[PR] 男の高収入求人【関西】【九州】激熱!! [PR]
2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

● 大人になってから知った家族の秘密 15 ●

1 :名無しさん@HOME:2010/06/12(土) 14:28:38 0
大人になってから聞かされた事ってありますか。
家庭板的に語り合いましょう

前スレ
● 大人になってから知った家族の秘密 14 ●
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/live/1258543867/

過去ログ
パート1 http://life2.2ch.net/live/kako/1017/10179/1017904207.html
パート2 http://life2.2ch.net/test/read.cgi/live/1031491893/
パート3 http://life3.2ch.net/test/read.cgi/live/1045658392/
パート4 http://life3.2ch.net/test/read.cgi/live/1082436706/
パート5 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1097510699/
パート6 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1147015288/
パート7 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/live/1164125882/
パート8 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/live/1182096702/
パート9 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/live/1193835303/
パート10 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/live/1204705143/
パート11 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/live/1212216653/
パート12 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/live/1220627126/
パート13 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/live/1239606394/


2 :名無しさん@HOME:2010/06/12(土) 14:51:56 0
落ち防止に、前スレ最後の秘密をコピペwww


977:名無しさん@HOME :sage:2010/06/08(火) 19:59:36
ある意味ほのぼのの秘密かそれってやつなんだけど。
私はドッグランでテンションあがりすぎたグレートピレニーズを捕獲。
それが縁で飼い主の男性とお付き合いが始まり、先日婚約した。
そのなれそめを帰省した時に母と母方の祖母に話したら

母 農大で父が担当してた馬が逃げたのを宥めて連れてきたのが縁で結婚
祖母 祖父の家の逃げだしたヤギを10頭ばかりひっとらえたのが縁で結婚
祖母の母 祖母の父の家から逃げた牛2頭をひいて届けたのが縁で結婚

というのが判明した。
「私がおばあちゃんたちのなれそめを聞かされてうっかり引っかかったから
あんたには平凡な結婚をしてほしくて話さないでいたのに…
都会に出たのに動物がらみなんて運命かね…」
と母が溜息をついたので故意に秘密にしてたっぽい。
うちの家系の女は何か大物を捕まえないと嫁にいけないのか…?

3 :名無しさん@HOME:2010/06/12(土) 17:09:25 0
女性陣豪傑だなぁ

4 :名無しさん@HOME:2010/06/13(日) 00:05:05 O
次の代は、もう好きな男性が現れたら即首に縄つけてお持ち帰りすればいいよ

5 :名無しさん@HOME:2010/06/13(日) 14:19:10 O
父が亡くなって父の携帯番号を使いたいと母が言いだし名義変更した時のこと。
死亡による名義変更だと死亡証明やら戸籍謄本やらが必要だとかで用意していたんだが…
戸籍謄本だかなんだか忘れたけどそれっぽいもの見たら三姉妹であるはずだが長女である姉の名の上に知らぬ女の名が2つ。
母に聞いたら私らには異母姉が2人いるらしい。
異母兄弟とか漫画や小説の中のもので私には縁ないものと信じ切っていたよ。
五人姉妹とか渡鬼レベルの多さだなぁって思った。

6 :名無しさん@HOME:2010/06/14(月) 00:23:17 O
あるよね
 
兄貴が成人して車の免許を取りに行った時、住民票が必要になって自分で取ってきた
それで兄が養子と書いてあって、
「あれ? お母さん、俺なんで養子って書いてあるの??」
って不思議そうに尋ねてた。
その時まで俺も兄貴も知らなかった。
 
・・・何がしか事情はあったんだろうけど、自分の息子が公的な書類とかを目にする年齢になる前にすこしは話をしておけばいいのに・・・ってお袋に対して思った。
突然書類で知った兄貴可哀想じゃないかよ。

7 :名無しさん@HOME:2010/06/14(月) 12:03:17 0
誰にも話せないことなので、ここで吐き出し。

 私にはものすごく口煩い叔母が居る。
コイツが親族間の冠婚葬祭には必ず口を出し、しきたりがどうの、常識では
ありえないとか、本当にイラつく奴でこの叔母の言うとおりにしないと何度も
家に来て断って断ってもグチグチうるさい。
実際私の結婚の時は、実家方で結婚式を挙げようと思ったのだけれど
夫方が都内在住だったのでそっちで上げるのが筋だと言い、無理やり都内で
結婚式を決めた奴。言いなりになるうちの親もどうかと思うが。

うちの親も義両親も安い方で良い、どうせ親族は都内に住んで居ないのだから
どこでもいいという話だったのにさ。
都内の結婚式に呼んだら東京タワーを見てたから遅れたと言って挙式には
間に合わず披露宴にすら遅れてきた奴。
その他にも実父のお葬式にも口を出し、親族の皆嫌われている。

この叔母が実は結婚前893のところで、やらせ女だったことをうちの母が
昨日私に話して言った。
叔母は結婚前に付き合った男が893の下っ端で、事務所の若い衆の相手をするために
その事務所で裸同然で過ごしていたと言う。
下着を着けないでいて、若い衆がその気になった時に相手をするということだと言う。
伯父がそのあまりの扱いに驚いて事務所から連れて帰って別の男と結婚させた。

あれだけ色々人の事をギャーギャー言っているくせに、自分はお金ももらえない
売春婦だったわけだ。
今更そんな暴露話を聞かされても困るし、心に抱いていると気持ち悪い。
来月の帰省がすごく苦痛。
従兄弟は良い子達ばかりなのに、叔母だけが糞。
早く氏ねばいいのに。

8 :名無しさん@HOME:2010/06/14(月) 16:01:53 0
耳元で「サ・セ・コ」と囁いてやれw


9 :名無しさん@HOME:2010/06/14(月) 16:40:20 O
「公衆便所」

10 :名無しさん@HOME:2010/06/15(火) 11:22:38 0
>>6
養子って気付くこともなく育てられたなんていい親なんじゃね

11 :名無しさん@HOME:2010/06/15(火) 14:57:24 0
>>6
父ちゃん母ちゃんも、兄ちゃんが養子だったこと忘れてたりしてねw


12 :名無しさん@HOME:2010/06/15(火) 15:07:13 P
>>11
そんな家族いたね。w
このスレだったかな??

何かで同じように自分で戸籍とって養子だったことを知って
なんで事前に教えておいてくれなかったのかと両親に言ったら

「・・・(゚д゚)忘れてた」
「え?」
「え?」
みたいになったヤツ。

13 :名無しさん@HOME:2010/06/15(火) 20:36:31 0
これだね 萌えコピからだけど
ttp://moemoe.homeip.net/view.php/19149

14 ::2010/06/15(火) 22:23:24 O
親が忘れてたかどうかは分からないけど、ぜんぜん気付かず普通に育ったよw
兄弟仲はすこぶる良く、ボコボコに殴り合うような喧嘩してたしww
(あくまで子供の兄弟喧嘩なので、いい思い出ですw)


15 :名無しさん@HOME:2010/06/15(火) 22:39:31 0
私が養子だってこと
誰の親でもない
川で拾われたらしい
自殺も考えました

16 :名無しさん@HOME:2010/06/16(水) 15:51:44 0
伯母(独身)が不倫していたと最近になって知った
小さい頃から我が家が帰省すると、伯母とセットでちょくちょく会いに来るおっさんがいたんだが、
「親戚なの?伯父ちゃん?」と聞くと「ちがうよ。(伯母)ちゃんの友達」といつも母や親戚は言っていた

一度伯母のところに来ると、他の人が寝静まっても一緒に伯母の部屋にいたので
子供ながらに「結婚はしてないけど付き合ってるのかな」とか思ってた
ところが20年近くたった最近になって、母がうっかり「(おっさん)には奥さんと子供らが・・・」とポロリ
しかも子供さん達とは言ったが、よくよく聞けば全員私よりも年上だっていうじゃないか
ハァ?と思い、改めて「あの人と伯母はどんな関係なの?」と聞いてみたらモニョモニョ・・・
どう見ても不倫です。本当に(ry

小さい頃はおっさん自体は可愛がってくれてたから嫌いじゃなかったけど、
今でも関係が続いてるのかは不明だが連絡は取り合ってるらしいし、
今度帰省するときがあったらどんな顔して伯母に会えばいいんだろうorz

17 :名無しさん@HOME:2010/06/16(水) 17:57:13 0
ヨッ!まだ不倫してんの?

で。

18 :名無しさん@HOME:2010/06/16(水) 18:08:35 0
やるねぇおばちゃん、も付け加えてw

19 :名無しさん@HOME:2010/06/16(水) 21:04:47 0
てか、不倫と知ってて受け入れて
普通につきあう親戚もどうかと思うがな

20 :16:2010/06/17(木) 16:16:20 0
レスくれた人たちありがとう

>>19
そこなんだよ。伯母たちに対しても思うところがあるけどそれ以上になぁ・・・
「なんで止めないんだ」って聞いた時に言ってみたけどまたモニョモニョだし

小学生のころ数年間親戚と同居してたことがあるんだが、
基本的に親戚や私のいるリビングは通らずに伯母の部屋へ直行してたっけ
周りは「いい歳した大人の行動にいちいち口挟むもんじゃない」と思ってたのか、
たんに腫れ物に触るような扱いだったのかは覚えてないけど、
当時考えもしなかったことまで今になると考えてしまって余計に嫌なんだ

プラトニックな関係(笑)なのか行くとこまで行ってたのかは知りたくもないが
当時ほぼ同時期に親戚内でゴタゴタがあって
それ以来親戚が嫌いになってた上に追い討ちかけられたような気分になってな・・・
自分語りダラダラとウザくてすまない。誰にも言えなくて吐き出したかったんだ

21 :名無しさん@HOME:2010/06/18(金) 00:29:27 0
その人が資産家とか社長かなんかでその家に貸しがあるとか
あるいは「別れるぐらいなら死ぬぅぅ〜!」と叔母がファビョって腫れ物扱いになってたとか

22 :名無しさん@HOME:2010/06/22(火) 14:39:34 0
 自分の母親が不倫していることを知った。

 うちの父は四半世紀前に亡くなっているのだが、相手の妻はまだ
生きてるじゃん。
ばれないうちに何とかしろよとは思う。

 私の母はうちの父と結婚する前に従兄弟と恋仲だったらしい。
同じ従兄弟の中で、従兄弟婚をした別の従兄弟に頭の無い子供が生まれたと
言う。
それを見て怖くなって従兄弟と別れてうちの父と結婚したんだと。
うちの父が亡くなった事でまたよりが戻ったらしい。
相手方は子供も成人して別居しているから良いんだと言うけど、それを娘に
話すか?
自分に何かあったときは連絡してくれだと。
フザケンナ。
ぜってーねー連絡なんか入れねーし、父のお墓に入れてなんかやらねー。
あんたが死んだ時は火葬場で直葬して無縁仏に入れてやる。
それが嫌だったらさっさと別れろ。
不倫よか前の男の893もんの方がまだマシだ。


23 :名無しさん@HOME:2010/06/23(水) 10:24:28 0
別れて欲しいのは、相手の家族のことを考えてのこと?
それとも、生理的嫌悪感から?

自分も似たような境遇だから勝手にシンパシー感じてる
配偶者に先立たれても操を守れとは言わん、子供のエゴだから
でもせめて、巻き込まないで欲しいよとは思う

24 :名無しさん@HOME:2010/06/23(水) 14:31:36 0
>>23
レスありがd。
まず今の相手と別れて欲しいのは親族であるということと相手に
家族が居ること。
やはり相手の家族に対して申し訳ないから。
馬鹿二人は盛り上がっているが、諦めてそれぞれの配偶者と過ごして
居たわけだからいまさら何ふざけたこと抜かしているって感じ。
 
 ちょっと複雑なんだけど、母が若い頃従兄弟と付き合っていた。
別の従兄弟同士で結婚して子供が生まれて直ぐ亡くなった。
それを見て二人は別れた。
うちの母と父が結婚した。その後父が亡くなった。
母と従兄弟の交流が復活。でも別の男と母は付き合い始めた。
父が亡くなったって五年くらい経った後だったので私はその付き合いに
反対はしなかった。
母の人生だし、一緒に過ごせる人がいてくれた方が幸せだと思ったから。
私たち子供は皆成人して結婚もしていたからね。

でも、その男と別れて今度は従兄弟と付き合い始めたんだと。
寿命と言うことを考えてそろそろ私に話しておかなきゃと思ったんだってさ。
つーかもう70にもなるのにどんな付き合いやねん。
男と付き合う母に生理的嫌悪は抱かないけれど、母も女だったって事だしね。
でも、妻ある従兄弟と付き合うのは反対だ。

あー、ウチはこの先絶対巻き込まれるよ。
だから、直葬にしてやる。葬式なんか誰も呼ばねーし。
23さんもがんばれ。
生きている間は、巻き込まれないようにしようね。


25 :名無しさん@HOME:2010/06/23(水) 21:16:24 0
>>22>>24
こっちこそありがとう

うちは不倫じゃないから、そういう意味ではまだマシかも知れんが
一周忌の席で、親戚相手に次のお相手のことを発表したものだから
親戚一同が呆れて、絶縁宣言叩きつけただけのことだし
こっちは呆れても縁は切れないしねw

残された人生を共に過ごす相手がいることは悪いことではないけど
もっとね、人の気持ちを考えて行動して欲しかったなぁとは思う

26 :名無しさん@HOME:2010/06/25(金) 16:26:49 0
>>25
一周忌?
それは気の毒としか言いようが無い。
人の気持ちを考えて行動して欲しいは禿同。

父が亡くなった時の母は茫然自失だったし、その後も月命日に顔を出さないと
私は叱られたけれど、三回忌が終わったあたりから彼氏がいたみたいだ。
その後はお盆には海外に出ちゃうし、法事はすっ飛化かすしでもうなんと
言うか呆れた。

あんたにはもう亡くなった配偶者だろうけれど、私は父だしやっぱり心が
痛むよ。
次を求める気持もわからなくはない。
でも、娘に色々言うなよって思う。
知りたくもねーよ。実母の色恋沙汰なんて。

絶縁できればした方がいいと思う。ガンガレ。

27 :名無しさん@HOME:2010/06/26(土) 04:05:15 0
>>26
一周忌で宣言した無神経な>>25の人と、3年たって生活を立て直そうとしてる
母親は状況が違うように見えるがね。
あんたのトシがいくつか知らんけど、心が狭い感じがするな。

28 :名無しさん@HOME:2010/06/26(土) 07:31:41 0
>>27
心狭くて悪かったな。
最初に連れてきたのは独身。今の相手は妻子餅。
27は、自分の母親が妻子餅の従兄弟連れてきてこれから私たちは幸せに
なると言っても、祝福できるのか。
従兄弟の妻と子も顔を合わせるのに。
偉いな。私は無理だ。
自分の母親が不倫していることを許容できない狭量で悪かったな。

29 :名無しさん@HOME:2010/06/26(土) 08:41:55 0
何歳だろうと状況や考え方はそれぞれだからムリなもんはムリだろ

うちは祖父がずっと不倫してたが経験上発覚のタイミングとか大きい気がする…

30 :名無しさん@HOME:2010/06/26(土) 10:35:55 0
不倫はいかんだろうjk>>27
生活立て直すにしても手段は選ぼうや、人として
どうしても不倫したいのなら、ひっそりとやれよってねw
嫌がる実の娘を巻き込んじゃダメでしょ

一周忌の席で親戚に絶縁された親持ちの>>25だけど
人としてやっちゃいけないことってあるんだよ
絶縁宣言した親戚もね、次の相手がいたことが許せないんじゃなくて
故人を忍ぶ一周忌の席で発表したことがどうしても許せなかったと言ってた

31 :名無しさん@HOME:2010/06/26(土) 22:10:43 0
>>28
不倫の事実を後出ししといて切れてんじゃねーよ。

32 :名無しさん@HOME:2010/06/26(土) 22:33:07 0
えっ

33 :名無しさん@HOME:2010/06/27(日) 05:06:35 O
このスレは不倫非難スレじゃありません

34 :名無しさん@HOME:2010/06/27(日) 07:08:41 0
>>30
後出しなんかしてねーよ。
22を良く嫁。
うちの馬鹿母が不倫してヤダッつってんだよ。
文盲乙

35 :名無しさん@HOME:2010/06/29(火) 15:24:09 0
>>34
27じゃないけど私も>>26は普通にまったく別人の話かと思った
24では5年経ってからで、それは反対しなかった、
26では三回忌が終わったあたりと言っているし

矛盾はないんだろうけど、一読して別人だと誤解してしまう気持ちもわかってくれるかな?
母親の不倫を許せなんて無神経なことを言いたかった人はだれもいないよ
(まあ、3年目で恋人を作ることがどうかは許せない人もいるだろうし、
私の場合は法事が疎かにされたらやっぱりどうかと思うね)

36 :名無しさん@HOME:2010/07/06(火) 13:45:18 0
うん端から見てたけど>>26は従兄弟不倫の人とは思わなかった
全然違う第三者が話に入ってきたのかと…
よくよく読んだら同じような文章かなと思うけど
>>26>>22だということを名乗りもせずに「後出しなんてしてねーよ」「文盲乙」は無いかと。

37 :名無しさん@HOME:2010/07/06(火) 21:39:08 O
伯父が不倫してた。
私が物心ついた頃から、妻子の居る自宅には住んでいなくて、
会社のビル内に別宅を構えて(伯父は社長)、そこで不倫相手と暮らしていた。
本妻側が、冠婚葬祭やら、親戚付き合い等を一切しなかったので、
不倫相手が、所謂本妻がするような事を全部していた。
自分は、その不倫相手が伯父の嫁だと勘違いしてて、○○おばちゃん、と慕ってた。
優しくて、美人で、子供がいないけど、私たち姉弟をよく可愛がってくれた。
従姉妹達からの評判も良かった。
いま考えたら、妾宅って事なんだけど、親戚も普通に出入りしてたな。

その人は、不治の病で帰らぬ人となり、身内でお葬式も出したし、形見分けもした。
その葬式やお通夜で、名字が違うと分かったのだろうけど、自分が小学生だったからか、記憶無し。
そういえば、お墓もどこにあるのか分からないわ。

38 :名無しさん@HOME:2010/07/06(火) 22:05:25 O
続きです。
その後も、伯父は不倫を止めなかった。
こう書くとだらしなさそうに思えるし、実際その通りなんだけど、
本妻側が、ずっと離婚に応じなかったらしい。
伯父も、弁護士を立てて協議離婚を、ってタイプでもなかった。

前フリが長かったけど、大人になって知った秘密は、伯父の死に様。
こんな生活してたら予測出来そうだけど、孤独死してた。
真夏に、ベッドの中で、ドロドロに溶けてた。
会社のビル最上階に住んでて、社員には親戚も居るのに、誰も気づかなかった。
で、密葬→火葬、数日後の遺体の無いお葬式を済ませて、お葬式の後に、
身内が公民館?みたいな場所に集まって、食事をする事になった。
指定された場所に行ったら、鍵がかかってて入れない。
人が集まるような状態でもなかった。
本宅に場所が変わったかな?と、訪れたら、ここも鍵がかかってて入れない。
わかりやすい絶縁宣言でした。


遺骨は、本妻側受取拒否で、祖父母と同じ墓に入れたけど
自分は幼かったお陰で、伯父の悪い記憶が無い。
本妻側との付き合いもない。それがありがたい。

39 :名無しさん@HOME:2010/07/07(水) 17:23:29 0
まあ、普通なら離婚再婚するところを
本妻が離婚に応じないから、内縁の妻が一般的には妻扱いされてる
池田満寿夫パターンか。

40 :名無しさん@HOME:2010/07/08(木) 11:10:21 0
吉行淳之介も、かな

どっちも内縁の妻以外に愛人がいたんだよね
ようやるわ

41 :名無しさん@HOME:2010/07/16(金) 18:05:20 0
実は自分が姉の中学生の時の子だった事。
自分が父母と信じてきた人は、実は祖父母だった事。
どうりで父とも母とも姉とも年が離れてるわけだ。
あと、母があの年で私産めるわけないと思ってたけど、
姉が産んだんなら納得だ。

42 :名無しさん@HOME:2010/07/16(金) 21:59:53 0
つい最近、父方祖母の3周忌前に聞かされた話。。
うちの祖父、初孫の私に愛人の名前を付けてたよ。

物心ついてから、父方の祖母にほとんど会ったことがない。
嫌われてるのかな、とはうっすら思ってたんだけどね。

妊婦だった母が外出先で事故に巻き込まれて早産となってしまい、
パニックを起こした父は病院から祖父に電話。
生まれたばかりの娘の名前を相談したところ、祖父が言った名前が
『珍しいが綺麗な名前』だったので、そのまま採用。
母いわく、「落ち着いたときはもう名前がついてた。初めての子だし
つけたい名前もあったけど、当時はそれどころじゃなかったし、
綺麗な名前だったから、まぁ良いかなと思った」そうだ。

私が小学生になるころに祖父が外出先の愛人宅で急死(病死)。
その際に祖父愛人の存在が判明。私と同名。長いお付き合いだったそうだし、
珍しい名前なのでその愛人以外に名前の由来が思い当たらない状態。

祖母はそれ以来、孫に会うのを拒否。
遠距離だったこともあり、そのまま疎遠になったそうだ。
両親は改名も考えたが、小さい町で幼稚園のメンバーがそのまま小学校に
あがるような状態で、なくなく諦めたらしい。

「お前も大人になったし、もう時効だから」っておじさん、私は聞きたくなかったわ。
誰にも言えないので、ここで吐いて去ります。

43 :名無しさん@HOME:2010/07/16(金) 22:05:51 O
自己中な男を祖父に持ったばかりになんと気の毒な。
名前って一生モノだからキツいなあ。

44 :名無しさん@HOME:2010/07/17(土) 06:58:39 P
珍しいが綺麗な名前なんでしょ
それまで不満がなかったのならいいじゃない
…と言いたいけど難しいよねごめん

45 :名無しさん@HOME:2010/07/17(土) 09:43:49 0
だって自分の名前で傷ついた人がいるんだもの
勿論、本人のせいでも両親のせいでもない、想像力のない馬鹿な男のせい
ひと様の身内をバカ呼ばわりして申し訳ないけど、事実だよね

46 :名無しさん@HOME:2010/07/28(水) 22:27:26 Q
自分が養子だった。
成人式、母が「待って待って」と呼び止めるので振り返ったら額縁に入った写真渡してきて
「大事な日だから、生みの親にも見せてあげなよ」
と言われた。
「えっ?」と聞き返したら、
「ほら、この前大掃除したら見つけたからさ」とニコニコしてる。
「あー、うん。わかった」と適当に答えてそのまま式に行った。
記念写真撮りに行くことになって、父の運転、助手席に母、私と弟が後ろに乗った車の中で
「え?私って母さんたちの子じゃないの?」とつっこんだら
「何言ってんだ、お前」と父に言われたんでそれ以来何も聞いてない。
戸籍とかちゃんと見たことなかったから、触れたのは後にも先にもその時だけ。

47 :名無しさん@HOME:2010/07/28(水) 22:33:36 0
>>46
額縁に入った写真ってことは生みの親はもう亡くなってるってこと?


48 :名無しさん@HOME:2010/07/28(水) 22:44:05 Q
>>47
いいや、ただの男女が寄り添ってる写真だったよ。
気にならないって言ったら嘘になるけど、この家族がいるからいい。
戸籍謄本しっかり見たら、弟は父母の実子だった。
まあ、今さらなんとも思わないけどね。
あいつ母さんに言えないこと私に言ってくるからさ…。私じゃなきゃあいつ守ってやれないし。

49 :名無しさん@HOME:2010/07/29(木) 12:00:10 0
うぉ、末尾がQだ!

50 :名無しさん@HOME:2010/08/10(火) 19:30:53 0
父方の祖母には結婚前に子どもがいた事…

足いれ婚が当たり前だった時代で、妊娠したけど相手がいなくなり
生まれた子はそのまま養子に出されて、父達兄弟が知った時には
連絡をとろうとしたけど手掛かりもなく、祖母は何もかも心に秘めたまま逝ってしまい
葬式の後で知らされました。
後に遺産相続でゴタゴタがあり、叔父達が養子に出された方の消息を調べ(この時に女性と判明)
連絡を取った時には養父母も伯母も亡くなっていて、伯母の旦那さんという方から
空襲で市役所が全焼し戸籍が消滅し、再度戸籍を自己申請制で再編した際に養父母は
伯母を実子として登録したという事を親族から聞いていたそう。

伯母と養父母が幸せだったんだなと知って少しホッとした
ばあちゃんの気持ち考えると複雑だけどね。


51 :名無しさん@HOME:2010/08/14(土) 06:01:37 0
少しうちの話と似てるな。
母方祖母は結婚を前提に話を進めていた男がいたけど
祖母が妊娠したのに、その男が他の女と結婚したらしい
子供は祖母の実家で育てた。

後はよくある話で、数年前死んだ父方祖母が戸籍上で2歳さば読んでたこと
生まれた二年後に、その時生まれたことにして戸籍を出したらしい

52 :名無しさん@HOME:2010/08/14(土) 07:36:00 O
ウィグル人のクォーターだった。
中国のウィグル自治区に親戚がいるようだけど、とてもじゃないけど探せないよ(・ω・`)
当局に弾圧されてる場所だし。

53 :名無しさん@HOME:2010/08/14(土) 15:17:08 O
秘密とはちょっと違う話だけど。
叔父さんが終戦の日(昭和20年8月15日)東京で生まれた人なんだけど、戦後のドサクサでなかなか書類が出せず、戸籍上は9月15日生まれになってるんだって。
 
あとそれに似たような話で、(お客さんが話してくれた)戦争で戸籍が燃えてしまい、自分で申請する事になった時、自分の名前が前から気に入らなかったので勝手に改名して申請しちゃったんだって。
この時代の人ってこんなん結構やってるみたい。

54 :名無しさん@HOME:2010/08/14(土) 15:58:35 O
父が婚外子だったこと。
死んだと聞かされていた祖父から祖母経由で結婚祝いが届き、
なんで?と思ったら祖母は祖父の妾で、
祖父に囲われて未婚のまま3人の子供を出産。
でも祖父の倒産とともに正妻に援助打ち切り&絶縁されたらしい。
しかも祖母は正妻さんの親戚だとのこと。

なんつーか、時限が違う話で「へー」としか思わなかったわ。
でも生きてると聞けば、とりあえず会ってみたいかな。
会えないだろうけど。

55 :名無しさん@HOME:2010/08/14(土) 18:56:15 O
母方の祖父に愛人がいて、更に子供もいること。

多額の養育費と手切れ金を払って、縁は切れてるらしいけど、当時は生活費をまでを持ちだし愛人宅に行こうとする祖父に祖母が包丁投げたり、そんな祖母を祖父が殴りつけたり、祖母が子供(母は三姉妹)たちを連れて愛人宅に乗り込んだり、それはもう修羅場だったそうだ。

長女である母に子(私)が生まれたときも、祖父は愛人が働いてる会社の保険に孫を加入させろと用紙を持ち込み、母は号泣して暴れたらしい。(過呼吸を起こしたりで退院が長引いた)

今まで祖父にはずっと可愛がられてきたし、叱られたこともなく、怒ったところも見たことがない。
祖母が祖父に暴言を吐いたり、散財したり、こき使うたびに嫌な思いをしてきたけれど、祖父が今、祖母に対して異様なまでに従順なのは過去の贖罪だと聞いて納得した。

祖父の姉が、祖母には苦労をかけたとお酒の席でもらした昔話。

56 :名無しさん@HOME:2010/08/16(月) 03:53:15 O
両親がいとこ同士だった事
冷静に考えたらわかる事なんだけど、父方祖母と母方祖母が姉妹なのが
普通に認識されていたから当たり前になっていて疑問に思わなかったようだ

57 :名無しさん@HOME:2010/08/21(土) 01:31:23 O
うち祖父母が従姉妹同士だったよ。しかも軽度の池沼だったらしいけど 当時は 百姓だったから 生活は成り立ってたみたい。
でも 父方の従兄で7人中 3人は 池沼

58 :名無しさん@HOME:2010/08/21(土) 07:37:33 O
一歳の時に火事で家が全焼。
母からは父が私のオムツをストーブ前に干してたことが原因だとずっと聞かされてた。
大人になってから本当は原因が全く違うと知った。
父は浮気や暴力や借金を重ねてたし、私は顔が父親似で母に嫌われてたから火事の原因を押し付けられたんだろうな。

59 :名無しさん@HOME:2010/08/21(土) 22:31:57 O
祖父がバイだったこと。
3回も結婚していたのに、さらに男も好きだったとは…。
でもさもありなんて人だった。

60 :名無しさん@HOME:2010/08/22(日) 09:42:41 0
>3回も結婚


61 :名無しさん@HOME:2010/09/02(木) 17:14:05 0
私が生まれる随分前に、家が放火されたことがあること。
しかもその犯人は私の同級生のお祖父さんだった。
精神障害者だったとか。
同級生はそういうお祖父さんがいたことを知らない。

62 :名無しさん@HOME:2010/09/06(月) 00:55:02 0
叔父の一人が絵に描いたような転落人生。
離婚して、女連れて引っ越して、女に逃げられて、仕事も辞めて、
浮浪者になって、野垂れているところを救急車で運ばれて、その時持っていたメモを元に実家に連絡があったらしいけど、
退院後は行方不明。最後に連絡が有ったのがその野垂れた時で10年くらい前、もう今は死んでるかもしれない。
ってのをつい最近知った。

63 :名無しさん@HOME:2010/09/06(月) 17:41:54 P
>>62
一応、失踪届け出して粛々と戸籍抹消できるように
しといた方が良くないか?
それはもうやってあるのかな?

64 :名無しさん@HOME:2010/09/06(月) 18:09:41 0
>>61
同級生のご両親は61がわが子と同級生って事知ってるのかな。

65 :名無しさん@HOME:2010/09/06(月) 19:03:36 0
>63
母側の叔父なんだけど、話は父から聞きました。
母にそれとなく聞いたら誤魔化されたのでそれ以上は追及してません。
父も細かい話は聞けていないとか。
もう10年も経つし、母側の兄弟がだれかしら手続きしているかもしれませんね。

66 :名無しさん@HOME:2010/09/07(火) 22:24:16 O
父親が生きていた。
母から、父は妊娠がわかる前に死んだんだと聞かされていて、「片親では子供がまともに育たない」と言う父親家族の反対を押し切って一人で出産したんだと。
そういう理由があってあちらさんとは絶縁状態だから、墓参りはしたくてもできない、遺影さえも取り上げられてると教えられてた。
架空請求にあってビビりながら母に助けを求めたら通帳を出してきて「好きに使いな」と言われた。
自分三才の誕生日から、20の誕生日まで毎月振り込まれていたけど一度も手をつけた様子はなくて、見たこともない金額だった。
結局警察に問い合わせたら詐欺だとわかり収まったが、気になり続けていたので、初任給が出た時に母を食事に誘って聞いてみた。
母はイケイケのコギャルだったこと、高校在学中に妊娠したこと、彼氏は逃げ出し、その家族からは「片親では子供がまともに育たない」と言われたことを教えられた。
未婚の親、離婚した親、死別した親、同じ片親の子供でも扱いに違いがあることを知っていたので、嘘を突き通そうと決めたんだそうだ。
途中、彼氏から連絡があったが突っぱね、ただ意地だけで働き、自分を大学まで行かせてくれたと。
「でも、いつまでも私のわがままに付き合わせたら駄目だよね。今までバカな私に付き合わせてごめん」なんて言われたら何を言ったらいいかわからない。
会いたかったら連絡取るけど、と言われたけどそんなのはどうでもよくて、自分がそんな無責任な男の知を引いてるのが恐い。
自分はまともに育ったんだろうか。

67 :名無しさん@HOME:2010/09/08(水) 09:34:10 0
まともの定義ってすごく難しいけど

でも、いろいろあっただろうけど、スジ通して>66を育ててくれた人の血も引いてるってことを大事にすればいい
架空請求とかもちゃんと相談できるならいい親子だと思う

お母さん大事にして
>66が幸せになれ
それがお母さんの幸せだ

68 :名無しさん@HOME:2010/09/08(水) 11:42:13 0
お母さんが渡してくれた通帳に振り込んでくれていたのは実父?

お母さんはきちんと、自分のやったことに責任を取って生きてきた立派な人だよ
そんな人に育てられてきた>>66が、まともに育ってないなんてことは絶対ない


69 :名無しさん@HOME:2010/09/08(水) 17:08:46 P
>>66
普通に結婚して子どもが産まれた後に離婚した元夫婦間であっても
きちんと成人までの養育費を振込続けるというのは大変なこと。
実父にあたる人の若い頃の行動は確かに無責任だけど
その後の17年間はとにかく出来る事をしてくれたように思う。

あなたにとっては「見た事もない金額」だろうけど
それは降って湧いたお金ではなくて地道に振り込まれ続けた結果の金額。
享楽的に使うのではなく何か本当に人生の役に立つ事に
使ってほしいと他人ながら思う。

それと実父に会うかどうかはまた別の話。
お母さんとあなた自身の人生を大切にしてくださいませ。

70 :名無しさん@HOME:2010/09/09(木) 10:06:06 O
>>66
まともじゃない奴はわ自分がまともだろうか?なんて悩まない。
血なんて関係ないよ。氏より育ちと言うじゃないか。
お母さんを大切に。んで、幸せになりやがれ、コノヤロウw

71 :66:2010/09/11(土) 18:04:28 O
書き捨てだったのに暖かい言葉ありがとう。
養育費は、自分の小さい頃の反抗期、自分ではなく父に怒りを向けて請求したんだそうだ。
皆のレス見て驚いた。確かに自分は、父だけでなく、大好きな母さんの血も引いてるんだな。
母さんに幸せになってほしい。
まだそんな老いてるわけじゃないからさ。「あんたが生まれてから血圧測るお医者さん以外に男の手握ってないわー」とか言ってたから、いい男だって見つけてほしい。
海外だって連れていきたいし好物山ほど食わせたい。
自分はきっと父には会わないと思う。母に、「これは本当」って言われて聞かされたけど、20才の誕生日の振り込み以来なんの音沙汰もないって。
父も開放されたんだろう。家庭があるかもしれない。だから行かない。一番は、父に会って何を言えばいいかわからないからだけど。
きっと俺にとっての父は、最初に母に言われた時のまま、お星様にいるんだと思う。
皆のレス見なかったらへこんでたままだった。ありがとう。

72 :名無しさん@HOME:2010/09/12(日) 16:15:17 0
まともどころか、一人前の男じゃないか
立派だよ、あなたは
ちゃんと父親のことまで理解しようとしている

お金さえ払えば済むわけじゃないけど、世の中には
お金でしか責任を果たせない場合もあるし、それで誠意を示さねばならない人もいる
何であれ成人するまで払い続けた父親も、何か思うところあってのことだろう

秘すれば花
すべて明らかになっちゃっても味気ないし
今のままでいいと思うよ
お母さんは大事にね、そして自分も幸せになれよ
一番の親不孝は親より先に亡くなることと、不幸せになることだから



73 :名無しさん@HOME:2010/09/14(火) 00:50:34 P
規制テスト

74 :名無しさん@HOME:2010/09/14(火) 08:57:08 O
>>66

いいお母さんを持ったね。

日本では養育費に関する法整備がされてないから、
養育費を払ってる父親(母親)は2割もいない。
8割以上がバックレてる。
父親もそんなにクズじゃないよ。


75 :名無しさん@HOME:2010/09/17(金) 12:00:28 0
なんかええ話や

76 :名無しさん@HOME:2010/09/18(土) 09:57:50 O
>66

上でも言われてる通り、養育費払ってる、
しかも成人までの十数年間払い続ける人なんて、極々稀。
というか、聞いたこと無い!それぐらい稀なこと。
お父さんもお父さんなりに、出来ることをしてくれたのでは?

