2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

K2 初登頂の真実

1 :名無シネマ@上映中:2014/05/06(火) 22:30:44.46 ID:8PQSKTkO
やるかやられるか!8000mを超えた極限状態で男たちがぶつかり合う。グルカ兵vsクライマー、勝つのはどっちだ!!

2 :名無シネマ@上映中:2014/05/11(日) 01:13:01.32 ID:LkL+4x7E
観てきた
ちょっと微妙かな
どこでロケしたのか知らないけど、天気が良すぎて、K2の自然環境の厳しさが伝わってこない。
挿入されてる恋愛話とかは要らないし、あの子役も要らない。
同じ山岳映画としては数年前のドイツ映画、アイガー登頂を描いた作品の方が、映像も脚本も数段上だと思った。

3 :名無シネマ@上映中:2014/05/11(日) 01:21:53.82 ID:82e/MAhB
K2まくって逃げろ

4 :名無シネマ@上映中:2014/05/11(日) 01:41:47.17 ID:wL4bQ4vp
映像しょぼいよね。K2の凄さが伝わらなかった。
山岳映画がんばれ。

5 :名無シネマ@上映中:2014/05/11(日) 20:39:08.42 ID:oOu4lS/g
2010年度作品の「アイガー北壁」は、映像から、山の高さや怖さ寒さが伝わってきたけど
これはしょぼかった

6 :名無シネマ@上映中:2014/05/11(日) 20:45:04.27 ID:akzM+PB+
藤岡弘も脇で出たK2とは違うんだな

7 :名無シネマ@上映中:2014/05/13(火) 09:50:21.86 ID:w5f9et2H
>>2
>天気が良すぎて
リアルな悪天候だと、せっかく高いギャラ出して雇った俳優の顔が見えなくなる。俳優のマネジ
メントも嫌がる。客の多くは山じゃなくて俳優を観に来るわけで。

ゲテモノだけど、クリフハンガーはすごかった。あれを越える山岳映画が作れるかな。

8 :名無シネマ@上映中:2014/05/14(水) 02:09:04.74 ID:8kA2ilQK
それにしてもあの風ひとつない晴天はどうかと思った。

9 :名無シネマ@上映中:2014/05/14(水) 02:37:29.55 ID:ytjjNPBG
「雨が降ったら(撮影は)おやすみデー」って知らないの?

10 :名無シネマ@上映中:2014/05/15(木) 14:41:46.40 ID:aB3+9XwY
見たけどちょっと消化不良
最終アタックにおけるリーダーの“裏切り”の真偽がもうひとつ分からなかった
技量優位のメンバーに初登頂されるのを恐れたという事だが
リーダーは最終アタックするのが確定なわけだしパートナーは誰選ぼうと自由なんだし
「お前疲れてるから俺たちアタックするから」でいいのでは
そもそも映画見てても裏切られたメンバーの技量が圧倒的とは見えないんだよね
名誉のために仲間陥れるかなあ
単純に最終アタック優先して最終キャンプ地変更したようにも思えるが(変更先が本来の最終キャンプ地)
映画自体はテンポよく飽きずに見られたけどね

11 :名無シネマ@上映中:2014/05/15(木) 17:00:34.15 ID:iZo7D89+
話自体は本当らしいよ。それはリアルのリーダーも認めてるらしい。

12 :名無シネマ@上映中:2014/05/15(木) 22:01:02.62 ID:PKwjQ3EM
>>7
2010年度ドイツ作品「アイガー北壁」は吹雪吹きまくりだぞ
こんなシーンどうやって撮ったんだろ?と思うくらい凄かった

13 :名無シネマ@上映中:2014/05/15(木) 23:19:33.51 ID:TPHZ/c37
本物のアイガーで撮ったシーンじゃないから
キャメラのすぐ後ろに舗装道路があるかも

