2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【存置】死刑存廃論8【廃止】

1 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 11:58:22.16 ID:/PBEFO8D
引き続き議論していきましょう!!

■避難所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/5402/1333771460/

■過去スレ
【存置】死刑存廃論1【廃止】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1262869070/
【存置】死刑存廃論2【廃止】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1278459683/
【存置】死刑存廃論3【廃止】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1284303466/
【存置】死刑存廃論4【廃止】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1307643663/
【存置】死刑存廃論5【廃止】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1316479147/
【存置】死刑存廃論6【廃止】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1323084310/
【存置】死刑存廃論7【廃止】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1329492300/

2 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 12:17:07.96 ID:gC8Llldl
人権は権力から市民を守るためにある。私人が私人に損害を与えても人権侵害にはならない。
権力を縛れば縛るほど市民の人権は守られる。死刑というような強力な人民支配の武器を権力に
与えてはならない。国家権力は人権の庇護者ではない。権力と闘って人権は守られるのだ。
権力に人民を虐殺させるな!死刑反対!!

3 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 12:19:33.47 ID:RzPG5H28
また被害者遺族の感情を踏みにじることを平気で言ってるバカなスレか…

4 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 12:47:39.34 ID:Hejk+eEV
>>1
-----------------------------------------------------------------

 死刑存廃論の基本構造

8割超の人間にとって「死刑があって当たり前」という感覚の日本では、
廃止論が一発逆転を図るには、「廃止論は感覚ではなく理論だ」という事にしなければならない。

しかし、理論的には廃止論者が死刑を否定すると、同じ理由で死刑未満も否定され、
死刑未満を肯定すると、同じ理由で死刑以上も肯定されてしまう。

そのため最終的に廃止論は「とにかく死刑が死刑だからダメ」「死刑以上はやりすぎで、死刑未満は丁度いい」
という感覚頼りだという事が逆に露呈してしまう。

だが感覚で考える事を肯定してしまうと世論肯定となり、そもそものコンセプトと矛盾して廃止論に止めを刺してしまうので、
それは認められない。

結果、廃止論側は相手に理論を突き詰めさせずに、論点をずらしたり強弁したり印象操作した権威主義に走ったりと、小手先の技術に頼らざるを得なくなる。
必然的にそのような手法を平気で使える人だけが、廃止論者として残る。
そのため一層信用を失い、死刑廃止の支持率が下がる。

この繰り返し。

-----------------------------------------------------------------

5 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 12:48:01.19 ID:Hejk+eEV
-----------------------------------------------------------------

廃止派A「死刑よりマシだから終身刑道入」

廃止派B「死刑より過酷にするため終身刑道入」

廃止派C「死刑より過酷だから終身刑はナシ」

廃止派D「死刑と同等の抑止力のため終身刑道入」

廃止派E「終身刑は緩慢な死刑だから終身刑はナシ」


もうこの時点で死刑廃止したら誰かの廃止論で絶対に被害が拡大するから
いずれか一つの言うとおりになんてなんてできないな。

-----------------------------------------------------------------

6 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 12:48:32.68 ID:Hejk+eEV
-----------------------------------------------------------------

廃止論者とは、論理的に廃止すべきであり、かつ漠然と「いつか」ではなく、現状で現実可能な具体的なプランを立てられる、とする者を言う。
理由は、他人にとって重要なのは現実に発する行動であり、理想を持つだけなら実現不可能だろうと自由だから。

大抵の死刑容認論者も、死刑が良くないと思う「気持ち」ではなく、
現実に廃止しようとする「行動」としての不合理や力押しに反対している。

最初にそこのところをはっきりしないと、自分は相手の「現実の手法」に反論しているのに、
相手は「理想・正論」にケチをつけられたと思い込む、という誤解
(あるいは紛らわしい事を利用した恣意的ミスリード)が頻繁に起き、
必ず議論が混乱することになる。

-------------------------------------------------------------------------------------

7 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 12:49:29.05 ID:Hejk+eEV
----------------------------------------------------------------------------

死刑廃止における各国の状況他

・カナダ→死刑廃止後、殺人発生件数が増加

  以下はアムネスティによる恣意的なデータの扱い
  (グラフを平均的に扱わずに、都合のいい部分から選んで犯罪減少と見せかける)

  カナダにおける殺人発生件数(人)
  http://www.geocities.jp/aphros67/graphic/canada01.jpg
  カナダにおける殺人発生率(/10万人)
  http://www.geocities.jp/aphros67/graphic/canada02.jpg

・イギリス→死刑を廃止以降、テロリストによる警官殺しが増加

・イタリア→死刑廃止後、マフィアによって裁判官、検察官、政治家、犯罪学者が次々と殺される事件が発生

・韓国→死刑を執行している時期に比べ、死刑を執行していない時期の殺人犯罪が32%増加(朝鮮日報)

・アメリカ→50州のうち死刑廃止州は13州、1972〜1976年にかけて執行停止の後、合憲とされ死刑執行が復活
       命を奪わない性犯罪に対しても死刑を適用、人種差別やDNA鑑定による大量の誤判、
       格差による弁護士の雇用状況の違いなど日本とはまったく異なる状況にある事を理解する必要がある
       死刑を執行するたびに犯罪は減少傾向にあるようだが、データをまとめきれない

・ドイツ→「終身刑は死刑より残酷」として廃止

----------------------------------------------------------------------------

8 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 12:52:54.93 ID:Hejk+eEV
------------------------------------------------------------------------------

廃止派「無辜の人間が死ぬリスクは、可能性すらも一切許さないよ。だから死刑廃止」

容認派「無辜の人間が死ぬリスクは死刑以外でも発生するから、死刑廃止論を通り越して刑罰廃止論だよ」

廃止派「常識的に刑罰が廃止できるわけないだろ。だから死刑だけ廃止」

容認派「常識を盾にとっていいなら、死刑容認が日本の常識だから・・・」

廃止派Dead end

------------------------------------------------------------------------------

冤罪理由の存廃議論パターンB

廃止派「無辜の人間が死ぬリスクは、可能性すらも一切許さないよ。だから死刑廃止」

容認派「無辜の人間が死ぬリスクを容認しないなら、死刑相当の犯罪者の再犯による犠牲のリスクも容認されないから、死刑廃止はもっと無理だよ」

廃止派Dead end

------------------------------------------------------------------------------

冤罪理由の存廃議論パターンC

廃止派「無辜の人間が死ぬリスクは、可能性すらも一切許さないよ。だから死刑廃止」

容認派「無辜の人間が死ぬリスクをそんなに絶対視するなら、自動車廃止も訴えてないと辻褄が合わないよ」

廃止派「自動車はメリットがあるからいいんだよ」

容認派「じゃあそもそも無辜の人間が死ぬリスクは可能性すら許されないものじゃ無いんじゃん・・・」

廃止派Dead end

------------------------------------------------------------------------------

9 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 12:53:24.33 ID:ARL2H5KP
チェリー・ピッキング

10 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 13:46:19.55 ID:Hejk+eEV
それが死刑廃止論の正体。

11 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 17:19:53.44 ID:t2Rc/n6c
>>2
その理屈を突き詰めると、「国家権力は一切なくせ」つまり無政府主義になるが。
隣人が君を殺してもいいし、君が隣人を殺してもいい。そんなヒャッハーな世界になる。
まあ多くの無辜の民にとっては、とうてい容認しがたい思想だよ。それは。

12 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 17:31:24.60 ID:t2Rc/n6c
>>8

ふむ、中々面白くてわかりやすいな。習って他のパターンを書くと、こんなかんじかな?

廃止派「凶悪犯罪者にも人権がある!死刑は許されない!」

容認派「その人権を先に侵害したのは誰だよ?凶悪犯罪者だろ?」

この時点で廃止派Dead end。しかし死んだことに気づかず、ゾンビのごとく戦闘続行。

廃止派「先に侵したとか関係ない。人権は神聖不可侵なものだ!」

容認派「じゃあなんで神聖不可侵な人権を侵害した凶悪犯罪者を庇っているの?」

さらに墓穴を掘り下げる。しかしゾンビ(ry

廃止派「庇ってなどいない!ちゃんと刑罰は加えよといっている!終身刑とか」

容認派「はて?終身刑は人権(自由権)の侵害じゃないの?」

立派なお墓ができました。

13 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 18:26:50.83 ID:4rUmcMXJ
>>2
>私人が私人に損害を与えても人権侵害にはならない。
は? 頭大丈夫?


お前は死刑廃止を権力との戦いだと思ってるの? 馬鹿なの?
そんなに権力と戦いたいなら死刑存廃よりふさわしい舞台はいくらでもあると思うが
まあ、君は2chで電波まき散らすのが精いっぱいなんだろうけど

14 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 20:39:43.18 ID:gC8Llldl
数十万のイラク人民を虐殺したブッシュがのうのうと贅沢な生活を送ってるのに
八人殺しただけの宅間さんが死刑になるのは矛盾だと思わないか。
権力者は何をやっても罪に問われないで社会的弱者だけが死刑になるこんな
社会のどこに正義があるか!!

15 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 21:34:49.41 ID:9Rt0qJ91
>>13
寝ぼけた古いリベラル思想だからそっとしといてやれ。
反国家権力のフレーズとして気違い極左の連中もよく使ってるけどな。

16 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 23:00:01.18 ID:t2Rc/n6c
>>14
その理屈が通ったとしても
「じゃあブッシュも死刑にすれば?」となるだけだが?「宅間を生かせ」ではなく。
だいたい、その8人の側はどうするんだい?どうしてくれるんだい?

17 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 23:08:42.77 ID:vfRGZa7L
つーか宅間は自分で早く殺せって言ったんじゃなかったっけ

18 :法の下の名無し:2012/04/13(金) 23:18:16.39 ID:vfRGZa7L
>>14
一つ聞きたいんだが仮に国による死刑を廃止して個人による仇討を合法にするというのはどう思う?

19 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 01:55:26.92 ID:Euj3gUNT
・更生を至上目的とする目的刑の危険性
------------------------------------------------------------------------------

刑法総論(1)
http://www.omiyalaw.ac.jp/library/lawreview/No.5/No.5-hanai.pdf

(5) 目的刑論の問題点
目的刑論は、刑罰の犯罪防止効果を問題にする点で、刑罰を合理的・科学的に論じ
ることができるという長所を有している(佐伯・前掲法学教室44頁)。また、一般予防
が、刑罰の予告や犯人処罰の実現によって、一般人を犯罪から遠ざける予防的効果が
あることは経験的に知られている。さらにまた、特別予防は、再犯防止のため犯人に
働きかけてこれを教育し、社会復帰を図るということで、刑罰の社会化、人道化を進
めることにもなった(阿部・前出刑法総論280、281頁、酒井・前掲セミナー84頁)。し
かし、目的刑論には、以下のような問題点がある。

(1)目的刑論は、科学的・合理的な考え方として強い説得力を持つものの、刑罰によ
る犯罪者の改善効果や一般予防効果がその多くの実証的研究にもかかわらず、科学的
に証明されているとはいえない。もっとも、刑罰による一般予防の効果が、科学的に
完全に証明されている必要はないであろう。しかし、少なくとも、その効果が国家の
刑罰制度を正当化するに足る程度には、信頼できるものでなければならないであろう
(佐伯・前掲法学教室44頁)。ところが、目的刑論によれば、刑罰は非難とは無関係で
あり、行為者に再犯の危険性がある限度で、その性格に応じた正確な刑を科学的に判
定しなければならない。そこには、多くの問題が残されている。

(2)まず、特別予防論については、行為者の性格の危険性の改善に対し特別予防に必
要な刑が正当化されるであろうが、そうした考えは、徹底すると妥当でない方向に行
く可能性も生じ得る。つまり、軽微な犯罪であっても犯人の改善の必要によって長期
の拘禁が正当化されることになるし、常習窃盗犯のような改善不能者に対しては終身
隔離のようなことも許されることになる。また、逆に、どんなに重大な犯罪を犯して
も再犯の可能性のない行為者に対しては刑を科すことができないことになる(阿部・前
出刑法総論280頁)。かかる結論は、行為者だけを考慮して、一般社会および被害者に
対する刑罰の効果を看過・無視することとなり、場合によっては行為者優遇の印象さ
え一般人に対し与え、刑罰の真の目的を達成することが不可能となる(木村・前出新刑
法読本361頁、362頁)。

------------------------------------------------------------------------------

20 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 01:56:34.82 ID:Euj3gUNT
・目的刑の危険性 続き
------------------------------------------------------------------------------

特別予防論は、行為者の危険性を重視して、行為者の個別化を行い、それに対応し
て改善の必要性の有無・強弱を判定するので、同じ重さの犯罪でも行為者によって科
される刑が異なり、刑の不平等が生ずる。また、国家が、行為者の人格の矯正や改善
に踏み込むことは、医師が患者の病気を治療するのとは違って、人権侵害の問題とな
ることもある。さらにまた、行為者の危険性の量・程度を客観的に判定する基準自体
も大いに問題なのである。

次に、一般予防論についても、一般予防の必要が大きければ、行為者の責任の量を
超えた刑罰が正当化されてしまう、という問題がある(佐伯・前掲法学教室44頁)。
特に、一般予防を強調すると、必罰、厳罰に陥りやすく、極端な威嚇刑主義となる。

すなわち、威嚇ということは、社会一般人に対し一定の心理的効果を発揮するが、これ
を極端に進めるとかえって逆効果となって、社会の一般人がその威力を感じなくなり、
その効果が微弱化して、人々を無感覚にするものである。
すると、一そう強度、かつ不必要な威嚇を呼び起こし、残虐刑と化する結果ともなる(木村・前出刑法総論41頁)。
このことは、一般的に、予防の効果が実証困難だからである。

この点に関して、最近、ドイツのギュンター・ヤコブス教授によって、規範の実効性に対する国民の信頼を維持・強化することから、
罪刑均衡の原則を導き出せるとの主張がある。この主張を、積極的一般予防論と称している。
つまり、刑罰による威嚇を問題にする消極的一般予防論は、極端な威嚇による刑罰を科すこともあり、国民の正義観念に反するとの批判がある。

これに対して、積極的一般予防論は、威嚇よりも国民の規範意識の維持に注目する。
すなわち、規範が守られている状態それ自体が重要だと考える。刑罰は「規範信頼の訓練」のために行われると考えるのである。

しかし、この主張に対しても、規範違反があれば、常に処罰すべきであるという立場につながるおそれが強いとの批判が加えられている
(佐伯・前掲法学教室44頁)。

------------------------------------------------------------------------------

21 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 02:44:56.82 ID:alYRdDru
>>18
仇討ちされるまで、犯人は野放しかの
犯人が強者のばやい国家が助太刀するのかの
犯人が徒党を組めばやっかいじゃの
犯人殺害または返り討ちの殺戮シーンは公開に準ずることになりはしないかの
仇討ちの場所はどこでもいいわけじゃないだろうの
仇討ちの会場を設けるが無難じゃの。入場者も規制すべきだろうの。
仇討ちの方法或いは殺害方法はいろいろであろうから、殺害方法も限定する必要はないかの
仇討ちをし損じたばやい、無罪または減刑か、おとがめなしになるのかの
いわば被害者側が重ねて加害者から被害を受けるおそれがあるのは肯定しがたい面があるがの

22 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 07:16:12.75 ID:5rbJdg7b
死刑は究極の権力犯罪

23 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 08:59:13.95 ID:alYRdDru
>>22
家族を惨殺された被害者にそれを主張してみなよ
平気で言いそうな酷薄なヤツかもしらんが

憎しみの連鎖を断ち切るのに当事者でない、介在者が代わりに断罪することには大変な意義がある。
国という介在者の権力を犯罪とするなら連鎖をどう断ち切ればいいのか。
君のような薄弱者は立ち往生するしかなす術はあるまい。



24 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 10:16:39.03 ID:azzGcwG9
>>22
そもそも、死刑の背景には「殺人」という究極の犯罪があるわけだが、それはスルーなの?w

25 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 10:22:25.90 ID:5rbJdg7b
>>24
刑事事件を予知できたら阻止するけど、予知できないからどうしようもない。
死刑判決と執行は予知できるから阻止しなければならない。


26 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 10:28:36.19 ID:L63DkpRO
>>25
被害者遺族の心の回復はどうするの?

27 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 10:54:45.08 ID:Whv0Om8S
木嶋の判決に菊田幸一が面白コメントだしてる。
状況証拠で死刑判断するのに100日の審理期間は短いと。

もし死刑以外の判決なら、100日も掛け審理した結果と絶賛んしてただろうな。

こんなアホウが法学者だからw

豆知識だけど、因に法学者は司法試験を落ちた人間が多いんだよ。

28 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 10:55:55.58 ID:5rbJdg7b
>>26
カウンセリングと金銭補償

29 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 11:07:30.61 ID:L63DkpRO
>>28
死刑の存在する今でさえそれが全く不十分だから結局厳罰化が進むんじゃないの?

30 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 15:00:00.27 ID:azzGcwG9
>>25
つまりスルーなのね?w
それは不公平じゃないかw
「因果応報」「勧善懲悪」
人を不幸にした悪人は、同じくらい不幸になることで罪を償うべきだ。

31 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 15:09:27.52 ID:azzGcwG9
>>28
ああ、それがまた気持ち悪いのだよ。
人を殺しといて金で片付けると?
なら、死刑囚の遺族に金を渡せば、死刑囚を殺しても構わんのかな?

カウンセリング?あたかも遺族の側に「異常」とか「問題」があると言わんばかりだな。
家族が殺されて嘆き悲しむのは、犯人に報復を望むのは、むしろ人として正常な反応だよ。
「異常」「問題」があるのは、犯人の側だろうに。

32 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 16:32:05.86 ID:5rbJdg7b
>>31
遺族には「事件のことは忘れて前向きに生きなさい」と諭すべきだね。


33 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 16:34:27.95 ID:azzGcwG9
>>32
じゃあ君も死刑のことは忘れて前向きに生きなさいw

34 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 16:38:23.42 ID:L63DkpRO
>>32
バカだなぁホント

35 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 16:39:33.99 ID:azzGcwG9
>>32
まあ、マジレスするとだ、
大事な人を喪った事件など、忘れたくても忘れられんよ。
まして、犯人が死なない限り、事件は終わってすらいないのだ。

36 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 16:55:48.40 ID:Euj3gUNT
>>32
そういう諭しが的外れで誰の心も救えず失敗し続けてるから、
廃止論は今みたいに衰退したんだがな。

37 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 17:01:25.81 ID:azzGcwG9
>>25
ああ、そうそう。
ならば「仇討ち」や「現場射殺」は許容するんだよな?w
「予知」はできないわけでw

38 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 19:25:00.11 ID:L63DkpRO
ところで14は今日は来てないのかな?

39 :法の下の名無し:2012/04/14(土) 20:11:34.12 ID:noeV9Dt4
もう、死刑廃止論者は犯罪者擁護団体を名乗るといいよ
「加害者は減刑しましょう、被害者は泣き寝入りして下さい」って言ってるわけだから
結局、偽善者が自己満足のために被害者をバカにしまくってるだけ
被害者の苦しみを理解しようともしない最低のクズだね

40 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 05:45:42.84 ID:2QCHIfLP
危機にさらされている人命を救うことは最も崇高なことだ。
遺族は生命を脅かされていないから被告や死刑囚よりも
恵まれている。死んでしまった被害者はもう一度死ぬ心配は
ないから坊主に任せとけばいい。

41 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 06:37:19.32 ID:A/fpEN8G
坊主も法律で定められています。

42 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 06:39:12.54 ID:A/fpEN8G
素朴な人道主義に身をまかせることは、あまりにも容易なことである。
偽せものの寛容に身をあやまると、悲劇的な結末を招くであろう。敵の真の意図を見抜かねばならない。


敗北主義−−それは猫なで声で最も崇高な感情に訴える。
 −−諸民族の間の協力、世界平和への献身、愛のある秩序の確立、相互扶助−−戦争、破壊、殺戮の恐怖・・・・・・。
 そしてその結論は、時代遅れの軍備防衛は放棄しよう、ということになる。
 新聞は、崇高な人道的感情によって勇気付けられた記事を書き立てる。
 学校は、諸民族の間との友情を重んずべきことを教える。
 協会は、福音書の慈愛を説く。
 この宣伝は、最も尊ぶべき心の動きをも利用して、最も陰険な意図のために役立たせる。


スイス政府編纂・民間防衛 より

廃止論者の手口そのもの・・・

43 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 08:38:26.19 ID:/Kidn1io
>>40
最低の人間だなぁ

44 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 09:55:20.95 ID:MUaEvOFf
>>40
そうか。これからは死刑執行前のお祈りを止めて、座禅にしたほうが良いってことか。

45 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 10:33:20.42 ID:Nv8xHB45
>>40
危機にさらされていた被害者を救わなかったくせに何いってんだか。
全ての人を救おうというのならまだしも、悪人だけを救おうなんてやつが、信用されるはずもない。

46 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 16:37:23.10 ID:vsWttyOX
>>39
>結局、偽善者が自己満足のために被害者をバカにしまくってるだけ
>被害者の苦しみを理解しようともしない最低のクズだね

それは存置派も全く同じ、被害者の苦しみを理解しているフリして
「俺って正義感溢れる真っ当ないい人」という自己満足に浸ってるだけ
被害者の苦しみを本当に理解できるやつなんかいない、理解した気になったり
理解しようと努力をした気になってるだけ、最も楽な道を行く偽善者そのもの

その点廃止派は、白い目で見られ罵倒される覚悟を決めた茨の道を行く者
2ちゃん上では本当の意味での偽善者が進歩的な者を演じて自己満足に浸れても
リアルで活動したら何一つ得する事がない、自己満なんかで出きるようなものではない
それが正しいという信念と強い意志によって貫き通される、割りに合わない慈善活動みたいなもの

47 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 16:44:07.03 ID:CFTgDBaq
死刑廃止活動は
それが正しいというエゴと強い妄想によって貫き通される、誰の役にも立たない迷惑なオナニー

48 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 16:57:59.10 ID:Nv8xHB45
>>46
色々論理が転倒しているよ。
少なくとも、「世の中から批判される活動は正しい」というのは飛躍だ。
単純に「邪悪だから世の中から批判されている」という可能性だってある。

49 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 16:59:00.61 ID:vsWttyOX
>>47
そこらの一般庶民がデモ行進でもやってる分にはどんな活動でもオナニーだろ
でもそれなりに地位や名誉がある人間が公言して行うのはそんな生易しいものではない

50 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 17:04:03.65 ID:Nv8xHB45
>>49
君は地位や名誉のある人間なの?w

51 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 17:12:07.58 ID:vsWttyOX
>>48
それはあなたのミスリードだよ
正しいかどうかは活動する者の心に抱く信念であって結果など誰にもわからん

ただ俺からしたらリアルでの廃止活動なんてどう考えても割りに合わない
安全な立場でものうのうと正義ごっこやってる存置派よりもはるかに立派な人に思えるってだけの話だ
あんたらに言わせりゃそんな廃止活動もごっこ遊びみたいなものだと思いたいのだろうが
夜道で襲われてもおかしくないだろ、そうならないのも存置派が偽善に思える一端

52 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 17:21:33.28 ID:CFTgDBaq
>>51
割に合わないことすれば立派なの?w
じゃあ何の報酬もないうえ死刑になる凶悪犯罪者は立派な人なんだね、君の中では


53 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 17:34:28.58 ID:vsWttyOX
>>52
殺人犯は大きく分けて5つ
1、激情その他で後先わからくなっている
2、恨みが晴らせればどうなってもいいと思っている(無差別含む)
3、主に計画犯における絶対に捕まらない前提
4、1人殺害なら無期懲役、それなら割りに合うと思っている
5、死刑になりたい

割りに合うかどうかを判断できないか、割に合うと納得してやってるだろう

54 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 17:40:17.61 ID:CFTgDBaq
>>53
廃止派も割りに合うかどうかを判断できないか、割に合うと納得してやってるだろう

55 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 18:11:24.06 ID:qsMt6hkQ
被災地いって只で被災者よりいいところに泊まって、只で被災者よりいい食事して、足手まといになりながら
「ボランティアってわりにあわないわ」なんて言ってるかんじ?

56 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 18:33:18.91 ID:Nv8xHB45
>>51
はて?どう違うのだね?
少なくとも、同様の突っ込みを投げることは可能だが?

『色々論理が転倒しているよ。
少なくとも、「世の中から批判される活動は立派だ」というのは飛躍だ。
単純に「邪悪だから世の中から批判されている」という可能性だってある。』
とね。

57 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 18:36:42.06 ID:Nv8xHB45
>>51
あと、「客観的に正しい」と示せたわけじゃなくて、
単に「(死刑反対派の)主観的に正しい」というだけならば、
それこそ「自己満足」と何が違うの?

58 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 18:38:19.33 ID:A/fpEN8G
ウィキより抜粋 ルサンチマン
>社会的な弱者はルサンチマンから逃れられない。フラストレーションをむしろ肯定し、何もできないことを正当化するようになる。
>社会的な価値感を否定したり、反転した解釈を行うようになる。こういった自分の陥っている状態を正当化しようとする願望こそ、奴隷精神の最大の特徴である。
>こうしたルサンチマンの表れの例として、敵を想定し、その対比として自己の正当性を主張するイデオロギーにある。
>こういったイデオロギーは、敵が悪の元凶とし、だから反対に自分は道徳的に優れていると主張する。「彼らは悪人だ、従ってわれわれは善人だ」というわけである。

それは自分を抑圧する常識や有力者などへの反発で気持ちよくなることが目的で、
否定されることがエネルギー源。相手の正当性や「なぜ反発するか」は問題にならない。

より荒唐無稽で反発を買うことをすれば、それだけ気持ち良くなる度合いが大きくなる。
だから反発するための手段を選ばないし、自分が他人に対して否定してきたことを自分では平気でする。

これが依存症となり動機の大半を占めるようになると、譲歩や一時的な撤退もできなくなって、だんだん短いスパンの勝ち負けしか見えなくなる。
一年後の勝利より一月後、一日後の勝利より一分後、そして最後にはたった一秒の不快感も我慢できなくなる。

その結果がこの廃止論のその場しのぎぶりだと考えている。

「彼らは悪人だ、従ってわれわれは善人だ」
↑これってかねてから言われている廃止論者の(誤った)論法そのものだと思わないか?

59 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 19:54:18.60 ID:rTvD6H1u
>>51
君はリアルでの廃止活動をしているのかい?

60 :法の下の名無し:2012/04/15(日) 22:21:29.10 ID:Z2s84gbJ
さっさと廃止しろよ
野蛮人ども

61 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 00:12:47.46 ID:uaJBxWdc
廃止国は気の毒でんな

62 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 06:48:59.66 ID:op+fM2gs
人命を救うことは最も崇高な行為だ。死刑囚を救おう!!殺人は犯罪だ。
犯罪に犯罪で報いる限り犯罪はなくならない。殺人事件と死刑殺人の
連鎖を断ち切り、殺人がない社会へ向かう第一歩が死刑廃止だ。

63 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 12:51:42.52 ID:uaJBxWdc
素朴な人道主義に身をまかせることは、あまりにも容易なことである。
偽せものの寛容に身をあやまると、悲劇的な結末を招くであろう。敵の真の意図を見抜かねばならない。


敗北主義−−それは猫なで声で最も崇高な感情に訴える。
 −−諸民族の間の協力、世界平和への献身、愛のある秩序の確立、相互扶助−−戦争、破壊、殺戮の恐怖・・・・・・。
 そしてその結論は、時代遅れの軍備防衛は放棄しよう、ということになる。
 新聞は、崇高な人道的感情によって勇気付けられた記事を書き立てる。
 学校は、諸民族の間との友情を重んずべきことを教える。
 協会は、福音書の慈愛を説く。
 この宣伝は、最も尊ぶべき心の動きをも利用して、最も陰険な意図のために役立たせる。


スイス政府編纂・民間防衛 より

廃止論者の手口そのもの・・・


64 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 13:50:30.44 ID:KJyr/QQy
死刑廃止した国は凶悪犯罪が増えている現実はどうするの…
犯罪者天国を作るのが死刑廃止だろ…
そんな危険な国に住みたいのか…?
俺は…嫌だね…

65 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 14:02:35.45 ID:op+fM2gs
二人を殺した犯人を死刑にすれば三人の命が失われる。死刑にしなければ
二人死んだだけで済む。失われる命は少なければ少ないほどいい。

66 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 14:05:36.18 ID:uaJBxWdc
このように、廃止論者をこじらせると、命を私利私欲で奪った罪を軽視するようになってしまいます。

67 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 19:20:50.61 ID:+ivN/Wyd
>>65
バカだなぁ

68 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 19:58:12.21 ID:9bCrWZco
死刑とは、特権階級が負け組を奴隷化するための手段

69 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:05:10.55 ID:+ivN/Wyd
意味不明

70 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:10:29.32 ID:uaJBxWdc
廃止論者A「死刑は特権階級が負け組を奴隷化するほど影響力があるよ!」

廃止論者B「死刑なんてあってもなくても影響力なんて無いよ!」

廃止論者C「死刑があるとかえって秩序を乱すという逆の効果があるよ!」


例によって言ってることバラバラで、互いに否定しあってる廃止論。

71 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:12:58.61 ID:9bCrWZco
死刑とは、特権階級が自己の不正義を合法的に隠ぺいするための手段

72 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:14:56.69 ID:qf12Sbqn


73 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:18:10.48 ID:uaJBxWdc
日本で隠蔽のために死刑なんてハイリスクローリターンな手段を使う人間がいると思ってる時代錯誤が、廃止論ということです。

74 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:33:03.86 ID:w/lJdOqM
ID:uaJBxWdc
こいつは仕事もしないで毎日日にちここに張り付いて何が楽しいのだろうか?

75 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:35:43.77 ID:uaJBxWdc
そういう偏った根拠のない中傷してると、自己の不正義を隠蔽するために冤罪をかけてるとか廃止論者に怒られるよ。

76 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:38:20.91 ID:w/lJdOqM
いえいえ本人も認めていることなので
何が楽しい?

77 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:38:32.21 ID:9bCrWZco
死刑とは、特権階級が自己の地位を脅かされるのを恐れた故の暴挙

78 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:39:40.00 ID:uaJBxWdc
>>76
ああ君の話?
まあ強く生きろ。

79 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:44:23.07 ID:w/lJdOqM
>>78
頑張ってね

80 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:46:21.70 ID:uaJBxWdc
意味不明

81 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 20:49:47.34 ID:uaJBxWdc
死刑存廃論は実際は廃止派同士の足の引っ張り合いでしかないから、
存置派と廃止派が対等であるかのように言ってる奴は、
素人か廃止派の工作員のどちらかでしかない。

ひとつ廃止論を明らかにすると別の廃止論と矛盾して速やかに自滅するので、
最近は持論を明らかにせずに場そのものを否定して、
自分たちの不利をまとめて隠すのが廃止派での流行。

まあ、相手を否定するために自分で作ったルールに
即自分で引っかかってしまう考えの浅さが相変わらずなので
どっちにしても「論」者としては底辺止まりのままで、全く意味がないんですけどね

82 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 21:26:24.56 ID:9bCrWZco
死刑とは、言い訳による殺人

83 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 21:36:09.30 ID:9uDk5IzX
は?


84 :法の下の名無し:2012/04/16(月) 21:43:34.96 ID:ZSr4qLdU
>>62
『自由を守ることは最も崇高な行為だ。囚人を救おう!!監禁は犯罪だ。
犯罪に犯罪で報いる限り犯罪はなくならない。監禁事件と懲役監禁の
連鎖を断ち切り、監禁がない社会へ向かう第一歩が懲役刑廃止だ。』

>>65
『一人を監禁した犯人を懲役刑にすれば二人の自由が失われる。懲役刑にしなければ一人の自由が失われただけで済む。失われる自由は少なければ少ないほど良い。だから懲役刑は廃止するべきだ!』

85 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 02:19:07.05 ID:VJt7GUp1
>>84
それらの論と区別して死刑だけを廃止していいことにするには、結局廃止論者の
「死刑が死刑だから気に入らない」という、廃止論者にしか通用しない主観的な基準が必要なんだよね。

主観で決めて良いなら、「死刑が死刑だから必要だ」という多数派に正当性がある事になって、
廃止論は自滅する。

86 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 02:29:45.90 ID:Ym2ehy6G
死刑とは、普遍的悪である殺人の強引な正当化

87 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 02:33:29.87 ID:VJt7GUp1
ではありません。

88 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 04:00:33.07 ID:a8tYzoCl
>>85
違うと思う。
死刑が死刑だから気に入らないんじゃ無く、自分達が掌握してない国家の制度が気に入らないだけ。
実際死刑囚の命なんてどうでも良いと思ってる。

89 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 05:01:40.28 ID:VJt7GUp1
>>88
まあどちらにしても彼らの理屈は「俺はいいけどお前はダメ」という自分勝手なクズ理論ってこったな。

90 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 05:42:39.97 ID:LzpV6H4Y
死刑と自由刑の違いは簡単だ。自由は回復できるが、命は回復できない。
仮出所も特赦もない絶対的終身刑でも生きてさえいれば法律改正で自由になれる。

91 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 05:53:11.47 ID:VJt7GUp1
このように、死刑憎しに目が曇り、獄死のことが頭からすっぽり抜けてしまって気付かない偏執論が死刑廃止論です。

92 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 06:16:06.12 ID:LzpV6H4Y
加藤智大さんは労働者派遣制度という現代の奴隷制度に果敢に抵抗した正義の士だ。
手段を誤っただけだ。死刑は奴隷を従順に働かせ搾取するための支配階級の武器だから
廃止しなければならない。

93 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 06:21:03.63 ID:VJt7GUp1
このように全共闘世代から全く進歩してないルサンチマンが、死刑廃止論です。

94 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 09:11:14.13 ID:LzpV6H4Y
死刑は権力による人民虐殺だから何としても廃止に追い込まなければならない。

95 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 12:14:01.53 ID:Ym2ehy6G
死刑とは、巧みな合理化による殺人

96 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 12:18:25.87 ID:R77l+hSY
>>94
>>95
どうして廃止論者って嘘ばっかりつくの?

97 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 12:23:32.64 ID:Ym2ehy6G
死刑とは、特権階級の政治手腕不足による甘え

98 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 12:35:02.63 ID:R77l+hSY
>>95
>>97
同じ人が同じ制度に対する制度批判として書き込んだ内容が10分前と後でこうも違うのは何故なんですか?

99 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 12:37:39.35 ID:R77l+hSY
>>97
まぁ、死刑を現場射殺にしても懲役監禁にしても同じだよね。
あと、戦争や核保有は外交手腕不足による甘えとしても同じだよね。

つまり死刑廃止国は甘え

100 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 12:39:03.42 ID:R77l+hSY
そして、死刑廃止論とは合理的な凶悪殺人犯罪規制緩和政策

101 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 12:53:58.66 ID:B1IxRBR2
死刑とは癌細胞を取り除くようなもの
きわめて有用な制度

102 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 21:25:26.06 ID:LzpV6H4Y
死刑は究極の権力犯罪

103 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 22:15:41.30 ID:YOmqGL+D
お〜い
死刑廃止派の人〜
このバカをなんとかしてくれ〜

104 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 22:19:15.88 ID:Ym2ehy6G
死刑とは、結局は人殺し

105 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 22:21:06.47 ID:VJt7GUp1
このような死刑廃止の理念から遠く離れた廃止論者が、死刑廃止をますます遠のかせていくのでした。

106 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 22:22:04.28 ID:fcJ8yrkc
>>90
『自由だって回復できない。後で釈放されたところで、奪われた時間が戻ってくるわけじゃない!』

107 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 22:26:49.40 ID:Ym2ehy6G
死刑とは、殺人の美化表現

108 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 22:35:18.19 ID:VJt7GUp1
である廃止論とは対極に位置する

109 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 22:39:28.54 ID:emsJ/VE/
>>107
>>死刑とは、殺人の美化表現

死刑廃止国の大好きな戦争や軍隊は?
お金がガッポガッポ儲かる兵器輸出は?


110 :法の下の名無し:2012/04/17(火) 22:53:50.45 ID:R77l+hSY
>>107
死刑廃止論こそが、

『凶悪犯罪規制緩和政策の美化表現』

だね。


111 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 10:25:40.49 ID:8kxVlhog
殺人犯かどうかで人命の価値が変わるはずがない。
みんな同じ人間だ。ひとしく生きる権利を有する。


112 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 10:30:21.27 ID:UK7Qgtz8
だから命の価値が変わらなくても、私利私欲で人命を奪った罪は、犯人の命より重くなる場合がある。

113 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 15:47:31.82 ID:8kxVlhog
>>112
少なくとも連合赤軍も東アジア反日武装戦線も私利私欲から人命を
奪ったのではない。理想に忠実に生きた高潔な人々だ。
彼等の目指したものは正しかった。手段を間違えただけだ。

114 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 16:01:04.36 ID:l0RS6xpH
死刑とは、殺人という言葉にスーツとネクタイを着けたようなものである

115 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 16:32:26.62 ID:l742RLLF
廃止派がいる限り死刑廃止はないだろうね

116 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 16:46:08.44 ID:UK7Qgtz8
>>113
手段が死刑以上相当に間違ってただけだね。

117 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 20:50:58.54 ID:yaOMbyMw
>>113
理想のためだろうと私利私欲のためだろうと、罪としては何も変わらんと思うが。
それに「理想」といっても、彼らの「理想」が行き着く先はソ連や中国や北朝鮮のような独裁国家だ。(それこそ死刑も乱発だなw)
端的に言えば、「邪悪な理想」だよ。手段も目指したところも総てが邪悪だ。

118 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 21:08:23.17 ID:GljYhj5e
>>111
神から見た場合に於ける人命の価値は確かに変わらないのかもしれないね。

だが、人間社会に於ける人間としての責任と権利には大きな変化が生じる。

それだけの事ですよ。

宗教板でやってて頂戴。

119 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 21:37:41.87 ID:l0RS6xpH
死刑とは、多数決による人殺しである

120 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 21:42:05.00 ID:GljYhj5e
>>119
どう喚いても、お前らの言ってることが殺人犯罪規制緩和でしか無いことは変わらないんだぞ。

121 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 21:47:42.50 ID:l742RLLF
ID:l0RS6xpHに異論を唱える廃止派がいないということは
ほかの廃止派も同じような考えを持っているということでいいのか?