77 :名無しさん@HOME:2010/09/19(日) 06:15:30 0
老いるどころか、まだお母さん40代にな入ったばかり位でしょ?
これからがっつり青春取り返してもらおう。

78 :名無しさん@HOME:2010/09/19(日) 22:40:47 0
自分の母親がビッチだった。

5人兄弟の真ん中だけ父親が違うとか不認知とか、きいてねーし。
真ん中より下は離婚ないようにつくったとか。
5人そろってメダマドコー。

つまり、4番目の自分はいらない子ってことか。
吊ってきたいが、真ん中がなきながらトラになってるのでそれもできず。
欝だ。

父よ。偉大な父よ。
頼むから「兄弟なかよく」とかいうへたくそな掛け軸などより、
もっとまともな遺言を残しておいてほしかった。

79 :名無しさん@HOME:2010/09/21(火) 08:30:37 0
>>78
まともじゃん

80 :名無しさん@HOME:2010/09/21(火) 10:11:18 0
父親が社会不適合者のマダオだった。
表面上は夫婦仲良くしてたし、親の収入とかよく分からなかったから
父親も普通に働いてるもんだとばっかり思ってた。
母親は一人で家計支えて頑張ってきたし、明るくて楽しい人なので好きだけど
住民票を取れなかったり、現住所を違う所に置くのを強いられたりしてたので
やっぱマトモじゃなかったんだと思う。
旦那と結婚する前、家や家族の話を聞いて「そうか、これが普通の家庭なんだ」と
自分もマヒしていた事に気付いて、涙が出た。
吐き出しゴメン。

81 :名無しさん@HOME:2010/09/24(金) 12:53:09 0
小さい頃から常にうちに居る猫(黒猫)が実は度々入れ換わっていたこと

じつはいまいるのは四ひき目の「すず」らしい…

82 :名無しさん@HOME:2010/09/24(金) 22:45:12 0
>>81
それなんて綾波

83 :名無しさん@HOME:2010/09/25(土) 01:55:28 0
えっ、ホラーじゃん。

84 :名無しさん@HOME:2010/09/26(日) 22:37:27 0
大人の猫を交換してたのかな。
でも黒猫と言っても自分の家の猫なら見分けつかないか?
あまり猫に興味無かった?

85 :名無しさん@HOME:2010/09/29(水) 09:15:59 0
兄が早世してから母親に聞かされたこと。

父親が浮気してた(まあよくある?話)
もしかしたら、私に兄だか姉だか弟だか妹がいるかもしれない、と。

えーと、夫婦の揉め事は夫婦で済ませて下さい。
今迄「うん、うん、おふくろも苦労したんだな。その分俺が親孝行してやるよ」
と言ってた兄がいなくなったから、こちらに来たんだろうが。
私はもうとっくの昔の自分の家庭を持ってますっつーの。
散々兄と比べてコケにしてくれた癖に、今更〜何言ってんの〜って感じ。

母親を散々甘やかしてた兄貴、恨むぜw

86 :名無しさん@HOME:2010/09/30(木) 11:40:53 0
それ何てエラリー・クイーン>猫入れ替え

87 :名無しさん@HOME:2010/09/30(木) 11:55:12 0
>>85
腹違いの兄弟姉妹の人数は、一人?二人?
両親の死後遺産相続で揉めそうだから、所在だけでも掴んでおけ

88 :名無しさん@HOME:2010/10/01(金) 18:41:47 0
>>87
父死んでる

89 :名無しさん@HOME:2010/10/03(日) 17:52:25 0
…母方の死んだ祖母の実家が、シャレにならないほどの大豪農(跡地に、県営の物凄く広い総合施設がいくつもある。
しかも、そのうちの一件が、名前を出せば誰でも知ってる、下手すりゃその方面に興味のある人ならば海外の人も知ってて
YOUTUBEにそこの動画がいくつも上がっている施設)だとつい最近知った。
調べてみて、目ん玉が飛び出た。
そして、祖母の言動と照らし合わせてみて、「ケロロ軍曹」の桃華さんは、長じて多くの使用人に目配りする立場の人なら
絶対やらかさない、むしろこんなことをやったら帝王教育大失敗、ギャグ漫画だから許されることをやってるのだとも判った。

90 :名無しさん@HOME:2010/10/03(日) 18:05:42 0
ちなみに、祖母の実家は、第二次大戦が原因で廃嫡。
日本のみならず、世界中で、大戦が原因で旧家名家金持ちがあっさり廃嫡になってるそうな。

91 :名無しさん@HOME:2010/10/03(日) 21:04:14 0
廃嫡の使用方法が間違っているぞなもし。

92 :名無しさん@HOME:2010/10/03(日) 21:09:35 0
>>91
それはすまんかった。

93 :名無しさん@HOME:2010/10/03(日) 21:12:42 0
>>90のような場合は「没落」もしくは「断絶」でいいんじゃないかと思う。

94 :名無しさん@HOME:2010/10/04(月) 17:00:19 O
父親がサンタクロースだった

95 :名無しさん@HOME:2010/10/05(火) 01:18:55 0
それはトップシークレットだから言っちゃダメ!

96 :名無しさん@HOME:2010/10/05(火) 05:02:09 0
>>94
お父様が温泉で仲良くなったおっちゃんがサンタクロースという名前で、忙しいから手伝えと言われたとかいう奴ですね。

97 :名無しさん@HOME:2010/10/05(火) 18:59:39 O
でも昔はテレビでもトップシークレットだったのが
最近はコールデンの子供が見てる時間帯とかに
糞芸人とかが平気で話したりするよね
あれって死刑にすればいいのに

98 :名無しさん@HOME:2010/10/05(火) 19:11:17 P
>>97
まぁサザエさんとかの子ども向けアニメだったら
その辺は配慮しとけと思うけど
クソ芸人がヘラヘラしてるだけの番組なんてのを子どもに見せて
サンタ系発言にキィーキィーしてるスイーツ親だったら
正直どっちもどっちじゃね?と思いますわ。

99 :名無しさん@HOME:2010/10/05(火) 20:30:19 0
>>98
ケロロ軍曹で>>96の様な解釈をやられた時は「うまいこと考えたもんだなあ」って感心したよ。

100 :名無しさん@HOME:2010/10/12(火) 05:26:40 0
>>88
父生きてる(多分)
兄死んでる

101 :名無しさん@HOME:2010/10/12(火) 10:40:17 0
>>100は85なのか? 父とは生き別れ中?
それ父が死んだら腹違いきょうだいと相続で一番揉めるパターンだな
しかもその金を「一番苦労した自分によこせ」って母親に奪われそうだし

102 :名無しさん@HOME:2010/10/14(木) 08:32:49 0
>>101
>>100だけど、85じゃないよ。

>兄が早世してから
で、兄死亡

>夫婦の揉め事は夫婦で済ませて下さい。
で、現在進行形っぽいので父親は(多分)死んでない、と思った。
生き別れの記述なぞもなかったみたいだけど。

もうちょっと読解力付けようよ…。
全部詳しく書いて貰わないと解らないもんなのか?


103 :名無しさん@HOME:2010/10/15(金) 11:43:39 0
>>102
いやどっちが読解力が無いんだよ。
100≠85なら88=85ってことじゃないか。つまり父は死んでる。

104 :名無しさん@HOME:2010/10/20(水) 10:05:46 O
>>103
ああ、85=88だと思い込んでたのかw
やっぱり、ちょっと…なんつーかw

105 :名無しさん@HOME:2010/11/04(木) 16:04:48 0
保守

106 :名無しさん@HOME:2010/11/04(木) 21:34:47 O
保守がてら、他の人に比べれば大した話でもないけど‥

幼稚園ぐらいのころ、祖父母の家を訪ねたら祖父が居なかった。
「おじいちゃんはおでかけしたの?」と祖母に訊いたら、『おじいちゃんは亡くなったのよ』と聞かされた。

15年ほどたった最近になって、ふとその事を思い出し
祖父の葬儀に自分は出席していないことに気付き
両親にその事をきいてみたら
「祖父は死んだのではなく愛人を作って出ていった」
「子どもに聞かせる話ではないから祖父のことを尋ねられ、とっさに死んだことにした」
と答えられた。

107 :名無しさん@HOME:2010/11/04(木) 21:49:55 0
そういうケースがちょっと前に流行った?消えた100歳老人になるらしいけど、
行方はつかめてるんだろうか

108 :名無しさん@HOME:2010/11/04(木) 22:49:19 0
>>107
7年行方不明なら死亡届が出せるんだからとっくに鬼籍入りじゃないかな。
こういう場合、死亡届は出しても葬式はやらないだろうし。

で、片やどっかの町では行旅死亡人がひとり行政に処理されてる、と。

109 :名無しさん@HOME:2010/11/05(金) 02:02:26 O
おじさんがおばさんになってたこと。

父の兄弟に一人祖父に勘当されたのがいるのは知ってたんだけど理由は知らなかった。
会ったこともないがおじさんと呼ぶべきか、おばさんと呼ぶべきか3分ほど考えた。

110 :名無しさん@HOME:2010/11/06(土) 15:05:46 O
なんて呼んで欲しいか本人に聞けば良いじゃん。

111 :名無しさん@HOME:2010/11/06(土) 16:31:04 0
母親が捨て子の養子だった。だから自分の祖父祖母とは血の繋がりなかった。

あと、自分には弟がいたらしいけど親は堕してた・・・・
もちろんその時結婚してたけど経済的理由でそうしたらしい。

112 :名無しさん@HOME:2010/11/06(土) 19:03:49 0
母方の祖母が実は再婚で、生物学的祖父とは駆け落ちしてたこと。

生物学的祖父は母が小さい頃に亡くなって、祖母は戸籍上祖父と再婚した。
戸籍上祖祖父は、20人近くいた孫の中で、血のつながりのない私を一番かわいがってくれてた。
8年前に亡くなったんだけど、
ず〜っと本当の祖父だと思ってた。

こないだ祖母が亡くなって、初めてその話を聞いて、
初めて生物学的祖父の写真を見た。

自分にちょっと似てた。

でも、戸籍上のじいちゃん、大好きだよ。

113 :名無しさん@HOME:2010/11/06(土) 20:46:06 0
>>112
> 母方の祖母が実は再婚で、生物学的祖父とは駆け落ちしてたこと。
>
> 生物学的祖父は母が小さい頃に亡くなって、祖母は戸籍上祖父と再婚した。
> 戸籍上祖祖父は、20人近くいた孫の中で、血のつながりのない私を一番かわいがってくれてた。
> 8年前に亡くなったんだけど、
> ず〜っと本当の祖父だと思ってた。
>
> こないだ祖母が亡くなって、初めてその話を聞いて、
> 初めて生物学的祖父の写真を見た。
>
> 自分にちょっと似てた。
>
> でも、戸籍上のじいちゃん、大好きだよ。

(´;ω; `)素敵なじいちゃん!


114 :名無しさん@HOME:2010/11/06(土) 23:50:14 0
父親の兄弟全員 妾腹

言葉の響きが衝撃的だった



115 :名無しさん@HOME:2010/11/09(火) 16:57:43 0
正室は一人しか産めなかったのかな。

116 :名無しさん@HOME:2010/11/26(金) 19:39:55 0
ほしゅ

117 :名無しさん@HOME:2010/11/27(土) 23:37:54 O
母が三人も中絶してたこと。

118 :名無しさん@HOME:2010/11/28(日) 11:43:24 0
母が一度中絶していた事は知ってたけど、父に強制されて仕方なく泣く
泣く堕ろしたと聞いていた。
しかし、私が長女出産後すぐに妊娠したら、母は激怒して「年子なんて
みっともない!私は体裁悪かったから年子の時はちゃんと堕ろしたわよ!」
と暴露。
…なんだかなぁと思った。

私はたまたま流産したので年子にはならなかったが、母は今でも年子の
兄弟を見ると「親がバカで無計画なのよw」と嘲笑う。
自分だって妊娠したくせに… なんとも理解出来ない心理だわ。

119 :名無しさん@HOME:2010/11/28(日) 21:28:21 0
年子のどこが悪いのか、わかんないわぁ

経済的肉体的に出産育児がまっとうできるのなら
別に恥ずかしくもないことなのに

120 :名無しさん@HOME:2010/11/28(日) 22:21:02 0
年子は恥ずかしいっていう地域とかあるのかな?
40超えて産むのは恥ずかしいとかは、うちの母世代の東京では
あったみたいだけど。

121 :名無しさん@HOME:2010/11/28(日) 23:55:01 0
地域は知らないけど、昔は言ったみたいよ。
遅い子もそうだけど、スキモノ的な意味で。

122 :名無しさん@HOME:2010/11/28(日) 23:58:42 0
そうなのかぁ。
昔だと産めや増やせやって感じなのかと思ってた。

日本人って、みんな一緒が好きなのねぇ。
ちょっと早い、遅いとか嫌なのねぇ。

123 :名無しさん@HOME:2010/11/29(月) 10:16:41 0
四十の恥かきっ子とは言うよね
でも昔の四十と今の四十は肉体年齢が違うだろうし
年子だって、早目に育児を終えたいという考えもあるし

124 :名無しさん@HOME:2010/11/29(月) 10:36:20 0
昔の四十のほうが体動かしている分、肉体年齢若いんじゃない?
医学は今のほうが進んでいるけれど。

125 :名無しさん@HOME:2010/11/29(月) 22:34:37 0
子供が幼稚園児なんだけど、幼稚園で一緒の人で年子の子持ちの人は
たいていやや高齢〜高齢出産の人。
二人子供が欲しいけど、間を開けてる期間が惜しいと言ってた
今と昔は考え方が違うんだよ。
年子の方が、確かにしんどいけど、子育てが一度に終わるし高齢で産む人には適していると思う。

126 :名無しさん@HOME:2010/11/30(火) 22:33:41 0
>>124
昔の農家とかだったら、身体を酷使してるだろうし若いとは言えないんじゃない?
で、無理を重ねていざ医者に掛かっても、技術が無いから手遅れ…
って場合が多かったんじゃないかと。

127 :名無しさん@HOME:2010/12/01(水) 02:22:19 0
尊敬してた姉が社会的に実は糞だったのだ!

128 :名無しさん@HOME:2010/12/01(水) 03:19:12 0
まさかの経歴詐称

129 :名無しさん@HOME:2010/12/14(火) 15:53:30 0
顔も知らない叔父叔母(たぶん従兄弟も)が居るらしい。
父方の祖父が若い頃(父やその兄弟が子供のころ)出稼ぎ先で
撒いた種だそうで。
しかももっと悪いことに、祖父は全く養育義務を果たしてなかったらしい。

130 :名無しさん@HOME:2010/12/26(日) 20:54:10 0
育ての母が伯母さんだった。
弟は従弟だった。
父親は血もつながってもいなかった。(よく似てると言われたのに)

実母は育ての母の妹。毒親っぽく何度も私に接触してきた。そして私が20歳の時こっそり暴露。
なんでも不倫で妊娠。双子を産んだものの愛人は逃げて育児ノイローゼでなぜか私だけをネグレクト。
みかねた育ての母が父と相談して私を引き取ったらしい。
その後、実母は再婚して弟(従弟と思ってるやつ)が生まれたそうな。

双子の姉、よく似てると思ってたけど、道理で似てるはず。
何よりショックだったこと。知らずに従弟と付き合ってた。
知ったとたん、吐いた。生理的に無理なので即従弟とは別れた。
キスまででよかった。貞操観念が硬くてよかった。

実母は私を捨てた時、絶対母親として名乗り出ないと誓約書を書いたくせに、私にすり寄ってくる。
けがらわしい。こんな女の血をひいてるかと思うとぞっとする。

育ての親は私を実の娘として育ててくれてる。(まだ私が知ってるという事実は知らない)
それに引け目を感じて家を出ている。

131 :名無しさん@HOME:2010/12/26(日) 20:57:12 0
従弟と付き合うなよ。
気持ち悪い。

132 :名無しさん@HOME:2010/12/26(日) 21:45:54 0
>>130
貞操堅固でよかった 大事に愛情掛けて育ててもらえたんだね
引け目なんて感じなくていいと思うよ 育ての親に親孝行してあげてね

133 :名無しさん@HOME:2010/12/26(日) 21:54:51 0
普通いとこと付き合おうなんて思わないよ。
けがらわしい。

134 :名無しさん@HOME:2010/12/26(日) 21:57:09 0
育ててくれたお母さんに話したほうがいいかもね
あなたを産みの母から保護する上で必要だと思う

後、育てのお母さんの血筋もあるんだし
産みの母に精神的にも囚われるなよ

135 :名無しさん@HOME:2010/12/27(月) 02:00:08 0
両親が結婚して9ヶ月で自分が生まれたこと。

両親は見合い結婚で父は婿に入ったんだが、自分が仕込まれたのは結納後で入籍前だった。
母方祖父は大工の棟梁で三姉妹長女な母は
田舎故の世間体を気にして、自分は生まれてこない可能性があった。

しかし父の説得、母方祖父母も父方祖父(祖母他界)も心から喜んてくれて
やがて長男の様な長女3000g超で出産。
母方親族は初孫大フィーバー。
父方親族は6年ぶりの赤子誕生大フィーバー。

この話では私はズッ子になるのかしら。
母的には婚前の子って事実が私を傷付けると思っていたようで成人した時に初めて聞いたよ。自分が存在しないかもしれなかった事には驚いたけど
母の「バカな事を考えてしまったけど、
お父さん(My父)の
『頼むからその子(私)を抱かせてくれ』
って言葉を信じて本当に良かった」って言葉で、恥と思う事は一切無かった。

昔の事だから、当時の親族みんな思うところはあったのかもしれないが
マジで可愛がって貰った記憶しかない。
今でも胸張って両家親族が大好きすぎる。

また、個人的には笑える話だが、
私は妊娠で入籍が半年早まったw
結果、両親と同じペースで結婚→出産することにwww

私は両親のもとに生まれて本当に幸せだと思っている。
自分の子にもいつか同じように感じてもらえる親になりたい。


136 :名無しさん@HOME:2010/12/29(水) 04:22:25 0
無粋な事書いて悪いけど、結婚して9ヶ月後に出産なら、入籍直後に
出来た子なんじゃないの?
妊娠してから十月十日で産まれるって思い込んでて、
受精から1ヵ月後に「妊娠3ヶ月です」とか言われて、3ヶ月前に
心当たりがあったからそう思い込んだだけで。

137 :名無しさん@HOME:2010/12/29(水) 13:11:52 0
受精日+10ヶ月目の10日(280日)−2週間(14日)=予定日
266日かな。

138 :名無しさん@HOME:2010/12/29(水) 21:43:38 0
結婚の準備に入ってたなら誤差の範囲内だよね。

139 :名無しさん@HOME:2010/12/31(金) 06:54:29 0
135です

レスくれた方モヤっとさせてすみません。
私が両親の入籍日を間違えました(´Д` )

私の誕生日は6/1で
両親が入籍したのは前年11/6です。
だから約7ヶ月生まれたことになります。


140 :名無しさん@HOME:2010/12/31(金) 11:04:41 O
>>42

り○かさん?

141 :名無しさん@HOME:2011/01/10(月) 01:29:14 O
父が、母に横恋慕した末の略奪婚だと聞かされた。
同僚と婚約中の母に堂々とアタックして、婚約破棄させるまで頑張った父親が意外で、ちょっと引いた。
母は三角関係にだいぶ悩み、父は回りにずいぶん責められたらしい。
約30年前の出来事。
今は幸せみたいだが。

142 :名無しさん@HOME:2011/01/10(月) 03:09:41 0
ご先祖様が超有名人だったらしい。
ひいひいじいさんにあたる人。
小説等でよく見る名前だが、実在の人物だということも知らなかったので、驚いた。
言ってみれば、あなたの先祖は銭形平次です、と言われたような感覚。
母も知らなかったそうだ。
歴史研究家みたいな人が尋ねてきて、判明。
研究っていえば、他人でも戸籍とか調べられるのかな。ちょっと不気味。



143 :名無しさん@HOME:2011/01/10(月) 05:44:22 0
戸籍は昭和51年までは原則公開で他人の戸籍を自由に取得できたが
今は特別な理由がない限り配偶者や直系しか取れないようになってる。
これに該当しない者で取得できるケースは
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO224.html
の第二章第十条に記されてる。
遺産相続とか法的な利害関係が絡んだ案件でなく、個人の研究だけじゃ
普通は取れないと思うけどね。
その人は君の先祖の戸籍を持参してきたの?
戸籍以外でも手がかりはありそうな気がするけどね。

144 :142:2011/01/10(月) 11:18:43 0
>>143
昔は勝手に調べられたんですね、戸籍。
その研究家の人は、ご先祖様の戸籍謄本の写真が載った研究書を持参しました。
私達のことは寺とかお墓の記録から調べたようです。
菩提寺から、こういう人が私達に会いたいから連絡先教えろって来てるけど、教えていいかって電話があって、
お寺さんで待ち合わせして会いました。


145 :名無しさん@HOME:2011/01/22(土) 00:58:51 0
離婚した父親が実は5年前に自殺していたということ
大学の休み中に実家に帰ってモンハン3rdやってるときに聞かされてショックでしばらくモンハンなんてできなかった

146 :名無しの心子知らず:2011/01/22(土) 14:42:08 0
生まれた時(3月)に誕生日を4月にしたので 実は学年1個上


147 :名無しの心子知らず:2011/01/22(土) 14:43:18 0
実は香港と日本のハーフ。
親が帰化してるので知らなかった。
誰にもいえん。

148 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 00:18:07 0
香港なら良いのでは?
韓国なら問題だけど

149 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 10:09:46 0
いや、韓国だって問題ないんじゃないか。
韓国で問題があるのは、帰化しないやつだよ。
帰化して善良な日本人とかわりなく暮らしている場合は問題ないだろ。
3世代・4世代になるから参政権よこせ?
3世代・4世代にもなって帰化しないからこそ、参政権はやれないんだよ。

150 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 12:57:58 0
まあ、顔見れば大体分かるようになった。

151 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 13:03:13 0
>>147に近い感じで、実は北朝鮮が入ったクォーターだった。
母方の祖父が北朝鮮人で、若い頃に炭鉱夫として来たらしい。
日本人の養子になっているらしく(付き合いなし)、お金を払っての取引かと予想。
この事実を知ったのは高校生の時で、しかも同居してた父方祖母から聞かされた。
祖母の母イビリは本当に凄かったので、その一環だと思われる。
自分が純粋な日本人じゃないって考えたことないし、顔もどうみても日本人。
「外国人の血が入ってるかも・・・?」なんて思う事すらありえなかった。
だから、いきなり言われてとんでもなく驚いて声失って号泣したw
嫌で悲しくて泣いたとかじゃなくて、心底驚くと涙出るんだな〜とつくづく思った。

152 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 13:49:44 0
嫁イビリの一環なら嘘かもよ。

153 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 14:03:38 0
>祖母の母イビリは本当に凄かったので

実は母方じゃなくて父方(祖母)の方が・・・

154 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 14:18:50 0
出生とか仕事とか学歴をすりかえて貶めるのは
嫁いびりでは普通に行われている技だね。

155 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 14:49:39 0
じじばばが外国人だろうが日本国籍があるのなら今の日本で気にすることはないよ
朝鮮人と言って差別される奴らは帰化しないで甘い汁だけすってるカスどもだから

156 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 16:54:59 0
母と離婚して離れて暮らしている父が亡くなったとき、
葬儀の前に伯母が「喪主はお父さんの奥さんだよ。お父さん、あんたに言ってなかったでしょ?」と教えてくれた。
母より若いけど母に感じがちょっと似た人でなんか不思議な気持がした。
伯母によると父は言おう言おうと思っていたけど私に嫌われたくなくて言えなかったらしい
お父さん…なんてチキンハートなんだ…

157 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 18:32:23 0
お父さんは>>156を大事に思ってたから、言えなかったんだね。


158 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 19:28:09 O
自分は養子をもらって実家を継いだ。苦労は多い。
最近自分の上に兄がいたと聞いた。
無事に生まれなかった様だが、もし兄がいたなら人生違ってたんだろうな。

159 :156:2011/01/23(日) 19:31:37 0
ありがとう、そう思うことが父への供養かな。

確認していないけど、母は父の再婚を知ってたんじゃないかと思います。
仕事をどうしても休めないから一人でお葬式に行ってきてと頼まれました。

祖母と伯母が父の奥さんを労わってて、ああ家族なんだなあと思いました。
奥さんに「遠いところを来てくださってありがとうございました」と言われて
もごもご口ごもりながら「この度は御愁傷様でした」と挨拶して
くすぐったいような間抜けな感じで、これが大人というものかとかぐちゃぐちゃ考えて
悲しい気持ちがなくて(お父さん私困っちゃうよー)と苦笑したくなるような
へんな体験でした。

160 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 20:03:39 0
それは複雑だね、お母さんが行かなかった気持ちはちょっとわかる。
お父さんあの世で「まいったな〜、ばれちゃった、こんなタイミングで悪い事したな」
とかぼやいてたりして。


161 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 21:35:37 P
北朝鮮クォーターは聞く人によって反応が違うかもしれないけど
普通に日本国籍を持って日本人と思って育った人なら
ショックはあれど今後の人生を左右するほどの事ではない。
叔母夫(義理の叔父だから血縁もなし)が自殺しているくらいの瑕疵なら
どこの人でも一族郎党辿ればある程度じゃね?
離婚・自殺・若死が一族見渡しても全くないなら誇ってもいいぐらい。

両人ともこの先皇族との結婚は無理かもしれないけど
だからどうしたそれで困るのか?じゃまいか?


162 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 21:41:58 0
親が水俣病を隠ぺいした張本人でも皇族と結婚出来るんだし…大丈夫じゃない?

163 :名無しさん@HOME:2011/01/23(日) 23:36:27 0

>>162
うそつき

巣に帰れ

164 :名無しさん@HOME:2011/01/24(月) 00:01:34 0
ホントの話だ。

165 :名無しさん@HOME:2011/01/24(月) 00:55:58 0
>>163
知らないの?

166 :名無しさん@HOME:2011/01/24(月) 00:58:29 0
>>165
ホント巣に帰れよw

167 :名無しさん@HOME:2011/01/24(月) 14:47:56 0
祖父だろ。

168 :名無しさん@HOME:2011/01/24(月) 15:32:31 0
この場合は、この人じゃなきゃヤダ!と駄々こねた
やんごとなき人の方が…

169 :名無しさん@HOME:2011/01/28(金) 22:51:58 0
ネットやってて知らないわけないだろ
どこにでも沸いて説明しだしてうぜーんだよ

170 :名無しさん@HOME:2011/01/29(土) 07:47:25 0
自分が母親が14のときに産んだ子供だったこと。 ちなみに父親はその時30半ば。 よく捕まらなかったなあ。

171 :名無しさん@HOME:2011/01/30(日) 22:37:43 O
>>170
14歳で30歳って…。母の親も30代でしょ…。
親と義理の息子が同じ年代ってどうなの…?
昔のドラマなら中学校の生徒と教師っていうのでありそうだが。
でも若い親で子どもは嬉しい?

172 :名無しさん@HOME:2011/01/30(日) 23:02:33 0
母を姉だと思ってて、祖母を母だと思ってたとか?

173 :名無しさん@HOME:2011/01/31(月) 04:03:31 0
両親がデキ婚だったこと。

私が今の旦那と同棲し始めた時、「順番が違う」と
さんざん文句言ってたくせに…

174 :名無しさん@HOME:2011/01/31(月) 10:22:49 0
>>173
自分達が順番を間違えて周囲に色々言われて苦労したから、
自分の娘にはその苦労を味わって欲しくないか、
もしくは「あいつらデキ婚だったけど、その娘は結婚もしないで男と同棲してるってさ。
親子揃ってだらしないね。pgr」
と親類に言われたくないかのどちらかだね。

175 :名無しさん@HOME:2011/01/31(月) 23:35:40 0
するどいのう

きっと昔自分が言われた事を>>173へ言ってるんだね。

176 :名無しさん@HOME:2011/02/01(火) 11:55:33 0
14歳の親が30代とは限らないんじゃないだろうか
むしろ少なめかもしれない

177 :名無しさん@HOME:2011/02/03(木) 13:14:07 0
今、60代の母親が、実は歯槽膿漏だった。

今から約30年程前、母は私を産んだ後、歯槽膿漏と診断された。
まだ若いのに、歯槽膿漏だなんて、信じられないし、恥ずかしいので
歯医者通いをマメにして、歯磨きを頑張てった。

しかし、それも加齢には勝てず、とうとう歯槽膿漏でダメになった歯を一本抜いた。
歯を抜いた時、母がショックで少し老けたように感じた。

以前から母は、歯磨きをよくしてたけど、口臭が気になることもあったので
薄々気づいてはいたけど、歯槽膿漏で歯を抜いたとカミングアウトされた時
やっぱり と感じた。

そして、母から、私の子だから、あんたも歯槽膿漏になるかもね
気を付けなさいと言われて少し悲しくなった。

178 :名無しさん@HOME:2011/02/03(木) 14:37:22 0
>>177
20歳を過ぎたらだいたいみんな歯周病だよw

歯科衛生士してるけど歯周病持ってない患者さんを見ない事がないよ
いやマジで
一番多いのが「俺は元気だ健康だ!」っていうタイプの人が定年すぎてからグラグラになって
どうしようもなくなって来院してほとんど抜いて入れ歯というパターン
母親の年齢で一本しか抜いてないのは逆にすごいぞw

179 :名無しさん@HOME:2011/02/03(木) 18:49:16 P
>>177
秘密でも何でもないけど
自分の母親は口臭弱いせいかあんまり歯を磨かない人で
40代で部分入れ歯になったよ。
そして、それを支える歯が痛いからとか言って
3年でわざわざ総入れ歯に…気持ちがさっぱり理解できない。
なんで生まれ持った体を大事にしないんだろう…。

まさか自分が20前半で、母親が総入れ歯になるなんて思ってもなかった。
入れ歯が痛いとかいって歯を外してる時の顔が
まだ40代なのに老人にしか見えなくて、見るのが嫌だ。
絶対に自分はそうならないようにしようって心の中で決めた。

180 :名無しさん@HOME:2011/02/05(土) 16:26:44 0
かかりつけの歯医者は歯槽膿漏は15からと言っていたな。

181 :名無しさん@HOME:2011/02/06(日) 15:48:59 0
ケアするのは当然だけど、体質的に歯槽膿漏になり易い人ってのもいるらしいね。
検索するといろいろ見れるけど、二十代でも酷い症状の人とかいて驚く。

182 :名無しさん@HOME:2011/02/06(日) 17:35:37 0
思春期の1000人に1〜3人程度に凶悪な歯周炎が起こる場合があります。
以前は若年性歯周炎、現在は侵襲型歯周炎と呼ばれているもので、
前歯や奥歯の周囲の歯を支える骨や付近の組織が壊され、
その症状が急速に進んでいくのが特徴

183 :名無しさん@HOME:2011/02/14(月) 00:48:22 0
自分が不倫で出来た子供だったこと。
父親に別の家庭があり現在も離婚していないこと。
腹違いのかなり年が離れた兄弟が三人いたこと。
母親が借金しまくってて自己破産してたこと。

薄々気づいてはいたが表面上普通の家庭を装ってただけにいっぺんに言われるときつかった。

184 :名無しさん@HOME:2011/02/14(月) 01:42:36 O
いま入院中の義父が昔、浮気してて、娘(義父には孫)と同じ年齢位の認知してない息子がいる事をきいた。主人には腹違いの弟?
義父の子かどうかわからないそうだが、相続時にもめないといいなあ。
他人である嫁(私)は跡継ぎ息子の嫁でも、詳しくは教えてもらえない。


185 :名無しさん@HOME:2011/02/14(月) 09:35:09 P
>>184
認知してないんなら無視でいいんじゃね?
でもその「認知してない」が方便で
実は義父が認知してました〜とかだと厄介だけどね。
もし実子として認知されていたら遺留分を払ってしまうのが一番簡単。

186 :名無しさん@HOME:2011/02/14(月) 11:47:28 0
そりゃもめないというわけにはいかんだろうなあ
認知してなくてもDNA鑑定されたら分かるし
まあ結果的に他人の子なら全然関係ないけど。

187 :名無しさん@HOME:2011/02/14(月) 14:04:04 0
>>184
生前贈与してもらっておかないと本当に揉めるよ

188 :名無しさん@HOME:2011/02/14(月) 15:29:48 0
認知していないのなら、そんなに昔のことなら実の子であると証明するのも難しい
DNA鑑定すりゃ一発だろうけど、そんなもん否認すればいい

189 :名無しさん@HOME:2011/02/14(月) 17:13:38 0
否認?

190 :名無しさん@HOME:2011/02/28(月) 11:19:59.10 0
保守

191 :名無しさん@HOME:2011/03/01(火) 14:59:27.32 0
まだ大人じゃないけど

父親が大学卒業前後躁鬱の末に引きこもりやってたこと
その後通院しながら倉庫のバイト経て今で言うブラック会社の社員にまで社会復帰

母はそのことを知った上で付き合い、通院の必要が無くなった頃結婚

どおりで父親は9歳も年下の母に頼ってるというか、甘えてると思った
なんか納得だった

192 :名無しさん@HOME:2011/03/03(木) 13:09:19.40 O
秘密というか母もよく知らなかった話だけど、
自分が産まれる前には亡くなったと思ってた母方の祖父は生きてるかもしれないこと。

父方の祖父のことは父の実家に仏壇があったので亡くなったことはわかってるし、
親戚たちの思い出話でどんな人かも伺い知れたが、
考えてみたら母方の祖父の仏壇もないし墓参りに行ったこともないことに気がついた。
祖母や親戚たちの話題に上がることもないので、先日思い切って母に聞いてみたら
母自身も祖父(父親)の記憶はないとのことだった。

祖母に聞こうにも病気でまともに話せる状態でないし、
母も今更親戚たちに聞く気はないらしくそれ以上はわからない。

祖父が生きてるかもしれないという他に、一人っ子だと思ってた母に異父兄弟がいるかもしれない、
自分のいとこにあたる人たちがいるかもしれないとか考えると不思議な気分。
たぶん一生会うことはないと思うけど。


193 :名無しさん@HOME:2011/03/03(木) 21:02:49.32 0
父が伯母と浮気?不倫?
いつからなのかわからないけれど従兄弟だとおもってたら異母兄弟だった。なんてことになったらすげー

194 :名無しさん@HOME:2011/03/03(木) 21:40:39.01 0
生存確認する気あるなら戸籍や附票を引っ張ってみたら。会う会わないは別にして。

195 :名無しさん@HOME:2011/03/04(金) 09:53:03.79 O
私は結婚する時に、母の母(私には祖母)が実は後妻(継母)で、母の実母(実祖母)は生きてて、母や自分と血の繋がった見知らぬおじ、おば、いとこ達がどこかにいると聞いた。
父がその実祖母の写真を初めて見せてくれたが、やはり自分に似てた。知らない身内がいるって複雑。

196 :名無しさん@HOME:2011/03/06(日) 20:46:50.03 0
弟が異父弟だったことを聞かされた。
実母は鬼籍なので真相はわからん。
自分が幼い時に居候していたオッサンが
弟の実父だという。




197 :名無しさん@HOME:2011/03/07(月) 09:51:44.01 0
えっと
家庭内に同時に父と母と居候のオッサンが居たってことでオケ?

198 :名無しさん@HOME:2011/03/07(月) 14:17:33.83 0
ちと違う。

母は弟出産後、ほどなくして鬼籍になったので
父、オッサン、子供たち という複雑な家庭だった。

当時、私はオッサンのことは親戚と聞かされていた。

199 :名無しさん@HOME:2011/03/07(月) 14:29:32.09 0
オッサンは、本当に親戚なのかな?
なんで、お父さんは、オッサンが家に住むことを許したんだろう?

200 :名無しさん@HOME:2011/03/07(月) 14:33:59.83 0
似たような家族を知っている。

旦那さんが浮気性で、とうとう愛人を家に連れて帰ってきてしまった。
そのまま家族と同居。
その家は、浮気旦那、本妻、小学生娘二人、愛人という構成で数年経過。
そのうち、愛人に子供ができて、家庭内環境は複雑に・・・
本妻と知り合いなんだけど、どうして離婚しないのか、愛人を追い出さないのかと聞いたら
※誰にでも家庭内のゴタゴタの話を聞いてもらってストレス解消してた人なので
愛人が、行くところが無いからかわいそう。
あんな夫に我慢できるのは私だけ(ウットリと話す)
娘たちは賢いから、将来私みたいには絶対ならないわ!(きっぱり)

いろんな事情があるようで・・・

201 :196,198:2011/03/07(月) 15:18:56.86 0
オッサンは親戚なんかじゃないと思う。
お互い冠婚葬祭に出席したことないし。

なんで同居の運びになったのかは不明。
オッサンがヘビースモーカーだったことが不快だった記憶がある。

202 :名無しさん@HOME:2011/03/07(月) 15:35:13.73 0
オッサンは今でもお父さん・弟と一緒に住んでるのかな?
弟は、オッサンが本当の父という事を知ってるの?

203 :196,198:2011/03/07(月) 16:11:07.19 0
オッサンは弟が生まれて数年後、別の女性とケコーン。
オッサンは実家に戻ることとなる。
その後、私と弟は度々オッサン家に預けられていた。

今思えば母亡き後、残された男2人が
幼子を育てるために協力態勢をとったのかもしれないな。

弟は高校卒業後に真実を知ったらしい。
いちばん衝撃を受けたのは弟だわな…。

204 :196,198:2011/03/07(月) 16:13:00.58 0
弟は、一人で住み込みで働いています。
我が家にもオッサン家にも顔を出しません。

205 :名無しさん@HOME:2011/03/07(月) 16:16:22.94 0
ということは、父は自分の妻とオッサンの関係を承知の上で
同居していたということでオケ?

