17:59:30.24 ID:6t7OoABm
418は366でも見ればいいよ

427 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 18:02:06.64 ID:nMvt6Ja+
逃げたのなら、まあいいけども

428 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 18:07:27.05 ID:xCgTtGuw
レス乞食か

429 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 18:34:56.39 ID:5twBJQz0
名作であればあるほど
つまらないブーイングも増える
つまりかぐや姫の物語は名作である
観ないと損するにゃ

430 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 18:39:55.47 ID:hr8V1GjQ
今日も言論家がきてますね
逃げたとか久々に2chで聞いたわ

431 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 18:51:54.17 ID:iu7gGHeY
どうあっても天女達に敵わない感じが好きだわ
みんな寝ちゃうし翁もかるくいなされて眠らされるし無慈悲な羽衣ファサーだし

432 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 19:07:03.97 ID:8sXfaw7k
>>424
月の思惑と違う方向に行ったら、時間も場所も巻き戻しできる
媼に乳が出るようにも出来るし、月は何でも出来る

433 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 19:43:10.49 ID:LzRKEBQO
最初の方の、赤ん坊の描写がかわいかったのとお花のスケッチ映像が綺麗だったな〜と。

絵の美しさやときどきコミカルな面を見せようと言う意図は伝わるけど、壮大なメッセージ性が感じられない。
最近のジブリはずっとそんな感じだ。

434 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 19:53:41.17 ID:WlOUC/xn
>>433
そんなこというけどトトロやラピュタにそんなメッセージ性あったか?
そんな大仰なことではないだろ、ジブリの映画は。

435 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 20:18:09.37 ID:HWh/sUaf
あれでテーマ性など無くエンターテインメントにこだわったと言うならゴミクズと言うしかないな
何故か色々なIDを使って見当外れの反論を繰り返している奴も

436 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 20:20:42.62 ID:dK+FDSqS
見たいのに
政治的発言がうざすぎて見に行けない。
残念だ。

437 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 20:33:46.44 ID:HJGOc2xy
サイケな映画やったんだけどちょいちょいこれはマガイモノかもしれんとおもたなあ
あとジブリで最も好きな点は初期の細やかな空気感なんだけどこれは高畑さんに依るところがデカイのかもなとおもた

438 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 20:51:21.50 ID:TW+FgXgt
>>433
言いたいことは判るが、必ずしも映画に壮大なメッセージが必要とは思わないなあ
ジブリといっても色々あるし、ハウルにもポニョにもメッセージは隠されてる
これはこういう映画なんだと思って素直に見てれば何かしら伝わってくるものが
あると思うぞ。もちろん好みがあるだろうからつまらんと思うならそれでいい

439 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 21:01:38.87 ID:ke7GASxf
このスレの最初のほうの書き込み見て 見に行ってしまった
まあはっきり言って 見る価値はないし むだに長く感じた
エンドロール出た瞬間にせきたった ちなみに17時30分からの上映で
なんと観客 俺一人だった いい経験したよ

440 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 21:03:00.52 ID:WlOUC/xn
>>438
>>433は、全ての映画がベンハーとか十戒みたいな映画でないと満足できないんだよ。

441 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 21:34:27.67 ID:sXWr2q+5
>>436
なるほどね

442 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 22:32:35.15 ID:zbvfBe8J
十戒って宗教宗教している映画だよな。

443 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 22:45:16.80 ID:DtMaRovS
>>442
そりゃそうだろ

444 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 23:39:27.23 ID:AID8HxE6
壮大なメッセージなんか別になくていいんだけど、
この映画が他に優れてる点が思い当たらないんだよなあ。
楽しくもなく、深くもなし。
画も手間は掛かってるんだろうが、魅力があるかというと微妙。

445 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 23:42:33.56 ID:AID8HxE6
原作をよく知らなければまだいいのかもね。
アレンジの陳腐さばかりが気になってしまった。

446 :名無シネマ@上映中:2013/12/11(水) 23:59:18.40 ID:lgXSCmx+
このスレで原作原作と何度も話題に上げようとする人がいるから何を言いたいのかと思ったら
文学の話かよ
あんなもん詳しく読み込んでいる奴なんて作り手からしたら対象外だろ
それが分からず得意気に「原作を知っていると分かるが…」って、ちょっとな、痛々しいなと

447 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:00:45.34 ID:pyyCoMzi
>>414
同意。
ありがちな失敗。というかもう古い。

448 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:03:12.30 ID:9mJ2x3cB
>>446
ん?パンフ読まなきゃわからない映画に何いってんの?

449 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:05:18.56 ID:AID8HxE6
竹取くらい読んでても何の自慢にもならんわ

450 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:07:45.12 ID:e6FfoRK4
>>448
読まなくてもわかるが

451 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:07:48.90 ID:561xYA3z
むしろ竹取物語知らない人がいるのかと

452 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:10:39.84 ID:ckWfJgmU
かぐや姫が可愛かった、絵がキレイだった、音楽が良かった。
ほとんどの人はその程度でしょ。

453 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:11:17.37 ID:561xYA3z
絵は好きだな

454 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:13:39.06 ID:7A/Tfiyd
>>444
じゃあ、このスレなんて見てないで、さっさと人生の時間を他の事に使いなよ

455 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:16:11.00 ID:561xYA3z
>>454
なんでそんなに怒ってるの?

456 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:17:51.64 ID:0Bn/7TSe
クソ映画がなぜクソになったのかを考察するのも興味深いものだよ。
特にそれが破格の」制作費がかかってる場合は。

457 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:19:05.57 ID:7A/Tfiyd
>>455
何で怒ってると思うの?
真っ当な意見だと自負してるけど?

458 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:20:54.12 ID:7Sl0VNT0
全然くそ映画じゃないけどな
見る目がないアホは仕方ないね

459 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:21:53.64 ID:561xYA3z
わかってる人来た(笑)

460 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:22:19.20 ID:DmTpn6wl
>>456
このレベルでクソ映画扱いなら、何見てもつまらないだろうからもう映画見ない方がいいよ
特に地味目の映画

461 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:24:42.24 ID:7Sl0VNT0
まあ、おおかみこどもとかけなしまくってたのと同類だろうけど
こういうひねくれた人間はどういう奴かというのが興味深い
推察するに貶すことによって自分が偉くなったような気になって気持ちいとかかね

462 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:25:43.83 ID:ckWfJgmU
>>456
制作費ってあなたに関係あるの?
業界の人なの?

463 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:26:58.58 ID:7A/Tfiyd
業界人は2ちゃんにいると思うよ
高畑って敵が多そうだしw
匿名掲示板なんて鬱憤ばらしに最適だから

464 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:30:47.99 ID:TBb2zzkl
>>460
この映画が地味だと思う?素朴な疑問なんだけど

465 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:31:18.77 ID:/0Fh7J1W
大体クソだって言ってる奴は物語の解釈を誤ってるのが特徴
ちゃんと理解した上で批判してる奴はまだ現れない

466 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:32:20.93 ID:7A/Tfiyd
おおかみこどもを貶す、風立ちぬを貶す、かぐや姫も貶す
こういう人いるだろうな
分かってる俺様という気分に浸れて気持ちいいー、んだろうな

467 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:33:04.67 ID:TBb2zzkl
>>465
パンフも読まない奴に語ってもらいたくないよな

468 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:34:51.09 ID:TBb2zzkl
>>465
もしあなたの解釈を聞かせて貰えるのならお聞かせ願いたいです。

469 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:35:05.83 ID:pyyCoMzi
パンフって無料なの?

470 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:35:38.16 ID:/0Fh7J1W
>>467
パンフじゃなくプログラムな

471 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:36:55.33 ID:ckWfJgmU
>>469
600円

472 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:38:23.80 ID:TBb2zzkl
>>465
僕の解釈では、監督から強烈な、生きることへの希求する心を持つことの大切さを感じました。
そして、それがどれだけ努力しても、本人の努力の及ばないところで全てもう決定墨だという諦観を悟るよう、尊い僧侶の法話をきいたような気持ちになりました。

あなたはどう感じましたか?

473 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:39:39.22 ID:TBb2zzkl
>>470
パンフは間違い、プログラムが正しい。
新しい解釈ですね、でも、真実かもしれません

474 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:41:24.20 ID:pyyCoMzi
1800円+600円=2400円か。
ひとりひとりそれだけ払わないと意見を言うこともできないのな。

475 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 00:48:34.28 ID:DmTpn6wl
>>464
古典文学題材にしてる時点で派手ではないと思うけど
まあ本音はハリウッド超大作でも見てろって言いたかったんだが

476 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 01:12:24.32 ID:/PG/Fw/2
女って割と小さい頃から女を意識したり
意識するよう教育されるものだったなとふと思い出した
かぐや姫の感情はやっぱり女の方が分かり易いんだろうか

477 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 01:17:27.25 ID:bd/ElRZl
>>34は釣りなのかな
原画のタッチがそのまま動くようにワザと動画を苦労して描いてるんでしょ?

あの線の「入り」と「抜き」を色彩込みでそのまま動画にできる技術が凄いんだってば

アニメを作ったことある人にしか、わからないのかな…。

478 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 01:19:52.74 ID:bZSw0tJ3
原作知ってれば分かるとか
アニメ作れば分かるとか
そんな擁護ばかりだな

479 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 01:33:47.82 ID:7A/Tfiyd
擁護って言葉を使う時点で萎える
まるでこの作品が悪いことしたみたいだな
批判する俺様は正しい側と言わんばかり

480 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 01:41:36.88 ID:7A/Tfiyd
まあ、>>34は原画と絵コンテを間違えてるんだと思う

481 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 02:31:55.87 ID:561xYA3z
>>478
パンフが抜けてるぞ

482 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 02:34:00.98 ID:561xYA3z
あと、原作がーって人は擁護じゃないだろ

483 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 02:37:21.40 ID:/0Fh7J1W
>>476
理解は誰にでも可能だと思うし経験者なら性別問わず共感もあっただろう
例えば翁や媼は現代なら毒親に近い扱い
娘の望むものより世間の価値観を娘に強いてるからな
ただ裳着式の宴の場面、かぐや姫がなぜ疾走するに至ったか
あれについては男よりも女、とくに美人の方がやや飲み込みやすいと感じた

484 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 02:43:36.49 ID:1GEaq1Oy
人間は汚らわしく穢れた生き物、だけどすばらしい!


何回目だよこのテーマ。

485 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 02:47:35.09 ID:VQm0sHI5
>>483
感じたんだぁへぇ

486 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 03:09:12.07 ID:XtoNnBqL
>>483
>娘の望むものより世間の価値観を娘に強いてるからな

違うだろw、当時は貴族の暮らしが最高の幸せだったし映画では描かれてない贅沢な
生活習慣(毎日の食事とか)もある。それに価値観だけでなく爺には竹から集めた巨万の富を持ってた
から無理して背伸びした価値観の「押し付け」じゃない。尺の関係で物語の進行上、どうしても押し付けに見えるだけ

487 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 03:14:09.39 ID:/0Fh7J1W
>>486
>当時は貴族の暮らしが最高の幸せだったし
それが価値観の押し付けなんだよ
かぐや姫はその生活を望んでいない

488 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 03:33:08.80 ID:79/r7EAM
30分程度にまとめてジブリ美術館のコーナーでただで垂れ流しとく程度の作品だと思った。
かぐや姫の物語の罪とは過剰なキャッチと中味に相応しくない大げさな絶賛でしょう。
「ただのかぐや姫です」って言っておけば良いものを。
泣いたの最高傑作だのサクラまで動員して・・・最高傑作なのは映画じゃなくて
観客騙して集めたプロデュースの方ですね。
罰はこれからってことで。

489 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 04:17:23.28 ID:oBnAdQgQ
>>488
正直俺も同意見なんだが、キネ旬で手放し五つ星絶賛になってるのは
どう飲み込めばいいんだろうなと思うよ。
なにか俺が馬鹿で感覚が死んでるところあるのかと思って

490 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 04:48:25.50 ID:U2fCrJ0q
映画をみる年齢によっても、評価が大きく分かれる作品だとおもう。
中高校生とか、まだまだ人生取り返しつくというか、始まってもいない若い人たちがこれを観ても
退屈なだけ、という感想抱いておわりじゃないかな。
物語の本質に、思い描くことないとおもう。

491 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 05:29:19.88 ID:11uOBOtV
チャラ男が無理矢理御簾あげちゃったら
中にぶんむくれた姫がいたの
あれは姫が化けたのではなくて女童?

492 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 06:17:41.58 ID:GNrgIi6E
>>491
あれは姫じゃなくてチャラ男が離婚した奥さん
ちょっと前に、チャラ男が姫を迎えるために屋敷を新築して、奥さんを離縁したという噂話してる

あそこもちょっとギャグっぽかった

493 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 06:20:25.29 ID:bd/ElRZl
>>491
あれはチャラ男の正妻、奥さんだよ。

「ここではないどこかへ〜」って口説いては飽きたら捨てて、
ショックで尼になった女がゴロゴロ居るのよ、ってナレーションあった。

494 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 06:23:26.32 ID:GNrgIi6E
この映画の視点は女性にウエートがかかってるように感じた

栄達や社交辞令や女性をひっかけることが関心の男たち、
普通に自由に生きようとする女たち
(相模のように男社会に適応した女もいるけど)

495 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 06:31:14.76 ID:bd/ElRZl
>>492
あの奥さん、離縁したあとなんだっけ。失礼。

つまらないとか観る価値ないって感想の人たちの年齢って若いんだろうな。
孫がいるくらいの年齢じゃないとわからない感覚なのかもなあ。

496 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 06:41:30.37 ID:GNrgIi6E
>>495
どうなんだろう?>離縁
これは確認したひとに書いてもらえるとありがたいですね

「殴り合う貴族たち」という本には、平安時代の天皇が侍女に手をつけてできた女子が、
成長した後に身分も何もなくひっそりと貴族の屋敷勤めしていて、強姦されて
打ち捨てられたという話が載ってます
天皇のスキャンダルになるから表ざたにならず、貴族の日記だかに残っているだけで、
名前は記録されてないの
とても哀れを感じた

それとほぼ同時代の話なんだよねこれ
映画の中で女性の扱いの話はほとんど出ないけど、前知識があると、かぐや姫の行動には
そういう不満もあるのかなと思えてくる

497 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 06:42:47.70 ID:GNrgIi6E
>>496
ゴメン、書き忘れ

> 成長した後に身分も何もなくひっそりと貴族の屋敷勤めしていて、強姦されて
> 打ち捨てられたという話が載ってます

殺されて打ち捨てられてたのです

498 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 06:47:49.37 ID:11uOBOtV
>>492-493
サンクス
前妻がいつどこから屋敷に入って手引きしたのは誰なんだと
其の辺ちょっと欲しかった
神の啓示みたいなので女童が言わされてるのかと思った

499 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 07:58:01.85 ID:5FVR79ho
女性の人権がどうとかいうわりには不倫推奨で一夫多妻を
擁護してる日本のフェミは世界では異質・・・ってか相手にされてない。

500 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 08:11:14.66 ID:Blz1dwmk
不倫にこだわっている人は、この映画を理解できたか怪しい

501 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 08:12:09.83 ID:zg22zm8u
戦争があれば能力に差はあれど勇敢な男から死んでいき
利口な男から国を去っていく
命懸けで国を支える男というものはバカ、殺人狂、貧者、護るべきものをもつ者

女は優秀な男を捕まえて国を維持するための碇であり男が命を賭けるに値する正当な報酬である
乱世はそういう時代

502 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 08:48:32.49 ID:NwGy3PfE
あれが不倫推薦なんか
映画の中に出てくれば推薦になるのか
殺人事件が出てくれば殺人推薦か

503 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 09:19:10.11 ID:T/BUsScy
あれは捨丸でさえ理想の王子様ではないんんですよ、この世はこうしてままならないものというのを表してる
推薦とは真逆の表現

504 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 09:36:08.85 ID:EdRQdctf
フローラ・・・ミカド・五人の求婚者
ビアンカ・・・捨丸

505 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 09:38:33.14 ID:guBbPpwE
妻子を捨丸

506 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 09:47:12.35 ID:79/r7EAM
ステマは捨て丸

507 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 10:01:39.15 ID:79/r7EAM
映像表現にしたってまどマギ以下だよ。

508 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 10:05:08.56 ID:4/mGK9En
>>490
うちの息子7歳と娘3歳は大喜びだったよ?
ジブリは映像と音で小さい子でも見れるように作ってる。

あと、大雑把に年齢で見方や評価が異ならないものなんてあんの?