122 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 22:03:38.79 ID:GljYhj5e
>>113
>少なくとも連合赤軍も東アジア反日武装戦線も私利私欲から人命を
>奪ったのではない。理想に忠実に生きた高潔な人々だ。

そんな理想に忠実で高潔な人々が、間違えた手段により多くの人命を奪ったのならば死刑は仕方が無いよね。

「悪気は無かったけどちょっと間違えちゃって人殺ししちゃった。だから私らの命は助けてね。」 なんていうのが高潔な訳ないしな。

逆に言わせて貰うが廃止派の糞どもよ。連合赤軍の志を尊重する気が本当にあるならば、彼らを貶めるような発言は慎むことだ。


123 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 23:04:02.98 ID:7i9bh8T7
>>119
テキトーなことばかり並べて煽るなよ、おまえ朝鮮人だろ

124 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 23:20:37.39 ID:ZMv6Ig7S
因果応報という言葉があってだな…

125 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 23:36:38.46 ID:l0RS6xpH
死刑とは、殺人罪である

126 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 23:39:55.23 ID:UK7Qgtz8
私利私欲の違法な殺人とは違います

127 :法の下の名無し:2012/04/18(水) 23:51:00.58 ID:l0RS6xpH
死刑とは、殺人罪の規定を遵守できなかった甘えである

128 :法の下の名無し:2012/04/19(木) 00:10:03.33 ID:TPQajMR1
という意味不明の供述をしており

129 :法の下の名無し:2012/04/19(木) 17:17:55.60 ID:jQ8dGe+X
殺人犯が殺人罪の規定を遵守していれば、死刑にもならなかったんだが・・・

130 :法の下の名無し:2012/04/19(木) 18:30:28.30 ID:UriZxeWn
死刑は殺人だ。人命を奪うことは絶対に許されない。

131 :法の下の名無し:2012/04/19(木) 19:11:11.23 ID:TPQajMR1
絶対に許されないので死刑になりました

132 :法の下の名無し:2012/04/19(木) 23:07:36.67 ID:TBATiVFJ
死刑とは、他殺、故殺、絞殺、である

133 :法の下の名無し:2012/04/19(木) 23:18:06.73 ID:SmyijvCT
ははは、なんだこのキチガイは
マジしつけ〜

134 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 13:28:40.74 ID:+36fUvra
しつこいのは存置派も廃止派も同じ。

存置派は、凶悪殺人鬼に殺されやすくなる世の中になって欲しくないからしつこいし、

廃止派は、自分が死刑になりたくないからしつこいのです。



135 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 16:34:04.98 ID:4AzG8qPp
廃止論は自分の作ったルールで自分の首を絞めているという致命的な欠点があるため、
日本では法律を変えることが出来ないことがわかっている。

したがって、日本で「存置論も廃止論も同じ」という主張をするのは、
素人かプロ廃止論者の汚い印象工作ノどちらかでしか無い。

136 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 16:53:44.92 ID:8Zo9OJc8
腐ったミカンは処分するしかないんだよ…
人間も同じだよ…

137 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 18:08:19.45 ID:UPlYKDPF
>>136
じゃあ、死刑存置派は自殺してください。他人の死を願うやつは
ほんとにクズですよ。


138 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 19:24:14.06 ID:+36fUvra
>>137
仮に、たとえ他人の死を心の中で願ってしまった人がいたとしても、
願いだけで留めることと、実際に手に掛けてしまうことには、果てしない程の差が存在する。

腐ったミカンになりつつある廃止派にはそれが見えなくなってしまっているのでしょうけども。


そして、仮に、アナタの言うように、

他人の死を願うだけで、自殺すべきクズなのだとするならば、




私利私欲に於いて殺人したら八つ裂きにされるべきだろうが ボ ケ !


139 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 19:42:39.39 ID:kHIT49L3
>>137
他人に死を求めるクズはさっさと自殺したらどうなの?w

140 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 19:57:43.01 ID:4AzG8qPp
わかりやすい廃止論者の自滅でした

141 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 20:03:13.66 ID:UPlYKDPF
死刑存置派は人の死を心の中で願うだけではなくて公然と要求してるじゃないですか。
殺人犯と同じレベルです。殺人を非難する資格はありません。死刑に反対する者だけが
殺人を非難する資格を持つのです。

142 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 20:08:14.51 ID:kHIT49L3
>>141
あなたも公然と要求してますよね?w

>殺人犯と同じレベルです
???
殺人犯と同じレベルって?
逮捕されるの?w

143 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 20:13:02.90 ID:4AzG8qPp
自由刑に反対するものだけが拉致監禁を非難する資格がある
財産刑に反対するものだけが強盗を非難する資格がある

などというのと同じ荒唐無稽が死刑廃止論です。

144 :法の下の名無し:2012/04/20(金) 23:16:46.65 ID:+36fUvra
>>141
あなたは何故恥ずかしくないのですか?
匿名だから恥を感じ難いのでしょうか?
公の場で発言できる廃止派が、匿名掲示板で発言する廃止派の数よりも遥かに少ないことからも、
社会的には恥ずかしい事なんだと云う事は自覚しているようですけども。

145 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 06:25:55.31 ID:uKnEZDcq
死刑は権力者による人民虐殺だから廃止に追い込まなければならない。

146 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 09:07:44.60 ID:o6/7wEhs
と言ってる奴が一番虐殺しそう

147 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 09:10:25.25 ID:KgsmgXzJ
>>145
死刑廃止には賛成だが、育った家庭環境が悪いと弁護するような奴らがいる以上
アメリカみたいに量刑加算していって、残りの刑期は親族に相続させろ
懲役200年で50年後死んだら、身内が残りの刑期を刑務所で務めさせるのが良い
殺人者を生み出した環境にも連帯責任を持たせてこそ「法の下の平等」だよ

148 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 14:12:58.65 ID:zcdS2iLL
死刑廃止派って、自らキチガイを演じて、
死刑存続を願ってるのか?
そうとしか思えないキチガイぶり。

149 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 14:28:25.07 ID:KgsmgXzJ
事故や正当防衛で死刑にはならない
死刑を廃止するなら、そんな犯罪者を生み出した家庭も糾弾されて当然だよ
殺された遺族が損害賠償で勝っても踏倒して知らぬ存ぜぬを通す犯罪者の身内にもそれなりの制裁を受けるべき


150 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 15:44:11.92 ID:5xakTyU6
死刑とは、全市民による殺人の共犯である

151 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 15:49:08.95 ID:HVvrIDPc
>>150
悪人を殺して何がまずいの?
むしろ正義だと思うのだが?

152 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 15:53:08.83 ID:KENJKoPX
>>150
飽きた

153 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 16:11:43.96 ID:d1JCLvNm
>>150
全市民の殺人ったって・・・・・・

ただの市民は何も悪いことしなくても殺人鬼に殺されることがあるけど、

殺人鬼は殺人しなければ死刑にはならないよ。

154 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 16:40:47.33 ID:5xakTyU6
死刑とは、正義を言い訳にした「殺人」である

※ちなみにアルカイダのテロも正義が言い訳にされている

155 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 16:55:53.83 ID:d1JCLvNm
>>154
廃止派にはテロを言い訳どころか正義だと抜かす奴もいるくらいだけどな

156 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 16:59:36.12 ID:d1JCLvNm
テロと死刑を同一視しちゃう廃止派が危険なことは明白

157 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 18:31:32.81 ID:wGltS2s+
死刑廃止のためにテロを起こせば「正義」なのか

158 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 19:36:06.04 ID:uKnEZDcq
殺人に正義はない

159 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 20:04:42.40 ID:wGltS2s+
人が人を裁く以上、完璧な裁判は有り得ない
だから誰もが「止むを得ない」と思う判決になる
死刑廃止論者は死刑に代わる量刑を見つけられないのが問題だな
借りた物は返す、返せない時は金銭で賠償する
それでも償え無い物をどうする?となった時に議論が破綻する
結局、宗教や倫理、感情論等の抽象的な理論武装でしか死刑廃止が言えないから現実に対応できない

160 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 21:58:00.72 ID:5xakTyU6
死刑とは、正義を夢見る「殺人」である

161 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 22:09:04.96 ID:uKnEZDcq
死刑存置派でも自分が死刑になりそうになったときは「死刑だけはやめてくれ」って言うくせに、
なぜ他人の死刑はいいのか?矛盾してるじゃないか。身勝手すぎる。俺は自分が死刑になりたくないから
他人の死刑にも反対する。

162 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 22:22:09.14 ID:o6/7wEhs
テロリストは正義を普通の人より強く望む人!ただ手段を間違っただけ!だから刑にしちゃダメ!

っていう廃止論者がいました。
そしてそれを咎める廃止論者はいませんでした。

163 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 23:21:06.77 ID:d1JCLvNm
>>161


^^;


164 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 23:43:24.44 ID:KENJKoPX
電波が二人に増えてるw
相変わらず止めに来る廃止派はいないのかw

165 :法の下の名無し:2012/04/21(土) 23:46:19.73 ID:wGltS2s+
>>161
「自分が死刑囚だから死刑に反対してる」としか思えない書き込みだな

166 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 03:20:42.86 ID:4UJEYRY7
自分の得になるのはどっちかで論じる問題ではないだろ。もっと客観的に論じようよ

167 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 07:08:23.07 ID:23tEiKH/
客観的に論じるなら犯罪の原因は犯罪者個人にはない。
貧困、差別、虐待等の社会的不正が犯罪の原因だ。
不幸にして罪を犯してしまった人を処刑しても
犯罪はなくならない。犯罪の原因である社会的不正を
なくさなければならない。そのためにはこの不正な社会秩序から
利益を引き出している支配階級及びその下僕である国家権力と
闘って彼等を倒さなければならない。

168 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 07:12:48.89 ID:23tEiKH/
死刑になるほどの罪を犯す元気がある者は正しく導かれれば
りっぱな革命戦士になり得る。むざむざ殺させるのは
惜しい。

169 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 08:17:13.49 ID:PWSViOk7
実際、このような時代錯誤な人間がハマるのが、死刑廃止論です

170 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 11:57:07.56 ID:NTgZvyJX
>>167
ここは法学板だから、そのての主張は思想板かポエム板で。

171 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 13:28:20.57 ID:pI8q1I1e


日本国憲法 第36条
公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。


世界人権宣言 第5条
何人も、拷問又は残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱若しくは刑罰を受けることはない。



172 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 17:27:48.46 ID:Vt6HuQ1t
>>171
それは、ここにいるような人なら大抵知ってますね。存置派も廃止派も知っているでしょう。

それも踏まえ、死刑は合憲との判断が出されています。←だがこの部分を廃止派は知らないようです。勉強不足でしょう。

173 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 19:46:54.24 ID:pI8q1I1e
自分は廃止派だけど
いくら裁判官でも、絞首刑が残虐な刑罰に該当しないと言ったのは
爆弾発言すぎると思う

死刑賛成者にとって絞殺は残虐じゃないのかい?

174 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 19:52:29.09 ID:PWSViOk7
>>173
「視点によっては残虐だといえる刑」なんて死刑だけじゃないよ。
刑罰は「ここまでは残虐としない」と定めることで成り立ってるの。
そこを死刑にだけ反対する廃止論がおかしいの。

175 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 19:54:23.88 ID:Vt6HuQ1t
>>173
何も悪い事してない人を絞殺したら勿論残虐でしょう。

たとえば、何も体に異常が無い健康な人の開腹手術を行ったら残虐だと思いますよ。

廃止派はそんなことも理解できないのですか?


176 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 20:47:11.89 ID:5luwhDMg
>>167
だから?自分が不幸だからといって、無関係な他人を殺してよいということにはならんが?

177 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 20:47:58.29 ID:5luwhDMg
>>173
殺人犯のやらかしたことは残虐じゃないの?

178 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 21:37:01.71 ID:pI8q1I1e
>>174
どんな視点から見ても絞殺は残虐だと思うが・・

>>175
ここでの問題は死刑の「対象」じゃないでしょ
死刑の「方法」でしょ

>>177
もちろん残虐だよ
だって殺人だからね
でも応報を正義と認めた法律なんてきっとないよ

179 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 21:48:03.39 ID:PWSViOk7
>>178
>どんな視点から見ても絞殺は残虐だと思うが・・

どんな視点から見てもではない。
犯人の犯した罪から見ればずっとやさしい手段とも言える。
逆に懲役20年や獄死でも、国が拉致監禁してると考えれば残虐だといえる。

そこを死刑にだけ反対する廃止論がおかしいの。

180 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 21:53:45.71 ID:E3CPE0BX
>>167
>>176

>>147に似たような事が書いてある
犯罪者を育てた親族にも連帯責任を負わせて
獄中死したら残りの刑期を親族に努めて貰う

181 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 21:55:10.69 ID:9gO/sRPJ
「僕は絞首刑は残虐だと思います」
だからなに?
だから死刑廃止しろっていいたいの?

182 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 21:57:45.96 ID:23tEiKH/
獄死をどうのこうの言う人がいるけど、刑務所の外でも人は死ぬんだよ。
刑務所の死亡率が刑務所の外より低いなら問題ないじゃないか。

183 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 21:59:53.10 ID:E3CPE0BX
世の中、死すら生ぬるいと思える残虐な奴もいるからな
死刑廃止の世論が出てくる度にこんな奴等が世間を賑わして潰してるんじゃないか?

184 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 22:07:39.32 ID:E3CPE0BX
>>182
一族郎党死に絶えたら、育った環境が悪いと言って弁護する必要もないじゃないか

185 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 22:27:45.67 ID:9gO/sRPJ
>>182
なら死刑があっても問題ないね^^

186 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 22:39:33.75 ID:XSRCufqo
死刑擁護の人に聞いてみたい
日本の極刑は絞首刑ですよね、本当にそれで良いと思ってるのでしょうか?
複数の凶悪犯行を犯した者や非常に残忍な犯行だった場合、絞首刑は妥当だと思いますか?
簡単に言えば苦しまずに死ねる、訳です
八つ裂きの刑や火炙りの刑を求めたりしないのでしょうか?
制度としてないから求めない?野蛮だから?
被害者感情の回復、抑止効果、いずれも絞首刑より高いと思いませんか
その辺どう考えますか

ちなみに私は廃止論者です

187 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 22:48:24.34 ID:PWSViOk7
>>186
そういう死刑拡大論は廃止論と同じくらい現実的にはマイナーだろうね。

どちらにしても、死刑存廃の問題にはならない。
死刑拡大論者であっても、死刑廃止状態は論外であるという者であることに変わりはないから。

188 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 22:51:08.98 ID:XSRCufqo
答えになってないよ

189 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 22:54:36.36 ID:PWSViOk7
質問が間違ってるからな。

190 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 22:55:27.57 ID:XSRCufqo
?w

191 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 22:57:03.16 ID:5luwhDMg
>>178
>でも応報を正義と認めた法律なんてきっとないよ
「きっと」かよw
殺人に対して死刑を認めた方法律があるんだから、少なくとも応報は法律の許容範囲内なんじゃないの?w

192 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 23:01:27.71 ID:PWSViOk7
応報を基準にしてなければ、罪の大きさによって懲役の長さが変わるというような理由も説明できないしな。

193 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 23:05:45.31 ID:pI8q1I1e
>>179
>犯人の犯した罪から見ればずっとやさしい手段とも言える。

犯人がどんなに残虐な罪を犯しても、
犯人がどんなに遺族から憎まれても、
犯人がどんなに死刑で絞殺されるに値しても、

絞殺という手段自体が残虐であることに変わりはないよ

194 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 23:14:05.88 ID:pI8q1I1e
>>191
死刑はそもそもが違憲だよ
残虐だからね

>>192
懲役の長さは犯人矯正にかかる時間だよ

195 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 23:22:05.21 ID:Vt6HuQ1t
>>178
>ここでの問題は死刑の「対象」じゃないでしょ
>死刑の「方法」でしょ

いえ? 『死刑の対象と方法』 ですよ?

196 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 23:26:06.34 ID:Vt6HuQ1t
>>178
何も悪い事してないのに牢屋に入れたら残虐ですよ。
どこも悪くないのに腹にメス入れて切り裂いたら残虐です。

落ち度の無い者を、私利私欲にて故意に残虐に殺害した人間を絞首刑にすることは残虐ではありません。


197 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 23:36:39.69 ID:pI8q1I1e
>>195
日本国憲法 第36条
公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。


「対象」については書いてありません
「方法」のみです

>>196
犯人がどんなに残虐な罪を犯しても、
犯人がどんなに遺族から憎まれても、
犯人がどんなに死刑で絞殺されるに値しても、

絞殺という方法自体が残虐であることに変わりはないです

198 :法の下の名無し:2012/04/22(日) 23:38:34.20 ID:9gO/sRPJ
>>194
最高裁の判決を知らないの?

それとも最高裁より自分のほうが正しいと思い込んでる?

199 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 00:33:20.34 ID:LAnEhfwL
>>193
それならやはり懲役20年や獄死でも、国が拉致監禁してると考えれば残虐だといえる。

そこを死刑にだけ反対する廃止論がおかしいの。

200 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 00:36:23.73 ID:LAnEhfwL
>>194
>懲役の長さは犯人矯正にかかる時間だよ

万引きでも矯正しないなら一生監禁ということにしかつながらない危険思想が教育系至上主義。

201 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 00:41:39.87 ID:RqkDXqrx
>>194
>>死刑はそもそもが違憲だよ
残虐だからね

最高裁判例により合憲ですで終わり。
憲法条文(36条)を持ち出すなら、憲法81条も読んでおくべきでしょう。
憲法の一条文だけ読んでいても憲法を理解したとは言えません。


202 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 01:35:26.60 ID:5N77cuwX
>>194
>死刑はそもそもが違憲だよ
合憲という最高裁判決があるし、民意もそれを支持しているけど?w

203 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 01:56:25.07 ID:kLry3Zc7
>>198
>それとも最高裁より自分のほうが正しいと思い込んでる?

死刑を合憲と認めた判例は正しくないと思うよ
だって絞殺という方法自体が残虐であることに変わりはないからね
最高裁は教祖様じゃないんだよ

>>199
懲役は犯人の改善が目的だから残虐な監禁じゃないよ

>>200
絞殺という手段が残虐じゃないと言える方が危険思想だと思うよ

204 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 02:05:31.09 ID:LAnEhfwL
>>203
>懲役は犯人の改善が目的だから残虐な監禁じゃないよ

改善すれば残虐でないのなら、死刑判決を受けて執行までに改心する人もいたから、死刑も残虐じゃないね。
死刑が嫌だからという理由で防がれた再犯もあるしね。

そこを死刑だけ反対する廃止論が無神経で自分勝手でおかしいの。

>絞殺という手段が残虐じゃないと言える方が危険思想だと思うよ

刑罰で絞殺という手段以外なら残虐じゃない、なんていえる方が無神経で、さらにより危険な思想だと思うよ。

205 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 02:16:10.55 ID:5N77cuwX
>>203
>死刑を合憲と認めた判例は正しくないと思うよ
「思う」のは勝手だが、「思う」だけではただの妄想と同じだ。他人には通じないよ。

>最高裁は教祖様じゃないんだよ
では君が(死刑反対派が)「教祖様」なのかね?w

206 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 02:26:44.70 ID:yREUvL8z
絞首刑は残虐だと「思う」
最高裁は正しくないと「思う」

理由を書かない、代案を出さない
相手を説得する気がなく妄想をまき散らしたいだけなら
ブログやツイッターでやったほうがいいんじゃない?

207 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 02:34:09.57 ID:LAnEhfwL
廃止論は結局、「死刑という手段だけは気に入らない、認める気がない」というだけの宗教。
ただでさえ国民に受け入れられてないのに、そこに余計な理屈っぽい話をくっつけるせいでさらに矛盾して自滅する。

208 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 02:35:02.72 ID:kLry3Zc7
>>201
自分はその最高裁自体を疑ってるんだけど?
最高裁は頭のいい金持ちの公務員達の多数決だからね

>>202
自分はその最高裁自体を疑ってるんだけど?
最高裁は頭のいい金持ちの公務員達の多数決だからね

>>204
>改善すれば残虐でないのなら、死刑判決を受けて執行までに改心する人もいたから、死刑も残虐じゃないね。

死刑に改善目的は皆無だからやはり残虐だよ

>刑罰で絞殺という手段以外なら残虐じゃない、なんていえる方が無神経で、さらにより危険な思想だと思うよ。

そんなこと言ってませんよ
でもやはり絞殺は残虐です

209 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 02:39:56.57 ID:yREUvL8z
>>208
>自分はその最高裁自体を疑ってるんだけど?
>最高裁は頭のいい金持ちの公務員達の多数決だからね
お前より最高裁のほうがよっぽど信用できるよw
あと一行目と二行目のつながりが意味不

最高裁は信用できないと駄々をこねるが
じゃあ何なら信用できるかは一切言わない

210 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 02:54:03.91 ID:LAnEhfwL
>>208
とりあえず、君と最高裁どっちが名前信用されるのか考えてみようね。

>死刑に改善目的は皆無だからやはり残虐だよ

目的だけあっても手段や実績や理論がなくて駄々っ子レベルの廃止論よりはマシ。

>そんなこと言ってませんよ
>でもやはり絞殺は残虐です

根拠なし。言行不一致。
そんなだから廃止論者は脊髄反射だとか卑怯者だとか言われて信用をここまで失った。

廃止論は結局、「死刑という手段だけは気に入らない、認める気がない」というだけの宗教。
ただでさえそれが国民に受け入れられてないのに、そこに余計な理屈っぽい話をくっつけるせいでさらに矛盾して自滅する。

211 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 03:15:37.85 ID:kLry3Zc7
>>209
信じてくれなんて考えてないよ
あと一行目と二行目はコピーで返事しただけ

何が信用できるかは人によるでしょ
あえて言えば自分の場合は、「自分で見て聞いて考察した結果」

>>210
信用してほしいなんて思ってませんよ

>根拠なし。言行不一致。

絞殺という手段は残虐じゃありませんか?
絞殺は残虐じゃないよって胸を張って言えますか?
最高裁を崇めるなら仕方ないけど

212 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 03:31:21.33 ID:RqkDXqrx
>>203
>死刑を合憲と認めた判例は正しくないと思うよ
だって絞殺という方法自体が残虐であることに変わりはないからね
最高裁は教祖様じゃないんだよ

いや、最高裁はその教組様で、最高裁の判断は最終判断で全て正しくて
なんでそうなるかと言えば憲法のせいであり、最高裁の判断が
気に入らんとなると最高裁をどうこうするよりも憲法(の81条)を
変えろって話になるんですが。

君は盛んに憲法(36条)を唱えるが、最高裁最強の原因こそ
その憲法のせいだと分かっているのでしょうか?

213 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 03:32:02.59 ID:LAnEhfwL
>>211
『無期懲役という手段は残虐じゃありませんか?
無期懲役は残虐じゃないよって胸を張って言えますか?
死刑廃止教を崇めるなら仕方ないけど』

死刑にだけ反対する廃止論が無神経でおかしいの。

214 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 03:36:27.22 ID:RqkDXqrx
>>208
>自分はその最高裁自体を疑ってるんだけど?


最高裁の解釈は解釈した時点でそれが全て正解になります。
なので限られた証拠でその人が有罪か無罪かという事実審の
内容についてはともかく、憲法解釈という分野については
最高裁に間違いというものがありません。

最高裁の判断が正しいと法的に決められているからです。

なので疑うという行為は無意味に思います。疑うという行為は
その判断が実は間違っているかもしれないと思うことですが、
最高裁の憲法解釈の判断に間違いはあり得ないからです。

215 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 04:35:00.55 ID:5N77cuwX
>>208
>自分はその最高裁自体を疑ってるんだけど?
だからどうした?
君が疑おうと、最高裁が間違いになるわけでも、君が正しくなるわけでもないが。
しかも、最高裁が民意を無視して独断で、というのならまだしも、国民もまた死刑制度を支持しているのだが。

216 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 05:45:34.49 ID:gK8VNMVI
死刑は究極の権力犯罪。権力による人民虐殺だ。
絶対に許さない。

217 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 05:48:08.93 ID:kLry3Zc7
>>212
>最高裁の判断が気に入らんとなると最高裁をどうこうするよりも
>憲法(の81条)を変えろって話になるんですが。

81条は関係ないよ
36条の法解釈こそが問題だよ

>>213
>無期懲役という手段は残虐じゃありませんか?

残虐じゃありませんよ
だって懲役は死刑と違い犯罪者改善が目的だから

>>214
>最高裁の判断が正しいと法的に決められているからです。

その法的枠組みの外側から私は疑ってるんですよ

>>215
>国民もまた死刑制度を支持しているのだが。

しかし、私は一国民として死刑に反対してます

218 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 05:55:06.91 ID:LAnEhfwL
>>217
>だって懲役は死刑と違い犯罪者改善が目的だから

その理屈だと無期懲役や終身刑は塀の中で死なせる隔離が目的だから残虐ってことになるじゃん。
言行不一致。
そんなだから廃止論者は脊髄反射だとか卑怯者だとか言われて信用をここまで失った。

219 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 09:38:43.44 ID:tmuhb6rb
もう「死刑廃止」でいいよ
その代わり「私刑」を認めてよ
死刑囚が「もう殺してくれ」と懇願するくらいの事するからさw

220 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 10:33:36.37 ID:LAnEhfwL
>>219
私刑を合法にできるような倫理観なら、そもそもわざわざ私刑を廃止する必要もない。
交換条件にならないよ。

221 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 10:34:10.56 ID:LAnEhfwL
×わざわざ私刑を廃止する必要もない。
◯わざわざ死刑を廃止する必要もない。

222 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 10:51:17.24 ID:RqkDXqrx
>>217
>>81条は関係ないよ
36条の法解釈こそが問題だよ


その法解釈の権限を最高裁に与えたのが憲法です。
全て憲法ですので憲法(81条)の否定は36条も否定する
ことになります。
ついでに言えばそもそも最高裁の裁判官の頭の中には

第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

が頭にあるでしょうから生命を奪うこと自体を違憲とは考えないでしょうしね。

まあ死刑を違憲としたいなら改憲しかないですね。

223 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 12:08:17.83 ID:LAnEhfwL
>>222の意図したアンカーではないが、
>>81があまりにも的を得すぎてて笑った

224 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 12:32:05.25 ID:gK8VNMVI
裁判官は死刑判決を出す前に絞首刑を体験してみるべきだ。

225 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 12:34:40.51 ID:gK8VNMVI
殺人犯も人の子。むざむざ殺させてはならない。殺人犯にも家族はいる。
彼等の悲しみ苦しみも考慮しろ。

226 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 12:38:09.29 ID:YC4v0WTw
>>197
ええ、拷問はともかく、残虐には対象によって変化するものだと言っています。

227 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 12:38:41.93 ID:RqkDXqrx
>>216
>>死刑は究極の権力犯罪。権力による人民虐殺だ。
絶対に許さない。

軍隊は?
死刑廃止国も軍隊持ってたよね?

ちなみに軍隊による市民殺害事例
光州事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6


228 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 12:54:08.87 ID:gK8VNMVI
>>227
もちろん軍隊はあってはならない。権力に人民虐殺の手段を与えるな!!


229 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 13:03:27.63 ID:YC4v0WTw
>>228
北朝鮮からの脱北者とかですか?
権力と人民って・・・・・・ここ日本は民主主義の国ですよ。

230 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 13:56:25.17 ID:kLry3Zc7
>>218
>その理屈だと無期懲役や終身刑は塀の中で死なせる隔離が目的だから残虐ってことになるじゃん。

「死なせること」が目的の終身刑ならもちろん残虐だよ
だけど「犯罪者改善」が目的の無期懲役(仮釈放可)なら残虐じゃないでしょ

>>222
>まあ死刑を違憲としたいなら改憲しかないですね。

大法廷で判例変更すれば改憲は不要ですよ(裁判所法10条3号)

>>226
>拷問はともかく、残虐には対象によって変化するものだと言っています。

絞殺という手段は、どんな対象に対しても残虐です
なぜなら、絞殺は殺人だからです

231 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 14:22:09.19 ID:RqkDXqrx
>>230
>大法廷で判例変更すれば改憲は不要ですよ(裁判所法10条3号)

じゃあ判例変更するまで待つしかないですね。


232 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 14:22:12.69 ID:5N77cuwX
>>217
>しかし、私は一国民として死刑に反対してます
だからどうした?
君一人が反対したから何だと言うのだね?
社会ってやつには、良くも悪くも「他者」というものが存在する。
大勢の意見を押しのけて、君ひとりの意見が通るわけではないよ。

233 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 14:23:16.71 ID:RqkDXqrx
>>228
>>もちろん軍隊はあってはならない。権力に人民虐殺の手段を与えるな!!

まず死刑廃止国に言ってあげなさい。
日本が死刑廃止するのは死刑廃止国全てが軍隊廃止した後でよいでしょう。


234 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 15:34:07.42 ID:tmuhb6rb
>>228
軍隊があるから戦争が起こる
消防署があるから火事が起こる
警察があるから犯罪が起こる
法律があるから犯罪が起こる

死刑廃止論者の理屈はこうなの?

235 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 19:24:41.11 ID:LAnEhfwL
>>230
>「死なせること」が目的の終身刑ならもちろん残虐だよ

では「終身刑で死刑の代替が可能だから死刑廃止」という廃止論者と決着をつけてから存置論のところへおいで。
君等の尻拭いを国民にさせるな甘えん坊。

236 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 20:17:13.15 ID:znTNWcSq
>>230
>「犯罪者改善」が目的の無期懲役(仮釈放可)なら残虐じゃないでしょ

犯罪者を「犯罪者改善」目的のロボトミーにするのか
犯罪者を野に放った結果、殺された被害者は自己責任にするのか

237 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 20:25:30.09 ID:5N77cuwX
>>217
>その法的枠組みの外側から私は疑ってるんですよ
法的枠組みの外側から疑うならば、
そもそも憲法36条も疑わなければならなくなるが?

238 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 20:52:26.71 ID:kLry3Zc7
>>236
>犯罪者を野に放った結果、殺された被害者は自己責任にするのか
その場合の責任は刑務所、つまり国家が負います
被害者に責任は皆無です

>>237
36条を疑うこともできるでしょう
「拷問があってもいいじゃん」って思う人は疑うでしょうし
しかし、ここで私が疑ってるのは、最高裁による36条の「法解釈」です


239 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 21:13:07.03 ID:LAnEhfwL
廃止派A「死刑よりマシだから終身刑道入」

廃止派B「死刑より過酷にするため終身刑道入」

廃止派C「死刑より過酷だから終身刑はナシ」

廃止派D「死刑と同等の抑止力のため終身刑道入」

廃止派E「終身刑は緩慢な死刑だから終身刑はナシ」


もうこの時点で死刑廃止したら誰かの廃止論で絶対に被害が拡大するから
いずれか一つの言うとおりになんてなんてできないな。

240 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 21:14:32.53 ID:5N77cuwX
>>238
国家が背負うったって、「国家」はなにも責任取らんぞ?w
たとえ国家賠償請求ができたとしても、担当の役人なり、総理大臣なりがポケットマネーから補償してくれるわけじゃなくて、
国民の税金から払われるわけで。

>しかし、ここで私が疑ってるのは、最高裁による36条の「法解釈」です
それがダブスタだと言っている。
法の内側から語るのであれば最高裁の判断を尊重するべきだし、
法の外側から語るのであれば36条も相対化して考えるべきだ。

241 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 21:30:01.36 ID:5N77cuwX
>>238
そもそも、国家が責任を負おうと、殺された被害者が戻ってくるわけじゃないからな。真に責任を取ることは誰にもできない。
だからこそ「最初から犠牲者が出ないようにする」それが基本であり奥義だ。
凶悪犯罪者を死刑にしてしまえば、それ以上犠牲者は出ないわけだから、それがベストだ。

242 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 21:41:10.67 ID:gK8VNMVI
犯罪の責任は社会にある。心ならずも罪を犯してしまった不幸な人を
苦しめても何の解決にもならない。犯罪者もまた被害者なのだ。

243 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 21:48:20.98 ID:kLry3Zc7
>>240
>たとえ国家賠償請求ができたとしても、担当の役人なり、総理大臣なりがポケットマネーから補償してくれるわけじゃなくて、
>国民の税金から払われるわけで。
犯罪が社会的必然である限り、税金からの負担はやむを得ません
また犯罪は個人レベルの問題ではありません

>>241
>そもそも、国家が責任を負おうと、殺された被害者が戻ってくるわけじゃないからな。真に責任を取ることは誰にもできない。
もちろん、殺された者は戻りませんが
国家が責任を負うならば、遺族は国から補償されるという多大なメリットを生じます

>凶悪犯罪者を死刑にしてしまえば、それ以上犠牲者は出ないわけだから、それがベストだ。
死刑は木の細枝を切り取るようなものだと思います
枝はすぐに生えてきます
死刑を行うより犯罪の原因を明らかにすべきです


244 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 22:07:23.92 ID:LAnEhfwL
>>243
自由刑でできてから言え迷惑だから

245 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 22:09:14.39 ID:znTNWcSq
>>243
人殺しは個人より社会に問題があるのか
だから損失は社会が補填しろってか
犯罪の原因こそ罪なのか・・・
もう禅問答の世界だな

246 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 22:14:20.31 ID:5N77cuwX
>>243
>犯罪が社会的必然である限り、税金からの負担はやむを得ません
「犯罪を防ぐ」ためのコストならまだしも、犯罪者の尻拭いを負担させられるのはごめんだね。

>また犯罪は個人レベルの問題ではありません
犯罪とは個人レベルの問題だが?犯罪者が自分の意思で「犯罪したい!」って思わなきゃ、犯罪は起きないわけで。
ああ、それとも、君は犯罪者のことを、特定の環境に置かれれば特定の反応(犯罪)を返すだけの自由意思の無いロボットだとでも思っているのかな?
だとすれば、君の方がよほど犯罪者に対して差別的だと思うが。

>国家が責任を負うならば、遺族は国から補償されるという多大なメリットを生じます
君は犯罪被害者のことを当たり屋か何かだと思っているのか?w
メリットなど無いよ。そもそも犯罪がなければ何の問題もなかったわけでな。

>死刑を行うより犯罪の原因を明らかにすべきです
「責任」と「再発防止」の問題を混同しているよ。
そりゃ再発防止の努力は必要だが、それはそれ。これはこれ。
自由意思でうごく人間ならば、自分の為したことへの責任を持たなければならない。

247 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 22:16:45.41 ID:LAnEhfwL
「廃止論者の思い通りの世の中になるまでは社会はずっと悪なので責任をなすりつけ続けます。
 他の要因で世の中が良くなることは認めません。」

これがプロ廃止論者のマインド。

248 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 22:30:31.45 ID:5N77cuwX
>>243
そもそもここで話題になっているのが「凶悪犯罪者の再犯」である以上、死刑は再発防止措置としても有効だが。
なぜなら、再犯の第一の原因は「凶悪犯罪者が生きている」ということだからな。死ねば再犯はできない。
枝が生えてくる?一人死刑にしたら犯罪者が一人発生するというものでもあるまいにw
たとえ全体から見ればわずかであろうと、「枝」が減るのには変わらないし、枝が減るのは望ましいことだ。

249 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 22:38:20.72 ID:37fvKkW3
>>245
犯罪の要因としてその時の状況や社会的要因を考えるのは、
今の犯罪学だと当たり前だよ。

250 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 22:40:13.91 ID:5N77cuwX
>>249
君は「原因」と「責任」を混同しているよ。

251 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 22:49:48.24 ID:kLry3Zc7
>>246
>犯罪者が自分の意思で「犯罪したい!」って思わなきゃ、犯罪は起きないわけで。

私達は行動の完全自由な意思的主体があると勝手に思い込んでいます
ところが人間は過去の社会環境によってつくられ、
属する社会環境により意思の基礎が決定されます

したがって自由意思は限定的と言えます

つまり、責任を負うべきは「犯人」だけでなく「社会」もです
そのような責任を持った社会に死刑を行う資格があるはずがありません
枝を切りたいのであれば、自由意思を限定させない社会環境が前提に必要です

252 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 22:57:40.66 ID:LAnEhfwL
立派な電波に育って・・・

253 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 23:18:50.91 ID:5N77cuwX
>>251
その論理は自爆なのだがね。
いいかい?個人の自由意思が限定的で、周囲の環境に反応するだけの機械のようなものに過ぎないとすればだ、
「個人の集合体である社会」もまた、周囲の環境に反応するだけの機械のようなものでしかないわけだ。
機械たる個人に責任を問うことができないのならば、機械たる社会に責任を問うこともまたできない。
端的にいえば、「殺人犯が人を殺してしまったのは、外部環境のせいで、殺人犯を責めても仕方ない」のならば、「そんな殺人犯を社会が死刑にしてしまうのも、外部環境のせいで、社会を責めても仕方ない」ということになる。

254 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 23:43:02.92 ID:kLry3Zc7
>>253
>「個人の集合体である社会」もまた、周囲の環境に反応するだけの機械のようなものでしかないわけだ。
「個人の集合体である社会」は「環境そのもの」です
それゆえ、環境が環境に反応するというのはおかしな話です。
社会が社会に反応して死刑を行うならば、それは外部的環境のせいとは言えません
それは完全に社会の自己責任です


私はこの書き込みで失礼します
>>253は学が深いですな
しかし色々学ばせてもらいました

255 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 23:48:03.04 ID:5N77cuwX
>>254
>個人の集合体である社会」は「環境そのもの」です
違うね。
例えば「日本社会」の外側には「外国」というさらなる「外部環境」が存在する。

256 :法の下の名無し:2012/04/23(月) 23:55:29.33 ID:5N77cuwX
>>254
>それゆえ、環境が環境に反応するというのはおかしな話です。
そもそも「環境」というものを、一種類しかないと考えている時点でアホだよ。
環境ってのは複数ありうるし、複数の環境同士が相互作用を起こすこともありうる。
例えば地球というものは俺らにとって「外部環境」に他ならないが、
では地球というものが外部の何者にも影響されず独立して存在しているかと言えば、違う。
地球は「太陽系」というさらなる外部環境の影響を受けて存在しているわけでな。

>私はこの書き込みで失礼します
反論できなくなったからって逃げるのは頂けないなあ。
そういう時は素直に自分の非を認めなきゃだめだよ?w

257 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 01:36:04.00 ID:xNbgjt19
クズが廃止論に嵌るのか、廃止論に嵌るとクズになるのか

258 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 07:58:18.81 ID:x8P1tsPC
またひどい事件が起きたね…
でも無免許で居眠り運転で10人死傷させても未成年なら5年程度の服役ですむとか…
こういう奴は無条件で死刑にすればいいのにね…
本当に犯罪者に甘い国だわ、日本って
被害者遺族の無念は察するに余りあるよ…
こいつは過去にも無免許運転で検挙されてるって言うし、もう更正の余地とか認めていいレベルの話じゃないよ…

259 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 08:40:17.44 ID:HycBu8EP
>>257
自分たちの論理が破綻してるのに気付かない
コーラン持ってキリスト教布教してるようなモンだからな
身内が殺されて初めて理解するんだろうな
「目には目を」ってな

260 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 09:18:58.19 ID:c74N1iD8
死刑支持者が殺人犯を極悪犯にのように罵るのは偽善以外のなにものでもない。
「命は何よりも尊い。その尊い命を奪った殺人犯は極悪人だ。だから、その生命は奪われるべきだ」
論理が破綻してるよ。
「命は何よりも尊い。だから殺人犯の命も奪われるべきではない」これが正しい。
殺人犯を殺していいのならなぜ殺人犯は極悪人なの?