どういう経緯でそうなったかが気になるところだけど
当事者しか分からないことだ罠
オッサンの奥さんは夫の婚外子のことは知っていたのかなぁ
いずれ相続問題が起きそうな気がするのだが

206 :196,198:2011/03/07(月) 17:40:42.03 0
>>205
オケ
当初からわかってたらしい。

オッサンの相続かぁ。考えたことなかったなぁ。
さてどうなるやら。
オッサン奥が知ってるかどうかはわからないけど
多分知ってると思う。


207 :名無しさん@HOME:2011/03/07(月) 17:42:32.24 0
>>200
西村京太郎を思い出した

208 :名無しさん@HOME:2011/03/08(火) 11:59:07.02 0
山村美紗、ちゃんと旦那がいたんだよね
葬儀はその人が喪主になったのかな、離婚してはなかったみたいだし
あれも不思議な関係だね
当事者にしか分からないことだろうけど、人生色々…

209 :名無しさん@HOME:2011/03/09(水) 23:56:38.74 O
母が私を産んだあとに数回中絶していたと両親の離婚協議の際に知った
浮気をしていた最低の女だと父は罵っていたけど
半ば強引に長男の父のもとに嫁がされた若きころの母を思うと母を責める気は一切起きなかった
むしろ不出来な私を中絶してもらいたかった。
私の次の子が産まれてたらよかったのになってふと思ってしまう

210 :名無しさん@HOME:2011/03/10(木) 00:27:25.14 0
そういえば自分の母親も弟の後の子はおろしたと言ってたなぁ…
どうしても男の子が欲しかったんだって
女3人目の自分はガクブルw(弟は4人目ww)

211 :名無しさん@HOME:2011/03/10(木) 08:41:58.45 0
>>208
山村美沙の死後、西村が山村をモデルにしたっぽい小説書いたんだよ どんだけ
愛欲モノになるのかな、と連載中1度読んだけど完全に醒めた目線でむしろ貶し気味で
呆然とした 公認妾みたいなものだったのに女だけがその気で男2人は醒めてたような感じ 
亭主も自分の出世のために嫁を差し出したようなもんだし、結局色呆けナルおばさんの
一人芝居だったのか!ってオチで、山村のどの小説よりも深いオチだったw

212 :名無しさん@HOME:2011/03/10(木) 09:40:00.45 0
ぽこぽこ生まれて貧乏暮らしさせられるよかマシだろ

213 :名無しさん@HOME:2011/03/10(木) 12:15:31.99 0
>>209
その分しっかり生きるんだ(´・ω・`)

214 :名無しさん@HOME:2011/03/24(木) 17:40:52.56 0
保守

215 :名無しさん@HOME:2011/03/29(火) 07:20:39.18 0
>>200
俺も似たような家族知ってる

旦那と奧さんと生まれたばかりの子三人で暮らしていたときに旦那の同級生(無職)が転がり込んできて
数年経ったら離婚してたので聞いてみると奧さんが旦那の同級生と結婚するから離婚させられたと言ってたな。

旦那と同級生仲良かったろうに(住まわせる位だから)奧さんに手を出すってどんな心境なんだろうな。


216 :名無しさん@HOME:2011/03/29(火) 09:39:38.34 0
>>215
それ、旦那の同級生と奥さんが初めからグルじゃね?
同級生仲良かったんじゃなくて初めから旦那見下してたんじゃね?
という感想しか出てこないんだが。

217 :名無しさん@HOME:2011/03/29(火) 10:00:56.61 0
グルかどうかはともかく、見下していたのは確かなような

218 :名無しさん@HOME:2011/03/29(火) 10:24:41.12 0
そうなると、生まれたばかりの子も旦那さんの子かどうか怪しいな。

219 :名無しさん@HOME:2011/03/29(火) 19:38:40.77 0
>>215
自分も同じような話を聞いた。
しかも子供が三人いたので家も貯金もすべて子供の養育費として
結局間男同級生に取られたんだと。
本人は身一つで出て行った。

上の子はその一部始終を見て記憶できる年だったろうに。
実父は最低だったと洗脳されていたとしてもいつか思い出して気づいてしまうだろう。
そういうモラルがない実母と養父に育てられた子供が一番不幸だと思う。

220 :名無しさん@HOME:2011/03/29(火) 20:54:30.89 0
身一つで追い出されるのは不義密通嫁でなく亭主なのか

221 :名無しさん@HOME:2011/03/29(火) 22:19:33.55 O
両親とも機能不全家族で育った被虐待児だった
最近虐待が増えたのは核家族のせいとかいわれてるけど、
二人とも2世帯3世帯同居家庭育ち

父はまあいい家だけど次男だからネグレクト(長男は大事にされてた)、
母は典型的な下層DQN家庭育ち。

最近虐待が増えて見えるのは虐待行為が認知されてるからで、
大家族の時代から今の感覚でいう虐待家庭が多かったらしい



222 :名無しさん@HOME:2011/04/02(土) 04:51:27.95 0
父方の叔母が、数年前に孤独死していたことを今日知った。
その息子である従兄弟も行方不明らしい。

母方の伯母や叔父、従兄弟たちとは
帰省の度に集まって遊んだり泊まったりしてるから
付き合いかたの違いで随分と受け止めかたも変わるものだと
驚いたりシミジミしたり。



223 :名無しさん@HOME:2011/04/07(木) 12:46:20.99 0
身内に死刑囚がいたこと
しかもかなりの有名人だった

224 :名無しさん@HOME:2011/04/07(木) 18:42:28.39 0
>>223
親戚程度に考えていいのかな?

225 :名無しさん@HOME:2011/04/07(木) 19:54:54.43 0
母方の祖母が自分の母親と血が繋がって無かった事。
母の生みの親は母がまだ小さい頃、若い男と逃げたらしい。
それを知ったときああなるほどと思ってしまった。
母と自分との親子関係にずっとしっくり来ないものを感じていたから。
母さんありがとう。おかげで今だに人間関係がうまくいきません。

226 :名無しさん@HOME:2011/04/07(木) 21:13:17.51 O
自分は母が不倫して産んだ子供だったこと…

227 :名無しさん@HOME:2011/04/08(金) 00:19:48.97 0
>>225
あなたとお母さんは実の親子なんでしょ?

228 :名無しさん@HOME:2011/04/08(金) 07:33:17.88 0
>>227
母親が母子関係をきちんと理解してないから
225に対する時にちょっと問題があったとかそういうことじゃないかね。

229 :名無しさん@HOME:2011/04/08(金) 11:57:42.94 0
父は祖父の養子だったこと。
父の両親は父が幼いころに火事で亡くなり、残された父は父の姉とともにバラバラに親戚にたらいまわしになってたらしい。
父の姉は成績がよかったのと、境遇に同情されたのとで「この子は高校にいかせます」と小学校の担任に引き取られ養子に。
のち高校生のとき死亡。原因はわからないけど体弱くて病死だったみたい。
父はその後実父の友人(養父)に引き取られて大学まで出てるんだけど、長期休暇のときはやはりまた親戚たらいまわし、
お客が来れば何時間でも窓のない納屋に閉じ込められてた等いまで言う虐待に近い状態だったようだ。
父が万年鬱みたいな感じでコミュ障激しい理由がはじめてよくわかった。
また養父の妻が早くになくなって後妻にきたのが、私が祖母だと思ってた人。
その人と父は養子縁組してないので実はほとんど赤の他人だった。
養父夫婦は共働き教師だったのでかなり資産家で、養父は父にも遺産を残してたけど、養父の後妻はそのことを隠して着服。
また、瀕死の養父の枕辺で、相続を後妻のみにする遺言書を書け書けとかなり激しく迫っていたらしい。
そんな遺産があること、そもそも養父家にそんな資産があったことも、うちの家族は後妻さんが死んだときに知った。
その人がポックリ死んだあと、見たこともない後妻さんの親戚だの、父の実の親戚だのがわらわらやってきて、うちには墓と位牌押しつけてあとは全部持って行った。
亡くなった後始末や葬式だしたのもうちがやったんだが、その最中もしょっちゅう見に来ては家のものに触るなだのなんだのとうるさかった。
自分の家と養父夫婦の家はかなり離れてるんだけど、それでそういう事情があるわりにはわりと頻繁に訪れては面倒見たりしてたなあと思う。
祖母(だと思ってた人)のことも私は普通におばあちゃんだと思ってたからそれなりになついてたし。
秘密だらけドロドロだらけで見聞きしたときは相当しんどかった。
家なんかふるいボロ家だったのに、後妻さんの持ち物見たら高級品揃い、億単位の金かかる養老施設に入る準備もしていたようだ。
田舎の不便なボロ家に住んでて、生活厳しいんじゃないか、仕送りもっと増やしたほうがいいんじゃないか、
もう少ししたらうちに引き取って面倒見ましょうとか思ってたらしいお人よしの母は茫然ポカーン。

230 :229:2011/04/08(金) 11:59:58.45 0
エラー出るほど長くなってしまった。
冗長ですいませんでした。

昭和のドラマみたいだけど、ほんとにあるんだね。
そういえば私にも見も知らぬはとこくらいはけっこういるんだなあとここのレス見て思った。
関わらないほうがいいと思ってるけどね。

231 :名無しさん@HOME:2011/04/09(土) 21:56:27.13 0
>>229
>もう少ししたらうちに引き取って面倒見ましょうとか思ってたらしいお人よしの母は茫然ポカーン。

お母さんいい人だね〜
あなたのお母さんのご両親はきっと愛情あふれる方達なんだろうなあ


232 :名無しさん@HOME:2011/04/10(日) 15:11:49.77 0
>>231
ありがとう。
いや、でもむしろ母は母で複雑な家庭環境だったせいで他者救済依存な感じです。
いいひとはいいひとですが・・・
身内にいると危なっかく見えるところも。

一度母は、その後妻さんに「もしかして生活きついのに言えないんじゃないんですか?仕送りもっと増やしましょうか?」って言ったことがあるらしいのですが、
そのときの後妻さんの挙動不審さがハンパなかったと言ってました。(ウンとは言わなかったらしい)
母「きっと、おばあちゃんはずっと私たちにうしろめたかったのね。気付いてあげられなくてかわいそうだったわ・・・。」

・・・う〜〜〜ん・・・その発想はなかった。

233 :名無しさん@HOME:2011/04/12(火) 17:52:29.74 0
>>232


母「きっと、おばあちゃんはずっと私たちにうしろめたかったのね。気付いてあげられなくてかわいそうだったわ・・・。」

ど、どこまでいい人?天使のようなお母さんですね

物事を何でもいいほうにとれる幸せ志向な方だわ
私ならあのばばぁムッキー!だわw

234 :名無しさん@HOME:2011/04/13(水) 12:05:06.94 0
曽祖父がロシア人だった。
遺影が体格がいい人だなとは思ってたけど。
知った時かなりびっくりしたんだけど、
私以外の家族は妹も含めて、え、何で知らないのって反応で余計びっくり。

235 :名無しさん@HOME:2011/04/13(水) 12:25:36.70 0
>>234
白系ロシアって言ってね、赤=共産主義の対義語で白系と呼ばれてたんだけど、
ロシア革命の時に亡命してきた人達が日本にも大勢いたんだよ。
有名どころではモロゾフの創業者なんかがそうだね。
私は地方在住だけど、同じように曾祖母がロシア人だという友達がいるよ。
その当時亡命したロシア人たちも、ソビエトに戻って祖国を立て直そうとしたんだけど、
ほとんどの人が虐殺されてしまったんだよね。
北朝鮮と同じように。

236 :名無しさん@HOME:2011/04/13(水) 18:23:41.90 0
>>234
いいなぁー裏山
あなたの家族は美形でしょ?

237 :名無しさん@HOME:2011/04/13(水) 18:33:59.85 0
知人女性は祖母がロシア人で、身長175cmで体重が110kg(自己申告)だった。

238 :名無しさん@HOME:2011/04/13(水) 19:03:27.99 0
あちらの血は年取ってからがつらそうだ

239 :名無しさん@HOME:2011/04/13(水) 21:24:05.46 0
ハイドの嫁も4分の1であんなに綺麗だもんね

240 :名無しさん@HOME:2011/04/13(水) 21:51:04.45 0
じゃあ子供はもっとかわいいのかな?

241 :名無しさん@HOME:2011/04/14(木) 09:32:22.64 0
子供はもっとロシアの血が薄くなるだろ。

242 :名無しさん@HOME:2011/04/14(木) 10:52:42.95 0
ハイド嫁は、ハイド顔に整形したから元の顔思い出せなくなった。
子供かわいいのはハイドとの子ならそりゃかわいいだろうなとは思う。

243 :名無しさん@HOME:2011/04/14(木) 15:32:23.14 0
>>236
全然美形じゃないし背も低いよ。

244 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/04/16(土) 17:30:06.87 0
母親が、出身高校を偽っていたこと。
地元の商業高校出身だったのを当時県内でナンバー1の共学高校だといっていた。
見栄っ張りな母だが、娘にまで嘘つくことはないだろうと思う。


245 :名無しさん@HOME:2011/04/16(土) 19:05:23.07 0
>>244
母親がイビリの事前防止のため経歴を大きく見せていた場合ならセーフ。
偽学歴を偉そうに語っては、お前もそのレベルの高校へ行け!だったらアウト。

246 :名無しさん@HOME:2011/04/17(日) 00:38:40.75 O
>>242
HYDE嫁は、むしろ整形前のが可愛い。

247 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/04/17(日) 08:03:53.83 0
>>245
父とは見合い結婚で、父の出身校は別の県だけどかなりの進学校だったらしいんだよね
それで父に比べて馬鹿にされたくないってことだったのかなぁ
娘が母の出身校をバカにするとかありえないと思うんだけどね

248 :名無しさん@HOME:2011/04/17(日) 10:58:27.12 O
>>244
娘の口から漏れるのを恐れた為だと思う。子供だと口軽いからなおさら。

249 :名無しさん@HOME:2011/04/17(日) 11:07:42.71 0
>>246
もう前のは思い出せないけど、自然だったよね。
今のはもう作り物。
しかも夫(男)に似せてきたのがなんとも・・・
その上夫の顔は天然モノだし。

250 :名無しさん@HOME:2011/04/19(火) 00:22:15.26 0
親父が事故で人殺してた

251 :名無しさん@HOME:2011/04/19(火) 10:21:17.79 0
事故なら責めるのは気の毒かも…

最近知った。
父の弟(叔父)が孤独死してた、しかも数年前に。
発見したのは父で、警察への連絡から火葬まで一人で済ませ
すべて終わってから母に話したそうな。
で、それを私に教えてくれたのがつい先日。
人嫌いで引きこもりな叔父だったから
年賀状の返事来ないなぁーくらいにしか思ってなかったよ…

252 :名無しさん@HOME:2011/04/19(火) 10:29:47.55 0
全然たいしたことないけど

小中学校の卒アルに私の写真が部活の写真とクラス写真しか無いのを不思議に思っていた。
他の子のは遠足や修学旅行といったイベントでの写真が載ってるのに。
友人母から聞いた真実は、私の母は小学校〜中学卒業まで一度も役員をやってなくて逃げ回ってたらしい。
それで、みせしめとして、卒アルという一生残るもので、他の母たちが仕返ししたらしい。
そんなことしても、うちの母はへとも思ってないんですけどw
ただ、私が悲しいだけ。

253 :名無しさん@HOME:2011/04/19(火) 12:20:38.21 0
>>252
卒アル作るのに母親たちが写真選ぶの?
あれは写真屋さんが選ぶんだと思ってた。
でも、役員やら無くて逃げ回ってる人は迷惑この上ない。
子供を私立の中学校に行かせたら、どの学年でも
懇談会前に立候補で既に役員が全部決まってた。
小学校は公立に行かせてたから信じられなかった。

254 :名無しさん@HOME:2011/04/19(火) 12:55:20.61 0
いや、そういう状態の保護者の集まりだから逃げてたのかもしれないよ?
お母さんは…
マトモな人たちの集まりなら、母親が役員しなかったという理由では子の写真を抜いたりしないよw

255 :名無しさん@HOME:2011/04/19(火) 13:21:10.39 0
252の小中の学校の規模がわからないからなんとも言えないけど
自分が写っている卒アルの中の写真が部活・クラスしかないのって
そんなものかなーと思うけどね。
もし小さな学校で卒アルも卒業生が満遍なく写っているタイプなら
友人母の話も信憑性あるけど、一般的な学校の規模の卒アルなら
たまたまだと思うよ。

まぁ9年間も役員やらずに逃げ回っていたのもアレだけど・・・。

256 :名無しさん@HOME:2011/04/19(火) 23:47:33.66 0
マトモな人は役員を9年間も逃げ回ったりしない。
子供は別が通用するのはせいぜい小学校低学年まで。

257 :名無しさん@HOME:2011/04/20(水) 13:44:35.76 0
中学では複数の小学校が集まって、大人数になるから
中学で役員あたらないこともありそうだけど
色々な考えの保護者の集まるであろう中学校PTAでも
>>252の写真は卒業アルバムに載せない  で一致したなんて、
252ご母堂は何をやらかしたんだろう?
修学旅行の班行動の写真とかは
>>252の所属するグループ写真を載せないわけにいかないだろうに、
知恵の回る保護者がいたものだと却って感心する。

258 :名無しさん@HOME:2011/04/20(水) 16:24:10.07 0
あんまり友達が多くなかったとか?
そういう親だと「252ちゃんとは遊んじゃダメ」とかいいそう。


259 :名無しさん@HOME:2011/04/20(水) 22:25:47.59 0
>>257
田舎だったり学区の関係だったりで
小学校から中学校が完全に持ち上がりの地域は意外と多いよ。

260 :名無しさん@HOME:2011/04/21(木) 04:04:59.61 0
自分の年齢の割に両親が年をくっているなぁ、と思ったら、
両親とも再婚同士らしい。

謎の親族とかいまさら出てこないでくれよ。諸問題で我が家は取り込み中だ。
・・・物心援助してくれるようなお方なら話は別だけど、そんなうまい話は無いだろうし。


261 :名無しさん@HOME:2011/04/22(金) 15:03:51.00 0
不注意で死なせたって・・・kwsk.


262 :名無しさん@HOME:2011/04/22(金) 21:49:11.13 O
父方親族の血縁関係を、高校卒業ぐらいまで教えてもらえなかった
父方は皆、地元に根付いてて、女性陣は結婚しても
同じ市内に土地持ちの人と見合いして結婚
地元自体は高級住宅地で田舎じゃない
なのに、今時ねぇよってぐらいの超長男教
当然、一族の頂点は曾祖母の唯一の息子

263 :262:2011/04/22(金) 21:55:44.46 O
おかしいのはここから

曾祖母の息子夫婦なのに、叔父叔母と教えられて育ち、またそう呼ばされた
他に曾祖母の娘が三人
一人は長子の祖母
他の二人も結婚しており、こちらも叔父叔母と呼ばせられた

なんの因果か、子供のできない叔父叔母たちで、祖母と叔母2のところにしか子供はいない
で、この叔母2のところの子供をいとこだと教え込まれた

曾祖母の娘の娘たちがいとこ?
父の母の兄弟の娘がいとこ???と、パニックになるが、叔母と呼ぶとひどい目に合うので、いとこたちのことはお姉さんと呼ばされた

264 :262:2011/04/22(金) 22:02:59.85 O
で、さらに問題なのが、じつは本当は父方のいとこはいた
正月にだけ祖父に会いに来る一団
年頃からして、いとこはあっちだろ?と思えど、その一団が来ると
なんちゃって二世帯の我が家をなんとかして閉めきり、会わせてもらえなかった
彼らは私にとってどういう続柄?と聞けばはとこだとごまかされる

イヤイヤイヤ・・・会わせない理由もわからんし、はとこ???
一団の僅かに聞こえる会話を繋ぐと、どうたどってもいとこにしかならない
父方が気持ち悪すぎて、おまけに意味もなく叔父叔母にいじめられて、新年会出席拒否し続けた

265 :262:2011/04/22(金) 22:09:16.21 O
で、祖父の死に際して教えられたこと

祖父はじつはバツイチで、正月の一団は、伯母とその息子たち(つまりいとこ)
後妻の祖母によって生まれたのが父親
が、バツイチも後妻も知らされずに見合いで嫁いだ祖母は
後から知らされた先妻と娘(私の伯母)の存在が許せず、祖父方の付き合いを拒否
祖父自体、厭世的な人だったので、いつしか父方の付き合いは祖母の親族のみに

正月だけは敷居を跨がせる先妻の娘とその息子たちに、
内心怒り心頭の祖母の計略により、私はいとこたちと交流をもてず
父も腹違いとはいえ、唯一の兄弟を姉と呼ぶことを禁じられていた

266 :262:2011/04/22(金) 22:17:46.59 O
父方の大叔父大叔母を叔父叔母と呼ばせられたのも、祖母方の親族の結束を高めるため
いとこは当然、いとこではなく大叔母の娘

で、大叔父大叔母…とくに大叔父が私をいじめたのは、根深い理由があった
一族(曾祖母)の頂点にいる叔父夫婦は子供に恵まれず、
唯一出世頭で一族期待の星の男子(父)を田舎者の女(母)
にとられただけで、既に面白くなかった大叔父

その母が最初に産んだのは期待外れにも女(私)
男子が産まれたら、養子にして一族を継がせるつもりが、大叔父たちガッカリ
仕方なく、女(私)に婿取りさせて妥協しようとしたら、
嫁(母)が超拒むめっちゃ拒む凄い拒む

267 :262:2011/04/22(金) 22:32:37.59 O
若いんだから、いいじゃないかとなだめるも無駄で、田舎者の嫁に面子を潰された大叔父は静かに怒った
しかも、育てば育つほど、一族の星!一族の愛する息子!(父)に似ず、
嫁(母)が細胞分裂したのかと言うほど、嫁そっくり
似すぎてて、私が母の田舎に行くと叫ばれたり、お化けを見るような目で硬直されたりした

当然、大叔父としては可愛くない
全く可愛くない
ので、ネチネチコソコソいじめ倒した
しかも、姉(祖母)とタッグを組んでいじめた
嫁も気にくわないが瓜二つの孫も気にくわなかった祖母は喜んで一緒にいじめた

その後、嫁に似ない女子(妹)と男子(弟)が産まれた
男子はとくに一族の愛する息子(父)に激似で、溜飲の下る親族一同
その頃には、跡継ぎ問題もいとこ(大叔母娘)で片がつき、落ち着いた

268 :262:2011/04/22(金) 22:38:46.25 O
落ち着きはしたが、生意気な嫁そっくりの孫は気に入らず、新年会や集まりの度にいじめたおす

成人して、祖父がなくなり、ようやくなにもかも納得した私は今、
大叔父が死んだら万歳三唱して、友人と祝杯をあげるつもりでいる
国旗を掲げたいが、流石に祖母に刺されかねないので自室でのみ掲げる
葬式に呼ばれたら、満面の笑みでニッコニコしながら、焼き場ではさよ〜なら〜♪と歌うように別れる
いっそ、パーティードレスで行きたいが、地元で顔が広い大叔父の葬式でそれは流石にできないのが悔しい

姿形が憎い嫁に似ているからと、園児のころからいじめ倒した大叔父に祖母
到底、許せるものじゃない
祖母は最近、ようやく私をいじめ倒したのがヤバかったことに気がつき、
歩み寄ろうとするが、せめて一言謝るまで絶対に許さない
長男教の祖母らには理解できないようだが、弟は家を継ぐ気がないし、妹は奔放
今のところ、家を継ぐ筆頭候補は私

祖母はいびり倒すか、きれいさっぱり粗悪な老人ホームに放り込む算段

いずれは年老いてパワーバランスなんか崩れるのに、よくいじめてくれたものだと感心する
理由もわかってすっきりしたので、最大限に嫌がらせしながら、祖母方親族との縁は切る方向で考えている

長い自分語り失礼しました


269 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 07:50:39.89 0
たらちゃん、かつお、ますお、波平、その他の関係わかりやすい役でもう一度話してもらえまいか?

270 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 09:22:05.59 0
人生ここからが>>268のターンw
積もり積もった恨みは大きいね。
でも、自分が穢れないように気をつけてね。
あなたは綺麗なままでいて。
それが一番の仕返し。

271 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 11:16:12.69 0
親戚つきあいが薄いせいか、色々とよくワカンネェ
多分三行にまとめられても理解不能だろう…

理解できたのは、
理不尽な理由で自分を苛めてきた年上の血縁者どもが
年月の経過とともに衰えてきたので、仕返しのチャーンスが巡ってきたのよ〜
諸悪の根源の長男教も自分の代で叩き潰してやるぜっ
くらいかな

272 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 12:06:36.74 O
わからないですよねw
自分も理解するまで長かったですw

時系列に整理してみます…
曾祖父の本家とやらは山田家(仮名)にします。

曾祖父―曾祖母
   ↓
祖母(長女)大叔父(長男)大叔母1(次女)大叔母(三女)の4匹が発生

跡取りの大叔父以外は嫁に出て、山田の名を捨てる
唯一の山田家になった大叔父は結婚するも子梨
直系に跡取りが誕生しないため、跡取り問題発生

祖母及び大叔母2は嫁ぎ先で妊娠出産
大叔母1は子梨(問題外)

祖母は息子(後、私の父)を、
大叔母2は長男(成人するまで見かけたことなかった。
一族の中でいないことになっている非エリート)と娘二人を出産
この時点では、山田家養子の話は無し

273 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 12:16:40.23 O
父が長じるにつれ、秀才さを発揮してゆくため、いっそ山田家跡取りに、
と望まれるも早々に恋愛結婚(非見合いが重要)
そもそも、祖母は息子一人しか産まなかったので、跡取りの話しは簡単に没
なら、曾祖父母長子(祖母)の息子の子(母の産む第一子)を跡取りにしよう!
と何故かはしゃぐ山田一族(嫁に出た祖母、大叔母二人も結託)

274 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 12:20:44.77 O
で、若くして恋愛結婚をし、早々に妊娠した母の子を
跡取りにもらって『やろう』としたら、大反逆を喰らい、一族頂点(大叔父)激怒
最初に女を産んだ『くせに』山田家の跡取りに『してやる』のに、名誉を頑なに断る母にぶち切れ
以降、嫁姑(母と祖母)の争いに必ず私が巻き込まれる形に(祖母からフルボッコな毎日へ)


母が次々と妹と弟を産むもやはり拒否
が、長男教の山田一族は、田舎者の嫁がようやく男子を産んだため、
祖父家(祖母嫁ぎ先)跡取り出産と言うことで、溜飲を下す

この時点で、大叔母2の娘二人はようやく高校生頃
山田家直径の大叔父は本格的に子が望めず、祖母の息子も結婚して家庭を持ってしまった
跡取り問題、混迷状態
取り敢えず、憂さ晴らしに生意気な嫁(母)瓜二つの長子(私)をいじめとく

275 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 12:35:37.62 O
跡取り問題は、大叔母2の長女が山田家養子になる形で落ち着く
が、養子になった矢先、行き遅れていたはずの長女が結婚

大叔母2嫁ぎ先を、仮に鈴木とすると…鈴木→30頃に養子になり、山田→速攻結婚して嫁ぎ先の名前に
30越えても結婚しないから、養子にして見合いで婿取りさせるつもりの大叔父激怒

仕返しかわからないが、結婚式に父親三人・母親三人というカオスな式をしたそうな
(古いのが大好きだから、新郎新婦が主役の今のスタイルじゃなかった)

結局、大叔母2娘が結婚後も揉めに揉めたが、山田家の墓の世話をする
&仏壇を引き取り世話をする形で落ち着いた
(跡取り娘状態になる)

落ち着くまで、成人後も大叔父にいじめられたが、昨年、跡取り娘が男子出産したため、一族はようやく落ち着いた
まるで婿入りのように扱われている旦那さんは、
週末は義理の養父母・義理実家奉公に付き合わされて、
全く自分の実家に帰っていない
成人後、二度見かけたが、新婚の頃の快活で話上手な明るいかおから、くら〜いいるのかいないのかわからない顔になっていた

276 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 12:58:56.55 O
説明しきれていない気もするけど、取り敢えず、私が山田一族に復讐と縁切りする決心した最後の言葉を置いていきます

祖父の死後(親戚関係をようやく理解した頃)から半年後に父が50代にして急逝した
駆け付けた大叔母2の娘(後の跡取り娘)が最初に言ったのは『血の繋がりは何よりも強いんだから!
何かあったら一族に頼り、悩みを打ち明け、共に生きていきましょう!!』だった
(この行き遅れ、私が目の前で大叔父にいじめられてても一切何のフォローもなかった)

通夜の後の席では、頼れ頼れとうるさい跡取り娘に、
片親の友人もたくさんいて友人らの苦労もわかっている
成人するまで育ててもらった以上、不満などありません。と言ったところ
ものすごい顔で睨み付けながら、
『そんな世界の違う人間と係わっちゃ駄目!私たちとは本来接点なんかないのよ!?何かあったら、血縁に話しなさい!
そんな人たちと関わるなんて許されないし、品性がなくなっちゃうよ?』と言われた
父の死に駆け付けた際の血族、血の繋がり発言にも引いていたが、これで復讐と縁切りを決意

世界が違うって何だ?片親は品性下劣?まともな教育を受けてない別の人種?
怒り心頭で、以後、山田一族の集まりには顔を出していないし、道であっても風景の一部だと思っている
精神の根底から根腐れしている山田一族とは、必ず縁を切る算段です

277 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 13:07:50.23 0
大叔母2の娘2人の、どっちが跡取りなわけ?長女でいいの?
長女は鈴木の苗字だが実質は山田家跡取り墓守役割で、
旦那を大事にせずに山田家でこき使ってる奴で、
次女は山田家から嫁いで出て行く存在、でいいんか?

278 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 13:10:27.78 0
結婚式で嫌がらせってことだから、長女であってるだろ。
実の両親(大叔母2夫婦)、養子先の山田家両親(種無し大叔父夫婦)、夫両親
これで3組だわな。

279 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 15:40:01.30 0
なんかどうでもいい

280 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 18:50:20.60 0
親世代やらの話って、自己満足だけの代物だな。つまんないし訳分かんないし。
だから何なんだよっていう。

読んでないけど。


281 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 21:39:08.62 0
縁切ると言いながら、いつまでこだわってんのかね。
成人してるならさっさと出ていってまったく接点持たず葬式にも出なければいい。
醜い心を抱えて生きていくことこそ、どれだけ自分の人生の損害なのか。
飲み込んだ罪は魂を蝕み、やがて、その身体さえ命さえ食い尽くす

282 :名無しさん@HOME:2011/04/23(土) 22:05:20.39 0
>>277
長女は鈴木→山田→旦那(マスオ状態)の姓
旦那は鈴木&山田で嫁(長女)に付き合い週末奉公

283 :名無しさん@HOME:2011/04/24(日) 12:10:37.47 0
親戚関係はシンプルな方がいいよ。
悪い関係で、切れる縁なら切った方がいい。

亡くなった実父の叔母が亡くなったという知らせが来たけど
そんな遠い血筋の人知らん。
その親戚とはゴタゴタがあり、心象が悪いので、葬式にも通夜にも出なかった。
もちろん、香典も無し。
これで良いと思ってる。

284 :名無しさん@HOME:2011/04/24(日) 14:39:31.36 O
>>281
今の似非二世帯に拘りがあるので、出ていけないんです
出ていけば、間違いなく弟が継がされますが、弟は管理の面倒な一戸建ては壊して
売ったお金でマンションとかの方が贅沢だし楽派
何度も話し合いましたが、継いだら売ると聞きません
妹は結婚予定の方が海外へ栄転予定
妹なら親戚うけもいいし摩擦もないので、継いでほしかったのですが、難しく

残るは自分だけなので、祖父家代表として、山田の一族には復讐しつつ
縁を切りつつ同じ市内に居座ってやるつもりです
祖父と父が築き上げた我が家を処分するのは耐えられないので、
大叔父大叔母世代に復讐したら後は無視してりゃいいかなと
すむ世界の違という、姫ぎみたちは、牙向かれたらそそくさと逃げ出すお嬢様気質ですから

先祖代々の土地でもありますし、家は守ります
老害さえ駆逐したら後は何の問題もないから

285 :名無しさん@HOME:2011/04/24(日) 15:13:24.95 0
おお、先祖代々の土地ときましたか。
それが譲れない信条であるならこちら側からは何も言えません。

捨てろ逃げろ呪縛を叩き壊せっても、それに繋がっている事が
あなたの人生の活力の源になっちゃってるんだから。

あなた自身が偽世帯家に婿とって、山田一族跡継ぎ長女のように
自分の実家にその男性を使いつぶそうと企まない限り、そうやって
自身の能力をお家騒動に注ぎ込む生き方も張り合いがあり、
それはそれでいいんじゃないでしょうか。

山田一族との対決、これからも頑張ってください。

286 :名無しさん@HOME:2011/04/24(日) 15:54:10.75 0
後日談楽しみにしてますよ。

287 :名無しさん@HOME:2011/04/25(月) 10:57:58.22 0
>>281に「祖父と父が築き上げた我が家」に思い入れがあるのなら、
親族にだって家名に思い入れがあるだろう。
しょせん同じ穴の狢としか思えないね。

家を処分したり出て行ったりするつもりの弟妹の方がまとも。

288 :名無しさん@HOME:2011/04/25(月) 16:55:09.47 0
築き上げた人たちがこの世を去った時点で、
執着は絶った方が身のためと言う気がするなぁ

これから自分が築くものに心を傾けた方が、ずっと健全だぜよ

289 :名無しさん@HOME:2011/04/26(火) 22:30:01.77 0
継ぐ価値なんか無いもののために自分が虐げられてきたこと認めたら、
自分自身が無価値な物のように思えるから捨てられないんだろうね。



290 :名無しさん@HOME:2011/04/27(水) 12:55:13.93 0
そういうものに縛られ続ける自分に価値を求めることが
間違っていると早く気付けばいいのにねぇ

291 :名無しさん@HOME:2011/04/28(木) 07:12:02.11 0
やっぱり血だな
呪縛にはまってるはまってる、親たちも土地や親族にこだわってる娘をみてなんと思うだろうか。


292 :名無しさん@HOME:2011/04/28(木) 09:23:52.45 0
誰も聞いていないのに、
>私が山田一族に復讐と縁切りする決心した最後の言葉を置いていきます
とかがもう・・・
きいてきいて、私こんなにひどいめにあったのよー。つらいでしょー。かわいそうでしょー。

誰かに共感されたいんだね。
でも周囲に毒を吐いて生きていくのはやめた方がいいよ。
結局まわりの人が離れていくから。

293 :名無しさん@HOME:2011/04/28(木) 12:30:56.25 0
山田の人もういいよ。
大変だったねとは思うけど、長文すぎて目が滑る

294 :名無しさん@HOME:2011/04/30(土) 22:31:40.67 0
長過ぎて読んでない。
最初のワンレスが読みにくくてそこでやめて、
読みやすく書き直したのかと思ったら
更に読みにくくて読まずで正解だったようだ。
なぜか暗黒微笑wの人思い出した。

295 :名無しさん@HOME:2011/05/01(日) 10:27:16.73 O
結局、歪まされてるような気がするわ。
そんな状態で土地にしがみついたって、復讐すべき奴らは鬼籍で何のダメージもない気がするがなぁ

嫌な奴らが死ぬ前になんかかまさないと溜飲下がらないで一生こだわる破目になりそう。

吠え面見ないで死なれたらすんごいわだかまりがのこるんじゃないだろうか

296 :名無しさん@HOME:2011/05/05(木) 02:06:42.75 0
山田一族も、血筋と土地を命がけで守ってくれる価値観を>>281が受け継いでくれてさぞうれしかろう

297 :名無しさん@HOME:2011/05/08(日) 15:35:10.62 0
父が元鬱ヒッキーだった
母は承知で結婚したらしい

全然わかんなかったけど
言われてみれば納得

父は年単位でものすごく沢山服薬してたにも関わらず
絶対子ども欲しいと言い張り母とけんかになったこともあったそうな

妹が小さいときにアトピーがひどかったくらいで(いや、大変だったのかも
姉妹どっちも健康でよかった、何かあったら両親すごく自分たち責めただろうし

298 :名無しさん@HOME:2011/05/23(月) 22:10:59.82 0
ほしゅ

299 :名無しさん@HOME:2011/05/28(土) 09:48:47.88 0
ばあちゃんの弟にライトノベル作家(?)がいたこと
親戚の冠婚葬祭くらいにしか会った事なかった
定職にも付かず、 穀潰し扱いだったから一族の恥に思われてたのかなぁ
タイトルでwikiってみたらアニメ化もされてて驚いた


300 :名無しさん@HOME:2011/05/28(土) 11:21:20.82 0
いとこが売れ売れのラノベ作家だよ。
でも、やっぱ親戚の集まりじゃ穀潰し扱い。
いずこもおなじ…┐(´ー`)┌

301 :名無しさん@HOME:2011/05/28(土) 15:22:03.79 0
萩尾望都だって、いまだに実母から
今からでも童話作家になったらと言われるらしいからなぁ


302 :名無しさん@HOME:2011/05/28(土) 16:41:44.46 0
イグアナの娘が本人の母子関係をうつしたものらしいから、
無知からの無理解とは少しちがうかも。

303 :名無しさん@HOME:2011/05/28(土) 20:09:49.72 0
ていうか、あの人は話が作れないからいつも原作は別の人だったんじゃなかったっけ?