509 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 10:42:38.14 ID:9mJ2x3cB
>>498
パンフくらい読め
パンフに全部書いてる

パンフも買わない層に映画を語ってもらいたくないな。

510 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 10:58:49.80 ID:Ju9k0PoG
あれはわかり難かったな

511 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 11:05:48.65 ID:ouZavfIm
どうして分からないのかが分からない

512 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 11:08:50.45 ID:11uOBOtV
>>509
別媒体で補完しないと分からないような表現もどうかと思う
せっかく上質な映像で作ってるのに

513 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 11:20:52.04 ID:rkDJ1lCV
子安貝取ろうとした貴公子が落下して死んだ時
いきなり姫が私もニセモノ〜って取り乱すのが凄い違和感
原作でも姫は貴公子が死んだ時ちょっとかわいそうだなあとは思ってるけど
そもそも姫が無理難題ふっかけたのが原因なのに勝手にブチギレて
媼も「あなたのせいじゃないわ」とかイコイコしてるだけで
おいおい甘やかすなよ!って感じだった

514 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 11:26:35.19 ID:T/BUsScy
原作での石上中納言の死への反応の方が違和感だろ
性格悪すぎ

515 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 11:33:05.93 ID:pyyCoMzi
人間じゃないし虫が死んだぐらいの意識なんじゃね
人間じゃないっていう大きな要素無視したらダメだわ。

516 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 11:36:10.45 ID:1GEaq1Oy
>>490
世代によって本当に変わる
今の世相をみたら、「団塊老人が死ぬ前に人生を美化して死にたいんだろうな」としか感じられない
自然が素晴らしい、人間は素晴らしい、でも宇宙の絶対的真理には逆らえないよね

明日のメシや老後が不安な若い世代からしたら苦労知らずに食いつぶした世代に
そんな事を言われてもしらけどころじゃないと思う
逆に枯れた老人と社会に出てない子供には好評なんだよ

517 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 11:41:28.88 ID:T/BUsScy
この映画の叩きは容認だが、原作の明らかなダメなところは叩いてはダメな雰囲気
515とか

518 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 11:42:18.96 ID:T/BUsScy
>>515
人間を虫としか思ってないのか
超絶クソ原作だね

519 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 11:51:03.06 ID:pyyCoMzi
>>517-518
高畑監督もその感覚なんだろう。そこに問題があると思ってる。

520 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 12:04:15.86 ID:T/BUsScy
>>519
そんなことはねえよ
卑怯なまぜっかえしするなよ

521 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 12:05:08.86 ID:T/BUsScy
反論されたら卑怯なまぜっかえし
お前は、クズだな
どうしようもない人間

522 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 12:08:02.72 ID:EdRQdctf
そもそもシスプリ的なところがある原作だし。

523 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 12:12:27.86 ID:79/r7EAM
>>507
あれ?俺とID被ってる・・。
同じマンションに住んでる人なのかな?
まあ映像表現が特別じゃないことには同意だが。

524 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 13:03:42.91 ID:Rs4onmk/
ヒルダに見えるシーンがあったなあ
雪の上に倒れるとことか
わらべ歌を歌うとことか
ホルスのDVD観たいな

525 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 14:57:39.26 ID:UVzz3EO1
見てきた人がなんの感想もないって言ってた

526 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 15:09:15.77 ID:+PFDl9R8
ごちゃごちゃ言ってるやつに限って観に行ってないよな
とりあえず自分の目で判断しろよ

527 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 15:22:36.48 ID:H8FAk10z
>>526
都合のいい妄想だなあ

528 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 15:37:05.05 ID:+PFDl9R8
>>527
観てから言え

529 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 17:03:30.70 ID:Yr8kFA4s
映画「利休にたずねよ」を観ようと思ってたけれど、拉致られ日本に売り飛ばされた高麗のお姫様が日本に茶の湯を伝えた、という話になっていると聞いて観るのやめた。
1800円を払う前に知って良かった。映画館で怒りに震えるところだったわ。


74 名前:名無シネマ@上映中[] 投稿日:2013/12/07(土) 21:33:41.53 ID:6Yng6gja
やっぱり高麗女の拉致はねつ造か
東亜板の連中が感づいて動き出すのも時間の問題だぞこの作品やたら鮮やかな色付きの服もそうだが
○朝鮮式水飲み
○利休の師匠による人権を踏みにじる発言
○豊臣秀吉を意図的に侮辱する内容
○朝鮮語
○なぜか琉球人が利休に朝鮮語を教える

実際の韓国の茶道はトイレットペーパーを使用します
http://livedoor.blogimg.jp/sdtnk55-2ch/imgs/b/e/be519c68.jpg

530 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 17:26:06.30 ID:LfKR4Bs+
>>513
かぐやのキャラ付けは完全に失敗してるよな
情緒不安定自然大好き少女とかハイハイジブリジブリって感じ

531 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 17:28:12.67 ID:iL8d0OAl
ハプスブルグ家みたいで笑ったわ

532 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 17:39:11.12 ID:+dp6vzHC
落ち込んだら情緒不安定キャラなのか

533 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 17:53:15.68 ID:HooU162C
昔の天皇家は異母姉妹とか姪とか妻にしまくりで近親率すごいが
ハプスブルグみたいなガチではない

多神教の地域だから間男の血で中和されてる

534 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 17:53:22.46 ID:/H4bCS4G
>>529
マジならどん引き。

高畑の話の作り方もおかしい。

情緒不安定になる原因設定→姫ブチギレ→媼「あなたのせいじゃないわ」とかイコイコ
男の中でも帝が最低

竹取物語ってこんな話じゃねえよ。
日本が誤解されるわ。

535 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 18:47:54.53 ID:+PFDl9R8
じゃあどんな話

536 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 19:34:24.14 ID:t5AwwZNS
姫、情緒不安定すぎだろ

537 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 19:39:32.34 ID:6H6bln+x
>>532
躁鬱病だよね

538 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 19:52:46.69 ID:mrBYkt+s
感情の起伏が結構激しいのは認める

539 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 19:58:38.96 ID:VBnW7ZA6
観想としては 団塊ジジイ監督は引退して
若手に道を譲ってほしい

540 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 22:12:14.93 ID:F/DAbYHW
若手じゃ金も人材も集まらないという悲劇

541 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 22:20:43.38 ID:H8hvjcZj
やっぱり手塚治虫ってすごいよなー
オリジナルであれだけのストーリー作りながら描いたんだもんなあ。

542 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 22:23:48.80 ID:H8hvjcZj
>>525
原作読めよ

543 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 22:35:58.35 ID:VYndkfSz
なんつーか
本当の自分探し映画はもうお腹いっぱいだわ
10年前なら違ったかもな

544 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 22:47:33.90 ID:gGygsk+Q
>>433
最近のジブリの説教くささから一歩進んだというか一歩離れたそんな印象を受けたなあ。捨丸といっしょにいたらほんとに幸せだったのか?と思うところもあるし

545 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 22:49:19.06 ID:gGygsk+Q
>>540
かぐや姫でこれだけ金集めて全国ロードショーできるのは高畑と宮崎と細田くらいなもんだ

546 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 23:12:33.62 ID:H8hvjcZj
>>542>>535宛てだった。
525の人ごめん。

547 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 23:14:42.82 ID:goK6as/s
だが、原作そのまんまで作っても、外国では全く評価されないだろうな

548 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 23:23:04.31 ID:/H4bCS4G
作り方次第で面白くなる素材だと思うけどね。
日本むかし話は10分でちゃちゃちゃとまとめてたけど、結構面白かったw

549 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 23:28:52.75 ID:mrBYkt+s
日本昔話引き合いに出す人って幼稚園児レベルの集中力しかないのかな

550 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 23:30:04.27 ID:MX0sDcCZ
高畑のオリジナル要素が入ってないなら、外国ではまったく受けないと思うよ

551 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 23:34:15.25 ID:/H4bCS4G
>>549
集中力が10分しかもたないって意味じゃねーよww
10分制限の中、作り方がうまいんだよ。
面白いこと入れて来たり、一部影だけで表現したり、
馬の足をゆっくり動してみたり、情緒がある。

552 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 23:39:30.23 ID:KDwmT4SG
●テキサス親父がグレンデール市の売春婦像を撤去しろと言う
ホワイトハウスの署名を立ち上げました。サインと拡散を是非、宜しくお願いします。

2014年1月10日までに100,000筆の署名が必要です。
初めて署名される方への解説です。 
http://staff.texas-daddy.com/?eid=454

署名サイトはこちら
http://petitions.whitehouse.gov/petition/remove-offensive-state-glendale-ca-public-park/3zLr8dZh

553 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 23:46:51.72 ID:TflgdPsr
>>549
あれは完成度高すぎるからつい引き合いに出してしまうんだよ

554 :名無シネマ@上映中:2013/12/12(木) 23:55:10.11 ID:TflgdPsr
自分と意見の違う人は映画観てない人
自分と意見の違う人は理解力のない人
自分と意見の違う人は感性の鈍った人
自分と意見の違う人は…

叩かれるの狙ってる、ある種の炎上商法だな

555 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 00:09:59.04 ID:0tST/G3E
外国で賞を取りまくって、「日本ではコケたのかい?日本人はセンスないねw」と外人に笑われなければいいけどな
それを危惧する

556 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:06:04.49 ID:oyN0r+UW
サブタイトルが気持ち悪い感じがしたのと、CMのくるくる回ってるシーン見て
目が回りそうになったから見に行くの躊躇してるけど、
なんらかの形では見ようと思います。

557 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:07:00.38 ID:PrrH/IPQ
>>555
コピペにマジレスすると、映画を同国人が観るのと外人が観るのとでは
往々にして観点が違ったりする
同国人からすると大根役者でも外人にはそう見えなかったりする
内容がハナから相手にされないこともあるし、勘違いして真に受けてくれることもある

まあ基本的に、映画の場合は自国でウケない(または玄人筋に評価されない)のが
外国でバカウケ(評価される)ってことはあまりない

558 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:08:01.76 ID:Odx1Za4U
かぐや姫を知らない人がこのアニメを見たって
話の筋がわけわかめだと思うし
かぐや姫を知ってる人間が観たらオリジナリティ
皆無のストーリーでは感動も薄い。
外人受けという点ではとても困難な作品だ・・・。

559 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:13:48.96 ID:TjEvFDPU
浅学にして製作国で失敗してるけど他国では人気って例を知らないんだけど例えばどんなタイトルがあるんですか?

560 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:17:29.87 ID:Bi/Sucwy
【近親相姦/奇形児】 オーストコリアで近親相姦村を発見! ※グロ注意

オーストラリアの山間部で、一組の兄妹とその子供が近親相姦を繰り返した集落が発見されました。
この集落は劣悪な環境にあり、下水のないゴミのような小屋で生活をしています。

この集落の最初は兄と妹を最初とする4世代…
つまり曾曾祖父母より生まれた子供、孫、曾孫、曾曾孫で構成されています。
彼らは歩行障害や重度皮膚病、聴力や視力の問題を抱えるほか、目のずれた男の子もいました。

http://e.im/australia-hard_guro_2013upload_pldkf77_jpg   (目の位置がズレてます)

561 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:17:38.36 ID:nk7Bm+85
>>557
日本の評論家は今のところ絶賛だが

562 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:18:29.28 ID:WpJ+DVtj
>>559
初期の北野映画

563 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:19:43.40 ID:nk7Bm+85
>>558
外人はいまのところ絶賛ばかりだが
酷評の外人の感想は見たことない

564 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:26:06.78 ID:fMUF8YnO
他の人の評価がどうだろうと自分の評価って結局あまり変わらないような。
大人の事情以外では。

>>562
凄くよかったけどな。その男〜とかキッズリターン。
初めて見た時、衝撃だった。
人気なかったのか。

565 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:28:53.99 ID:WpJ+DVtj
>>564
ソナチネの興行収入は8000万円
カンヌで上映されて海外で人気が出たらしい

566 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:30:14.66 ID:Odx1Za4U
>>563
へぇ、そうなんだ。
外人の感想は見たこと無いわ。
賞取れるといいね。

でも俺は詰まらなかったし賞に相応しい映画とは思わないね。
これが賞取ったらその賞の価値が下がったとしか感じない。

567 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:31:57.91 ID:WpJ+DVtj
>>559
黒澤明の羅生門

568 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:41:44.12 ID:cLuAHziT
集客と人気は別問題じゃないの

569 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:45:52.27 ID:4jcVxggv
アンチがこの映画に執着する理由がわからん。
外国で賞とったりすると困るのかな?

570 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:46:16.62 ID:PrrH/IPQ
>>568
集客と人気はだいたい一緒でしょ。
集客とカルト的人気と玄人評価と素人評価がそれぞれ別問題。

いきなり最初から大評価のものもあれば、
時代を経て一般的な評価が高まるものもあるしね。

571 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:49:09.14 ID:WpJ+DVtj
>>559
新幹線大爆破

572 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 01:54:07.60 ID:4mbuhNOx
>>569
おもちゃがいるから

573 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 02:10:25.89 ID:Odx1Za4U
>>569
レビュウ見て思ったのは宣伝で騙された感が強い人が多いんだろうね。
子供がつまんなーいって騒いだってのが結構あるからやっぱり
素直に面白く無いんじゃないの。
俺が見に行った時はレイトショーで大人5人しか居なくて騒ぐ子は居な
かったが終わった後一組のカップルが「えー、ただのかぐや姫?」って
言ってたっけ。

574 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 02:20:39.65 ID:4jcVxggv
>>573
年配向きだとは思う。
俺は60代の両親にこの映画勧めたけど、ちゃんと楽しめてたよ。

575 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 02:22:48.25 ID:EVyr9E3H
美少女と少年がなんらかの目的のためにあっちこっち飛び回り、肝っ玉母さんとやたらメカに詳しいジジイがメインキャラにいて、飯がうまそうなら倍は売れてる

576 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 02:44:54.60 ID:DHAp5JQJ
見てきた、予想以上に面白かった。最近見たアニメでは一番かなぁ

でも”罪と罰”って売り文句はちょっと違う気がする。
下界における、苦悩したりいろんなものにまみれて生きていくことは
穢れなどではなくそれこそ価値あるものではないか?っていう
姫の月の人に対する挑戦、というかゲームだよな、これ。

NGワード「もうやだおうち帰して!」って(一瞬でも)思っちゃったら負け。

577 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 03:04:43.08 ID:XUFF/Gyh
映画で明確に描かれてない自分流解釈で面白いと主張する人が多いんだよね。
感想が共感されないので盛り上がりが薄っぺらい。

578 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 03:10:29.22 ID:enaJPVi5
パンフで検索したらワロタ

>>105
>>115
>>121
>>259
>>509
パンフ読めば感動を共有できそうだよ

579 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 09:32:10.53 ID:HaQd6PYi
>>513
その前の難題自体に違和感があるからな、このかぐや姫の場合。
原作からのアレンジがとにかくヘタクソ。

580 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 09:36:39.37 ID:HaQd6PYi
>>559
パシフィック・リム

581 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 12:04:32.30 ID:hr8Q6eSm
途中ちょっと退屈して時計をチラチラみる始末だったがラストまで見て長丁場にも意味があることが分かった
もう一度見たい

582 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 12:10:26.93 ID:EVyr9E3H
退屈したって人、どういうシーンで退屈したん?

583 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 13:57:27.16 ID:VMvxg7/q
画面と細部の演出はすごいけど、価値観はわりと使い古されているものだから、シニア世代に馴染みそう。

584 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 14:00:13.48 ID:VMvxg7/q
日本の古典物語が珍しいから、外国には受けそう。
おとぎ話のアニメってディズニーの王道だし。

585 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 14:14:15.62 ID:brJb1aRF
シニア世代にもウケていないと言う現実
要するに単純に面白くないだけ
価値観も糞もあるか

586 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 14:14:23.57 ID:3MTSj0aT
価値観ってサルトルの実存主義に近いんじゃね?

587 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 14:24:57.24 ID:4pug2CMV
ジブリでは火垂るの墓だけの人で終わった

588 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 14:29:53.20 ID:XoGxcIhD
>>854
日本人は筋知ってるから見れるだけで何も知らない外人には退屈かつイミフな展開だろうよ

589 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 14:58:58.64 ID:I5xr7sqS
金と時間かけてそこそこのもん作ったメイドインジャパンな作品だったな

590 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 15:32:23.79 ID:RiksdPhn
ステマよりネガキャンのほうが酷いじゃねえか
>>585
証拠はあんのか?

