[PR] 広告案内 [PR]
2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【5年目で】月山酋長研究第169弾【ノムを超えた!】

450 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/08/24(金) 18:03:14.34 ID:AEO2mXe8
アップル訴訟、「韓国系」判事を気にせぬ米国の器 シリコンバレー支局 岡田信行
2012/8/24 14:00

 米アップルと韓国サムスン電子がスマートフォン(高機能携帯電話)のデザインや特許を巡って
繰り広げている訴訟が注目を集めている。
すでに最終弁論が終わり、評決を待つばかりだが、今回の訴訟では両社の主張や裁判の行方だけでなく、
この訴訟を担当したカリフォルニア北部地区米連邦地方裁判所のルーシー・コー判事も時の人となった。

 両社の弁護士の法廷戦術にいらだち、怒りを爆発させてきたコー判事。
一部メディアは韓国系米国人であることを話題にした。
米国企業の代表選手であるアップルが「韓国企業が特許侵害をした」と訴えた裁判で、
韓国系米国人が担当判事を務めるのはいかがなものか――という論調だ。
こうした視点は、日本や韓国なら注目を集めそうだ。
だが、メディアや関係者の中で問題視する声は広がっていない。

 理由は主に3つある。ひとつはこれまでの判断。6月下旬、コー判事はサムスンに2つの製品の
米国内での販売差し止め仮処分を命じた。タブレット(多機能携帯端末)の「ギャラクシータブ10.1」と
スマホの「ギャラクシー・ネクサス」だ。コー判事はサムスンの執行延期を求める訴えも退けた。
サムスン寄りならば、そうはしないだろうというわけだ。

 もうひとつは特許訴訟を弁護側で担当した実績だ。コー判事はハーバード大学、同ロースクールを出た後、
97年から2000年まで連邦検事補を務め、08年にアジア系米国人として初めてカリフォルニア北部地区
連邦地裁判事に任命されるまで、スタンフォード大学に近いシリコンバレーのパロアルトにある
法律事務所で特許訴訟に関わっていた。土地勘があるというわけだ。

 最後に挙げられるのは「米国生まれの米国育ち」である点だ。
連邦地裁の資料や米メディアの報道によると、両親は韓国の昔の軍事独裁政権を嫌気して米国に移住。
コー判事は首都ワシントンで68年に生まれ、米国で育った。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.01.03 2014/02/20 Code Monkey ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)