304 :303:2011/05/28(土) 20:14:44.13 0
自己レス

ごめん。原作が別なのはSFだけだったわ。

305 :名無しさん@HOME:2011/05/28(土) 20:21:08.63 0
>>304
ちょっと待て。
SFだって自前で話を作ってるよ。
原作付きは「千億の…」だけでしょ。
それで言ったら「風と共に去りぬ」を漫画化した津雲むつみはあの手の話は全部原作付きか。

306 :名無しさん@HOME:2011/05/28(土) 21:19:40.15 0
>>305
ブラッドベリシリーズがあるよ。

307 :名無しさん@HOME:2011/05/31(火) 17:14:11.02 0
>>299
結構、歳食った人になるよね?
誰だろう。

308 :名無しさん@HOME:2011/06/01(水) 14:23:14.65 0
私4人姉弟なんだけど、母が3番目と4番目の間に2回堕胎してたらしい。
経済的な理由もあったんだろうし、仕方なかったのかもしれないけど、
言うタイミングが最悪だった。

私が1人目の子の妊娠報告をしに実家に帰った時。
報告を済ませ、良かったね〜おめでとう〜なんて言いながら父、母、姉弟4人で談笑していた時に、
「そういえばお母さん、○○(3番目)と△△(4番目)の間に2人子供おろしたよ〜
お父さんが産むなって言ってさ〜泣く泣くおろしたわ〜」と笑いながら話し始めた母。
気まずそうな父、私達姉弟は全員ポカーン。末の弟なんて当時まだ小学生だったのに。

産まれて来れなかった弟か妹がいたなんて、知りたくなかった。
しかも私は妊娠報告に実家に行ったのに、子供おろしたなんて話なんでこんな時にする?
その日以来、父親の事をどうしても軽蔑してしまう。
母親に育児指導されても、「平気で堕胎する人に言われたくない」と思ってしまう。

309 :名無しさん@HOME:2011/06/01(水) 14:33:57.74 0
>>308
ひょっとしてそれ何十年越しの母親の復讐だったんじゃね……

うちも訃報があった際に母から泣きながら話されたことがある。
うちの場合は父は出産を望んでいたけど、もし産んでしまうと
私と妹を中卒で働かせないといけない(最悪水商売)
レベルまで当時貧乏だったから、苦渋の決断だったという。

でも「ちゃんと避妊しろよ」ってやっぱり思ったし、
弟妹が死んでしまっていたことを悲しむことすらせず
3人目の子供が死んでくれたおかげで高校まで出て
まっとうな職に就けたことを安堵した自分が醜いなと思った。

310 :名無しさん@HOME:2011/06/01(水) 14:35:01.00 0
ごめん「訃報があった際に」はややこしいので読み飛ばしてください。
3人目の子が死んだのは私が中学の頃、聞かされたのは成人してからです。

311 :308:2011/06/01(水) 15:06:46.85 0
復讐って、母が父に?どうだろう…もしそうだったら怖い。

うちも当時貧乏で、食べる物がなくなったら父が海に魚や貝をとりに行っていたらしい。
そんな状況じゃそりゃ産めないよなって思うし、私が母の立場なら同じ選択をするだろう。
しかしこんな話は子供にするべきじゃないでしょ。

>弟妹が死んでしまっていたことを悲しむことすらせず
3人目の子供が死んでくれたおかげで高校まで出て
まっとうな職に就けたことを安堵した自分が醜いなと思った。

醜いなんて事ないよ。仕方のない事だったんだよ。
私も悲しいとは思わなかったよ。
代わりに自分を堕胎しといて欲しかったと思った。

312 :名無しさん@HOME:2011/06/01(水) 16:43:05.47 0
うちの母は二人流産してるんだけど、その話を聞かされた時に父が
母ちゃんが二人もダメにしたから高齢出産になった
とか笑いながら言ってるのがムカつく。

妊娠後期でも重い酒瓶持たせて5階まで階段上がらせてた、とか母から聞いていっそう軽蔑するようになった。

すれ違いごめん

313 :名無しさん@HOME:2011/06/01(水) 17:39:13.29 0
そういえば自分は女女男の3人きょうだいの真ん中なんだけど…
自分が子どもがなかなか出来なくて悩んでいた時に

「あなたの次にまた子どもが出来たんだけど、また女だったらと思っておろしたのよね〜
 弟の時には2回もおろしたら祟られると思って産んだんだけど。出来やすい家系だと
 思ったのにね〜」

と言われて愕然とした覚えがある
実際に旦那原因の不妊だったんだけど、それにしてもあの言い方だと先に弟が産まれてたら
確実に自分はおろされていたと思うので冷えた

っていうかうちの母親もおかしい

314 :名無しさん@HOME:2011/06/02(木) 10:31:27.10 0
昔は倫理観が違ってたってのもあるでしょうねえ。
普通に間引きとかしてた時代があったわけだし。
年寄りは案外簡単に言う。

315 :名無しさん@HOME:2011/06/02(木) 11:03:48.89 0
>>314
そうそう。
犬猫の処分でも簡単に言うよね。
昔と今では大違い。

316 :名無しさん@HOME:2011/06/02(木) 12:35:23.70 0
そうそう、昔の人は、感覚が違う。

うちの愛猫が病気で苦しんでいるときに、祖母が「もうダメだから捨てておいで」と言い放った。
自分も可愛がってたくせに!
当時若かった私は、「婆ちゃんも病気したらどこかへ捨ててきたらいいんだね」と言ったら
「年寄りを大事にしろ!なんて恐ろしいことを言うんだ、犬猫と一緒にするな」とか自分勝手なことを言い出した。

結局、愛猫は、治療して助かって、祖母は最後は誰にも看取られることなく死んでいった。

317 :名無しさん@HOME:2011/06/05(日) 08:32:32.56 0
>>316
>当時若かった私は、「婆ちゃんも病気したらどこかへ捨ててきたらいいんだね」と言ったら

恐ろしい人だ。

318 :名無しさん@HOME:2011/06/05(日) 10:42:05.22 0
>年寄りを大事にしろ!
と言って自分の事を大事にしろと命令する人間は大抵ロクなもんじゃないから、
316の台詞はGJだな。

319 :名無しさん@HOME:2011/06/05(日) 20:21:25.08 0
私と弟の間に一人流産したと事あるごとに言ってた母。
中学位に、「水子のたたり」系の怪談の噂を聞いてガクブルだった
私が「赤ちゃんの供養したよね?」と聞いたら。
「あんなのたいして形なかったし便所に落とした」と言われた。
ショックでその晩熱を出して寝込んだ。中学生には厳しかった。

お地蔵さんにお花やお菓子を供えたりして自分なりに供養をしたよ。



320 :名無しさん@HOME:2011/06/05(日) 20:57:29.77 0
>>318
同意
親なんだから大事にしろ、老後の生活を見ろ!とか
年寄りを大事にしろ!とか、恩着せがましくいうやつはろくなもんじゃない

自分がデキ婚の原因だったこと
結婚式3月で私生まれたの8月(予定日は7月w)
父親がパチンカスで何度も父方祖母に尻拭いしてもらってた
父方親族が祖父を除いて全員精神疾患持ちだった
まごうことなきカス一族でありがとうございました

キチガイのカス一族は自分の代で終了させたかったが
いとこや兄妹連中は結婚してしまったので、それは叶わず
連綿とカスの血筋は受け継がれていくのだった(完)

みなさんマジでごめんなさい
粛清できるものなら粛清したいw

321 :名無しさん@HOME:2011/06/07(火) 00:26:59.06 0
叔母さんが、狐つきになった。
というのは、親のウソで株で失敗してノイローゼになり実家で静養中だった。
大伯母が、狐つきになった。
というのも、親のウソで痴呆で包丁振り回したりしていたらしい。
叔父が自殺していた。
違う親戚の法事のあとに、◯さんは月の晩に流れて行ったねえ、などと非常に懐かしげに母が話していたので川遊びの話かと思ったら入水自殺の話!だった。


322 :名無しさん@HOME:2011/06/07(火) 01:58:16.72 0
季節の風物詩かい

323 :名無しさん@HOME:2011/06/07(火) 02:33:05.54 O
姉との年齢差六歳。再婚でもないのにちょっと不自然。
母いわく、実家の母さん病気がち。夫も病気がち。だから、家事も育児も私一人。
おちびちゃんばかりだと、面倒見切れないし育てていけないから、三回堕ろしてるもんwと、普通に…
私が何で私を産んだの?と聞くと、
何となくこの子は生んであげなきゃと思った

何となくwwwwwプギャー

血も涙もねぇYO!


324 :名無しさん@HOME:2011/06/07(火) 04:36:32.47 O
>>323
私は年齢差2歳と7歳の妹弟がいるけど、弟との年齢差に疑問も抱かず
年の離れた末っ子長男を物凄く可愛がってたけど
最近弟がうっかりデキた子だと知ったよ。


325 :名無しさん@HOME:2011/06/07(火) 07:30:45.14 O
祖母が不倫略奪されてたことを大人になって知った。
祖父は小さい頃からいて、大好きなんだけど、祖母はいなくて、離婚しただけだと思っていた。
でも、中学生くらいのときに祖母と祖母の夫が現れた。
でもあんまり馴染めなくて。
そして孫の私たちが大人になり、親戚の集まりみたいな宴会中に急に祖母の夫がなれそめを語り出してしまい…。
そんなことを聞かされてなかった私たち孫は唖然、親や叔父たちもテンション下がり、祖母も動揺する中、シラフなのにアゲアゲで喋り続ける祖母の夫。
本当に驚いた。
やっぱり他人だなぁ、と改めて思ってしまった。


326 :名無しさん@HOME:2011/06/07(火) 08:50:39.00 O
結婚後に、私の前に1人流産したと、母に聞いた。もし、兄で無事に生まれてたら私は養子をもらわず違う人生だったのかも、と家を継いで苦労してる今、思う。
死産や流産は仕方なかったにしても、身勝手な堕胎は笑いながら話す事ではないと思う。

327 :名無しさん@HOME:2011/06/07(火) 09:51:45.71 0
>>325
その祖母とその夫は、その後どうしてるの?

328 :名無しさん@HOME:2011/06/07(火) 11:34:28.13 0
>>326
全く…

本人が墓場まで持って行ってたのに、第三者がばらすこともあるしな…

329 :名無しさん@HOME:2011/06/09(木) 01:19:41.93 0
>>325
祖母の夫、招かれざる人間だと云うことが理解出来ないみたいだね。

祖父は亡くなってしまったの?

330 :名無しさん@HOME:2011/06/09(木) 22:04:14.03 O
母が私を産んだ後に2回妊娠したが中絶してその後避妊の手術をしたこと。母から直接聞いたわけじゃないけど父に言われた。
多分私が中学まで入退院を繰り返してたので手一杯だったんだろう。
申し訳ない気持ちでいっぱい。

331 :名無しさん@HOME:2011/06/09(木) 23:06:34.96 0
父がパイプカットすれば良かったのにね
つーかしっかり避妊しなかったのが悪いだけだよ。

332 :名無しさん@HOME:2011/06/09(木) 23:58:50.13 0
>>331
子供は欲しかっただろう
だけど、妊娠している時期に入院したりしてそれどころではなかったのかも?

333 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 00:12:21.21 0
>>332
そういうのは墓まで持っていくべき話。最低なのは避妊しなかった責任を娘に負わせた父親

334 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 00:12:28.00 0
病気がちな子がいるなら、2人目とかよーく考えて作るのが普通じゃない?
妊娠したなら中絶とか考えず責任もって育てるものじゃないの?
避妊手術して正解だったね

335 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 00:18:56.66 0
>>333
俺は良いも悪いも言ってないけど、子供が欲しかったんじゃないのって話をしただけ。
子供に言うべきではないと思うけどな。

336 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 00:30:21.67 0
>>335
子供欲しいって二度も中絶したら母体も危ないじゃんか。
釣り?

337 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 00:31:12.50 0
2回も妊娠、中絶なんて考えなしのすることだよ。
子供が欲しかったじゃなくて出来ちゃっただけでしょ。

338 :1/2:2011/06/10(金) 04:41:06.71 0
父が再婚だった。子も2人いた。
それだけならよかったけど、子の1人が小さいうちに事故で亡くなり、そのお骨は代々の墓に入っているらしい。
さらに離婚して半月位で二回目の結婚(母との結婚)をして、その数ヶ月後に兄が誕生してた。
兄誕生の頃に前妻さんがよりを戻したいと帰ってきたが、時既に遅しだった。(修羅場だったらしい)
とどめが、その事を近所の人たちはほとんど知っていたということ。私も弟も何も知らなかったのに。周りにどんな目でみられてたんだろ。



339 :2/3:2011/06/10(金) 04:55:42.36 0
お骨や前妻さんの事は、私が何も知らずに嫁に行くのを心配(?)した親類が暴露してくれた。
ここまで育ててくれた事には感謝しているが、一気に父への尊敬の念が崩れてしまったよ。そんな修羅場再婚晒した挙句実家済み続けるなんて…前妻さん修羅場話もなんか父が全面的に悪い感じだったし。



340 :3/3:2011/06/10(金) 04:59:08.72 0
すみません長くて3分割になりました

衝撃的過ぎて父に知ってしまったこと言えてない。もちろん母にも。
今思うと、母は結婚に際しても抄本で入籍できるから!と頼んでも無いのに抄本渡してきた位だから隠し通すつもりだったんだろう。

このことを知らないであろう兄が、もうすぐ結婚すると嬉しそうに電話をくれた。
幸せな知らせなのに、悲しくなった。この暗い気持ちを吐き捨てたくてカキコ。

341 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 06:33:38.59 O
両親が再婚同士だったこと、姉が父違いだったこと、再婚同士の両親が兄を身籠っての出来婚だったこと、姉には腹違いの姉妹がいること、母、前の旦那(姉の父)との間の子を二度と流産している。

342 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 06:51:07.44 0
隠し子は死んだら財産分与の場に現れてくるから残された者たちは荒れる

343 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 07:50:25.53 0
前妻と両親の交際期間も被ってるじゃねぇか
父親は種撒き散らすクズ、母親はプリンビッチだって事だ

344 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 08:19:42.17 0
本当だ。プリン脳なだけじゃない。
やりまくって出来て、それを隠して正妻追い出して結婚、更にやりまくって出来たから要らない2人をおろした。
あなたの親御さん、お盛んねぇ>>338
お兄さんが恥をかかないように教えておいた方がいいよ。ああ、生まれた時から恥ずかしい子か。

345 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 10:06:56.66 O
>>343>>344
私も不倫する自尊心や思いやりの無い奴らは嫌いだが>>338を責めるなよ
彼女のせいじゃないじゃん

とんでもない事実を知ってココに吐くって事は親を恥じてるって事だから
彼女は反面教師にして生きて行く事が出来ると思うよ


346 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 10:20:28.81 0
>>338
お父さんは何も悪くないように見えるんだけど…
前妻さんが、よりを戻したいと言って帰って来たって事はお父さんは捨てられたんでしょ?

でも相続の時に一番困るのはあなた達なのになぁ

347 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 10:39:06.77 0
不倫ハメ婚するようなゴミクズ男とよりを戻したいなんて思う
前妻もたいがいな見る目無しと言うか……

でも修羅場になったって事は、まさか旦那の不倫やプリンの妊娠のこと
何も知らないで離婚されちゃったって事なのかな?
だとしたら前妻の人生がかわいそうすぎる。
子供は幼くして死に、旦那には裏切られ、寝取り女は天罰が下るどころか
過去を隠してのうのうと幸せに生きているなんて。

348 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 10:52:17.65 0
>>346
父が不倫してたんだよ。

349 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 10:58:28.07 0
あーなる。
前妻との修羅場は、実はまだ離婚前に不倫して、その相手と再婚してたのがバレたからか。

350 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 12:35:16.82 0
こういう父親に限って、財産を前の子に全部譲るとかいう遺言書を書いてたりするんだよねw

351 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 12:36:56.43 0
お兄さんと結婚する嫁さんが心配だ。
もし兄が不倫したら「不倫させたお前が悪い」と舅姑にいびられ、
妊娠したら「本当に息子の子か、DNA鑑定しろ」と疑われそう。

352 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 12:45:02.84 0
お兄さんは今の母親の子でしょ?

でも、お兄さんにも言っておいた方が良いと思うけどね。
とりあえず戸籍謄本をとってみてはどうでしょうか?
あなたが知らない他の何かが出てくるかもしれないし。

353 :1/3:2011/06/10(金) 12:59:03.47 0
>>338です。
前妻修羅場の聞いた話を完結に書くと
子どもが死んだのは前妻の不注意!(なんか目を離した隙の事故だったらしい)申し訳ないので里で引き取ります!と前妻母が前妻ともう1人の子を連れてく。その際に前妻側記入済み離婚届置いてく。
→前妻唯一の身内の前妻母が急死
→身より無くなった前妻母生活ままならず父実家により戻したくてもどってくる
→父既に再婚すみで実家におらず。前妻は父の再婚など勿論知らない。父両親が金渡して土下座

みたいな感じだったようです。



354 :2/3:2011/06/10(金) 13:04:09.03 0
親類が暴露してくれた話全てが本当ではないかも知れませんが、謄本に載ってることは全て事実ですし、今まで何も知らずにいたことが恥ずかしいです。
フルボッコ覚悟で書きましたが、今までなんの疑いもなく尊敬し大好きだった両親なので、批判当然とわかっていても辛いものですね…345さんの優しい言葉にはかなり癒されました。ありがとう。

謄本取り寄せて自宅についた日が入籍日で、よりによってこんな日に…て感じでした。結婚取りやめ覚悟で泣きながら主人に話しましたが、主人は君は君だからと予定通り入籍してくれ、今も幸せに暮らしています。主人には本当に感謝しています。


355 :3/3:2011/06/10(金) 13:06:33.71 0

兄は同じ母親です。何も知らずに嫁に来る兄婚約者に申し訳ないです。でも、まだ自分から告げる勇気が持てません。
兄にも兄婚約者にも、もし何かあったら親に構わず逃げてー!といいたいです。
とはいえ心底切り捨てれる程気持ちの整理もついてないので両親の老後とか心配になってしまうし。まだ信じたい気持ちもあります。エネmeですよね。

ちなみに内容にてますが>>341は別の方です。


356 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 13:17:35.18 0
兄も謄本を自分で取ったら気付くんじゃないかな?

でもお父さんの立場になって考えてみたら?
子どもが一人、妻が目を離したすきに死んでしまった。
自分にはもう一人子供もいるし妻もいる…と思ったら、唯一残った子どもを連れて離婚届を置いて妻が実家に帰ってしまった。
というか妻の母に、妻も子どもも取られてしまった。

幸せな家族だと思っていたのに、一瞬で一人になってしまった…そこに新しい女性が出てきても何の不思議もないと思うんだけど?
おばあちゃんさえ亡くならなければ、お父さんは天涯孤独になっちゃってた訳でしょ?
その絶望感ったるや無いような気がするけどね。

357 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 13:40:04.21 0
父は、前妻とまだ離婚してないうちに、後妻と付き合ってたんじゃないの?

クズばっかり。
そんな奴らって、やっぱり繁殖力強いね。

358 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 13:53:27.24 0
多分不倫だよね。
離婚して半月で別の人と結婚して、その数ヵ月後に出産だもん。
数ヵ月後って事は余程早産でないと結婚する前に妊娠していないとおかしい。
お母さんは一緒でもお父さんが違う人とかなら分かるけど。

359 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 13:59:38.91 O
父母 両方くそだな。

360 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 14:11:33.17 0
離婚して半月かw

361 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 14:21:20.21 0
前妻との間に子供が一人、もう一人は亡くなってる。
後妻との間に子供が三人、一人は>>338
さて、お父さんが亡くなった時、遺産相続はどうなるのでしょうか。

362 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 15:28:31.64 0
>>356
お父さんの立場になって考えてみたら

愛人とズコバコ生ハメセックスを楽しんでいたら愛人が孕んでしまった。
おろさせようか悩んでいたらいいタイミングで子供が一人死んで、
そのせいで嫁親が嫁と離婚させてくれた。慰謝料払わなくてよくてラッキー。
養育費も払わないでいいだろ。嫁が子供殺したせいだし俺はシラネ。
後釜と腹の子がいるから古い妻子はもういらねえや。家庭リセットウマー!

ですね、わかります。
尊敬していた父母がこんなキチガイだった>>353は本当にお気の毒です。

363 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 15:55:08.80 0
再婚出産の時期見たらそんな感じだよね
でも両親は後にそれを恥じて黙っていた。

親戚も余計な事言ったよね…
でもなぜ子供のお骨を前妻は引き取らなかったのかな?

364 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 17:05:39.87 0
親に確認できるならした方がいいかもね
親戚が悪意を持って嘘教えてるかもしれない
前妻との間の子供が一人死亡してるコトと
両親が再婚は再婚してるコトは事実でも
細かいところ嘘ついてるコトあるかもしれない
(再婚、出産時のタイムラグとか)

見合い>同居>妊娠発覚してから入籍 って経過もしれない

365 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 17:20:08.79 0
とりあえず、兄妹三人で話し合ってから、両親に確認しろ。
これは、相続とかが後々関係してくる問題だし、避けては通れないぞ。

366 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 17:24:31.55 0
>>363
父とその親族にお前が目を離したからって責められて家出て行ったから骨はもっていけなかったんじゃないのかな。

367 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 17:27:14.32 0
>>364
母が謄本とらせようとしなかったところでもうアウト
どうみても不倫です

368 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 17:34:15.52 0
どうか、前妻とその子供が幸せに暮らしていますように。

>>353の両親に因果応報が訪れますように。

まあ、将来、353は相続で揉めるね。

369 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 18:01:02.80 0
>>367
父両親がお金を渡して土下座してるしね

>>353は明言していないけど
ここまで思い詰めてるあたり、自分でも
両親が不倫の末の再婚だと見做しているんだね…

そうだったとしても、子供までが責めを負うのはおかしいわけで
キニスンナといっても無理だろうが、旦那さんを大事にして幸せになってね


370 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 18:10:02.31 0
親の因果が子に報いってだけは絶対に無しにして欲しい。
因果は本人に下れ。

「親に不倫された女性が、結婚したら旦那に不倫され
 離婚して女手一つで育てた娘は既婚者を寝取る不倫ビッチに」
なんて不幸の極みのような話を聞いたことがあるが
神死ねと真剣に思う話だった。

371 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 18:17:01.50 0
そうそう。子供に罪はないよ。
父が亡くなったら遺産相続で前妻さんの子供が出てくるのは確実だから心しておくくらいだよ。

372 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 19:10:28.62 0
上の人と似ているけど、父親が再婚で、前の奥さんとの間には子供がいた。
でも家族で車で事故って、子供が死んでしまって、前の奥さんは精神を病んでしまって、その後離婚。
母と再婚したのは、父の運転で子供がなくなって3年も経ってなかった。ひどいことをして離婚したと
母の親族の噂話で知った。


373 :372:2011/06/10(金) 19:19:38.46 0
父の親族とは、祖母の葬儀以来疎遠。もっとも幼い頃に自分だけが祖母の家に行ったりしてただけだったけど。
祖母や叔父達の態度は微妙だったし、父のことを冷たい目で見ていたのはわかった。

父がその子のことを思い出したり偲んだりすることってあるんだろうか?
子供の自分から見ても良くわからない。お墓にも参っていないし。もう過去の事なのか?
前の奥さんにしたひどいことって?と思うと父に対しては距離を置いてしまう。

374 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 21:36:59.56 0
>>372に対して父はどんな態度だった?

375 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 21:49:48.92 0
家庭板の大人になってから知った家族の秘密15 から拾ってきた。

338 名前:1/2[sage] 投稿日:2011/06/10(金) 04:41:06.71 0
父が再婚だった。子も2人いた。
それだけならよかったけど、子の1人が小さいうちに事故で亡くなり、そのお骨は代々の墓に入っているらしい。
さらに離婚して半月位で二回目の結婚(母との結婚)をして、その数ヶ月後に兄が誕生してた。
兄誕生の頃に前妻さんがよりを戻したいと帰ってきたが、時既に遅しだった。(修羅場だったらしい)
とどめが、その事を近所の人たちはほとんど知っていたということ。私も弟も何も知らなかったのに。周りにどんな目でみられてたんだろ。

339 名前:2/3[sage] 投稿日:2011/06/10(金) 04:55:42.36 0
お骨や前妻さんの事は、私が何も知らずに嫁に行くのを心配(?)した親類が暴露してくれた。
ここまで育ててくれた事には感謝しているが、一気に父への尊敬の念が崩れてしまったよ。そんな修羅場再婚晒した挙句実家済み続けるなんて…前妻さん修羅場話もなんか父が全面的に悪い感じだったし。

340 名前:3/3[sage] 投稿日:2011/06/10(金) 04:59:08.72 0
すみません長くて3分割になりました

衝撃的過ぎて父に知ってしまったこと言えてない。もちろん母にも。
今思うと、母は結婚に際しても抄本で入籍できるから!と頼んでも無いのに抄本渡してきた位だから隠し通すつもりだったんだろう。

このことを知らないであろう兄が、もうすぐ結婚すると嬉しそうに電話をくれた。
幸せな知らせなのに、悲しくなった。この暗い気持ちを吐き捨てたくてカキコ。

このクソ両親にはどんな因果応報が来るでしょうか?

376 :名無しさん@HOME:2011/06/10(金) 21:51:13.41 0
貼るスレを間違えた。ごめんよ

377 :372:2011/06/11(土) 00:13:34.24 0
>>374
普通のお父さんだったよ。優しかったし可愛がってくれたと思う。
ある意味自分のせいで精神を病んじゃったお嫁さんと、死んでしまった子の事は忘れてしまったかのような
ほんと過去になにか背負った感とかは感じられないほど陽気な人。


378 :名無しさん@HOME:2011/06/11(土) 00:58:32.52 O
>>316
最低だな

379 :名無しさん@HOME:2011/06/11(土) 00:59:51.19 O
>>316
最低だなっていうのは婆さんの発言な

380 :名無しさん@HOME:2011/06/11(土) 01:00:04.71 P
>>378 うん最低だよね、316祖母がね

381 :名無しさん@HOME:2011/06/11(土) 14:22:38.35 0
>>お骨や前妻さんの事は、私が何も知らずに嫁に行くのを心配(?)した親類が暴露してくれた。

この親戚の遣り方が気持ち悪い。
子供が成長するまで20年以上黙っておいて、その子供が、いざ結婚(寸前)で幸せの絶頂の
ときに親を挟まず直接チクるなんて。私は不倫容認派ではないけど、そのタイミングを狙っていた
親戚のほうが本気で気持ち悪いと思う。

なにもわざわざ結婚という幸せの絶頂のときを狙わなくても、子供達が大学や高校を卒業した節目で
心配(←私は親族のソレは悪意だと見ていますが)なら伝えればいいのに・・・と思った。

382 :名無しさん@HOME:2011/06/11(土) 14:55:25.36 0
そこには悪意を感じるよね…

383 :名無しさん@HOME:2011/06/11(土) 15:18:12.10 0
結婚相手の家から調査が入るのを察して事前に言ったのかなと思ったけど
就職、入学時ではそこまで調べないけど結婚時は調べる家は調べるから

384 :名無しさん@HOME:2011/06/11(土) 15:47:36.88 0
えー
うちの親も旦那の親も結婚する時相手の事なんて調べなかったよ

その親戚は両親の過去を言いたくてウズウズしてたんだろうなぁ

385 :名無しさん@HOME:2011/06/11(土) 17:05:58.73 0
たとえ調べてもあえて言わないと思う。
しかも親じゃなくて親戚の人でしょ?わざとだよね。

386 :名無しさん@HOME:2011/06/11(土) 22:03:39.45 0
離婚から再婚までの期間が短いと言っても相手が離婚に応じず
条件闘争のために何年も別居してることもあるしね。
両親が親戚の言うような糞なら一つや二つ思い当たることがある筈。
抄本のことだけじゃ弱いわな。

387 :名無しさん@HOME:2011/06/12(日) 10:13:10.25 0
祖母は次男と結婚したが新婚生活は3ヶ月→母妊娠→戦争に行く
次男(私の祖父)戦死→長男嫁キチで姑(私の曾祖母)に追い出される
→祖母、姑に長男と無理やり結婚させられる
私の記憶にあるじいちゃんは本当のじいちゃんではなかったと
死んだあと、しかも割と最近に聞かされた

親戚のおばさんって聞かされてた人は
父方祖父の特殊関係人の子供だった(父とは異母姉弟)

母方も父方も・・・いろいろあるね、昔の人は。

388 :名無しさん@HOME:2011/06/12(日) 16:40:43.40 O
>>338
ご両親に確認するのがいいよ。悪意ある親戚の言葉を鵜呑みにしないで。

389 :名無しさん@HOME:2011/06/13(月) 00:53:30.49 0
両親が略奪婚で、父と前妻との間に二人の子がいる事。

大学に提出するので戸籍を取り寄せたら見知らぬ人の名前があったので親を問い詰めたら白状した。
異母姉と私は同じ漢字を使ったほぼ同じような名前なのにも驚き。
偶然にも前妻さんと母は漢字は違うが同じ名前。

お姉さんたち、小さい頃から父親がいなくて寂しい思いをしてきただろうな、
前妻さん、女手一つで子育てして辛かっただろうなとかあれこれ思うと両親を一気に軽蔑するようになった。

今まで育ててくれた事には感謝してるけど、殆ど実家には帰っていない。


390 :名無しさん@HOME:2011/06/13(月) 02:14:37.64 0
>>388
戸籍見れば充分分かるじゃん

391 :名無しさん@HOME:2011/06/13(月) 06:22:44.75 O
うちも旦那バツイチで元嫁のとこに9歳くらいの子がいるんだけど
もうすぐ生まれるわが子にいつどのタイミングで言おうか…、
黙っててもいつかばれるけど聞かされた子供は複雑だろうな。


392 :名無しさん@HOME:2011/06/13(月) 10:45:17.20 0
不倫略奪でない限り、親の口からちゃんと言った方がいいよね
思春期に聞かされるのはやっぱきついから、成人してからがいいかも
遺産相続の場でいきなり出てこられても子供も困るしね…

393 :名無しさん@HOME:2011/06/13(月) 10:52:53.35 P
>>391
母親がバツイチで父親違いの姉がいた友人がいるけど
彼女は小さい頃から普通に「お姉ちゃんが遠くにいる」と聞かされてて
特に屈折した思いもなく受け入れていたよ。
まぁ成長して大人になってから父親違いの姉自身がDQNだったため
自分の選択でFOしてたけどね。

なので言うなら小さい頃にサクッと話してしまうか
成長してから打ち明けるかのどっちかがいいと思う。
何にもなくても親のアラを探したり無意味に悩み込んだりする
思春期にそういう話を聞かされるのが一番最悪な気がする。
もちろん相続時に急にってのも迷惑だわね。

394 :名無しさん@HOME:2011/06/14(火) 15:37:27.79 O
私が小学生くらいの時から母の浮気が始まって3回はおろしてたと、
親の離婚協議の時に意気揚々と父に聞かされたけど
嫌がる母にしょっちゅう迫ってた父の姿も見てきたしこっちも子供として不快だったし
俺は中に出してないからおろしたのは浮気相手のガキだと言い放つ父。いやてめーも避妊しろやカス
父は親であることを忘れ財産分与でいかに勝ち取るかしか頭にないんだなと分かった瞬間だったな
言い訳しなかった母は不利になった。でも不思議と私も兄弟も味方に集まった
母は働きづめで休んでるのなんか見たことなかったし食わせてくれたのも母だしね
離婚後の母とは今も連絡取ってるけど父から連絡あっても一切ブッチ。
いずれ父が死んだときいたら即相続放棄の手続きを取るよ〜。母は孫に会って楽しそうにしてる

395 :名無しさん@HOME:2011/06/15(水) 01:35:40.98 0
うちの旦那は、ある日突然相続放棄してくれって知らない人が来て
同居してる他の兄弟には相続の話が行かなくて
自分だけ父親が違うこと知ったって。
知り方としては最悪だからこうなる前になんとなーく教えておくべきだと思うわ。

396 :名無しさん@HOME:2011/06/15(水) 09:29:32.96 P
>>394
オツカレ

397 :名無しさん@HOME:2011/06/15(水) 15:44:41.39 0
>>395相続放棄したの?

実父が死んでの話なら、ちょっとくらい渡すべきだと思ってしまう…
実父じゃなくて実父の親族関係ならまあすんなり相続放棄するけど

398 :名無しさん@HOME:2011/06/15(水) 16:07:04.83 0
>>397
そうだよね。

知恵袋なんかにもよく「会ったことも無い異母兄弟に父の遺産を渡したくないのですがどうすれば〜」とか、
「前妻の子に夫の遺産を渡したくないのですが」とかいう相談があるけど、図々し過ぎてひく。

399 :名無しさん@HOME:2011/06/15(水) 22:49:55.22 0
いまさらの気がするけどカキコ(些細なことなんだけど)
実家は田舎なので鍵もかけずに留守にするほどの家でした(周りも鍵をかけない)

小学生の頃一時期シールが流行っていたことが有ったので私も集めていたのです。
かなりたまってきて豪華なシールも手には入って、それはそれは楽しい日々でした。

ある日突然豪華なシールが何枚か無いことに気づいて家中探したのですけど見つからず。
どんなに探してもシールは見つからないので諦め、シール集め自体も止めてしまいました。
何十年かたって大人になった頃、小学生の頃からよく遊んでいる子にふと言われました。
幼なじみ「昔シール集めていたよね、その中の何枚か○○君が盗んでしたんだよ」って聞かされびっくりしたので
私「なんで知ってるの?」と聞きかいしたら、幼なじみ「○○君が自慢してた、あいつの家に上がり込んで盗んだと」
シールは、いまさらなんでスルーしたのですが何回か姉の下着がなくなる事が有ったな(親が聞きに来てた、姉の下着しらないかって)
いまさら確かめる事もできないけど、あいつは基地外兄弟の一人だったんだと改めて思った。
長文しつれいしました。

400 :名無しさん@HOME:2011/06/16(木) 10:41:01.58 0
両親の入籍日が私の産まれる3日前だった事w

401 :名無しさん@HOME:2011/06/16(木) 12:04:15.90 0
>>399
今でも実家は鍵をかけていないの?
●●君の実名は伏せて、実は幼馴染みから聞いたんだけど〜と
その話をして、実家の防犯対策を更に強化したほうがいいと思う
私の知り合いの家は、何度も空き巣に入られていた(同一犯だと思う)

私は鍵はしっかりかけていたんだけど、ベランダの窓を数センチだけ
キレイに切り取られ(鍵の部分の窓硝子をカット)、空き巣に入られたよ
窓を割ったのなら物音がして近所の住人も気づいたのだろうけど、
ほんの数センチだけ切って、そこから棒状の物を差し込んで、鍵を下ろす
手法だったから、近所は誰も気づかなかった

鍵がかかっていなかったら、空き巣に入るの、もっと楽勝じゃない?