261 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 09:24:38.43 ID:fRAEVuvS
>>260
少なくとも破綻はしてないよ。
「善人の命は尊い。その尊い命を奪った殺人犯は極悪人だ。だから、その生命は奪われるべきだ」
という論理なので。
善人の命と極悪人の命が等価であると誰が決めたのだね?少なくとも俺はそうは言ってないぞ?

262 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 09:28:09.00 ID:xNbgjt19
>>260
廃止論者が命が尊いと言い張れば言い張るほど、それを私利私欲で奪った罪も重くなり、
死刑を含めた厳罰化にも正当性を与える。

自滅乙

263 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 10:51:30.58 ID:a/43t4DM
命は尊いから、人は人を殺してはならないから
などという理由で死刑に反対したことは
少なくとも私は一度たりとてない
他の人はどうかしらんけどね

264 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 11:10:27.61 ID:pMm+d+p4
>>230
>なぜなら、絞殺は殺人だからです

あなた方廃止派だけがそう喚いても事実は変わりませんよ。
死刑は死刑です。殺人は殺人だし、現場射殺は現場射殺。過失致死は過失致死。
堕胎は堕胎だし正当防衛は正当防衛。安楽死は安楽死です。

結果的に対象の人が死ぬことになったからといって総てが殺人にはなりません。
法とは、アナタ1人が駄々をこねて認めなかったからといって変化するものではありません。


265 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 11:21:53.87 ID:c74N1iD8
国家権力とは法に従って公平に国民を保護するものではない。
搾取階級の利益を守るために被搾取大衆の反抗を抑えつける暴力装置、
それが国家権力だ。こんなものに命を奪われてたまるか。
人民権力を樹立するまで闘争あるのみ!!

266 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 11:29:02.62 ID:pMm+d+p4
>>265
仮にお前の言い分が本当だったとして、

その暴力装置によって普段、反抗を抑えつけられている殺人鬼によって殺されるかもしれない人ってのは、
権力側の人間じゃあないんだな。
被搾取階級の人が殺されるんだな。
そんな暴力装置の殺人鬼とは闘争あるのみだよな。
殺人鬼に自由に殺されてたまるか。

267 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 11:56:49.30 ID:fRAEVuvS
>>265
「人民権力」って何?
まあ多分、共産主義革命でもイメージしてるんだろうが、
むしろ共産党政権こそ、「取階級の利益を守るために被搾取大衆の反抗を抑えつける暴力装置」というイメージにぴったりなのだがね。
旧ソ連とか、中国共産党とか、北朝鮮とか。

268 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 12:16:05.17 ID:xNbgjt19
>>263
「他の人はどうかしらんけどね」が廃止論が破綻して自滅する原因だと早く気づいてください

269 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 12:41:36.85 ID:ZJzcAqeG
京都の事故の少年が死刑じゃないなら廃止でいい

270 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 12:52:28.61 ID:xNbgjt19
意味不明

271 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:01:10.07 ID:ZJzcAqeG
被害者がかわいそうだ

272 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:04:01.85 ID:xNbgjt19
廃止する理由がない

273 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:09:48.79 ID:HycBu8EP
>>265
強盗・殺人すら弱者の権利と正義を主張する死刑廃止論者
殺された被害者は人民権力の上に立つ搾取階級の「ゴミ」だと言うのですね

274 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:09:52.53 ID:ZJzcAqeG
京都の事故の少年が死刑じゃないなら廃止でいいよ
死刑にすべき

275 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:11:06.86 ID:xNbgjt19
廃止する理由になってない

276 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:14:54.89 ID:ZJzcAqeG
被害者の為を思って書き込んでるのにイチイチ口挟むな

277 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:17:20.88 ID:pMm+d+p4
>>276
事件を知ってから書き込んでくださいね

278 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:18:00.10 ID:ZJzcAqeG
どんな事件ですか?

279 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:20:43.35 ID:ZJzcAqeG
とにかく京都の事故の少年が死刑じゃないなら意味無いわ
即刻死刑にすべき

280 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:27:51.59 ID:pMm+d+p4
>>279
事件の加害者は既に死んでいます。この世にはいません。

あと、死刑廃止派はキチガイで理解力が無く社会性が乏しいということを宣伝するのは廃止派にとってはマイナスだと思いますよ。

281 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:31:48.91 ID:ZJzcAqeG
>>280
すみません。死んでるほうの事件じゃないです

282 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 13:32:38.64 ID:ZJzcAqeG
それと廃止派でもないですよ^^;

283 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 15:52:34.42 ID:UCIf3nr4
自称存置派
自称中立
自称廃止派じゃない

284 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 19:32:21.98 ID:pMm+d+p4
>>282
廃止派ではないのに廃止で良いと主張するのは何故ですか?
お前は死刑廃止を望む死刑存置派とでも言いたいのですか?
だったらそれで良いですけど。勝手にしやがれ。

285 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 20:34:04.17 ID:xNbgjt19
廃止派はどんどん口答えするだけのマシンになっていくなあ

286 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 20:46:21.58 ID:UCIf3nr4
しかしこのスレの廃止派はやばいなw
毎日ポエムを垂れ流してる電波
最高裁より自分が正しいと妄想してるやつ
死刑廃止を主張しながら俺は廃止派じゃないとほざくやつ


まあ最悪なのはこれらを止める廃止派がいないことだね

287 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 20:54:48.49 ID:fRAEVuvS
>>286
違憲君はどうやら逃げ出したようだがね。

288 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 21:38:27.47 ID:HfF16tHh
【社会】「死んで償ってもらう」死亡妊婦の夫★12
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1335267923/l50

289 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 22:48:14.26 ID:WwGN42MM
自分も感情でしか語れてないことにいまだ気づいてない存置派はかなり重症

290 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 22:51:28.53 ID:WXizOthw
>>289
人殺しの被害者の遺族に向かって同じ事を言ってみろ

291 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 23:00:13.41 ID:xNbgjt19
死刑容認論は感情論を肯定し計算に入れる事ができる論というだけ。
対して世論での劣勢を否定するため「自分たちこそ理性的だ」などとと嘯き、
感情を排除(という設定に)することによって自分の首を締めているのが廃止論。

292 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 23:45:59.45 ID:UCIf3nr4
>>289
妄想は頭の中だけにとどめておこうよw

293 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 04:01:54.63 ID:O9W0SCoR
賛成論者よ。
死刑後に新たな証拠によって、実は犯人が正当防衛だったことが判明したらどうする?

294 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 04:48:14.28 ID:oGcRrgXB
死刑を要求する遺族は被害者側じゃなくて
加害者側の人間だよ。同情されるべき存在じゃない。
弾劾されるべきだ。

295 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 06:40:56.73 ID:M1Y/oFlD
廃止論者の話からは、ただ死刑が死刑だから嫌いだ、ということしか伝わってこない。
その感覚が許されるなら、犯人が許せないという感覚も許され、死刑の正当性も強固になるだけ。

296 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 07:24:33.86 ID:oGcRrgXB
悪いのは犯罪者個人ではなくて犯罪を生む社会システムだ。
犯罪者も犠牲者に過ぎない。

297 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 07:27:11.66 ID:M1Y/oFlD
だからって加害者になった犠牲者をさばかなくていいということにはならない。

298 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 07:32:22.72 ID:oGcRrgXB
>>297
刑罰に反対しているわけではない。ただ、刑罰はあくまで犯罪者の社会復帰に奉仕するものでなければならない。
社会復帰に役立たず苦しみを与えるだけの刑罰は科すべきではない。
被害者や遺族への償いは犯罪を防ぎ得なかった国家が行うべきもので、
彼ら自身が社会的弱者である犯罪者個人に求めるべきものではない。
重すぎる罰や賠償義務は社会復帰の妨げになる。

299 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 07:57:36.14 ID:M1Y/oFlD
>刑罰はあくまで犯罪者の社会復帰に奉仕するものでなければならない。

根拠も実行力もないので説得力マイナス

300 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 08:05:34.17 ID:J80r6Se9
>>294 >>296
意味がわからんな。自己矛盾しているぞ。
応報を求めることが「加害者側」だと仮定しても、
悪いのは遺族個人ではなく、そう思わせてしまった社会なり国家なり周囲の環境なり犯人なりであって、
遺族はその犠牲者に過ぎないんじゃないの?w

301 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 08:09:31.42 ID:J80r6Se9
>>296
それに、その考えは不毛だぞ?
例えば「親の育て方が悪かったから犯罪者になってしまった!本人じゃなくて親の責任だ!」と主張したとする。
すると、「親」についても同様の議論で「親ではなく、親の親の責任だ!」と主張できてしまう。
以下エンドレスで、責任は無限の過去へと飛んでいくな。

302 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 08:23:11.57 ID:E3YI/bFw
>>298
人殺しが堂々と闊歩する社会の方が異常だと気付かないのか?

303 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 08:36:04.19 ID:M1Y/oFlD
犯罪に手を染めた=環境のせいでそうなったので主体性がない って定義してるだけだから、
もはやこの廃止論は断種法並みの時代錯誤だし、犯人を個性ある人間として扱ってない非人道的な論。

304 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 08:45:11.28 ID:J80r6Se9
>>298
なんで社会復帰させなきゃいけないの?
重すぎる罰、重すぎる賠償義務。結構な話じゃないか。それだけのことをしたんだから。
「更正」とは、それでもなお出来る人間だけがやればよい。

305 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 11:07:29.85 ID:+znMRMtu
そろそろ、司法裁判板に死刑スレ建てたら?
法学を語る上での最低知識も無い人間なんだから。

306 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 11:10:01.43 ID:M1Y/oFlD
>>305
プッ

307 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 16:51:16.61 ID:O9W0SCoR
大量殺人犯の命もそれでもやはり命に変わりないからな。
賛成論者は死刑で命を奪う時点で命というものを尊重してない。
殺人犯の命は別物と言うかもしれんがそれはあまりにも主観的過ぎる。
賛成論者の命に対する客観性の無さは犯罪者を悪魔とみなす原始社会レベル。
命は命。

308 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 17:05:54.83 ID:vXaVjROy
>>307
命は命。
だから奪ったものは返さないとな。たとえ感情論としては価値が低いと思われがちな命であってもな。

309 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 18:42:14.39 ID:oGcRrgXB
チャップリンの「殺人狂時代」を見たことある?
7人の女性を殺した主人公が刑場に引かれるときに「俺は7人しか殺してない」って捨て台詞を
吐くんだよ。時代はまさに第二次世界の直前。まもなく千万の単位で国家の命令による
大虐殺が勃発しようとしていた時代なんだ。死刑制度の矛盾と欺瞞性を痛烈に風刺してるね。
戦争こそ最大の虐殺。戦争を起こす国家が何で殺人犯を咎めて死刑にすんの?
笑わせるなよ。

310 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:02:56.27 ID:Lj3K21Kp
戦争こそ最大の虐殺だ!
たかが数人殺しただけで死刑にするのはおかしい!


おかしいのはお前だからw
笑わせるなよw

311 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:32:09.76 ID:oGcRrgXB
>>310
おまえは戦争で数百万を殺す国王や大統領や首相や将軍よりも7人殺しただけの
ケチな殺人犯を非難するのか!?狂ってるじゃないか。

312 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:36:44.87 ID:Lj3K21Kp
国が戦争してるから殺人犯は無罪
これが廃止派の主張w

313 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:40:49.83 ID:oGcRrgXB
ブッシュのせいでアフガニスタン、イラクの罪なき民が数十万人命を落としたんだよ。
死刑存置派なそれでも心が痛まないの?たかが二人か三人を殺しただけの犯人を
大騒ぎで死刑にしなければならない理由は何?人を殺すのは権力者だけの
特権だ!と言いたいの?

314 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:42:04.20 ID:oGcRrgXB
>>312
死刑肯定派は戦争肯定派でもあるんだね。よくわかった。

315 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:43:50.22 ID:Lj3K21Kp
>>311
お前は中学二年生くらいの歳にありがちな妄想をしてるようだね

戦争っていうのは国のトップ一人がやろうって言ってやれるものじゃないからw
逆に国のトップ一人が戦争に反対してなくせるものでもない
政情、経済、国民感情など大勢の様々な事情や思惑が絡まりあって起こるものだ

これを理解せず国のトップ一人に責任を押し付けてる時点で馬鹿丸出し

316 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:45:00.34 ID:O9W0SCoR
>>308
残念だが死刑を行っても命は返せない。
返せると思ってるところがやはり原始社会レベルの発想だな。

317 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:45:03.82 ID:Lj3K21Kp
>>314
ねえねえどこにそんなこと書いてあるの?
妄想は頭の中だけにしとけよw

318 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:51:37.12 ID:Lj3K21Kp
>>313
2,3人ならが殺されてもいいんだw

>たかが二人か三人を殺しただけの犯人を
>大騒ぎで死刑にしなければならない理由は何?
死刑にしちゃいけない理由は何?


まずお前は国家と国のトップ一人をごっちゃにするのをやめろ
もうちょっと考えてからレスしろよ

319 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 19:54:25.14 ID:vXaVjROy
>>316
返せないから払わなくていいという事にはならない。

320 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 20:39:48.54 ID:c4j+kvKT
すげぇのが暴れてるなw
隣国に侵略されて反撃しない政府など国民は信用しないし
犯罪者を裁かない政府も国民から信用されない
戦争と犯罪を同列に並べるのはゆとり世代の特徴か?


321 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 20:43:00.61 ID:Lj3K21Kp
>>320
>戦争と犯罪を同列に並べるのはゆとり世代の特徴か?
廃止派の中でも特に頭の悪い者の特徴です

322 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 20:50:20.33 ID:J80r6Se9
>>307
犯罪者の人権は制限されるものだぞ?
例えば懲役刑は自由権の制限だ。
君はそれさえも否定するのか?

323 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 21:29:05.15 ID:O9W0SCoR
>>322
なぜ人権の話を持ってくる?
命と人権は意味がまったく違うんだが。
命は命。人権は人権。

324 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 21:45:01.25 ID:Lj3K21Kp
つまり命を奪っても人権を奪うことにはならないと?w
人権がーって言ってる廃止派と真っ向から対立する意見だねw

325 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 22:00:25.47 ID:c4j+kvKT
>>323
廃止派って不当に他人の「命」を奪って自らの「人権」を主張するご都合主義なのか?

326 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 23:01:39.63 ID:O9W0SCoR
【死刑廃止国の例】
アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブータン、
カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、
ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、メキシコ、
ネパール、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、
ポーランド、ポルトガル、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、
トルコ、英国、ウルグアイ、ウズベキスタン、ベネズエラ

【死刑存置国の例】
日本、アフガニスタン、中国、エジプト、イラン、イラク、
クウェート、朝鮮民主主義人民共和国、パキスタン、パレスチナ自治政府、
カタール、ソマリア、アラブ首長国連邦、米国


類は友を呼ぶだな。賛成論者よ。

327 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 23:05:12.92 ID:Lj3K21Kp
逃げたw

328 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 23:08:54.07 ID:M1Y/oFlD
---------------------------------------------------------------

存置国の仲間として北朝鮮などを入れるということは、
廃止国は、兵器開発して一般人を殺戮しているイスラエルや
独裁国家で超格差社会のベネズエラなどの仲間として扱ってもいいということになる。
決して廃止国のためにならないから、やめたほうがいいでしょう

-----------------------------------------------------------------

329 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 23:18:54.57 ID:Lj3K21Kp
都合の悪いレスには答えず逃亡か罵倒
これが廃止派w

330 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 23:19:27.88 ID:M1Y/oFlD
・70年代のルサンチマンから抜け出せず、汚い手を使い続けたことによる日本の廃止論の凋落ぶりを示すグラフ
http://livedoor.blogimg.jp/aphros67/imgs/9/d/9daa5a83.jpg

331 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 23:20:19.73 ID:vXaVjROy
>>329
しかも嘘つきだしな。

332 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 23:24:29.30 ID:Lj3K21Kp
今日の廃止派まとめ
・国が戦争してるから殺人犯は無罪
・命を奪っても人権を奪うことにはならない

本人もほかの廃止派も反論しないということは
廃止派は皆このように考えてるということですねw

333 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 23:26:35.65 ID:O9W0SCoR
【死刑廃止国の例】
アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブータン、
カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、
ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、メキシコ、
ネパール、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、
ポーランド、ポルトガル、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、
トルコ、英国、ウルグアイ、ウズベキスタン、ベネズエラ

【死刑存置国の例】
日本、アフガニスタン、中国、エジプト、イラン、イラク、
クウェート、朝鮮民主主義人民共和国、パキスタン、パレスチナ自治政府、
カタール、ソマリア、アラブ首長国連邦、米国


類は友を呼ぶだな。賛成論者よw

334 :法の下の名無し:2012/04/25(水) 23:29:52.16 ID:Lj3K21Kp
都合の悪いレスには答えず相手を罵倒w


335 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 00:12:36.54 ID:T+EVxaR7
>>323
命が尊重されるのも人権あればこそだぞ?
人権の無いもの、例えば動物の命を奪っても、「殺人罪」にはならないわけで。

336 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 01:17:47.17 ID:95Fh7II4
>>333
例として都合の良い国をお前が勝手に選ぶのはまだ分かるが、

せめて同数選択しないと、『廃止派の不公平さ』 だけが目立つ結果になるぞ。


337 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 02:00:42.01 ID:Escq5/Lb
>>335
それは違う。
人権とは単なる便宜上の言葉に過ぎない。
命が尊重されるのは、人間が自然に持つ死に対する恐怖や子孫に対する愛情等の感情の結果。
人権を制限されてる者を殺しても殺人罪に問われる。
(死刑確定囚への死刑執行は除く)

338 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 02:30:49.16 ID:e2FFfvvO
応報性を論拠としない存置論者はなぜ最高刑が死刑でなければならないのかを説明できてないんだよね



339 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 03:06:54.38 ID:17CpzzUz
>>338
辻褄の合わない死刑廃止論なんかで法律を変えてはいけない、という理由で十分。

340 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 03:14:45.92 ID:95Fh7II4
>>338
最高刑だからこそ応報刑。殺人鬼擁護者である廃止派の納得など要らない。

341 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 05:56:49.78 ID:q/2a+aRG
戦争も死刑も犯罪だ。

342 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 07:48:17.40 ID:17CpzzUz
だが日本の死刑廃止論はそれ以上の犯罪だ

343 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 08:54:23.53 ID:q/2a+aRG
危機に晒されている人命を救うことは最も崇高な行為

344 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 09:37:07.68 ID:T+EVxaR7
>>343
『自由を奪われている人を解放することは最も崇高な行為。懲役刑を廃止しよう!』

345 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 09:50:19.71 ID:T+EVxaR7
>>337
>人間が自然に持つ死に対する恐怖や子孫に対する愛情等の感情
それは違うな。
そりゃ自分や大切な人の死は怖いだろう。
が、それだけでは「赤の他人の命を尊重する理由」にはならないだろ?

346 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 11:13:59.16 ID:ATL+e5rj
>>323
死刑廃止派の思考回路

私が奪ったのは被害者の命であって人権ではない
  ↓
裁判は人権を侵害するものだ
  ↓
私の人権は保護されるべきだから刑から開放される権利がある

人権を免罪符にすれば全て許されるとでも????

347 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 12:10:13.95 ID:HbtLGAS+
>>345
同種同族として認識してるんだよ。
人間社会は小規模コミの連結だよ。
その証拠に存在を認識してない命は尊重しないよ。
今もどこかで誰かが死んでるけど、君は悲しんでないだろ。

348 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 12:15:14.53 ID:q/2a+aRG
自由刑は教育効果があるなら許容される。
人生を終わらせてしまう死刑は絶対に
許容されない。

349 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 12:31:03.50 ID:fE+Vf6j+
ぼくわ し刑の勉強おしました。
大体 タヒ刑のことわ わかりました。
十ねんも 生きていれば それくらいわ ふつうわかります。
おとうさんもおかあさんも 四刑わ 残酉告だといいました。
ぼくもそうだとおもいます○
死井リにわ 反対が あるのです。
ぼくにわ死けいお 言午す人がいるとわ信じられません。
死言十も刑む所も なくせばいいとおもいます。
悪いヤつからわ ばっ金お とったらいいのだす○
でも 田丁にわるいクソがふえると ち安がしんぽいになります。
だから あちこちに がいとうおふやすのです。
日月るいみ来がくるのです○

350 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 12:59:36.71 ID:m59UMn7f
>>338
死刑判決を受けるような輩は間違いなく極悪非道な犯罪の真犯人だから最も苦しい死刑を受けて当然

351 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 13:02:50.61 ID:17CpzzUz
>>348
その理屈だと、死刑相当の凶悪犯の再犯による犠牲はもっと許容されないので、
残念、死刑廃止は出来ません

352 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 13:21:45.52 ID:T+EVxaR7
>>347
>今もどこかで誰かが死んでるけど、君は悲しんでないだろ。
然り然り。
そしてそれは裏返せば、「赤の他人」は「同種同族」とは認識していないということだ。

353 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 13:23:12.08 ID:T+EVxaR7
>>348
死刑にだって教育効果はあるぞ?
人を殺して何とも思わなかった凶悪犯が、自分の死を前に恐怖し、自分のやらかしてしまったことの重さを自覚したのならば、
それは立派な「教育」であり、「更生」だろう?

354 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 13:46:08.60 ID:uvAniJId
>>353
社会復帰のための教育を指してるんじゃないの?

355 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 13:54:09.13 ID:q/2a+aRG
>>351
刑を終えたものを暖かく迎え入れる社会なら再犯は起きない。
元囚人への偏見、差別、排除が再犯を生む。

356 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 13:54:53.35 ID:fE+Vf6j+

人殺しが本当に反省したなら、自分は社会復帰するべきではない
ということに気づくんだよ。


357 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 14:18:39.53 ID:uvAniJId
>>356
本当に反省したなら、社会で生産しなきゃって気づくんじゃないの?

358 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 14:42:59.36 ID:fE+Vf6j+

 いや、一線を踏み越えてしまった自分は 信用できないことを
自覚するんだよ。
つまり、生産するより人の邪魔をしない方がいいってことだな。

359 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 14:48:01.39 ID:q/2a+aRG
>>356>>358
そこまで反省してるならシャバに出しても大丈夫。社会の受け入れ態勢だけが
問題。


360 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 15:08:33.83 ID:fE+Vf6j+
<そこまで反省してるならシャバに出しても大丈夫>
 思考力が感じられないね。
 自分は娑婆に出てはいけないと悟った人間を娑婆に出せというのか。
残酷なことを言うんじゃないよ。

361 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 15:23:46.43 ID:uvAniJId
>>358
でも生産すれば邪魔じゃ無いじゃん?

362 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 15:26:04.79 ID:StLWD/Sl
>>355
>刑を終えたものを暖かく迎え入れる社会なら再犯は起きない。
元囚人への偏見、差別、排除が再犯を生む。


そういう美しい社会が出来るまで死刑制度廃止は保留すべきでしょう。
そういう美しい社会では死刑になるような犯罪者も皆無かとは思いますが。


363 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 15:46:27.94 ID:ATL+e5rj
>>361
生産に回るより消費してる期間の方が長いんですが・・・

364 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 16:06:39.05 ID:fE+Vf6j+
>>361

邪魔って言うのは 人殺しってことだな。
そうして社会の生産性を 損ねるんだよ。

365 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 16:26:21.15 ID:uvAniJId
>>364
人殺しってことがどのように社会の生産性を損ねるの?

366 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 16:42:12.91 ID:fE+Vf6j+

本当に 何にも考えられないんだな。
生産者を殺せば 生産人口が減るだろう。


367 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 16:50:28.20 ID:ATL+e5rj
>>355
殺された遺族の家庭が犯人が温かく迎え入れる社会が来るといいね
それまでは死刑は存続した方が良いでしょう

368 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:13:37.82 ID:ipR6mV45
今日の廃止派の妄言は生産性ですかw
新しい論点で語るより前の論点をどうにかしたほうがいいんじゃない?

そもそも凶悪犯罪者を働かせねばならないほど生産人口が不足してるわけじゃないでしょw

369 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:19:55.52 ID:68Qc1K6q
>>354
なんで教育と社会復帰がセットなんだ?
別に社会復帰する必要は無いだろ。

>>355
社会に、犯罪者を温かく迎える義理はない。
というか、冷たくて当然だ。悪い事をしたんだからな。犯罪者の自業自得だよ。
温かく迎えなければ犯罪を犯すというのであれば、死ぬか一生塀の中にいろ。

370 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:21:53.64 ID:uvAniJId
>>366
でも社会復帰してれば生産者を殺さないじゃん?

371 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:31:43.69 ID:68Qc1K6q
>>370
再犯したら?

372 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:40:50.55 ID:ATL+e5rj
>>368
>そもそも凶悪犯罪者を働かせねばならないほど生産人口が不足してるわけじゃないでしょw

凶悪犯罪者に殺された生産者の損失を無視してよくそんな事が言えるな
経済の最少単位は家計だぞ
被害者個人の経済損失を考えろ

373 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:48:50.11 ID:95Fh7II4
>>372
>凶悪犯罪者に殺された生産者の損失を無視してよくそんな事が言えるな

なら尚更の事、凶悪犯罪者を擁護するようなことは赦されないな。

374 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:52:31.00 ID:ipR6mV45
>>372
>凶悪犯罪者に殺された生産者の損失を無視してよくそんな事が言えるな
>経済の最少単位は家計だぞ
>被害者個人の経済損失を考えろ
???
どういうこと?
被害者の代わりに犯人を働かせて遺族を養わせろっていいたいの?

375 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:54:31.05 ID:uvAniJId
>>371
社会復帰したら再犯しないじゃん?

376 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:56:27.38 ID:68Qc1K6q
>>375
再犯するよ。
娑婆に出たからって、更正しているとは限らない。

377 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:56:38.51 ID:ipR6mV45
そもそも凶悪犯罪者を働かせて賠償金を払わせる=黒字にするって無理でしょ
刑務所の労働で本人の生活費を完全に稼げてなおかつ余剰資金が稼げると?

そんな仕事があるなら失業者やホームレスに斡旋するべきじゃない?

378 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:56:42.27 ID:95Fh7II4
>>367
>殺された遺族の家庭が犯人が温かく迎え入れる社会が来るといいね

そういう遺族が社会に増えるのは善い事だが、そこで恥ずかしげも無くのうのうと甘い汁を殺人鬼が吸うことは赦されないよな。
迎え入れようとする包容力と、そこに甘える図々しさは全くの別物。

遺族が殺人鬼を赦し迎え入れることが当然である世の中が実現した場合、

当然、罪を犯した殺人鬼は、自ら犯した罪の重さを感じ、のうのうと生きてはおれないだろうよ。


379 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:57:28.08 ID:ipR6mV45
>>375
再犯率0になってから言えば?w

380 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:57:43.12 ID:95Fh7II4
>>375
ああ、死刑廃止派ったやっぱり無責任。か、もしくは浅はか。なんだね。知ってたけど。

381 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 17:59:36.98 ID:uvAniJId
>>376
それ社会復帰してないじゃん?

382 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 18:01:34.55 ID:95Fh7II4
>>381
じゃあ出所を認めることは出来ないな。終身刑か死刑しかない。

383 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 18:04:21.09 ID:ipR6mV45
というわけで今日も廃止派が自爆しました

384 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 18:09:28.91 ID:uvAniJId
>>382
でも社会復帰したら終身刑も死刑もいらないじゃん?

385 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 18:15:25.78 ID:17CpzzUz
まずは自由刑受刑者の再犯をゼロにしてから言わないと説得力がない廃止論

386 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 18:26:42.10 ID:uvAniJId
>>385
でも社会復帰者をゼロにしてから言わないと説得力ないじゃん?存置論

387 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 18:30:40.44 ID:17CpzzUz
社会復帰をゼロにするというなどという目的の存置論は存在しない。

388 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 18:47:07.13 ID:fE+Vf6j+
そもそもね、 
本当に反省したら、自分には社会復帰する資格がないと
考えざるを得ない者だけを死刑にしてるんだよ。
実際にするのは 猿にもできる反省というヤツだけだよ。
だから、死刑囚は社会復帰すると再犯するんだよ。

ノルウェー「77人射殺犯」のような者でも娑婆に帰すとしたら
そんな法を作った奴らは正気じゃないな。


389 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 19:33:14.82 ID:q/2a+aRG
秋葉原通り魔事件の真犯人は小泉純一郎と
竹中平蔵だ。あわれな犠牲者に過ぎない加藤智大さんを
殺して何になる!!

390 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 20:45:24.63 ID:95Fh7II4
>>384
だって再犯可能性があったら社会復帰したことにならないってお前言ったろ?
つうことは、お前の言い分だと事実上、社会復帰は不可能という事になる。
お前の主張の中で可能性が皆無であることを根拠に論をすすめることは無理があるね。

391 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 21:18:37.75 ID:StLWD/Sl
>>384

君の意見は社会復帰の定義のハードルを極端に上げ過ぎですな。
社会復帰なるものをしたら再犯しないということは
逆に再犯する者は社会復帰していないということになる。

出所した時点でその者が将来再犯するかどうかなど
証明できるものではない。たぶん犯罪者自身も自分が将来
再犯するかしないかなんてわからないだろう。
結局はその者が寿命で亡くなる事で、つまり死を迎えた
時点で初めて、その者が再犯するかしないかが確定する。

当然、死ぬまで刑務所に入れるしかないってことになる。

392 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 21:31:08.36 ID:T+EVxaR7
>>384
君の言う「社会復帰」の定義が一般のそれとずれている気がするんだが。
まあいい。こういえばわかるか?
「死刑を廃止し、終身刑も無い社会になった場合、犯罪者が「社会復帰」していないにも関わらずシャバに出てきてしまう危険性が発生する。」

「社会復帰したら」?どうやって社会復帰させるんだ?
人間には個性というものがある。中には「社会復帰が出来ない」という個性を持った人間もいるだろう。

393 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 23:45:49.82 ID:uvAniJId
>>391
御名答!

つまり再犯するかは寿命で死ぬまで誰も分からないから
寿命を待たない死刑は不当だよね?

394 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 03:15:35.13 ID:AYn9rrjc
死刑は殺人だ。あってはならない。

395 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 05:46:10.23 ID:AYn9rrjc
犯罪者は悪い人ではなくて不幸な人なんだ。制裁や報復や排除の対象に
するのではなくて救ってあげなければならない。死刑など論外だ。

396 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 06:02:41.01 ID:Bwz0sD5D
>>395
一般的に犯罪者はそういう人が多いのかもしれないね。
でもそんな話は誰もしてませんよ。

私利私欲によって故意に、落ち度の無い人間、無関係な人間を殺害する殺人者の話をしているんですよ。

犯罪者ってだけで死刑にはなりませんよ。貴方は誤解をしていたわけですね。良かったですね。さようなら。

397 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 10:08:07.20 ID:7DSBhdbm
>>393
なぜ不当なんだ?
「再犯するかもしれないし、しないかもしれない」
この状況で、シャバに出して再犯したら、君被害者に対して責任取れるのか?
一般人に再犯のリスクを押し付けるのと、犯人を死刑にするのとならば、
犯人を死刑にした方がマシだと思うが。

398 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 10:10:31.77 ID:7DSBhdbm
>>395
その理屈で言えばこの世に「悪い人」などいなくなるな。
どんな悪事を働いても、それは「不幸」のせいだと。
一見奇麗な理屈に見えるが、その実、無法状態を許容・推奨するような考えにほかならんよ。

399 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 10:58:05.73 ID:1xkNT3i3
>>395
>犯罪者は悪い人ではなくて不幸な人なんだ。

不幸な人は他人の幸せを考慮しなくていいのか?
つまり幸せな人が世の中からいなくなる事を望むのが廃止派なんですね

400 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 11:20:46.75 ID:nwetW5fw
きみたちは みんな間違っているな。
娑婆に出せば必ず再犯する(と見なされる)から死刑にするんだよ。
「再犯するかもしれないし、しないかもしれない」 ようなら
無期懲役までで死刑にはならないよ。

401 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 12:47:43.87 ID:m3J3TW0f
>>400
再犯すると「みなす」ところが原始的、宗教的だよね
やっぱり無期懲役までだよね

402 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 13:17:08.37 ID:nwetW5fw
本当に滑稽なほど分かってないな。

「みなす」のではなくて凶悪犯の方が「みなさせる」わけだし、
日本人は廃止派を除けば原始人でもないな。

宗教的って 何の宗教だよ、具体的に言ってほしいな。

403 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 13:50:51.45 ID:S2Sibb06
おまいら、アホ鎌って遊ぶのもいいが最後まで責任もてよ。

「誰も構ってくれなくなったから」

なんて理由で通り魔なんてしちゃったら後味悪いだろ。

404 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 14:01:11.65 ID:m3J3TW0f
>>402
みなさせるのが悪い?
そんなこと言っちゃったら盗まさせるのも悪くなっちゃうよ?

再犯するかは寿命で死ぬまで分からないよね?
つまり合理的に理解し制御することのできないような現象だよね?
そんなものに対して積極的な意味と価値を与えようとする「みなす」という信念・行動は宗教的だって言ったんだけど?

405 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 14:03:38.94 ID:m3J3TW0f
あ、そうそう。
盗まさせるっていうのは教唆・幇助のことじゃないからね

406 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 14:50:07.30 ID:s2B6jb7W
>>404
君は全知全能の神なのかな?
神ならぬ人にとって「わからない」「情報が不完全」なのは当然の話。
それでも判断しないわけにはいかないから、「みなして」判断するのだが。

407 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 15:18:37.14 ID:5dDSTMvp
>>406
でも「みなす」は宗教的だよね?

408 :406:2012/04/27(金) 15:28:57.83 ID:mq+Z2v6Q
>>407
それを「宗教的」と呼ぶのならば、
人の観測、人の認識、人の判断、人の行動、全てが「宗教的」だよ。

科学でさえも、「みなす」からは逃れられない。
1000回実験を繰り返したところで、「1000回偶然が起こっただけ」という突っ込みを完全に否定することはできないからな。

409 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 15:39:29.50 ID:Di6DPiQu
>>407

ご託はいいから、まず何教の流儀で宗教的なのか教えてくれよ。

410 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 16:05:09.33 ID:5dDSTMvp
>>408
でも「みなす」は論理的・客観的・実証的じゃないよね?

>>409
宗教の意味分かってる?

411 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 16:08:20.52 ID:qZ+lTBhA
人間の認識の限界に挑戦するのなら、廃止論者はまず自分の目と脳を疑うべきことになる。
廃止論の自滅でしかない。

412 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 16:30:37.15 ID:Di6DPiQu
>>410

要するに 空疎な言葉を並べてるんだ。

413 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 17:12:13.94 ID:JpB8iTRq
>>412
禅問答だな
犯罪者は「悟りを開くまで世間に出さない」
「解脱するまで世間に出さない」が分かりやすくて良いよ

414 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 17:51:40.25 ID:BdwBXTGQ
>>352
同種同族と認識の前に、存在を認識して無いんだよ。
認識してない者を、同種同族と認識出来る分けないだろ。
人間の考えには順序が有るんだよ。
知らない物を欲しがらない様にね。

415 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 18:10:45.26 ID:KZkep6Bw
なぜ廃止派は具体的なことを言わず
自分が使っている言葉の定義をはっきりさせないのか
それはわざと曖昧にしておくことで突っ込みを避けるためです

まっとうに議論したら涙目で敗走確定なので
卑怯な手段を使って必死に逃げまといます

416 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 18:15:23.08 ID:BTnMNaQh
>>403
むしろ、廃止派の一人が通り魔をしでかした場合に、廃止派全体が他人のフリせずにそいつの責任をもつべきだね。トカゲの尻尾きりせずにさ。
ちゃんと同胞としての責任を最後まで持てよ。って思うね。

417 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 18:16:38.12 ID:BTnMNaQh
廃止論者として法務大臣にまでなった人間を、一回執行しただけでトカゲの尻尾きりするようなのが廃止派だからさ。


418 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 18:23:37.74 ID:TPqtg08j
死刑は究極の権力犯罪。人道に対する罪

419 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 18:24:13.98 ID:KZkep6Bw
所詮左翼なので

420 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 18:26:05.80 ID:qZ+lTBhA
>>415
最近はもう、廃止派であるという表明まで具体的にしない場合もあるしなw

421 :406:2012/04/27(金) 18:54:17.65 ID:BDPRBlDn
>>410
>でも「みなす」は論理的・客観的・実証的じゃないよね?
そうだとすれば、科学でさえも「非論理的」「非客観的」「非実証的」ということになるが?