591 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:04:41.05 ID:lstkmyKn
柳川も長い映画だったからなあ。

592 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:12:36.93 ID:dSSlvQy5
元のストーリー知らなきゃ話の筋すらつかめないだろうね
映画はストーリーのための説明や描写省きまくって下らんナチュラリスト描いてるだけ

唐突キテレツとして受ける可能性はあるが。

何で月からきたの?何したの?なんで外に出ないのに美人扱いされるの?なんで月からきたことに気づいたの?他にもいろんな点で、日本人なら深く考えず受け入れられるものが外人にははてなマークだらけ
それでいてキャラに個性がないとなれば、、

593 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:13:27.13 ID:zv+Kyzv9
感情のない月世界で地球に憧れるのは
エデンの園で知恵の実を食べてしまったようなものだから
キリスト教圏のほうが姫が犯した罪と罰をストレートに
原罪として受け止めそうな気がする

594 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:15:01.10 ID:zv+Kyzv9
>>592
海外のレビューがすでにいろいろ出てるから、そういう感想見つけたら教えてね

595 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:15:15.44 ID:XC9s8wDT
月がどうのよりも竹から生まれた時点で
何でもありの映画なんだけどね

596 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:23:24.06 ID:mDN/3yDq
あのタケノコは宇宙船なんだよ

597 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:25:34.87 ID:ASoPPU/L
しかしこの映画の検索すると、2CHだけネガキャンひどいな
まあ高畑は宮崎ほどのロリ受けもないし
ネトウヨに嫌われまくりだから2CHでは叩き放題だけど

598 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:29:57.88 ID:52Ll1ZgJ
千と千尋の神隠しに比べたら遥かに単純なストーリーなんだが
いくらなんでも外国人舐め過ぎ

599 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:40:44.57 ID:M5yjhveu
>>598
千と千尋は映画内で全部説明してくれるじゃん

600 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:45:51.75 ID:gg5NIK3T
歌舞伎とか能とか相撲とか大好きな型の外人は
昔話も好きだろう。

601 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 16:50:17.84 ID:mDN/3yDq
海外で賞とったら高畑さん尊敬する

602 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 17:09:38.57 ID:mDN/3yDq
海外で賞とったらこの映画好きになる

603 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 17:12:19.49 ID:xqK+F8bz
少なくとも今のジブリを語るのにロリも左翼も関係無いだろ
そもそも最初から関係無いと思うけれども

604 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 17:59:43.22 ID:bPsnIk8F
鬱の症状があるかたは、みると悪化する恐れがあります。精神が正常なら、私のように虚無感にならないと思います。

605 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 18:46:18.11 ID:4pug2CMV
日本人の毛唐崇拝は異常すぎる

606 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 18:56:06.43 ID:aoUL5S3o
もし捨丸兄ちゃんが妻子のない状態でかぐや姫に求婚してたら月に帰らずに済んだと思う?
あのシーンでかぐや姫が落ちてしまったのは要はしっかり抱いてないってことだと思ったから
そういう可能性を示唆するためにもあのキャラはいたのかなあと思ったんだけど

607 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 19:02:41.98 ID:lGjBBfon
>>592
平安時代はやんごとなき身分の女は顔を見せずに文や和歌で男女のやりとりするってこと
分かってないと求婚のくだりはワケワカだろうな

608 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 20:17:37.43 ID:zv+Kyzv9
>>599
なんで最後に豚の群れに親がいないことがわかったのかとか
けっこう向こうでも疑問が上がってたよ

609 :名無シネマ@上映中:2013/12/13(金) 20:18:55.23 ID:zv+Kyzv9
>>602
高畑は今までいくつも海外で賞を取ってるんだから何かの賞は普通に取るでしょ
アカデミー賞とか三大映画祭クラスの大きい賞は微妙だけど

610 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 02:38:03.68 ID:dG8c54w7
金曜夜レイトショー組の書き込みは皆無か
お正月映画にすらなれなかったか

611 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 04:23:16.82 ID:ErsOvfUR
>>603
ロリコンは一種のパッションだと思うよ?

612 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 05:42:07.44 ID:34p2HXPv
俺はやたらと響いたけどなあ。
怒ってる人はどこに怒ってるの?

長いから?
まんまかぐや姫だと言ってる人は
かぐや姫を観に行ったのではないかと、逆にいいたいが。

613 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 07:11:30.30 ID:zSuoXvh4
間違いなくジブリ史上最高の一本になるとおもう

614 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 07:44:44.20 ID:zSuoXvh4
子どもの姫が、わらべ歌うたいながら、涙ながすけど、あの理屈はどういうことだろう?
リピートしているというのならわかるけど、姫は地上は初めてなはずだよね?

天女の童歌うたいながら涙ながしているのは月でみて、あこがれていただけなのに、なんで涙まで流すんだろ?

615 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 08:02:21.31 ID:zSuoXvh4
あと最後、姫に王冠をかぶせるけど、あれはやはり月での姫の地位を表すものということでok?
月ではそうとうな地位の娘ということでok?

616 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 08:56:53.84 ID:7Z66HuRv
14日本日東宝シネマズデー

617 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 09:31:20.72 ID:q1KQLDh3
ここではないどこかへってJPOPかよ

618 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 10:04:36.18 ID:LBRXBVrt
JPOPとは思わなかったけど
そのセリフは確かにちょっと安易というかありがちかな、とは思った

619 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 10:24:27.82 ID:6ONbM1f6
>>614
雰囲気。最後に振り返るのも含めて。

620 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 10:41:50.68 ID:zSuoXvh4
あの王冠はやっぱり姫のかぶる王冠だよなあ。
わざわざ天女の侍女が持ってきてて、欠かせませんって感じに被らせてるし

621 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 10:42:10.15 ID:2w8Ph1Fg
感情に訴えかけてくる映画だと思う

622 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 10:45:55.02 ID:4DL4ye6p
>>612
褒めるレスじゃなければ感性とかやかってないとか不幸とか難癖つけてくる奴がスレにいて怒らせてるんだよ

623 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 11:20:09.11 ID:q4xOhK82
>>615
確か、昔観たアニメのかぐや姫でも、帰還した後の月の世界は
金ぴかで、かぐやは王冠かぶってたよ。 身分や地位もだけど、
月=天界みたいな、霊的な段階というか、高次元な存在とされてたよ


なんのアニメだったかなぁー? 昔過ぎて忘れましたw

624 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 11:23:00.93 ID:Cc9qI4hA
「自分探し映画」って表現を使ってる人がいたけど、俺は逆の印象を抱いたな
「個性を持った人間が、あこがれの世界へやってきたけど、挫折して去る物語」

この映画では、竹取物語の最後に出てくる不死の薬の話は「地球人による捏造」という考えなのかもね
かぐや姫に見捨てられたと考えたくない当時の人間が、「かぐや姫は地球人に名残を惜しんだ」というストーリーに改変したと

625 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 11:34:14.76 ID:pgbF4AIY
>>624
個性を捨て去ろうということ?
個性を捨てたかったけど、貴族連中に置物扱いされるほどには個性を捨てれず、諦めて帰ると?
個性のない自分探しともいえるな


あと、元のかぐや姫は自分で帰りたい思ったから迎えくるわけじゃないぞ

626 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 11:35:41.83 ID:pgbF4AIY
>>623
月で戦争が起こり、王が娘を避難させてたってのなら知ってる

627 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 12:19:04.85 ID:yGT9A7rp
>>620
かぐや姫って月でも姫なのか

628 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 13:10:29.22 ID:7u+htC4c
初めから娯楽として作ってないから
これは古典に対する論文みたいなもの

629 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 13:18:39.64 ID:9irCs4Ml
>>628
頭大丈夫か?

630 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 13:24:21.12 ID:zghtAvRL
喜怒哀楽を描くのはそれだけでエンターテイメントになるよ。

631 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 13:37:35.01 ID:Cc9qI4hA
>>625
おもしろい解釈 そういう解釈もありか

「元の竹取物語」「元のかぐや姫」っていう人がいるけど、「元の竹取物語」は
当時の日本人(地球人)の視点で書いたものであって、かぐや姫は、その言動が書かれてるだけだよね
内心らしいものを言ってる所もあるけど、地球人が都合よく脳内改変したのかもしれない

かぐや姫は地球人じゃないから、いちおう地球人に合わせてるけど、その感覚や内心は異質かもしれない
例えば、あの時代の日本人の感覚だと男は栄進栄達、女は貴族へ嫁入りが幸福な道であたりまえだけど、
かぐや姫はその感覚を共有してなかったかもしれない
(恵まれていたのでわがままとも言えるが)

まぁ「元の竹取物語」を主張されても、俺みたいな観客は困るってのが言いたいところかな

632 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:10:59.42 ID:2yOmGop3
>>628
なぜあの時代にこういう話が書かれたのかを当時の社会背景を分析して描くならまぁ分かるが
これ単にいつものうすっぺらいジブリ節をペタンと貼りつけただけじゃん
どこが論文なんだよと
解釈にすらなってない

633 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:19:12.19 ID:q4xOhK82
>>631
地球人と月星人の違いって分けるとなると、納得のいかない点が出てくる。
野山を駆け回ったり、桜などの花、小さな虫や鳥と戯れてる時のかぐや姫は
田舎育ちだったから、というよりは、すべてを「生命」と捉えていると思われるから。それって惑星の長たる生物が
進化していく過程で、意識レベルが釈迦レベルまで成長した状態でしょ。今を生きるとか云々の

実際、アポロで月に有人着陸したことあるけど、ヒューマノイド型の生物さえ見つけられてない。
月へ帰還する途中、空中で行列が消失してるよね?ワープじゃね?
それと、最初は竹の筒の中に、小さい人形サイズで出現してるのも、異次元の隔たりをイメージさせられたよ。

あくまでも主観だし、深読みし過ぎかも知れんが・・・

634 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:21:20.26 ID:HubGpdYY
4歳の娘と観てきた
自分でハンカチで口元おさえて泣き声をおさえてるくらい泣いてた
月に帰らなきゃイヤイヤのとこからずっと
でもラストのお迎えシーンではあの音楽と幻想的な映像に心奪われたようで
しばし見とれてた

635 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:26:54.00 ID:2yOmGop3
嘘つけよw
4歳児が130分も見れるかっつのw

636 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:29:03.38 ID:CENEjh/8
700 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ![sage] 投稿日:2013/12/14(土) 14:07:53.59 ID:JM2w1MSZ [4/5]
見てきた
映画の日なのでさすがに満席だった
となりの母娘のおかんがボロ泣きしてて子供が心配してた
俺も涙腺崩壊したので他人の事は言えんが
何回も見てるが毎回違うところで泣いてしまう

703 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ![sage] 投稿日:2013/12/14(土) 14:25:54.17 ID:++699t+A [3/3]
俺見に行ったとき トトさまが悲しんで嗚咽していたところで
どっかの席の子供(幼児)がワーワー声出して泣いてたわ
同じように楽しいところではキャッキャ言いながら別な女の子が
喜んで母親に話しかけたりして
子供もそれなりに感情に揺さぶられる映画なんだなと思った

637 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:32:22.11 ID:HubGpdYY
>>635
トイレ心配だったから最初に行かせてジュースセーブしたけどちゃんと観てたよ
途中帝のところでメデタシメデタシになるのかと勘違いしたのか
そろそろ時間的にあきたのか「もうすぐ終わりだね」
って耳打ちしてきたから「まだだよ」って答えたけど
飽きそうな頃から、姫の帰るイヤイヤで泣き始めて物語にのめり込んだから
最後までもったのはラッキーというか良かったわ(親として
4歳だけどまあもうすぐ五歳だけどね
意外と客の年齢層高くて、4歳連れてきたのは選択ミスかと焦ったけど

638 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:34:44.18 ID:2yOmGop3
もういいよステマは
こんな泣いただのなんだの下卑たステマを横行させなきゃならんとか
いかに理論家高畑が堕ちたかってことだな

639 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:36:50.98 ID:CENEjh/8
ステマ脳に感染した人には何を話しても無駄だからなぁ・・
全てステマでシャットアウトw

640 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:36:54.90 ID:U22ueEI9
>>637
クソガキ連れてくるなつーの
邪魔なんだよ

641 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:40:59.58 ID:HubGpdYY
>>638
むしろ逆に「大人が観るにはモヤモヤする作品だった」
でおさめとけばいいんでないの?
私的には途中まで良かったけど、帰るイヤイヤの下りとか
捨丸と空飛んだあとのいきなりの収束描写が帰りの牛車?だけで
エッてそのまま釈迦パレードで終わりだから
まあ、子供が喜んだから良しとしてるわ
そこまでは四季、色彩溢れて綺麗だったし

642 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:42:04.80 ID:HubGpdYY
>>640
はいはい怖い怖いw
それでは失礼しますね

643 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:46:39.93 ID:Yj7AGkG0
お前らガキかよwwwwww

644 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:48:26.73 ID:Cc9qI4hA
>>633
俺が「地球人」を使ったのが悪かったと思うんだけど、そこまで設定をつきつめるつもりはないんだゴメン
最後の展開がSF的だからSF解釈したくなるかもしれないけど、俺は有害無益だと思ってる

月人は「異界の例え」であって、他の何でもあり得ると思ってる
当時の日本人は夜空に見える月が「この地上ではないどこか」としてイメージしやすかったから、
かぐや姫が月からやってきたとなったのかもしれない
かぐや姫がやってきたのは中国の桃源郷、現代の他の惑星や恒星からの宇宙人、何に置き換えてもいい
(でも月人というのは誰にもわかりやすい。それも竹取物語が今の形で残った理由でないかと思う)

645 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:48:48.70 ID:bJCjjANV
実際映画館行くとゼロ・グラビティがすごい。満席で入れなかった。
上のID:JM2w1MSZは毎週土曜の朝に通って連日深夜までかきこしてる
筋金入りの信者と同一人物だと思われ。触らぬがよろし。

646 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 14:55:39.57 ID:sl16tZ3r
「寝てた?」
「ううん映画館では頑張る主義だから」
隣のJKの会話

647 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 15:10:59.19 ID:q4xOhK82
>>644
こちらこそゴメン( ´・ω・`)暴走しちまった

648 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 17:01:42.66 ID:ovlvFPl+
ちゅん(いけだ) ?@manm63221
かぐや姫、風立ちぬよりよかった。

en ?@emina2448
風立ちぬをまだ見てないからなんとも言えないけど
近年の宮崎さんのアニメの何倍もの感動を高畑さんに頂きました。
比べるものではないけど
スポットライトが当たってる割合多いのはやっぱり宮崎さんだから つい。

649 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 18:10:08.65 ID:ryYCjVqg
1000円DAYに見てきたよ
かぐや姫の話+αを期待してたんだけど、まんまかぐや姫だったね
月でなにか大罪を犯して下界に落とされたのか、とか予測してたんだけど
罪って何よ?下界に思いをはせただけ?
そして月からの楽団はどうしてあんなに南国チックなのか(笑)
月がなんだかとってもいい所みたいじゃまいか
ん〜やっぱSPEC2回目見ればよかった・・・

650 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 18:11:59.78 ID:Yj7AGkG0
晒してくる

651 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 19:02:01.59 ID:ME7b5y5x
SPEC好きならしょうがない
好みは人それぞれだから

652 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 21:03:49.61 ID:SUQjRJ0Q
高畑さんは娘がいるの?

653 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 22:52:58.47 ID:wdbxWNyD
今日観てきたけど心に残る素晴らしい作品だった。まぁ竹取り物語自体詳しく話を知らなかったから尚楽しめた感はあったが。
しかし月の人達がファンキーな音楽を流して迎えに来るから若干笑ちゃったけど。
今思えばあれで月と地球の世界観の違いを表したかったのかな?

654 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 23:14:04.82 ID:hGNtcLj4
原作に忠実とあれほど強調したのに
最後の富士山云々の件をそれほど描かなかったのはなぜだろう

655 :名無シネマ@上映中:2013/12/14(土) 23:51:00.86 ID:6ONbM1f6
(気が向いたとこだけ)原作に忠実、が正解です

656 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 02:04:12.65 ID:W+9Qv6Iv
>>654
竹取物語ではなく「かぐや姫の物語」だから富士のエピソードはいらない

657 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 05:11:59.31 ID:ZclAJdnu
高畑監督は毎週30分のTVアニメなら歴史上最高の監督と言ってもいいかもしれないが
映画だとどうしても、このように事になってしまうな

658 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 05:15:21.82 ID:rrGdD2ok
>>657
どのようになったの?

659 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 05:26:34.51 ID:VgTHpV6x
高畑こそ、テレビアニメで才能を
発揮するし、した人だよ

限られた時間でものつくりを
やらせた方が良いものを作る

かぐや姫は、長時間考えすぎて
作ってるから表現がつまらない

660 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 06:57:15.80 ID:kE0fRYDw
天界人は下界に憧れを持つだけでも罪なのか
そして、三保の松原の天女がその憧れの元なのか

661 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 09:45:44.43 ID:3cqTBC6+
>>660
羽衣伝説はたくさんあるけど、三保の松原に特定できた理由が知りたいな。

662 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 10:18:00.99 ID:X9lwYvoT
>>653
あれは笑ったと同時にちょっと怖かった。
月の連中の話の通じない感がハンパなくてw

663 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 10:30:08.23 ID:SnoZRueB
>>661
富士山の描写があるからでしょ。

664 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 11:20:56.69 ID:cOC6QSe/
姫様、感情爆発させすぎじゃね?
庶民よりもはしたないお

665 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 11:27:01.40 ID:kE0fRYDw
>>664
え?姫様?

666 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 11:37:21.37 ID:cOC6QSe/
かぐや姫だよ?