402 :名無しさん@HOME:2011/06/16(木) 12:32:55.81 0
>>397
放棄したって言ってたよ
会社やってたみたいだから、ちょっと金銭もらって終わりって
感じにはならなそうだったし関わりたくなかったって

403 :名無しさん@HOME:2011/06/16(木) 22:03:44.39 0
>>399
キモいね
結構近所の住人が犯人てあるのかな
会社の先輩、コソ泥が入って小銭取ってくとかボヤいてたんだけど、詳しく聞いたら
犯人分かってて、近所のオッサンとか言ってた
先輩には若い娘さんたちがいるので、ギョッとして「用心しないと危ないよ!」って言っておいた

404 :名無しさん@HOME:2011/06/16(木) 23:14:48.98 O
二重になってる窓あるよね。窓の下のほうにパチンて出っ張りを出せるやつとか
絶縁した父に窓を開けられて覗かれて以来必ず二重に鍵をかけるようにしてるよ…

405 :名無しさん@HOME:2011/06/23(木) 12:50:35.24 0
うちの父は双子の弟なんだが
双子の伯父は夕方生まれ、父は翌朝生まれで
生まれた日が同じ日では無いそうだ
(戦後のどさくさの頃で普通分娩で生まれた)
双子で誕生日が違うのも…と思ったのかどうかは知らないが
誕生日は父が生まれてから2日後の日が2人の誕生日になっているそうだ
なぜこの日なのかは全く不明
ちなみに祖母は出産後1カ月寝込んだそうだが
自分の記憶の中の祖母は元気そのもので94歳の天寿を全うした

406 :名無しさん@HOME:2011/06/23(木) 16:26:05.05 0
>>405
出産後1カ月寝込んだのは特に珍しくないし、その後、元気そのものっていうのも別に普通

407 :名無しさん@HOME:2011/06/23(木) 20:12:09.97 0
数十年前だとそんなに寝てろってうるさく言われてない頃だろうし
寝ているんじゃなくて寝込むだからかなりしんどかったんじゃないかな。

408 :名無しさん@HOME:2011/06/23(木) 23:06:42.69 0
出産経験していないと判らないとは思うが
半日空いてもう一人産むなんて想像したくない…


409 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 09:26:11.13 0
結局死産だった気がするけど、韓流ドラマの「チャングムの誓い」で
王妃様の出産がそんな感じだったなあ>時間差双子

410 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 10:49:44.38 0
>>405
届出は昔はとってもいい加減。
届けた日が出生日になってたり、
届けるの忘れてて、
適当な日付を出生日にしたりする。

411 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 11:27:32.07 0
確かに
うちの親は大安の日を出生日にしたと言われてた

412 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 12:47:31.89 0
正月生まれにする人も多かったしね。

413 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 15:52:20.21 P
まさに正月産まれw
元旦から2日に切り替わったばかりの時間に産まれたので
医師からなんなら元旦産まれにしとく?と言われたけど
「女の子が元旦産まれなんてめでたすぎる」という父方祖母の意見により
そのまま正直に2日産まれとなりました。w


414 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 16:22:28.36 0
>>413
めでたい以前にそのまま口車に乗って一日生まれにしたら
産後の入院費が一日加算されていたよ
医者もなかなか知恵者よのう…

415 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 17:41:52.74 0
>「女の子が元旦産まれなんてめでたすぎる」という父方祖母の意見により

めでたいのに、めでたくしちゃいけないの?
意味分からん。

416 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 18:12:25.33 0
昔の人だと、女の癖にみたいなのがあったんじゃない?

417 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 18:30:15.20 P
>>415
なんかようわからんけど、いわゆる膿家脳なばあちゃんだったので
その発言だったのかなぁと思っている。
私は3人姉妹の真ん中だけど最後に妹が産まれた時には
「まーた女の子だったでお祝いはいらんですわ(怒)」と近所に言って回り
嫁(=私の母)からの深い怒りを買いました。w


418 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 18:53:23.92 0
自分だって女なのにね

419 :名無しさん@HOME:2011/06/24(金) 21:54:03.78 0
>>414
>産後の入院費が一日加算されていたよ
なんで?

420 :名無しさん@HOME:2011/06/25(土) 00:39:51.70 0
そりゃ前日生まれた事になってるから、医療費も前日からの入院にしておかないとさw

421 :名無しさん@HOME:2011/06/25(土) 03:34:13.96 0
>>420
日付変わったころにうまれてるんだから
それまでの陣痛とかでふつうに前の日から入院してるんじゃないの初めから。

422 :名無しさん@HOME:2011/06/25(土) 09:15:35.24 0
>>421
分娩するまでは待機室等のベッド使用料は分娩費用に含まれているんだよ。
でも産んだ後はもう産後病棟に入るのでその時間から
一般病棟のベッド使用料が発生する。赤ちゃんの新生児室使用料もだ。
そして病院の入院費は一日請求。
23時間利用しようが一分利用しようが一日三食分請求される。

それと産後何日で退院とかスケジュールが決まっているので
一分でも前日に産むとベッド使用料+1日、入院期間−1日の大損する。

上記のことから一般入院でも夕方入院朝退院は損だから覚えておくといいよ。

423 :名無しさん@HOME:2011/06/25(土) 11:03:30.78 0
へー。ありがとう。

424 :名無しさん@HOME:2011/06/25(土) 19:58:35.30 0
● 大人になってから知った入院費の秘密 ●

425 :名無しさん@HOME:2011/06/26(日) 17:15:50.56 0
出産後に知った入院費の秘密

426 :1/3:2011/06/26(日) 23:02:14.29 0
家族というにはちょっと遠いんだけど

父方の祖母の実家はお寺で、そこは祖母の弟(私にとっての大叔父)が継いでいる
大叔父夫婦の子供は娘が一人だけなんだが、どうしても跡取りが必要だからってことで
檀家でお金を出し合って許婚を用意していた
その許嫁の方は元々坊さん志望で祖母の実家の寺と同じ宗派の寺の修行僧
話を聞く限りでは娘さんとすごく年が離れているとか、そういう無体な相手でもなかったらしい

でも、当然と言えば当然の気もするが、
どうしても結婚したい人がいるからと娘さんがその結婚を拒否
相手も娘さんとは結婚したいが寺は継ぎたくないってことで
大叔父夫婦や檀家さんとの間でひと騒動あった
結局娘さんは子供(大叔父夫婦にとっての孫)が産まれたら
そのうち誰か一人を寺の跡継ぎにするという条件でその相手との結婚を認めてもらった
ちなみに檀家で娘さんと許嫁のために出して(貯めて)いたお金は
こちらの都合で申し訳ないからと許嫁の方に譲渡することになったそうな

427 :2/3:2011/06/26(日) 23:02:56.89 0
ここまでだと娘さんが可哀相って話で済むんだけどさ、
大叔父が亡くなったときに、その跡継ぎ問題が一気に表面化というか崩壊した

嫁に行った娘夫婦のところには男1人、女2人が生まれて
その長男が小さい頃は「僕がお祖父ちゃんのお寺継ぐよ」と言っていたんだが
後々医者になると言ってそのための大学に行き勉強をしていた
その下の妹2人も「寺を継ぐのは嫌」と言っていて
檀家から「話が違うじゃないか!!」と怒りの声が上がった

確かに娘さんはたまたま生まれた家の職業の犠牲者とも言えるし
実家の都合に振り回されてる可哀相な人ではあるんだけれど
大叔父の葬式でもその娘さんより働いていたのはうちの母だし
(母は父のもとに嫁いできた嫁なので大叔父と血縁関係はなし)
葬式が終わったら中学生の娘の塾があるからって娘連れてそそくさと帰っちゃうような人だし
(後片付けその他もろもろは姉である祖母やその弟たち、大叔母、私の両親と姉と私が中心でやった)
なんつーか、こんなこと言ったらあれなんだけど
大叔父はかなり好人物で檀家からも慕われたということもあって
檀家さんたちが初めっから許嫁を用意していて寺の安泰を考えていたのも
わからないでもないって思ってしまった

428 :3/3:2011/06/26(日) 23:03:41.79 0
まあ、私たち姉妹としては大叔父夫婦のことはともかくとして
私たち姉妹のどちらかと結婚させれば医者になるとか言ってた孫も考えを改めるんじゃないかとか
そういう恐ろしい事を考えてた檀家の人々及び祖母には一切同情するつもりはない
他にもはとこはたくさんいるのに(なんせ祖母は5人姉弟)
何で私か妹に白羽の矢が立ったのかは
年が近い・同じ県住まい・祖母の嫁ぎ先=私の実家もお寺だから
とか色々(あっちにとっては都合のいい)条件が揃っていたらしい
その話自体はそもそも実家を私たちのどちらかに必ず継がせようとは考えていない両親と
それから、母がお見合いで嫁いできたときにさえ
「寺の嫁が嫌になったらいつでも出ていっていい。あんたにうちを継ぐ義務はないんだから」
と言ってくれた祖父のおかげで立ち消えになったんだけど

姉が「うちらが誰もが好きになるくらい美人だったらもっとやばかったかもねー」と
半笑いで言ったのを聞いたときはよっと背筋が凍った

429 :名無しさん@HOME:2011/06/27(月) 09:40:07.23 0
宗派は分からないけど、寺によっては、総本山(?)っていうのかな、寺の元締めみたいな所が
住職のいない寺に若いのを派遣するような所があるんじゃないかな。

430 :名無しさん@HOME:2011/06/27(月) 10:47:59.28 0
>>429
多分どこの寺でもそうだと思う
ただそうすると、すべてを明渡して残った人は出て行かないといけない

431 :名無しさん@HOME:2011/06/27(月) 13:08:20.21 0
寺育ちの人のコミックエッセイで、>>430と同じようなこと描かれてた
寺の住職が亡くなったら原則として、その家族は寺を出なければならないって
寺は住職個人の所有物じゃないからね
子供に跡を継がせたがるのは、地域に馴染みのある人を住職にというのも
あるけど、そういう事情もあるから

432 :名無しさん@HOME:2011/06/28(火) 16:43:27.09 0
そのもともと坊さんになりたかった許婚候補にもう継がせちゃったらよかったのに。
家は別として寺は。

実の娘(の夫)も継ぎたがらない寺を、その娘が継ぎたがるわけがない…それぞれ好きな人もいるだろうし

433 :426:2011/06/28(火) 20:59:22.23 0
>>430
今もめてる理由の一つがまさにそれ
現在寺兼家には大叔母が一人で住んでて
お坊さんを新たに迎えたら、遠くから嫁いできた大叔母を追いだすことになる
娘一家は旦那の親と同居してるから頼れない状況
今のところは近所に住む親戚筋の人と、檀家に顔が利く祖母が時々顔を出して手助けして
法事なんかは近くのお寺の坊さんに手伝ってもらってるらしいが
それもいつまでも持たないしねぇ

ちなみに元許婚は元々将来有望だったみたいで
今は県の宗派の取りまとめみたいなところで結構な地位にいるそうで
今更頼むなんてこともできないお方になっちゃってるとか

恐ろしい(?)話をもう一つすると
大叔母を追いださずに済む最善の方法は娘夫婦かその孫が継ぐことなんだが
次善策は姉が実家を、私が大叔母の所を継ぐって案なんだよね(姉妹は逆でも可)
実家は昔から漠然とどっちかが婿取りしなきゃなんないだろうなとは思っていたものの
それをどうするかもまだはっきりと決めてないってのに
こっちとしてもいきなり言われても……って状態

434 :名無しさん@HOME:2011/06/28(火) 21:17:14.26 0
>>433
でも、景気不景気に関わらず、家業として考えるといい商売だと思うけどなぁ?
どんな仕事もしがらみがあって、個人商店なんてその極み。
あなた自身がそこを継ぐのも悪くは無いと思うけどな。
収入は保証されてるし。
今時一生食ってける仕事を掴むのも大変だよ。
今現在あなたに恋人がいないとかなら、そういうのも考えてもいいんじゃない?

435 :名無しさん@HOME:2011/06/28(火) 22:28:09.37 0
>>433
婿取るのは必須なの?
女が坊さんやって、結婚相手はサラリーマンです。
っていうのはいけないことなの?

436 :名無しさん@HOME:2011/06/28(火) 22:48:21.29 0
跡を継いでくれる誰かを養子に迎えれば良いだけだと思うが。
檀家のためじゃなく自分達のための方法に拘ってたから行き詰っただけに思える。

437 :名無しさん@HOME:2011/06/28(火) 22:54:52.87 0
大叔母しか困らないんだから別に好きに生きていいと思うけどなあ

438 :426:2011/06/29(水) 01:57:37.63 0
>>435
私か姉のどちらかが尼になるってのがいけないことではないです
>>435の案でも全然アリ

ただ、お互いの性格、向き不向きってのもあって
とりあえず、実家を継ぐなら
姉→坊さんの婿を取る
私→婿取りしてもいいし、自分が尼になってもいい
って話にはなってる
でも、これって自分の実家だからなんだよね
幼いころから地区の檀家さんにもたくさんお世話になってきたし
同級生先輩後輩にもうちの檀家さんが割といる
だからこそ継いでもいいやって思えるんであって
我儘かもしんないけど、祖母の実家となると話は別

同じ県内と言っても車で3時間近くかかるとこだし
濃密な交流があるとかでもないからほぼ他人の家と同然
もちろん祖母実家の檀家さんとの付き合いも皆無

439 :426:2011/06/29(水) 01:57:58.49 0
>>434
上にも書いたとおり私としては自分が尼になってもいいから
姉とは心持ちが違うのかもしんないけど
個人的には自分の恋人や結婚相手に
「将来は私の実家を継ぐために坊さんになってくれ」ってすごく言いづらい
その辺個人商店と違うのかどうかは自分が経験してないからわからないんだけども

実際そこの子供として暮らしてみると
そのしがらみってのが重荷になったりして
そう簡単には決心できないことだったりします
いわんや他人のお家事情をや……って感じです

440 :名無しさん@HOME:2011/06/29(水) 02:18:44.65 0
大叔母死んで寺を本部に返せば終了だね
はっきり言って娘夫婦が引き取ると言えば全部すっきりできるんだよ

うちの方も全く同じ問題抱えているけど結局坊さん一家が銭ゲバだから問題になってる
本山に返すと今まで私財を投じた邸宅が接収されて損だし
住んでいるだけで他所の坊さん紹介仲介料で金が入るからと絶対に出ないし引き取らない
檀家は高齢者を追い出すのは非難もあるので向こうから言い出すのを待っている状態
はっきり出てけといえないので跡取りを早く連れて来いと責め立てる事しか出来ない

本当に僧籍もない連れ合いだけ残されるのは檀家も法事等滞るし迷惑なんだよ
そちらの檀家さんもすごくかわいそうなので大叔母を身内で引きとってあげてください
そうすれば誰も継がなくてよくなって皆幸せだよ

441 :名無しさん@HOME:2011/06/29(水) 08:01:05.07 P
>>440の言うとおり。
そもそも、この大叔父って「好人物」か? むしろ諸悪の根源では。
恋愛結婚はともかく、
>娘一家は旦那の親と同居してるから頼れない状況
こんな結婚をなぜ許したのか。
大叔母が超姉さん女房とかじゃない限り、今のていたらくは容易に予想できたこと。
この時点で、檀家さんや何より自分の妻に対し、真の思いやりはないことがわかる。
一世代若い426姉妹とは雲泥の差の娘のクズっぷりを見るに、ろくな子育てもできなかったようだし。

442 :名無しさん@HOME:2011/06/29(水) 09:57:06.76 P
老後の資金がきちんとあれば、叔大叔母は賃貸かホームに入れるしかないじゃない。
親戚にとばっちり食らわせるのは身勝手すぎるよね。

443 :名無しさん@HOME:2011/06/29(水) 11:04:15.82 0
大叔母が尼さんになって、旦那の後継になっていれば丸く収まった話なんだが。
尼さんになる修行してねぇ、(面倒臭え)、
出ていくの嫌、娘に婿取りさせるのも嫌、
なんて都合のいい事やっているから檀家が大迷惑だがな。

444 :名無しさん@HOME:2011/06/29(水) 12:05:00.49 0
尼さんになろうと跡継ぎの子供ができなければ意味ないし
知り合いで2人姉妹の姉が勘当同然で会社員と結婚して
僧侶の父親急死したら姉の夫が会社辞めて僧侶になってくれた家あるけど
子供いないからマジで意味ないな・・・と思う
しばらくの時間稼ぎにしかならなかったというか
明け渡すの前提で色々考えていくほうがいいよ

445 :名無しさん@HOME:2011/06/29(水) 12:09:44.89 0
檀家さんとの付き合いがあるから、住職の子供が跡継ぎになるのが
四方八方丸く収まる最善のやり方なんだよね
まあ住職もその子も檀家との関係が良好な場合に限るけど
娘しかいない場合でも僧侶を婿に貰って、嫁が檀家との橋渡しするとかね

これ、坊さんの妻帯を認めた時からの大命題よねw

446 :名無しさん@HOME:2011/06/29(水) 16:13:54.24 0
大叔母尼さんになる→あぼん→
総本山から新しく僧侶来る、で解決する。


447 :名無しさん@HOME:2011/06/30(木) 09:37:34.36 0
そうだ!長生きは罪だ

448 :名無しさん@HOME:2011/07/06(水) 11:15:22.84 0
保守

449 :名無しさん@HOME:2011/07/14(木) 23:54:58.28 0
秘密ってほどでもないんだけど
うちの親父は整備士あがりで寡黙な職人気質ってかんじ
小さい頃はほとんど話したことなかったんだけど大人(つっても高校生だけど)になってから喋ってみたら
とんだ面白ろヤローだった
俺が16歳でバイクの免許取りたいって親父にお願いしたとき
親父がふたつ返事で「いいよー」って言うもんだから拍子抜けして
「いや、いちおー校則では禁止なんだけど」って言ったら
「校則ってwwww俺がお前くらいの時はロケット作ろうとして理科室爆発させたりしてたぜ」
とか言う(゚д゚)ハァ?

450 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 00:01:25.38 0
続き
親父は地方の工業高校卒なんだけど
ある日ふと「ロケット作って飛ばしたら面白くねwwwと思い立って
しかもまわりの友人もバカばっかだったから「それヤバクねwwww俺もやるわwwww
ってなって10人くらいでロケット部を作ったらしい
もちろん工業高ごときにロケットなんか作れるわけもなく最終的に理科室を吹き飛ばして部は解体された
親父はやっぱ空飛ぶもんは無理だわーって思って「自動車校庭で爆走させたら面白くねwwww←懲りない
案の定「俺もやるわwwwwっていうヤツが10人くらい
みんなでポンコツ屋から廃車を学校まで押してきて修理して校庭で車滑らして遊んでたんだって
その後自動車部は卒業するまでなんとか継続←当然いろいろ問題は起こしてた

そんな親父は某大手航空会社でジェット機の整備やってました。

451 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 00:13:27.30 0
親父さんwww 
しかしそんくらい若い頃ハチャメチャ(犯罪にならない程度で)やってた人のほうが、 
面白みのある人生送れるんかねえ。

452 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 00:19:46.78 0
>>451
いえ、面白みとか全然なくて
無口でぶすっとしてて真面目だけが取り柄みたいな親父なもんでよけいにびっく
なんかテレビでヘリはエンジン止まっても軟着陸できるみたいなのやってたときも
「これ本当なん?って聞いたら
「うん、俺のヘリが墜落した時もな…とか言い出して
なんでそんな面白エピソードを黙ってられるのか不思議です
俺なら帰って即効家族に話すと思うんだけど

453 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 01:15:22.60 0
墜落したあと・・・なんだったんだ!気になる!

454 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 01:37:15.50 0
>>453
親父無口でこちらから促さないと話さないからよく分かんないけど
エンジン停止での着陸はヘリの免許?の必須課程でみんなできる
でも当然下手なやつもいて、親父の時は結構ドーンと着陸(親父≠パイロット
パイロット骨折、親父むちうち って感じだったようです
最近そこそこ話すようになったけど結構びっくりするようなエピソードが出てくる
俺が思ってたより面白い人だったみたいです

455 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 08:51:40.50 0
>>454
生きてるうちに、色々聞いとけよ。
うちは爺ちゃんだが、戦中戦後苦労した話を聞きそびれた。
途切れ途切れにしか聞いてない。
それが一番大きな後悔。

456 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 09:50:36.01 0
>>455
聞く方もだけど、話す方もなかなかエネルギーがいるだろうから、
訊いていのか、話したいのか、色々迷ってぐるぐるしない?
でもやっぱり聞いといた方がいいのかな。
取り返しつかないもんねえ。

457 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 10:12:27.58 0
亡きうちの爺さんは昔話、特に戦争で大陸に渡った時の話は聞いても一切口にしてくれなかったぜ
封印してるみたいだったからそれ以上聞かなかったが

458 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 10:45:35.39 P
>>457
亡き祖父母(共に明治生まれ)も
私が小学校辺りで戦争の話(今思えば日教組色バリバリ)を習い覚え
「おじいちゃんおばあちゃんはどうしてたの〜?(キラキラ」と
無邪気に質問した時には口ごもってほとんど話してくれなかった。
普段はほがらかで孫ラブな優しいじいちゃんばあちゃんだった。

まぁでもそれを自分に置き換えてみて
例えば自分が婆ちゃんになった時に、今回の震災の話とか
他の悲惨な事件事故災害について小さい孫からキラキラと聞かれても
詳細を聞かせる気にはならないだろうから
うん〜まぁ〜たいへんだったよぉ〜ぐらいで
誤摩化すわなぁとも思うわ。


459 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 11:35:38.39 0
>>457
うちのばっちゃ(手帳持ち)もピカの話は一切しないよ…

460 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 12:34:02.88 0
>>455
うちの場合親父が隠してる面白エピソードの種類が予想つかないので
どう話を振ったら面白い話が出てくるのかよく分かんないんですよ
もっと面白い話ないの?ってきいても「別に…っていうだけで
そのくせ何かの拍子に「中国で警察に捕まったときは本気で怖かったなー
とか言い出すし(゚д゚)ハァ?

461 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 13:26:16.24 0
>>460
面白い話してって言われても、突然出来るかw
その話だけじゃなくて、対等に話が出来るようになった今、
色々話しとけよって事。
そのうち「そういえばあの時はなあ・・・」みたいな話は出るよ。
突然思い出すもんだ。
その時を逃さず聞いとけ。

462 :1/2:2011/07/15(金) 16:15:34.24 0
秘密ってほどのこともないのですが…

現在70overの父は婿養子で、母は一人っ子。
すごい田舎だし、婿養子は別によくある話なんだけど
父は長子長男で、下には妹がいるだけなのに
父実家(同じ県)はよく許したな…となんとなく思っていた。

大人になってから父が話してくれたところによると
父母結婚(結婚当時は父の姓の山田を名乗る)
→少しして、父が転勤になり、単身赴任に
→その前後に姉が誕生
→母も働いていたので母の父母(私の祖父母)と同居
→母の親である毒祖母が、父母の戸籍丸ごと佐藤家の養子に入れと母を責め立てる
→父が正月に妻と子(と母方祖父母)のところに帰ろうとして電話をすると
「先日、養子縁組をしてしまった」と母から聞かされる
→父仰天
という流れだったそうです。

463 :2/2:2011/07/15(金) 16:28:08.88 0
父は、世の中の長男がそうするように、いずれは自分の親と同居or近くに住もうと思っていたため
驚いて上司に相談。そしたら「奥さんがやりたいようにするのが家庭円満の秘訣だよ」
と言われたとのこと。

納得がいかず、自分の実家に帰って相談すると、父方祖父も
「うちには継ぐようなものはないし、奥さんがそんなことをしたなら
よっぽどのこと。奥さんがつらくないようにするのが一番。
別にお前に面倒見てもらおうと思ってない」「名字は他人と区別する記号に過ぎない」
と言われたとのこと。

誰も憤りを共有してくれないので父は拍子抜け。
そんなものかしら…と思いながら妻と子のいる家(山田家)に帰ったところ
母は勝手なことをした自分を責めて憔悴していたらしい。

464 :終わり:2011/07/15(金) 16:29:26.24 0
収まらなかった。すみません。

その後のことを父が話すには
「お母さんはものすごく謝ってたよ。でも考えてみたら、
あのばあちゃんにやいやい言われたら
誰でも耐えられないなあって思ったから、別にいいよって言ったよ。
●●家なんてものにこだわるほうがおかしいし。年度末に会社でも
名字を変えた」とのこと。

両親は今も仲がいい。母は大人しい穏やかな人なので、
勝手に養子縁組したなんて聞いてえらくびっくりした。
私の夫は、もし私が母と同じことをしたら離婚しそうだ…。

465 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 16:30:07.33 0
>>462
「秘密」のスレなのに、秘密ってほどじゃないってどういうこと!?
前置きすれば何言ってもいいと思ってるんかい。

466 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 16:36:23.09 0
>>465
ああすみません。
私は大人になって聞かされて驚いたけど、
人が聞いたらたいした話じゃないかもな…と思って前置きしました。

親や祖父母にとっては「秘密ってほどでもないけど、あえて話さなくてもいい話」
という感じみたいだったみたいで、ほかの兄弟は聞かされていませんでした。
ロムに戻ります。

467 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 16:39:58.67 0
大人になって詳細を知ったということでそ
そんなにカリカリせずともいいではないか

それよりも、70over父の父親が
姓名や家の跡取りのこだわりが微塵もないようなところがびっくりだよ
珍しい気もするし、昔の人の胆力を思えば当然かもとも思う

468 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 16:55:27.46 0
リロードって大切…

>>466

469 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 18:02:10.84 0
実際、父親の家が大した家じゃなかったから別にいいんじゃないの
普通に最初からたっぷり結納金積めば婿養子もOKしてくれた感じもするけど

470 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 18:21:21.50 0
子供が、自分が唯一の男子だから跡を継がねば!と心中燃えたぎっていたりしても
案外親の方はさばさばと、家のことは気にするな、好きな道を歩めと軽く言ったりするがw
そんなパターンかな

471 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 18:24:44.58 0
そうそう
大した家の出じゃない男が職場で苗字変えたのがバレるのに抵抗あるだけだったりするんだよね


472 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 20:47:57.37 0
父親実家が長男教だったら家庭崩壊だったかもね
よかったわ

473 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 22:45:32.56 0
>>467
私も、それについても驚きました。

父方の祖父は、当時珍しい恋愛結婚をした人だったので
自分の子と妻も円満に行けばいいと願っていたのかもしれません。
祖父は、数年前に104歳で亡くなりましたが、いまにして思えば妙に現代的な人でした。

父いわく「自分がまず愛さなければ、人も愛してはくれないのだ」とか
「子どもが悪いことをしたときは、やみくもに叩いたり怒鳴ったりしてはならない。
罰を与えるときも、愛をもって与えなければならない」等々、
愛について語ることがよくあったようです。
明治生まれの職人なのに「愛」なんていう言葉を知ってたのが不思議です。

ちなみに私の両親の実家はどちらも、当時の田舎の基準からすると
金持ちでもなければ貧乏でもない普通の家同士だったようです。

474 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 23:02:10.34 0
養子縁組みして同居してからは、毒な母方の祖母と婿父は仲良く過ごせたのかな?

475 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 23:16:44.50 0
>>474

膿家脳の祖母からすると、大学出の父は自慢だったようで
(ちなみに母も同じ大学出なのですが、女なのでそれは無視)
うちの婿は、おたくの中学しか出てない息子とは違うから!と
酔っては近所に自慢していました。
なので祖母のせいで父は近所に敵視されて大変でしたが、
祖母と父の直接のいさかいはありませんでした。
祖母がヒステリーを起こすと、父は自分の部屋になこもることはありましたが…。

ちなみに母方の祖父は、悪妻を止められないながらもまじめないい人で
(姉は「ソクラテス」と呼んでいました)、父とは仲良しでした。


476 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 23:27:48.33 0
>>473
成程納得

それにさらっと書かれているけど、享年104歳ですか
数えだと享年106歳だけど…
凄いなぁ
明治男かな?
たまにものすごーく進歩的な人がいたりするのが、
明治と言う時代の面白いところ
人に歴史あり、を地で行ってるなぁ

477 :名無しさん@HOME:2011/07/15(金) 23:34:26.17 0
享年と頭につけるなら後ろに歳はつけないよ
正しくは享年104、享年106

478 :名無しさん@HOME:2011/07/16(土) 12:10:13.91 0
ありがとう
一つ賢くなった
てか、今まで知らずにいたのがハズカチーw

479 :名無しさん@HOME:2011/07/16(土) 19:14:58.37 0
私もw

ここ見てると私のなんて家族の秘密ってほどじゃないかもだけど
母方の祖父がバツイチで、最初の結婚は婿養子になったけど家業がきつくて家出して離婚

数年後、祖母と出会い再婚したんだけど、離婚する前に住んでいた前妻実家のすぐそばで暮らしていた。

母には腹違いの姉がおり、気が付かないだけで町内ですれ違っていたらしい
腹違いの姉の物心付く前に離婚していたから、腹違いの姉も祖父に気が付く事は無かったけど

家出して離婚したんだから少し離れた所で暮らそうとか考えないものか…
変わり者のじいさんだったからな…。

480 :名無しさん@HOME:2011/07/18(月) 00:04:22.08 0
両親が不倫略奪婚だったことを知った。
母が私の兄を妊娠したのをきっかけに前妻に土下座して離婚してもらって父と即再婚。
養育費も慰謝料も受け取ってもらえなかったって言ってるけど、
親戚に聞いたところによると「生まれてくる子どもを口実にして泣き落としに出て払わなかった」が正解らしい。

私の両親は死後は地獄に落ちると思う。

481 :名無しさん@HOME:2011/07/19(火) 09:24:15.37 0
土下座して、ってのも嘘なんだろうな…

そういうのは知りたくないよね。墓場まで持っていって欲しい。

482 :名無しさん@HOME:2011/07/20(水) 11:50:06.27 0
せめてお金がきちんと済んで謝罪したおしてたら
親戚も子供に伝えたりしなかったと思うな

483 :名無しさん@HOME:2011/07/20(水) 12:30:27.79 O
そういう誠意のある人は略奪デキ婚なんかしないかも

484 :名無しさん@HOME:2011/07/20(水) 20:00:35.07 0
養育費ってことは子どもがいた人から奪ったのか
それも親戚から聞くって真性だね

485 :名無しさん@HOME:2011/07/29(金) 02:03:12.19 O
兄がアスペだった事。
中学からニートになったのはそのせいか。
下着が無くなったり、靴下をハサミでザクザクも最近知った。
部屋の壁や段ボールがボロボロなのはアイスピックで刺した後だとか。

気の強い姉が嫁ぐ際に、何かあったら裸足で逃げろ自分の身は自分で守れと教えてくれた。

486 :名無しさん@HOME:2011/07/29(金) 02:05:00.33 0
>>485
アスペにはそういう症状ないんだが…
他のもっとやばい病気を併発してるんじゃね?

487 :名無しさん@HOME:2011/07/29(金) 09:44:26.37 O
>486
勉強してる姿は見ないが成績はよく、真面目で口数が少ない、友達も少ない、返事しない、家族旅行でも友達でも部活の大会でも当日ドタキャンしたりする。
アスペと診断されてたよ。
気の強い姉と兄は年齢が近くて、返事しないドタキャン等でよく姉兄喧嘩してた。
昔、姉が拾ってきた子猫が部屋でお尻からウンコ垂れ流して這いずり回ってグッタリする事件があった。
気付いて病院に駆ける姉と母。シレっと見えなかったからちょっと踏んだだけとご飯食べる兄。
姉への嫌がらせだったようで。
他の併発してるのかな?
姉の性格がお節介なジヤイアン的で家族の中心だった、いなくなると、ちょっと怖くなる。
当日の猫は、回復。部屋は私のorz

488 :名無しさん@HOME:2011/07/29(金) 10:40:02.95 0
猫が回復してよかった…が、部屋はホントにお気の毒
ベッドと壁のギリギリの隙間に猫●がなすりつけられて、涙目だった自分が言ってみるw

両親は何の対応もしていないのか?
それだけは他人事ながら心配だよ

489 :名無しさん@HOME:2011/07/29(金) 12:49:54.60 O
>488
ありがとうw
両親の苦労は、私の理解を越えてるよ。
母は、アスペ親の会や市の機関へ勉強に。せめて高校だけはと2部制の高校へ通わせ失敗。
父は、無関心装っててもコネで簡単な事務業だけのバイト進めるも生返事で終了。
新聞やテレビの事件になると怖いよね。

490 :名無しさん@HOME:2011/07/29(金) 13:03:45.29 0
アスペじゃなくて自閉症だけど
友達の妹が自閉症で、遊びに行った時にお母さんが出て、腕に青い痣や歯型がくっきりついていた…

障害者の世話って計り知れない苦労があるね

491 :名無しさん@HOME:2011/07/29(金) 13:40:16.40 0
>>485
それアスペじゃなくて統合失調症・・・

492 :名無しさん@HOME:2011/07/29(金) 23:39:08.83 0
アスペ云々よりもっとそういう事実は教えて
姉妹二人で逃げればよかったのに。

493 :名無しさん@HOME:2011/07/30(土) 17:00:41.76 O
うちの親はデキ婚や結婚前提であっても同棲は認めない、したら縁切りとのたまう人間。

その親は父が既婚者であることを隠して母と付き合いはじめ、既婚者であることが母にバレた時1度別れたらしいけど父が前妻と離婚後復縁して駆け落ち上京。
そこから姉が生まれ保育園に入るまでの5年間同棲していたことを最近知った。

どの口がそんなこと言えるの?と呆れ果てた。
同じ苦労はさせたくないという気持ちがあったとしても自分のしたことを棚に上げきった態度に腹が立つ。

494 :名無しさん@HOME:2011/07/30(土) 17:33:23.26 0
自分が失敗して、いろいろ苦労したから、子供にはそんな苦労はさせたくないという親心か

自分は何をしても許されるんだよ フンッ 子供らは、俺に恥をかかすんじゃねーぞ

のどっちかだろう。

495 :492:2011/07/30(土) 20:08:07.49 O
>>493
間違いなく後者でしょう。
親は絶対である、という態度で上から目線なのに何か失敗したり明らかに親が悪くても「親だって人間だ(だから失敗だってある)」という態度ですから。

496 :名無しさん@HOME:2011/07/30(土) 21:34:42.77 0
>>493
スレ違いだけど、出来婚でも結婚前提でも籍入れてから住んだほうがいいよ。

497 :名無しさん@HOME:2011/07/31(日) 00:28:09.31 O
父方のじいちゃんと血が繋がってなかった事。
ばぁちゃんが父ちゃんを連れてじいちゃんと再婚。
しかも玉の輿略奪婚だったらしい。
通りでじいちゃんの連れ子であるおばちゃんが我が家を何かと敵視するワケだ。
と、大人になって納得した。


498 :名無しさん@HOME:2011/07/31(日) 23:13:32.16 0
>>485
本当にアスペルガーの診断が出てるのなら、対処法が根本から間違ってるんだと
思うよ、それ。親が、親の会だの市の機関とやらに勉強に行ってても、何も
フィードバックされてない状況だと思うけど。基本的に、理不尽な事、筋の
通らない事は理解しにくい傾向があるので、「コネで」はまずかったね。
正面切って反論しなかっただけ、当りが柔らかかったと思うけど、父親に
大して不信感を持たせたかも。

中学校からニートってことは、多分、人間関係がうまくいかなくなってだと
思うけど、それを解決する手段が分からず、誰からも教えてもらえず、にっちも
さっちもいかなくなって、鬱屈する感情を抑えられなくなって物に当たって
いるんだと思う。物に当たって何とかなっているうちに、本人を専門の機関に
診せたほうがいいと思うが。





499 :名無しさん@HOME:2011/08/01(月) 10:36:04.01 0
>>495
民法や人として最低のルールすら守れなかった男から生まれた子供が
親の言うことなんか聞くと思ってんのかって言ってやれwww
不倫チンカスのくせに子供に説教する親とかキモ過ぎるわ。

500 :名無しさん@HOME:2011/08/01(月) 17:58:01.59 0
祖父は戦前、旧満州で働いていた。そこで終戦を迎えた時に
祖母と生後間もない子供(自分の親)と3人で日本に戻って来た訳だけど、その際現地の人に
子供は一緒に連れて日本まで帰るのは困難だから引き取るよ、と言われたらしい。
それを断って親子3人どうにか日本まで帰ってきた事を知った時、本当に感謝した。
もしそこで父を置いて行ってたら父は残留孤児だし、自分も生まれてなかった訳だから。

501 :名無しさん@HOME:2011/08/04(木) 08:00:43.83 0
>>491
だよね

502 :名無しさん@HOME:2011/08/18(木) 11:55:26.47 0
保守

503 :名無しさん@HOME:2011/08/20(土) 21:32:00.90 O
最近知ったこと、どちらかは書けないがウチの親は自分が生まれる前に車の死亡事故を起こしたことがあるとか。

原因は急な飛び出しってことで大きい処罰も受けずに普通に今も仕事して生活してるが若いときは苦労したんだなと。
これを聞いてから立派な社会人になっていつか恩返ししたい。

同じようなことあった人いる?