422 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 19:01:42.53 ID:TPqtg08j
犯罪の責任を犯罪者個人に求めてもしかたない。
犯罪を防ぎ得なかった政府こそ責められるべきだ。
犯罪者も「なぜ俺を犯罪に走らせたのか」って政府を
訴えればいい。

423 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 19:01:58.71 ID:KZkep6Bw
廃止派の得意技

廃止派には全く反論しないのに
自称存置派
自称中立
自称廃止派じゃない

根拠のない自画自賛
自称客観的
自称論理的

決してソースを出さず
自称○○に所属している
自称大量に税金を納めている(募金している)
自称多数派

424 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 19:05:36.24 ID:BDPRBlDn
>>422
犯罪者は特定の環境に置かれれば特定の反応(犯罪)を返すだけの、自由意志の無いロボットなのか?w

425 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 19:07:44.78 ID:BTnMNaQh
>>420
>>423
廃止派は廃止派であることが恥ずかしいからだよ。でもバレなきゃ何やっても良いって思ってるクズ。
だから殺人鬼擁護もするさ。

426 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 19:16:59.46 ID:3GuiVhEk
廃止派=かまってちゃん

これが現実だと思う。

427 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 19:36:17.12 ID:5dDSTMvp
>>421
「みなす」の意味分かってる?

428 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 19:41:56.59 ID:qZ+lTBhA
>>427
ならばどうなのか自分の定義を言わない点で、お前のレスはことごとくカス。

429 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 19:48:44.88 ID:BDPRBlDn
>>427
君こそ「みなす」の意味を理解しているか?

430 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:07:20.70 ID:KZkep6Bw
廃止派「具体的に定義を言ったら議論が進んじゃう=論破されちゃうだろ!」

431 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:23:40.63 ID:5dDSTMvp
>>429
「みなす」=実際とは無関係に判定する

でしょ?

432 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:25:03.43 ID:qZ+lTBhA
>>431
はずれ

433 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:28:05.99 ID:BDPRBlDn
>>431
違う。

434 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:31:46.68 ID:BDPRBlDn
>>431
あるいは仮にその定義で話を進めるとしたら、
「凶悪犯罪者が(再度)犯罪を犯す恐れがある」と考えるのは「みなす」ではない。
なぜなら、その恐れは「そいつが過去に凶悪犯罪をやらかしている」という過去の事実に裏打ちされており、
何の根拠も無く「犯罪を犯す」と決め付けているわけではないからだ。

435 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:42:17.61 ID:KZkep6Bw
これは恥ずかしい

436 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:43:36.79 ID:5dDSTMvp
>>434
でも再犯するかは寿命で死ぬまで誰も分からないでしょ?

437 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:47:25.81 ID:BDPRBlDn
>>436
「でも」じゃなくて、まず今の話の決着をきちんとつけようや。
君の「みなす」の定義は間違っている。
あるいは正しいと仮定しても、「凶悪犯罪者が(再度)犯罪を犯す恐れがある」と考えるのは「みなす」ではない。
これは理解できたか?

438 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:50:03.97 ID:qZ+lTBhA
>>436
君の理屈は、「もしボクが心臓を包丁で刺されても、死ぬまで本当に死ぬかはわからない!」
などと駄々をこねてるのと同じ次元のショボイ屁理屈。

439 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:53:42.75 ID:5dDSTMvp
>>437
じゃあ「みなす」の意味って何と思う?

440 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:55:34.59 ID:qZ+lTBhA
>>439
お前の認めない意味が正解だろう。

441 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:56:59.01 ID:BDPRBlDn
>>439
辞書だとこう書いてあるな
・判断してそうと決める。
例文:返事のない者は欠席と看做す

442 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 20:57:46.76 ID:qZ+lTBhA
ID:5dDSTMvp は他者に依存してるくせに他者を認められない病気か

443 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:01:51.21 ID:KZkep6Bw
>>439
何で辞書引かないの?
何で自分の間違いを認めて謝罪することができないの?

444 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:02:09.57 ID:5dDSTMvp
>>441
辞書だとこうも書いてるよ?
こっちの方が厳密だよね?

【見做す】
仮にそうと見る。そうでないものをそうとする。仮定する。
例文「雪を花と見做す」

445 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:10:38.42 ID:qZ+lTBhA
>>444
お前はわざわざ状況に合わない方の意味だけ取ってくるアホ

446 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:10:52.15 ID:KZkep6Bw
>>444
>辞書だとこうも書いてるよ?
>こっちの方が厳密だよね?
だからなに?
こうも書いてあるから俺の言ったことは間違ってないとでも言いたいの?w

447 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:11:26.17 ID:BDPRBlDn
>>444
「厳密」?
君は何を言っているんだ?
言葉にはいくつも意味があり、そのうちのどれが適切かは文脈に拠るんだが。
例えば>>400の文脈でならば、
「仮にそうと見る。そうでないものをそうとする。仮定する。」という意味は明らかに不適だろう。

448 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:23:24.17 ID:5dDSTMvp
>>447
どこが明らかなの?

449 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:24:24.53 ID:qZ+lTBhA
>>448
その質問はお前の今までのレスに先に言ってやれカス

450 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:24:33.78 ID:KZkep6Bw
知ったかぶりがばれたバカは
今後は意味をきちんと説明できる言葉以外使うなよ

自分でも理解してない言葉を使うから
具体的なことを何も言えず、相手の質問にも答えられず
無根拠に相手を否定することと聞こえないふりしかできなくなる

451 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:26:46.22 ID:KZkep6Bw
具体的なことを何も言わず
問い詰められてしぶしぶ話したら間違っていたことが発覚
現在は重箱の隅をつつきながら必死に涙をこらえている模様

452 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:28:13.90 ID:qZ+lTBhA
これはもしかして相手にだけ手間を取らせる悪質な嘘をつく人工無脳開発の一環か何かで、
1コメいくらの商売でもやってるのかな?

453 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:28:55.58 ID:BDPRBlDn
>>448
アホか?ためしに置き換えてみればよい。

きみたちは みんな間違っているな。
娑婆に出せば必ず再犯する(本当は再犯しないけどそうだと仮定する。)から死刑にするんだよ。
「再犯するかもしれないし、しないかもしれない」 ようなら
無期懲役までで死刑にはならないよ。

意味不明だろ。

454 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:29:15.11 ID:KZkep6Bw
このスレの廃止派は電波君と人口無能君かw

455 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:35:56.02 ID:5dDSTMvp
>>453
でもこれなら意味は適当だよね?


きみたちは みんな間違っているな。
娑婆に出せば必ず再犯する(と仮定される)から死刑にするんだよ。
「再犯するかもしれないし、しないかもしれない」 ようなら
無期懲役までで死刑にはならないよ。


456 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:37:49.85 ID:BDPRBlDn
>>455
はて?君の上げた定義には
「そうでないものをそうとする」というのが入っていたが、それはどこに行ったんだ?w

457 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:37:58.25 ID:qZ+lTBhA
>>455
つまりお前の解釈は不適当。
自滅乙

458 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:39:33.59 ID:qZ+lTBhA
こんなのが誰にも咎められずに生き延びられるなんて、
廃止論は本当に人材がいないんだなあ

459 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:41:39.04 ID:hywcBZrW
>>455
なーをだ、解っていたのに解らないふりしてただけなんだ。

悪意の塊君だね、君は。

460 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:45:55.80 ID:5dDSTMvp
>>456
どれが適切かは文脈に拠るんでしょ?

461 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 21:47:06.71 ID:BDPRBlDn
>>460
つまり君の挙げた定義が文脈からして適切ではなかったと認めるわけだw

462 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 22:11:19.63 ID:qZ+lTBhA
>>460
つまりお前の解釈は不適切。
自滅乙


463 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 22:32:02.22 ID:5dDSTMvp
煽りやレッテル貼りは敗北宣言だよね?

464 :法の下の名無し:2012/04/27(金) 22:58:10.89 ID:qZ+lTBhA
>>463
逐一お前のどこがダメか具体的に書いてあるからそれには当たらないな。

465 :法の下の名無し:2012/04/28(土) 00:37:34.78 ID:BawhVVxZ
>>463
人は鏡

466 :法の下の名無し:2012/04/28(土) 02:45:34.77 ID:Jm1gDX6F
>>463
無根拠なモノであればそうだね。
すなわちお前がやった場合は敗北宣言になるわけだ。

467 :法の下の名無し:2012/04/28(土) 23:22:32.27 ID:hK9v+1R0
死刑は殺人だ。

468 :法の下の名無し:2012/04/29(日) 00:33:45.66 ID:QfSlf6RT
だが死刑廃止はもっと被害の大きな殺人だ。

469 :法の下の名無し:2012/04/29(日) 18:19:44.67 ID:uY/xn49X
死刑廃止は人命救助。

470 :法の下の名無し:2012/04/29(日) 19:17:22.55 ID:bDh4snPz
>>469
人命救助とはとても云えないな。何故なら救おうとしているのは我欲にて人命を奪う存在なのだから。

キョシンヘイを掘り起こす行為と同義だね。(詳しくはWebで)

471 :法の下の名無し:2012/04/29(日) 21:14:44.96 ID:QfSlf6RT
死刑廃止で凶悪犯の再犯の機会が増え、凶悪犯以外の犠牲が増えることが目に入らない本末転倒の廃止論者

472 :法の下の名無し:2012/04/29(日) 21:47:07.32 ID:hr6uqHAW
廃止派はもう少し考えてからしゃべろうぜ
お前らがあほな発言をするたびに死刑廃止から遠ざかっていく

473 :法の下の名無し:2012/04/30(月) 05:11:32.18 ID:Pcfw28mh
犯罪は社会の責任

474 :法の下の名無し:2012/04/30(月) 07:23:51.94 ID:Pcfw28mh
弱者を犯罪に走らせる社会が悪い。

475 :法の下の名無し:2012/04/30(月) 18:44:41.71 ID:5AkgYji6
>>474
「殺された被害者は弱者では無い」「社会に殺された悪人だ」と言うのか?

476 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 08:44:54.68 ID:mAelVezt
殺された人はもちろん被害で弱者だ。弱者を殺人に追いやる社会システムの
被害者だ。殺人者個人も被害者だ。被害者同士を傷つけあわせ、
憎みあわせるのが支配者の常套手段。そのような支配のカラクリと手口を
見ぬいて弱者同士、被害者同士が手を握って真の加害者への闘いに
立ち上がれば邪悪で不公正な社会システムは覆る。


477 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 10:43:02.81 ID:BeOJsOR2
ただそれ以上の「邪悪で不公正」がまかり通るのが死刑廃止論だからなあ

478 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 10:56:48.02 ID:qdOT6H/w
>>476
社会システムの話は政治思想板

479 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 11:08:27.85 ID:mAelVezt
>>478
法は経済的土台の上に成立する上部構造だから
経済的土台を論じなければ科学的法学にならない。


480 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 11:12:07.13 ID:BeOJsOR2
>>479
どっちにしても君の話はお花畑で不適切なわけだが。

経済的土台の話関係ないし。

481 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 12:16:04.15 ID:8ntuNog6
死刑廃止君は、裁判板でボロボロに論破されたからここに居着いてるんだよね。
スレ建てる知識も根性も無いのに死刑問題に言及するのは如何なものかと。
死刑廃止君に中では 自尊心>死刑議論 なんだね。

482 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 13:25:53.89 ID:mAelVezt
労働者にはブルジョア法を守る義務はない。
死刑など論外だ。

483 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 13:27:19.49 ID:BeOJsOR2
廃止論者以外にはプロ市民法を守る義務はない。
死刑廃止は論外という結果が出ている。

484 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 14:05:01.44 ID:bqRFuImX
存置論者とネトウヨの言動には親和性があるね

485 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 14:10:00.17 ID:BeOJsOR2
とか言ってるから何時まで経っても廃止論は成長せず、ここまで衰退したのでした。

486 :法の下の名無し:2012/05/01(火) 23:16:54.23 ID:2kZVukXW
遺族のことを考えるとって言うけど例えばコンクリ事件の遺族が元少年に仇討するとか
被害者に落ち度があったらどうするの?


487 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 00:47:37.74 ID:Zo1bNzJr
日本語でおk

488 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 01:16:17.74 ID:eofIop9N
殺された人間がコンクリ犯人とか死刑になってもおかしくない極悪人だったらどうするのって話だよ。


489 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 01:30:51.44 ID:Zo1bNzJr
どうするか決めるのはこのスレじゃないよ?

490 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 05:32:18.70 ID:3nUuEXXF
死刑肯定派と殺人犯の違いは自分で手を下すかどうかだけだ。
自分の身を危険にさらす殺人犯よりも死刑肯定派は卑怯だ。

491 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 05:35:12.07 ID:Zo1bNzJr
匿名で喚くだけなのは卑怯じゃないの?w

492 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 07:15:28.30 ID:3nUuEXXF
>>491
自分の手を汚さずに他人に殺人を実行させようとするやつらほど卑怯じゃないよ。

493 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 08:28:08.46 ID:8OSJMTo3
まあ殺人犯により多くの被害を出させようとする廃止論の方が卑怯なんですけどね

494 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 09:10:56.92 ID:3nUuEXXF
>>493
死刑廃止で救われる命をカウントしてるのか?
死刑を免れた殺人犯がまた一人殺しても殺人被害者の数は同じだ。
二人以上殺さない限り被害者は増えない。


495 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 09:31:17.74 ID:8OSJMTo3
私利私欲で残虐に他人を殺した人間に新たに犠牲者を生産させることを考えたらトータルでマイナスなので、
脊髄反射で目先の命を救うことはより多くの被害となります。

どのみち自己矛盾して自滅している廃止論が日本で法律を変えることは出来ません。

496 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 09:51:48.89 ID:8OSJMTo3
そもそも教育的にも罪の代償をきっちり払わせないのはマイナスでしかない。

497 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 09:52:53.62 ID:lNUHXNVm
>>491
もしお前にとってはその点が卑怯だというならば、その点については廃止派は存置派以上に卑怯だということになるから言っても仕方が無いと思うが?

498 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 09:54:20.15 ID:lNUHXNVm
>>494
(´・ω・`)?

499 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 10:30:51.66 ID:8OSJMTo3
結局廃止論って、自分の思うように他人を動かしたい、という勝手な欲望しか残らないな。

500 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 10:36:00.10 ID:lNUHXNVm
>>494
宗教板でやっとけ。
どんな悪人でも神に祈る限りはみな神の子です。救われるべきです。ってな。



それでも祈る気も無い極悪人は死刑で良いってことになるから似たようなもんだけどな。

501 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 11:31:40.20 ID:3nUuEXXF
存置派は死刑廃止によって救われる命よりも再犯で失われる命のほう多いことを立証しろ。

502 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 11:33:24.19 ID:3nUuEXXF
10人の死刑囚を特赦してシャバに出して再犯で失われる命が9人以下なら
シャバに出したことは間違いではない。

503 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 11:43:43.91 ID:8OSJMTo3
そもそも死刑相当の凶悪犯を何が何でも救うべきだといっているのは廃止派だけなので。
筋違いな決め付けを容認派に押し付けられても。

こんな的外れだから廃止論はここまで衰退した。

504 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 13:08:01.45 ID:lNUHXNVm
>>502
被害ってのは直接的なことばかりじゃないんだなぁ。そこが廃止派にはわからないんだろうなぁ。
つうか廃止派にとってはそこが悪意あるメリットとも云えるんだろうなぁ。
廃止派は悪行の規制緩和したいだけのクズだからなぁ。

505 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 13:19:53.62 ID:RnsjyVtY
最近思うんだけど、死刑廃止派って運営の煽りじゃない?
書き込み激減で広告収入も減ってるから、レス数増やす為に少数派の基地外演じてる。
全く同じ言動(基地外煽り)を数年続けるのは余りに不自然だよね。
小沢や慰安婦や9条等のスレでも同じ現象が見受けられる。

他の共通点として、スレ建てに以上に拘って重複してても自分達で建てたスレしか使わない。

506 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 13:27:46.44 ID:lNUHXNVm
>>505
残念ながら廃止派についてはそれは無いね。
廃止派に限定しないならそういうのがあっても不思議じゃないけどね。
本当に運営が書き込み煽ってるんならば、課金者の書き込みを制限する筈ないからね。
むしろ都合の悪い書き込みを制限する動きのほうが気になるね。

507 :法の下の名無し:2012/05/02(水) 23:17:46.23 ID:0wUqHpuK
>>500
「人は憎しみ合うべきでは無い、愛し合うべきだ」ってのが念頭にあるから
「どんな極悪人でも改心できる」と説いて被害者やその家族に理不尽な倫理を押付ける
自己を倫理的に厳しく律する事が出来れば犯罪者にはならないし、犯罪を犯した後は社会復帰しようとも思わないだろうな


508 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 03:52:37.89 ID:j9Uyip+u
>>499
結局存置論って、自分の思うように他人を留めたい、という勝手な欲望しか残らないな。

509 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 04:58:14.98 ID:kZ1Lea+i
>>507
犯罪は社会の責任。犯罪者も被害者。

510 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 04:59:58.21 ID:kZ1Lea+i
犯罪者を憎んではいけない。彼を犯罪に追いやった社会システムを憎め。

511 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 07:12:00.85 ID:sRQnetEi
>>508
そこがお互い様だとすると、あとは身勝手な人殺しを容認するかどうかってことだけだな。双方の違いは。
まぁ存置派は、お互い様の精神で、自分の思うように他人を留めたい代わりに自分も最低限のことを護る。ってことだけど、
廃止派は、自分の思うように他人を留めたいが自分は一切縛られたくない。という身勝手さ。腐ってる。


>>510
その場合は何がしかの情状酌量の余地が認められます。無い場合は致し方ありません。


512 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 08:30:37.01 ID:cAk3/qad
<彼を犯罪に追いやった社会システムを憎め。>

「彼を犯罪に追いやることがない社会システム」ってどんななんだ。

今世界にあるのか?
無いならいつになったらできるんだ?

未だ この問いに答えてもらったことがない。
無い物ねだりなら 凶悪犯を憎むべきなんじゃないか?

513 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 09:00:12.77 ID:kZ1Lea+i
被害者や遺族はマスコミでめちゃくちゃ美化されてるからもういい。
犯人の苦しみを思いやる者こそ真に弱者の痛みがわかる人間だ。

514 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 09:04:13.74 ID:TVJMSTpW
>>510
「罪を憎んで人を憎まず」殺された人間は怨んで現世に留まるな
廃止派は死者を更に鞭打つ身勝手さ

515 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 12:35:02.28 ID:wEOPZilS
二十歳までに死刑廃止に傾倒しないものは情熱が足りない。
二十歳を過ぎて死刑廃止に傾倒するものは知能が足りない。

516 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 17:20:52.37 ID:5SdmHPKj
>>509
その理屈で言うと、
「政府が殺人犯を死刑にするのも、それ相応の社会背景があり、仕方のないことである。政府を責めても仕方ない」ということになるが?
(政府≠社会であることに注意)

517 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 19:02:19.23 ID:kZ1Lea+i
>>516
新たな死刑をやめろって言ってるだけだ。


518 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 19:48:25.40 ID:5SdmHPKj
>>517
「やめろ」と言えばやめてくれるのわけではないぞ?
君の言によれば、政府もまた(殺人犯と同じく)「社会の操り人形」だ。
自分の意思でうごいているのではなく、「動かされている」以上、どんな言葉をかけたところで止まりはしない。

519 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 19:49:53.90 ID:sRQnetEi
>>517
新たでは無い私刑は容認するという事か。
こと、命のやり取りに焦点を合わすと、

『やったもん勝ち』

となるな。
廃止派は、凶悪殺人鬼のやったもん勝ちがまかり通る社会を作りたい訳か。

それは、>>510が言うような、犯罪者を作り出す社会システムを憎むこととは真逆の働きかけだよな。
犯罪者を、現在よりも、より、容認していく社会を目指していると云えるよな。




520 :法の下の名無し:2012/05/03(木) 23:01:55.19 ID:TVJMSTpW
>>519
>>犯罪者を、現在よりも、より、容認していく社会を目指していると云えるよな。

万引きしても「家が貧乏なのは社会が悪い」で通用しそうだなw
廃止派は容認と無法を混同してるんだろうな
秩序より混乱を望むのが廃止派です

521 :法の下の名無し:2012/05/04(金) 03:35:01.15 ID:lf9ybU8r
しゃかいがわるいからはんざいしゃはわるくないのー
とか思考停止してないで
どこが悪いか、どうすればよくなるか具体的な提案をしろよ

具体的なことをまったく言えずまともな代案も出せないくせに
的外れで無責任な妄言を垂れ流してるから
廃止論はここまで落ちぶれたということを自覚しろ

そもそも本当に社会が悪くて犯罪者に責任はない、と主張するなら
死刑廃止じゃなくて刑罰廃止と言わなければならないはずなんだが
結局、死刑をなくしたいだけなんだろ

522 :法の下の名無し:2012/05/04(金) 05:02:57.33 ID:tldg11Dy
姐の子供の飢えを見かねて一片のパンを盗んだジャンバルジャンは悪人だったのか。
彼は貴族やブルジョアよりもりっぱな人物だったんだよ。死刑存置派の諸君は
もっと社会の機微に触れなさい。

523 :法の下の名無し:2012/05/04(金) 05:04:10.54 ID:tldg11Dy
↑字が違ってた
×姐
◯姉

524 :法の下の名無し:2012/05/04(金) 05:11:28.12 ID:lf9ybU8r
>>522
まっとうな事情があれば死刑にはならないよ?w

妄想で社会を語るのはやめましょう

525 :法の下の名無し:2012/05/04(金) 08:18:27.07 ID:hmojY4jg
相変わらず廃止論マジクズ。
これを咎められる廃止論者もいないというのに、彼等に犯罪の増加を防ぐ案など出せるわけがない。

526 :法の下の名無し:2012/05/04(金) 09:25:08.06 ID:tldg11Dy
自分を絶対的正義の側に置いて他人を断罪する快感に酔いしれる死刑肯定派は法律家には向かない。

527 :法の下の名無し:2012/05/04(金) 09:34:22.60 ID:lf9ybU8r
妄想を根拠に相手を罵倒する廃止派は社会に向かない

528 :法の下の名無し:2012/05/04(金) 09:39:22.05 ID:hmojY4jg
廃止論者が綺麗事を言えば言うほど、罵倒が我慢出来ない廃止論者のクズさが浮き彫りになるという

529 :法の下の名無し:2012/05/04(金) 19:55:15.30 ID:OgLy7gNQ
>>527
良識があるが故に犯罪に巻き込まれた家族が異常な行動に出る例もあるからな
廃止派は家族が殺されて初めて良識が生まれるかもしれない

530 :法の下の名無し:2012/05/05(土) 08:48:00.85 ID:15zwxu8L
なぜ殺人被害者を美化するの?いやなヤツだったかもしれないのに。もっと生きてたら加害者に
なってたのもきっといるよ。

531 :法の下の名無し:2012/05/05(土) 09:42:57.97 ID:0kco8q5C
性善説すら否定する廃止派w
犯罪予備軍は殺しとけってか?

532 :法の下の名無し:2012/05/05(土) 18:26:26.78 ID:tJuNeF+6
>>530
仮にそうだとしても、殺人予備軍と、死刑相当の凶悪殺人鬼の間には天と地以上の差がある。

533 :法の下の名無し:2012/05/05(土) 21:52:17.94 ID:xmQxSU00
>>530
なるほどつまり「嫌な奴」は殺されても構わないというわけだ。
ならば犯罪者を死刑にすることに何の不都合がある?w

534 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 00:05:45.15 ID:uswBlCBZ
今日も廃止論は自滅でした

535 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 03:16:48.48 ID:wy04gRvq
絞首刑、楽に死ねるじゃん
http://www.youtube.com/watch?v=7REfEohCEkY


536 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 07:10:02.37 ID:71CMgJwx
この世に殺人鬼なんかいない。やむにやまれぬ事情で殺人に追いやられる不幸な人がいるだけど。

537 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 07:11:13.27 ID:71CMgJwx
被害者は事件に遭う直前まで犯人よりもずっと幸せな人生を送っていたかもしれない。
それでも犯人よりも被害者に同情するのか?

538 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 07:18:45.05 ID:71CMgJwx
労働者派遣事業でボロ儲けしてる竹中平蔵が派遣切りされた失業者に殺されたら
天罰だよな。


539 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 08:00:27.35 ID:+9Abqzav
>>536
その理由が裁判官や社会に受け入れられるものなら死刑にはならんよ。

540 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 09:20:55.73 ID:uswBlCBZ
「競馬で万馬券に何度もあたって金持ちになる可能性はゼロではない。だから努力しろ」
みたいな話なんだよね。

万馬券ってのは過去の実績から、万馬券にしても元が取れるくらい確率が低いからそうなっている、
ということが理解できてない。
確率の高低を見ていないから、どんなオッズの馬券を買っても同じ確率で当たるかのような論を組み立ててしまう。

まあ、万馬券が当たった時の多幸感は堅実な戦略では得難いかも知れんが、
それ目的の理屈は完全に破滅型。
しかも自分の財産でやってるならまだしも、かかっているのは国民全体の生命と財産。
日本の廃止論は、そういうクズヒモギャンブラーのための理屈にしか見えないという。

541 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 09:27:16.17 ID:anZOhzQY
>>537
他人が自分より幸せな人生を送っていたら、それだけで犯罪なのか?
幸せの基準は個人でも違うだろ?
社会が悪い以前の問題だぞ。それこそ逆恨みによる犯行で「同情の余地無し」だ


542 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 14:04:47.17 ID:GlCjsbhI
>>536
死刑もやむにやまれぬ事情で人殺してるんだよ。

543 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 14:18:53.68 ID:71CMgJwx
>>542
裁判官や検察官はエリートだから、犯罪に追いやられる下層民の心などわからない。


544 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 14:46:57.12 ID:gDMzXXv5
>>536
已むに已まれぬ事情があって人殺しした人は、よ〜っぽど残虐か大量に殺人しないと死刑になんかなりません。

>>543
生まれつきのエリートにはわからないだろうが、身一つでのし上がった者は双方の気持ちが分かる。
基本的には、上のものには下のものの気持ちが理解できる。逆は有り得ない。

545 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 18:55:25.48 ID:uswBlCBZ
>>544
”一部の”廃止論者みたいな卑怯を卑怯と思わぬ無神経な人間も、
他人の良心と信用を刈り取ることで、身ひとつから出世するけどな。
まあ「基本」の外だが。

そういう裁判官や検察官の話なんじゃね?w
自分と同類だからよく分かるみたいな

546 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 22:32:30.97 ID:71CMgJwx
死刑は権力による人民虐殺だ。絶対に許さない。

547 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 23:07:55.21 ID:YIe3QS5Y
>>546
なるほどつまり、
遺族が仇討する分には構わないということだな?

548 :法の下の名無し:2012/05/07(月) 07:01:09.18 ID:88Bdss7V
>>547
狙われる側にも対抗手段があるから死刑ほど残酷ではない。

549 :法の下の名無し:2012/05/07(月) 10:49:17.11 ID:/5WytF4A
廃止論訳「死刑相当の凶悪犯を死刑にすることは残酷だが、
       生き延びた死刑相当の凶悪犯が、さらに一般人や遺族を犠牲にすることは残酷ではありません」

廃止論マジクズ

550 :法の下の名無し:2012/05/07(月) 11:02:48.19 ID:rxlYhIMn
>>548
「殺られる前に殺れ」は法治国家として如何なものか?

551 :法の下の名無し:2012/05/07(月) 15:48:34.64 ID:88Bdss7V
>>550
正当防衛


552 :法の下の名無し:2012/05/07(月) 16:26:00.38 ID:/5WytF4A
これが正当防衛に入るという程度の倫理観になってしまうのが廃止論です。
普通に現行法で逮捕レベルの犯罪者製造論。

553 :法の下の名無し:2012/05/07(月) 16:43:57.96 ID:rxlYhIMn
>>551
なるほど・・・
相手を徹底的に追い込んで反撃して来れば正当防衛が成り立つのか
廃止論者は人として終わってるな

554 :法の下の名無し:2012/05/07(月) 17:05:12.97 ID:p8UT7RUd

過剰防衛 いや誤当防衛?か。
それを正当防衛と偽るとは厚かましすぎるだろう。

555 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 06:59:52.72 ID:AgV5IGxy
人命は何よりも尊い。死刑も敵討も絶対に許されない。

556 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 08:55:12.66 ID:gDbHGRMY
>>555
それで正当防衛を拡大解釈してるのが廃止派

557 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 10:34:43.48 ID:AgV5IGxy
敵討ちは封建時代の蛮習。

558 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 10:36:19.93 ID:AgV5IGxy
敵討ちのような理不尽な事を企てた遺族が返り討ちに遭っても自業自得だ。

559 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 12:05:45.04 ID:HOxRU5KJ
死刑はもっと自業自得だ

560 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 12:53:04.94 ID:PCuwS5eq
死刑廃止論者こそ死刑にすべき
まともな人間の思想じゃない

561 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 13:17:05.19 ID:AgV5IGxy
>>559
執行官は死刑囚に命を脅かされていない。無防備な死刑囚を複数で抑えこんで
命を奪うのは殺人以外の何物でもない。


562 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 13:41:54.59 ID:HOxRU5KJ
だが死刑廃止論は更に多くの無辜の人間の命を脅かすテロリズム論以外の何物でもない。

563 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 15:19:14.14 ID:/zTcu/8F
>>558
知らないのに聞きかじりと想像でモノを言わないほうが良いよ。廃止派って本当にダメな奴達だな。

564 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 21:00:58.41 ID:Vx8d66iD
存置論者の最近読んだ本おしえて

565 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 21:25:18.21 ID:HOxRU5KJ
廃止論は自分の口で論じることが出来ない権威主義でしか無い

566 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 22:11:39.41 ID:EhrWv8+4
論理学は、権威あるものの意見を取り入れる事を否定してないよ
したがって、権威を否定するなら始めから議論なんかしちゃいかん

567 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 23:08:56.74 ID:rjpl4cib
>>566
日本語勉強してから参加しようね。

568 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 23:28:41.61 ID:/zTcu/8F
>>566
何故日本語勉強しろと言われてるのかきっと理解できないだろうから教えてあげる。

廃止論は権威主義だと言われているのは、権威を否定しているってことじゃない。
権威あるものの意見を取り入れることは当たり前。正しければ。
権威ないものの意見を取り入れることも当たり前。正しければ。だが廃止論はこれを否定している。だから批判される。

廃止論は、権威あるものの意見は正しくなくとも自分にとって都合が良ければ取り入れ、
権威無いものの意見は、たとえ正しくとも自分にとって都合が悪ければ権威が無い事を理由にして否定する。
もちろん権威があろうが無かろうが、廃止論にとって都合の良い意見は全部取り入れる。正しいか間違っているかは関係無しに。

君の>>566がいかにずれた主張なのかをこれで理解できるかい?


569 :法の下の名無し:2012/05/08(火) 23:31:19.43 ID:/zTcu/8F
>>566
そう。たとえ権威あるものの意見で、しかも正しいとしても、
自分にとって都合が悪ければ、今度は権威あることを理由にして批判する。国家権力批判がまさにそれ。



結局、廃止論にとって都合が良い意見であれば、なぁ〜〜〜〜んでも良いってことよ。廃止派のクズ共にとってはさ。


570 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 02:17:12.42 ID:i5aXhGyB
理論を説明できず人や本の名前しか言えない、いわゆる「虎の威を借る狐」しかしないのなら、
そのこと自体が廃止論の首を絞めるのだ、ということに廃止論者は気づくべき。

571 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 02:37:52.37 ID:Et+0RUyo
廃止派は民主主義すら理解してない連中の固まりだから。
民主主義とは少数派の意見を聞き入れる事だ(キリ

こんな調子でアホの子理論を押しと通そうとしてる連中だからw

572 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 06:45:00.96 ID:UAgn/EqR
>>548
対抗手段の有無が、どうして残酷さに関係するんだ?

573 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 08:02:04.48 ID:UAgn/EqR
>>558
何が理不尽なんだ?

574 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 08:08:17.47 ID:AxKH2raJ
死んじゃった被害者の事を嘆いても何にもならない。生きてる者の幸せだけを考えよう。

575 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 11:29:34.47 ID:4CsmNKYr
>>574
いい加減にしてくれないか
自分の幸せのために人殺しが正当化される訳ないだろ
快楽殺人なんて全世界で忌み嫌われる最低行為だ
貴殿は廃止派にとっても迷惑だよ

576 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 12:31:29.56 ID:NrUuvb9G
>>568
「廃止派」という表現からもわかるけど、廃止論の相手を勝手に一括りにして、

その上で自分に都合良い部分を抜き出して形だけの「批判」してみせたり
非論理的な主観でもって侮辱的な発言をしているようだけれど

それって「過度の一般化」と「藁人形攻撃」という 詭 弁 術 であって、討論に持ち出すべきではないよ


主張云々を他人に言う前に、誠実に議論する態度を身に付けた方がいいのでは?

577 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 12:38:10.75 ID:i5aXhGyB
自滅してる現実から目をそらすなよ廃止派。

578 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 12:57:55.94 ID:NrUuvb9G
その「廃止派」とやらがいかなる集団を指しているかはわからないけど、
取り敢えず死刑存続か廃止かどちらが正しいのか分からない自分の事ではないのね^^;


ただ、分からないなりに言わせていただくと、

i5aXhGyBが何百人の学者の主張を聞いて何十点の論文を読んだのか知る由はないけど、
レスを見る限りi5aXhGyBからはそういった知性を感じない、むしろ言葉遣いが汚くて論理的思考が出来るように思えない、
どちらが正しいのか分からないんだから発言者の人となりでしか判断できない、
したがって、例えi5aXhGyBが正しかろうと「主観的な理由で」i5aXhGyBの意見には「賛成したくない」


579 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 13:30:30.46 ID:i5aXhGyB
決して意見を変えない廃止論者は、決して更生しない犯罪者の存在を証明しているし、
存置論者を説得できない廃止論者は、人をうまく更生させる技術が無いことを証明している。

だから廃止論には説得力がない

580 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 13:31:00.27 ID:i5aXhGyB
・廃止論者が生命を尊いと定義すればするほど、それを私利私欲で奪った罪も重くなり、
 死刑容認論にも正当性を与える。

・廃止論がどんな崇高な理念を掲げても、相手を貶めて正当化を図ってる限り、
 その理念が自分の首の方をきつく絞める事に、廃止論者は気付くべき。

581 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 13:31:26.84 ID:i5aXhGyB
ソース出さない・理屈を述べない・口汚く罵る というレスして損するのは、
絶望的マイノリティである廃止論者の方だけ。
だってそういう手段使って良いなら、多数派に勝てるわけ無いもの。

ルールを積極的に守ってこそ、マイノリティの正当性が認められるもの。
ましてルールを守ってすら危うい理論なんだから、廃止派は誹謗中傷してる暇なんか一切ないと思うよ。

582 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 13:32:35.86 ID:i5aXhGyB
廃止派A「死刑よりマシだから終身刑道入」

廃止派B「死刑より過酷にするため終身刑道入」

廃止派C「死刑より過酷だから終身刑はナシ」

廃止派D「死刑と同等の抑止力のため終身刑道入」

廃止派E「終身刑は緩慢な死刑だから終身刑はナシ」


もうこの時点で死刑廃止したら誰かの廃止論で絶対に被害が拡大するから
いずれか一つの言うとおりになんてなんてできないな。

583 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 13:33:23.79 ID:i5aXhGyB
 死刑存廃論の基本構造

8割超の人間にとって「死刑があって当たり前」という感覚の日本では、
廃止論が一発逆転を図るには、「廃止論は感覚ではなく理論だ」という事にしなければならない。

しかし、理論的には廃止論者が死刑を否定すると、同じ理由で死刑未満も否定され、
死刑未満を肯定すると、同じ理由で死刑以上も肯定されてしまう。

そのため最終的に廃止論は「とにかく死刑が死刑だからダメ」「死刑以上はやりすぎで、死刑未満は丁度いい」
という感覚頼りだという事が逆に露呈してしまう。

だが感覚で考える事を肯定してしまうと世論肯定となり、そもそものコンセプトと矛盾して廃止論に止めを刺してしまうので、
それは認められない。

結果、廃止論側は相手に理論を突き詰めさせずに、論点をずらしたり強弁したり印象操作した権威主義に走ったりと、小手先の技術に頼らざるを得なくなる。
必然的にそのような手法を平気で使える人だけが、廃止論者として残る。
そのため一層信用を失い、死刑廃止の支持率が下がる。

この繰り返し。

584 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 13:41:33.35 ID:i5aXhGyB
死刑存廃論が長く続いているのは、議論の答えが出ないためではなく、
小中学校がなくならないのと同じようなもので、
答えが出ていることを素人に示し続けているために続いている過ぎない。
日本の死刑存廃論とは、実は突き詰めると廃止論には理が全くないという結論が出ているんだ。

この辺を知らない素人と、廃止論を通すためにわざと隠してゴネるような汚いやつだけが廃止派になる。

585 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 17:59:20.68 ID:UAgn/EqR
>>576 >>578
で、君自身の主張は何?
ただ叩いているだけならば、それこそ空虚なレッテル貼りでしかないが。

586 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 18:01:14.83 ID:UAgn/EqR
>>574
なるほどわかった。
死んじゃった死刑囚のことを嘆いても何にもならないから、死刑廃止論は間違っているな。

587 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 19:01:15.83 ID:/xBuylgX
>>576
>その上で自分に都合良い部分を抜き出して形だけの「批判」してみせたり
お前がやってることだね

>>578
NrUuvb9Gが何百人の学者の主張を聞いて何十点の論文を読んだのか知る由はないけど、
レスを見る限りNrUuvb9Gからはそういった知性を感じない、むしろ言葉遣いが汚くて論理的思考が出来るように思えない、
どちらが正しいのか分からないんだから発言者の人となりでしか判断できない、
したがって、例えNrUuvb9Gが正しかろうと「主観的な理由で」NrUuvb9Gの意見には「賛成したくない」


588 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 19:06:59.43 ID:/xBuylgX
>>578
>どちらが正しいのか分からないんだから発言者の人となりでしか判断できない、
>したがって、例えi5aXhGyBが正しかろうと「主観的な理由で」i5aXhGyBの意見には「賛成したくない」
お前は馬鹿か?
i5aXhGyBの意見が正しいと分かったうえでも
「主観的な理由で」i5aXhGyBの意見には「賛成したくない」 のか?