667 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 11:39:23.97 ID:kE0fRYDw
>>666
生粋の姫ではないから。としか言いようがない。

668 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 12:23:06.65 ID:qpOomnw/
月の王の娘なんだが・・

669 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 12:33:05.77 ID:6FVnD4kB
なにしろわがままそうな声を高畑が気にいって選んだそうだし

670 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 12:42:59.70 ID:KeEXFXR5
宇多丸が絶賛だからな、間違いない。

671 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 12:48:29.50 ID:NxX6y+ot
宇多丸全然分かってなくて、絶賛にしろ酷評にしろあてにならんなと思った。

672 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 13:08:34.11 ID:KQrDzgZZ
かぐや姫観たあとだと風立ちぬが幼稚に感じる。

673 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 13:12:28.01 ID:fIhiFjch
観たあとでなくても、話にならないくらいのクソだったじゃん。風立ちぬ。
風立ちぬ観にいって、映画館出てきて残ったのは、予告編でみたかぐや姫の予告編、疾走篇だよね。
あそこであのシーンみてしまったのがくやしい。
未見のまま、かぐや姫観にいってたら、映画館で打ち震えたろうとおもう。

風立ちぬ観にいかなければよかったよ。

674 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 13:41:34.56 ID:NxX6y+ot
どっちもどっちだったわ
>未見のまま、かぐや姫観にいってたら、映画館で打ち震えたろうとおもう。
不安定な思春期ならなw

675 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 14:12:56.33 ID:cOC6QSe/
えー…ないわー
風立ちぬの死んじゃう奥さんのほうがよっぽど姫っぽいし可愛いかった

676 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 14:25:31.76 ID:NyqKWHDM
高畑さんは女性は人形ではないことが分かってるけど
パヤオはいつまでもわからないみたいだね

677 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 14:27:50.80 ID:151hjnAt
菜穂子なんて男の妄想だからね。

678 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 14:47:13.71 ID:NxX6y+ot
菜穂子も高畑のかぐや姫も各々の好きなように作った好みの女像。
どっちも人形だわ。

679 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 14:50:22.75 ID:NyqKWHDM
高畑の女性は人形じゃなくて人間でしょ
蛍の墓と平成狸合戦ぽんぽことかぐや姫に萌え豚が喜びそうな女性は出てこない

パヤオの人形女子全否定してるし、パヤオも高畑に見下されてるの分かってるんじゃないの

680 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 15:08:28.80 ID:NxX6y+ot
古典のかぐや姫は引きこもりの可能性があるってことで
そういう少女をかくつもりで原作変えたらしいよ。
田舎の自然大好きで無邪気で、親に強制されて、
セクハラされて、、とキャラ作りの為に設定を都合良く変えてる。

681 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 15:15:40.58 ID:rrGdD2ok
>>678
ずいぶん感情の起伏が激しい人形ですね

682 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 15:31:54.87 ID:NxX6y+ot
>>681
それ目的で作った人形。
自然が好きで化粧が嫌いで、
原作にないストレスわざわざ作って、泣いたりわめいたりするようにしてる。
高畑がこれがいいと言ったキャッチコピーは
「凛として、清く、正しく、美しく」みたいなの。
それぞれ自分の人形を好きなように動かしてるんだよ。
自覚がない分、宮崎より高畑の方が重傷かもしれん。

683 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 16:05:18.32 ID:rrGdD2ok
>>682
人形ならセクハラされても動じないんじゃね?

684 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 16:13:18.09 ID:NxX6y+ot
>>683
アニメは動く人形。
セクハラを喜ぶ人形が好きって人もいれば
セクハラされたら闇夜を山まで疾走する人形が好きって人もいる。

685 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 16:40:24.90 ID:rrGdD2ok
>>684
そんなこと言ったらアニメの登場人物全部人形やん
いかに人間らしく描くかが大切なんだろ

686 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 16:52:05.66 ID:NxX6y+ot
えっと、アニメの登場人物全部人形ですよw

>いかに人間らしく描くかが大切なんだろ
っておっしゃるように。

で、
「高畑さんは女性は人形ではないことが分かってるけど」
「高畑の女性は人形じゃなくて人間でしょ」
とかってとらえ方自体が
現実とフィクションの区別が付かなくなってる。

687 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 17:04:40.17 ID:rrGdD2ok
人形を人間らしく描けない御仁もいるようですけどね

688 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 17:05:04.54 ID:xabLkbf5
絵や演出は実験的かつ丁寧だけど、価値観はわりと使い古されてるなー。

庶民>貴族
女>男
自然>都市
地球>月

689 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 17:10:45.00 ID:NxX6y+ot
>>687
だから人形を人間らしくっていう価値観がひとつの価値観でしかないのであって。
なんでも人間らしくしたら面白くないってこともある。
高畑がそういうタイプ。しかも失敗するタイプ。

>>688みたいに、
この人はこういうのが好きなんだなーって
客観的に見ればいい。

690 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 17:13:14.79 ID:rrGdD2ok
>>689
客観的とか言いながら主観で「失敗」と断言するのは矛盾してないか?

691 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 17:35:45.01 ID:VgTHpV6x
本気でこの映画が素晴らしいとか
面白いとか思える人がうらやましい

何一つ面白いとは思えなかった
2時間17分、一秒たりとも

692 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 17:37:21.84 ID:5SRcEBSm
>>691
日本の古典文学を現代語訳でもいいから一つでも面白いと思ったことがある?

693 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:07:33.25 ID:BswQJ9Gp
>>46
子供が見るギャグアニメなら頭から落ちて壷にハマったらギャグだからな、普通に復活する



という「これはカートゥーンじゃありません」な虐待死CM思い出したわ…
アレ映画館で流れたんだっけな、親が子供を殴って子供が逃げて階段からコミカルに落ちるんだけどそれが二次元から三次元になるという………

694 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:09:02.51 ID:e7KadyTf
これも「風立ちぬ」もどっちもどっちな感じだが、俺は風立ちの方がまだよかったかな。
かぐや姫は女受けはよさそうな気はする。

695 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:14:57.13 ID:NyqKWHDM
俺、ラジオとかで宮崎駿の作品結構貶してるから、ジブリからオファーが来た時に
え?いいんですか?俺ラジオでジブリ貶してますよと言った。
ただ蛍の墓とか、山田くん高畑さんの作品なら好きだから出たいと言ったら
偶然高畑さんの作品だった。

by伊集院光

こいつはパヤオ女子に萌えちゃう萌え豚じゃないんだな
信頼出来る

696 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:15:45.54 ID:iXGgH4mL
>>693
まああの描写は完全にギャグだったから最初は死んだとは思わなかった
>>694
女が主役だしな

697 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:16:53.89 ID:NyqKWHDM
×ただ蛍の墓とか、山田くん高畑さんの作品なら好きだから出たいと言ったら


○ただ蛍の墓とか、山田くんとか、高畑さんの作品なら好きだから出たいと言ったら

698 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:20:26.76 ID:l7T8LGMW
>>659
同意

フレデリック・バックを目指したんだろうけど足元にも及ばないよ

699 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:31:51.01 ID:/kude0p/
褒めてるのって作り手の意図を好意的に
汲み取るようなおっさんとかお爺さんばかりだしなぁ

700 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:38:38.93 ID:BY9CquiL
かぐや姫のファンが信者っぽいのって

往々にして風立ちぬ貶しつつ、かぐや姫を褒めるとか
好きじゃない人を「見方が浅い」と断言する人が
目立つからじゃないの。

ツイッター見てるとそれ凄く感じる。
あと高畑のすごさについてTV時代から見てる人間からしたら
今さら何言ってんの感があってそれだからかもしれないけど
アニメ普段なら皆そうな人がほめてるのも目立つ。

それはいいことと悪いこと両面あると思うけどね

701 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:39:36.44 ID:BY9CquiL
皆そう×
見なそう〇

ねw

702 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:43:39.79 ID:e7KadyTf
>>700
名作劇場やチエは凄かったと思うけど、映画で凄さは感じたことないなあ

703 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:47:58.06 ID:/kude0p/
高畑作品なら劇場版じゃりんこチエ、火垂るの墓、山田くんのほうが
全然面白かったな。地上波やレンタルだったら途中で観るの止めてるわ。

704 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:50:46.37 ID:BY9CquiL
>>702
映画っていうか
おもひで以降は作品を作るときに今の世の中に何か言いたいっていう
部分が負の感情となって作品を胃下垂状態にしてると思うんだけどね。

胃下垂状態ってなんだよwって思うと思うけどw
かぐや姫というフィクション中のフィクションから現実への視線っていうものの
距離が単純化されてるというかね。
チエとか名作の時はその辺の距離が適切だった。

705 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 18:57:48.65 ID:BY9CquiL
かぐやは「アニメ的」なものファンタジー的なもの、もっというと
いわゆる戦後隆盛した漫画的な感情移入の方法論への批判になってるわけでさ。

もちろんそれを批判と取るかは受け手によってさまざまだとは思うけど。
そこまで射程に入れて批判するのって下手すると現実否定、大衆蔑視
っていう、ヤバいものまで見えてくる。

706 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 19:02:59.04 ID:e7KadyTf
>>704
まあ変化もあるだろうし、2時間くらいで話をまとめるのがあまり性に合わないってのもあるんじゃない。
ホルスもあまり面白くないし。好きだけど。

707 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 19:05:09.70 ID:5SRcEBSm
>>705
歌舞伎や能しか見たことのない人にシェークスピアを見せたようなものだと思うけど。

708 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 19:13:41.96 ID:BY9CquiL
>>706
わかる気がする。
高畑の表現しようとすることって複雑だからTVシリーズくらいの長さがないと
伝わる誤差が出やすいような。現実へのアプローチって意味じゃなくて
感情表現的な意味でだけど

元々はもっと長くて何時間もある脚本だったと聞いたけど、それでつくれれば
理想的だったんだろうな。ジブリ倒産必死だけどw

709 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 19:20:04.41 ID:e7KadyTf
よく言えばリアル指向、悪く言えば要点を掴んだまとめやメリハリを付けるのが苦手。
まーいろいろ個性があってもいいと思うが、映画しか受け皿がないのが不幸だったかな。
北の国からみたいな長期連続テレビスペシャルシリーズでもやれればよかったんだろうが、
宮崎ならともかく高畑にはそれほどの需要はなかったろうし。

710 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 19:47:34.46 ID:e7KadyTf
高畑は竹取物語よりも、シンプルで簡潔な今昔物語版が好きだと言ったらしいが、
俺は同じことをこの映画と原作に感じた。
皮肉なことである。・・・単に感性が逆なのかもしれないがw

711 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 20:10:52.67 ID:BswQJ9Gp
女子を持った男親の身勝手だけど心底子供の事を考えていて、でも自分の出世も考えてる。
というウザさをこんなにリアルに描いた作品は初めて見たな
実写でも脚本も監督も役者も男性でわかる人が少ないから出来ないし…

あと演じてる人が違うからか「ひーめ!おいで!!」は浮いてた
親として、じゃなくて取り付かれた一人にしか見えん

712 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 20:14:21.11 ID:FXOOqPoZ
そりゃ原作からして、皇室に婚姻政策で擦り寄って我が世を謳歌していた
藤原氏を茶化すために作られたという説もあるからなあ

713 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 20:15:30.37 ID:JainVxHv
おいでの部分は地井武男だと思うけど

714 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 20:27:13.15 ID:KsTAYKvT
>>712
なるほど、そういう意味ではフェミニン小説の走りとも言えるね。

715 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 20:31:55.83 ID:BswQJ9Gp
>>713
そうなのか、声違う気がするが
でもあそこだけ痛々しくてなんか引いてしまったわ…

716 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 20:42:04.62 ID:jpF7y1Rl
姫が行方不明になって、姫〜、どこへ行ったんだよ〜、が三宅裕司

717 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 21:35:47.19 ID:NxX6y+ot
>>690
当然客観的な失敗ってのはあるよ。
特にジブリはペラペラ意図をしゃべるからね。
目指したものと結果が両方出る。

718 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:01:48.98 ID:VgTHpV6x
かぐや姫が高畑の最高傑作とか
ほざいてる人は、
母をたずねて三千里を全話、見てるのかな?

あれよりもかぐや姫がすごいとか、
頭がおかしいとしか思えない。

719 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:06:39.04 ID:KsTAYKvT
>>718
情報量が違うから比べるだけ無駄な気がするけど。
ただ「三千里」は名作劇場の中じゃ出色の出来なのは認める。
俺も「ハイジ」「アン」より上だと思うよ。
「輝けイタリアの星」とかいいエピソードだよなあ。

720 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:07:02.65 ID:e7KadyTf
テレ東でやってる「日本の昔ばなし」ってのの直後にかぐや姫のCMやってて笑った

721 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:15:40.70 ID:5SRcEBSm
高畑いわく「三千里はイタリアの愛国心高揚の話だし別にやりたくなかった」

722 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:17:28.04 ID:KsTAYKvT
>>721
あの人は色んなものに「やりたくなかった」と言ってるだけ

723 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:20:29.19 ID:VgTHpV6x
>>721
ほとんどの作品で、最初は
やりたくない、って言う人だから

724 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:20:56.82 ID:BswQJ9Gp
やりたくは無かったんだろうw
テレビシリーズで監督がサボり症だと絵だけの問題じゃなく現場マジヤバいwwwってなって色々怒られるから

725 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:25:22.73 ID:5SRcEBSm
>>722
ハイジはやりたかったと言っている。

726 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:32:22.63 ID:VgTHpV6x
ハイジの時だって、

なぜ毎週アニメを作らなければいけないのか!

ってプロデューサーとケンカして
作業が止まってたという伝説も

727 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:33:14.18 ID:5SRcEBSm
ドキュメンタリーで高畑の仕事ぶりを見ていると、完全主義者なので
一つの作品であまりにも多くのことを考える必要があり、容易にやるとは
言えないってことはよくわかった。

こういう人は歴史上の偉人でもよくあり、天才がいることに気づいて自ら
そのサポート役に徹する人が出ると永久の業績となって残る。
ブッダやキリスト、孔子とその弟子たち、ゲーテとエッカーマンのように。

728 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:36:19.35 ID:NxX6y+ot
オリジナル作れないくせに
「自分がやりたいものではなかった」とかって傲慢言う人だよね

729 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:41:09.57 ID:MKype5Ot
ぽんぽこってオリジナルじゃなかったのか

730 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:47:06.44 ID:BswQJ9Gp
>>728
お前は言わないの?

731 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:54:57.36 ID:NxX6y+ot
>>730
オリジナル作ってるし、言わないけど?
今回もオリジナルでやればよかったじゃん。
こういう感じで愚痴る奴らがめちゃくちゃウザい。

言うタイプの人が共感するんだと思う。

732 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 22:58:40.35 ID:BswQJ9Gp
>>731
ふーん言わないんだw
言えるだけの地位が無いだけでしょwww

こんな所で人につっかかってるようなサンピンには良い作品なんか作れないよ

733 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 23:15:25.46 ID:NxX6y+ot
>>732
そう、こうやって絡むんだよ。しかも的はずれに。

734 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 23:32:58.25 ID:x/G24ICJ
>>729
ぽんぽこ(1994)は手塚治虫(1928-1989)の短編「マンションOBA」(1972)と酷似。

制作は時期として手塚の没後すぐ。
全然話に出ず、今もタブーっぽい。

ちなみにディズニーも同じ1994年に「ライオンキング」を公開。

巨匠が亡くなった途端、
全くえげつない話である。

735 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 23:33:47.73 ID:IU1moKWv
高畑は、たまに心からやりたいと思う作品があっても
天安門事件で中止を余儀なくされるしなあw

736 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 23:48:44.98 ID:KsTAYKvT
「ハイジ」も「三千里」も「アン」も原作はあっても、
映像作品は実質高畑勲のオリジナルだぞ。

737 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 23:55:43.01 ID:MKype5Ot
ホルスの大冒険も原案あるからオリジナルじゃない、パンダコパンダも実質宮崎作品だからオリジナルじゃないとか言われそうだなこりゃ

738 :名無シネマ@上映中:2013/12/15(日) 23:59:09.66 ID:x/G24ICJ
ほとんどの小説家、漫画家のように完全オリジナルでどうぞ。

739 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 00:01:14.78 ID:5SRcEBSm
シェークスピアだって史実を脚色したものが多いしゲーテのファウストだってファウスト伝説の脚色だし

740 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 00:03:43.60 ID:KsTAYKvT
オリジナルとかこだわる奴って、ヤラセとか食品偽装とかにうるさいクセに
実際にはまんまも騙されて何を食べてもわからないタイプだな。

741 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 00:10:07.72 ID:A+3nL35t
他人がすでに小説や漫画や脚本にしたものを
二番煎じするんじゃなくて
オリジナル脚本書けばいいのに。

742 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 00:17:13.99 ID:bNDbTDsJ
>>734
つーかそれ全然似てないだろ

743 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 00:18:13.39 ID:fP4E/qP9
>>741
なんで?