504 :名無しさん@HOME:2011/08/20(土) 21:39:56.54 O
誰だかよく分からないが、一応親戚だと思ってた人は、実はじいちゃんの妾の子供だった。
それを普通に親戚扱いしてたばあちゃんはスゲェ。

505 :名無しさん@HOME:2011/08/20(土) 21:40:29.29 O
503だがいろいろあっても本当に苦労して育ててくれた両親に感謝したいしいつか恩返ししたい。ちょっと言葉足らずで誤解されそうだったから書いとく。

あと亡くなった方のご冥福をお祈りします。

506 :名無しさん@HOME:2011/08/20(土) 22:04:14.61 0
さすが人殺しの家系は言うことが違うな

507 :名無しさん@HOME:2011/08/20(土) 22:47:24.81 0
さすが鬼畜は言うことが違うな

508 :名無しさん@HOME:2011/08/21(日) 08:53:40.77 0
いやさ、家族が交通事故で亡くなった人だって見てるだろうこういうとこで
それはどうよ?なんか急な飛び出しとか亡くなった人の過失みたいにサラっと
書いてるけど何があったか>>503は知らないんだしさ。

509 :名無しさん@HOME:2011/08/21(日) 11:29:35.11 0
ぼかしてるけど飛び込みだったんだろうと思って読んでた。

510 :名無しさん@HOME:2011/08/21(日) 11:53:04.54 0
あるいは突き飛ばされた人を間に合わずにはねてしまった、とか

511 :名無しさん@HOME:2011/08/21(日) 15:32:51.75 0
急な飛び出しだったって言うに決まってるでしょう
親の言い分を鵜呑みにして不幸な事故として正当化してるのがちょっと・・・・・・って思う

そもそも轢き殺されてしまった被害者は弁解できないんだからさ
目撃者がいなければ状況証拠でよっぽどのことがないと生き残ってる加害者の自己に有利な言い分が通るんだよ
そういうの含めて503にはもやもやする

512 :名無しさん@HOME:2011/08/22(月) 19:31:14.53 0
余所見してたり居眠りしてた奴だって
被害者が急に飛び出してきたとか当たり前のように言うからね
見てなかったんだから急に飛び出してきたように思えるよな

513 :名無しさん@HOME:2011/08/22(月) 19:56:56.86 0
自分の過失で人の命を奪ったのなら苦労は当たり前かと…
育ててもらった恩返しの親孝行とはまた別にして考えたほうがいいんじゃ。

514 :名無しさん@HOME:2011/08/22(月) 20:09:26.53 0
過失とはいえ人を殺したせいで苦労したけど今度は幸せに・・・・・・なんて口が裂けても言っちゃいけない
亡くなった人や遺族の苦痛・苦悩は503や503親の比じゃなくて
いまだにひきずっているかもしれないのに

515 :名無しさん@HOME:2011/08/22(月) 20:47:55.65 0
近所の交通死亡事故現場に毎日線香を上げにくるおじさんがいた。
被害者は青年で、お父さんかな?と思っていたけどとうやら加害者のようだった。
時には奥さんも一緒に来て花を交換している。

その加害者夫婦にも子供がいるけど、子供は見たこと無いや。


516 :名無しさん@HOME:2011/08/24(水) 00:41:22.10 P
>>515
なんていうのかよくワカランが、ソコに子供は来なくていいと思う
被害者遺族に、加害者を恨む余地を残しておくというか、なんというか
加害者の子供にまで線香なんかあげに来られたら恨めないっつーか
遺族が青年を無くした年老いた親だったら、加害者の元気な子供なんか
見たくないし、線香なんてあげていらんと思う

517 :名無しさん@HOME:2011/08/26(金) 17:37:32.70 0
●●水俣病−小和田雅子祖父、チッソ江頭豊のしたこと●●
 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4444/surf18.html
江頭豊の責任:
1.水俣病の原因が工場にあると知りながら稼働し続けた。
2.患者や家族に謝罪したが補償に応じようとはしなかった。
3.謝罪した後も悪質なデマを流し患者や家族を冒涜した。
4.患者や報道カメラマンを暴力集団に襲撃させた。(チッソ会長時代)
◆外交機密費小和田氏に対する疑惑
 http://mentai.2ch.net/seiji/kako/993/993803637.html
特定アジアに対する謝罪外交の道筋を作ったのも小和田恒条約局長と土井たか子
 http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/f498b6d23fc6578c8328b1187d1c605c


518 :名無しさん@HOME:2011/08/26(金) 17:48:58.30 0
■水俣病と雅子の関係■
http://www.asahi-net.or.jp/~pb6m-ogr/ans064picMinamata.jpg (ユージン・スミス氏'72年撮影)
ほぼ同時期の小和田姉妹('71年雅子8歳誕生日)http://www.atc.ne.jp/seikindo/hyoushi/masakosama70.jpg

チッソ社長を退いてその上の会長職についた江頭豊は、さらに悪どくなった。
患者や支援者、報道カメラマンを暴力集団に襲撃させた。(チッソ会長時代)
暴力団は、会社の敷地から出てきて、襲撃後ゲラゲラ笑いながら敷地内に戻っていった。
(会社側が雇ったのでなければこうなるはずがない)

《参考資料1:ユージン・スミスによる「襲撃」の証言》


519 :名無しさん@HOME:2011/08/26(金) 17:50:03.42 0

《参考資料1:ユージン・スミスによる「襲撃」の証言》
攻撃開始。最初にやられたもののうち私はもっともひどくなぐられた。
いや、たぶん私のカメラはもっとひどくやられた。最後の1枚は、できの悪い手ぶれだが、
左の男はその瞬間、私の股ぐらを蹴りおえ、カメラを取ろうと手をのばしているところ。
右の男は私の腹をねらっている。
4人の男が私の手足を取って、ひっくり返った椅子の足の上を引きずり、別の6人の手に渡し、
今度は、私の頭は外のコンクリートにたたきつけられた。
ガラガラ蛇の尾を持ってたたきつけ殺すあのやり方だ。そしてゲートの外へ放り出された。
目がくらみ、私はふらふらしながら起きあがる、殺してやりたいほどの怒りに震えながら。
ガラガラと閉まるゲートの向こうに暴徒は腕組みをして立ち、笑っていた。 (写真集『水俣』P95)

水俣病を命がけで取材し、世界に報じた報道写真家ユージン・スミス氏は、
この襲撃時に片目失明の重傷を負い、6年後、このときに受けた脳の傷が元で亡くなっている。
なおチッソが襲撃事件(五井事件)後に出した声明は
「ユージン・スミスはヒステリックになり自らを傷つけた」である。



520 :名無しさん@HOME:2011/08/26(金) 17:51:47.58 0
《参考資料2:水俣の「怨」の旗 ↓オカルト板では怖くて見られないと評判なので閲覧は自己責任で》
ttp://www.soshisha.org/soshisha/shokuin_page/hirotsu/on_no_hata.htm
その江頭豊氏は、雅子にとっては同居してた仲の良い「おじいちゃま」
また雅子は、世論が水俣病について触れると「おじいちゃまが悪く言われた」と言った。
(ソース:河原敏明著『美智子さまから雅子さまへ プリンセスへの道』ネスコ,1993年 p82〜83より)



521 :名無しさん@HOME:2011/08/26(金) 17:54:20.10 0
●●水俣病−小和田雅子祖父、チッソ江頭豊のしたこと●●
 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4444/surf18.html
1.水俣病の原因が工場にあると知りつつ稼働続行。
2.患者・家族に謝罪したが補償に応じず。
3.謝罪後も悪質なデマを流し患者や家族を冒涜。
4.患者や報道カメラマンを暴力集団雇って襲撃(チッソ会長時代)。


女性自身2007/09/25号 雅子さま(43)「愛子(5)を天皇に…」
小和田家の知人が明かす未来≠ヨの「切なる願い」
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070918180821.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070918180738.jpg


522 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 11:03:52.92 0
母の死因が乳癌だったこと。

当時7歳だった私には知らせぬままズルズルと18年間。

母の姉が乳癌になり、その時に始めて知らされた。

おいおい癌家系かよ


523 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 11:07:27.14 0
がん検診はこまめにな
マンモーとエコーの二本立ては必須

524 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 12:35:38.77 0
>>522
今のうちにがん保険推奨 発見が早ければ大丈夫だ

525 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 15:30:07.70 0
13才上の姉(既婚・私立中高・高偏差値大卒)と比べて、自分と1個下弟に親がお金をかけてくれていないので毒親だと思っていた。2chにかぶれて、俺と弟は搾取用かよwwwくらい思っていた。

進路相談をしたら国公立・奨学金にしてくれと言われて、キレて、昨日の夜母親本気でけっちゃったww

姉に八つ当たりの電話をかけてわかったこと。

俺・弟、あと知らなかったが8歳上の兄(がいた)は、父の弟の子だったwww
その8歳上兄が、心臓病・知的障害のダブルパンチ。ずっと施設。
兄の手術代で、親の遺産はすっからかんw
むしろ交通事故の加害者で借金まみれw
子供がいない、もう1人の伯父が俺と弟を当初ひきとった(1歳・0歳ごろ)
伯母が育児ノイローゼになって、3歳と2歳の時に、親父とお袋に丸投げしたっぽい

姉に金がかかっているのは、母方祖父母が裕福で、ただ一人の孫として溺愛しているから(結婚の時にマンソン買ってもらっているw)

そういう事情で、養子でなく里子だったよー

526 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 15:33:28.32 0
昨日は友達の家に泊まったが、家帰れないよ。

兄貴の医療費総額とか、家1軒立つくらいかかったとか、姉にはサラっと言われるし。
そりゃ、俺と弟に大学行きたきゃ、国公立・奨学金だよな。

はああああどうしよう。
母親骨折してるっぽい。

考えてみれば、金をかけた以外に姉とは差はなかったと思う。
昨日まで、本当の親だと思っていたくらいだから、毒親のわけないよな。
母方祖父母だって、普通に本当のじーちゃんばーちゃんだと思っていたし。
自分が、厨だっただけだよな。
帰れないよー。

527 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 15:41:15.87 0
とりあえず家に帰ってお母さんに謝れ。時間が経つと余計に帰りにくくなるから。
今まで知らなかったんだったら、周りの人は本当に大事にしてくれてたんだと思うよ。

528 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 15:44:42.04 0
兄貴のことで君が気に悩むことはない
自立したら本当の親と思って孝行すればいいさ

529 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 15:49:45.20 0
高校も行きたかった私立、遠いからダメって言われてさ
この1年半。親にすげーひどいこと言っていて
母親怪我させて、どうやって謝ればいいのかわかんないよ

弟に連絡入れたら、入院しているって
どうしよう

530 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 16:02:30.38 0
あなたはまだ子供で 知らなかったんだから仕方ない 教えなかった親も悪かった
病院に行って土下座しておいで そして全てを知ったことを告げてこれまでありがとう、って言って
国公立奨学金で18で行けるだけ幸運なんだよ 世間には偏差値45の愚鈍長兄をバカ私立に
入れるために偏差値70の国立を諦めさせて働きに出されて遅れて進学する女子もいる
これが実の親だよ? 18で行かせてもらえるなんて十分慈悲深い里親だって

531 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 16:18:07.51 0
姉からメールきた

2chに書いている暇あったらwww
母の代わりに姉が鉄拳制裁下すから
姉宅に坊主頭で出頭せよだって

たぶん、ぼこぼこにされるけどいってくる!


532 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 16:41:45.08 0
ぼこぼこで許されるんなら軽いもんだ。
奨学金でも学校に行かせてくれるんだよね。
(偏差値が足りないとかは勉強頑張れ)
いいご両親やお姉さんやじっちゃんばっちゃんじゃないか。

533 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 16:52:54.85 P
いい姉じゃん おまいが大概な厨だってのが姉の発言で
よくわかるわ

普通言いにくい事ズバッと言われてる辺り、直球しか通じないんだろ
仮にいくら差別されてたって親蹴ったりしねぇよ

歯の一本も折られて来い 話はそれから

534 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 17:11:29.09 0
>2chにかぶれて、俺と弟は搾取用かよwwwくらい思っていた。
働いていてそのお金を徴収されっぱなしならわかるけどバイト代も全額没収
されてたの?

あとここVIPとかじゃないんだからwwwとか草はやすのやめたら?
暴力振るって骨折しているかもなのに草はやしている場合じゃないでしょ。

反省しているなら当分2chは見ないほうがいいよ。

535 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 18:41:32.16 0
国公立・奨学金って別に理不尽でも何でもない事言われて
骨折するほど蹴るって・・・・・・

国公立に行ける頭が無いなら、とっとと就職しろボケ


536 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 20:24:25.84 0
どんだけ強く蹴れば骨折するんだ。

坊主で済むと思うなよ。自分が親なら情けなくて死ねる
兄弟なら奥歯無くなるほど殴るわ。

537 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 21:09:09.03 0
申し訳ないと思う気持ちが残ってるなら、首でもくくれば?
良くもまぁ、けっちゃったwwwなんて書けるよ
タヒねよ、まじで

538 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 21:18:26.41 0
でもさあキチンと説明してないなら
そういうお祝いごとも誰から金貰ったか分からない様にするべきだよね。

怪我負わせたのは問答無用でわるいけど

539 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 22:05:38.45 0
血の繋がらない子たちを、兄弟バラバラにせず一緒に引き取って
育てたんだから、すごい母さんだよ
男の子の幼児一人だけでもヘトヘトになるのに、年子で二人も
別の伯父も、引き取るのが一人だけだったら何とか育てられたかもしれん

540 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 22:28:49.71 0
ゆとり以下だな、凄い馬鹿を見た…

541 :名無しさん@HOME:2011/08/30(火) 22:59:31.13 0
まぁ、まだ18なんだから。でもかっとなって暴力はもう絶対だめだぜ


542 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 00:15:08.24 0
18のアホな子といえ、女、それも母親を蹴り倒して病院送りにするなんて男のクズだぞぉ。
姉者から北斗百裂拳を食らっても仕方ないぞぉ。
いついかなる時も女には優しくするんだと死んだじっちゃんも口を酸っぱくして言ってたぞぉ。
その割には若い頃よく泣かされたって婆ちゃん言ってたが・・・まぁそれはいいとして、
家の事情はともかく、まず暴力を働いた事は謝るんだ。そして五体満足になるまで労るんだ。
その上で今後どうするかよく話し合うんだ。

543 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 00:26:16.78 P
いやもうフルボッコはいいから、全部ループだしw
なんでもいいから>>531が事の顛末書いてくれればそれでいい

544 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 00:45:16.14 0
「子供だから悪い話は耳に入れないように」ってのはやっぱりダメなんだな。
蚊帳の外に置いたら生き別れの毒親にドリーム抱いて食いものにされちゃった、
ってのが定番だけど、こういうのもあるのね。
身の程を知って小さくなって生きるのは可哀想かもしれないけど、あらぬ被害
者意識を持つのはもっと可哀想だよ。

545 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 07:15:56.84 0
父親じゃなくて母親を蹴るところがまたクズだしな。
反省してるのも金持ってるのは母方祖父母だと知ったからだろ。
これを機会に両親の離婚問題に発展しそう。

546 :525:2011/08/31(水) 08:00:31.13 0
姉宅のドアが開いた瞬間
リバースするほどの蹴りを一発目でもらいました。

姉宅には、海外赴任中の父が戻っていて
姉から猛烈なビンタと父から鉄拳もらっています。
今日、施設にいる兄に会った後、母の見舞いに行きます。
報告は、戻ったらします。

俺が馬鹿でした。

547 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 08:29:41.72 0
頑張れ。

548 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 08:39:17.11 0
>>546
お母さんに謝ってお父さんにお願いしてお姉さんに口添えしてもらって
なんとしても大学へ行くんだよ 石に齧りついてでもね
そして弟さんにもいい見本になってやれ 弟にも大学に行けるよう金以外の手助けしてやるんだよ

549 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 08:55:33.82 0
タヒねとか気持ち悪い

550 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 09:07:06.07 P
頑張って勉強しなよ。
まだ夏だ。いまからでも、8時間の睡眠だけ確保して飲食排泄清潔以外の時間を本気で勉強すれば国立くらいいけるよ。
勉強にはコツがあるけど、最終的にはやる気と集中力の力押しで凌駕できるから。

あと、大学受かっても奨学金とか最大限に利用してバイトにカマかけず学業を優先して高級取りになってね。
お金は大事だけど、それを得るためには時間と頭脳の投資が必要だよ。

551 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 09:15:16.81 O
>>546
骨折するほどの蹴りじゃなくてよかったじゃん

552 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 09:45:14.23 0
だな。母ちゃんに入れた蹴りはもっとすごかったって事だし。
親孝行しやがれ。

553 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 09:55:38.82 P
>>546 お!戻って北
結構叩かれてんのによくカキコしたな

やっちゃった事は無しにはなんないけど、これからが肝だからな

姉も父もオマエが大事みたいだし、ココの罵詈雑言は
リアルで他人が言ってくれない本音だと思えばいい薬じゃん


あ、今後は母ちゃんの奴隷確定な

554 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 11:12:52.05 0
正直伝えなかった親が悪いと思う

ざまあとしか思えない

555 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 11:21:09.96 0
血も繋がってない義弟の子なんか引き取りたくもなかったろうに
実子の育児で大変な中に2匹も追加で育てさせられて、
あげく恩知らずのクソガキに蹴られて骨折して入院か。
こんな粗暴なオス猿は施設に突っ込んでほっとくのがお似合いだったろうに、
なまじ義理堅いばかりに恩を仇で返されてかわいそうなオカンだ。

556 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 12:07:16.09 0
中学校入学辺りで戸籍謄本見る機会ありそうなもんだけど、今ってないの?
今回の件はバックボーンひた隠しにされてたのも一因だと思う。

557 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 12:46:21.77 0
初めて戸籍謄本を見たのは国家試験を受ける前だったな。

558 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 12:50:09.71 0
親の遺産という言葉があることから、実父は亡くなっていると思われる。
おそらく、交通事故の加害者という形で亡くなったと思われる。
実母も亡くなったの?
子供三人(兄は施設)を実母の祖父母や実母の兄弟は引き取ろうとしなかったの?
実母側の情報が無いね。

559 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 13:06:24.37 0
たった一人の実孫って母方祖父母に>>525姉さんが溺愛されたってことは、
>>525のお母さん、実の子が525姉のほかに産めたかも知れないのに
525の3兄弟のためにあきらめたのかも知れないな

560 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 13:55:38.23 0
13歳上のお姉さんなら、お母さんにはお姉さん一人しか出来なかった可能性もあるよね。
5歳差とかなら諦めた可能性の方が高そうだけど。

561 :525:2011/08/31(水) 14:52:17.88 0
実母は、実父と同時に事故で亡くなっています。

現母はバリバリ仕事している人で、仕事と家庭の両立ってことで、子供は1人って決めて、実子は姉のみ。

父の弟(実父)は、1人目が自閉症+心臓病で長いこと1人っ子。俺と弟が生まれる前、かなり重症に陥り、もう長くないっていうので俺と弟が生まれた。

両親が亡くなって、残された子供がどうするとなった時、兄は父方祖父母、俺と弟はバラバラで実母実家と当初引き取った伯父に行くことになっていた。

562 :525:2011/08/31(水) 14:56:22.15 0
ただ伯母が、兄弟引き離すのはかわいそうとはっちゃけて伯父の家に揃って引き取られた。
理想と現実は違うというのは、現両親が伯父夫婦に相当注意したが聞き入れられず、伯父が激務で伯母が実質1人で育児して挫折。
そのころ兄が重症になっていて、手術をしないと生命にかかわる状態。
とんでもない高額医療費になる、兄は永遠の幼児。
俺と弟の先々、父方祖父母の今後の生活を考えて、
手術は諦めるように、寿命は自然にまかせるべきと両親は説得したが、
男の一番上の孫ってことで父方祖父母は自宅を売って手術。

兄の手術があって、伯母のフォローは誰もできず(父実家とうちは遠い)
伯母のノイローゼがひどくなった。
しばらく預かって欲しいという要請で、
俺と弟は今の家に。そのまま14年。
兄の手術は1回目うまくいかず、
かといって一度始めたらここで終わりにしますと言えず、
結局数回目で生きていける状態に。
足りなくて、母実家に借りた(これが家1軒)。

その時のいきさつがあって、父方祖父母とは疎遠。
伯父夫婦もお金は出さない、子供は育てられない。
相当な争いの末
父方祖父母の面倒を伯父、俺達兄弟は両親で決着。
(父方祖父母は今は亡くなっています)

563 :525:2011/08/31(水) 15:00:27.24 0
借りた金は、父が母実家に返済。
引き取られた当時、姉は高校生。
母は、仕事をやめ、資格取得(士業)しながら育児。
弟が幼稚園に上がる年に、再就職。
養子にしなかったのは、一度伯父夫婦の特別養子になっていたことと、
お金の関係だそうです。
戸籍上は伯父夫婦実子、その後里子になっているそうです。

兄に、父と姉と会いに行きました。
父のことをおじちゃんと呼んでいました。
姉のことは従姉のお姉ちゃんと認識していました。
病気のせいか、20代後半のはずなのに、
小学生くらいしか大きくなかったです。
「○君(俺)と○君(弟)は元気?」と姉に聞いていました。
これは挨拶になっていて、
俺と弟を覚えているかはわからないそうです。
兄の時間は、14年前から止まっているそうです。
手術後心臓以外にもあちこち体調の悪いところが出てきているので、
後は静かに天命を待つそうです。
兄がどこまで理解できるかわからないので、
両親の死を思い出す、
俺と弟の接触はできればしたくないと言われました。
(今回は姉の友達ということにしました)

564 :525:2011/08/31(水) 15:04:53.31 0
姉が言うのには
綺麗事に収めるために、
母が全部ひっかぶった。
「綺麗事も言うだけはタダ」
「自分の描いていた人生とはちょっと違ってしまったが、
父を愛しているので、
父が幸せと感じるように自分がしたかったらこうなった」
と母が言っていたそうです。

父も母と姉をすごく大事にしています。
いい年して仲が良すぎると思っていました。

父は、母と姉に対する愛情と俺と弟に対する気持ちは、
悪いけれど同じではない。
それで差別したり待遇をかえたりはしたことはないつもりだが、
それを俺が感じとって僻んだとしたら自分のせいだ。
もっと早くにはっきりしておくべきだったとも考えるが、
話すとしたら祖父母と実親と伯父夫婦を悪くしか言えないし、
受け止めるには相当なお金の話になるし、
重すぎるので成人まで待っていたそうです。

565 :525:2011/08/31(水) 15:08:18.50 0
大学は、母の現在の職と同じやつにつきたくて、
そっちに強い大学の推薦が取れそうで相談したのですが、
私学で遠いです(片道2時間)。
また、資格を取るのにダブルスクールが最低2年必要です。
父は、俺と弟の大学費用の予算を決めていて取ってあるそうです。
今までの俺と弟の手当てを手つかずにしておいた分に少し足してある金額でした。
奨学金を足すと、家から通えば私学でも足ります。
俺が真剣なら、ダブルスクールの費用は、姉が貸してくれるそうです。
両親だと俺がまた甘えるからお父さんは貸したらだめだと父に言っていました。
ただし、絶対推薦を取って、今後の俺の態度次第といっていました。

母が許してくれるかどうかは
父も姉もわからないそうです。

家族で母だけが小柄で、自分より30cm以上でかく体重も倍近い俺に
母を狙ってではなく、本当は横にあった置物を蹴るつもりだったのですが(それで加減できませんでした)
怪我するほど蹴られた恐怖が残っていたら、今まで通りとはいかない。
覚悟して謝れと言われました。

これから行ってきます。

ごめん、さすがに母が許してくれなかったら
これ以上書きこめない。

ですますと言い切りごっちゃで読みにくくてすみません。
直している時間ないから報告まで。


566 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 15:39:26.11 0
>>565
とりあえず許してもらっても貰えなくても
「物に当たる行為もDVに相当する」ってことだけは覚えとけよ。

567 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 15:58:44.80 0
>>525おかえり。
ちくしょう、涙が止まらん。
お姉さんがムエタイレベルの蹴りをかましたくなる気持ちがわかる。

あと、>>565で気になったんだが。
もし狙っていた置物を蹴っていても、母親の恐怖が薄れるわけじゃない。
他人を怖がらせる目的で、物を壊したり壁を叩いたり暴言吐いたりするのも、立派な「暴力」なんだぞ。
それはきちんと肝に命じて、誠心誠意謝ったあと、真っ当な行動を心がけてほしいと思う。

568 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 16:19:30.88 0
しかも蹴った後に手当てもしないで逃げてるし。
ただ母親の自業自得な部分もあるから何だかなぁ。
汚い事を綺麗事で収めようとするとどうしても歪みが出るんだね。

569 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 16:24:51.16 0
全然普通の両親(養母)じゃん。なにが搾取用だよ。
蹴ったあと手当てもせずに逃げて2chで草はやして書き込みして。
蹴るつもりはなくても物を蹴ったり殴ったり威嚇するのは暴力と同じだよ。

570 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 16:52:59.79 P
親族里子にして里子の養育手当には手をつけずに残してくれていたんだな。
養子にしてしまうと養育手当は出ないので経済的に余裕がない親族が
血縁の子を引き取る時によく使われる方法。
行政側も子どもが血縁者の元で育つ方を優先させたいというのが基本なので
普通の里子と違って親族里子の認定は早めにおりるようになっている。
育てのご両親はいい人達だよ。
厨二全開で反抗心を向けられるほどにしっかり育ててくれた。
とにかく誠心誠意謝って次に続く弟が辛くないように
しっかり勉強して稼げる普通の大人になってね。

571 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 17:13:05.49 0
正直、もう放り出されても仕方のない事をしてしまってる
知らなかったって言い訳してるけど、卑屈になって内に不満を溜め込まずに、自分から聞いてみれば良かったんだ
どうして姉と待遇が違うのかって
教えてくれなかったんだも〜ん、じゃ済まないよ
しかも今すぐ就職しろとか、出て行けとか言われた訳じゃないんだ
大学自体は行っていいって言われてるんだ
バカじゃね

572 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 17:16:13.19 0
誰のことも悪く言わなくても、里子だということだけは伝えられたと思うけどなー。
「父母共に亡くなっていて、遺産がほぼない」
これだけでも用が足りる。

父母も姉も、全員でこの子(と弟)をつんぼ桟敷にしたからこその結果。
相手を子供扱いするから(図体はでかいけど)子供の癇癪起こされるんだよ。

573 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 17:24:13.59 P
>>572
今の形の養育体制になるまでに
相当なゴタゴタがあったみたいだから
子ども達はしっかり育ててきたものの
そうやって事実だけを端的に伝えられるほどには
養父母の心の整理もついてなかったのかもしれんね。
それに「父母共に亡くなっていて、遺産がほぼない」 だけで
この子が納得したとも思えない。
なんでなんで?なんで死んだの?なんで遺産がないの?と聞いてきて
そこを教えてもらえない限りは今と同じように
無駄な不満を抱えてどっかで爆発しただろうね。

574 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 17:28:35.31 0
お兄ちゃんの入院手術費に消えたって説明しないといけないんだよね。
何で見も知らぬお兄ちゃんだけ?!って思わせないように説明するのも難しそう。

575 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 17:47:29.75 0
反抗期をちゃんと(養)父母に向けられるように健全に育てて
里子養育手当に手をつけずに大学へ行ける様に
教育費として残してくれた 立派な(養)父母さんだなぁ

576 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 17:49:55.48 0
釣れた、釣れた って宣言してくれないかな?
>>525 親が気の毒すぎる

577 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 21:11:58.21 0
お姉さんもいい人だな

578 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 21:20:57.25 O
まわりがいい人だから甘えてられたんだろうね。

579 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 21:25:01.19 0
甘いこといってるけど普通に傷害事件の被害者と加害者だよな。

580 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 22:12:14.07 O
相手が父親でも暴れてたんだろうか?
暴れてない気がする

581 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 22:33:22.08 P
かあちゃんよりも30cmもでっかいぐらいに
元気に育ててもらったのに
ず〜っと幼稚園児くらいの気分で
暴れてダダこねればどうにかなると思って
自分の図体も考えずに大暴れして大怪我させたバカ


582 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 22:46:59.68 0
姉・父と母方祖父母はこの兄弟を割と本気で憎んでる部分があると思う。

583 :名無しさん@HOME:2011/08/31(水) 23:29:14.55 0
>>52は確かに複雑な生い立ちだとは思うけど言動や考えが幼すぎるただのデカイガキだね
しかも人や物にあたるなんて本当に最低だよ
実の両親と疑わないくらい今まで育ててくれたんだし養父母は充分>>525のために頑張ってるんじゃないの?
嫌なことや不幸を周りのせいにしないで自分がしっかり反省して変わっていかないと駄目だよ
こんなところに張り付いてないで改心して家族に謝って勉強頑張りな

584 :名無しさん@HOME:2011/09/01(木) 09:07:06.77 0
2chにかぶれてたのは搾取云々のところだけじゃないだろうな

585 :名無しさん@HOME:2011/09/01(木) 09:40:21.76 0
語尾にwwwつけまくりも相当な2chかぶれだと思うが。

586 :名無しさん@HOME:2011/09/01(木) 10:26:08.57 0
母親を蹴って骨折させる男が何の「士業」に就こうと思ってたんだろうなぁ。
弁護士とか絶対やめてほしいわ。DV加害者の擁護平気でしそうだし。

587 :名無しさん@HOME:2011/09/01(木) 10:57:27.44 0
実の親子だし暴力もふるってないけど
2ch脳の息子つながりでこれ思い出した。
http://w.livedoor.jp/shuraba/d/%a5%b9%a5%ec6-27

588 :名無しさん@HOME:2011/09/01(木) 18:38:04.42 0
>>582
正直100パー許してもらえるかって言うと違うだろうね。
特に母方祖父母や姉はかなり複雑だと思う。そしてその感情が弟にも及ぶ危険が。

589 :名無しさん@HOME:2011/09/01(木) 19:41:03.77 0
罪滅ぼしに、独立するまでは母親の奴隷になって尽くせ

590 :名無しさん@HOME:2011/09/01(木) 22:01:46.74 O
血縁があるのは父親で母親とは血がつながってないでOK?

591 :名無しさん@HOME:2011/09/01(木) 22:31:00.01 P
OK つまり結構な金持ちの母方の血は一滴も流れてないwwww
父=叔父(血縁)
母=叔母(他人)だな

592 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 00:04:23.79 O
父親からしたら実の甥だけど母親は赤の他人。
母親、苦労しすぎ。

593 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 00:59:01.98 0
母、許してくれなかったのかな。

594 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 01:05:54.72 O
母親の容態を心配する書きこみはなかったね

595 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 01:08:00.57 P
まぁそこんとこはもう入院してるわけだから、どうでもいい
心配した所でなんも変わらんからな
蹴ったヤツが見舞いに行ってもそれは一緒だが

許してくれないからカキコに来ないんだろ

596 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 08:51:56.00 0
言い方悪いけど、飼い犬に手をかまれた、と心のどこかで思ってるかもなぁ。


597 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 10:52:36.94 0
実父母、長男が障碍者なのに、下を二人も産んだのは無責任。
まあ、長男が亡くなりかけたのが原因だろうけど、二人も産まずに一人で良かったのでは・・・。
自分たちは交通事故加害者で死亡、被害者が心配です。
なんだか計画性の無い人たちのように思われる。

>>525の叔母さんは、525兄弟や夫の親族に人生を狂わされたという感じだね。

598 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 10:59:25.60 0
それでも文句言わずに頑張ってたのね
でも本当の事言えば良かったのに…

599 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 11:10:39.75 0
私が叔母の立場なら、引き取った兄弟たちが物事を理解できる年齢になったら、事実を言うわ。
実の親子と思って、やってもらえて当たり前とか思われたくないもん。
いくら兄弟が幼くても、そこは一線引いてほしい。
叔母、偉すぎる。

600 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 11:11:53.56 0
>>595
どうでもいいって言いきれるのがすごいな。
骨折させたけど入院したらしいから心配しなくていいってもんでもないだろうに。

601 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 13:17:16.46 0
叔母は、どうして真実や文句を言わなかったんだろう?
叔父に文句を言ってたかどうかは知らないけど。
普通は、家庭内がぎくしゃくするよね、特に姉。

・叔父がモラハラ男で何でも押し付けるタイプで、叔母が耐えるタイプ。
・525兄弟が本当に心配だった。
・夫親族に弱みを握られている。

さあ、どれだ?

602 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 13:21:51.47 0
マジで兄弟を気の毒がって実の子と思っていたんだとは思う。
ただその分余計な苦労をしたんだろうなぁ。
姉は年も離れていたし、お金の心配もなかったからあんまりギクシャクすることもなかったのかもね。

603 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 14:04:38.50 0
>>564にある通り、叔母さんは本当に夫のことが好きだったから
525兄弟や夫の親戚のためというよりは夫自身のために
出来る限りのことをしてあげたかったんだろう。
一方夫も、自分の親戚を(他人の)妻に育てさせることを当然と思わず
ちゃんと妻と実娘を大事にしていたから順調だったんだろうな。

604 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 16:35:04.06 0
胸糞悪い話だなあ・・・

605 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 17:21:57.62 0
育ての母の体より自分の進学が可能かどうか気にしてるもんね
自分が無抵抗の女性に対して洒落にならないレベルの暴力をふるえる人間だって自覚と嫌悪感はないんだろうか
父や姉も育ちがよくて気づいてないのか動転してるのか分からないけれど
暴力が出る人間と出ない人間は同じ形のまったく別の生き物
一生治らないよ

606 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 17:26:23.83 0
大学はだしてやるってそれでも子として遇するといってるように聞こえるけど
本当は誤解でもここまで逆恨みする性格だから下手に追い出すより
里子を大学まで出した恩をしっかり着せて里子だからとか恨む隙をなくし
成人後に穏便に追い出すためだったりしないかな?
普通は事実を知ったら言われなくてもそうすると思うけどさ。
うるわしい擬似家族愛で騙さないと何されるかわからないからねえ。

親を躊躇せずに骨折させるほどの力で蹴る人でなしだよ?
私立でも実家から通っていいとか真に受けて甘えるずうずうしさまで持ってるし
ちょっと血筋のせいかまともな神経持ち合わせていないからねえ〜。
まだまだ世話になる弟のこと考えたら事件起こした自分は出て行くよね。
自分がかわいいだけの人間だから弟まで巻き込んでかわいそうに…

607 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 17:31:29.15 O
未成年の子供に事実を伝えなかったことがそんなにおかしいor責められるべきことかな?
成人するまで待つというのはまっとうな考えだと思うんだけど。

608 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 17:38:40.66 0
まともな人間なら別の親戚に保証人を頼んで遠くの県で就職するよね
図々しいにもほどがある

これで私学への進学認められたら「暴力を振るえば要求が通る」って思考になりそう
母を入院させといて丸く収まるもクソもないだろうと

里子にしといて正解だよ
養子にしてたらいざってときに実の子の姉を守れないかもしれないし

609 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 17:42:35.61 0
養子にしない理由
財産を渡す気ゼロ
まぁそれなりに区別はしてるよ

610 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 17:55:52.35 0
母を入院させた張本人が母と同じ職につきたいとかいうのも笑える
暴力をふるうってことの重大性が分かってないな

611 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 17:56:31.78 0
>>609
養子だったら、育ての親(叔父夫婦)の財産を相続できて
里子だったら、相続できない。

ということでOKなの?

612 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 17:59:24.05 0
おk

613 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 18:53:55.41 0
姉と比べて差別されてるといいつつ血縁の父親ではなく母親と同じ職に就きたいとかもうね
母方祖父母が裕福だからこそ金の流れ的に母親を押さえるのに必死
暴力で母親を支配して金を出させる気だったんだろう?まさにチンピラだよ
里子の話を聞いてより執着した感じがまた気持ち悪い

これを期に家庭内での立場をわきまえさせないともう後戻りできなさそうな人格だから
父親、姉が甘すぎて心配だよ…


614 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 20:22:43.58 0
暴力の件はあり得ないけど
実際姉と自分で進学とかにだいぶ差をつけられたらショックではある
姉のときから自分のときまでに父親が失職したのでもないなら
私も「なんで姉だけ・・・」って不満に思うだろうなー
当時は里子だって知らなかったならね
まあそれで親蹴らないけどさ

615 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 20:22:56.76 0
親と同じ職業就きたいが果たしてホントに親孝行かわからんしw

姉ちゃんも鉄拳ふるって解決したんだから
結構暴力家族なんじゃないの?

616 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 20:23:17.54 0
>>612
snks

里子でまだよかった。ちょっとだけ救われる。
もし養子だったら、男三人引き取って(一人は施設だけど)人生狂わされて
血の繋がりの無い子を育てたのに、怪我させられるわ
自分たちの死後、財産は実娘に全て渡らずに、三兄弟と四等分だわと思ったら泣けてくるよ。
いや、泣けてくるじゃ済まないだろうね。

で?
お母さん(叔母さん)の容態はどうなんだい?
その後の経過を知りたい。

617 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 21:44:04.37 0
解決してないし
だらだら2ちゃんに書き込めるビンタと鉄拳なんて知れたレベルじゃん

これ以上屑っぷりの報告はいらないから家から出て行ってやれよ

618 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 21:54:18.74 0
大学進学考える年とは思えない未熟な精神構造だな
この期に及んで「母親さえ許してくれれば」今後もどっぷり世話になろうとするとか信じられない・・・・・・

暴力ふるった自分を恥じないわけ?
甘ったれた進学の夢なんか捨てて土下座して兄と弟のことを頼み込んで独立しろよ
それで少しずつでもお世話になった分仕送りで返すのがまともなやりかたでしょうよ

619 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 21:57:56.20 0
暴力に味を占めそうって意見があるけど私も同じこと考えてた。
障碍児に続けて2人も作って死んだ両親もアレだしやっぱり子どもにも遺伝するんだね。
環境じゃ救えないんだね。

620 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 22:46:51.11 0
>>525に、3歳の時に、叔父叔母に引き取られたと書いてあるけど
3歳といえば、年少だよね?
その頃の記憶って無かったの?
うちの子が今、7歳なんだけど、3歳の時のことを断片的にだけど覚えてるよ。
幼い頃の記憶の中にある家と今の家はなんだか違うとか・・・
この人が親だったっけ?とか・・・覚えてない?