廃止はお得意の自称中立をやるにしてももう少しうまくやれよ

589 :法の下の名無し:2012/05/09(水) 20:06:42.84 ID:i5aXhGyB
彼がどんな無菌室で育ってきたのかは知らないが、
どの道このくらいの話で「言葉遣いが汚くて賛成したくない」なんてヒステリックなこと言っていたら、
廃止派の手口の汚さをなどを目にした日には全否定するしかなくなるので、
結局廃止論のほうが劣ることになってしまうだけ。

590 :568:2012/05/09(水) 22:28:51.03 ID:g0E5h6uC
>>576
>>578
今更私の方から言う事は特に無いみたいだね。
けど、私にも直で安価頂いてるから一言くらいは言っておくかね。


『分からないなら偉そうに、「〜するべきではない」 などと決めつけて言うなよボケ。」

「するべきでは無いような気がするなぁ・・・・・・」 程度にしとけ。な。
お前のそのやり口、いい加減飽きた。

591 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 00:33:53.09 ID:5NEEQ6DM
 
屁〜 そうなのかぁ。
糞、糞、もっと言ってみろ。
で、なんで廃止しなくちゃいけないのかな?

592 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 04:34:45.69 ID:RlowukQy
存置論者ってなんでこうも必死なんだろうな

593 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 04:58:00.34 ID:pWmreKMB
廃止論者が息をするように嘘ついたり詭弁使ったりし過ぎなだけ。

594 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 07:19:23.83 ID:Yk0zHmsu
>>586
執行されてしまえばしかたない。生きている死刑囚や被告被疑者を救わなければならない。

595 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 07:20:41.20 ID:Yk0zHmsu
死刑存置派には殺人犯を非難する資格はない。他人の死を望むのは道義的に同じレベルだ。

596 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 07:51:22.56 ID:g4VjstLd
死刑を罰として見るから廃止論なんてもんが出てくる。

刑罰とは名ばかりで実際には一集団の中でその秩序を乱すから
隔離、再教育をするというのが実でしょ。

その中でも他個体の生命を脅かすような有害な個体を永久に
この集団から排除するために死刑という制度を利用している。

ただそれだけの話。戦後の教育で命を大切にと習い、それまでは軽視されていた
集団における個人の尊重を認識し始めたから死刑廃止論者のいう『犯罪者の人権』
なるものを考える機会が出てきたが、これはその尊重を誰にでも当てはめた結果
出てきたいわば勘違いのようなものであって、ある個体が他個体の生命を脅かし
その個体の存在が他個体の存続危機に関わる場合、個人よりも集団の生命を守ることが
極めて妥当だと考える。

人権だの生命の尊重だのそんなものはこの問題にかすりもしていない。

有害な個体を集団から取り除く、ただそれだけの当たり前の話。

と考えるんだけどどーですかね?


597 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 08:19:53.78 ID:lIByUFKR
>>595
悪人の死(死刑)を望むのと、善人の死(殺人)を望むのは
全然違うと思うが。

598 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 09:53:41.62 ID:lIByUFKR
>>594
執行されてしまえば「仕方ない」し、
また未だ執行されていないのならば、「未来」のことを考えても仕方ないだろ?

599 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 14:35:18.91 ID:pWmreKMB
「罪の代償」という概念がない廃止論者の理屈だと、
自由刑以下を望む廃止論者は、強盗や拉致加害者と同レベル。

600 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 14:45:31.99 ID:pWmreKMB
欧州に広がる「死ぬ権利」制定 ドイツ

 ドイツの連邦議会では、つい最近(2009年6月18日)、この問題を正面からとりあげ、「死ぬ権利」を認めて安楽死および尊厳死を容認する「患者対処法」を成立させた。

(中略)

 このニュースを知った知人の一人が、「これでスイスで死ぬ手間が省ける」と喜んだように、ドイツ国民の多くがこの法律の成立を待ち望んでいたからである。
かくいう私も、還暦を迎えたころから「安楽死と尊厳死ならスイスでしよう」と決めていた。

 なぜスイスかといえば、この国は数十年前から、この権利を合法化している。欧州では他にも、オランダが2001年、続いてベルギーが02年、ルクセンブルクが08年に合法化している。
しかし、これらの国には自国民への適用に限るとの規則があり、外国人であるドイツ人は受け付けてもらえなかった。

 その点、スイスは違う。

 スイスは他国に先駆けて、世界に「死ぬ権利」を呼びかけた。1998年、この制度を支える機関として、「デグニタス」という慈善団体を設立し、自国民のみならず、外国人に対してもその権利を行使する機会を与えている。

 会員制で、ユーロ(1ユーロ約135円)に換算して入会金125、年会費50を納め、死ぬに当たっては、外国人の場合、約7000支払うことになるそうだ。
2008年現在の会員数は52カ国約6000人だが、ドイツが最も多く約3000人と半数を占めている。そのため05年、同団体はドイツ支部を開設しているくらいだ。

 そのオモテ向きの目的は会員の募集にある。しかしその一方で同団体は、その活動が人権問題に抵触していないかどうかを含め、
たとえば、不正確な請求やずさんな遺体処理をチェックするなどクレーム処理の窓口となっている。

 さらに重要な活動の目的は、ドイツにおいて、「死ぬ権利」法の成立の実現を図るために連邦議会に働きかけることにあった。
しかも、その延長線において、ゆくゆくは欧州連合(EU)の全体にまで「死ぬ権利」を拡大する狙いがあるというのだ。

 事実、オランダ、ベルギーなどに次ぐドイツでの今回の"安楽死および尊厳死容認法"成立の欧州におけるインパクトは大きい。これをきっかけにEU各国では、
ともにこの問題を真剣に検討する動きが始まっている。高福祉を維持する欧州諸国では、国民の平均年齢が急上昇している今日、この問題は避けて通れないのだ。


※いかなる場合でも命を奪うべきではない、という思想は、当のEU廃止国には受け入れられなくなりつつあるようです。

601 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 22:05:52.72 ID:7FOTewWz
>>595
>>死刑存置派には殺人犯を非難する資格はない。他人の死を望むのは道義的に同じレベルだ。

イギリスとかイラク人いっぱい殺した死刑廃止国はどうですか?
死刑廃止国のドイツもアフガンでなんか女子供殺してるし。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-6c40.html

602 :法の下の名無し:2012/05/10(木) 23:00:10.88 ID:KJkvSi26
流れ変えてすみませんが、当方刑務官五年目の26歳ですが
30年前からいる60代の死刑囚に呼び捨てで呼ばれます。

『呼び捨ては止めてくれ』と言ったんですが
『アホかお前?さんつけろってか?しばくぞボケ!赤軍兵士を敬え』
とまで言われました。
上司に相談した所、お互いに年齢、キャリアを敬えと言われました。

皆さんは年上の死刑囚にどう接してますか?

603 :法の下の名無し:2012/05/11(金) 03:53:18.15 ID:0SzUFqVO
死刑囚は刑務所にはいません
低レベルな釣りやな

604 :法の下の名無し:2012/05/11(金) 06:17:35.89 ID:EWVT2HBk
連合赤軍や東アジア武装戦線の闘士は権力に反抗したから死刑になったんだ。
殺人は抵抗戦士を抹殺する口実に過ぎない。

605 :法の下の名無し:2012/05/11(金) 07:21:03.89 ID:1YAiPSGX
冤罪の死刑囚は、たまたま科された刑が死刑というだけで、他の刑の服役者や元服役者なら一生保障される再審請求権を死刑によって強制的に断たれるなんて不合理すぎるw

606 :法の下の名無し:2012/05/11(金) 08:45:10.80 ID:EWVT2HBk
多額の保険金や遺産を手に入れる遺族もいるんだからすべての遺族に
同情するのはやめよう。

607 :法の下の名無し:2012/05/11(金) 09:21:55.67 ID:/4Wx9DdG
>>602
革命家とテロリストは紙一重だな
<<体制交代が出来なかった無能>>と言ってやれ

608 :法の下の名無し:2012/05/11(金) 12:44:04.47 ID:fXCZh1JF
廃止論者の表現で言えば、道を踏み外し暴走した戦士崩れを倒し、一般人を守る戦士が、死刑制度。

609 :法の下の名無し:2012/05/11(金) 20:24:48.87 ID:zBNgyomg
死刑廃止論者は在日韓国朝鮮人

610 :法の下の名無し:2012/05/11(金) 21:34:17.71 ID:fXCZh1JF
なりすまし注意報

611 :法の下の名無し:2012/05/11(金) 23:00:03.73 ID:dOoe7jYK
>>604
その言葉をオウムの被害者に向かって言ってみろ


612 :法の下の名無し:2012/05/12(土) 17:31:38.16 ID:ZaPoWumY
なぜ殺人の被害者を美化するの?殺されるほど憎まれるのは本人にも落ち度があったからだろ?

613 :法の下の名無し:2012/05/12(土) 18:32:57.36 ID:s9lwUGof
現場にたまたま居合わせただけで無差別殺人の犠牲者になったら本人の落ち度か?


614 :法の下の名無し:2012/05/12(土) 18:57:39.25 ID:KalegH5f
廃止派が死刑廃止に貢献できる唯一の方法は喋らないことだなw

615 :法の下の名無し:2012/05/12(土) 19:56:16.09 ID:ZaPoWumY
>>613
無差別殺人をするまでに人を絶望に追い込んだ責任はこの社会を
構成する全員が負わなければならない。


616 :法の下の名無し:2012/05/12(土) 20:54:33.23 ID:KalegH5f
ID:ZaPoWumY「犯罪者は悪くない! 悪いのは殺されるほうだ!」


617 :法の下の名無し:2012/05/12(土) 21:41:47.14 ID:I6E2DNGU
>>612
なぜ死刑囚を美化するの?死刑になるほど憎まれるのは本人に落ち度があったからだろ?

618 :法の下の名無し:2012/05/12(土) 21:49:50.67 ID:s9lwUGof
>>618
法治国家の存在そのものを否定し、堂々と犯罪者を擁護する社会に憤りを感じる

619 :法の下の名無し:2012/05/12(土) 21:54:51.13 ID:Ro36n3Yq
>>615
おい朝鮮人、頭大丈夫か?


620 :法の下の名無し:2012/05/13(日) 02:43:32.44 ID:tryHBEQJ
>>615
君はどんな責任の負いかたをしているの?

621 :法の下の名無し:2012/05/13(日) 04:28:38.69 ID:fwLcJILV
>>612
地下鉄サリンの被害者にはどんな落ち度があったんだい?
返答次第では廃止論が終了しますよ。

622 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 00:32:26.49 ID:mOFeEa4v
死刑冤罪者はどんな落ち度があって死刑にされるんだろう

623 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 00:39:24.78 ID:rjtm33z1
冤罪者はどんな落ち度があって刑罰を受けるんだろう

624 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 02:51:55.61 ID:fleH8owO
>>622>>623
裁判で自分の主張を認めて貰えなかった落ち度
容疑者となる素行を繰り返してた落ち度

究極は、裁判で有罪判決を受けた落ち度

625 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 04:11:57.85 ID:wGWT6I/4
犯罪者でなくても、誰だっていずれは死にます。
病院で苦しんで死んでいく人が、もがき苦しんだ後、そのうち弱っておとなしくなって
「御臨終です」といわれる。
その場に立ち会うだけでもショックなのに
死刑は生きていてピンピンしている人を無理やり殺すんですよ。
そして「御臨終」にしてしまうんです。
その人は殺人犯で死刑判決を受けたかもしれないけれど
朝まで普通に起きて食事していた人です。

刑務官にそれをさせるのは酷というものですよ。
刑務官が死刑を執行するという明文規定もない。
殺人犯のカタは持たないけれど、せめて裁判官が自らの判決に責任を持って拘置所に出向いて執行を行うべきです。

626 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 04:17:53.19 ID:apirPkWL
>>625
「目の前で死なれるのでさえなければ後は野となれ山となれ。
 死刑相当の凶悪犯の再犯確率上昇で、死刑相当の凶悪犯以外の人がまた何人か犠牲になっても、
 知ったこっちゃありませーん。」

627 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 04:20:46.66 ID:42gzWsAs
>>625
お前の言い分だと、最終的には、死刑囚の自殺を促すべきってことも言えるな。
自らの行いに責任を取らせて自ら命を絶たせるべき。ってことだな。

628 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 04:24:10.69 ID:42gzWsAs
>>625
ああそうそう。
屠殺=屠畜をさせるのは酷だから、
肉を食う人は責任を持って屠殺場に出向き屠殺を行うべきだって言いたいんだよね?

お前は、肉食う時には必ず自分で絞めて捌いてるんだよね?

629 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 07:07:46.33 ID:wGWT6I/4
>>628
お前、人食い人種か?

630 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 07:08:50.39 ID:42gzWsAs
>>629
は?日本語理解できないのか?どこかに人間を殺して食うって書いてあるのか?

631 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 07:16:31.29 ID:42gzWsAs
>>629
日本語の疎い馬鹿な廃止派にも分かるように他の例を準備してやった。有り難く思え。

お前の言い分でいけば、刑務官に監禁みたいな酷い事をさせるのは酷だから、
囚人の監視管理は裁判官が責任を持って行うべきってことだな。
逮捕した警官や刑事にも責任があるよな。
検事にも責任がある。
被告を弁護し切れなかった弁護士にも責任があるよな。弁護士も囚人の監禁に携わるべきってことだよな。

それが死刑囚だったら、そいつら全員が死刑執行に関わるべきってことだよな。

刑務官の仕事、無くなっちゃうじゃん。

632 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 08:17:57.28 ID:dMHSHrWW
>>631
それ以前に国家の存在すら否定してるだろw


633 :法の下の名無し:2012/05/14(月) 17:04:03.87 ID:dX1p2dnr
>>625
>刑務官にそれをさせるのは酷というものですよ。

死刑廃止国がイラク人大量虐殺してましたけど?
なんかそれを軍人さんにやらせてましたけど?


634 :法の下の名無し:2012/05/15(火) 13:22:43.37 ID:gNwa/6Y8
>>633
>>625は政府の存在を否定してるんだから罪には問えないだろ?
人を殺したら自らの罪に苛まれて自殺しろって言ってるんだから
罪の意識が無ければ犯罪じゃないからね

635 :法の下の名無し:2012/05/19(土) 22:30:56.86 ID:YrO6V2XG
死刑

636 :法の下の名無し:2012/05/19(土) 23:09:20.93 ID:ykMK6dDX
>>634
政府の存在を否定するのは勝手だけど、それは現実に存在していて、その恩恵を受けて生活している以上、
政府の法に拘束されるけどね。

あと犯罪にならないのは、罪の意識がなければじゃなくて、罪の意識を持つ「能力」がなければ、だから。

637 :法の下の名無し:2012/05/20(日) 18:33:48.14 ID:fqqgSj0i
>>624
それ冤罪者じゃなくて国家の落ち度じゃん
やっぱソンチーズは馬鹿だな

638 :法の下の名無し:2012/05/20(日) 19:41:27.55 ID:5MQZeMpo
死刑は人民を威嚇して反抗の意志を挫くための支配階級の武器。
われわれ人民が権力を握るまで死刑は絶対に許さない。

639 :法の下の名無し:2012/05/20(日) 21:06:20.52 ID:m2jpnPmb
死刑その他の刑罰は人擬民を威嚇して反抗の意志を挫くための
民主支配人民階級の武器。
俺たち人擬民が権力を握るまで刑罰は絶対に許さない。

640 :法の下の名無し:2012/05/20(日) 22:16:27.00 ID:dcMsnsb+
>>637
卑怯者は何時の時代もまっとうな人からは嫌われるものだよ?

641 :法の下の名無し:2012/05/20(日) 23:46:58.58 ID:AIfOEPsK
>>637

冤罪は国家の落ち度で、主体は国家だが、
死刑制度は刑法の条文なので立法府、
つまりは主体は国民ですね。

国民主権により国民=国家とは言いますが、実際のところ
その冤罪で対応した警察官や検事や司法判事は
別に国民が選んだ人間ではない。立法府の議員と違って
国民の代表じゃないわけ。

実は両者は同一では無いんだね。

国家の落ち度があるから死刑を廃止すべきというのは実際は
国家の落ち度が有るかどうかと、国民が死刑制度を求めるかどうかは
別問題なので意味が無い。冤罪死刑があっても国民が死刑制度
を求めるなら別に何の問題も無く死刑は存続していく。

642 :法の下の名無し:2012/05/20(日) 23:52:30.66 ID:No1B75Kn
観念はいつになったら具現化するのだろうか?

643 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 02:11:42.29 ID:3RfhMzAp
>>642
既に具現化しているよ。ただ、ここでそれをコテハンとして利用していた奴の思惑とは全く違うものだがな。

644 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 05:33:18.81 ID:zlZpw/ta
どうやらここは廃止論者を叩くスレのようだ…と思ったがここまでキチな廃止論者しかいないと仕方ないかw
俺は存置派だけど、その理由は「廃止論に納得できないから」っていう消極的な存置派(>>423って言われそうw)
現状存在する制度を変えたいなら自ら主張し周りを説得するのがスジだもんな
俺は今すぐ廃止してメリット>デメリットになるとは思えないし画期的な死刑の代替案もないから感情に任せて廃止論に同意するわけにはいかない

ただ読んでて気になった古いレスがあった
>>186>>260
質問が崩壊してるのは置いといて、これに対する答えもいまいち理解しがたいものだったからまた持ち上げる

>>186は「遺族感情や抑止力を考えるならなんでもっとひどい刑罰にしないの?」=「死刑が絞首刑であることの妥当性への問いかけ」
解釈すると「絞首刑にする正当性を証明できないなら死刑なんて廃止!」
廃止を訴える側が証明しなきゃいけないことをこっちに聞く時点で間違ってるんだが、まあ存廃論置いといて考えると中々深い質問だなと思ってさ
俺に答えは出せなかった、お前らどう思うか聞きたい。どういう死刑が一番いいのだろうか?

>>260こっちはもっと難しかった
テンプレ廃止論者「犯罪者でも命は大事」
テンプレ存置論者「そう命は大事、それ奪った犯罪者は死刑」
260「いや、そこまで大事にする命なら犯罪者の命も(ry」
260へのレス「犯罪者の命大事にするなら市民の命も(ry」
落語かよってつっこみたくなるけど、意外と難しいだろ?
結局は自分が答えられない問答を立場変えて相手にぶつけてるだけなんじゃないかってオモタ

俺は人権派()だから、人の人権を(何かしらの理由で)侵害してしまったからといって人権が制約される=命の価値が変動するとは思わないんだな
殺人っていうのも人権侵害の程度の問題であって、強盗や強姦とそこまで区別する必要もないと思うわけ
だから、命の尊さが犯罪者=市民と考えると上の問答は回答不可能になる

殺人だけを他の犯罪と区別して、人殺したらそいつは鬼畜、もう「人」じゃない、虫けらの扱いOKって考えるDQNなら「殺人した奴は人権なんてねえ」って考えるんだろうけど
(もし殺人と他の犯罪を区別しないのであれば、軽犯罪とかしても人権消滅して場合によるとえらい大罪背負わされることになる)
そういう意見以外で何か、上の問答に決着つけれる人いない?

645 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 06:02:46.71 ID:YHx2fwQo
>>644
どっちも死刑存廃の問題になってない。

違法と合法の区別や、自分が言ったこととの矛盾を考えれば、
廃止論が自滅していて終わっているということがわかる。

646 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 07:06:54.39 ID:aKrYIiJs
死刑になりたくてこの世に生まれてくる者などいない。誰もが幸せに生きようと必死になって
その過程で何かのはずみで殺人を犯したりもする。幸せに生きようと必死でもがいた結果が
死刑では、たまったもんじゃない。

647 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 08:47:06.58 ID:7/yngUec
>>641
冤罪者個人と国家の間の関係を問題にしてるのに
なに国民全体にすり替えてるんだよ
やっぱり存置派は頭が悪い

648 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 09:09:44.50 ID:YHx2fwQo
>>647
それ死刑存廃と関係ない話だな

649 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 09:09:56.84 ID:aKrYIiJs
犯罪は社会の産物。社会構成員全員が責任と補償義務を分かち合わなければならない。

650 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 09:12:20.14 ID:YHx2fwQo
死刑はその責任と義務の一環

651 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 11:18:32.96 ID:Hl/cl51n
>>647
>冤罪者個人と国家の間の関係を問題にしてるのに
なに国民全体にすり替えてるんだよ
やっぱり存置派は頭が悪い


冤罪死刑、つまり死刑を行うのは国家で、冤罪も国家のミスですが、
死刑の存廃は法律条文の改正なので主体は立法府であり国民の意思の
問題になるからですよ。

冤罪者個人と国家の間の関係のみを語りたいなら
死刑制度の存廃と関係ないので他のスレでやってはいかが?

652 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 12:49:03.58 ID:Hiw6ZoPO
>>651
あえてそのすり替え論に乗っかると
その冤罪死刑囚が死刑廃止論者であり選挙等を通じてその意思を表明している場合、彼に何の落ち度があるんでしょうねえw

653 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 12:56:34.39 ID:aKrYIiJs
>>650
じゃあ君も一緒に死んであげなさい。

654 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 13:08:56.31 ID:Hl/cl51n
>>652

その死刑囚が死刑廃止論者かどうかはどうでもいいですが
実は冤罪なんですが死刑で死ぬなら彼の落ち度はあるか?

無いんじゃないですか?落ち度が無いのに誤って殺害されるから
国家賠償が支払われるんでしょう。

冤罪じゃありません、国家に過失はありません。犯罪行為自体が
死刑囚の落ち度であった場合はちゃんと賠償金は支払われません。

国家のミスで人が死ぬのは冤罪死刑だけじゃないですね。
もっとメジャー処を例にするなら
パトカーに轢かれて過失割合が10:0で無過失の人が死んで
轢かれた人は落ち度があったのか?と聞くようなもの。

無いから10:0っていうんだろ?って話。
で満額の賠償金ってことになる。

655 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 13:27:20.70 ID:YHx2fwQo
>>653
君は犯罪者と一緒に牢獄にいるの?

656 :yamu:2012/05/21(月) 13:39:49.14 ID:3RfhMzAp
>>644
>俺は存置派だけど、その理由は「廃止論に納得できないから」っていう消極的な存置派(>>423って言われそうw)
>現状存在する制度を変えたいなら自ら主張し周りを説得するのがスジだもんな
>俺は今すぐ廃止してメリット>デメリットになるとは思えないし画期的な死刑の代替案もないから感情に任せて廃止論に同意するわけにはいかない

まさに>>423ですね。とまでは言わないにしても、その主張内容だったら。

『俺は将来的には死刑廃止を望んでいる廃止派だけど、今の廃止論には納得できていない。
合理的に廃止にもっていける道を模索している。』

と言っておいても何も問題はなさそうなのに、あえて存置派であるとしなければならない理由について何か腑に落ちない部分が残る。
廃止論には納得できないけど、死刑制度にも納得できない。だが、納得できる死刑制度にもっていこうとする意図も見えない。
なのに存置派と 「自称」 する。

私の抱くこの疑問。何かおかしい部分があるかな?
至極当然な疑問であると、「自称」 したいところなんだが。


657 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 14:18:56.91 ID:aKrYIiJs
犯罪の責任は社会にある。犯罪者も社会の被害者。

658 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 14:25:17.02 ID:3RfhMzAp
>>657
犯罪の責任が社会にあるからといって、犯罪者本人には責任が無い事にはならないってことは分かってる?

659 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 15:17:10.32 ID:zlZpw/ta
>>645
答えになってないよ
廃止論が自滅してるのはわかりきってることだけど>>260へのレスを見る限り、存置派の意見も自滅してるって言いたいの
あの堂々巡りを一刀両断する回答がないなら、命は大事云々は結局詭弁の応酬ということになる

>>656
>『俺は将来的には死刑廃止を望んでいる廃止派だけど、今の廃止論には納得できていない。
>合理的に廃止にもっていける道を模索している。』
まさにその通りです
>と言っておいても何も問題はなさそうなのに、あえて存置派であるとしなければならない理由
そんなもん別にないよ
消極的存置派って自称するのが気に入らないなら勝手に消極的廃止派って呼べばいいじゃん
随分と「呼び方」にこだわってるようだけど、内容同じだから空虚な議論だね

本題と逸れたところにこだわらせてしまったのはこっちのレスの落度
訂正してお詫びします

660 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 20:39:26.69 ID:Hl/cl51n
>>659
>>答えになってないよ
廃止論が自滅してるのはわかりきってることだけど>>260へのレスを見る限り、存置派の意見も自滅してるって言いたいの
あの堂々巡りを一刀両断する回答がないなら、命は大事云々は結局詭弁の応酬ということになる


そりゃ一般日本人はキリスト教徒でも無いし超人道主義者でも無い。
要は命だったら全て同じ価値で地球より重いという考えは持っていないでしょう。
「命は何よりも尊い。その尊い命を奪った殺人犯は極悪人だ。だから、その生命は奪われるべきだ」
では無いんですね。
「被害者の命は何よりも尊い。その尊い命を奪った殺人犯は極悪人だ。だから、その生命は奪われるべきだ」
が正解。

暴れん坊将軍やらの勧善懲悪ものでもランボーやコマンドーなどの映画でも
かわいそうな被害者が殺されたら観客は憤るのに、最後に悪の親玉が主人公に殺されたら
視聴者が喝采をあびせたり、カタルシスを得るのは、社会が被害者の命と悪人の命を等価
と見ていないからですね。

君の主張の論理の破綻しているところは、被害者の命と加害者の命が等価であると
しているところ。だから命の重さが同じなら君の言うとおり存置派の破綻するが、
そんな超人道主義者は日本にいないので逆に君の論理がおかしいという反証になるわけ。

661 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 21:05:43.70 ID:0r6YkySU
>>659
>あの堂々巡りを一刀両断する回答がないなら、命は大事云々は結局詭弁の応酬ということになる
>>261

662 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 21:11:38.57 ID:zlZpw/ta
>>660
民意は感情で大きく揺れ動く
過去のファシズムだけじゃなくて安易に報復戦争に走る米国政治なんかもその失敗例
国民の意見は確かに大事だけど、愚衆政治は最悪だ

>暴れん坊将軍やらの勧善懲悪ものでもランボーやコマンドーなどの映画でも
>かわいそうな被害者が殺されたら観客は憤るのに、最後に悪の親玉が主人公に殺されたら
>視聴者が喝采をあびせたり、カタルシスを得るのは、社会が被害者の命と悪人の命を等価
>と見ていないからですね。

その通りだけど、映画への反応を社会制度へ適用するのは不可能だぞ
格闘技業界が人気だからローマ時代のコロシアムを復活させようなんてのはあり得ない
つまり恣意的な民意に従って制度を作っていたら、制度が恣意的に悪用されるんじゃないの?という話

確かに殺人犯なんかかばいたくはないけれども、被害者の命の重さも加害者の命の重さも「建前上は(=理論上は)」同等として扱わないとな
日本に超人道主義者はいないが、法制度は超人道主義であるべきだと俺は考える

レスありがとう考えさせられた

663 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 21:17:08.93 ID:0r6YkySU
>>657
「社会」を全知全能の(邪)神とでも勘違いしているのか?w
社会はあらゆる犯罪を未然に防ぐ能力などもたんのだよ。そもそも意思さえ無いしな。
意思を持たぬものに責任を求めるのはナンセンスだし、不可能な要求を達成できないからって責めるのもナンセンスだな。

664 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 21:19:22.52 ID:0r6YkySU
>>662
>その通りだけど、映画への反応を社会制度へ適用するのは不可能だぞ
善悪は置くとしても、可能不可能で言えば可能だぞw

>被害者の命の重さも加害者の命の重さも「建前上は(=理論上は)」同等として扱わないとな
なんで?

665 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 21:21:48.40 ID:0r6YkySU
>>662
>つまり恣意的な民意に従って制度を作っていたら、制度が恣意的に悪用されるんじゃないの?という話
「恣意的」の意味を間違えてるよ?w

666 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 21:27:17.83 ID:Hl/cl51n
>>662
>民意は感情で大きく揺れ動く
過去のファシズムだけじゃなくて安易に報復戦争に走る米国政治なんかもその失敗例
国民の意見は確かに大事だけど、愚衆政治は最悪だ

問題ない。死刑制度など争点にもなっていない。煽動政治家が煽動して
初めて衆愚政治が成り立つが政治家が何も煽動していないので衆愚政治に
なっていない。今は逆に反対派が騒いでいるだけ。統計の設問が悪いとか
逆煽動でしかないですな。

>その通りだけど、映画への反応を社会制度へ適用するのは不可能だぞ
格闘技業界が人気だからローマ時代のコロシアムを復活させようなんてのはあり得ない

一般社会は正義と悪の命を等価として考えてないという論証でしかありません。
コロシアム云々はお門違い。

>つまり恣意的な民意に従って制度を作っていたら、制度が恣意的に悪用されるんじゃないの?という話

主張の意味がわかりません。少なくても民主主義で決まる案件で合憲ならば問題はございません。
衆愚云々は個人の主観でしかありません。客観的に法律論で判断するべきでしょう。

>確かに殺人犯なんかかばいたくはないけれども、被害者の命の重さも加害者の命の重さも「建前上は(=理論上は)」同等として扱わないとな
日本に超人道主義者はいないが、法制度は超人道主義であるべきだと俺は考える

法治国家においては法制度は法によってきまります。君が主張する命の重さ云々は
どの法に書いてあることですか?法治国家で法制度を語るなら法を元に主張するべきでしょう。
もっともそうすれば私も憲法31条を持ち出しますが。

667 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 22:25:40.82 ID:zlZpw/ta
>>666
今の日本が衆愚政治で、死刑制度がそれによって成り立ってるとは一言も言ってないよ
映画に熱狂する観客を国民の意思と重ね合わせてるところに衆愚的な危険を見たから先に付け加えただけ

>一般社会は正義と悪の命を等価として考えてない
何度も言うが一般社会が必ず正しいとは限らないんだからな
民主主義は何度も失敗してる

>少なくても民主主義で決まる案件で合憲ならば問題はございません。
選択の限界が存在する限り民主主義は絶対じゃないんだが、

>法治国家においては法制度は法によってきまります。君が主張する命の重さ云々は
>どの法に書いてあることですか?法治国家で法制度を語るなら法を元に主張するべきでしょう。
>もっともそうすれば私も憲法31条を持ち出しますが。

命の重さ云々は人権論に基づいてる。法を犯したからと言って差別するのは駄目ってことはわかるよな
「制度は超人道主義」って言ったから誤解が生じたかもな、言いたいのは「制度は良くも悪くも平等であるべき」ってこと
恣意的な民意に従って制度を作っていたら、制度が恣意的に悪用されるってのもそれが言いたい

んで憲法31条はぶっちゃけ死刑制度を肯定してると思うよ
廃止論者が何と言おうと、普通に読んだらそう解釈するのは当たり前
だが時代が変わっても憲法は変わらない。俺らが生まれる前に作られた古い条文にしがみつくのは是とは言えない
あの時代は世界的にも死刑なんて当たり前に容認されてたから、その時代の憲法に求めるのは無理
ただ日本国憲法は硬すぎて改憲するのは現実的じゃないから、解釈改憲を唱える廃止派の気持ちはよくわかる

668 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 22:30:15.92 ID:zlZpw/ta
すまん書き途中のままレスしてしまった
>>少なくても民主主義で決まる案件で合憲ならば問題はございません。
>選択の限界が存在する限り民主主義は絶対じゃないんだが、
ここで言いたいことは他で言ったからスルーで頼むは

ちなみに最高裁の合憲判断については「今の憲法解釈」では俺も合憲だと思う
それ自体に疑問を投げかけたくはあるが

669 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 22:33:39.26 ID:0r6YkySU
>>667
>んで憲法31条はぶっちゃけ死刑制度を肯定してると思うよ
よーするに、法的根拠の無い感情論ということでおk?
それならそれでかまわんけど、だったらごちゃごちゃ理屈捏ねてないで、「俺は死刑が嫌いだから反対だ!」とだけ言えばいいよ。

670 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 22:36:12.18 ID:zlZpw/ta
ID:0r6YkySU
頭悪そうな煽りレスしかないのであなたと議論する気はないです

671 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 22:40:59.24 ID:0r6YkySU
>>670
(根拠の無い)レッテル貼り・人格攻撃しかできないのは、
「あなたの主張に何も反論できません」と自白しているようなものだぞ?
もし俺の主張が間違っているのならば、間違いを指摘すればそれで済むわけでな。

672 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 22:56:17.55 ID:zlZpw/ta
存置派にも構ってちゃんがいるんですね
テンプレ以外の発言をお願いします

673 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 23:08:44.10 ID:0DbNAl9B
>>672
死刑存廃問題に明確な答えがあると思うかい?

674 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 23:11:36.36 ID:0r6YkySU
>>672
別にスルーならスルーで構わんがね、ならばそれを貫徹したまえよ。

あと、テンプレの何がいけないのだね?

675 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 23:15:00.44 ID:YHx2fwQo
>>659
それはない。

ほとんどの容認論は応報刑論で、国民の感覚で刑の重さを法定化することを容認しているので、
過程が様々でも結論として「死刑は必要」「死刑廃止は論外」となっていれば問題ないが、

日本の廃止論は「国民世論を否定できる理論があるから廃止」としているので、
結論だけ同じでも、過程が矛盾していると理論として成り立たなくなり、自滅終了する。

だから違法と合法の区別や、自分が言ったこととの矛盾を考えれば、
廃止論が自滅していて終わっているということがわかる。

>堂々巡りを一刀両断する回答がないなら

警察力のような審判のいないところで、話を聞く気のないゴネ得狙いに等しい廃止論にとどめを刺す方法はないよ。
ただ「嘘も百遍唱えれば真実となる」を放置できないから、毎回答えを置いておかれてるだけ。

堂々巡りではなくそういうイタチごっこ。浜の真砂は付きねども余に盗人の種はつきまじ、みたいなもの。
あるいは、新入生に同じ事を毎年教え続ける学校みたいなもの。

ちゃんと議論を見ていれば、そうであることは3日くらいでわかる。

676 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 23:16:03.00 ID:YHx2fwQo
>>670
コテ外しても使ってる言葉が同じだからバレバレだよ廃止クン

677 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 23:17:14.14 ID:zlZpw/ta
>>673
あったら議論になりませんがな
あと俺が聞きたいのは基本的に>>186>>260への回答
>>260への回答に関しては詳しくレスしてくれる人がいて結構理解に近づいてるが少し本題と逸れてる感じ

678 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 23:19:41.80 ID:0r6YkySU
>>677
回答はとっくのとうに出されているが?
君が否認しているだけで。

679 :法の下の名無し:2012/05/21(月) 23:21:33.53 ID:zlZpw/ta
>>675
>廃止論が自滅していて終わっているということがわかる

いやそれはもうわかってるんだよね
ただ少し腑に落ちないとこがあったんだが、そのレスでちょっと納得できたかもしれない
サンクス

680 :法の下の名無し:2012/05/22(火) 05:13:39.86 ID:GHRU4gbK
>>667
>>今の日本が衆愚政治で、死刑制度がそれによって成り立ってるとは一言も言ってないよ
映画に熱狂する観客を国民の意思と重ね合わせてるところに衆愚的な危険を見たから先に付け加えただけ

うーん。
今現在が現に死刑が存在し政治家に煽動されて何か死刑制度が変わるなら
それは死刑廃止以外無いのだから、死刑廃止派の人が煽動政治の危機を訴える
のは違うかと思いますな。
死刑制度が既に存在しているのだから、これを煽動たところで死刑を始められるわけが無い。
すでにあるものを始めることは出来ない。結局、煽動政治で死刑を廃止することしか出来ないわけ。

>選択の限界が存在する限り民主主義は絶対じゃないんだが、

絶対な制度は元よりございません。君が民主主義のデメリットを
強調し、だからと民主主義を否定した制度を提案したとしても、結局は
その制度も絶対な制度ではございませんでしょう。主張が無意味ですな。

>命の重さ云々は人権論に基づいてる。法を犯したからと言って差別するのは駄目ってことはわかるよな
「制度は超人道主義」って言ったから誤解が生じたかもな、言いたいのは「制度は良くも悪くも平等であるべき」ってこと
恣意的な民意に従って制度を作っていたら、制度が恣意的に悪用されるってのもそれが言いたい

差別ではございません。区別です。あと、どんな言葉を並べても民主主義を否定していては終わりです。

>んで憲法31条はぶっちゃけ死刑制度を肯定してると思うよ
廃止論者が何と言おうと、普通に読んだらそう解釈するのは当たり前
だが時代が変わっても憲法は変わらない。俺らが生まれる前に作られた古い条文にしがみつくのは是とは言えない
あの時代は世界的にも死刑なんて当たり前に容認されてたから、その時代の憲法に求めるのは無理
ただ日本国憲法は硬すぎて改憲するのは現実的じゃないから、解釈改憲を唱える廃止派の気持ちはよくわかる

端的に申しまして是と言えないと申されても、言えるか言えないかを判断するのは
あなたではなく最高裁です。憲法解釈云々も主張が無意味。廃止派ではなく最高裁
のお仕事です。

681 :法の下の名無し:2012/05/22(火) 07:17:23.16 ID:s/Gl2FZv
>>564への回答まだですか?