744 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 00:25:28.96 ID:A+3nL35t
>>743
大変だけどものを創るってそういうことだからだよ。
中国や韓国みたいにいつまでもパクリやってても他者への依存でしかないだろ。

745 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 00:50:44.31 ID:UBJEMprE
どこまでがオリジナルかってのは難しい話だからなあ。
まあこのかぐや姫もオリジナル要素はあると思うよ。そこがまずいんだが。

746 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 01:12:11.74 ID:fP4E/qP9
>>744
そういうことじゃわからん。なんでオリジナル>原作付きとありがたがるのか?
あの「七人の侍」ですら「本朝武芸小伝」とか元ネタがあるんだぜ。

俺としては原作があろうがなかろうが関係なく、出来た作品が全てだと思うけど。

747 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 01:15:56.46 ID:UBJEMprE
ていうか宮本武蔵の中に、よりそっくりな話があるけどね。

元ネタがちょっとでもあったらダメならオリジナルってのはほぼ全滅すると思うけど、
まあ程度問題だろうなあ。

748 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 01:19:40.65 ID:PVEp1B0i
アンパンはパンと饅頭が組み合わさったもはや新製品で
醤油は中国から味噌の製造方法輸入した坊さんが製造方法間違って出来た偶然の産物。

749 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 01:26:19.50 ID:/tIL9ojy
さっきレイトで見終わった。
これはEテレかテレ東の特番だねw
映画の大衆娯楽作ではなく
テレビの教養番組とするのが正しい作品だと思う。
それは芸術性は実験的な表現で成功している。
でも、映画の観客の多くはテレビでは得られない
良質な娯楽の為に高い鑑賞料を出している。
そういう観客を無視して
自己満足な芸術に偏ってしまったのは残念だった。

1つ気になったのだが
現代だと、この姫の「我がまま」は最も同性に嫌われる。
いくら古典だからといっても
見るのは現代人なので選択ミスだったと思う。

750 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 01:31:23.63 ID:UBJEMprE
普通の人は古典だからと思うだろうけど、実はそれらの部分は単なる現代人の後付けというね

751 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 01:53:21.55 ID:bNDbTDsJ
>>738
アニメに限らず映像作品って半分くらいは原作あるもんだぞ
映画史とかちょっと知ってればわかるだろうに

752 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 01:54:11.67 ID:A+3nL35t
>>746
そもそも>>741の上の流れ読んでみろ。
本人が「やりたくない」「やりたくなかった」とかぶーたれるんだよ。
じゃあ最初から自分で好きな脚本書けばって話。
そういうオリジナリティはないからまた誰かの二番煎じになりそうだけど。

753 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 01:54:48.11 ID:bNDbTDsJ
小説漫画といっしょにしてる時点で話にならんな

754 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 02:01:16.12 ID:A+3nL35t
>>753
虫めずる姫君から宮崎はナウシカを作ったよ。

755 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 02:57:35.16 ID:OKhrF3zI
>>752
お前仕事した事無いだろ
ハイ終了

756 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 09:28:52.95 ID:/XvGo84i
シェークスピアといえば
ベニスの商人のポーシャが
かぐや姫にそっくりだなあ。
最近アルパチーノで映画化したのが
この映画に負けないぐらい強烈な読み換えをして
完全な別物になっていて面白かった。

757 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 11:48:03.03 ID:W3D1vF99
>>727
ついに本当の教祖と同列にしたか

758 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 12:07:15.20 ID:vRbb5y+a
>>749
映画の大衆娯楽作ではなく
テレビの教養番組とするのが正しい作品だと思う。
それは芸術性は実験的な表現で成功している。
でも、映画の観客の多くはテレビでは得られない
良質な娯楽の為に高い鑑賞料を出している。
そういう観客を無視して
自己満足な芸術に偏ってしまったのは残念だった。



自分は大衆娯楽作品として十分楽しみたけど
君の考える娯楽作品とはどういうものなのかな?
目さかとは思うが原作の話の結末を変えちゃうとか
月の民をETみたいにした例の暗黒史映画みたいなオチとか萌えかぐや姫とか
じゃないよな

759 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 12:07:25.64 ID:fP4E/qP9
>>749
「映画は娯楽でなきゃいけない」「女はワガママであっちゃいけない」っていう
君の中のルールにそぐわなかっただけだろ?
つか、自分の生き方や夫選びにワガママもクソもない気がするが。

>>752
「やりたくない」って言い出すのは高畑勲のクセみたいなもんだから、
オリジナル云々とは全然関係ない話だと思うよ。

760 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 12:10:17.98 ID:fP4E/qP9
そもそも高畑勲は自己実現を投影したような、
口当たりのいい娯楽作なんて作りたくないって言ってるんだからしょうがない。

761 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 12:58:59.93 ID:PVEp1B0i
【中国】月資源狙い先手 無人探査車到着 活動スタート
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1387162426/

無人月探査機「嫦(じょう)娥(が)3号」
無人探査車「玉(ぎょく)兎(と)号」

嫦娥・・・月に暮らす仙女

やっぱ、インド‐ネパール‐中国‐日本 シルクロード経由かな。

762 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 13:27:09.38 ID:gDBaBeae
>>749
確かにかぐや姫に全く感情移入できなかったけど
それはそれで面白かったよ
誰にも感情移入できなかったから俯瞰で見てなるほどな〜って感じで

763 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 13:59:58.25 ID:fP4E/qP9
思い入れより思いやりだそうだ。

764 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 14:04:07.86 ID:h9Y1yvkB
かぐやがわがままだと?
女はあれくらいが可愛いわ
風立ちぬの穂菜子みたいな女つまらんわ

765 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 14:55:49.10 ID:pgjHtbXG
菜穂子は我儘に(思うように)生きられた人
かぐや姫は人に従うことはできずかといって我儘にもなりきれず
結果、後悔した人

766 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 14:59:13.39 ID:/J1acx8q
それぞれ、宮崎と高畑の有り様だな
自分の立場をヒロインに投影するとか、いかにもアニメぽい映画ですなあ

767 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 15:12:31.61 ID:PEiAtxUy
宮崎監督より高畑監督の方がよっぽど好き勝手に我儘やってると思うんだが

768 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 15:23:04.48 ID:jL6RYe2U
見た目的には宮崎監督の方が威圧感あるし理想の少女像うざいなあと感じてたけど
この人の方がよっぽどやっかいな人だというのがわかったよ
リアルな動きを再現するのは優れているとは思ったけど

769 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 15:33:35.11 ID:/J1acx8q
菜穂子はわがままなのに
それを感じさせないわがままだよね

770 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 15:37:58.77 ID:XJf1GuXR
>>768
おまおれ

771 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 15:42:21.46 ID:0g32Do/Z
>>768
理想の少女像てより理想の人間像だろ
高畑は自分で描くわけじゃないから文字でいくらでも好き勝手に書ける
でも宮崎はアニメーターだからそれを具体的に映像にする苦労を知ってる
出来るだけ不快なキャラは描きたくないってのは当然だと思う

772 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 15:52:01.26 ID:pgjHtbXG
>>769
菜穂子本人が幸せそうだったし、
何より菜穂子の周りには理解者がいたからな

それに比べると、かぐや姫は不幸だな
かぐや姫の場合、花見の帰り道に牛車の中で暗く落ち込んだ顔をしていたけど
その傍らで媼は弁当食ってるし、翁は結婚結婚だし
理解者がおらず孤独だったろうな

773 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 15:52:36.98 ID:jL6RYe2U
>>771
>理想の少女像てより理想の人間像だろ
そうそう。女も男も理想的。

この作品では男は皆クズだから女は夢見るなとやっておきながら
女は絶世の美女のかぐやを筆頭に皆理想的でふざけるな!と思った

774 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 16:01:53.75 ID:0g32Do/Z
ジブリ社内じゃ宮崎の周りは女性社員だらけ
女性スタッフに怒ってる映像なんて一度も観たことがない
アニメーターの資質や才能に応じてシーンを作り替えることも珍しいことじゃない
悪役のキャラですらアニメーターが描いてて楽しい魅力あるキャラにしようとする

775 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 16:06:36.64 ID:jL6RYe2U
>>774
ははぁムスカも高畑監督だったら変な顎にされてたかも
そういえばムスカは男にも人気あるな

776 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 16:28:28.30 ID:izusMJ/k
>>746
オリジナルがある時点でその作品が全てではないからだよ。

777 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 16:33:58.23 ID:XJf1GuXR
宮崎は理想化してるのを自他ともに分かってる感じだけど、
高畑は、自分も都合よく女描いてるだけなのに
リアルな女を描けてるつもりでいる分、女からすれば宮崎の方がましなぐらい。
しかも「これ違いますよ」とでも言おうもんなら
「私は女が分かってます。間違ってません」って理論武装してきそうw

778 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 16:48:10.10 ID:flFM6y+T
まあ、パヤオの描く女のほうが好みの女はいるだろうな
男から見たら理想的な女に描いてくれるから、自分をそこに投影してお姫様願望を満たしてくれる
男が映画に出てくる理想的にカッコイイ男に自己投影して浸るみたいに

779 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:00:50.17 ID:F88T0tLE
一度、ロシア人のを銜え込んだことがあるよ。

超キモチ良かった。セックスがあんなにきもちいいとはね

大きくて太くて、カリダカで、ふにゃチンで、白人のチンポって
どうしてあんなに気持ちいいんだろうか

780 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:01:43.61 ID:F88T0tLE
スマン。誤爆だった  ほんとスマン

781 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:10:37.72 ID:jL6RYe2U
ネカマきもい

>>777
全文納得w

782 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:11:18.57 ID:OKhrF3zI
私は女だけど宮崎監督の女性像より高畑監督の女性像の方が好きだな
ナウシカとか凄い苦手だ…

783 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:15:36.91 ID:XJf1GuXR
>>778
いやそうじゃなくてw

ちなみに今回かぐや姫はなぜか原作にない月の王のお姫さま設定。

784 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:18:18.13 ID:flFM6y+T
>>783
そうじゃくてじゃないよw

785 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:22:29.56 ID:A+3nL35t
>>777
ワロタwwwww
確かにww

786 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:32:56.32 ID:pgjHtbXG
>>783
映画のどのシーンでお姫さまと言っているのか知らんが
竹取物語の方では月の王がかぐや姫を迎えに来るのだから
それは月の都でのかぐや姫の身分をあらわしている

787 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:41:21.85 ID:g9Re2/xz
描かれたキャラの好みって話じゃなくて
どっちの監督が人間として不快かという話だな。

788 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:42:02.38 ID:PS74DbGM
>>777
うーん高畑の描く女のどのへんが都合いいと感じた?
むしろ女が書きそうなめんどくさい女ばっかりって印象なんだけど

789 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:42:09.64 ID:jL6RYe2U
>>782
私もナウシカ苦手
でも宮崎監督はこれが女だ女のことはわかってるなんて言ってない
と言うことを語っているだけであって

790 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:43:11.91 ID:XJf1GuXR
竹取では罪人回収に来た一行の中で一番偉そうなのを「王とおぼしき人」と言ってるだけ
しかも父と娘だとはひと言も書いてない
アニメではご覧の通り。
なぜか高畑は「かぐや姫は月のお姫さま」設定で、月の王から娘への言葉とか書いてる

791 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:46:42.74 ID:flFM6y+T
別にいいんじゃね
アレンジは監督の勝手だし

792 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:55:14.89 ID:pgjHtbXG
初めて会う王は名乗らないのだから王と‘おぼしき人’が正しい
わざわざ身内だと書かずとも身内だと分かるだろw

793 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:55:46.22 ID:jL6RYe2U
>>788
翁は悪玉としても描かれているが媼は完全に善玉で母性にあふれている。
ロッテンマイヤーさんもどきは厳しくも優しくかぐやを教育しとても良い人。
女童はかわいい。ひたすらかわいい。かぐやに嫉妬も意地悪なこと何もしない。
かぐやは他スレのレスを引用させてもらえば
>「化粧嫌いで奔放で自然の中に生きてて賢い色白美少女」って・・・妄想乙だわ。

794 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:57:10.50 ID:3ryF4NxD
ヒルダもフィオリーナもタエ子もかぐや姫もめんどくさそうだよね
突然キレて、まわりがポカーンみたいな

ハイジで、クララのおばあさまに連れられてピクニックに行く話で
ハイジがあんまり楽しんでるからクララがいじけて帰ると言い出すエピソード、
あれ、原作にもあるのかな
自分の中ではすごく高畑っぽいエピソードなんだけど

795 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 17:58:38.86 ID:pgjHtbXG
媼が善玉だとか、そんな描写あったか?
翁も媼も現代にいたら毒親だろう

796 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:04:12.64 ID:jL6RYe2U
>>795
今までさんざん翁だけクソ扱いしといてそれはないw

797 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:06:23.36 ID:PS74DbGM
>>793
媼は翁に比べれば、理想的な母親かもしれないけど、ほかは別に
相模は悪人でもないけど特に善人とも思えないし、女童は女以前みたいな存在だし
かぐや姫みたいなヒロインて少女漫画とかにも出てきそう

798 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:06:37.47 ID:XJf1GuXR
>>792
「おぼしき人」なだけで普通に官人かもしれんし、高畑アニメでは阿弥陀が来てたぞw
かぐや姫が王の身内と分かる根拠はない。
むしろ直接話しかけないのが不自然だし、天女は遅いと急かせるし、
月に父母がいると言っているから
身内設定なら普通は父母で来るなりそれなりの設定がある。

799 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:08:50.12 ID:eC9wCoyh
まあ映画やアニメは日常の嫌な事を忘れさせて楽しい世界へ連れて行ってくれる箱庭みたいなものですから

800 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:11:39.14 ID:jL6RYe2U
>>797
少女漫画のヒロインでかぐやみたいなのいる?おしえて

>>799
理想的美少女が下賤のもの(自己投影者多数)と不倫とかひどかったですね

801 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:16:30.28 ID:rtI32zi+
媼は「あなたのせいじゃないわ」とかヨシヨシしてるだけで
姫を叱ったり諭したりするシーンもないし
理想の母かと言われるとそれも疑問

802 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:18:38.10 ID:Ug+3fx9w
>>796
自分は始めから双方毒親扱いしてたよ
>>798
作者の意図をわかれよwアホ

803 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:22:20.60 ID:PS74DbGM
>>800
具体的にパッと浮かばないけど、
かぐや姫の、おてんばモテモテヒロインという文脈で、連想したんだけど
少女漫画じゃないけど、成長してからの赤毛のアンなんかまさに
色白美少女でモテモテになっているんだよね

804 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:24:19.83 ID:jL6RYe2U
>>801
(ステレオタイプの)理想の母像とすればわかります?
>>802
あれで毒親なら毒でない親はよっぽど完璧超人じゃない?
翁だけ愚かな感じに見せてたじゃない

805 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:25:15.54 ID:BUG+gTz8
なんつーか女は素で魔物なんだと思った

806 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:27:34.37 ID:jL6RYe2U
>>803
「おてんばモテモテヒロイン」はよくあるけど
あの男性陣が少女漫画では絶対にありえないと思うよ

807 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:29:08.65 ID:p0GD9kMx
媼はやさしいけど無力
翁の言うことに全然逆らえないし
決して理想の母親ではない

808 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:31:36.89 ID:8wSakIhN
>>806
少女漫画とはちょっと違うけど
結局男なんてみんなダメよねーって言うのは
バブル期あたりのトレンディドラマっぽいと思う

809 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:31:51.12 ID:jL6RYe2U
なんか結局むりくり媼を悪く言うしかない状態じゃない

810 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:32:09.07 ID:XJf1GuXR
理想の女像と目的に都合のいい女像は違うよ。
>>788
>むしろ女が書きそうなめんどくさい女ばっかり

わざと「わがまま」で「めんどくさい女」を描きたかったそう。
原作にないのにわざわざ都に引っ越しさせ、
幼なじみが目の前で殴られる設定にしたりして
主人公を悲劇のヒロイン化して泣いたり走らせたりしてる。
目的に都合のいいように動かしてるなあって冷めて見てて、
女版ゲド戦記みたいだった。
>>802
感情じゃなくて論理的に説明よろ。

811 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:33:52.61 ID:jL6RYe2U
>>808
ダメンズっていうのとか
ああいうのってちゃんと女からみた魅力もあるのでは

812 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:34:48.24 ID:suwVVbK9
>>807
時代背景的に女性が男性に逆らえる訳が無い
そこをかぐや姫が逆らったから受けた訳で

813 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:35:55.24 ID:qM1ImaOv
> 女からすれば宮崎の方がましなぐらい。

わたし女だけど、自分が女の代表みたいに考える女は大嫌いww

814 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:39:43.52 ID:XJf1GuXR
>>813
女=女の代表ではないけれど。
>>783で個々の好みを規定する話じゃないないとも言ってるし。

815 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:39:45.91 ID:jL6RYe2U
色々言ったけど監督はわざわざ脚本を女性にしてるわけだから
女性から見て色々アレなところは監督よりも脚本家の力不足なのでは

816 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:40:35.08 ID:PS74DbGM
>>810
ああ、「男に都合のいい女」じゃなくて、「目的に都合のいい女」ね、
それを言うなら、男女関係なく、どのキャラクターも作者にとって都合のいい存在だと思うよ
ことさら「女」を言う必要もない

>>812
「落窪物語」みたいな平安期の継子ものなんかは
妻が夫より強いのがデフォなので、一概に言えないよ

817 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:43:33.77 ID:KjYTg2L9
>>814
「女からすれば」じゃなくて「私からすれば」とか、「私みたいな女からすれば」と言えばいいんじゃないかな

818 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:44:39.21 ID:suwVVbK9
>>816
だから女性(かぐや姫)が男性に逆らう話の先駆けでしょ竹取物語って
それで当時の女性に人気が出たって映画の特番でやってたけど

819 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:47:59.15 ID:qL1GqPnq
わがままとかいってる奴なんなの?
ワガママに見えないように上手く工夫してたじゃん
観てないの?

