2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【5年目で】月山酋長研究第169弾【ノムを超えた!】

226 :マンセー名無しさん:2012/08/21(火) 13:46:51.61 ID:KEwBszbB
竹島摩擦の向こうの減速韓国
編集委員・滝田洋一
2012/8/20 7:05

 李明博韓国大統領による突然の竹島訪問が、日韓関係を一気に悪化させた。
「日本の国際社会での影響力は昔と同じではない」。
李大統領の発言からはおごりも感じられるが、ならば韓国経済はどうなっているのか。

 「輸出急減…7〜9月期はゼロ成長も」と韓国紙・中央日報(電子版)は伝える。
現に7月の輸出額は前年同月比8.8%減の446億ドルにとどまった。

 韓国経済研究院は今年の実質国内総生産(GDP)の成長率予測を2.6%と、
5月時点の3.2%に比べて0.6ポイント引き下げた。
韓国の実質成長率は2010年が6.2%、11年が3.6%だったから、減速ぶりは明らかだ。

 欧州債務危機の影響で中国が減速し、それが韓国に波及してきたのである。11年の韓国の輸出全体の
24%が中国であり、対中貿易で478億ドルの黒字を稼いできただけに、中国減速の影響は大きい。

 韓国のGDPに占める輸出額(輸出依存度)は04年の37.4%から11年には49.7%に高まった。
世界経済が拡大しているうちは輸出のレバレッジ(テコの原理)が働くが、失速しだすと逆回転が始まる。

 円高に悩む日本と違って、通貨ウォン安は韓国の輸出にとって好条件のはず。
通貨安という追い風より、世界的な需要減という逆風の方が勝っているのだ。
韓国企業の4〜6月期決算をみても、電機、自動車の好調の半面で、鉄鋼、造船は大幅減益になっている。

 日本の産業界はウォン安を「政府当局による競争的通貨安」の産物とみている。確かにそうした面はある
にせよ、金融・為替市場が輸出依存型の韓国経済の実力に高い評価を与えていない現れともいえよう。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)