あと、実母さんも交通事故で亡くなったとかって書いてあったけど
実父と一緒に?525と弟は同乗してて助かったの?それとも誰かに預けられてたの?
実父母が事故に遭った時、誰かに預けられてたとしたら
実父母は、あなたがた兄弟を預けてどこへ行こうとしてたの?兄の所?

ご両親は、交通事故の加害者ということだけど、イメージとしては
dqn走行で罪もない人を巻き込んだという考えてしまう。
被害者の方は、無事だったんだろうか?

621 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 22:56:44.28 0
手術費は遺産でまかなったとして、入院費とかはどうしてたんだろうね。
その費用まで叔父夫婦がみていたとしたら、進学費用出すのは相当きつそうだけど。普通の会社員なんだろうし。

622 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 23:21:46.30 0
釣り臭い

623 :名無しさん@HOME:2011/09/02(金) 23:30:02.17 0
てかいつまで張り付くつもりだろうね
スレチになってるの気付いてるのかな

624 :名無しさん@HOME:2011/09/03(土) 01:22:39.04 0
キチンと話しておかない親が相当のバカ


625 :名無しさん@HOME:2011/09/03(土) 09:48:48.22 0
入院するほどのケガしてるのなら、病院から通報されないの?
このバカ、犯罪者じゃないか。

626 :名無しさん@HOME:2011/09/03(土) 10:07:54.26 0
家族がやったなら大事にはしないでしょ。
家族扱いしたくないなら大事にすればいいのにね。

里子だってのを明確にしてれば、「こんなできた里親ないわ」なんだけど、
明確にしてないから(子供は実子だと思い込んでたから)
「姉には許したのに、なんで俺には許されないんだ」になっちゃったって話じゃないの?
本人の育ち方も悪いけど育て方も片手落ちなんだよ。
同じ扱いされない理由がわからなければそりゃ子供は歪むし僻む。

627 :名無しさん@HOME:2011/09/03(土) 10:39:43.98 0
親も今頃、自分たちのバカバカって後悔してるだろう。

628 :名無しさん@HOME:2011/09/05(月) 23:54:55.25 0
引き取ったのは大失敗オチでいいんですかね・・・

629 :名無しさん@HOME:2011/09/06(火) 00:15:33.35 0
普通にお父さんとお母さんが事故で亡くなったから
叔父さんの家で暮らそうねと言えば良かっただけ。
実の親のふりしようとしたのが大失敗。

630 :名無しさん@HOME:2011/09/06(火) 00:53:05.95 0
拉致被害者の田口八重子さんの息子を引き取った飯塚夫妻は相当な覚悟だったんだろうな。
あの息子さんは完全に飯塚家の子供だと信じて育ったようだし。


631 :名無しさん@HOME:2011/09/06(火) 18:24:38.41 0
実子はいるんだっけ?きっと差をつけられてるとか感じたことはなかったんだろうな。


632 :名無しさん@HOME:2011/09/06(火) 18:33:31.98 0
お姉さんが実子なんだよね。
でも進学等でとても優遇されていた以外は余り差はなかったんじゃないかな。
冷遇されている感じでもなかったし。

633 :名無しさん@HOME:2011/09/06(火) 22:36:33.12 0
祖父母が実孫だけに援助するなら里子に同等の援助をしてやれるだけの
経済的な余裕があれば母親の望んだ通りの綺麗事が貫けたろうね。

634 :名無しさん@HOME:2011/09/06(火) 22:46:34.88 O
母親自ら里子を望んだわけじゃないだろうに。


635 :名無しさん@HOME:2011/09/07(水) 08:54:54.20 0
>>624
差をつけないで育てられるなら、成人まで秘密もありだけどさ。
差をつけざるを得ないなら、早くちゃんと説明するべきだったよね

636 :名無しさん@HOME:2011/09/07(水) 10:25:12.36 0
付けたら付けたで「子供を差別する陰湿な継母」認定して
結局育ての親を蹴るようなゴミクズに育つのは同じ気がするけど。

637 :名無しさん@HOME:2011/09/07(水) 11:51:55.44 P
状況的に娘(実子)と里子へできる経済的支援に差がつくのは
仕方ないけど、それならそれで里子が厨二病発症する前か
発症直後にでも「お前とお姉ちゃんにしてやれる事には
こういう理由で差があるんだよ」と教えてやっていれば
まだ良かったかもしれない。まぁわからんけどね。
親族間の禍根軋轢絡みで複雑な事情ではあったにしろ
実子だと思い込ませながら扱いに差があれば
それは当然不満に思うでしょうしね。

ぜんぜん書き込みないけどどうなったんだろうね。

638 :名無しさん@HOME:2011/09/07(水) 12:37:43.22 O
父親の影薄い

639 :名無しさん@HOME:2011/09/07(水) 20:14:17.58 0
>>635
兄だけじゃなく弟の年齢に考慮したんだと思うの

640 :名無しさん@HOME:2011/09/09(金) 00:47:42.71 0
>>637
親は金が無い。姉への金は姉の実の祖父母が出した。

641 :名無しさん@HOME:2011/09/09(金) 02:54:49.75 0
>>640
祖父母が出した金が父母が出したと当人の頭の中に刷り込まれた理由がわからん
学費は見えにくいが結婚したときのマンションともなれば
祖父母が出してやったとわかる年齢だし
向こうの家の人間も祖父母に礼を言うのではないだろうか?

金を出せと母親を蹴る人間だから都合の悪いことは頭から消えた可能性もあるが

642 :名無しさん@HOME:2011/09/09(金) 07:53:33.73 0
誰かが言わなきゃわかるものでもないよ。
姉がいい学校行っててきちんと勤めてたなら
姉夫婦の働きでマンション買ったと思っててもおかしくないもの。
結婚式で親戚の挨拶をそばで聞いてる中高生男子なんかそうそういないだろうし。
(それ以外の席には同席する理由がない)

私の家は、わたしが大学に行くまで
お金の動きは何一つ見せなかったよ。
(先に成人した兄も金の話は一切妹にしなかった)
それで不足もなかったし、できないときはきちんと説明されたけど、
父親の給料とか祖父母から金が動いてるのかとか一切知らなかったし、
正直今でも子供の前で細かいお金の話をするのは嫌だしできない。

全員実子でもそういう家庭はあるよ。

643 :名無しさん@HOME:2011/09/09(金) 13:45:12.74 O
親父が変態だったこと

私の父方の祖母は後妻で私の義理祖母にあたるのかな?
ものすごいケバい、その連れ子の叔母もまたケバい
義祖母はなにかにつけてうちに嫌がらせを昔からしてきて不思議だった
けど、母親曰わく
父と義祖母には肉体関係があるから、私達家族が義祖母には目障りで仕方ないので嫌がらせをしているとかwww
親父に小学生の頃性的虐待されたことあるから
ただの近親相姦野郎にしかみえない
まじきめえ

644 :名無しさん@HOME:2011/09/09(金) 14:13:17.74 0
父と義祖母との関係を知っていて離婚しない母親も相当の変態かとw

645 :名無しさん@HOME:2011/09/09(金) 19:42:14.03 P
>>525フルボッコだったけど、この養父母も問題ないか?
他はともかく、兄のことだけはきちんと教えて、将来自分たちが面倒見ていくべき存在だって、
心構えをさせとくべきだった。
それを「知らなかったが8歳上の兄(がいた)」て。
兄の状態を慮ったつうけど、弟たちは健常なんだから、会わせなくても話して理解できるでしょ。
こういう状態の兄がいる、それを自分たちは将来背負っていかなきゃならない(姉を省くなら、
「あの子は女でお嫁に行くから」とでも言っときゃOK)てことをしっかりわきまえさせないと。
そしたら、そうそう甘ちゃんに育ってもいられない。
525は蝶よ花よと育てられたお花畑DQNだけど、養父母もDQNでこそないが、相当なお花畑だと思う。

646 :名無しさん@HOME:2011/09/09(金) 21:12:53.36 0
>>645
基本その兄はとっくの昔に亡くなっている存在だったのだから
面倒を見る存在として伝えるのも非常に難しいところだ

結局>>525が姉と同様に育てても精神年齢が低すぎて
何かのきっかけで話をするのもできなかったのではとちょっと思う
自分が525に告げるとなったらやっぱりこいつに話は無理だと思うからw
言った瞬間なんで俺が面倒見なきゃいけないんだよってやっぱり蹴ると思うぞ

647 :名無しさん@HOME:2011/09/09(金) 22:43:54.34 0
母実家は孫娘にマンション買ってやるくらいだから裕福なんだよね。
その金を孫娘にやらずに好きに使えと母親に援助してくれてたら
両親は金に困らず母親の理想通りの綺麗事が貫けてた。

相続を当て込んで良い母親をやろうとしてたの実家に見透かされて
母親は引くに引けなくなったんじゃないかな。
父親の方は母親に押し切られた感じだし結局は母親の自業自得。

648 :名無しさん@HOME:2011/09/09(金) 23:09:52.75 0
孫娘にマンション買わずに、母親に渡したら
自分の娘や孫娘を苦しめてるのほほん三兄弟にも使われると思ったら、泣けてくるので、孫娘にマンションを買ったんだろうね。
母実家は、孫娘にマンションを買ってやって正解。
たぶん、三兄弟への当てつけもあったんだろうね。

649 :名無しさん@HOME:2011/09/10(土) 01:45:59.27 0
>>648
暴力振るうDV男を育てて社会が迷惑するよ

650 :名無しさん@HOME:2011/09/10(土) 02:21:31.51 O
>>647
> 父親の方は母親に押し切られた感じだし結局は母親の自業自得。
そうは見えない。
それよりは父親が母親に丸投げしてるように見える。
そもそもなんで母親が全部ひっかぶらなきゃいけないわけ?
血の繋がりのある父親のほうが率先していかなきゃいけない問題じゃないの?

651 :名無しさん@HOME:2011/09/10(土) 02:25:20.35 0
単に言いにくいことを言うのを大人全員が日伸ばしにし続けた結果じゃないの。


652 :名無しさん@HOME:2011/09/10(土) 15:41:30.44 0
まあ母実家からしたら婿の甥まで面倒見る義理はないしね。
書き方からしてもあんまり付き合いもなかったんじゃないかな。

653 :名無しさん@HOME:2011/09/12(月) 08:43:09.83 0
>>650
妻がお花畑にはっちゃけたんじゃない?
はっちゃけた時点で姉娘の成長がほぼ終ってて、
すぐに大学で家を出られたのが不幸中の幸い。
(姉娘の進学費用が母実家から出たっていうのは、
姉が巻き込まれずに家を出られるようにと考えた祖父母心では…)

それでも夫は止めるとかしていくべきなんだけど、
はっちゃけさせとくほうが都合が良かった(だって自分は何もしなくてよくて
しかも美談の主になれる)から、面倒は妻に見させておいて、
自分は男の子二人を見て擬似父と息子で満足してたとか。

血がつながってる方の影が薄いよこの話。

654 :名無しさん@HOME:2011/09/12(月) 09:39:05.40 0
嫁に親の介護を丸投げして逃げる夫に通じるものがある話だったね。

655 :名無しさん@HOME:2011/09/20(火) 02:34:22.96 0
蹴り入れたのは最悪だけど、それ以外の「お母さん可哀想」は525が何も知らなかったのだからどうしようもない話だな。
お金用意してあった事も知らされてなく、奨学金で国立行け、としか言われてなかったんじゃ、姉と比べて怒るのも無理ない。
蹴りは許されないが、怒りだけなら理解できる。

656 :名無しさん@HOME:2011/09/20(火) 02:50:20.77 0
いつの話してるの?
やっと本人も消えたんだから蒸し返すなよ

657 :名無しさん@HOME:2011/09/20(火) 19:22:25.40 0
結構過疎ってるスレ、しかも真夜中なのに、16分後にツッコミ…


658 :名無しさん@HOME:2011/09/20(火) 19:29:40.22 O
本人が消えたかどうかはわからない

659 :名無しさん@HOME:2011/09/21(水) 12:17:42.46 0
私には10歳以上離れた双子の兄姉がいる。
一番古い園児の時の記憶では、両親、兄、私の家族+姉という
変な空気があった。
姉に遊んでもらった覚えも会話した事もないし、両親の友達におこづかいを
もらっても姉に取られたりしてた。
大人になって母に聞いてみたら姉は産まれてすぐに姑に
「双子を育てるのは大変だ。女の子は丈夫って言うし、私が育てる。」
と言われ、姑にとられた。
小学校入学前にやっと姉を返してくれて、一緒に暮らし始めた。
小学校に行きだしても自分の家は祖母ちゃん家だからと祖母ちゃん家に帰る。
母の元で育った兄を憎く思い家にいても会話をせず、部屋に閉じこもりぎみになる。
母は、いくら自分で産んだとはいえ懐かないのでかわいく思えなくなり、
余計に兄を溺愛し始める。


660 :名無しさん@HOME:2011/09/21(水) 12:18:59.68 0
数年後、私が産まれて赤ちゃんを可愛がる親を見て余計酷くなった。
高校の卒業式の日に姉は就職で家を出て行き帰って来なくなった。
兄は溺愛の末、甘やかされてパチ&借金しまくり。
母は父と離婚したが、(父は仕事に行かず、アル中、暴力)兄の借金を返すために
自分が借金するという馬鹿なことをしてどうにもならなくなっている。
そんな母から逃げている←いまここ


661 :名無しさん@HOME:2011/09/21(水) 15:49:20.97 0
お姉ちゃんかわいそう
姑が子ども取り上げようとするのはよくある話だけど渡すなよ

662 :名無しさん@HOME:2011/09/21(水) 16:02:54.76 0
そもそも姑が姉を取り上げるのがおかしい。
お父さんは何も言わなかったの?
自分の母だからって許されないことなのに。
姉を渡してしまった両親も酷いことをしたね。

婆ちゃんに育てられた姉は、本当は親に甘えたかったんだろうね。
親の元で暮らしてる双子の兄や、659に憎しみの矛先を向けてしまったんだね。
就職して戻ってこなくて正解だよ。

ある意味、親の犠牲になった兄&両親と縁を切って、659も逃げ切ってください。

663 :名無しさん@HOME:2011/09/21(水) 16:03:46.70 O
父親はなにやってんだと思ったら酒と暴力か

664 :名無しさん@HOME:2011/09/21(水) 16:05:57.11 0
>>661
そういうけどこういう場合母親じゃなくて父親がクソなんだよね
自分の母親の言うことは絶対で従うことが善だから
たとえ母親が取り返しても即効で父親が返すんじゃどうしようもないよ

小学校で返されたのもかわいい盛りを過ぎて手に余るからとわかりやすく
本人が祖母宅に帰っても頑なに返しこちらで暮らしなさいとならないところが
この祖母が姉をおもちゃとしてしか存在を認めていないことの証明

こういうマザコンは誰もを不幸にするよね…

665 :名無しさん@HOME:2011/09/21(水) 20:15:25.80 0
>>660
家族に多重債務者がいて泣かされている人のスレ39
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/debt/1311483083/
対策書いてあるよ。幸運を祈る

666 :名無しさん@HOME:2011/09/26(月) 00:20:43.54 0
>>203
すごく亀で悪いのですが、こぶ付き男同士やこぶ付き男の子育てにつきあってる男の話ならBLに山とある。萌えていいですか。

667 :名無しさん@HOME:2011/09/26(月) 08:38:01.52 0
>>666
ハウス!

668 :名無しさん@HOME:2011/09/26(月) 14:31:32.82 0
父親バツ1で腹違いの兄弟がいる
母はそれを知らずに結婚したものの、親戚がポロッとこぼしてばれる
母が追及しなかったので最後まで父親から告白は無し
だからなのか父親の葬式に元妻コッソリ出席していた
その数年前に兄が亡くなったときには、父宛に手紙まで来ていた
…いろいろと舐められてたんだろうな…

669 :名無しさん@HOME:2011/09/26(月) 17:28:53.60 0
子供が死んだんだから
子供の父親に手紙くらいだしても…
舐められるとかいう話じゃない気がする

670 :名無しさん@HOME:2011/09/26(月) 17:32:11.35 0
そもそも追求しない母もダメだろ。
ちゃんとしておかないと父親が死んだときに揉めるよ。

671 :名無しさん@HOME:2011/09/26(月) 18:07:32.21 0
>>669
亡くなった兄というのは私の実の兄で、腹違いの兄弟とは別です。
前妻が元夫と今妻の子供の葬式にこっそり来るのって普通なんだろうか?

672 :名無しさん@HOME:2011/09/26(月) 18:20:07.99 0
>>670
知ったときは、いやいや!そこでしっかり追及しろよ!!と心から思いました。
父親はすでに亡くなっています。
ゴタゴタが起こらなかったのは、父親の残したものにプラスになるようなものが一切なかったからだと思います。

673 :名無しさん@HOME:2011/09/26(月) 21:54:54.47 0
元妻が父親の葬儀に参加ってことは
顔も見たくない!と離婚したわけじゃ無いのかな

674 :名無しさん@HOME:2011/09/26(月) 22:21:59.30 0
離婚しても子供の父親ではあるからコッソリ葬儀に来るくらいは普通じゃない?
堂々と来てたら普通じゃないが。

675 :名無しさん@HOME:2011/09/27(火) 09:24:17.20 0
親族でなく一般として(実子は別?)こそっとお焼香だけならわかるかも。
うちはもし祖父母が亡くなった時に叔父元嫁が来たら追い返すって母が言ってた。
(嫁側に居る孫とはちょこちょこ会ってる)

676 :名無しさん@HOME:2011/09/27(火) 11:55:55.49 0
元嫁って言っても子供いるからなあ・・・
完全に没交渉にはならんだろうよ
まともな親なら

677 :名無しさん@HOME:2011/09/27(火) 21:00:25.90 0
再婚するのに子供いるのをいわない旦那も変だし
きちんと説明を求めない奥さんもなんだかな。
似たもの同士がくっついたといえばそうだけど、両親とも大人の責任の取り方ではないのが残念だね

678 :名無しさん@HOME:2011/09/27(火) 21:53:26.68 O
本当は知ってたんじゃ?

679 :名無しさん@HOME:2011/10/01(土) 22:26:18.94 O
結婚の手続き中、かわいがってくれた祖父と血のつながりがなかったことを知った。
おじいちゃんありがとう。

680 :名無しさん@HOME:2011/10/06(木) 15:51:46.08 0
うちの親父がとんでもない浮気野郎だったということ。
私が子供の頃は遊びまくってて、いろんな女に手を付けてたそうな。
「お父さんは毎日残業で忙しいんだよ」と言い聞かされていたが、
どうもそのうち半分以上は女と遊んでて帰ってこなかっただけらしい。

一番あきれたのが、女との別れ話がこじれてかーちゃんにバレて、
幼稚園児だった私と弟が寝たあとの夜中、家に女を連れてきた話。
母と3人で話し合ったらしいが、親父は「おまえの言うとおりにする」
としか言わず、ケツまくってかーちゃんに丸投げ。自分で片付ける気ゼロ。
しかも、話し合い後に女を遠くまで送るために女の車を親父が運転し、
後ろから免許のないかーちゃんがタクシーで着いていったそうな。
無事(?)女を送り届けた後、親父とタクシーで家に帰ったとか。
車で来てるんだったら、一人で勝手に帰らせろや。
女の車を親父が運転し、後ろからタクシーで妻についてこさせるとか、
意味わからん。

しかも、子供が寝てる家でそんな生臭い話し合いなんかするなよな。
万が一私か弟がトイレにでも起きたらどうするつもりだったんだろ。

そんなアホ親父、女遊びから足を洗って今は普通のおっさんです。
私が中学の頃、一度別れた女に数年後また手を出していたのがバレて、
かーちゃん発狂。子供のためにと我慢してたのが限界を超えたらしい。
私も弟もいる目の前で暴れて大修羅場を演じ、離婚寸前になったのが
相当堪えたらしい。その後女遊びは全くしなくなったそうな。
プチいい男だったのが急に老けて、今は本当にただのおっさんw

681 :名無しさん@HOME:2011/10/06(木) 20:38:27.43 i
両親とも馬鹿でクズ。
浮気程度の話、長文イラネ。

682 :名無しさん@HOME:2011/10/07(金) 00:24:34.81 P
たまには味噌汁ご飯も美味しいじゃん
ケチつけるためだけにレスすんのやめな

683 :名無しさん@HOME:2011/10/07(金) 01:57:53.76 0
私浮気されてもATMでいてくれるなら我慢しちゃうわ
離婚しても子供満足に養っていくほど稼げないし…

離婚我慢してる人って金銭的な理由多そうだ

684 :名無しさん@HOME:2011/10/07(金) 09:54:30.27 0
むしろヒモ一家を食わせて奴隷になってるのに離婚しないデブスもいるよ
世間体とマゾなんだろうなーと 子供がいい迷惑だよね

685 :名無しさん@HOME:2011/10/07(金) 12:43:58.32 0
結果論ではあるけれど>>680母は離婚寸前でブチ切れるまでは
子供に父親の女遊びは隠し通したんでしょ?
まあ綱渡り状態ではあったようだけど
子供に悪い影響が出ない限りは離婚しないで様子見もアリじゃない?

686 :680:2011/10/07(金) 18:03:31.70 0
たかが浮気話でなんかゴメン。
30も大分過ぎてから初めて知った話で、テンションおかしくなって長文にorz

離婚寸前以外は母親がきっちり隠してた。母親の実家も知らない。
先日、ポツリとお父さんは大変な人だった、と語りだしたら止まらなかった。
あの一回は魔が差しただけで、いい親父だと思ってたから衝撃だった。
母親が子供のためにと我慢することで、付け上がらせちゃったらしい。
もう我慢しないとブチ切れたら、本当にその後やらなくなったんだそうな。
私が結婚したから、気をつけなさいよ的な意味で教えてくれたのかも。

687 :名無しさん@HOME:2011/10/07(金) 18:47:20.74 O
こことか修羅場スレって母親に厳しいね

688 :名無しさん@HOME:2011/10/08(土) 00:47:45.15 0
>>687
耐えて美談にしたがるけど
子供には大迷惑ってのが実情だからねえ
不安定な家庭で育つと大人になってからも重大なハンデ背負うし。
(ギャンブラーやアル中など不安定大好き人間になりやすいし、そういう人とくっつきやすくなる)

689 :名無しさん@HOME:2011/10/08(土) 10:43:35.32 0
>>688
でもちゃんと軌道修正したじゃん680母は

690 :名無しさん@HOME:2011/10/08(土) 13:56:03.66 O
特に浮気ネタだと浮気した父親や相手そっちのけで浮気された母親を叩くのが好きな人がいる。
なんなんだろうといつも不思議。

691 :名無しさん@HOME:2011/10/09(日) 22:27:25.24 0
男の責任がスルーされてむかついたり、こういう母親の扱いに理不尽さに感じるのは
同じ目に遭う可能性がある女ぐらい。
子供のためだからそれぐらい上手くやれ、としか見なされないんだよな。

692 :名無しさん@HOME:2011/10/10(月) 11:35:04.11 0
母親けっちゃって実子じゃなかった人は許してもらえたのかな

693 :名無しさん@HOME:2011/10/11(火) 16:27:32.61 0
ちょっと気になるなーあれは
暴力は良くないがそこに至る道を義理両親がせっせと敷いてきた感じだったし

694 :名無しさん@HOME:2011/10/12(水) 20:12:56.85 0
旦那の実父が早死になんだけど旦那が小さい頃に離婚して絶縁状態だったから
死因はよくわからないみたいなことを言われてきた
遺伝病だとやだから結構気にして何だろうガンかなとかって何度も言ってたら
どうやら病死じゃないらしい
事故なら言うだろうし、自殺か
さすがに結婚前に言ってよって思った

695 :名無しさん@HOME:2011/10/12(水) 20:26:13.83 0
>>694
他殺かもよ

696 :名無しさん@HOME:2011/10/12(水) 22:49:40.82 P
>>694
失踪>届けを出して7年経過>死んだ事にして葬式
コースもあり得るな。

それですっかり「もういないもの」として来た父親が
30年ぐらいしてからどっかのドヤであぼーんして
どういう経緯でか家族の元に連絡が来て
もうほとんど顔も覚えてないような息子が
身元確認だのなんだのに追われて各種手続きをした後に
もう一回葬式出したって話を聞いたことがあるよ。
父親失踪時に息子は5歳かそこらで死亡の連絡が来たときは結婚したばかり。
ずっと前に死んだとだけ聞かされてた夫の父親の葬儀に
結婚してすぐに出ないといけなくなった嫁さんはかなり複雑そうだったと。

正直周囲の感想としては、失踪するならするで
身元が分かるような何かを
未練がましくもって歩くなと思うばかりだったそうなw

697 :名無しさん@HOME:2011/10/13(木) 00:36:13.57 O
私は3人兄弟の末なんだけど、
上の2人が兄ではなく血縁上は従兄弟だった。
兄達の本当の両親は幼い2人を残して夫婦で心中してしまったらしい。
(理由は詳しくはわからない。)
最初は父方祖父母が育てる予定だったみたいだけど、
新婚だった母が「私も両親を早くに亡くして寂しい思いをしたから2人を養子に迎えたい」と言い出して、
父方祖父母が「無理をしないこと」と「母が実子を産むこと」を条件に許したらしい。

先日、酔っぱらった父からこの事を初めて聞いた。
私の一族は顔に遺伝が出やすいのか、祖父と父と兄2人は顔が似ていたし、
愛情の度合い?も差が全くなかったから全然気がつかなかった。
兄2人も(父曰く)思春期特有の反抗期はあったらしいけど
今は特別グレたり荒れたりしてないし。

698 :697:2011/10/13(木) 00:40:41.38 O
うちの両親に引き取られた時は七歳と三歳で、
最初はかなり悲しんだみたいだけど、実の両親が結構な毒親だったらしくすぐに馴染んだとか。
父は「あいつら自身かなり逞しい子供だったけど、
母ちゃんの飯がうまいからだよな」
と、冗談混じりで言っていた。
かなり驚いたけど私にとっては良き兄たちだから
これから何が変わるってわけではないけど、
新婚当時に血も繋がらない子供を引き取って育てた母と家族を養ってくれた父、
実の妹として可愛がったりケンカしたりしてくれた兄たちを
ただただ尊敬するばかりです。


699 :名無しさん@HOME:2011/10/13(木) 14:59:11.46 0
ええと、母親蹴った話の成功バージョン?

700 :名無しさん@HOME:2011/10/13(木) 19:22:17.17 0
七歳、三歳なら実の親の記憶もばっちりだな
思春期に出生の秘密を知ってショックでぐれるということも出来無いw
あと、実子が大人になるまで真実を知らされずにいたというのが
案外成功の秘訣だったのかも知れん

いずれにしろ>>697の母ちゃんはえらいな

701 :名無しさん@HOME:2011/10/13(木) 22:07:10.11 0
母親の好物を知ったのは大人になってからだったな
肉とか寿司とか子供同士で奪い合いになるような食べ物は「私これ嫌いだからあなたたち食べなさい」と言ってゆずってくれてた

社会人になってたまに皆で集まって食事するようになってから
「○○食べに行く?でもお母さんこれ嫌いだよね・・・」
「いや 実は好きだから行こう」
みたいなやり取りがしょっちゅうで自分達が食べ盛りの間ずっと我慢してたのかと申し訳ないのと
愛されてたんだなって思う

702 :名無しさん@HOME:2011/10/14(金) 14:39:40.22 0
大丈夫、陰でもっと良い物食ってるからw

703 :名無しさん@HOME:2011/10/14(金) 14:54:10.33 P
>>702
ガキと一緒の食卓でイイモンなんて喰ってられっか! ってなw

ガキどもが学校行ってる間とかに
ママ友とかとのんびりイイモン喰いに行ってるよ
きっとそうだよw

704 :名無しさん@HOME:2011/10/14(金) 20:59:59.15 0
クレヨンしんちゃんで、子供が寝たあとで夫婦でカニを食べようって話があったなw


705 :名無しさん@HOME:2011/10/14(金) 22:19:05.45 0
優しいお母様で幸せならいいじゃない

706 :名無しさん@HOME:2011/10/14(金) 23:06:02.37 0
>>705
それでいいと思う。
ただ、母親基準ばかりで父親基準がないのが気になる。

707 :名無しさん@HOME:2011/10/14(金) 23:35:56.59 0
大人になってから知った父親の秘密は知りたくなかったものが多いな
愛人とか借金とか・・・・・・

orz

708 :名無しさん@HOME:2011/10/21(金) 02:16:10.44 P
>>706
食べ物の優先順位は父>子供>母だろ
でもって、子が欲しがれば、父までもが分けてやるってもんじゃ?

あ、自分は母の立場だけどさ

709 :名無しさん@HOME:2011/10/21(金) 03:18:48.44 i
母とは生まれた時に離婚したと聞いていたけど、実際は
水商売の母を孕ませる→母には婚約者がいてどっちの子供か分からん→出産後に父と判明→認知だった


家庭裁判で父側に引き取られたけど、祖母に預けられてた


4歳ごろに子持ちと結婚してて、祖母の所からたまに遊びに行く程度で、一緒に暮らした事がなく不思議に思ってた

てっきり祖母が新しい環境だと不安だろうと考えてくれてたのかと思ってたら、
どうやら父と義母は私が邪魔だった事が判明した
自分は子持ちなのにヒドス


そして腹違いの姉がいたらしく、私の結婚式の時に旦那の前で言われてビックリ
しかも父はバツ5だった

産まれる前はまだしも、産まれた後も知らぬ間に結婚してて離婚して
信じられない

710 :名無しさん@HOME:2011/10/21(金) 07:25:41.90 O
前にも似たような話が出てるけど、20歳くらいで私の両親がデキ婚だったことを知らされた
(私が長子)
その1年ほど前に親の学歴と年齢と自分の誕生日を逆算して気付いてたけど、本人から経緯を聞いたおかげで色々と納得した
家族やデキ婚にまつわるネガティブな持論に確たる裏付けが出来た

711 :名無しさん@HOME:2011/10/21(金) 09:54:41.07 P
>>710 ソースが自分か・・・乙

712 :名無しさん@HOME:2011/10/27(木) 04:13:43.68 O
家族全員、高校卒業までに付き合った経験がない



713 :名無しさん@HOME:2011/10/27(木) 16:48:15.15 0
うちもだがw
何か問題でも?

714 :名無しさん@HOME:2011/10/28(金) 11:57:55.40 0
顔が並以下程度、性格が真面目ならそれくらい普通じゃない?
大学卒業までってなると、顔がブサイク、超奥手な家系かと思うけど

715 :名無しさん@HOME:2011/10/28(金) 20:46:46.28 0
奥手かどうかは顔面の美醜と関係ない気がする
偏差値とは少し関連するかもしれない

716 :名無しさん@HOME:2011/10/28(金) 21:12:28.66 0
>>712 うちの家族もだよ〜
3代続けて見合いケコン

717 :名無しさん@HOME:2011/10/28(金) 21:25:47.48 0
性病の蔓延してるこの世の中だ、
処女も童貞も貴重な国の宝だと本気で思いますよ

718 :名無しさん@HOME:2011/11/02(水) 20:59:59.30 0
知ったっていうかようやく気付けたというか…。

小学校高学年で両親離婚。
離婚前に母の浮気相手を父が刺して父が刑務所に入ったことがあるため、
子供全員母に親権、母は浮気相手と再婚。
10代後半の頃に父蒸発。
実父・義父の悪口散々聞かされて、お母さんかわいそう!
私たちが助けなきゃ!と思っていたけど、社会人になって毒親と気づいた。

母は社内で二回りくらい上の既婚実父と不倫、私を妊娠した事により婚約解消して略奪婚。
実父が義父を刺した時は、離婚してないのに義父との体の関係あり。
浮気してたとき、お母さんの友達と称して義父に私たちを会わせていた。
義父が蒸発したのは母の搾取が悪化したから。

友達がやったら迷わず縁を切るレベルのことを親がしていると気づいたときの
アイデンティティの崩壊っぷりといったら…orz
最近まだ義務教育期間の弟を、学校で殴り首を絞めたので、
兄弟全員でフェードアウトする方向で行動してます…。

719 :名無しさん@HOME:2011/11/02(水) 21:03:29.30 0
親戚なのに○○してくれない!とか昔からよく聞かされてましたが
当たり前だと思う。
しぶしぶ付き合ってくれてたのは、
我々子供には罪がないからって理由だと思う。

あと、実父は中国と台湾に現地妻が居るw
お盛んだことwww
はあ。

720 :名無しさん@HOME:2011/11/07(月) 12:30:54.47 0
一夫多妻制って子供ゆがむよね。

721 :名無しさん@HOME:2011/11/07(月) 15:27:22.95 0
制度としてある国なら平気だろう
ないのに妾作ったりしてたら歪むかもしれないけど

722 :名無しさん@HOME:2011/11/07(月) 18:14:30.29 0
他の家庭のまともな父親母親、普通に仲のいい兄弟を知った時の苦しみったらないよね。

723 :名無しさん@HOME:2011/11/08(火) 00:47:33.07 O
>>722
うちの父母兄弟も歪んでたが、俺はわりと早期から「こんなのおかしい」と思ってた
元から気付いてればあんまり苦しみは感じない
情けなさとか残念感は当然あるけど

724 :名無しさん@HOME:2011/11/08(火) 20:18:20.91 0
その歪んでた兄弟が輪をかけて歪んだ異性と励んで歪んだガキを再生産してるの見ると恐ろしくなる

725 :名無しさん@HOME:2011/11/12(土) 14:06:40.06 O
>>724
なんという地獄絵図
あんまり直視してるとこっちの目まで汚れそうだな

726 :名無しさん@HOME:2011/11/14(月) 17:19:39.30 0
父親が超甘党というか、味覚が変なんじゃないかと、
会社勤めになるようになって気づいた。

父親が会社勤めのころは、俺が起きるころにはもう出勤してて、
朝は会話も何もなかった。
俺が会社勤めになってから、かなり早く起きるようになったんだが、
そこで父親の行動に驚いた。
別に隠すつもりは全然ないらしく、俺が気づかなかっただけなんだが、
コーヒーの淹れ方を見て一瞬目を疑った。
ごく普通サイズのマグカップに
コップ(マグカップ)の半分くらいの深さにインスタントコーヒーの粉。
その上にコップすり切りの深さまで砂糖。
そこに躊躇せずコーヒースプーンを挿し
(当然、スプーンはコップのふちに当たらず、中央でそそり立ってる)、
おもむろにその上からお湯を注ぐ。
コーヒー粉大量+砂糖大量のコンボで、
見た目お湯なんか入りそうにないんだけど、
何の抵抗もなく(当たり前か)砂糖もコーヒー粉も溶けて、
平然とスプーンでかき回してる。
一見粘度も高いわけじゃなく、ちょっとコーヒーが濃い目かな
位の見た目なんだけど、かき回してるときの音が、
まるでシチューをかき混ぜてるような音だったのはよく覚えてる。
これをほぼ毎日飲んでたというのだから…
そういえば、子供のころ、母親が「うちはコーヒーと砂糖の減りが早いんだから」と
こぼしていたのを思い出した。
考えてみりゃ「減る」とかのレベルじゃなくて砂糖とコーヒーを
「食ってる」といったほうがいいくらいの消費量だよ。

727 :名無しさん@HOME:2011/11/14(月) 19:07:24.38 0
糖尿病が心配だね

728 :名無しさん@HOME:2011/11/14(月) 20:58:09.27 0
病院連れていけよ
死ぬぞ

729 :名無しさん@HOME:2011/11/14(月) 21:36:02.01 0
それ、病気になりそうじゃなくて既に病気じゃね?
味覚障害は友達(他の病気)大勢連れてくるぞ。
今まで大丈夫だったからこれからも大丈夫って事はないよ。

730 :名無しさん@HOME:2011/11/14(月) 22:20:16.60 0
偏食絡みでひとつ。

私の父方の祖母は50代前半で亡くなった。
実は私は祖母を良く覚えていないが、イトコ連中に聞いたばーちゃんの思い出は全部食べ物がらみだった。
ひどい偏食。家族の残り物は全部食べちゃう。常に菓子パン食べてる。バター直食いetc.