820 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:47:59.63 ID:Ug+3fx9w
>>804
現代の話だが、毒親の場合は身勝手な理想を子供に押し付ける
それがあなたの幸せなのよ、と子供に言い聞かせ
自分の理想通りに子供を動かし自由を奪う
そしてアダルトチルドレンが出来上がる


>自由に振る舞うこと遊ぶことを奪われ、親の期待を満たすために
http://www.ac-kaifuku.com/ac/2007/02/post_7.html

>『両親の期待に沿った生き方をしなければならない』という
強迫的な観念に束縛されて窮屈な気持ちになって萎縮してしまっています。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/griffin/life14.html

821 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:49:21.53 ID:PS74DbGM
>>818
えっ、番宣でそんなこと言ってたんだ
それはちょっとおかしいなあ
古事記あたりでも、男の思うとおりにならない女はたくさん出てくるのに
最高権力者は女神だし

822 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 18:51:31.02 ID:XJf1GuXR
>>816
今回は原作や監督のインタビューがあるからどう変えたかが分かる。
特に「かぐや姫の物語」としてかぐや姫を現代の人間の女の感情の物語にしてる。
>>817
「女である私からすれば」を長いから省略しただけ。
各々が意見言えばいいだけのことでしょ。言えないわけじゃあるまいし。

823 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 19:00:37.08 ID:Ug+3fx9w
>>798
>「おぼしき人」なだけで
物語は地球からの視点なので当然、月の王に‘おぼしき人’と加える

>かぐや姫が王の身内と分かる根拠はない
王が国民を迎えに来ることは常識的にない

>むしろ直接話しかけないのが不自然だし
王はかぐや姫に語りかけている

>天女は遅いと急かせるし
それがどう関係すんの?

>身内設定なら普通は父母で来るなりそれなりの設定がある
根拠は?

824 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 19:02:49.51 ID:3RmS0Xqn
わがままどはなく、清純ゆえのって感じかな

825 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 19:08:58.63 ID:Mbv0xB6f
http://d.hatena.ne.jp/bakuhatugoro/20131216#p1

これくらいの評価で収めといたほうがちょうどいいと思った

826 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 19:16:06.04 ID:jL6RYe2U
>>820
媼が翁と同じように愚かなものとして描写されてましたか?
翁だけ愚かなものと表現されてたじゃないのって言う

827 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 19:18:56.19 ID:XJf1GuXR
>物語は地球からの視点なので当然、月の王に‘おぼしき人’と加える
「〜とおぼしき人」は必ずしもその人ではない。王であると補強する描写もなく、
「〜とおぼしき人」で考えなければならない。
>王(「とおぼしき人」)が国民を迎えに来ることは常識的にない
だから王が来た証拠にならない。普通は役人だが謎。
>王(「とおぼしき人」)はかぐや姫に語りかけている
父から娘へとして?違いますよね。
>それがどう関係すんの?
天女はかぐや姫に「遅し」といい
かぐや姫もそれに対して敬語使ってます。

どうもかぐや姫が月の王の娘だと決めるには決め手がないようですが。

あと、高畑アニメでは阿弥陀が来てたけど、アニメとしてはあれが月の王で父ですか?
ウルトラの母はどういう設定になりますか?

828 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 19:20:08.28 ID:jL6RYe2U
>>821
私も番宣でみたしなんかの竹取物語の解説にもそういうの載ってるの見たな

違和感は脚本家のせいって思ったら監督叩く気失せた
映像や声や音楽は本当に良かったから

829 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 19:33:54.85 ID:3RmS0Xqn
>>825
ほぼ同感だ
生きる手応えってのがキーだったんだがそれが前半の瓜や雉取りくらいしかなかったんだ
前半の姫の成長に目がいっちゃって印象薄い

830 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 19:48:20.43 ID:6g1IuzUz
>>825
の人は落語とか俳諧を知らないのかな。
この作品はテーマが重過ぎるのでわざと落語や俳諧の手法を取り入れたんだろう。

831 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 20:03:48.12 ID:g9Re2/xz
見る人にあれを知ってろこれを知ってろと我儘一杯の映画なんだな。

832 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 20:08:41.49 ID:6g1IuzUz
立川志の輔に秋田を演じさせているんだから普通気づくだろ。

833 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 20:25:32.91 ID:g9Re2/xz
落語家がやってるから落語の手法取り入れてると思うのが普通w
本当に身勝手な映画だこと。

834 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 20:33:29.15 ID:XJf1GuXR
??>>825のレビューに落語とか俳諧関係あったっけ

835 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 21:05:40.21 ID:/XvGo84i
>>825
自分の期待していた映画じゃないから成功作じゃないって
ただそういってるだけのように読めるけど。
ただの難癖じゃん。

836 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 21:36:07.52 ID:PS74DbGM
>>825
言いたいことはわかるけど、「母をたずねて」や「赤毛のアン」みたいな
時代背景がかっちりしたリアリズム路線の作品と比較するのは違う気がする

837 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 21:39:18.06 ID:A+3nL35t
感想だろ。
難癖ってほどでもない。
実際生活感やリアリティーがあまりなかったよ。人間の動きにも。


赤ん坊の扱い方ひとつとっても違和感があった。
親って、子供が危険な方向に這い這いし出したらその時から体動く。
縁から落ちてから走るなんてあり得ない。
その後姫が立ち上がる時も縁に頭ぶつけないように庇うのが普通。
ぞっとした。
翁も座ったままとかあり得ない。
ストーリーは追ってるけど重みがないというか、空回りした作品。

838 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 21:44:29.49 ID:OKhrF3zI
>>789
高畑監督もそんな事は言ってない


面倒臭いという意味で言えば男性のダメな面倒臭さも高畑監督の方が描くのは上手いと思う
例えば今回の翁、男性だと「善意からやってるから何も悪くないよね」って人が多いと思うけど女性だと反感を持つ人が多分多いと思うんだ
そういう色々な見る人の反応を計算して、男性目線でも女性目線でも無くふかんで物事を捉える事に長けてる監督だよね

ちなみに私は女だから男性キャラとババァは理想化された宮崎駿のキャラの方が好きだよ

839 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 22:20:21.05 ID:Gb6Hlgft
阿弥陀来迎。
黄泉の国=死後の世界=月。
結婚式=お葬式。
純白の衣装=死に装束。
生れ変わり=お色直し。
過去の天皇家の式がメディア非公開だった、当たり前、お葬式だから。
女は一度死んで嫁ぐ べきもの。
○子様問題。
男・女とは。
現代少子化。
国の在り方。
副題は必要だった。

840 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 22:26:20.99 ID:EHRpqtCz
平安時代の生活にリアリティがあるとかないとか。

赤ちゃんがいきなり立って歩くという異常な成長を描いているのもわからなかったのか。

841 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 22:34:12.09 ID:XJf1GuXR
あほだなあ

>親って、子供が危険な方向に這い這いし出したらその時から体動く。
>縁から落ちてから走るなんてあり得ない。
ちゃんと読め

842 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 22:44:49.86 ID:EHRpqtCz
赤子がそれまではとても信じられないスピードでいきなり這い出したからおうなは
追いつけなかったんだろ。

843 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 22:49:39.71 ID:XJf1GuXR
違うけど。紹介動画とかで見てみ

844 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:01:02.34 ID:dRdw+xFF
今日観てきたけど
今一、というか今三くらいだった

主題がぼやけてはっきりしていない
変にくどい
映像的な見せ場も乏しかった

845 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:06:49.10 ID:EHRpqtCz
>>843
いきなり速くなったから追いつけないんだろ。

http://youtu.be/2KOKvYDLArg

846 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:24:22.18 ID:pgjHtbXG
>>827

>「〜とおぼしき人」は必ずしもその人ではない。

作者が王と設定し、物語は地球からの視点なのでおぼしき人となった
王でなければ、王とおぼしき人とは書かない
逆に言えば、王でないのに、作者が王と書く必要性が一切ない
またかぐや姫には両親がおり、王がかぐや姫の親でないのなら
月の王がかぐや姫を迎えに来る理由がない
つかお前の主張は根拠になってないんだよ

>天女はかぐや姫に「遅し」といいかぐや姫もそれに対して敬語使ってます。

天人がかぐや姫より身分が上=かぐや姫が娘ではないという根拠にはならない
それとかぐや姫は「しばし待て」命令するが天人は「おそし」終止形
かぐや姫も天人に尊敬語は使うが
天人はかぐや姫に対して「きたなき所のもの聞こしめしたれば」と最高敬語を使う
かぐや姫>天人

>あと、高畑アニメでは阿弥陀が来てたけど、
アニメとしてはあれが月の王で父ですか?

知らね

>ウルトラの母はどういう設定になりますか?

ウルトラマン自体知らね
はい、おしまい

847 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:26:58.80 ID:XJf1GuXR
>>845
アニメ製作者もそれぐらいの感覚のようだからリアリティーがないと言ってる。

848 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:30:04.56 ID:XJf1GuXR
>>846
なんだこれ全然答えになってない・・・w
結局証拠見つからないのに推測で断定しただけだろ。

849 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:31:36.97 ID:pgjHtbXG
>>848
なら作者が王と書いた根拠を言え

850 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:33:47.98 ID:OKhrF3zI
アンチスレ作れよ

851 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:39:30.73 ID:pgjHtbXG
あと王の娘でない根拠が天人がかぐや姫に遅しと言ったからと言うが
実際には天人はかぐや姫に最高敬語をつかっている
それも合わせて否定しろな

852 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:44:14.28 ID:/XvGo84i
>>847
これは赤子の成長速度と生命力驚異的であるというシーンなので
これぐらいインパクトがあった方がいいんですよ。

853 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:49:08.93 ID:UBJEMprE
重いテーマなんかないだろこれ

854 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:49:45.22 ID:EHRpqtCz
>>847
わざとリアリティがない超人的な赤子を描いているのにリアリティがないって馬鹿ですか?

スーパーマンを見てリアリティがないとかゴジラを見てリアリティがないとか

855 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:52:23.27 ID:/XvGo84i
読み返すのめんどくさいからきくけど
かぐや姫が王の娘だったらなにか問題があるの?

856 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:53:57.56 ID:XJf1GuXR
>>849
お前と同じく「知らね」w
資料で「〜とおぼしき者」は、後で違うこともいっぱいある。
分からないから使う言葉。
最高敬語で天女(召使い)よりは上だが、そもそも地上の人間に対する天人だからだろ。
結局この男が王って証拠も、かぐや姫が「この男の」「娘」っていう証拠もないだろう。
月の都ってこの王の家族しかいない設定なのか?
刑期があけたら官吏じゃなくて父親が迎えに来るのか?
アニメのかぐや姫も月に父親いるらしいけど、じゃあ母親は誰w
>>852>>854
リアリティーってのは親心のことだよ。
普通に両親の動きも両方描けばよかったのに、
子供が縁に這っていっても動かなくて結局落ちて、親何してるんだろとしか思わなかった。

857 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:56:04.87 ID:dRdw+xFF
姫が転落するシーンは確かに違和感覚えたが
しかし問題にする程でもなかろうと思ったけどな
そこのリアリティーは求めてなかったし

858 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:56:56.05 ID:XJf1GuXR
>>855
月の王の娘なのが当然っていうから証拠を出せと言っただけ。
高畑解釈では迎えに来た阿弥陀如来が月の王なのかね。

859 :名無シネマ@上映中:2013/12/16(月) 23:57:48.12 ID:/XvGo84i
>>856
まあ親があなたを見たら情けないだろうと思うよ。

860 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:04:28.14 ID:XJf1GuXR
>>859
なんで?ぼーっと見てて子供の首の骨折れるの聞くより
走った方がましだと思うけど。

861 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:05:00.92 ID:/XvGo84i
>>858
なんでそんなことで何時間も騒いでるの?

862 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:05:57.62 ID:XJf1GuXR
内定決まって年賀状も書き終わって久々ひまだから。

863 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:08:04.72 ID:pgjHtbXG
>>856

>資料で「〜とおぼしき者」は、後で違うこともいっぱいある。
原文なんだが

>最高敬語で天女(召使い)よりは上だが、そもそも地上の人間に対する天人だからだろ。

かぐや姫と天人のやりとりだから月の世界での関係

>結局この男が王って証拠も、かぐや姫が「この男の」「娘」っていう証拠もないだろう。

作者が王と書いてる以上、王である
一方、お前は王じゃないという根拠が一切ない

何で最後には必ず論点ずらすの?
結局、おまえのは詭弁だしな

864 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:12:11.50 ID:4y3C4EK1
>>860
>>860
折れてないからいいんです。
結果オーライ。
人生も子育てもそんな神経質なもんじゃないでしょ?

865 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:15:00.74 ID:lj70cbj6
>>854
ゴジラにしてもスーパーマンにしても、
ウソをホントらしく見せるリアリティは必要だよ。
逆にそれを否定するのはクリエイターに対する冒涜だ。

ただね。アニメのリアリティの方向性は実写とは少し違うと思うんだよね。
少なくともこの作品というより、高畑が常に目指しているリアリティは
感情や日常描写のリアリティだと思う。

>>858
子供なんてちょっと油断したり目を離したりするだけでひっくり返ったり
すっ転んだけするもんさ。それがリアリティ。

866 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:18:15.53 ID:7+HhKm/m
>>資料で「〜とおぼしき者」は、後で違うこともいっぱいある。
>原文なんだが
そういう意味じゃないww「〜とおぼしき」という言葉の使い方は
分からないものについて使う。
>作者が王と書いてる以上、王である
原文は「王とおぼしき者」であって、
「王である」という断定は推測であって根拠はないよね
しかもそっと無視してるけど、
かぐや姫が「この男の」「娘」っていう証拠は?

最後に論点ずらしてるわけじゃない。
高畑設定がおかしいんじゃないかと言ってる。
その設定でいったとしても、阿弥陀如来=月の王設定なのかと。
「月の王の娘」という設定とどう折り合いをつけてるのか。

867 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:32:54.66 ID:Vs+fOgM5
人の親なら

赤子がカエルを真似る
予想も出来ない速さでハイハイする
立ち上がる

というシーケンスが現実の100倍速の描写であることがわかるんだが、リアリティのあるw情景に見えちゃう人がいるんだね。

868 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:36:31.99 ID:hK1az/b8
ヤフーレビュー見て驚いたんだが、泣いたとか感動したとか
最高傑作とかいって星5つ付けてる人は登場人物全てが
アンハッピー、自らを肯定しえないまま終わるこの映画の
何に感動して泣いたのだろう・・・。

869 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:36:51.77 ID:Vs+fOgM5
二階堂の歌はヴィブラートがない点と編曲が最初のほうでは1音に抑えられている点が凄いね。

編曲誰がやってるの?

わらべ歌はやはりただのヨナ抜き音階だね。

870 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:38:19.95 ID:Vs+fOgM5
>>868
そりゃかぐや姫が全否定された瞬間に地球が全肯定されるからだよ。

871 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:38:43.59 ID:4y3C4EK1
>>866
そんで月の王の娘だったらなにが問題なの?

872 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:39:31.15 ID:7+HhKm/m
>>867
>>853>>854と同じこと言ってるけど、ちょっと上のレスぐらい読みなよ。。

873 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:46:38.57 ID:hK1az/b8
そんな馬鹿な・・・。
地球が肯定されたようには到底見えんよ。
何処にも救いが無かったから。

874 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 00:59:51.33 ID:hK1az/b8
伊集院光のラジオで脚本読んだ地井さんが第一声
「これは地球を否定する話なのですか?」と聞いたって話
してたの思い出した。

逆説的に地球や人生を肯定ってのを意図してるのかも
しれないけどこのエピソードからしてもこの映画、多数の
人に真逆の印象を与えてるのじゃないだろうか。

875 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 01:07:07.17 ID:Ih194hDT
>>867
子育てしたことない奴にはわからんだろうな。

876 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 01:22:28.11 ID:TQwiQ5oA
>>867
あるじゃんリアリティ
ちゃんと百倍になってるってのはリアリティがあるって言うんだよ…人の親になってもアホは変わらんか

877 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 04:16:20.37 ID:VdmHxygQ
そんな力説しなくても俺たちの勝利は決まったようなものだろ

878 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 06:52:57.66 ID:2brQ8+9f
ジブリのあざとさは異常。

879 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 09:22:18.43 ID:ye1eGL4f
>>874
同感だなあ。
地球も月世界も、なんか嫌な感じしかなかったな。

880 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 10:20:07.38 ID:e6sFGhCQ
めちゃくちゃ感動した
みんながアンハッピーでも、何も成し遂げなくても、成長すらしなくても、感動する作品ってのはたくさんあると思うよ
どうしようもない運命に抗おうとする翁と嫗や、懇願するかぐや姫、それでももぎ取って行く月からの使者
愉しげだけど狂気を感じる音楽に涙が止まらなかった

881 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 11:06:51.27 ID:2I2XCOeY
【姫の犯した】【ぐりとぐら】

882 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 11:34:54.49 ID:hK1az/b8
ほたるの墓は確かにアンハッピーゆえに魂を揺さぶられたけど
ああいう「可哀想」「無力」「不幸」の「感動」なの?
何か一つ真正面から肯定できる部分がないと「感動」「素晴らしい」
という前向きな言葉には違和感を覚える。

監督の言葉かレビューか忘れたけど「凛とした」みたいな
イメージを語ってたけど登場人物の誰一人、心のありよう
なり生き方なりに覚悟を感じさせないのでただただ
後ろ向きにしか感じられない・・・。

映画を見ての自分の印象と他の人が語る言葉にこれほど
ズレを感じる映画ってあんまり記憶に無いな。

883 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 11:50:34.90 ID:7+HhKm/m
そう、信者は実は「可哀想」「無力」「不幸」に酔って涙してる。
わざわざ日本最古の『竹取物語』をそういう物語にして、
かぐや姫を<悲劇のヒロイン>にしてお涙頂戴したの。
者は理論で騙されてるけど、中身はシンプルにゲスなもんで
24時間テレビみたいなもんなんだよ。

884 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 13:13:53.77 ID:e6sFGhCQ
悲しいとか嬉しいとかっていうよりも、絵や音楽に対して感じる感動に似てると思う
それを「かわいそうって感情なんでしょ」と言われるともうどうしようもない

885 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 13:30:30.07 ID:pfz+K84M
そうだね。
チャイコフスキーの悲愴とか、ベートーヴェンの第九とかと比較できる。

886 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 14:12:31.95 ID:dKrNcwcs
>>880
ハクション大魔王みたいな感じ?