682 :法の下の名無し:2012/05/22(火) 07:20:31.52 ID:qxuTnFP0
>>681
っ【>>565


683 :法の下の名無し:2012/05/22(火) 09:56:51.91 ID:AW8+hJEQ
権威主義の用法がおかしいですよw

684 :法の下の名無し:2012/05/22(火) 12:54:38.28 ID:3qhccHD1
>>659
>内容同じだから空虚な議論

え?「私存置派だけど将来的には廃止したほうが良いと思ってる」 って主張と、
「私廃止派だけど今の廃止論には納得できない、でも将来的には廃止したい」 って主張はぜんっぜん違うんだけどw


そんなこともわからないの?
つうかそこのところを良く分かってる卑怯な廃止派だからこそ存置派を自称したんだろ?
そこはかなり肝心なところなんだ。
誤魔化させはしないよ。

お前にとっての都合の良い本題と離れてしまっているのは分かる。でも、お前の都合の良いような誤魔化しはさせない。

悪しからず。

685 :法の下の名無し:2012/05/22(火) 13:27:25.59 ID:fYHrjER6

利用者が増えるに従って、頭のおかしな人もそれなりに出没するようになって来ています。
頭のおかしな人に関わるとなにかと面倒なことが起こる可能性があるので、注意しましょう。
頭のおかしな人の判定基準

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人
 他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が通らないとコピペや荒らしなど
 無茶をし始めるので見かけたら放置してください。

・根拠もなく、他人を見下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人
 他人を見下すことで自分を慰めようとする人です。実生活で他人に褒めてもらう機会がないが
 プライドだけは高いとか、匿名の掲示板しか話し相手のいない人です。可哀想なので放置してください。

・自分の感情だけ書く人
「〜〜がムカツク」とか自分の感情を掲示板に書くことに意味があると思っている人です。
何がどのようにムカツクのか論理的に書いてあれば、他人が読んでも意味のある文章になりますが、
そういった論理的思考の出来ない人です。もうちょっと賢くなるまでは放置してあげてください。

686 :法の下の名無し:2012/05/22(火) 17:06:02.59 ID:qxuTnFP0
何れにしても、廃止論は理論も世論も法的根拠もなく自滅しているので、日本で法律を変えることは出来ないことがわかっている。

687 :法の下の名無し:2012/05/23(水) 07:58:59.55 ID:2ZfPt0aX
脳内事象と外界事象を区別できなくなる病気

688 :法の下の名無し:2012/05/23(水) 08:51:52.89 ID:ubTKMMwb
それが死刑廃止論。

689 :法の下の名無し:2012/05/23(水) 09:45:31.92 ID:NgYHyFBn
>>687
一人称に置き換えるとよく分かる
「(私が)事故に遭う」と「(私を)殺しに来る」
廃止論者にとって<事故に遭う>のも<殺しに来る>のも確率は同じ
この違いが分からない。

690 :法の下の名無し:2012/05/23(水) 19:40:10.33 ID:7P4/su8u
意味不明なのも存置論者の特徴

691 :法の下の名無し:2012/05/23(水) 19:46:57.03 ID:hlUNc7Hc
>>690
意味不明であることの原因が己の理解力不足である事に気付かないのが廃止派の特徴。

692 :法の下の名無し:2012/05/23(水) 20:06:13.75 ID:8BWOn2wg
>>690
事故に遭って死ぬ可能性は誰にでもある
殺しに来る奴が居なければ死ぬことは無い

理解力以前の問題

693 :法の下の名無し:2012/05/23(水) 22:21:44.10 ID:8BWOn2wg
>>692
人の命は重いだ尊いだと言ってる廃止派はこの差をよく考えよう

694 :法の下の名無し:2012/05/23(水) 23:28:20.33 ID:ubTKMMwb
日本の死刑廃止論は、突き詰めると「死刑相当の凶悪犯以外の犠牲者を増やしてでも死刑廃止」
というテロリズムに近い理屈になる。

695 :法の下の名無し:2012/05/24(木) 21:33:07.78 ID:tWBPgfH+
命は尊いって言うけど、
今の世の中って何万人も自殺するのが当たり前でさ、
死こそ尊いでしょ。
そういう考えってなんとかしなきゃいけないよ。

696 :法の下の名無し:2012/05/25(金) 19:48:13.39 ID:9EU6GsP0
>>695
スレ違い

697 :法の下の名無し:2012/05/27(日) 00:02:25.95 ID:g4EEs75L
死刑で抑止できる犯罪って具体的になんだ
営利誘拐?

698 :法の下の名無し:2012/05/27(日) 00:10:45.55 ID:2m78hwhx
自由刑で抑止できる犯罪+死ぬ以外のことを恐れない人が起こす犯罪

699 :法の下の名無し:2012/05/27(日) 03:53:36.88 ID:g4EEs75L
具体的におねがい

700 :法の下の名無し:2012/05/27(日) 09:52:14.77 ID:2m78hwhx
それは>>697が死刑以外で抑止できる犯罪を具体的にいえば自ずと明らかになる

701 :法の下の名無し:2012/05/27(日) 10:28:33.14 ID:gyxmCMZo
>>697
懲役刑で抑止できる犯罪って具体的に何?

702 :法の下の名無し:2012/05/27(日) 19:57:07.09 ID:Y0wT2syI
>>697
死刑を恐れない連中に抑止力は働くのか?

>>701
自分の行いと人生を天秤に掛けるから、一般人が露骨に犯罪に走る事は無いよ。

703 :法の下の名無し:2012/05/27(日) 22:16:34.70 ID:gyxmCMZo
>>702
>自分の行いと人生を天秤に掛けるから、一般人が露骨に犯罪に走る事は無いよ。
それは死刑にもあてはまるんじゃないの?

704 :法の下の名無し:2012/05/27(日) 23:45:36.28 ID:Y0wT2syI
>>703
確かに・・・
でも、そうなる犯罪者って小さな犯罪から次第にエスカレートして行くパターンじゃない?
捕まらない事で罪の意識が無くなって行くとか、証拠を隠滅する為に大きな犯罪を犯すとかね。
だから>>一般人が露骨に犯罪に走る、と書いたんだけどね。


705 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 00:00:17.30 ID:JAFhT+mc
何れにしても、廃止論が抑止力の論点を持ち出せば自滅にしかならない。

706 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 00:56:13.29 ID:mR+bBmMI
誰も人を殺す権利は持たないのだから死刑は認められない。これじゃダメなの?

死刑を宣告される人は事実として人を殺した!という反論はあるけどさ。だからといって、その人の生命を奪う権利は、元々どこにだってないわけだし。

707 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 01:04:36.82 ID:JAFhT+mc
積極的安楽死を認めている国
スイス- 1942年
アメリカ(オレゴン州) - 1994年「尊厳死法 (Death with Dignity Act)」成立
オランダ- 2001年「安楽死法」可決。
ベルギー- 2002年「安楽死法」可決。
ルクセンブルク- 2008年「安楽死法」可決。
アメリカ(ワシントン州) - 2009年

>ドイツからのメッセージ(64) Takako KLEIN
>欧州に広がる「死ぬ権利」制定
http://www.takakoklein.de/doitsu/doitsu64.htm

結論
・前提として、いついかなる場合でも誰も人を殺す権利は持たない、ということにはなっていない。

708 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 01:44:17.90 ID:mR+bBmMI
安楽死と人の命を奪う(死刑)のって性質が違う気もするけど…どうなんかなあ。死にたい人と、死にたくはない人?

でもそーすっと死刑にされたくて罪を犯した奴がどーなるって話にもなるか。

それでも、更生させてあげたいって気持ちが個人的にはあるんだけどな。世論は血税でもったいことするな、って冷たい事しか言わないか。

709 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 02:12:55.51 ID:JAFhT+mc
>>708
まず、「誰も人を殺す権利は持たないのだから死刑は認められない」を誤りだと認めてください。
殺す権利は持ちうるのです。

また殺す権利は問答無用で無いけど、死ぬまで監禁する権利は考えるまでもなくある、という思考停止は危険です。
実態として、死刑よりも20年以上の刑のほうが残酷であるという、受刑者当人達からの意見もあります。
再犯の犠牲になる人も確実に増えます。

更生を絶対視する目的刑論至上主義も危険です。
更生しなければ軽犯罪でも終身刑になりかねません。
せめて現在の自由刑受刑者の高い再犯率を、無視できるほどに低下させられる手段を編み出してから言わなければ、
単なる無責任な夢物語です。

710 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 08:03:41.47 ID:4d2s3Pz1
>>706
権利というか、条件次第で正当になるけど。正当防衛とか。

711 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 08:43:05.88 ID:IJgcdbwy
>>710
その場合は死刑にならないと思うよ。

712 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 09:02:34.11 ID:4d2s3Pz1
>>711
違う違う。
「殺人は絶対に禁止」ってわけじゃなく「条件次第で許可される」って話
死刑も「条件次第で許可される殺人」の一種

713 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 10:00:29.73 ID:YigMiPJN
死刑以外の刑は刑執行中も執行後も本人は再審請求でき再審無罪なら補償を受けられる
死刑の場合は刑執行後は本人はどちらもできない
この差の正当性を存置論は合理的に説明できない

714 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 10:19:02.42 ID:JAFhT+mc
それは自由刑での獄死も同じだと何度も言われてるだろ

715 :弖十=優多野手頭=野慈蚕=帝跿(徒)=江亞梁 重亞楼 衛鴉隴:2012/05/28(月) 14:29:20.63 ID:fFIvjVs8

沚爲鷭 孜熨蟠 屍異犯 朝鮮総連

ラヂヲ電波を使う戦争用兵器を今も操作し、照射し大量虐殺を続ける 南京大虐殺の主犯の『朝鮮総連』は窩難と諛沱邪の裏切者
『媚薬』と呼ばれる『白い人肉カプセル』は脳障害になる『新型クールー(人タンパク質・水銀・ゴキブリの卵等)』の戦争用薬物
を製造し、配り、混入した。

虎ノ門の自民党員殺害は
『朝鮮総連』横須賀の立て籠り犯で
クラッカーの蕷音(舁涅・夜子・ヨネ・無運申子・斎藤直子=97歳・元従軍慰安婦のユダヤ系窩難工作員)らしい。
『峙岷党のヒットマン(鉄砲玉)支那畜』
『妖魔・蟇鸚・幄魔』の実弟。『魔女』の従兄弟。

弖十=TEN10(teto)=優多野手頭=帝跿(徒)=江亞梁=衛鴉朧=得履野知獲=慧吏載地衛=哇狸野雉会=匯蛙労=野慈蚕
chocolat@湘南台 de' 闇将軍@藤沢市
Eleonora de' Medici.
天皇家 織田 繪璃奈(横濱・野島えり)
Freemasonrey & Microsoft USA co.tp.
モバゲーの八犬伝(☆葵雷恩☆・果音♪)
еёжЭЮЯабЧЦХЛθ γδεζηθ еопое νξδεζηθ

サイバーテロでプロパガンダです。
複数のアジアの信頼出来る所にご確認下さい。


716 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 17:14:25.36 ID:4KtWnMoI
獄死は天寿を全うしてるんだから話の次元が違うって何回も指摘されてるだろ
個々の寿命がこない限りチャンスはある

717 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 20:17:56.78 ID:JAFhT+mc
>>716
それは>>713に書いてない、君が勝手に持ちだした新しい条件だな。
そしてその条件は廃止論者が言い張ってるに過ぎない。

二重の意味で議論するに値しない。
死刑を廃止する理由にならない。

718 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 20:51:10.20 ID:Ejr6GLQr
>>713
明らかに冤罪でない場合は?
たとえば現行犯とか、
あるいは本人が人を死なせたこと自体は認めている(が、殺意の有無や情状酌量で争っている)場合は?

719 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 22:34:19.50 ID:4KtWnMoI
そもそも獄死と死刑を同一視するなら、それこそ死刑の代替は終身刑で十分ということになる
後は刑務所経営の問題だな

720 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 22:36:40.45 ID:JAFhT+mc
代替する理由がない。
むしろ理屈も世論も法的根拠もない廃止論によって法を改変することは、
民主主義・法治主義の観点から不正である。

721 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 23:42:41.09 ID:4KtWnMoI
代替する理由も知らないでは議論にならんわ

722 :法の下の名無し:2012/05/28(月) 23:51:08.34 ID:JAFhT+mc
廃止論の不正な理由を採用して議論する必要はない

723 :法の下の名無し:2012/05/29(火) 00:19:58.91 ID:2elz/BIP
冤罪防止に「自白剤使え」とか言っちゃう存痴くんに法治主義を語る資格はない


724 :法の下の名無し:2012/05/29(火) 00:26:46.22 ID:843zNXWi
大抵の容認派は言ってないので資格があると言うこと。

725 :法の下の名無し:2012/05/29(火) 22:56:04.40 ID:0pZZgM6d
>>716
そのとおり
強制的に命を絶たれるのとそうでない場合との違いが存置論者には何回言っても理解できないらしい

726 :法の下の名無し:2012/05/29(火) 23:02:02.12 ID:843zNXWi
>>725
容認派の認識でも当然違うが、強制的に命を断つ刑がふさわしい罪がある、
と言われれば廃止論はそれまで。

そのうえ日本の廃止論は、凶悪犯以外の犠牲者を増やしてでも死刑廃止、
という理屈になってしまっている、危険なカルトのような発想なので殆どの国民に受け入れられない。

727 :法の下の名無し:2012/05/29(火) 23:58:33.61 ID:2QKGKpDj
>>718
冤罪のケースはあるんでな。

728 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 00:09:40.99 ID:Ly9GykN5
>>727
「終身刑なら冤罪くらい大丈夫」とでも思ってる?

729 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 00:24:03.04 ID:cEfOB+pB
>>728
>>713

730 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 00:35:45.91 ID:Ly9GykN5
>>729
「再審請求のためなら犠牲者が増えてもいい」とでも思ってる?

731 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 00:43:15.26 ID:cEfOB+pB
>>730
それ以上に死刑の被害は大なんでな。


732 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 00:45:54.55 ID:Ly9GykN5
>>731
それは世論も理論もない廃止論者の宗教的信念でしか無い。
付き合わされる方はたまらない。

733 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 00:48:05.07 ID:cEfOB+pB
>>732
>>713
合理的説明をどうぞ

734 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 00:53:07.83 ID:Ly9GykN5
>>733
・再審請求権を運用の最上位に持ってこなければならないというコンセンサスは無い
・再審請求権を際限なく認めると、全ての刑が執行不能になる
・事実認定ではなく量刑のみが争点である場合には死刑が可能なのであれば、それは単なる死刑容認論。
・そもそも死刑だけが「不当に侵害」というのが言い張りに過ぎない

などの理由で、最初から「死刑廃止教」側に立っている人間にしか通用しない理屈だから、
素人を騙す以外の使い道はないよ。

735 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 00:58:16.72 ID:cEfOB+pB
>>734
再審請求すらできない死刑はそれ以下だけどね。
>>713
合理的説明をどうぞ

736 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 01:14:47.36 ID:Ly9GykN5
>>735
死刑判決を受けて再審請求できなくなるのは死んだ後。
死んだあとに再審請求できないのは自由刑も一緒。
何度も言われてるだろ。
耳がないやつに言っても無駄だろうが

まさか「執行時点」を起点にするような異常なしてんで喋ってるんじゃあるまいな?

737 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 02:09:21.97 ID:JprJiyNx
確かに不死身の人間はいないから、人は全て生まれながらにして死刑の執行猶予状態と言える
しかしそれが死刑を肯定する理由にはならないのは当然である

738 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 03:40:09.24 ID:Ly9GykN5
>>737
独特の世界観だね。
ラノベでも書いてれば?

739 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 04:06:55.30 ID:JprJiyNx
存痴くんの狂気には遠く及ばんわ

740 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 09:33:49.17 ID:cEfOB+pB
>>736
こうして強制的に命を奪うことも寿命で命がなくなることも糞味噌にした言い訳するたびに死刑の正当性を否定してしまう自己矛盾

741 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 10:58:08.61 ID:doN33T2a
>>737
違う違う。不死身の人間がいないことは、死刑を肯定する理由になるのではなく、
廃止論により死刑を否定する理由が無くなることに繋がる。

総ての人間はいつか死ぬ。

細菌やウィルスによって殺されるか、過失によって殺されるか、鬱によって殺されるか、自決するか、老化というシステムに殺されるか。
死刑廃止国のミサイル誤爆により殺されるか、死刑廃止国の警官に射殺されるか、死刑廃止国のマフィアによって殺されるか。

『日本の死刑制度』ってのは、この中で、私利私欲により故意に行われる殺人行為、あとは国家転覆を目論むテロリストを断じる制度なんだよ。

だから、この価値観を覆さないと廃止論は通用しないんだよ。

廃止論は、殺人くらい良いじゃん。国家は敵。なんて言ってるからもう話にならないんだよ。

廃止論が死刑に反対しているんじゃなく、廃止派ってのはそもそも死刑制度の敵なんだから。



742 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 14:05:48.89 ID:DiuyZZc3
>>735

再審請求も裏表がありますな。
死刑レベルの犯罪者が弁護士のおかげで社会に出てまた犯罪を犯すリスクも
計算しなければならない。
冤罪だったら良いけれど、冤罪じゃなかったら新たな生命が奪われる。
その可能性は如何でしょうか?

冤罪死刑はまだ存在しておらず可能性という論理レベルの話だけど、
犯罪者が弁護士の力で出所して殺人を犯した話は現実に存在する。
0と1では全然違いますからな。

小野悦男事件の話を読みながらそう思いました。

それと懲役刑で獄中死すれば再審請求でき再審無罪を勝ち取れるのか?
冤罪死刑は現実に存在しないが、懲役+獄中死の冤罪も存在するんですよ。
死刑なら当然、もはや取り返しがつきません。じゃあラジオ商殺人の逮捕された
人に対しては取り返しがついたんでしょうか?

徳島ラジオ商殺人事件の記事を読みながらそう思ってみたり。


再審請求云々は、結局のところ本物の冤罪者を助けるとは限らず新たな犠牲者を
出す可能性もある上に、冤罪で投獄される人を救うとも限らない。死刑制度の存廃
の理由になるほどの制度じゃないと思いますな。おまけ程度の制度。

743 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 14:37:29.35 ID:cEfOB+pB
>>742
>再審請求も裏表がありますな。
死刑レベルの犯罪者が弁護士のおかげで社会に出てまた犯罪を犯すリスクも
計算しなければならない。
冤罪だったら良いけれど、冤罪じゃなかったら新たな生命が奪われる。
その可能性は如何でしょうか?

の可能性の為に無実かもしれない人間までさっさと殺せという訳か?

>冤罪死刑はまだ存在しておらず可能性という論理レベルの話だけど、
死刑執行後警察側は再調査に協力しないからね。確認されていないだけ

犯罪者が弁護士の力で出所して殺人を犯した話は現実に存在する。
0と1では全然違いますからな。

>小野悦男事件の話を読みながらそう思いました。

それと懲役刑で獄中死すれば再審請求でき再審無罪を勝ち取れるのか?
冤罪死刑は現実に存在しないが、懲役+獄中死の冤罪も存在するんですよ。
死刑なら当然、もはや取り返しがつきません。じゃあラジオ商殺人の逮捕された
人に対しては取り返しがついたんでしょうか?

冤罪で死刑になるのと冤罪で懲役刑になるのではどちらがより取り返しがつかないでしょうか?
0と1では全然違いますからな。



>徳島ラジオ商殺人事件の記事を読みながらそう思ってみたり。


再審請求云々は、結局のところ本物の冤罪者を助けるとは限らず新たな犠牲者を出す可能性もある上に、冤罪で投獄される人を救うとも限らない。死刑制度の存廃
の理由になるほどの制度じゃないと思いますな。おまけ程度の制度。

被告人の不利益の話から論点をすり替えていますね。
>>713
合理的な説明をどうぞ

744 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 14:56:28.70 ID:caBez8Ik
人を殺めたら自らの生命を差し出す。
これって日本の美徳なんじゃないか?
俺が思うに、廃止論者は『他人に無関心』の最も重罪に匹敵する犯罪者である。

745 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 14:57:01.12 ID:DiuyZZc3
>>743
>の可能性の為に無実かもしれない人間までさっさと殺せという訳か?

有罪かもしれない人間を出所させることと裏表ということです。
冤罪死刑で死んだ人はおりませんが小野悦男事件で弁護士のおかげで
死んだ人はおりますな。

>死刑執行後警察側は再調査に協力しないからね。確認されていないだけ

証拠も無いのに確定していないことをさも有ったかのように主張されても困ります。
懲役刑であっても警察が再調査をしないことは変わりません。

>冤罪で死刑になるのと冤罪で懲役刑になるのではどちらがより取り返しがつかないでしょうか?

0と1では比較にならん。
冤罪死刑が存在していないので現状では懲役刑と言わざる得ない。
死刑の方が確認を厳密にやるのかもしれませんね。仙台の筋弛緩剤事件でも
死刑回避したでしょう。冤罪の可能性があるなら死刑級犯罪でも死刑を回避する
証左かと思います。

>被告人の不利益の話から論点をすり替えていますね。

いや死刑制度は別に被告人の為に存在するわけじゃないので。

746 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 18:40:40.55 ID:ssuW5Cok
廃止派の95%が韓国、朝鮮人でただの犯罪者思考の基地外なんだから、まともに相手するだけ無駄。
話が通じる相手じゃない。
朝鮮人は日本人とは絶対に相入れない民族

747 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 20:42:00.25 ID:cEfOB+pB
>>745
>有罪かもしれない人間を出所させることと裏表ということです。
冤罪死刑で死んだ人はおりませんが小野悦男事件で弁護士のおかげで
死んだ人はおりますな。
1か0の話ではないよ。
寿命まで冤罪を晴らす可能性がある懲役刑と寿命の前に死ぬ死刑ではどちらが冤罪を晴らす可能性が高いかの話。

>冤罪死刑が存在していないので現状では懲役刑と言わざる得ない。

いいえ確認されていないだけ存在していないとは言いいきれませんよ。

>死刑の方が確認を厳密にやるのかもしれませんね。仙台の筋弛緩剤事件でも
死刑回避したでしょう。冤罪の可能性があるなら死刑級犯罪でも死刑を回避する
証左かと思います。

いいえ状況証拠だけで物証に乏しい案件でも死刑判決はでていますよ。
それ以前に>>713にたいして合理的説明ができないから

>いや死刑制度は別に被告人の為に存在するわけじゃないので。

とあさっての方向向いちゃっていますね。

>>713
にたいして合理的説明をどうぞ

答えられないで個人的な価値観語りたいなら個人のブログででも主張して下さい。

>いや死刑制度は別に被告人の為に存在するわけじゃないので。






748 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 21:04:49.81 ID:DiuyZZc3
>>747
>>寿命まで冤罪を晴らす可能性がある懲役刑と寿命の前に死ぬ死刑ではどちらが冤罪を晴らす可能性が高いかの話。


もともと可能性的にどちらも極限まで低いので比べることに意味があるのか?
0・0000001パーセントと0.000000001を比較しているような話だな。

もともと確立論じゃなくて可能性があるかないかの話ですから
冤罪死刑の可能性を考慮するなら、冤罪懲役刑で獄中死する可能性もある限りは
やっぱりダメなんですよ。

>いいえ確認されていないだけ存在していないとは言いいきれませんよ。

論証して頂かないと意味がありません。単に可能性の話なら冤罪懲役で
獄中死もありえるんだから懲役もダメって話になるだけです。

>いいえ状況証拠だけで物証に乏しい案件でも死刑判決はでていますよ。

科学捜査全盛になればそれも無くなると思いますよ。別に死刑と関係の無い話で
社会は冤罪死刑も冤罪懲役もわけ隔てなく許さない方向なのです。

>それ以前に>>713にたいして合理的説明ができないから
とあさっての方向向いちゃっていますね。

そりゃそうです。君の主張713は的外れですから。
713って死刑の否定の理由がこれ単に再審請求が出せるか出せないかだけでしょう?
当然死刑で執行されれば死人に再審請求は無理でしょうけど、だから何?って話です。

つまり死刑で死体になった人が再審請求できないことは人権侵害でも
違憲でも違法でも無いんですね。何が問題なんですか?
君がこれを問題視しているのはわかるが司法や社会では別に問題と認識していない。
囚人の再審制度の為に刑罰が存在するわけじゃないから。刑罰の執行は再審制度
に拘泥していない。再審制度は被告の為にあるんでしょう。でも死刑制度は被告のために
存在するわけでは無い。被告のために存在する再審制度の有無で、被告のために
存在するわけではない死刑制度を否定するのは無理かと思います。


749 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 22:01:09.00 ID:cEfOB+pB
>>748
>もともと可能性的にどちらも極限まで低いので比べることに意味があるのか?
0・0000001パーセントと0.000000001を比較しているような話だな。

その数字とやらを論証して頂かないと意味がありません。

>もともと確立論じゃなくて可能性があるかないかの話ですから

1か0かではないと言い出したのは君だけどね。
もうブレブレ

>冤罪死刑の可能性を考慮するなら、冤罪懲役刑で獄中死する可能性もある限りは
やっぱりダメなんですよ。
再審請求や補償さえできない死刑はそれ以下なんで
>いいえ確認されていないだけ存在していないとは言いいきれませんよ。

>論証して頂かないと意味がありません。単に可能性の話なら冤罪懲役で
獄中死もありえるんだから懲役もダメって話になるだけです。

懲役刑で冤罪死刑になる可能性は絶対ありません。

>科学捜査全盛になればそれも無くなると思いますよ。別に死刑と関係の無い話で
なんだ「思いますよ。」って話か?いくら科学捜査が向上してもそれを捏造したり隠滅したりするのは人間なんで

>そりゃそうです。君の主張713は的外れですから。
713って死刑の否定の理由がこれ単に再審請求が出せるか出せないかだけでしょう?
当然死刑で執行されれば死人に再審請求は無理でしょうけど、だから何?って話です。

つまり死刑で死体になった人が再審請求できないことは人権侵害でも
違憲でも違法でも無いんですね。何が問題なんですか?
君がこれを問題視しているのはわかるが司法や社会では別に問題と認識していない。

君が問題視していないだけ単に「あきらめろ」を長文にしているだけ

>囚人の再審制度の為に刑罰が存在するわけじゃないから。刑罰の執行は再審制度
に拘泥していない。再審制度は被告の為にあるんでしょう。でも死刑制度は被告のために
存在するわけでは無い。被告のために存在する再審制度の有無で、被告のために
存在するわけではない死刑制度を否定するのは無理かと思います。

ポエムは他所で

750 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 22:34:55.39 ID:DiuyZZc3
>>749
>その数字とやらを論証して頂かないと意味がありません。

近似値を言えば0。

>1か0かではないと言い出したのは君だけどね。
もうブレブレ

確率論的に低すぎて意味が無いって話です。既に論理的可能性としてあるかないかの
話にすぎません。

>やっぱりダメなんですよ。
再審請求や補償さえできない死刑はそれ以下なんで

私から見れば補償って金ですから冤罪死刑でも遺族に金払えばいいんじゃないか?
と思いますが。

>懲役刑で冤罪死刑になる可能性は絶対ありません。

冤罪獄中死の可能性があるだけで、冤罪死刑との共通点はもはや取り返しがつかない。
再審請求や補償があったら取り返しがつくわけじゃないので意味無いと思います。

>君が問題視していないだけ単に「あきらめろ」を長文にしているだけ

社会通念を長文にしたとお考え頂ければ宜しい。

>ポエムは他所で

私から見ると713がポエムかと思うのですが如何でしょうか?
端的に言って死刑執行された人は再審請求は出来ません。しかし別にそれは
問題ではありません。違法とも違憲ともされた過去はありません。じゃあそれを
問題と言っている713はなんでしょうか?
それってあなたの想い(ポエム)じゃないんですか?
少なくても法律論ではありませんね。

751 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 22:50:29.03 ID:Ly9GykN5
>>750
君がポエマーに一票

752 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 22:52:51.62 ID:Ly9GykN5
失礼>>751訂正

ID:DiuyZZc3くんがポエマーに一票

753 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 22:56:34.66 ID:Ly9GykN5
うわ同じ間違いをした
>>751-752訂正

ID:cEfOB+pB君こそがポエマー
ID:cEfOB+pB君こそがポエマー

だいじなk(ry

754 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 22:57:56.61 ID:Ly9GykN5
>>740
糞味噌なのは自滅している廃止論だけです。

容認派にとっては死刑は犯した罪の代償なので。

755 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 23:26:15.72 ID:cEfOB+pB
>>750
>近似値を言えば0。

君の希望的推測であって論証ではありませんね。
>確率論的に低すぎて意味が無いって話です。既に論理的可能性としてあるかないかの
話にすぎません。

現実に死刑確定後無罪になったケースは四例ありますよ。

冤罪獄中死の可能性があるだけで、冤罪死刑との共通点はもはや取り返しがつかない。
再審請求や補償があったら取り返しがつくわけじゃないので意味無いと思います。

完全にとりかえがつくわけではなかったらわずかでもとりかえしつくのも完全無視?

>社会通念を長文にしたとお考え頂ければ宜しい。

本人が補償できる可能性を排除して
>私から見れば補償って金ですから冤罪死刑でも遺族に金払えばいいんじゃないか?
と思いますが。

このような社会通念はありません。


>端的に言って死刑執行された人は再審請求は出来ません。しかし別にそれは
問題ではありません。違法とも違憲ともされた過去はありません。

それが冤罪だったケースであっても問題なし?

>>713の合理的説明になっていません。

ポエムは他所で


756 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 23:29:52.79 ID:Ly9GykN5
>>755
主体性のない反抗期クオリティで、中身が無いですね。
ポエムは他所で。

757 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 23:35:32.75 ID:cEfOB+pB
>>756
勝手に絡んできて的外れなポエム語られても

無理に絡まなくていいよ。

758 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 23:37:42.14 ID:Ly9GykN5
再審請求権崇拝の廃止論は

・再審請求権を運用の最上位に持ってこなければならないというコンセンサスは無い
・再審請求権を際限なく認めると、全ての刑が執行不能になる
・事実認定ではなく量刑のみが争点である場合には死刑が可能なのであれば、それは単なる死刑容認論。
・そもそも死刑だけが「不当に侵害」というのが言い張りに過ぎない

などの理由で、最初から「死刑廃止教」側に立っている人間にしか通用しない理屈だから、
素人を騙す以外の使い道はないよ。

死刑判決を受けて再審請求できなくなるのは死んだ後。
死んだあとに再審請求できないのは自由刑も一緒。
何度も指摘されてる。

その上、死刑判決を受けても再審請求はできるにも関わらず、「執行時点」を起点にするような異常な視点で誤解を招くように喋ってる。
さすがクズ製造機たる廃止論といえよう。

また結局、死刑廃止による再犯確率増加・冤罪可能性増大などの問題が解決しないので、
尊い尊い再審請求権のために「犠牲者を増やしてでも死刑廃止」というカルト的な思考であることも変わらない。

759 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 23:40:26.33 ID:Ly9GykN5
>>757
ポエム中ポエムとはやるねえー

760 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 01:34:50.09 ID:MVRYQ/9N
>>749
まぁ、罰金刑で冤罪獄死になる可能性も無いんだけどね。



761 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 01:40:21.49 ID:MVRYQ/9N

僕の意見は、確認できないけどあると思うんだ。だからあるのを前提にしないと駄目だよ。
だけど君の意見はは論証しないとポエムとして扱うよ。

これ社会通念なんだからね。

762 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 04:31:05.41 ID:r/FTcO7Z
>>寿命まで冤罪を晴らす可能性がある懲役刑と寿命の前に死ぬ死刑ではどちらが冤罪を晴らす可能性が高いかの話。

こういう事言う奴は、
寿命まで再犯する可能性がある懲役刑と寿命の前に死ぬ死刑ではどちらが再犯する可能性が高いかの話は無視。

763 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 11:27:14.31 ID:68A8VG18
>>758
>・再審請求権を運用の最上位に持ってこなければならないというコンセンサスは無い

最上位に持ってきてはいけないというコンセンサスもないな

>・再審請求権を際限なく認めると、全ての刑が執行不能になる

再審請求権・補償受益権を他の刑と同じレベルで保障することのどこが「際限なく認める」ことになるんでしょうかね

>死刑判決を受けて再審請求できなくなるのは死んだ後。死んだあとに再審請求できないのは自由刑も一緒。

存置論者の理解力のなさには開いた口がふさがらない。死刑によって強制的に再審請求権をはく奪されるのと、傷病によってその行使が立たれるのとはまったく別の話。死刑がなければはく奪されないわけだから。これだけ言って理解できないならこれ以上説明しようがないw



764 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 12:42:35.46 ID:90dq9Qp8
廃止派は日本人のフリしてんじゃねぇよ。
朝鮮人だろ。とっとと半島に帰れ

765 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 12:46:57.59 ID:90dq9Qp8
そもそもDNA鑑定の発達した21世紀の先進国で冤罪で死刑になるなんて天文学的確率。
死刑廃止論者は冤罪なんてのはただのこじつけで、単に犯罪者(自分ら朝鮮人)を死刑回避させたいだけ。日本人をいくら殺しても殺され損にするために

766 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 14:40:49.55 ID:uZqQo1dy
>>755
>>君の希望的推測であって論証ではありませんね。

現実問題として存在してないって話ですよ。

>現実に死刑確定後無罪になったケースは四例ありますよ。

でも冤罪死刑執行されたのは無いんでしょう?

>完全にとりかえがつくわけではなかったらわずかでもとりかえしつくのも完全無視?

特に制度改定が必要なほどでは無いというのが司法の判断であり社会の判断ですね。
司法や立法府や行政に君の主張が理由で死刑制度に異議があるという話が無いですから。

>このような社会通念はありません。

金銭賠償の原則。

>それが冤罪だったケースであっても問題なし?

何のことかわかりませんのでどの案件か具体的に記述するべきでしょう。

>ポエムは他所で

端的に言えば社会に了承されていない死刑廃止の理由も、具体的案件
の記述も無い冤罪死刑執行を問題視する姿の何もかもあなたの空想の
話ですよね?
私の論なんて「完璧なシステムは存在しない。もし問題が発生したら金銭賠償」
という血も涙も無い社会の現実の対応です。国家のミスで人が死ぬなんてこの世に
いくらでもあります。パトカーや消防車が人を轢いても人は死にます。でも交通システム
が完璧じゃないからと言ってパトカーや消防車の使用を中止するか?って話ですね。
現実の社会にポエムは通用しないことを理解すべきでしょうな。

767 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 14:51:59.02 ID:iKvKU6f2
>>765

それは言い過ぎだろう。
じつは、キリスト凶徒なだけだよ。
きっと。

768 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 14:59:24.46 ID:677fDM8E
>>767
元々、裁判や警察が信用されてないから科学捜査が発達しただけじゃないの?
日本がその気になれば、スプリング8で世界最高の科学捜査が出来そうだけどね。

769 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 15:25:39.15 ID:ZZu/u50J
>>766
君はシートベルトは必要だと思いますか?

770 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 15:37:14.04 ID:iKvKU6f2
yokoresusuruto
間違いがない範囲で述べれば、
一定以上のスピードが出る乗り物がなければシートベルトは不要だね。

771 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 15:40:15.47 ID:ZZu/u50J
>>770
一定以上のスピードが出る乗り物だったらシートベルトは必要だってこと?

772 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 15:52:45.42 ID:iKvKU6f2

キミねぇ、対偶って知ってる?

773 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 16:03:19.24 ID:H0VLQUDS
じゃあ刑法にはシートベルトが必要だってことだね。
安全を保つ為には拘束が必要だってことだね。

774 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 16:17:46.10 ID:iKvKU6f2

どうして、「じゃあ」なのか不明なんだけど。

775 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 16:21:35.40 ID:90dq9Qp8
シートベルトの下りが意味不明

まぁそれはどうでもいいとして、死刑廃止論者は正直に
私は朝鮮人だけど日本人を殺した程度で在日同胞が殺されるのはおかしい。だから「日本では」死刑はなくすべきだ。中国はどうでもいい

って言えよ

776 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 16:24:22.06 ID:H0VLQUDS
>>774
つうか、刑法の最高刑たる死刑をシートベルトに喩えたんじゃないの?

一定以上のスピードが出る乗り物=命にかかわる=殺人 を防ぐ為の拘束手段=シートベルト=死刑

じゃないんかね?

そうじゃないのだとしたら、何でシートベルトなんか持ち出したんだお前ら。シートベルト愛好家かフェチかなんかか?

スレ違いですよ^^;

777 :法の下の名無し:2012/05/31(木) 18:06:38.20 ID:TdiuHiRi
一般的には常識とされている、
 真実は一つだけ
 怒りは自然な感情
 戦争・テロは無くならない
 死刑には殺人の抑止力がある
 虐められる側にも虐めの原因がある
 自己チューな人間ほど自己愛が強い
などの間違いを解説ちう m9(`・ω・)ビシ
義務教育では教えない最新哲学  感情自己責任論

778 :法の下の名無し:2012/06/01(金) 10:21:16.25 ID:ibUaaEqY
真実は一つだけ  → 事実は一つ、解釈はいろいろ
怒りは自然な感情  → 怒りは感情の一つ
戦争・テロは無くならない  ― 過去には無くなったことはない
死刑には殺人の抑止力がある → 死刑には再犯殺人の抑止力がある
虐められる側にも虐めの原因がある ― 「虐められ・・・」ことがある
自己チューな人間ほど自己愛が強い → 「自己チュー・・・」と考える人もいる

で、何が言いたい?