14 :名無シネマ@上映中:2014/05/16(金) 18:33:21.97 ID:f9fZkulm
来月公開のビヨンド・ザ・エッジの方が良さそう

15 :名無シネマ@上映中:2014/05/20(火) 18:39:44.50 ID:LtLuacwW
いまいちだった。
K2の厳しさや美しさよりも、イタリア人は男も女もすぐチュッチュしてアホという印象だけが残った。

ろくに登攀しないで晴天の尾根歩きばっかだったしなあ。

16 :名無シネマ@上映中:2014/05/21(水) 23:35:02.00 ID:cQ03kiKw
やけにイタリア語が綺麗に聞こえる映画だった
「モンッターリア!」とか叫びたくなった

17 :名無シネマ@上映中:2014/05/22(木) 03:19:28.71 ID:x16uVekK
なんか本国版は前後編になってるみたいだね
日本公開版は半分ぐらいにカットされてる
あの少年はカシンのところで暮らすことになるようだ

18 :名無シネマ@上映中:2014/05/22(木) 10:18:53.36 ID:3CpR31P8
遠征の最終段階になり、第8キャンプにいる隊員達でさらにもう一つキャンプを作る必要があった。
隊員のリーノ・ラチェデッリの体調は良かったが、アキッレ・コンパニョーニは消耗が激しかった。
コンパニョーニは「自分は翌日の最終キャンプの設営に加わるが、その後なお不調なら、
アタック隊員としてボナッティに交代してもらう」と切り出し、
ボナッティは酸素ボンベを荷上げするために下降することとなった。
ボナッティは下から登ってきたフンザ人ポーターと合流して最終キャンプ目指して登り返すが、
コンパニョーニとラチェデッリは体調の良いボナッティに自分達の立場が脅かされることを恐れて、
約束より高い場所にキャンプを設営していた。ボナッティとポーターは最終キャンプを発見できず、
8100メートルの高度で露天ビバークを強いられる。
声の届く距離にいた登頂隊の2人は夜になって呼びかけに反応し、「そこにをボンベを置いて下山しろ」という。
ボナッティは彼らが迎えにくることを望んだが、それ以後いっさい応答はなくなった。
ボナッティとポーターは強風に耐え、翌朝にボンベを残して下山。
登頂隊の2人は酸素ボンベを回収し、K2初登頂に成功する。
ポーターは重度の凍傷を負い、手足の指の切断を余儀なくされた。

その後コンパニョーニは報告書に
「酸素ボンベの気圧が低く、頂上に着く前に酸素ボンベが切れた。
抜け駆けして頂上を目指していたボナッティが酸素ボンベを吸ったからだ」と書き、
イタリア山岳会の公式見解となる。
しかしボナッティは酸素マスクや混合弁を持っておらず、ボンベを使うことは不可能だった。
ボナッティは失望し、後に裁判を起こして身の潔白を訴えることになる。
そして50年後の2004年、沈黙を守っていたラチェデッリが著書でボナッティの訴えを認め、
イタリア山岳会も2007年にボナッティの説明が正しいことを認めた。

19 :名無シネマ@上映中:2014/05/24(土) 18:17:27.18 ID:vqPUzvM3
最初にボナッティが登頂したサミットが綺麗だった…

20 :名無シネマ@上映中:2014/05/25(日) 14:29:13.51 ID:N8CSgXcX
>>18
すっきりした
映画だとちょっとわかりにくいね
それにしてもあの時代8100mでビバークは凄い
そこをハイライトにすればよかったのに

21 :名無シネマ@上映中:2014/05/25(日) 23:29:39.36 ID:Q0KK6Fzl
今でも無理っしょ。

22 :名無シネマ@上映中:2014/05/27(火) 17:38:50.07 ID:pZkga0VU
>>17
原題でyoutubeで検索したらあったで
https://www.youtube.com/watch?v=ccal4rY0mLk(前編・1:35)
https://www.youtube.com/watch?v=S1zyLgN0RlQ(後編・1:35)

やっぱり映画版は相当はしょってるな。本編は映画版より1時間も多い

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)