887 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 15:04:51.58 ID:esYdL2vS
>>868
だから泣けるんじゃねえか

888 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 15:18:05.63 ID:l58qIbBO
この板に風スレないんでこちらへ失礼、
「風立ちぬ」US版キャストが来た!
アカデミー賞ものの超豪華キャストで日本人として感激かつありがたや。

ENGLISH-LANGUAGE CAST FOR THE WIND RISES

Joseph Gordon-Levitt ― main character Jiro Horikoshi
Emily Blunt ― love interest Nahoko Satomi
John Krasinski ― Honjo, Jiro's college pal and fellow aviation engineer
Martin Short ― Kurokawa, Jiro's grumpy boss
Stanley Tucci ― Caproni, Italian airplane creator
Mandy Patinkin ― Hattori, senior designer at Mitsubishi
William H. Macy ― Satomi, Nahoko's father
Werner Herzog ― the mysterious Castorp
Mae Whitman ― Kayo, Jiro's younger sister, as well as Kinu, Nahoko's caretaker
Jennifer Grey ― Mrs. Kurokawa
Darren Criss ― Katayama, one of Jiro's engineering colleagues
Elijah Wood ― Sone, another of Jiro's colleagues
Ronan Farrow ― Mitsubishi employee

889 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 16:10:08.73 ID:hK1az/b8
>>887
それは悲惨すぎて泣けるってもので「凄い」とか「傑作」とか「〜より優れてる」
とかいうプラスのイメージの言葉にはそぐわないと感じます。

>>884-885

音楽や絵画ですか・・・。
例えば同じモーツァルトの40番でもロンドンフィル+クラウディオ・アッバード
の演奏はとりわけロマンチックで他と別物に感じたりしたものです。

この映画に原作の竹取物語をベースにより深い・新しい感覚と思える何か
があったのか考えても登場人物をより卑小で冗長に描いただけで
新しくプラスに受け取れるものがなく共感できんのですよ・・・。

890 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 16:18:15.42 ID:4y3C4EK1
>>889
音楽を語る前にそのひどい日本語をなんとかしろよ。

891 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 16:26:22.74 ID:JC8aD9HO
>>888
風立ちぬ本スレ  ■8
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1379844939/

風立ちぬ The Wind Rises 5
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1376558035/

★★★★★風立ちぬ★★★★★真の本スレ★★★★★5★★★★★
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1376369918/

892 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 16:33:16.68 ID:l58qIbBO
>>891
うわ、本気で気付かなかった。
申し訳ない、ありがとう

893 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 16:37:39.19 ID:esYdL2vS
>>889
現実を描いていて凄いと思ったけど
そう受け取って泣いちゃいけないの?

894 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 17:38:48.04 ID:ECOFa69/
感動した。

シンプルで力強いテーマに、高畑監督やっぱりすごい!
って思った。

私が感じたテーマは、
何のために生まれて来たか。
この世に生まれた目的ね。

895 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 17:39:19.48 ID:hK1az/b8
>>893
泣く理由が理解できないので聞きたくなるのです。
出てくる人間を現実的にしたのが素晴らしい、泣けるということ?
それとも何かが身につまされて泣けるということでしょうか。
私は「現実を描いていて」という点に関しては良いとは思わなかったです。
現実離れしたストーリーに現実性を持ち込まれても中途半端
じゃないですか?私は特に泣くような心境には至らなかったです。

896 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 18:08:17.98 ID:esYdL2vS
>>895
あんたが>>889で言っているように「凄い」と感じたからなんだけど
「現実」を感じたのは俺であってあんたではない

897 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 18:09:33.80 ID:l58qIbBO
味音痴が
「これが美味しいと言うのがわからないから理由を聞きたい」
と言ってきたとして、説明してやることに意味があるかなあ

黒澤は「映画は音楽にきわめて近いジャンルで、映画について
説明しなきゃいけないことは説明したってわからないんだよ」
と言っていたものでしたね

898 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 18:13:19.56 ID:e6sFGhCQ
>>889
竹取物語をベースに、高畑監督が新しい解釈をして深めた部分というのは、
かぐや姫が原作から感じるようなわがままで冷たい美女ではなく、自然を愛し、贅沢を好まず、与えられた幸せに疑問を持つ生きた思春期の少女だったという部分。
(そのために捨丸というオリジナルキャラが必要になったんでしょう。)
その生き生きとした表現も素晴らしいとわたしは思うんですが、わたしが絵や音楽のような感動と表現したのはそこではなく、映画全体のことです。

細分化すると、赤子がすごいスピードで育つ様子をあんなふうに表現したんだ!とか、
あそこであんな愉しげな音楽をもってきたんだ!とか。
そういうものを全部ひっくるめて芸術として感動したというニュアンスです。

例えば絵画のどこに感動したのかと聞かれても答えられませんよね。
そういう類のものです。

長文失礼しました

899 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 18:19:01.93 ID:u8cAmS+E
おいらが良いと思った点を言語化してみると
人々の営みが積み重ねられていて、その結果現在の自分に繋がると気づかされた点

それは手や足で作ってた漆器であったり、口承で伝わってゆく歌であったり、
もちろんアニメーションの原点である絵巻物であったり。
で、もちろんかぐや姫という最古の物語から現代への積み重ねになってる。

映画の後半でそれが一気に繋がって見えた瞬間に、深く感動したよ。

900 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 18:23:38.20 ID:3W+XZQcE
笑う理由がいくらでもあれば泣く理由もいくらでもあると思うがねえ…
その理由を聞くだけ野暮だと思うけどねw
なんと言うか狭量だよ

901 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 18:31:37.80 ID:pfz+K84M
宮崎と違って演出意図を高畑は「アニメーション、折にふれて」などで饒舌に語ってるから。

902 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 19:18:39.25 ID:vad8eCIt
この映画に生活感とかリアリティーとか求めてる奴ってどうなん?所詮創作話だよ?そんなものが観たくて映画見たの?
あと原作とここが違うとか言ってる奴も検討違いだろ、これは骨組みは竹取物語だけど、高畑勲が作ったリブート作品だよ。

903 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 19:42:58.53 ID:esYdL2vS
>>902
別にもともとアニメにリアリティ求めて見に行った訳じゃない
結果的にリアリティを感じたってだけで

904 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 21:13:50.62 ID:N1Z3h6X7
捨て丸はチベット民話『斑竹姑娘』のランパか?
お出迎えは知恩院の『阿弥陀二十五菩薩来迎図』のようで少し良かった
もっと和歌や無常感、もののあはれ等の古典的な感覚や欲しかった
あるいは輪廻や六道を深く描くとかの、深みが
かぐや姫も現代的、感情的でついていけない、箱庭とかにも
やはり老人が作った映画かな、おおむね退屈だった

905 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 22:11:34.31 ID:ye1eGL4f
>>902
違うからダメって短絡的な話ならともかく、その違いが良さ/悪さに繋がるって分析だろ。
検討wに値することだよ。

音楽やら絵画やらも理論に基づいてるわけで、充分に分析して語れるはずなんだけどね。
物語と違ってなかなか難易度は高いけど。

906 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 22:22:17.70 ID:8QyGoFjW
>>904
『斑竹姑娘』そんなに有名な物語なの?
竹取物語の逆輸入という話も見るけどどうなんだろう

『斑竹姑娘』発見のいきさつはこれらの論文が興味深かった
ttp://www8.ocn.ne.jp/~douji/kaguyahime2.htm
ttp://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/137331/1/kkr00012_072.pdf

907 :名無シネマ@上映中:2013/12/17(火) 23:20:33.49 ID:MJQoyHJ1
美しさに泣きました。
竹から姫が現れる画面から、凄いパワーを感じて、涙ぐんでしまい
小さい姫が赤ん坊に変わって泣く所で動きの素晴らしさに泣いて
月から迎えが来て無表情の姫がスルスルと廊下を移動させられる場面で声を出して泣きそうになるのを必死でこらえ
羽衣を着せられ無言になってあの曲と共に去る場面でもう涙で画面が見えませんでした…。

908 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 00:21:12.04 ID:2mlUJzZg
>>868

>最高傑作とかいって星5つ付けてる人は登場人物全てが
>アンハッピー、自らを肯定しえないまま終わるこの映画の
>何に感動して泣いたのだろう・・・。

他人が、何をみて何に感動しようと勝手じゃない。
俺から言わせてもらえば、この名作感動できない奴は頭悪いと思うよ。
まあ、他人すべてがあんたと考え方が同じではないと言うことだよ。

909 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 00:31:26.11 ID:nD1+KxSW
>>908
頭が悪いと言うのは言いすぎ
人それぞれなんだから泣かない人間がいてもいい
泣くほうがバカ、泣かないほうがバカとか言ってたらキリがない
たまたまこっちが泣くバカってだけさ

910 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 00:43:08.76 ID:oIfNdnY2
確かに、みんな知ってる話だから、物語に感動するってのはちょっとわかりにくい部分はあるとは思うんだよ
でもジブリにあんまりいいイメージ持ってなかったわたしも、この映画はほんっとに素晴らしいと思った。
凄いエネルギーだった。だから涙が出た。

911 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 00:44:23.95 ID:t1a+/3pB
この映画つまらんっていう人はどんな映画で泣けたのか知りたい

912 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 00:47:23.67 ID:Vp7Fqhu4
ひきこもり的な生き方を否定する意図があるから、ひきこもり的な生き方を克服した人とひきこもり的な生き方がまずいと気づいた人は感動するんだろう。

913 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 00:55:20.59 ID:2mlUJzZg
>>909

頭悪いは、言い過ぎだったね。
ちょっと挑発的に書いてしまった。
頭悪いは、削除します。

914 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 01:09:07.51 ID:r0m79YAn
もしかして20代、30代の人たちと
40代、50代とかで、評価が別れるのかな?
私はジブリのファンではない50代オバサンで
かぐや姫の物語は最高だと思った。
画面からパワーを感じた。

915 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 01:29:30.93 ID:sxEPtCEz
あのキャッチコピーはセンスが無いにも程がある。
見てる途中もキャッチコピーが頭にちらついて「罪と罰」ってキーワードを中心に作品を見てしまう。
酷いキャッチコピーだよ。

916 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 01:40:59.08 ID:VROZBgnG
>>910
何でジブリにいいイメージを持ってないのに、映画を見に行くの?
時間、お金ハナからドブに捨てるつもりで見に行くの?けなすために見に行くの?
見に行く気になったキッカケが気になる。まぁ、どっちでもいいっちゃ、いいんだけど。

917 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 02:03:00.11 ID:F+78/jFd
良い意見が多いなあ
みんなの意見に同意だわ

918 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 02:16:19.89 ID:PM0m7l98
>>911
泣かない=つまらないじゃないけど泣いた映画は忘れないよね。
大人になってから映画館で泣いたことが2回ある。

1.セント・オブ・ウーマン

演説シーンに感動して泣いた。
口汚いが鋭い糾弾にスカッとさせられた直後、
一転してひたむきな弁護の言葉に引き込まれ、
静まり返る中から立ち上る拍手で泣いてしまった。

2.千と千尋の神隠し

父親を亡くした3ヶ月後、ようやく事後処理から解放されて
この映画を見て最後に流れた「いつも何度でも」で涙が出た。
歌詞から父親の最後の言葉を思い出したから。
映画そのものに泣いたわけじゃないけど映画を忘れられないものにした。

あなたはかぐや姫の物語のどの辺で泣いた?
他の人や映画を否定してもこの映画を良いと思わせることはできない。
自分の感動を言葉で示してみるしかない。
それが本心から出たものならば何かは伝わるんじゃないか。

919 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 02:28:44.25 ID:fSMGDotm
>>906
バヌチウクーニャンは日本→中国→チベットで決着ついたはず
エピソードの順番が中国の奴と同じだとかで

>>915
どうせなら、高畑がインタビューで言ってるような
地球に来る前の月でのエピソードもあれば
キャッチコピーも役割を果たしただろうにね

920 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 02:31:21.17 ID:nD1+KxSW
>>913
ありがとう
>>918
俺もセントオブウーマンの演説で泣いたよ
千と千尋の神隠しは千尋が現実を受け入れ一生懸命働く姿に泣いた
かぐや姫の物語は私は偽物の台詞とか羽衣かけられるシーンとか泣きどころ多すぎた
要は泣くポイントなんて人それぞれで合う場合もあるし合わない場合もあるってだけでしょ

921 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 02:43:04.38 ID:9QFdSKZG
>>916
オレは友達に誘われて付き合いで観に行っただけだが泣けた
ちなみに二十代男
あんま世代とか関係ない

922 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 02:47:24.39 ID:oIfNdnY2
>>916
最近のジブリあんまり合わなかったから。でも評判良かったので今回はもしかしたら違うかもと思って観に行った。
そんな捻くれた考えでわざわざ金払って観に行ったりはしないよさすがに…

923 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 03:25:22.58 ID:8kTDgRrl
>>914
29だけど面白かったよ
ただ2chに常駐してる人はわからないタイプが多いだろうと思う

924 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 03:26:34.36 ID:PM0m7l98
凄いパワーとか泣き所多過ぎとかじゃなくてもっときちんと表現してくれよ。
この映画には何一つ感動しなかったので泣いた人の気持ちを知りたかったのに。

925 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 03:29:19.31 ID:8kTDgRrl
>>915
だよなあ
コピーなら糸井さんにやって貰えと

926 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 03:35:35.44 ID:nD1+KxSW
>>924
いろんな意味の涙が出たけど一番大きいのはかぐや姫が自分を投影してるように思えて泣けたよ
私は偽物って台詞も自分をそんな風に感じたし

927 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 03:47:27.63 ID:PM0m7l98
>>926
ありがとう。
そういう方向なら自分は感動し得ないと納得した。

928 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 03:54:07.96 ID:nD1+KxSW
結局かぐや姫は姫にもかかわらずいろんなものにがんじがらめにされてる
程度の差はあっても現代人のほとんどが何かしらのしがらみと共に生きているんじゃいかな…
だからほとんど誰もが自分を投影しやすいと思う
泣けないって人は今の現状に満足してる人なのかもね

929 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 03:57:57.60 ID:nD1+KxSW
>>927
言葉を選びながら考えてたら先にレスしちゃった
解ってもらえて嬉しいです

930 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 04:19:34.12 ID:t1a+/3pB
>>911
一番泣いたのは天人たちがとうとうお迎えに来た時。
ああ、やっぱり「死」は待ってくれないんだ、容赦無いんだと思えてどうしようもなくなって。


最近とくに自分の生き方に対してこんなはずじゃなかったのに、、
と感じていて、
もうしんでしまいたいとか、
考えていたから
自分と重なって見えた部分も多くて
いっぱい感動しました。
あと、女を物扱いする男たちとかよくあることだなあと笑えました。


あと、風立ちぬもすごく感動しましたよ。

931 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 05:03:22.74 ID:8kTDgRrl
子供の頃に親の都合で引っ越しちゃった子は、あの「私、捨丸兄ちゃんとなら…!」の感情がわかるんじゃないかとなんとなく思った。
でも幻想なんだよな、現代で言うと大人になって自分の足で故郷に戻って見れば近所の駄菓子屋のばあちゃんは死んでたり、山が道になってたり幼なじみも純粋なままじゃないし元の家には知らん人が生活してる
すぐに「こっちでも月日は流れて色々変わったんだ」って事に気付けるし、しばらくたったら「変わらないものもある」って気付けるんだけど姫はその先は体験出来なかったんだ
…とか思ったらなんだか凄い物悲しい気分になったよ

932 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 06:31:54.71 ID:1JSE6rLJ
>>911
それでは試みに

デッドマンウォーキング
ロレンツォのオイル
ホタルの墓

辺りで泣くか、泣きかけた
風立ちも良かったな
あと、映画じゃないけどフランダースの犬は鉄板な

結構普通だと思うけど
かぐや姫は全然だったな
感動以前に眉をしかめたりアホな展開に半笑いになったりしてた

933 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 07:29:50.19 ID:+Irk6ZDt
俺も便乗するよ。俺は超泣き虫。
ニューシネマパラダイス
東京物語
トイスト3
などなど枚挙にいとまがないが、
かぐや姫も風立ちぬも泣けないね。感動もしなかった。所々見るべきものがあった、という感じかな。
ナウシカやもののけ姫は大好きだが、今のジブリはちょっと中二病だと思うよ。
きいたふうな言葉ばかり連発して、描きたい絵ばかり描いて、絵の描き込みは執拗なのに人物の掘り下げは半端。
ジブリのステレオタイプな美少女にはうんざりだ。

934 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 07:32:37.19 ID:jfZoByV1
映画版ナウシカって明治中期から戦前にかけての天皇のイメージだよ。こっちを評価するのってネトウヨかな。

935 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 07:34:51.05 ID:cb96Wk76
あと今回は音楽も良くなかった。
作為的なわらべうたには馴染めなかったし、
天上の音楽もその辺のセミプロフュージョンバンドみたいで
単なるこの世の音楽じゃんって感じ。

936 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 07:37:42.46 ID:/8TLYyF4
>>934
ナウシカがネトウヨってなんだそりゃw
こないだの選挙では共産党に入れましたが
何か?