779 :法の下の名無し:2012/06/02(土) 19:58:22.80 ID:mErFhXrc
言いっぱなしのお花畑と、自滅理論と、言葉の暴力と、卑怯な手段。

日本の廃止論にあるのはこれだけ。

780 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 01:45:59.95 ID:B7TPZlg1
>>769
>>君はシートベルトは必要だと思いますか?


必要だと思います。

781 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 02:47:12.84 ID:apinufHv
>>780
それは、シートベルトの着用を義務づけた制度が必要という意味でしょうか?
シートベルトは窮屈だからつけたくないけど捕まるのが嫌だから渋々つけてる人もいる筈。
そういう人であってもシートベルトは必要だと思いますか?

782 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 02:59:51.25 ID:B7TPZlg1
>>781
>>それは、シートベルトの着用を義務づけた制度が必要という意味でしょうか?
シートベルトは窮屈だからつけたくないけど捕まるのが嫌だから渋々つけてる人もいる筈。
そういう人であってもシートベルトは必要だと思いますか?

統計上、現にシートベルトで死亡率が下がっており交通事故死亡者数も
実際に下がりましたからマクロ的には必要だと思います。
私が警察官僚で交通事故死を下げようと志すなら必要と考えて法的に強制するでしょう。
まあ現に今強制されてるわけですが。

しかしながら個人的見解に限って言えば個々の勝手かと思います。
生きるも死ぬもその人の自己責任ですから。
さすがに個人の立場で他人の生き死にの面倒まで見られません。
好きにしろっていうのが忌憚無い意見です。

783 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 03:22:35.80 ID:apinufHv
>>782
ならば死刑制度のそんざいそのものや、死刑執行によっても凶悪殺人率が下がっていると云えると思いますよ。

そうとは限らない。他の要素が原因かもしれない。というならば、

シートベルトにも同じことが言えます。
車の衝突安全性ボディやエアバッグ機能の充実。その他の運転性能。ハンドリング、ブレーキ性能。ABS。道路整備。信号整備。
運転者に限らない国民全体の交通安全意識の高まり。その他もろもろ。

784 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 04:13:05.06 ID:B7TPZlg1
>>783

江戸時代以前から今までずっと日本は死刑制度はあったわけで、
シートベルトで言えば車の法律が出来たときからシートベルト強制条項
があるようなものです。

シートベルトのように、以前は強制されていなかったけど、ある年から
義務化されたというのなら、その年を境に統計学的に違いがわかりますが、
死刑制度は一貫して昔から存在していて境が無いので、統計学的な変化は
わからないんじゃないかな。

785 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 12:15:15.18 ID:apinufHv
>>784
自分で何言ってるか分かってますか?

786 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 12:29:19.05 ID:hVmOaH4e
シートベルト着用による交通事故での死亡率は事故調すれば簡単に統計取れるだろ
死刑の存在による犯罪率の増減は統計取ってもよくわからんってのが一般的認識
日本以外の先進各国が死刑廃止に熱心なのも統計的理由が主ではない

787 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 12:46:34.92 ID:apinufHv
>>786
誤)一般的認識
正)廃止派の認識と押し付け

788 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 12:47:31.78 ID:apinufHv
>>786
誤)統計的理由が主ではない
正)統計的理由では分が悪いからスルー

789 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 13:16:56.18 ID:B7TPZlg1
>>785

実は782の意味がいまいちわからなかったが
死刑制度はシートベルトと同じでシートベルトで死亡率が下がるように
死刑制度で凶悪殺人率が下がっているであろうと言っているのではないんですか?

ただし、シートベルトで言えば「車の衝突安全性ボディやエアバッグ機能の充実。その他の運転性能。ハンドリング、ブレーキ性能。ABS。道路整備。信号整備。
運転者に限らない国民全体の交通安全意識の高まり。その他もろもろ。」のように
複合的要因はいっぱいあるということで。

死刑制度があっても統計的に犯罪率が下がることが判断することは難しい
ことを示唆しているように思ったんですが違うんですか?


790 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 13:42:49.82 ID:hVmOaH4e
>>788
統計的に有意な水準で相関があると証明できたデータをまず示せ
それができりゃこの問題は解決だよ、よかったね

791 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 19:10:17.84 ID:apinufHv
>>790
>統計的に有意な水準

その水準を廃止派が恣意的に決めつけているだけだから廃止派に言っても仕方が無い。
廃止派が認めない水準であるというだけで、そのデータは決して廃止派にとって有利なものでは無いからな。

792 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 19:15:28.29 ID:apinufHv
>>789
あなたは自分で自分の書き込んだ内容の意味が分からなかったんですか?

複合的要因がいっぱいあるにもかかわらず、シートベルトは有用だと決めつけ、
死刑制度は有用では無いと決めつけていることはオカシイと指摘したまで。

793 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 23:20:17.10 ID:B7TPZlg1
>>792
>あなたは自分で自分の書き込んだ内容の意味が分からなかったんですか?

自分で自分の書き込んだ内容は当然わかるが君の主張はよくわからん。

>複合的要因がいっぱいあるにもかかわらず、シートベルトは有用だと決めつけ、
死刑制度は有用では無いと決めつけていることはオカシイと指摘したまで。

シートベルトが物理的原因で有用であることは間違い無いので
死亡事故を減らす観点から見れば装着するのは正しい。別に複合原因があっても
無くてもそれ自体は関係の無い話ですな。

死刑制度も同じで他の複合要因がどうであろうと、死刑制度自体が有用であると
国民が判断するならあってしかるべしかと思うが何か問題でもあるんですか?


794 :法の下の名無し:2012/06/04(月) 00:12:26.91 ID:rv2H590+
>>793
>>789>>782は君が書いたレスじゃなかったんですか?

>シートベルトが物理的原因で有用であることは間違い無いので
>死亡事故を減らす観点から見れば装着するのは正しい。別に複合原因があっても
>無くてもそれ自体は関係の無い話ですな。

おや?言う事が変わりましたな。
君の価値観で有用かどうかを聞いているのではないですよ?
君は、交通事故死者減少に、シートベルト着用の義務化が関わっていることは統計学的に明確だと述べたんよ?

795 :法の下の名無し:2012/06/04(月) 00:14:24.08 ID:rv2H590+
都合が悪くなると話をコロコロ変えるようじゃ説得力の欠片も無いですよ?
まぁコテハン名乗ってても話をコロコロ変えてたから、もう根っからそういう人間なんでしょうけども。
能力とか知識以前の問題ですね。廃止派って。

そういう人間しか廃止派にはならないのでしょう。

796 :法の下の名無し:2012/06/04(月) 00:37:17.32 ID:zE7bxB7i
相手を不当に貶めることでしか自分の正当性を主張できない存痴くん

797 :法の下の名無し:2012/06/04(月) 12:08:28.56 ID:9cMA4R9Z
>>794
>>おや?言う事が変わりましたな。
君の価値観で有用かどうかを聞いているのではないですよ?
君は、交通事故死者減少に、シートベルト着用の義務化が関わっていることは統計学的に明確だと述べたんよ?


言う事が変わるも何も両方正しいですから。
メーカーがどれだけ人形壊して実験しているでしょうか?

私の言葉が信用できないならメーカーに問い合わせると良い。
車の構造が進化して安全性は飛躍的に高まってますが
シートベルト無しでも安全ですか?と。
作っている当人達に聞くのが一番でしょう。

798 :法の下の名無し:2012/06/04(月) 17:12:47.20 ID:rv2H590+
>>797
じゃあ死刑制度の存在によって凶悪殺人が防げている事実があることもまた、正しいですね。
それで良いと思いますよ。

君の好きなものだけ認めて嫌いなものは認めないってやるからオカシイって言ってるだけです。


799 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 06:16:37.28 ID:NjcQIKQy
シートベルト非着用者の事故死亡率は着用者の14倍
これはJAFの公式統計であり明確な一般的事実

死刑の犯罪抑止効果は不明

800 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 09:46:36.95 ID:qGEwIX3d
再犯抑止効果が100%だと何度言えば理解してくれるんだい?

801 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 12:04:13.17 ID:mirPy0Dv
>>800
再犯防止効果が100%でないことは存置派の方々が証明して下さっていますよ。
終身刑での再犯防止効果を語ると決まって出てくる台詞が
「脱獄や建物倒壊による逃亡の可能性」
死刑確定=即死刑執行とはなっていませんから当然、死刑執行待ちの囚人にも同じことが言えます。


802 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 12:24:42.92 ID:qGEwIX3d
実例を挙げてくれ。
死刑になって再犯した例のな。

803 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 16:07:53.96 ID:LiuCiKIP
>>801
今の拘置所を脱獄できるもんならしてみろよ
東日本大震災並の地震がきて、なおかつ津波が拘置所を襲えば可能性もあるがな
死ぬ可能性のほうが圧倒的に高いけど

804 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 16:10:41.76 ID:LiuCiKIP
揺れだけじゃ日本の建物はほとんど損壊しないから諦めなさい。
実質的に死刑囚の脱獄は100%不可能です。
少年院ならわからんが少年院をわざわざリスク犯して脱獄しようなんて輩いないし。

805 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 16:14:41.45 ID:LiuCiKIP
>>801
終身刑はジジイになってから出てくる可能性わずかながらにあるから死刑よりだいぶ軽い。
ショージャンクの空にっていうアメリカの映画見て見なさい。あんなのは認めない。
犯罪者に生きる希望与えちゃ駄目よね


806 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 19:42:24.28 ID:RilG7sxN
>>801
日本語リカイデキマスカ?

終身刑執行後も再犯の可能性があるのに対し、死刑執行後には再犯の可能性はありません。これ、リカイデキマスカ?
そもそも、終身刑は存在しませんので架空の刑罰です。現実には無期(期日が決められていないだけの)懲役刑しかありません。
脱獄せずとも、普通に外に出る人間がいます。赦せませんね。

807 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 20:13:01.24 ID:NjcQIKQy
なんで犯罪抑止と再犯抑止がごっちゃになってるわけ?

808 :法の下の名無し:2012/06/06(水) 20:30:02.50 ID:RilG7sxN
>>807
ごっちゃも何も殺人被害の減少が目的だからですけど?

809 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 00:09:54.21 ID:z6Tq8hgi
よくソンチーズは死刑存置理由として「再犯を100%防止できるから」というのを挙げるが、
なぜ懲役刑の再犯は100%防止しようとしないのか謎だよねw

810 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 00:39:45.23 ID:kFR7q2RR
>>809
それは懲役刑だから。
何が謎なのかそれが謎。

811 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 01:57:01.30 ID:HxYlDUIp
>>806
>終身刑執行後も再犯の可能性があるのに対し、死刑執行後には再犯の可能性はありません。これ、リカイデキマスカ?
おやおや変ですね。「死刑執行後には」などとはどこにも書いていませんでしたよ。君が後付けで言い出したことをリカイデキマセンカ?と言われてもエスパーじゃないんで
死刑執行待ちの囚人は死刑囚ではないとでも

>現実には無期(期日が決められていないだけの)懲役刑しかありません。 無期とは満期が無いことを意味し一生続く刑であって終身刑の一種。君の言っているのは不定期刑で無期とは異なる。正しい知識を身につけてから発言しましょう。

>脱獄せずとも、普通に外に出る人間がいます。赦せませんね。
普通に外に出れませんね。仮釈放の平均年数は30年以上で大半は獄中死、特に重大な凶悪事件に対してはマル特無期が指定されて仮釈放されたケースはありません。


812 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 03:44:49.07 ID:2gxhRLbt
>>811
ところどころ嘘ばかりついてるな
さすが朝鮮人は息を吐くように嘘を付く

813 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 03:52:32.64 ID:HxYlDUIp
>>812
嘘と指摘するなら具体的にどうぞ

814 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 05:32:04.22 ID:aD3UDWjo
ただのネトウヨにマトモな法知識なんかあるわけないじゃん
結局相手を不当に貶めることでしか自分の正当性を主張できないんだよ存痴くんは
悲しいね

815 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 05:49:50.80 ID:tgg1SPYW
ネトウヨのリテラシーは高いぞ
それこそ法的なことも含めて、歴史や政治の知識も必須

816 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 08:41:27.42 ID:5KvQTaxt
>>814
企業の事故や不祥事の被害者には保障や罰則が少ないと言うのに
殺人鬼に殺されたら諦めろと言う廃止派の不思議な論理


817 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 11:01:23.17 ID:hyxQ+pb8
>>811
じゃあ、一つ具体例を挙げるね。

「死刑の再犯防止率100%」が
「死刑囚は再犯が可能」に変換されるのは何故?

そして、あなたの言い種の通り 死刑囚が再犯した具体例を挙げてください。

818 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 16:32:37.76 ID:5KvQTaxt
そういえば武田治郎てのがいたな

819 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 16:55:14.55 ID:2gxhRLbt
死刑廃止派は「ネトウヨ」って言葉が大好きだよね〜
これだけでもどこの人間だか手に取るようにわかるわなw
大月順子みたいな韓国系団体なんだろ。自分が犯罪犯した時に死にたくないから死刑廃止唱えてるだけ。
祖国に帰れや害虫

820 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 16:57:55.91 ID:2gxhRLbt
朝鮮人とは対話不可能
すなわち廃止派との対話は不可能

犯罪者思考の少数派の廃止派の意見なんざ多数派で捻り潰してやんよ
死刑が嫌なら韓国に帰れや

821 :法の下の名無し:2012/06/07(木) 17:05:27.36 ID:2gxhRLbt
まぁ廃止派の朝鮮人はネットじゃ相手してもらえるだけ有難いと思えよw
リアルじゃ誰にも相手にされないからただ吠えて暴れるくらいしか出来ないだろうしw
お前らが生きてるうちに日本が死刑廃止になる可能性は0%(笑

822 :法の下の名無し:2012/06/08(金) 16:13:28.48 ID:282dN3F8
>>810
>それは懲役刑だから。

それ答えになってないよw  もういちど>>809を読んでみ

823 :法の下の名無し:2012/06/08(金) 17:25:20.50 ID:8oGPxhcG
>>822
質問に質問で返して申し訳ないが
軽犯罪の再犯防止すら出来ないのに死刑囚の再犯防止は不可能って事?
それとも道にツバを吐いただけで死刑にしろって事?

824 :法の下の名無し:2012/06/08(金) 18:51:46.95 ID:yJTW65q2
>>822
懲役刑が答えにならないなら
選択肢は死刑か無罪かの二者択一しかないなw


825 :法の下の名無し:2012/06/08(金) 19:03:47.62 ID:WbsWbpsb
>>809

死刑存置主義者は別に懲役が死刑廃止派のような教育刑に類するものに
なり得ないと考えている。教育すればオールオッケーでは無くて何があっても
再犯は確率論的に有り得ると考えるわけですね。

で、懲役はあくまでも刑罰。教育刑では無い。
再犯率が存在し続けることは不可避と考えて
ただし箍の外れた死刑級犯罪者は再犯されると困るわけ。


826 :法の下の名無し:2012/06/08(金) 19:33:58.42 ID:HfC2cl15
死刑廃止派は絶滅危惧種

827 :法の下の名無し:2012/06/08(金) 22:40:23.20 ID:nLyKnwmx
と言うか在チョンだけだろ

828 :法の下の名無し:2012/06/09(土) 01:32:07.17 ID:jlV1kdHx
死刑廃止論者の人物像

http://www.youtube.com/watch?v=l2C9lv5t0yQ

829 :法の下の名無し:2012/06/09(土) 03:42:43.41 ID:06blIYqP
日本の右翼は朝鮮系がほとんどだという現実すら知らないネトウヨ

830 :法の下の名無し:2012/06/09(土) 17:36:31.65 ID:jlV1kdHx
韓国嫌いな人を右翼って言うんじゃないの?
韓国嫌いな朝鮮人って見たことないな
エセ右翼なら朝鮮人だけど

と言うか右翼左翼って定義はいらない。
半島大好きと半島大嫌いでいいだろと

831 :法の下の名無し:2012/06/10(日) 00:39:04.47 ID:7e8J0MQ3
>>809
つ「バランス」

832 :法の下の名無し:2012/06/10(日) 16:11:06.88 ID:7h7CYjga
{`─────/\  r-─‐/\ r‐-|  7  
 `7  /ヘ| ̄アィ、   ´|  ||   | | :|  |
  /  /|  l  |/ \ r-'  Ll  .ヘ  |  |
 / /ミ'  l   /^~ `~|   「l  「l  .|  |  
 ´ (_   /|  |_/l   l  | |  | !_!|  |
  / / .l     ) /  / .|  | =ミ   | 
-=彡‐''´  `──‐''゙ /_,ィ'  '─゙  └‐‐'
                       _
 __|__  _|___ ヽヽ   /  \
 __|__   | __       │    │
   _|      |            ヽ  /
 <_| ̄\   | __.          │
                        〇


833 :法の下の名無し:2012/06/10(日) 20:04:08.10 ID:YVQCUqtN
>>829
日本の極左や極右は日本人じゃないよ

834 :法の下の名無し:2012/06/10(日) 21:47:44.96 ID:zEHQYbWt
賛成派として一言。

廃止派には美濃大和さんの書いた「死刑絶対肯定論」読んで欲しい
殺人罪で収監中の現役死刑囚が書いた本だが、実際の死刑囚がいかに自らの罪を反省していない
か、いかに司法を舐めてるかよく分かる。

勿論この本だけで死刑存知議論の全てを解決出来るとは思ってないが、廃止派の人には参考までに
是非手にとって欲しい一冊だわ。

あと賛成派の意見として加えておきたいのが

「死刑になる様な罪を犯した人にも悲しい過去が・・・」
⇒でっていう。それ含め人格だろうが。悲しい過去があれば他人を殺していいんですね。

「殺すよりも、真人間に更生させて生きて罪を償わせよう!」
⇒でっていう。そもそも犯罪犯すほどの人間がそんな殊勝な訳ねーだろ。
第一加害者がいくら更生しようが被害者は戻ってこねーんだよ。

835 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 01:46:29.29 ID:hKHQCi0Q
>>823-825
こういうレスを読むだけで存置派の日本語理解力のなさがよくわかるわ

836 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 02:45:02.42 ID:zi1cPeV1
結局のところ、今は死刑になるための殺人がレアケースだから死刑のメリットが勝るわけだろう?
同様の事件が死刑事犯の過半数を超えたら一気に死刑廃止に流れるのが日本人の心理だよな

日本の年間死刑確定者数はなぜか2005年から急増してるがそれでも多くて二十数人
多めに見ても月イチペースで事件が起きれば過半数になるわけだ
その手の事件はマスコミも大きく扱うから実際は年に3件くらいでもビビって動き出すな
http://www.geocities.jp/hyouhakudanna/number.html

837 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 03:12:58.97 ID:zi1cPeV1
>>834
反省しないってのは主に粗暴犯や営利犯の話だからね
ならず者の抗争やリンチでもなく損得も関わらないような
わけのわからない理由でぽんぽん殺されるような時代には意味のないことだよ
最近の死刑囚は軟弱なやつばかりだから反省はしなくても
拘置所が辛くて長いからものすごく後悔はするだろうな

でも個人的にはそれもどうでもいいんだよ
反省も更正もはなっから期待してない、単純に廃止すれば殺人が減ると思ってる
連続不審死事件の木嶋みたいなのは死刑があっても結局やってるわけだから
暴力団もどんどん解体されるし徒党を組んで暴れまわる元気のある若者減ってるし
営利犯と激情と怨恨は死刑があろうがなかろうが結局やるだろう
今まで死刑のせいで思い留まっていたやつが殺人するようになるって?
それは物事を損得で考えてる証拠だろ、そういう思考ができるやつは
無期懲役でも割りに合わないと考えるんだよ、結局やらない

838 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 04:15:38.09 ID:yQ/CyOkP
>>836
仮に「死刑になりたいから殺人犯した」というやつが大量増殖したとして、
別に死刑廃止の必要性はないけど。
死にたがっているやつなら、終身刑にしてやればいい。生きたがっているやつなら死刑にしてやればいい。
それだけの話。

839 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 05:40:26.83 ID:hKHQCi0Q
>死にたがっているやつなら、終身刑にしてやればいい。生きたがっているやつなら死刑にしてやればいい。

だったら「死にたい」って言うだろうねw そもそもそんな反論じたいがナンセンスだけどw

そして、死刑になりたい奴は増殖してるようですなw

【心斎橋男女刺殺】 容疑者「自殺しようとしたが死にきれず、人を殺せば死刑になると思いやった」…大阪★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1339351965/

840 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 11:40:25.47 ID:bAfY+6Wy
自暴自棄。これは防ぎようが無い。
死刑があれば死刑になりたかったといい、
終身刑しか無ければ終身刑になりたかったという。
要するに身勝手であるということが分かるだけ。
こいつらの言葉にはそれ以外の意味は無い。

841 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 12:42:49.22 ID:dgw/Wh5p
>>839
死刑になりたくて殺人したら、一生殺さず拷問の刑するという新制度を作るべき。

これを作れば、拷問刑は実施されずに死刑だけが実施されることになる。


そして拡大自殺の理屈の影も形も無くなる。

もともと存在しなかったものだがな。

842 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 13:40:50.96 ID:qPMKK4uu
>>839
>だったら「死にたい」って言うだろうねw
おやおや?矛盾しているね。
本当に「死刑になりたいなら殺した」というやつがいっぱいいるのなら、
どうしてそいつらが死刑を回避しようとするのだね?

843 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 13:52:21.58 ID:KmIZmGZe
>>842
心境の変化も考えられるからね。
犯行時は自暴自棄になって「死刑になりたかった」と思っても捕まって冷静になった時に「死にたくない」と思うこともあるんじゃね。
心境の変化なんて誰にもあることだから別に矛盾してるとは思わないよ。

844 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 14:02:45.11 ID:OK4JPEXl
>>843
心変わりしたなら、死刑にした方が犯人は嫌だろ?
そして刑罰ってのは「犯人のいやがることをする」ものなわけで。

845 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 14:40:26.83 ID:bAfY+6Wy
>>841
こんな馬鹿見たことねー。
脳タリン思考で廃止派の右に出るヤツはいねぇな!

846 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 14:45:51.03 ID:0sXP0DIX
>>843
それ犯行前に思ったら立派な抑止力じゃね?
心境の変化なんて誰にもあることなら、
死刑になりたくて事件犯したって言ってる奴が
死刑回避しようとすることが抑止力の証明になるじゃん。

847 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 14:55:49.98 ID:+U0EvhIq
死刑って無駄金使ってるよね
今回の大阪の無差別殺人で犯人は、家も仕事もないことを動機にあげている
それなら死刑に使うべき国の資金は、貧しい人へ使ってあげる方がマシだ

もちろん生活保護は悪印象が強いけど、実質的に貧困者を救う財政が必要なのに変わりはない
死刑は社会制度の不備を無理やり隠そうとしているようにしか見えん
大阪知事も「一人で死ね」とか言ってるし

848 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 15:02:21.48 ID:KmIZmGZe
>>846
>それ犯行前に思ったら立派な抑止力じゃね?

犯行前に「死刑になりたくない」と思わないんじゃ抑止力になっていないじゃん犯行前は「死刑になりたかった」んだから

>心境の変化なんて誰にもあることなら、
死刑になりたくて事件犯したって言ってる奴が
死刑回避しようとすることが抑止力の証明になるじゃん。

捕まってから心境が変化して死刑回避しようとしてもすでに犯行に及んだ後だから抑止力になっていないよね。


849 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 15:17:03.99 ID:OK4JPEXl
>>847
無駄?終身刑はさらに金かかるけど。
それとも凶悪犯を娑婆に出せと?w

850 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 15:18:56.52 ID:OK4JPEXl
>>848
死刑と共に「終身拷問刑」を設置しておけば解決だな。
つまり、犯行前に「死刑になりたいけど、もしかしたら終身拷問刑を食らうかも。「死にたくても死ねない」のは嫌だ」と思えば抑止力になるだろ?

851 :法の下の名無し:2012/06/11(月) 16:05:31.66 ID:0sXP0DIX
>>848
だから心境の変化するきっかけなんて誰にもわからないじゃん。
犯行前に変化している奴だっているでしょ。

絶対にいないっていいきれるの?

852 :法の下の名無し:2012/06/12(火) 07:30:29.96 ID:yJiIvwar
ソンチーズの日本語理解力のなさは異常

853 :法の下の名無し:2012/06/12(火) 10:57:47.21 ID:lxI6bW/V
クズのような意見にしか反論できないようだね。
これじゃ廃止派の自演だと思われてもしかたがないね。

854 :法の下の名無し:2012/06/12(火) 12:15:55.00 ID:UN8sCwh/
しっかし、日本には死刑廃止派ってのは只の一人さえ存在しないのかね?
廃止廃止喚きながら死刑制度維持のために必死に頑張ってる奴は沢山いるのに。

855 :841:2012/06/12(火) 15:39:10.77 ID:pLNkaP+n
>>845
お前には理解できないか。
廃止派が盲信する拡大自殺を吹き飛ばすことが出来るんだがな。
当然、その拷問刑は形骸化して然るべきものだよ。

その制度を建前として実装し社会的に大々的に宣伝したら、

『死刑になりたかったから殺人した』 と、




『主張することそのものが出来なくなる』   んだけど?


この意味理解できるか?


856 :法の下の名無し:2012/06/12(火) 15:50:33.99 ID:lxI6bW/V
止めろ! カス!!

857 :841:2012/06/12(火) 16:59:12.12 ID:pLNkaP+n
>>856
カスとは?
お前が私の事をカスと呼びたいならば勝手にすればいいが、何故そう思うのかくらいは明確にして欲しいものだが?


858 :法の下の名無し:2012/06/12(火) 17:10:21.45 ID:rT2lYyEu
あまりにも発想が幼稚だからカスって言われるんだよ

まぁマジレスするのもアホらしいが、
拷問刑ってのは憲法で禁止されてるのは知ってるな?
じゃあなんで禁止されてるかも知ってるな?
ちゃんと説明した上で持論の正当性を主張しなさい

859 :841:2012/06/12(火) 17:16:49.64 ID:pLNkaP+n
>>858
拷問を行うことは禁止されてるね。でも、実際には行わないって言っただろ?行う必要すらないんだしな。

で、何でID変えるの?

それに、別に拷問じゃなくてもいいし。

死刑を望んで殺人したら死刑にはならない、と明確にしたらその時点で拡大自殺は無くなるよってことを言っただけ。



860 :法の下の名無し:2012/06/12(火) 17:17:13.78 ID:rT2lYyEu
あなたの意見は例えるなら
「国家財政がヤバイなら所得税100%にすればいいよね」っていう意見と同じ

でもその主張のなかに「所得税100%にしたら国民の最低限度の生活は維持できなくなるけど、どうしよう」っていう解決策がセットになってないのね
だから誰の目から見ても君の意見は滑稽に見える

861 :841:2012/06/12(火) 17:20:15.33 ID:pLNkaP+n
死刑を望んで殺人したら死刑にはならない。と明確化するだけで、

「死刑になりたくて殺人した」 と犯人が主張することそのものが矛盾する。

はい終わり。

つうか、現状でも既に拡大自殺は矛盾しているんだけどな。それをもっと明確にするだけ。

862 :法の下の名無し:2012/06/12(火) 17:22:37.95 ID:lxI6bW/V
<で、何でID変えるの?>

妄想か、視野狭窄か。
所詮、その程度なんだから止めておけよ。

863 :841:2012/06/12(火) 17:22:40.56 ID:pLNkaP+n
>>860
君の意見のレベルが低すぎ;;
どうして国家財政が出てくるの?
日本語を理解していないだけのようだね。


拡大自殺は廃止派の建前だから、その建前を潰してやりゃあいいって言ったんだよ。意味が理解できる?

それともヤバいから必死?

864 :841:2012/06/12(火) 17:24:56.50 ID:pLNkaP+n
>>862
で?何でわざわざ書き込みし直したにもかかわらず、明確に指摘が出来ていないの?
何の為に書き込んだの?

853 名前:法の下の名無し[] 投稿日:2012/06/12(火) 10:57:47.21 ID:lxI6bW/V [1/3]
クズのような意見にしか反論できないようだね。
これじゃ廃止派の自演だと思われてもしかたがないね。

856 名前:法の下の名無し[] 投稿日:2012/06/12(火) 15:50:33.99 ID:lxI6bW/V [2/3]
止めろ! カス!!

862 名前:法の下の名無し[] 投稿日:2012/06/12(火) 17:22:37.95 ID:lxI6bW/V [3/3]
<で、何でID変えるの?>

妄想か、視野狭窄か。
所詮、その程度なんだから止めておけよ。


『所詮その程度なんだから止めておけよ。』

865 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 09:11:56.88 ID:9aIwr6N/
>>849
法務大臣の許可取って死刑設備

866 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 09:50:19.52 ID:9aIwr6N/
あらら、書き込んでたか。

>>849
死刑が存在するだけで死刑の教育が必要、設備が必要、手続きが必要…と、かなり金がかかる。
懲役囚はたくさんいるから設備費用が大人数で割れるし、
手続きが簡略かつ相部屋だから安上がり。
死刑囚は少人数で設備費用を割ってる。
しかも手続きが複雑かつ他の死刑囚の目に触れない独房、処刑費用が必要だから費用はかなりかかる。
懲役に一本化してしまえば設備費用も人件費も大幅に削減。
金の面で存置を肯定or廃止を否定するのには無理があると思われる。
少なくとも現行死刑制度だと死刑の方が金がかかるのは間違いない。

867 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 10:53:59.65 ID:ibCaB8ng
>>854
「日本人」にはほぼいない。
「在日朝鮮人」になら沢山いる。
ソースは大月順子

868 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 16:40:04.25 ID:txO7A9yi
>>866
>死刑が存在するだけで死刑の教育が必要、設備が必要、手続きが必要…と、かなり金がかかる。
懲役囚はたくさんいるから設備費用が大人数で割れるし、
手続きが簡略かつ相部屋だから安上がり。

刑務所も数が少ないから、同じ人間がいつまでも部屋を占有していると刑務所側も
困ると思うぞ。無期懲役囚は1800人、旭川刑務所で言えば1/3が無期懲役囚だ。
これだけの固定された人員で占有されると刑務所が回らなくなる。刑務所がいくらあっても
足りないとか民間のセコムに丸投げとかの騒ぎは無期懲役囚も原因の一助であろう。

>死刑囚は少人数で設備費用を割ってる。
しかも手続きが複雑かつ他の死刑囚の目に触れない独房、処刑費用が必要だから費用はかなりかかる。

拘置所の普通の独房らしいぞ。他の囚人とそれは変わらない。
あと死刑設備は拘置所建設時に設置済みで既に減価償却済み。
特別な金は掛かりません。そこが日本の死刑のいい所ですね。
アメリカじゃ億単位だそうですから。

>懲役に一本化してしまえば設備費用も人件費も大幅に削減。
金の面で存置を肯定or廃止を否定するのには無理があると思われる。
少なくとも現行死刑制度だと死刑の方が金がかかるのは間違いない。

うーん君の主張は無理があるな。
死刑設備は一度作れば後は金が掛からない。そして一番新しい死刑設備は
東京拘置所だろうけど、それでも減価償却も終わってるんじゃないか?

拘置所のとなりの部屋が死刑囚だった人の話
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20070906/134199/?rt=nocnt

まあ普通の独房だね。死刑囚専用独房が拘置所に作られているわけじゃない。

869 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 17:45:46.39 ID:VdRrR9mP
>>849
もっとカネがかかるって?
でも奴に生活保護でも与えておけば2人は死なずに済んだと思えば
そっちの方が安上がりだろう?

870 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 18:04:03.29 ID:VdRrR9mP
抑止力についてだが、日本の犯罪件数の少なさは日本人の民族性やほぼ無宗教であることや
ほぼ単一民族であること、銃器類や移民や不法入国者の流入をしっかり規制していること (在日の問題はあるが)
格差が広がっているとはいえ根本的に豊かで底辺でもそれほど悪い暮らしではないこと
ポルノや風俗が世界一充実していること などの影響であり刑罰の抑止力ではないと思わないか?
要は犯罪を起す必要性がほとんど無いから起きないだけで、世界的にも稀な死刑を廃止しても
ほぼ全く影響のない国だと思うんだけどな

アメリカ人が万が一に備えてどうしても銃の所持権利を手放したくないように
日本人は万が一に備えて死刑を手放したくないのかもしれないいが
どちらも思っているほど切り札になってないのは共通している

871 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 20:40:52.95 ID:gL6AEsLA
>>870
馬鹿?
>要は犯罪を起す必要性がほとんど無いから起きないだけで、世界的にも稀な死刑を廃止しても
>ほぼ全く影響のない国だと思うんだけどな
死刑廃止で少しでも悪影響が出るなら廃止しちゃダメだろ
死刑廃止できれば凶悪犯罪が増えてもいいのか?


いつも通りに根拠は妄想だしね
たまには妄想抜きで語ってくれ

872 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 20:45:19.39 ID:gL6AEsLA
>>869
>もっとカネがかかるって?
>でも奴に生活保護でも与えておけば2人は死なずに済んだと思えば
>そっちの方が安上がりだろう?
で? 死刑と何の関係が?
生活保護を与えなかったせいで殺人が起こった、だから死刑廃止!
とでもつなげるつもりか?w

873 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 23:14:10.81 ID:9aIwr6N/
>>868
あれ?昔読んだ本には隔離するって書いてあったと思うんだが…
拘置所によって違うのかな?わからんからこれに関しては保留で。

そもそも死刑台を作らなければその分安上がりじゃん。
この特殊な構造をつくらなければ建築費用をかなり削減できるはず。
そして一度作っても確実に殺すために点検とかするじゃん。
死刑後も吐瀉物(まれに首が切れて大出血もある)の掃除もあるし、
坊主呼んで死刑囚を供養し、手続きや報告をしなければならない。
刑を執行する刑務官の人員や給料も増やすことになる。
作れば金がかからないなんてのは間違い、執行する費用が抜けてる。

画一的に懲役で処理しちゃえば楽だし、費用をわずかに割り増しする程度でしょ。
死刑みたいな例外を作るから特別の処理が必要で金がかかる。
しかも様々な拘置所に死刑囚が点在してて、
それぞれの拘置所に絞首台を設置してるのはかなりの無駄。
やっぱり死刑が安上がりとは思えない。

874 :法の下の名無し:2012/06/13(水) 23:43:07.69 ID:txO7A9yi
>>873
>そもそも死刑台を作らなければその分安上がりじゃん。

作る前ならその論議が意味あるがもう作ってあるので。

>そして一度作っても確実に殺すために点検とかするじゃん。
死刑後も吐瀉物(まれに首が切れて大出血もある)の掃除もあるし、
坊主呼んで死刑囚を供養し、手続きや報告をしなければならない。

職員の業務時間内に点検してもそりゃ金が掛かりません。
死刑は土日にしないって知ってますか?
つまり余計な超勤も付けずに業務時間内に行われるってこと。
死刑が業務時間内に行われるのに点検が余計な超勤をつけて
行うのは考えられませんな。

>死刑後も吐瀉物(まれに首が切れて大出血もある)の掃除もあるし、
坊主呼んで死刑囚を供養し、手続きや報告をしなければならない。
刑を執行する刑務官の人員や給料も増やすことになる。

主張が破綻しております。
死刑の代わりは終身刑でしょう。
老人になるまでの衣食住も、老後になってからの介護も
死ぬまでの医療も死んだ後の処理も坊主の手配も全て国持ちです。

死刑を廃止し刑務所で終身刑や無期にしたところで
最後は獄中死で終わることをお忘れなく。
死体処理のコストは変わりません。

875 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 00:09:48.43 ID:dSEFVGZC
>>869
金よこさないと殺人するぞってか?
金を与えておけば彼は殺人を犯さなかったから金出さない日本国が悪いとな?
考え方がまるっきり朝鮮人ですねwww

あ、廃止派って在日でしたっけ。はは

876 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 00:54:02.68 ID:W4dKTgjR
廃止派が言うには
死刑にするより一生養い続けるほうが安上がりらしいw
どんな思考をすればこの結論になるんだ?

>>873
>そもそも死刑台を作らなければその分安上がりじゃん。
>この特殊な構造をつくらなければ建築費用をかなり削減できるはず。

>画一的に懲役で処理しちゃえば楽だし、費用をわずかに割り増しする程度でしょ。
>死刑みたいな例外を作るから特別の処理が必要で金がかかる。
かなり、わずか、じゃなくて具体的な数字を出せよw
廃止派に都合の悪い費用はかなり、で都合のいい費用はわずか、なのか?

877 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 03:42:54.63 ID:P6SMAqNu
>>866
常識的に考えろ。
メシ食わせたりするんだから、生かしておいた方が金(維持費)かかるに決まっているだろw

878 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 04:18:04.48 ID:9b6MFal1
拘置所に入ってから「死刑になりなくない」と考え方を変える者も中にはいるでしょう。
しかし、そこで考え方を改めても懺悔しても遅いのです。
亡くなった方は帰ってきません。

問題は犯行をする前に、思いとどまらせなくてはなりません。
年間3万人の自殺者がいますが、死ぬ前に自暴自棄になり“どうせ死ぬなら道連れにしてやれ”と考える者が必ず出てきます。
そんな時に死刑など何の抑止にもならない事は明らかではありませんか。

自由もなく出られる希望もなく、ただただ強制労働をする刑務所で、自殺も許されず何十年も生きなければならない終身刑の方が
そういう人達にとっては苦痛であり、抑止力となるのです。
この事が分からない人は恵まれた生活を送っていて“命こそ何よりも大切”なのだと疑いを持たない方なのでしょう。

しかし死を希望する者にとって、死刑より終身刑の方が遥かに抑止力は働くのです。

879 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 10:20:53.19 ID:/jyaxQWH
食う飯くらい労務させて稼がせればいいだけの話
そっから先は刑務所経営の範疇

880 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 10:51:14.09 ID:dSEFVGZC
>>879
なんで犯罪者ごときにそこまでしてやんなきゃいけないの?
死んでも償えないほど重いことをしたら命をもって「刑罰」を与えねばならない。
勘違いするな。死刑は償いではない。
制裁だ

881 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 12:01:10.09 ID:ZwupFq5P
>>878
妄想。
死にたいのか死にたくないのか どうやって本音を知るんだ?
大抵は深く考えてもいないだろうしね。

882 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 16:45:50.31 ID:W4dKTgjR
>>879
>食う飯くらい労務させて稼がせればいいだけの話
稼げてないよね、現実を見ようよ


それにそんな仕事があるなら失業者に回してやれよ
なんで犯罪者のほうが優遇されねばならんのだ?

883 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 18:42:43.86 ID:qDE7Plmq
>>869
死刑制度。。。。。。。つうか刑法ってのはそもそも悪、悪意を戒めるのが目的ですしおすし・・・・・・・・・

884 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 21:05:26.96 ID:TXn4ikEP
>>877
・食費がかかる
→労務作業の収入で払える。
払えないのは部屋代、監視代。
ちなみに労務作業の大半は雑巾縫いみたいな最低賃金以下の作業。
最低賃金払ってたら利益出ないんで一般人には無理。

・刑務所の部屋を増やす建築費用がかかる
→死刑台の建築費用を回せばOK
すでに作ってあるから考える必要ないって言ってる人がいるけど、
100年もすれば建て直しをするわけで、その100年後に利益がある。

・刑務所の職員が増える
→死刑に関わる職員を刑務所に回せばいい。
さらに死刑を無くせば職員の心労が軽減し、職員の給与(手当)を減額できる。

総合的に見て金銭面では廃止した方がいい。

885 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 22:04:59.78 ID:W4dKTgjR
>>884
>・食費がかかる
>→労務作業の収入で払える。
ソース

>・刑務所の部屋を増やす建築費用がかかる
>→死刑台の建築費用を回せばOK
具体的な金額もわからないのになぜ断言できるんだ?

>100年もすれば建て直しをするわけで、その100年後に利益がある。
刑務所の部屋は建て直したり補修したりしないんだ?w

>・刑務所の職員が増える
>→死刑に関わる職員を刑務所に回せばいい。
死刑にかかわる職員って何?w
死刑のためだけに雇われている職員なんざ存在しないぞ?

>さらに死刑を無くせば職員の心労が軽減し、職員の給与(手当)を減額できる。
妄想乙


886 :法の下の名無し:2012/06/14(木) 22:07:42.20 ID:W4dKTgjR
さんざん突っ込まれて逃亡したくせに
ID変わっても同じことしか主張しないからすぐわかっちゃうね

887 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 03:00:38.27 ID:VAwROr5D
労務作業は結構な重労働なんだから、最低賃金レベルのサービス業アルバイトと同一の労働強度では決してない
しかも就業期間によっては厚生労働省による職能訓練の証明まで取得でき、立派にキャリア形成が可能

888 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 03:07:53.58 ID:VAwROr5D
労務に関しては「木工」「皮革加工」など従来から一般的なもの以外に
現在では「美容」「情報処理」「建設機械」など極めて専門的なものもあり、計25種の職業訓練が行われている
このような専門技能を身につけた囚人は、特に民間の刑務所経営において金の卵となる

889 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 09:12:33.78 ID:Ta+jF+op
死刑囚に限らず囚人にはきとんと労働させて、
裁判にかかった費用などを返金させるべき。
それで足らない分は出所後に返金させろ。

890 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 15:10:10.93 ID:nFOEEiZe
死刑存置も死刑廃止も、何だかんだ理屈述べててもさ、結局答えは2つに1つしかないんだよ。

被害者の味方か、犯罪者の味方か。

存置は前者、廃止は後者。
死刑廃止派は犯罪者と同類の部類の人間なんだよ。

891 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 15:27:18.05 ID:+qGMrmvY
>>890
“死刑になりたい”がために起きた殺人事件
「罪を憎んで人を憎まず」なんて言葉がありますが
亡くなった被害者は罪も人も死刑制度も憎んでますよ!

宅間守・・・付属池田小無差別殺人事件:8人殺害、児童13人教諭2人重軽傷

金川真大・・・土浦通り魔事件:2人殺害、7人重軽傷

加藤智大・・・秋葉原無差別殺人事件:7人殺害、10人重軽傷

礒飛京三・・・大阪無差別殺人事件:2人殺害

自衛官・・・鹿児島タクシー運転手殺害

その他にも24才男が東京駅ホームから女性を突き落としたり、渋谷ライブハウスに放火未遂など
“死刑になりたい”がために殺人事件が起きている。

少なくともこれらは死刑制度があるために起きている。
廃止していれば、これらの事件はなく被害者も生きていた。
「報復のための死刑制度」の代償は余りにも大きい

次はあなたの家族かもしれない!

892 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 15:30:32.19 ID:+qGMrmvY
現在でも”刑務所を出所して犯罪(例えば偽札とか)”を繰り返せば終身刑は可能、人を殺すまでもない。

だが一方、死刑は人を殺すしかない。

「死刑になりたい」は嘘だ!
と、信じたくない、信じたくないと耳を塞ぎたい気持ちは分かる。
しかし次の無差別事件の被害者があなたの家族になるかも知れないんだぞ。

死刑制度を廃止し、終身刑にすると凶悪犯罪が減る。

http://www.tku.ac.jp/~z-jinnai/sikei.koutei.saisyuu.htm

893 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 15:32:58.80 ID:nFOEEiZe
>>891
朝鮮人は考え方が「人間」とはズレてるな
ヒトモドキだから仕方ないか

894 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 15:51:40.46 ID:+qGMrmvY
>>893
次の被害者が君の家族でもそんな事が言えるのか?
私は仕方ないでは割り切りない。死刑目的の犯罪を撲滅しよう!

895 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 16:05:42.90 ID:nFOEEiZe
>>894
そうなったら犯人には極刑を求むね。
キチガイの被害者になった時に死刑廃止されていたらたまったもんじゃない。
キチガイの発生に死刑制度の有無は関係ないから

896 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 17:28:46.46 ID:wuhD0ngv
死刑より終身身体刑のほうが予防効果高いと思うよ

897 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 18:11:02.43 ID:+QE3mZBU
会心の出来だと勘違いして一人で同じコピペ貼りまくってるやつがいるなw
友達いないだろw

898 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 19:02:02.44 ID:Y7FAbLpQ
殺人犯「死刑になりたかった」

存置論の抑止力説崩壊wwwwwww

899 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 19:11:25.77 ID:+QE3mZBU
殺人犯の言葉を鵜呑みにする廃止派

廃止派の言うとおりにすれば裁判が要らなくなるね
犯人「俺はやってない」
廃止派「そうか、じゃあ無罪で」

900 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 19:17:56.86 ID:SqSTbt4y
死刑がなくなったら朝鮮人の通り魔やテロが今より間違いなく多発してるから抑止力にはなってるよ。
そもそも完全に防止するのはどんな法律作ろうと不可能。拷問刑を取り入れてもな。

901 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 20:08:29.48 ID:+qGMrmvY
>>899>>900
フランスやニューヨークなど死刑を廃止したら凶悪犯罪が減った国がある。
しかし、口封じのために殺されてるだの、逮捕の前に射殺されてるだのの詭弁で
死刑は抑止効果があると強弁する存置論者。
しかし、死刑の抑止効果があるデータはほぼ皆無である。

日本では「死刑になりたい」がために殺人を犯す者が後を絶たない。
アメリカでも死刑廃止州から死刑存置州にワザワザ犯行に行く者もいるくらい。

http://mwkp.fresheye.com/mb/m.php/%E6%AD%BB%E5%88%91?guid=ON&page=7

死刑を廃止し、終身刑を認め「死刑になりたい」目的の殺人事件をストップさせよう!

902 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 20:13:11.37 ID:+QE3mZBU
>>901
お前それのどこ読んでその結論に至ったの?w

検索でひっかかった奴を読みもしないで張るのはやめたら?
虚構新聞をソースにして大恥かいたのをもう忘れたのかい?

903 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 20:35:58.28 ID:+qGMrmvY
>>902
君はもう少しまともな反論できないの?
死刑が抑止力となる有効なデータを出してごらん?
虚構新聞?何の事だよww。
妄想を超えて恥ずかしくならないの?
いちいち答えるのもバカバカしい。
これみて勉強してから反論したら?あまりにも低レベル過ぎて、答える気になれないぞww

http://sky.geocities.jp/dwhsg178/sikeikan.htm#

904 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 20:39:20.70 ID:+QE3mZBU
>>903
ソースを張る前にちゃんと読めと言われただろう?
妄想全開のサイトをソースにしてどうする?

虚構新聞をソースにして大恥かいたのをもう忘れたのかい?

905 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 20:45:03.33 ID:CM4WhKd/
存痴くんは法曹志望なの?
その下らない詭弁っぷりは確かに弁護士向きかもね
憲法も知らない知能程度では時間かかるだろうけど応援してるよ

906 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 20:45:08.68 ID:SqSTbt4y
死刑の抑止力はオプションみたいなもんで、現実には死刑は犯罪者を罰するための刑。
その同時の役割をするということで需要がある。

仮に抑止力0だったと仮定しても刑罰として機能してるから廃止する理由にはならない。
そもそも抑止力を頭に出してギャーギャー言ってる連中は、凶悪犯罪者の更生だのアホなことを言ってる類=死刑廃止論者

907 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 20:49:31.95 ID:+QE3mZBU
>>905
死刑の合憲判決も知らず違憲だとわめき続ける廃止派w

908 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 20:54:39.41 ID:CM4WhKd/
「過酷身体刑」(笑)なるものを既存法との整合性も考えずに持ち出す存痴くんには、そもそも法律の議論に参加する資格がないよね
まぁ匿名掲示板だから吠えてるだけだろうけど、そんなゴミがいくら吠えても君の人生の価値はゴミなんだよ

909 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 20:56:50.13 ID:+QE3mZBU
>>908
ブーメラン投げてて楽しい?

910 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 21:13:16.04 ID:CM4WhKd/
ちなみにwikiにも書いてあるが、存痴を支持しているのは社会底辺の低学歴や存痴くんのような日がな2chにはっ付いてるニートばかり
廃止を主張しているのは日弁連を筆頭とした知識エリート階層が主
存痴くんが多数を恃んで「死刑は国民の共通了解だ」とか言っちゃうのは、いうなればこの図式を肯定しているだけに過ぎない

死刑制度云々のまえに議論すべき点が多々あるよね

911 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 21:21:02.06 ID:+tnCMLZq
>>901
>フランスやニューヨークなど死刑を廃止したら凶悪犯罪が減った『国』がある。


ニューヨークの首都はどこ?

912 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 21:41:11.02 ID:Y7FAbLpQ
みんながよく耳にすると思われる国の範囲で
死刑存置国をピックアップしてみた
もちろんこれ以外にもある


アフガニスタン、中国、エジプト、イラン、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、リビア、
朝鮮民主主義人民共和国、パキスタン、パレスチナ自治政府、カタール、サウジアラビア、ソマリア、
スーダン、シリア、台湾、タイ、アラブ首長国連邦、米国、ベトナム


なんてことだ、存置論者よ・・・

913 :法の下の名無し:2012/06/15(金) 21:45:28.88 ID:u6QUGKRU
>>910
廃止論者は在日韓国朝鮮人だろーがwww
もうお前らの正体バレてんだよww
恨むなら光市母子を愚かにも支援した大月順子を恨みなwww

914 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 04:34:22.44 ID:7irCpbqa
芝生やして喚くのは必死な証拠
しかも下らない詭弁ばかり、存痴くんはホント救えないね

915 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 05:42:33.81 ID:op2BzYeu
いくら詭弁でごまかしてもクズはクズ。





616 傍聴席@名無しさんでいっぱい 2012/06/05(火) 18:23:23.62 ID:gVaRAHzf0
理解の浅い存置派の為に、一回整理してやろう。
死刑廃止の理由はただ一つ。
国際的価値に批准する事で、日本の国際的利益を守る為。

抑止力問題も、コスト問題も、戦争との比較も、存置派が死刑存置の理由として掲げる論を否定するための議論でしかない。

その他に、冤罪を問題にする廃止論者もいる。
人権問題を理由に死刑廃止を訴える論者もいる。

すべては、世界的価値観が認識する根拠で語られているのは間違いない。

一方存置派は、世界的な理解や価値観を認めず、己の理解のみで死刑を正当化し、廃止論を否定する。
まともな存置論のひとつも展開できず、子供の喧嘩のような戯言を繰り返す。
世の流れを感じ取れない、憐れな集団が日本の存置論者だ。


77 傍聴席@名無しさんでいっぱい sage 2012/06/15(金) 23:37:35.29 ID:HY1LxVpL0
もしオウムの逃亡犯がスウェーデンの大使館、領事館の敷地内に逃げ込んでいたら捕まることはなかったのにな 
実際に殺人犯の引き渡しも死刑存置を理由に拒否した実績もあるし
公用車内も治外法権だから、そのままスウェーデンへ
亡命者として認定されていたはず。 まあその後、スウェーデンで代理処罰だろうが。

でもこれが実現されていたら、確実に日本の威信は失墜するだろうな EU・国連はスウェーデンを
支持するであろうし。拡大自殺以外にもこうしたグローバル化の波など廃止すべき理由はあるよ


916 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 11:11:21.69 ID:N755w1rz
>>910
>廃止を主張しているのは日弁連を筆頭とした知識エリート階層が主


筆頭が日弁連なのですか?
ではそれに続く知識エリート層の団体はなんでしょう?

正直言って、法律世界の話をするなら筆頭、天上人の存在は
最高裁とその裁判官たちであって弁護士は司法世界でエリート層
と言えるかどうか・・・・。
最近は食い詰めた弁護士も多いし。


917 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 13:30:27.18 ID:RirSst15
食い詰めた弁護士?
食い詰めたの意味分かってねぇだろ
ニートは社会経験0だなマジで
行政書士、社会保険労務士、海事補佐人、弁理士、税理士資格を全部代行できる弁護士資格保持者が、職にあぶれることはあり得ない

918 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 19:05:39.49 ID:op2BzYeu
>>917
で、お前は弁護士なのか?
それとも『仲間にエリートがいるんだぞ!』って言いたいだけなのか?

919 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 20:10:47.76 ID:stgrjilw
>>917
で、きみの考え方だと、

死刑を認めている最高裁の裁判官と
死刑を認めていない弁護士

どちらがエリートなん?


そこは聞かなかったことにした?

920 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 20:54:43.32 ID:HRuS5p7G
>>917
>弁護士資格保持者が、職にあぶれることはあり得ない

弁護士の大量生産しすぎで大手弁護士事務所は若手を
もう雇ってくれない。
なので「軒弁」、「宅弁」、「ケータイ弁」と呼ばれる弁護士になるが
無職と区別がつかない状態。実際、司法試験通ったばかりの新人
が社会経験なしで一人で営業して業務をこなせるかといったら
無理なわけですね。
最近はそんな話が多いですね。


921 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 22:46:16.77 ID:42za3DC6
詭弁の特徴15条

1:事実に対して仮定を持ち出す
2:ごくまれな反例をとりあげる
3:自分に有利な将来像を予想する
4:主観で決め付ける
5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
7:陰謀であると力説する
8:知能障害を起こす
9:自分の見解を述べずに人格批判をする
10:ありえない解決策を図る
11:レッテル貼りをする
12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13:勝利宣言をする
14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする



存置論者そのまんまだなww

922 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 22:52:37.94 ID:JnyqXJR/
>>921
廃止派ってどうして相手ばかり見て自分を看ないの?だから何時まで経っても廃止派なんかやってるんだよ。

923 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 23:00:03.64 ID:HRuS5p7G
>>921

うーん
詭弁の定義は昔からあるわけで、君の並べた15項目こそ
君の言う項目4、君の単なる主観ではないかと。

詭弁と言うのはすでに社会に存在する論理や定義なんだから
後から自分の定義を用意しても意味ないでしょうに。
項目3など前後論法の変形か?7や8や13は詭弁と関係無いし。
ちょっと項目の内容も未熟ですな。

924 :法の下の名無し:2012/06/16(土) 23:11:04.83 ID:JnyqXJR/
>>923
基本と云うか入門編みたいなもんだから未熟もクソも無いよ?

925 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 04:52:59.84 ID:o2SMyAZ+
>>921
お仲間の悪口はやめるんだー!
…しかし…見事に当てはまるなw

762 死刑廃止 2012/05/16(水) 00:55:16.31 ID:AanFUrSL0
>>761
落ちる前に、もう少し。
2chに参加してる目的の一つがこれだから、別に大丈夫。

今、ここに映っている存置派は、本当に人間のクズだと思うよ。
議論で勝てず、何一つ、自己を正当化できなかった鬱憤を、こんな形でしか晴らせない。
しかも、集団で。

質問に答えなかったのは、答える意義が感じられなかったから。
「足元をすくう為の質問」「バカにする為の質問」「真摯に問いかけてる質問」「無知ゆえの質問」
俺もバカではないので、ある程度、見分けは付きます。

それを今度は、「レスが遅いから」?
しつこく付き纏って意図が分からない質問を繰り返し、答えたらバカなレスが付く。
礼儀も常識も通用しないクズ共へは何も言わず、質問に答える少数派が悪いと?
どんだけ馴れ合いなんだよw 

結局、クズ存置派には、ここはストレス発散の場所なだけだろ?
匿名で、堂々と、他人を罵って、日頃のストレスぶつけてるだけだろーが。
お前らのような人間を、本物の「人間のクズ」と言うんだよ。
正々堂々と戦っては勝てない相手を、自分のフィールドに引き吊り込もうとする。
それに乗らなければ「逃げた」「卑怯」と罵る。 どっちが卑怯なんだ?

存置派同士で馴れ合うのは良い。 
ただ、人間としての最低のマナーをこういう場所で無くすと、リアルでも苦労するよ。
お互いに真剣に死刑制度を守っていこうと思ってる仲間なら、
仲間の失態を広げるんじゃなく、正してやったらどうだ?

お前らみたいな存置派が居る限り、死刑制度が正常に運営されることは、まず無いね。
半モトリアム状態から抜け出せず、いずれ廃止になるよ。
卑怯なお前らが、「俺は昔から死刑には反対だったんだ」となんちゃって文明人を気取るのが目に浮かぶわw
恥を知れ、カス共w

926 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 15:35:19.03 ID:k+PwFXDy
ソンチーズには何を言ってもダメ
そもそも日本語を理解する能力がない

927 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 15:46:47.17 ID:9LgAYW/5
>>926
「人は鏡」の意味をもう一度よく考えてみるんだ。


928 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 16:26:23.51 ID:bBkFliQ0
半モトリアムには何を言ってもダメ
そもそも日本語を理解する能力がない

929 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 19:27:41.23 ID:cLq3ermw
鸚鵡返ししかできないのがソンチーズの徴表

930 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 19:58:18.22 ID:9LgAYW/5
>>929
わろたw


散々 鸚鵡返しして言われてた言葉を返してるw


931 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 20:41:51.32 ID:o2SMyAZ+
ソンチーズで正体がバレる馬鹿w
他に使うヤツはいないのになw

932 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 20:52:49.93 ID:bBkFliQ0
半モトリアムには何を言ってもダメ
そもそも日本語を理解する能力がない

だから虚構新聞をドヤ顔でソースにする

933 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 23:08:12.95 ID:/BDE98Uf
>>925
>>卑怯なお前らが、「俺は昔から死刑には反対だったんだ」となんちゃって文明人を気取るのが目に浮かぶわw
恥を知れ、カス共w


終わり良ければすべて良しと申しますが
高尚な主張を長文で述べたところで最後がこれで
草生やしたら説得力が無いと思う。

君が述べる恥ずべき人物像と君自身が何か違いがあるんでしょうか?

934 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 23:24:03.87 ID:Kr7nA6zZ
死刑存置の理由を被害者遺族の救済のとする場合、
・親族がいない人を殺した場合に説明不能
・被害者遺族が死刑を望まない場合に説明不能

存置論的にはどうやって説明するつもりなの?
それとも被害者救済は死刑の理由にならないの?

935 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 23:30:40.31 ID:/BDE98Uf
>>934

ちなみに死刑基準に遺族感情というものがあるので
被害者遺族が死刑を望まないなら死刑にならんと思います。

ただし、死刑級犯罪は被害者が複数であることが多いので
被害者遺族の中で死刑を望む者が別にいればアウトでしょうね。

天涯孤独の人が殺された場合はどうなるか?という問いならば
間違い無く死刑になりにくいです。
でも結局は複数名殺せば意味ないですが。
長山基準の別の基準に引っかかるので。

936 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 23:44:44.00 ID:bBkFliQ0
>>934
>存置論的にはどうやって説明するつもりなの?
廃止論はお互いにクリティカルな矛盾を起こしてるから
こういう質問で突っ込むことに意味はあるけど
存置論に同じことしても無意味だと思うよ

てか、被害者や遺族の救済だけを理由に賛成してる人なんているのか?w
死刑の副産物として存在する、と主張する人ならたまに見るけど

937 :法の下の名無し:2012/06/17(日) 23:49:51.52 ID:/BDE98Uf
>>936

何の権限も無い我々がどう考えるかは意味がないので、
「死刑存置の理由は被害者遺族の救済」
と司法が考えているかという問題になるかと思いますが
はっきりとはわかりませんが長山基準を見ると
まあ無視はしない程度には考えているように思われます。

938 :法の下の名無し:2012/06/18(月) 00:33:35.02 ID:yf16TJJi
存置論は穴だらけだな

939 :法の下の名無し:2012/06/18(月) 00:37:59.57 ID:kMOY5Hdz
>>938

司法の死刑に対する考え方を揶揄しているのであれば
司法世界の死刑存置に対する理由の説明は穴だらけだし
廃止論に至っては存在すらしていない。

940 :法の下の名無し:2012/06/18(月) 00:48:49.81 ID:yS0GHp3e
>>938
虚構新聞をソースに出すのが廃止論

941 :法の下の名無し:2012/06/18(月) 01:08:47.52 ID:fVWJfRJd
>>934
被害者遺族救済「も」理由の一つというだけ。唯一ではない。

942 :法の下の名無し:2012/06/18(月) 09:36:00.75 ID:QQuNHZTn
ソンチはすぐ反応してくるから面白いなw

943 :法の下の名無し:2012/06/18(月) 12:13:45.68 ID:qRxGglLc
>>942
『人は鏡』としか言いようがないなw

944 :法の下の名無し:2012/06/19(火) 14:04:08.96 ID:xmMk0f3P
死刑は一種の正当防衛にすぎない

945 :法の下の名無し:2012/06/19(火) 14:12:10.96 ID:ufdDnDIj
>>944
意味不明、死刑と正当防衛になんの関係があるの?

946 :法の下の名無し:2012/06/19(火) 15:03:10.36 ID:VoYZEenV
殺人をしそうな凶悪な人間だから死刑ってことはないだろ?
凶悪な殺人をやった奴しか死刑にはならない。
被害者は死んでしまっているのだから、個人単位では、「防衛」 とは云えないかもしれない。が、社会単位では十分、正当な、『防衛』
と云えると思うよ。
むしろ過剰防衛の逆で、過少防衛だよ死刑なんて。

947 :法の下の名無し:2012/06/19(火) 22:26:44.11 ID:ufdDnDIj
>>946
犯罪を行おうとする奴を止めるための行為なら正当化する。
というのが正当防衛なんだけどな。
殺し終わってもう犯罪が出来ない奴を殺したら単なる報復→殺人罪

逮捕して刑務所に入れておけば犯罪はできないわけで、
死刑を選択する必要はないんじゃないの?。

急迫性がなく、防衛でもなく、やむを得ずにした行為でもない。
正当防衛とは似ても似つかないから他の理論を作った方がいいよ。

948 :法の下の名無し:2012/06/19(火) 22:34:04.74 ID:VoYZEenV
>>947
>犯罪を行おうとする奴を止めるための行為なら正当化する。
>というのが正当防衛なんだけどな。

うん分かってるよ?
だから、個人単位の話じゃなく社会単位の話だって言ってるだろ。

949 :法の下の名無し:2012/06/19(火) 22:35:52.67 ID:w0bnXQ8G
>>947
>殺し終わってもう犯罪が出来ない奴を殺したら単なる報復→殺人罪
(被害者を)殺し終わったらもう犯罪ができないっていいたいんだよな?
そうとは限らないだろ、複数人を殺したり再犯したりが現実にあるんだし

もしも死刑は殺人罪だーって言いたいなら現実を見たほうがいい

>逮捕して刑務所に入れておけば犯罪はできないわけで、
>死刑を選択する必要はないんじゃないの?。
わざわざ高い金出して生かしておく必要はないんじゃないの?
死ぬまで閉じ込めておくのはよくて死刑はだめなのか?

950 :法の下の名無し:2012/06/19(火) 23:20:00.27 ID:VoYZEenV
>>947
>>949
それに、凶悪殺人を犯して、死刑にしない=甘い対応をする、ことによって、社会的に、
他の凶悪犯予備軍に対して、「ああ、あれだけやっても死刑にならないのか」 という甘い前例を示すことになる。

これは、正当防衛をせずにそのまま暴漢に殴られ続けることと同義である。
「あいつは甘ちゃんだから反撃してこない。好き勝手にやっちまえ」 という輩が増えることはあっても絶対に減ることは無いのである。


951 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 00:23:07.96 ID:JxT/sQWt
>>948
それなら再犯防止のためって書けば?
正当防衛と書くから突っ込むんだけど。

刑務所に入れても目標を達成できるわけだが、
死刑を選択する理由は何よ?

>>949
凶器を持っていない、抵抗もないなら、
犯罪の抑止としては逮捕→収監で十分ということ。
勘違いしてるけど、死刑にしなくても逮捕して刑務所には入れとくよ。

それに死刑を殺人罪としても俺の論理は破綻しない。
現実を見ろって具体的に何?

死刑反対の理由は死刑が冤罪を隠蔽するのに使えるから。
冤罪でもさっさと執行してしまえば、
積極的な親族がいない限りそのまま葬られる。

952 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 00:39:21.39 ID:ocwp1M7F
>>951
>犯罪の抑止としては逮捕→収監で十分ということ。
わざわざ高い金出して生かしておく必要はないんじゃないの?
死ぬまで閉じ込めておくのはよくて死刑はだめなのか?

>それに死刑を殺人罪としても俺の論理は破綻しない。
>現実を見ろって具体的に何?
死刑執行人や判決を出した裁判官が殺人罪になったという話は聞いたことがないけど

>死刑反対の理由は死刑が冤罪を隠蔽するのに使えるから。
>冤罪でもさっさと執行してしまえば、
>積極的な親族がいない限りそのまま葬られる。
これ、ほかの懲役でも同じでしょ?
冤罪が疑わしいにもかかわらずさっさと執行できる権力があるなら
本人や親族の声を無視して死ぬまで閉じ込めておくことも
刑務所内で不審死させることも可能でしょ

953 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 01:01:29.96 ID:okYKd5sd
>>951
>それなら再犯防止のためって書けば?
>正当防衛と書くから突っ込むんだけど。

日本語の疎い人にはこれ以上言えることがありません。

954 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 10:38:50.45 ID:Z4aXT5DT
犯罪者や暴力団・暴走族は、彼らを捕らえ排除するだけでは問題の解決にならない。
彼らは反社会性・自己愛性人格障害者の寄り集まり。
彼らに必要なのは制裁や処罰ではなく、十分で適切な治療と教育と人格矯正。
社会が彼らの人格障害とそれを誘発する育成環境を放置したままだから、問題が無くならない。

加害者への厳しい対処と被害者救済が大切なことは言うまでもない。
しかし被害者だけを擁護し加害者の非難に終始するのは、偽善的自己満足。
被害者よりも寧ろ「加害者を救うこと」こそが、真に問題の根本的解決に繋がる。
このことは犯罪に限らず、虐めやDV、痴漢、飲酒運転その他の人権侵害全般に当て嵌まる。

あらゆる社会問題は「現行教育の知識偏重」に起因する。
哲学・心理学・宗教学など本当に必要な学問・知恵を教えないから、
論理的思考力・状況判断力・情報分析能力に乏しい人格的未成熟者が思い込み・勘違い・トラブルを起こす
/感情自己責任論

955 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 11:23:38.04 ID:i3VtBGxc
>>954

死刑制度のある現状でそれやって成功してから考えれば良いのでは?
それ死刑を廃止してからじゃないと出来ないという部類の話じゃないでしょう。

私個人的な意見を言うならば死刑廃止国だってそんな理想主義的
な刑務所は存在していないと思いますけどね。

956 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 11:25:57.57 ID:i3VtBGxc
>>952
>>これ、ほかの懲役でも同じでしょ?
冤罪が疑わしいにもかかわらずさっさと執行できる権力があるなら
本人や親族の声を無視して死ぬまで閉じ込めておくことも
刑務所内で不審死させることも可能でしょ


実例では大津事件ですね。


957 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 15:00:14.09 ID:uCqN6rKp
>>954
別に犯罪者を救う必要なんかないよ。
善良な一般人さえ救われない世の中なのに、犯罪者だけが救われるなど不公平も甚だしい。
あるいは、救うにしても、まずは「罰」を受けてからだ。
「死刑」ならば執行後は当然いなくなるんだから、「救い」は要らんわな。

958 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 21:33:46.57 ID:VEBxocKB
死刑を廃止にする理由がない

959 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 23:42:48.52 ID:qkaQCyE0
「国際的な潮流」なんだそうな。
潮流の意味を正確にいうと・・・
つまり、その程度の浅い考えしか無いわけだ。

960 :法の下の名無し:2012/06/20(水) 23:48:56.34 ID:ocwp1M7F
>>958
自分が殺人しても死刑になりたくないからです^q^

961 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 00:56:49.13 ID:XRAH2PVk
死刑を存置する理由はなおさらないなw

962 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 01:50:45.89 ID:xQ+RXLkA
>>961
もしどっちにも理由がないとしたら、「好きな方を選べばよい」ということだ。国民が好きな方をな。
つまり、少数派である死刑反対派の意見は反映されないということw自爆乙。

963 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 08:02:15.01 ID:CnqNHevA
存痴派が多数と主張する為の根拠が政府による誘導尋問によるもの「のみ」であり、全く薄弱である
更に多数が常に正しいのならば、この世に學問は不要である
學生は常に多数を疑わねばならぬ
さらに常に自らを疑わねばならぬ

964 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 10:10:26.23 ID:NXTkmBJT
「のみ」−−虱は?
更に多数が常に正しいのならば−−やっぱり多数なのかよ!
學生は常に多数を疑わねばならぬ−−社会人は疑う必要が無いのかよ?
常に自らを疑わねばならぬ −−しっかりと疑わなきゃな!

965 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 12:54:08.56 ID:XybZZK40
>>964
不思議なことに、存痴派とかソンチーズと言って他人を見下す人間が『人権』とか『人が人を』なんて言いながら犯罪者を擁護するんだよね。
まあ、犯罪者そのものが自己弁護をしているのなら辻褄が合うんだけどね。
少なくとも他人を説得する態度ではない。
宗教や独裁のように屈服させようって態度。

聞く側から見たら最も信用出来ないと言うか、話も聞いちゃいけないタイプだな。

966 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 13:01:30.79 ID:vsfFqaiA
>>965
>まあ、犯罪者そのものが自己弁護をしているのなら辻褄が合うんだけどね。

つうよりか、『犯罪者そのものか、その関係者や予備軍がそれらの弁護をしているのでなければ辻褄が合わない』

だけどね。


967 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 15:44:43.97 ID:gqjp6m11
學生「先生、存痴派って何ですか?」
教師「存置派じゃないのか?」
學生「いえ、存痴派って書いてあります」
教師「じゃあそれは存置派に対する侮蔑的な言葉だよ」
學生「よくないことですね」
教師「ああ、この文章を書いた者は自分でも言っているようにまず自らを疑ってみるべきだな、そして君自身はきちんと学問に励みこのような言動をとらない良識のある人間になりなさい」
學生「わかりました」


968 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 18:17:06.40 ID:oXNsdCcL
死刑を廃止する理由がない

969 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 22:45:20.95 ID:se1kRtrq
という宗教に入っているソンチーズ

970 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 22:46:03.58 ID:oXNsdCcL
ソンチーズって何だ?

971 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 22:51:21.47 ID:oXNsdCcL
>>968
ねえ、ソンチーズって何?

972 :法の下の名無し:2012/06/21(木) 22:56:47.57 ID:oXNsdCcL
>>969
死刑を廃止にする理由がない宗教ってどこにあるの?

973 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 00:04:48.10 ID:JWJI2lok
>>969
君にとって死刑囚の命は罵倒のための道具でしかないの?


974 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 10:27:36.74 ID:Oj2Fy3bI
なぜ存置派は幼稚かつ的外れなレスしかできないのか唖然とするばかりだな

975 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 12:10:35.73 ID:R00G4Is5
>>974
まあね、ソンチーズとか存痴派やーいとかの高尚なやり取りをしたいなら別の場所に行ったほうがいいかもね。

976 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 12:32:23.00 ID:Y7+KkVpO
人を殺めたら基本 死刑でしょ!
そこから、至る理由で減刑。でも、犯人の理由なんて被害者に関係ないから、生い立ちで減刑を求めるなんて、一般的におかしい。ここのやつらは、おなか空いたら万引きしていいってるの?

977 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 16:20:31.77 ID:AhlOsUrw
>>961
>>死刑を存置する理由はなおさらないなw

死刑とは法律の条文ですから、立法府で判断します。
立法府とは国会であり民主主義の象徴です。
要は、民主主義国家において死刑の存置する理由とは
唯一、国民の意思しか存在しません。



978 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 18:28:47.15 ID:xWnKl0Tn
>>974
廃止派は、手強い存置派を都合よくホスト規制できる場所でしか議論できないよね。知ってるよ。

979 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 19:05:56.58 ID:SmFFhSEp
死刑を廃止する理由が全くない

980 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 19:16:01.81 ID:AhlOsUrw
>>977

文章がおかしかったな。
訂正で
民主主義国家において死刑の存置/廃止を決める理由とは
唯一国民の意思しか存在しません。

981 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 20:40:23.07 ID:SmFFhSEp
日本文化の末期的な状態を示唆してるだろう
宗教なしになぜ人を殺しちゃいけないか説明するのはなかなか難しいと思う
俺は仏教的な輪廻転生とカルマの法則から未来に人を殺した報いがなんらかの形で返ってくると
考えてるからだな

        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ   
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|  
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|   
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii




982 :法の下の名無し:2012/06/22(金) 21:55:00.27 ID:Y7+KkVpO
犯罪者は、人じゃない。獣!
人殺した熊は射殺しても平気でしょ。

人扱いするから、死刑廃止論が成立する。


983 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 00:27:39.45 ID:uUb0U+Qb
死刑になった後に、真犯人がでてきて、冤罪がわかったなんてことあるのかね。後味悪いな。現状の捜査のシステムは冤罪を生みやすいという事実、まずは制度から改善していくべきだね

984 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 00:34:01.12 ID:L5n3N2hS
制度を改善するというと?

985 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 10:20:14.61 ID:RYs5VJG6
>>983
死刑執行前に再審無罪ならありますよ

986 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 10:29:26.94 ID:UUqIx5gQ
そこで全面可視化とか言ってくれるなら賛同するんだがな。
もっとも、そういう判断ができないからこその死刑反対派だが。

987 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 10:37:50.98 ID:RYs5VJG6
取り調べの24時間録画ならいいんじゃないですか?
でもそれは死刑存廃とは独立の話ですよ
死刑があろうとなかろうと進めるべきこと

988 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 20:16:53.39 ID:PXklem8v
冤罪っても、本当は真犯人の可能性もあるよね!弁護士の腕で難癖つけて黒から黒に近いグレーにして冤罪ってるのもあるはず。そんなの逃がしてもいいの?

989 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 20:22:57.90 ID:lLtKxoDA
そもそも冤罪を理由にしたらすべての刑罰を執行することができなくなるけどね

990 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 22:21:47.70 ID:0GZSsYFG
>>982
凶悪殺人者を人扱いしたとしても死刑廃止論は成立しません

991 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 22:58:29.98 ID:4okbqk7k
次スレ
【存置】死刑存廃論9【廃止】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1340459893/

992 :法の下の名無し:2012/06/23(土) 23:47:58.82 ID:GXzbvng7
スレ立てよく頑張った!
感動した!
ありがとう!

993 :法の下の名無し:2012/06/24(日) 18:16:34.60 ID:EJJrgSDu
じわじわと死刑反対派が増えてきたか。根底にあるのは感情だからじわじわやっていけば意識は変わってくる。ただ時間がかかるだけ。死刑ゼロまでがんばまりましょう

994 :法の下の名無し:2012/06/24(日) 18:49:17.03 ID:aVeCLO9i
また妄想?

995 :法の下の名無し:2012/06/24(日) 18:50:29.64 ID:bMRNI/Fv
確かに死刑存廃に関するアンケートでじわじわ意識は変わってきてるよね
死刑賛成の方にね
時間はかかったけどようやく85%まできたよ

996 :法の下の名無し:2012/06/24(日) 20:02:25.03 ID:golnEvST
日本人は同調圧力が強いから恣意的なアンケートが効を奏したね。

997 :法の下の名無し:2012/06/24(日) 20:17:36.50 ID:b/sJldRQ
>>996
まあ君がそう思いたいならそう思えばいいんじゃない?
ただ死刑廃止どころか厳罰化がすすんでいるのが日本の現実

998 :法の下の名無し:2012/06/24(日) 20:20:27.41 ID:golnEvST
現実には死刑推進どころか法律通り死刑執行されない死刑廃止同然の状態

999 :法の下の名無し:2012/06/24(日) 20:23:56.26 ID:aVeCLO9i
この間死刑執行されたばっかりじゃん
ニュースくらい見たら?w

1000 :法の下の名無し:2012/06/24(日) 20:24:22.01 ID:b/sJldRQ
現状を死刑廃止同然の状態と思ってくれればこちらとしてもありがたいよ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

320 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)