937 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 07:41:04.26 ID:b88c1uf4
この板はIDが固定されないのか933=935=936ですんで

938 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 08:46:21.29 ID:4RV/FDS/
>>936
本来武人でない天皇が神話的存在として国民を守るのだからナウシカそのものじゃん。

939 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 09:31:16.57 ID:mZCPdUfR
これをいいと思うかどうかは、まず感情的に共感できるかどうかだろうな。
ロジカルに考えたらどうもならん。そういう作りじゃないから。

なお泣けるかどうかもツボに入るかどうかが大きいから、
泣けたからいい映画ってもんでもないと思う。

940 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 11:41:50.34 ID:lc/sGP40
てんのーって神話的存在いわはるけど
ぶっちゃけ日本を己のものにした時に
理由みたいなもの文句をいわれたくないんで
神さんの子孫みたいに話をこさえたんでしょ。
昔は王族とかよその国だって神さんの子孫ばっかりじゃん。

941 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 11:51:35.99 ID:lc/sGP40
日本の国土がどういう成り立ちでできたかとか
ある程度は今までの研究とかとかでわかってきてるけど
まさかなんとかのみこととかがとかいっちゃうのん。
じゃあなんだこの間の新島もみことさまがつくったとか。
火山活動なんですけど。

942 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 12:12:21.89 ID:4RV/FDS/
イギリス王室などヨーロッパの王室が神の子孫だなんて聞いたことない。

943 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 12:21:12.52 ID:lc/sGP40
昔のこというとるでしょう。
世界各地良くある話でっせ。
国を治めるのに都合のいいように
はなしを盛ると。
で、なんとかのみことが日本の国土をこさえた
とか信じちゃう口なんだ。

944 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 12:36:14.11 ID:k5ZDmBV1
「姫が犯した罪と罰」は鈴木敏夫が考えたんだっけ
高畑監督が考えたコピーがインパクトなくてこっちを出したら
監督は気に入らなかったけど周囲の同意を得て押し切ったとかテレビで言ってた

945 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 12:36:48.47 ID:lc/sGP40
脱線ついでにいうと
小松左京の日本沈没とか映画あったけど
ああいう時に現れてくれるとか。
しかしじゃあ地球をつくったのはなんとかのみことじゃないのかねえ。
下っ端ですなあ。あくまでジョークでいってるから
本気にスンナ。

946 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 12:48:25.28 ID:S+PSiGVZ
>>944
普通に清く正しく美しくの方が良かったかもな。

947 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 12:55:37.53 ID:sxEPtCEz
プロドゥーサーは興行収入を上げるのが仕事だからなー。
それに喧嘩負けして使用を許した高畑監督が結局は悪かったってことかなぁ。

948 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 13:12:24.44 ID:4/f9KKNx
>>939
泣く時はある程度安心感がある時だと思うけど
泣いた人はどのあたりで救いというか安心を得たのだろう
自分はたけのこに感情移入して感傷的に見ていたけど
月に帰るシーンは引き裂かれる苦しみと恐ろしさで泣けなかった
駆落ちシーンはありえないものとして描かれていて、
救いになるよりかは取り返しがつかないことへの後悔が強まったように感じた

949 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 13:38:01.91 ID:4/f9KKNx
一般的なフィクションなら
気持ちの良いエンディングを迎えるために
各々が覚悟を決めて別辞を述べるシーンを挿入するのだろうけど、
かぐや姫は未練を残したまま別れるからもやもやが残る

950 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 13:50:26.56 ID:2mlUJzZg
DTの松本が、千と千尋を見て1mmも面白くなかったとラジオで言っていた。
「なんで両親が突然豚になるねん。」とか「突然竜が出てくんねん」
つまりストリーが論理的に破綻しているということらしい。
でも、映画って例えばかぐや姫はこういう理由で今怒ったんですよとか
るる説明してくれるようなものが良いんだろうか?
でも、いるだよなちょっとした矛盾にいちいち揚げ足を取るやつが。

951 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 14:21:30.36 ID:VjGV5pj+
かぐや姫とかみんなが名前を知ってるのをやるより
オリジナルで勝負できんということ。で回収はできるのかい。

952 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 14:22:28.97 ID:Wip12JON
>>950
ストーリーとか演出に意図の感じられるものなら良いといいたいのではないか?
松本人志の映画を観ても不条理な展開が多いし笑わせるための理由があるならOKというスタンスだろ

953 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 14:51:23.29 ID:w2JFYl4G
ぶっちゃけ見る価値あったん?
かぐやの副題って
友達より大事な人マイフレンド
とかやっちゃったアレみたいな感じなんでしょ。
意味不

954 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 14:53:05.62 ID:T1mrtF7M
ストーリーは素晴らしかったけど後半飽きてしまった。帝のアゴ並みに長かった。

955 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 14:56:48.21 ID:w2JFYl4G
神さんの子孫ちゅう設定なんで特殊能力が
あごの長さに出てしまったということにしたいんじゃね?

956 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:00:05.36 ID:U17t0+Cb
確かに蛇足ばっかりでダラダラ長すぎる
90分くらいならアニメーションの技巧にフォーカスしたタイトな作品になったろう
映画で追加された要素全排除で
何の問題もない

957 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:04:18.00 ID:4RV/FDS/
熱風の記事

http://hotatelog.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-3ee6.html

958 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:05:22.42 ID:w2JFYl4G
かぐやって元ネタありの作品だけど
なんでオリジナルで勝負しんのかねえ。
おんぶにだっこで見苦しい。

959 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:12:23.04 ID:8kTDgRrl
自演ひでえな

960 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:12:44.12 ID:1JSE6rLJ
長かったと言うか
「ここが山かな?」てシーンが何度か出てきて結果山場がぼやけてしまったように思う
脚本と演出が噛み合ってないと言うか

>>950
そこは難しい所だと思うよ
誰にでもわかるようにしてるとつまらない
かと言って少数の分る人にだけ分るようにしてても大多数には分らない
その辺の最適ポイントを正確に見抜けるのが優れた作家なのではないか

961 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:14:15.15 ID:sxEPtCEz
背景作画のシーンなんかはびっくりするくらい凄い作画がいくつかあって、
ああいう風にもっとガンガン動かして欲しかったな。
凄い手間がかかってるんだろけど見てて退屈なシーンが多すぎた。

962 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:16:24.30 ID:2mlUJzZg
>>953

お前のほうが、意味不じゃ。
人にわかるよな文章をかけよ。
その程度の頭なら、この映画を理解するのは無理だろうね。

963 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:23:36.13 ID:w2JFYl4G
見る価値があったのかなかったのか。
なかったらしいじゃん。
途中で秋田県らしいし。
ぶっちゃけ見てませんから。姫が犯した罪と罰って
じゃあなに?

964 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:28:14.79 ID:w2JFYl4G
それにさあ。映画って難解にする必要がそもそもあんの?
家族連れとかターゲットにしてるのならなおさら。
意味不だよ。そういうところも。

965 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:29:54.39 ID:8kTDgRrl
>>962
触るな
現実世界で構って貰えないからこういう場でアホ晒してるだけだ

966 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:31:49.18 ID:w2JFYl4G
賢い人しか理解できませんとか
信者に人しか絶賛してませんとか
でターゲットは頭が賢いと言えない衆かい。
そういう商売の仕方が嫌いなんだよ。

967 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:35:11.67 ID:1JSE6rLJ
>>964
見る価値も何も、見なきゃ何も始まらない
感動できないし文句も言えない
自分の金と時間を使って
楽しめなくてもそれは一つの成果
何もないよりはまだ良い

エンターテイメントとアートの違いてのがある
エンターテイメントは誰が見ても分るように作る
アートは受け入れ手がある程度の準備をしていないと解読できない
アートを解読できた時にはエンターテイメントと次元の違う感動がある
かと言ってアートが偉いとは言わないが

968 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:35:48.05 ID:2mlUJzZg
>>963
>見る価値があったのかなかったのか。
なかったらしいじゃんと。と自分で結論をだしているじゃん。
だったら君はたぶん見に行かないだろうから、「姫が犯した罪と罰って 」
が何であるか知ってもしかたないじゃん。つまり、そんな事どうでもいいじゃん。

969 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:39:30.98 ID:w2JFYl4G
みんな途中で飽きたとか言ってるらしいから。
副題をインパクトのあるのにして
銭を稼ぐ。そういう商売なんでしょ。
内容とマッチしてるかとかともかく。
そういうところにいちゃもんをつけただけ。

970 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 15:48:32.00 ID:1JSE6rLJ
また聞きを基に勝手な推測をしてイチャモン付けるとは勇気があるな

971 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:00:16.23 ID:2mlUJzZg
>>969
なるほど、おっしゃる事は理解できました。
でも、この資本主義社会では多かれ少なかれそんな仕組みで動いているんでは
ないかな。たとえば、古い果実を写真の撮り方で美味しく見せるとか。
そんな例は、いっぱいありそうだけど。

972 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:01:05.48 ID:w2JFYl4G
また聞きってここのスレにも出てるし
やほーの映画んところとかれびゅーか。
みなさんすきかって書き込んでますけど。
みんなは良くてもお前だけは許さんとかそういうアレ?

973 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:04:47.83 ID:THkbe84D
>>972
賢くても感性豊かでもこの映画を分からない人はいるから
分からないからってあなたがバカってわけじゃない。
だから安心してこの映画のことは忘れてほかのこと考えたら?

974 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:10:00.18 ID:w2JFYl4G
見てないからわかんなくて当たり前だと思いますけど。おたくら
さりげなくあなたがばかってばかにしてますけど、
やふーのレビュー見ました?

975 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:19:54.82 ID:PM0m7l98
>>974
ヤフーのレビューは「馬鹿の荒らし場」となって久しいので
そこの話題を映画板で出すと嘲笑されるだけだよ

976 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:27:37.89 ID:T1mrtF7M
馬鹿というより最近の映画しか見ない人達じゃないかい。70年前の山中貞雄の映画とか見たら最近のは驚けなくなったわい。

977 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:28:08.42 ID:PM0m7l98
>>975
あっまた俺とID被ってる・・・。
やっぱ同じマンションに居る人なのだろうか。

978 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:29:52.41 ID:1JSE6rLJ
>>972
好き勝手書き込んでも良いけど
好き勝手書き返されるのも仕方なかろう?

君が書いたと言う行動が悪いのではなくて
君が書いた内容から類推して君の頭が悪いのであろうと考え指摘している

なお、ヤフーのレビューは見てないし
だから何なんでしょうか

979 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:30:43.45 ID:PM0m7l98
>>976
山中貞夫なんてむしろ見てる人の方が少ないでしょ・・。

980 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:47:04.27 ID:T1mrtF7M
>>979
70年前にこんなおもしろい映画を作ったのかと驚愕した。
昔より現代のほうがレベルが高いという既成概念がひっくり返った。
山中貞夫じゃなくて他の名作でもいいんだけどね。

981 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 16:57:16.19 ID:8kTDgRrl
現代はレベル下がってるよ
昔の映画は洋の東西問わず大衆に阿る必要があまり無かったので好き勝手できた
今は役者のレベルは上がったけど突飛な事は出来ないし、バカも映画を見て批評できちゃうからね
そういう現状でこの映画が公開された事で映画業界に与える影響は少なく無いと思いたい

982 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 17:30:56.93 ID:m/WbBiU/
洋画はさておき邦画のレベル低下は目を覆わんばかりだ。昭和40年代までは、問題作意欲作のみならず、ただのプログラムピクチャーですらいちいち面白かったりするからな。

983 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 17:39:20.23 ID:b1469/ch
>>895
アリエッティで泣いた女子がいたみたいだけど
男の子と女の子のお別れが悲しいって感じだったらしい
私も親子の別れは子供のころの愛くるしい姫の姿も相まってジワっときた
でもそれはこの映画だから泣けるってものではないと思う
深く考えないで泣けた〜って人も多いと思うよ

984 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 17:41:54.83 ID:4RV/FDS/
そりゃテレビドラマ、アニメ、ゲームに才能が分散したからな。

985 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 18:22:15.64 ID:WonHmWf5
>>924
>>958
同意。
改悪だと思った。
それだけ原作のよさが分からない人が多いってことかもしれんけど。
>>981
これも含めてレベル下がってると思うこの頃。
「虫めずる姫君」をナウシカにしたのはよかった。

986 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 18:57:51.09 ID:1JSE6rLJ
>>983
月からお迎えが〜ってなった時の翁の演技は良かった
でも力が入り過ぎで親子の情や別離が映画の主題なのかと気になった

987 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 19:37:09.84 ID:4RV/FDS/
453 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [sage] :2013/12/18(水) 18:15:30.45 ID:7F5+sGsE
「既知の話見て何が面白いの?」という、ごもっともな意見がある

どうすりゃいいんだよw

988 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 19:45:36.10 ID:bVd40yH2
映画を、“話を見るもの”だと思ってる人にとってはそういうもんなんだろう
としか言いようがないな

989 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 20:31:19.88 ID:sxEPtCEz
http://www.youtube.com/watch?v=RUnsfvLCWrk
この作品はなるたけ小さい画面で見た方がいいね。
大スクリーンだとどうしても線のかすれとか紙質とかが気になってしまう。
BD出たら買おう

990 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 21:23:40.58 ID:K5H1v+96
>>982
邦画は、アマチュアは頑張ってる
スポンサーが付くプロがダメ

991 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 21:44:42.42 ID:3psyAoii
次スレ
【女童】かぐや姫の物語4【パタリロ】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1387370606/

992 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 22:02:31.09 ID:kxKX2MX8
>>991
ご苦労様です

993 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 23:24:42.36 ID:+xTeqMI3
坊や良い子だ。寝んねしな。

994 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 23:27:49.82 ID:kinfa/FO
作る側のレベルもそうだけど、見る側のレベルもどうかと思う。
いわゆるロキノン厨みたいに、そこまですごくない作品をやたら大絶賛して無理矢理大傑作世論を高めたいみたいなのばっかりだ。インフレ評論。
2001年見てないのにアルマゲドンだけ見て「これは最高傑作!!空前絶後のSFの金字塔!」って騒ぐ奴が多すぎるのでは?

995 :名無シネマ@上映中:2013/12/18(水) 23:38:52.38 ID:+xTeqMI3
お爺さんお婆さんが失意の元、田舎に戻り
二人暮らしとなりました。
ある日お爺さんが芝刈りにお婆さんが川へ洗濯へ行くと
川から大きな桃がどんぶらこどんぶらこと
流れてきました。

「ありゃ、今度はついている。」

996 :名無シネマ@上映中:2013/12/19(木) 00:33:37.16 ID:aatg56jR
>>988
知っててもまた観たくなる映画ってあるよね。
知ってる話なのに素晴らしさを感じて何度も観たくなる映画、例えば
チャップリンの名画は何度観ても感動しちゃう。
ナウシカも、わかってるのに観ちゃう。
かぐや姫も、あのラストの、屋敷の中をスルスルーと後ろ向きに移動させられる
切ないシーンを、また観たくてしようがない…。

997 :名無シネマ@上映中:2013/12/19(木) 03:27:31.90 ID:EvWHEBR4
>>995
逆なら少女漫画にあったなwwww

998 :名無シネマ@上映中:2013/12/19(木) 03:56:57.68 ID:eOQICPOK
娯楽映画じゃなかった
見終えた後にモヤモヤしたよ
天上音楽はもう少し基地がってても良かったな
あれが人の想像力の限界かなと

999 :名無シネマ@上映中:2013/12/19(木) 07:20:27.41 ID:Re0JMgDs
もう一回誘導
次スレ
【女童】かぐや姫の物語4【パタリロ】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1387370606/

1000 :名無シネマ@上映中:2013/12/19(木) 08:45:46.86 ID:c+qjd/Ug
親より先に死ぬのはなにより親不孝なことだと思った

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

246 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)