両親も親戚も祖母の死因の話はしない。漠然と「内臓の病気」とだけ。祖父の病気の話題は具体的なのでずっと疑問だった。
大人になってから食生活のことに思い当たった。
自業自得の割合がどのぐらいだかは判らないけど、食事で寿命を縮めたのは間違いないと思う。

そりゃ父にしても自分の母親が自業自得で若死にしたなんて言えないよね。

731 :名無しさん@HOME:2011/11/15(火) 04:54:12.91 0
偏食・・・とはまた違うが食べ物つながり
うちの親父はなぜか、パンを半端にかじっては放置、かじっては放置というのを延々とやる。
丸一個だと多いから残すのか?と思えばそうでなく、三個あれば三個を半端に食って残す。
手でちぎって食うならまだしも直接かぶりつくので、歯形のついた食べ残しパンが累々と・・・

732 :名無しさん@HOME:2011/11/15(火) 07:37:15.30 0
誰も注意しないのも異常、自分だったらやめるようになるまで注意するか捨てる
あまりに品がない

733 :名無しさん@HOME:2011/11/15(火) 18:40:31.51 0
脳に異常があるんだと思う

734 :名無しさん@HOME:2011/11/15(火) 22:33:14.71 P
>>726 現在進行形? どうにかした方がいいと思うけど

735 :名無しさん@HOME:2011/11/16(水) 12:27:57.34 O
家族の食の嗜好って案外分からないもんなんだな

736 :名無しさん@HOME:2011/11/16(水) 13:17:35.08 0
亡くなった祖母(大正元年生まれ)が、恋人を追いかけて日本から満州へ単身渡ってた事。
日本にいる時に恋人がいて、その人が満州に渡ったので、祖母もしばらくして追いかけて渡ったら、
その人はもう既に結婚していて、祖母は行く宛ても無かったので、
そのまま大連の日本人経営の時計店に住み込み店員として就職。
そこで祖父と出会って結婚したらしい。
すごく大人しい人だったのに、凄いなーびっくりだ。

ここからは以前から聞いていたので、別にびっくりはしないが蛇足。
その後祖父は満州電電に転職、立派な社宅に住み、子供も二人(うち一人は父)生まれた所で終戦。
ソビエトに占領された満州に取り残された祖父母一家は社宅をソビエトの将校に接収され、
広い社宅の一室に押し込められ、それ以外の部屋を将校夫妻が使った。
満州電電の管理職だった祖父は引渡し処理などで他の日本人たちが次々日本へ引き揚げる中、
終戦後3年経ってようやく日本へ引き揚げが許された。
それまでの3年間、将校夫妻とは割りとうまくやってたようで、父が赤痢になった時は薬を貰い、
日本へ引き揚げる時は娘(父の姉、仮名タエ)をくれと言われたが断って日本へ連れて帰ったそうな。
別れの時は、将校の奥さんがタエ〜!タエ〜!と大泣きしながら抱きしめて別れを惜しんだそうな。
日本に引き揚げて来ても、今で言う大学の経済学部卒位の学歴はあったのだが、
ソビエトの将校と住んでいたと言う事で、雇ってくれる所は無く、自分で小さなお店を始めて細々と暮らしていたが、
人の借金の保証人に二度もなってしまい、他所の家の倉庫を借りて住み、生涯貧乏なままでした。
晩年になってようやく経済的に成功した父に祖父母とも引き取られ、穏やかな日々を亡くなるまで過ごしました。
20年ほど前に大連で日本のテレビ局が取材した番組があり、その時に祖父母たちが住んでいた社宅が紹介されたそうです。
その家には中国人が四家族も住んでいたのを父と祖父母は見たそうです。

737 :名無しさん@HOME:2011/11/16(水) 13:39:30.08 0
私の祖父も満州電鉄の社宅に住んでた。
もしかしたらご近所さんだったかもね

738 :名無しさん@HOME:2011/11/16(水) 13:48:05.47 0
>>737
満州電鉄じゃなくて満州電電ね。
私もよく知らないけど同じ辺りにあったのかな?
五歳までしかいなかった父は、レンガ造りの町並みを何となく覚えてるって程度。

739 :名無しさん@HOME:2011/11/23(水) 09:36:50.34 0
ほしゅ

740 :名無しさん@HOME:2011/11/24(木) 09:08:26.54 0
ほしゅ

741 :名無しさん@HOME:2011/11/24(木) 13:47:18.27 O
家族じゃないけど知り合いで寿司全部食べれない、
シチュー(ホワイト・ビーフ)食べた事ない
聞けば聞く程食べ物ほとんど食べれない(食べた事ない)
50過ぎのオヤジがいる。今まで何食って生きて来たのか不思議。

742 :名無しさん@HOME:2011/11/24(木) 14:25:47.92 0
これからの人生未知のうまいものだらけでしあわせやん、そのおっさん

743 :名無しさん@HOME:2011/11/24(木) 15:14:47.32 P
>>742
50過ぎまでそんな生活だったら
これから新しい味覚に挑戦しようとかおもわんだろw

まぁどっかで早めに血栓詰まって死ぬか
以外に長生きするかは運次第。
美味そうな(コレステロールが高そうな)物とは無縁だけど
普段の食事は質素で健康にいい物なら長生きするかもしれない。

744 :名無しさん@HOME:2011/11/25(金) 14:00:21.92 0
てst

745 :名無しさん@HOME:2011/11/28(月) 15:34:29.56 0
食べ物つながりで。
亡くなった父方祖母がカレー作りの名人だったらしいこと。
祖母は母が嫁いできた日から台所を明け渡し、一歩も入らなかった人。
任された母も町内会の旅行や残業で夕食時にいないときはカレーを作り置きしたり
店屋ものを取ったりと、祖母の手を決して煩わせなかった。
気づけば祖母の手料理は母方実家でしか食べたことがない。

秘密というにはささやか過ぎるが、成人するまで全く知らされなかったので
話の流れで聞かされたときは唖然とした。
生きている間に一度はお相伴したかったよ。

746 :名無しさん@HOME:2011/11/29(火) 12:39:47.48 P
あーもう亡くなってるのか
でも台所を明け渡したのは、ものすごいね
なかなかそんな人いないよ
それだけでもすごいし、お母さんもえらいね

747 :名無しさん@HOME:2011/11/29(火) 16:46:12.88 0
もう料理なんてしたくなくなっただけだったりしてw

748 :名無しさん@HOME:2011/11/29(火) 21:09:36.60 0
>>747
俺もそれ以外思いつかなかった昔の話だし
同居の奴隷嫁が旅行で飯を作らないなど許されなかっただろうな
父親の影が見えないことからも分かる
何も知らず「祖母・母はすごい」などと言っているのは孫ばかり

749 :名無しさん@HOME:2011/11/30(水) 11:28:01.67 0
それはちょっと家庭板に毒されすぎてないかw

750 :名無しさん@HOME:2011/11/30(水) 14:19:12.35 0
祖母と血のつながりがなかったこと
母親の実母は母親が赤ん坊の時に亡くなって、今の祖母は後妻らしい
結婚する時に戸籍謄本取り寄せたら分かるからって母親が教えてくれた
子供の頃から微妙にあった違和感になんとなく納得したのはいいけど
どんな顔して会えばいいか分からなくなるからいっそ黙ってて欲しかったw

751 :名無しさん@HOME:2011/12/01(木) 08:49:34.51 0
ばーちゃんはばーちゃんだろ。
血のつながりがなんだ。
自分と血がつながってないお前のお母さんを育ててくれたんだぞ。
すぐいなくなった実の母よりありがたいじゃないか。
こんなバカ孫に育ったって知ったら、ばーちゃんかわいそう。
お前の母親もきっとばーちゃんに感謝してないな。バカ親子だ。
お前はばーちゃんに一生会うな。


752 :名無しさん@HOME:2011/12/01(木) 09:10:03.66 0
ばーちゃんに思い入れて同情するまでは分かるけど、別に>>750も母も悪いことないでしょ。
血のつながらない赤ん坊を育てたことは立派だけど、
それでも継母継子の溝が、事情を知らない孫が感じるぐらいあった。
仕方ないことだし誰が悪いということもない。

753 :名無しさん@HOME:2011/12/01(木) 11:06:11.52 0
>>751
違和感っつったって仲が悪かったとか感謝してないとかじゃないんだけどww
なんでそこまでゲスパできるんだよw
母親だってばーちゃんには感謝してると思うし一緒に旅行行くくらい仲良いよ
勿論自分にとっても唯一のばーちゃんだし大好きだ
でもちょっと過去の話とか聞くとん?って思うことがあったのがようやく納得行ったことだってあるし
まさか自分の身の上にそんなことが起こるとは思わなかったから動揺したってくらいで
何でそこまで言われなきゃいけないんだよw

754 :名無しさん@HOME:2011/12/01(木) 11:44:43.99 0
どんな顔して会えばいいのか分からんから
いっそ黙ってて欲しかった、なんて書くからw

母親は、自分から伝えるのが親の役目と思って教えたと思うよ
今までの違和感に納得しつつも、動揺する程度には好きだった
ということなんだから、何も変わらないだろ

755 :名無しさん@HOME:2011/12/02(金) 00:25:09.72 0
まぁ黙っとくべきだったな
母親の思慮不足

756 :1/2:2011/12/03(土) 00:26:30.33 0
姉と兄と私の3兄弟なんだけど
母は兄と私の間にも一度妊娠していたらしい

姉を産んだ病室で祖母が開口一番「次こそ男を産まにゃ」
母は祖父母からの執拗なプレッシャーで体調を崩す
何度か流産しかけた挙句、半死半生で兄を産んだ
祖父母と父で男孫フィーバーする中で、母は寝付いたまま
自律神経失調症?のようになっていたらしい

「次こそ両親に干渉されずに男の子が欲しい」と変な方向に張り切った父により
産後半年くらい(?)で再び妊娠するも
「もう跡継ぎは産んだんじゃから子はいらん。嫁も早く田んぼを手伝え」という祖父母と再び衝突
母のストレスはピークに達し、切迫早産?で緊急入院
「まだ人の形もしてない、肉の塊」が産まれたらしい
ギリギリ死産にならない週だったのでそのまま病院で処理された

757 :2/2:2011/12/03(土) 00:26:55.78 0

…というのを結構前に深酒した母から聞いたんだけど
妊娠したことないから分かんないけど、死産にならない週数でそんなに大きくなるのかとか
そもそも腹の中で生きてなかったなら当時でもエコーで事前に分かったんじゃないのかとか
よく分からないことが多すぎる

余談だけど、そこでがっかりした父はその次の妊娠に多大な期待を寄せるも
産まれてきたのが女(私)だったので、助産婦さんに「どういうことですか?」と胸倉つかむ勢いで詰め寄り
逆にジャーマンスープレックスを食らったというのもその時聞いた話

あと、姉に祖父(夫)を取られ、兄に父(息子)を取られた祖母は、憎い嫁(母)似の私を苛めて憂さを晴らしていたらしい
小さかったから覚えてないけど、
今は恍惚の人となった祖母を見るとよく分からない嫌悪感があるのはそのせいかもしれない

758 :名無しさん@HOME:2011/12/03(土) 16:54:59.50 0
流産の経験があるってだけじゃん

759 :名無しさん@HOME:2011/12/03(土) 19:50:20.28 0
流産より余談2つのほうがこえーな。

760 :名無しさん@HOME:2011/12/04(日) 22:22:00.79 0
父ちゃんサイテー、嫁を守れや。

761 :名無しさん@HOME:2011/12/05(月) 12:31:11.69 O
父に隠し子がいた。しかも私と同い年。

762 :名無しさん@HOME:2011/12/05(月) 17:25:22.09 O
兄弟がゲイだった。
しかも出会い系やっていた。

763 :名無しさん@HOME:2011/12/05(月) 22:29:04.23 0
弟が彼女とも呼べないような相手と肉体関係を持ってしかも堕胎させてた

764 :名無しさん@HOME:2011/12/06(火) 10:20:57.05 P
>彼女とも呼べないような相手
ココKWSK


765 :名無しさん@HOME:2011/12/06(火) 11:07:02.52 0
ただのセフレだろJK

766 :名無しさん@HOME:2011/12/06(火) 13:02:16.73 0
うちの両親は母の略奪婚だった
父の元の奥さんには子供が4人もいた

(彼氏を寝取られた後だったので余計にだと思うけど)
父母への尊敬の念がガラガラと音を立てて崩れ去っていった

767 :名無しさん@HOME:2011/12/06(火) 19:12:49.35 0
相続が大変だ

768 :名無しさん@HOME:2011/12/06(火) 19:48:11.24 0
親の因果が子に…

769 :名無しさん@HOME :2011/12/07(水) 03:02:36.95 0
>>766
うちもそう。父の本妻に子供が4人いるところまで一緒だw
ただうちは母と父が籍入れてない。
だからうちらはニセモノの家族ってわけ。
父は私が生まれた時から今までうちらと生活してるけど、
本妻のところに戻った方がいいんじゃないかと思う。

770 :名無しさん@HOME:2011/12/07(水) 09:02:12.39 0
>>769
貴方の歳が判らないからハッキリとは言えないけど、生まれた時から
ずっと一緒に暮らしてるんなら、貴方達の方が本物の家族だと思う
本妻はただ、籍が入ってるだけ
相続は面倒だろうけど、遺族年金なんかはずっと一緒に暮らしてる方
に認められる事もあるぐらいだから、生活実態って大事なんだよ

771 :769:2011/12/07(水) 09:55:15.49 0
>>770
私は20代です。
父は、住民票を1人だけ別に置いています。母とも本妻とも違う住所に。
そういった場合でも遺族年金は母のものになるでしょうか?
父は、自分名義のものは一切残さないそうです。
すべて母名義になっています。

772 :名無しさん@HOME:2011/12/07(水) 11:20:25.94 0
ずうずうしい

773 :名無しさん@HOME:2011/12/07(水) 13:33:13.72 0
遺族と認められた方に支給されるんでない?

774 :名無しさん@HOME:2011/12/07(水) 14:35:46.69 0
えーお父上がそんなご高齢なら、
最期の最期 介護までそちらで面倒見て欲しい〜
いまさら、押し付けられても困る〜
って、本妻さん側は思っていないのだろうか?

歳喰って、用済みになったら本妻さんへ戻れって>>769凄い〜

775 :名無しさん@HOME:2011/12/08(木) 20:16:38.67 0
どっちの家族からもたいして大切にされてないお父さんもすごい

776 :名無しさん@HOME:2011/12/08(木) 20:52:45.47 O
母親はどこの国の人だろう

777 :名無しさん@HOME:2011/12/12(月) 18:31:13.34 0
525の姉が自演連打で書きこんでるな、こりゃ。・・・よっぽど鬱憤と憎しみが積もり積もっていたと見える。

778 :名無しさん@HOME:2011/12/13(火) 11:44:59.19 P
父親が若い頃、東映からスカウトされていたこと。
父がブロマイドみたいなポーズつけて撮った写真が何枚かあるのは知っていたが、
あーぁ、恥ずかしい写真(笑)とか思ってた。結局祖母が厳格な人で許さなかったらしい。

779 :名無しさん@HOME:2011/12/13(火) 16:24:36.34 0
高校生の頃痔になった。
父が金を出してくれたので少し遠いが評判の良い病院へ行き、
塗り薬を塗ってたらある日トイレに置いといた薬が消えた。
どんなに探してもなく、トイレ掃除は私の役目なので
掃除の時に間違えて捨てたのかもと思い泣いた。
父に話すと、いつもなら烈火のごとく怒る父が
黙ってまた電車賃と病院代を出してくれた。

昨日、実家の父の部屋の引き出しを開けたら、
奥からあの時なくした薬のチューブが出てきた。
痔の薬なのが恥ずかしくて貼った可愛いシールもすっかり色あせ
中身はもちろん空っぽだった。つーかペタンコだった。

父よ… 使い終わったら捨ててくれれば
私は何も知らずにいれたのに。

780 :名無しさん@HOME:2011/12/13(火) 17:47:49.01 0
 , -┴- 、
./,-、,-、,-ヽ ,-‐‐‐-、
   |   .|.    |       ________
   ‐――|‐┰┰‐|――‐  /
   |   .|( ̄ ̄)|    <  それからどしたの?
   〇ニニ|/TTTヽ|ヽ、    \
   J    |LLLLLl|`〇      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ( ̄ ̄)―( ̄ ̄)

781 :名無しさん@HOME:2011/12/13(火) 17:52:50.05 0
>>766
結婚するとき配偶者にバレると、ヤリマンの娘だから
浮気OKってことで、今度は自分がサレになるから気をつけてw

782 :名無しさん@HOME:2011/12/13(火) 18:19:08.75 0
> ヤリマンの娘だから浮気OK

こんな事考えるようなモラルのかけらもない知的障害者は
どんなにまともな家の娘と結婚しても浮気しますから。
ご自分がそういう頭だからって他の人間も同じだと思わないでください。

783 :名無しさん@HOME:2011/12/13(火) 22:44:22.77 0
1週間も前の話に…

784 :名無しさん@HOME:2011/12/15(木) 15:41:42.27 0
>>779
お父さんは病院行くの恥ずかしかったのかな?
肛門科ってそんなに敷居高くないし待合室の人はみんな同じような症状だから恥ずかしがらなくていいのに。
私は何度かいったことある肛門科は待合室はギャルっぽい子からOLさんもいるし年代もバラバラだわ。
みんな普通に雑誌読んでてソワソワもしてないし。
オッサンだって結構きてるのに。

娘の薬使うほうが恥ずかしい気がw

785 :名無しさん@HOME:2011/12/17(土) 16:55:44.72 0
肛門科って胃腸科とか内科も兼ねてるとこ多くない?
待合室のみんながみんな痔ではないと思うんだけど

786 :名無しさん@HOME:2011/12/17(土) 23:26:15.58 0
>>785
いいところは大体肛門科専門のイメージだよ。
お父さん娘のために貰いに行くならともかく・・・
娘をダシに薬ゲットとはちょっと情けないw

787 :名無しさん@HOME:2011/12/19(月) 13:22:27.91 0
処方箋で出してもらう薬は症状に合わせるから
娘の薬が父親の効くかわからんのに・・・

788 :名無しさん@HOME:2011/12/21(水) 15:47:44.78 0
(;´Д`)ハァハァ

789 :名無しさん@HOME:2011/12/21(水) 17:44:12.84 0
逆に自分が診察受けて思春期の娘に薬分けてやれよ。

790 :名無しさん@HOME:2011/12/22(木) 01:28:19.85 0
>>769
私の夫は偽者家庭の子です。

義父が亡くなった時、本妻さんと嫡出子の人が
義母に慰謝料請求をしてきた。(当然だ)
相続の手続きもものすごく面倒だった。
すべての交渉事や裁判所での手続きは
彼らの息子の嫁である私に丸投げされた。

あなたのご両親も私の義父母もなぜきちんと
けじめをつけなかったのか。
小一時間問い詰めてみたい。



791 :名無しさん@HOME:2011/12/22(木) 11:45:40.22 0
うちの父親長男だと思ってたら上に2・3人兄弟がいたことかな
どうも爺さんが×3で3人目との長男ってことだったらしい
爺さんの葬式で父親が知らない人に「兄さん」って話しかけてたり
遺産相続で九州の姉さんが来るとかなんやかんやで発覚

それを母親に話したらあんた小さい頃に義兄さんの家に行ったことあるよだって
何故か見知らぬ鳥のいる家に行った記憶はあったけどそれが親戚の家だとは思ってませんでしたよママン

しかし爺さんの時代で×3とか正直ないわーって感じなんだけどどうなんだろ
まあ自己中な性格だから仕方ないかもって感じ

792 :名無しさん@HOME:2011/12/22(木) 19:15:47.89 0
いつの時代でも一定数いそうな感じだな、何度も結婚する人って。

しらない伯父さんや伯母さんが増えたってことだよね。子供たちが知らなかっただけで
親世代は一応付き合いはあったんだね。子供つれて遊びに行くって結構関係は良好そうだ。

793 :名無しさん@HOME:2011/12/22(木) 22:57:34.55 0
>>791
戸籍の長男などのカウントの仕方は夫婦ごとだから。
相手が変われば別夫婦。そりゃ長男三人できる。


794 :名無しさん@HOME:2011/12/23(金) 08:43:18.93 P
昔は今だったら治る病気でも治らなくて若死にすることがあったのと
今と違って男手一つで子供を育てるという考え方が乏しかったから
二度三度結婚するということはそんなに珍しいことじゃなかったんだと
思うよ。うちの爺さんも2度結婚して2回とも連れ合いを若くして亡くしている。

795 :名無しさん@HOME:2011/12/26(月) 21:56:11.94 0
戦争で旦那が亡くなって再婚とか普通だしね。
お産で女性が亡くなる割合ももっと高かったし。
うちの爺さんも死別後に再婚してる。

家同士の約束でお爺さんの年齢の旦那に十代の嫁が来て
その後爺さんを看取って若い婿養子と結婚。そして嫁の方が亡くなり
婿養子が若い嫁を・・・というワケワカメな家もある。うちの事だ。

796 :名無しさん@HOME:2011/12/26(月) 23:24:36.61 O
あと今だと考えられないのが、
お産などで奥さん亡くなったのでその姉妹と再婚というやつかな。

797 :名無しさん@HOME:2011/12/26(月) 23:58:13.66 O
父母別居で母方で育ったが、母の子供じゃなかったこと
どうりで虐待されるわけだと、29歳で腑に落ちた

798 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 00:47:46.77 0
>>796
結婚は「家」を存続させるためって時代はそういうのあったね。
元々家同士の格や家風が釣り合ってもらった嫁だから、
赤の他人が後妻に入るよりは嫁の身内の方がおさまりがいい。
継子にとっても血縁者だし、複数の家にまたがって遺産で揉めることもないし。

799 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 00:57:10.90 0
>>794-796
高齢者相手の仕事してるけど
戦争で死別を3回繰り返した人とか
妻死別→妻姉妹と結婚→妻死別→また妻姉妹とryとか
昼ドラもびっくりなカオス婚歴なじいさんばあさんは結構いるよ

二人姉妹の姉(病弱)と結婚して、子が産まれなかった時のことを考慮して
最初から妹を両家公認で愛人として妻妾同居
案の定妹が男を産んだので姉の子として届け出たとかもあったな

そして皆結構そんな自分の過去に平然としてる。



800 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 02:12:44.88 0
亡くなった祖母がバツ1だったことを法事で知った。
戦前に乳母日傘のお嬢様だった祖母はそれなりのお屋敷に嫁ぐも
子ができなくて石女は不要と離縁され、初婚の祖父と再婚だったそう。

が、その後4人産んで全員無事育ってる。
祖父(故人)は家柄も金もない職人で、若くして両親も亡くして
必死に働いて一代でそれなりの生活ができるまでになった苦労人。
祖母がお嬢様だったことは聞いてたから、当時としてはつりあわないと
祖母実家から反対されたろうにと思ってたけど、
再婚でしかも石女という理由で反対されなかったんだろうと。
できないと思ってた子供いっぱいできたのは予想外だったろうけど、
じーちゃん子供達をめちゃくちゃかわいがってたそうだから、
離縁されて良かったのかも。

801 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 08:59:15.38 O
祖父のお葬式でわかったこと。

ひいじいさんは旅行先の商家の娘に一目惚れ、駆け落ち。生まれたのがうちの祖父。

商家の娘、連れ戻されたので、ひいじいさんは親が決めた地元の娘と結婚。子供五人誕生。
祖父はここで一緒に育つ。

商家の娘再婚。子供四人。

ひいじいさんは親が決めた相手が気に入らず、
離婚はしなかったけど家を出て死ぬまで愛人と暮らした。子供二人。

ひいじいさん、田舎の普通の地味な人だったけどね。金持ちでもない。
うちの親も初めて全体像を知ったらしいが親のいとことかすごい数。

802 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 10:28:25.80 0
そういうカオスな状況になるのも、昔は、家の存続>個人の幸福 だったからかな
だからお家の都合で配偶者がすげかえられたりもする
世帯主が絶対だから、子供まで出来たのに連れ戻されたりも

803 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 13:04:31.34 0
>>800
ソレナリのお屋敷のボンのほうが種無しだったんだろうな
今どうなってるんだろう 間男の子孫がついでたりしてw

804 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 13:06:36.73 0
>>800
当時は種無しという発想はなかったのかね
子供が出来なかったら絶対女のせいだよね
ばあちゃん乙

805 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 13:09:34.46 0
>>801
親が決めた相手だから気に入らないくせに
四人も産ませる程やりまくるひいじいさんもどうよ

806 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 13:37:54.26 0
当時は「産めよ増やせよ」の国政だったのでは

807 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 15:17:01.70 0
避妊なんておまじない程度しか出来なかったしね。
子を作るのは愛情の結晶とかでなく家の存続がかかってる事だから
愛が無くても作るのは当然なのです。

808 :名無しさん@HOME:2011/12/27(火) 19:24:41.53 0
昔の衛生状態や医療じゃ、子供は(というか成人してからも)
あっさり死んでしまうこと多かったし、戦争なんてあったらなおのこと
死亡率も高くなっちゃうから、保険の意味でも
跡継ぎになる子をとにかくたくさん産んでおかないとって感覚だったみたいだね。

809 :名無しさん@HOME:2011/12/28(水) 13:58:42.99 0
避妊自体知識が無かったというのが大きいんじゃないかな?
うちの95歳の婆ちゃんも子供を作らないようにする知識なんて、
その当時は庶民には無かったと言ってるよ。
もう一人の婆ちゃん(昔ながらのではなく、資格を持った助産婦)程度でやっとその知識がある程度。
別にすぐに死ぬから沢山有無というのは違うと思う。
子供が10人いようが一人しか居なかろうが、悲しいのは同じくらいだし。
まあ家の存続としてはそうだろうが。

810 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 00:29:26.01 0
旧家だったり豪農だったりすると、跡継ぎ男子が死んだ時困るから
次男三男ができるまで作り続けるとかよくあったそうだよ。
言い方悪いけど跡継ぎのスペア。
もちろん産み分けなんてなく都合よく男ばかり続くわけじゃないから、
複数男子ができる頃には結果的に大人数。

811 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 01:08:18.68 O
いま65歳のうちの母と祖母の末の妹は同い年だ。
つまり、祖母と曾祖母で親子同時妊娠。
やっぱり避妊の知識とかなかったからだろうね。
秘密とは違うけど、大人になって考えてみて恥ずかしいなと思った。

812 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 02:50:01.91 0
母子同時妊娠は現代でもあるよ。
大家族もので長女とその母が同時期に妊娠してた。
十代で出産も珍しくなかった時代なら
孫ができても三十代とかだろうし。

813 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 11:49:45.97 P
荻野博士が避妊方法を提唱したのは昭和になってからじゃないか?

814 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 13:43:03.93 0
避妊教育のない時代の既婚者でもセクロスが子作りって認識はあったし、
夫がしてないのに妊娠したら間男だって認識もあった。
セクロスしないと妊娠しないという一番確実な事実は理解してたよ。
でも富国強兵生めよ増やせよ時代続きで避妊する必要がなく、
後継ぎや予備が欲しい社会的ニーズとも合致したり
遊ぶ金ある人以外は娯楽や発散の場もなく子沢山だったんでは。

815 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 14:17:12.51 0
一番金のかからない娯楽だからね
だから難民キャンプの大問題は避妊で無料でゴムを配る

816 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 14:26:08.26 0
しまった、スレ違いだった。

自分が知った秘密は大したのはないけど、
親の離婚理由が父親の浮気だということ。
自分が幼稚園頃に別れて以来、一度も連絡を取ることもなく
母が理由を言わなかったのでよく分からなかった。
でも大人になって、雑談の中でそのことが出てきて、私が知らないままだったのに逆に驚かれた。
なんとなく気がつくものだと思っていたのかな。

817 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 23:14:57.69 0
>>813
荻野博士が提唱したのは「避妊」方法じゃなくて「妊娠しやすい」方法じゃなかったっけ?

818 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 23:38:30.11 0
オギノ式は避妊じゃなく不妊治療のひとつで、
妊娠しやすい時期を割り出す方法。逆に妊娠しにくい時期もあるから、
その時すれば避妊になるって発想だけど確実ではない。

>>816
離婚理由知らなかったってことは、お母さんはお父さんの
具体的な悪口や恨みごと言わなかったんだね。
それってすごいと思う。

819 :名無しさん@HOME:2011/12/29(木) 23:56:34.22 0
同感。

820 :名無しさん@HOME:2011/12/30(金) 10:53:49.13 P
オギノ式は確実な避妊方法ではないけど、
コンドームが普及する以前の時代に庶民でも
できる避妊手段としてバチカンも推奨した。

821 :名無しさん@HOME:2012/01/02(月) 16:37:18.18 O
義父の死去し、三代前まで義父の戸籍を調べる必要があった。戦時中の期間もあり、義叔母が×1とか、亡くなった義父の兄弟がいたりとか知った。
昨年亡くなった義母の弟がいたことを今年きいた。
叔父なのに旦那が小さい頃からなぜか疎遠で、付き合いもなかったとか。
何があったんだろう?
嫁だから知る必要もないが。

822 :名無しさん@HOME:2012/01/02(月) 20:30:29.53 0
私が高校生の時に亡くなった祖父は実の祖父ではなかった
祖母が幼い母を連れて再婚した相手だった

これを知ったのは成人し、祖母も亡くなった後

祖母との間に何があったのか、母も知らない
ただ祖母は戦争に行った実の祖父を「死ねばいい帰って来るな」と願い続けていたとか…(生還した後別れたとか)

別の家庭を持ってる実の祖父は生きていれば90歳は越えてる筈
母の腹違いの兄弟もいるようだが、離婚後は一切の連絡がないようだ

今更会いたいという感情も湧かないが、いくらなんでも祖父が亡くなってたら連絡あるよなぁ
戸籍に載ってるんだし

823 :名無しさん@HOME:2012/01/02(月) 23:54:59.69 0
>>822
連絡が来るかは祖父と現在の家族の関係にもよるかも。
遺産があれば来ないかもしれないし、
なくても今更親戚増えて厄介なことになったら
面倒だという思いで連絡しないかもしれない。
相手の家族も先妻や異母兄弟が何してるかわからないなら、
もしかしたらスジ者やタカリ体質で連絡を期に寄生されるかもという危惧がある。
逆に、異母兄弟がスジ者タカリ体質だったら822さんの家も厄介。
他界の報告だけじゃなく、これまで祖父の介護をした自分達に
血縁者のあなた達一家が何らかの礼を尽くせ的に言われる可能性もある。

配偶者や腹違いの兄弟が全員他界か失踪でもして
身内と呼べる者がいなければ、行政なり警察なりが介入して
戸籍調べて連絡来るだろうけど。

824 :名無しさん@HOME:2012/01/03(火) 02:46:40.34 O
優しいと思ってた祖母(既に亡き存在)が、母に対して嫌みなんかを吐いたりしてたらしいこと。



825 :822:2012/01/03(火) 08:39:13.79 0
>>823
そっかそういう事もあるよな家庭板とか見てると…

うち父方しか親戚居ないし、逢った事もない叔母叔父や多分居る従兄弟にはちょっと興味あったけど
イイ人とは限らないんだよな

826 :名無しさん@HOME:2012/01/03(火) 12:47:55.44 0
30過ぎで結婚したけど、その直前に実は父と血が繋がってないと母から告白された。

戸籍謄本とる機会なんて今までなかったし気付かなかったよ…

小さい頃から父は嫌いだった。
妹との差別はひどいし、何もなくてもいつも怒られてたから。

だからショックとかじゃなく、謎が解けたみたいな感じだった。
父親の態度はだからだったのか!みたいな。
スッキリしたというか…

暴露がこのタイミングで逆に良かった。
この歳なら余裕を持って納得できるし。



827 :名無しさん@HOME:2012/01/03(火) 13:42:39.36 0
義父の老後の面倒は、妹に丸投げでいいじゃん。
妹と義父は、実の親子なんだから、遠慮なく投げていいよ。

828 :名無しさん@HOME:2012/01/03(火) 21:24:02.42 0
>>827
介護は妹にお任せしたいけど、妹が先に逃げそうw
そういう奴なので。

ただ父本人は、寝たきりになるくらいなら死んでやると言ってるけど。

829 :名無しさん@HOME:2012/01/03(火) 22:15:07.11 0
>>828
そのアホ親父の面倒なんか絶対みちゃダメ!幸せになりなよ。

830 :名無しさん@HOME:2012/01/04(水) 15:18:13.03 0
実の娘が逃げるぐらいだもん、827も逃げていいよ。
絶対に義父の面倒なんて見ちゃダメだよ、命令だ!

831 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 00:35:59.46 O
祖母はバツイチと聞いていたが、実はバツ2だった。

2回とも子供ができなくて追い出されたらしい。
がうちの祖父と再々婚してから13人産んでたw

832 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 00:42:03.48 0
>>831
前の夫ズが種無しなだけじゃん
女ばっか石女扱いとか腹立つわー昔の話とは知りながら

833 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 02:13:36.25 O
私と兄の間に三人も子供ができては中絶してたらしい。避妊ぐらいしろよ。呆れるわ。

834 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 09:55:46.87 0
無精子症って数が極端に少ないだけで全く精子が無いわけじゃないから
13人も産める嫁なら種無しでも一人くらい授かったかもしれないのに。
前夫達は幸運を逃したな。

835 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 14:48:07.36 0
>>834
それはどうだろう?
昔の戦国大名みたいに沢山の側室がいたら誰か一人は・・・となるかもしれないけど
嫁一人だけだと難しいと思うよ。
普通の問題ない夫婦でも妊娠する確率は20%らしい。



836 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 20:32:38.98 O
実家のばあちゃんが死んだのを知らなかったこと。

実家に電話して世間話してたら、電話の向こうで玄関のピンポンの音。

兄が来たから電話切るわ、これからばあちゃんの葬儀なんだわ、と母。

私が電話しなかったら言わないつもりだった。
もちろん別に住んでいる姉にも連絡なし。

膿家脳長男教のばあちゃん、兄だけが葬儀に出るよう遺言してたらしい。
葬儀は兄、両親のみ。
隣に住む兄家族すら参列してない。

故人の意志で献体に出したばあちゃん、その後納骨されたかどうかも知らん。

837 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 20:50:49.08 0
>>836
両親は(特に母親は)それでよかったの?

838 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 22:15:51.21 0
ばあちゃんに何があったのか、そこまで葬儀を縮小するなんて。

839 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 22:46:57.83 O
母もばあちゃんも『そういう人』としか言いようがないんだよね。

姉も私も遠いから面倒かけたくないから来るなって。
車や新幹線で3時間なんて遠くないけど、要は兄さえいればいい人なんだわ。

私は驚きはしなかったけど私の夫の方がそういうわけにはいかないって私を実家に強制送還。
既に葬儀は終わっているし、遺体も献体に出されたあと。
ほとんど付き合いはないけど親戚には初七日にハガキ送ってた。

兄はばあちゃんと母の忠犬みたいな奴だから、父が死んでも同じことがおこるかもしれん。


840 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 22:48:10.27 0
膿家なんてそれこそ葬儀は結婚式並みに盛大にやりそうなもんだがな。
それとも長男教高じて、自分のために見送り以上に長男の手を煩わせたくないとかだろうか。

841 :名無しさん@HOME:2012/01/06(金) 22:49:18.79 0
>>839
実家の心配するより
自分の旦那の世間体大事の見栄っ張りを問題視しなさいよ

842 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 00:02:21.79 O
母親が、姉妹二人独立したら父親と離婚しようとしてる。仕方のないことなのかもしれないけど子供としてはキツい現実だよorz

843 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 01:28:03.52 0
いま3兄弟だけど、本当は4人目の弟か妹がいた。
堕胎したそうだ。
酔った時に父親が話したが、こんなことは聞きたくなかった。

844 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 08:41:46.68 0
祖母の妹の夫の姉夫婦が、かなり有名な大量殺人事件の犯人だったこと。
事件発覚後は一切かかわりを持っていないらしいが、
多分まだ死んでないとのこと。


845 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 09:38:26.77 P
>祖母の妹の夫の姉夫婦
そこまでいくと身内じゃなくて他人だわな。

846 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 10:33:03.07 P
そんな遠い無関係者でも公的機関への就職は無理だったりすんのかな?
すごく堅い家庭の子との縁談は難しそうな気がするけど
ぶっちゃけ言わなきゃ分かんないぐらいに遠い遠い親戚というか
親戚の範疇には入らないとも思うな。
親戚筋を辿ると繋がるけど血縁でもないしね。

847 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 13:15:09.58 0
>>842
それって子供に言ったらだめじゃん?
どっちかニートになったら離婚できないし、
暗に離婚止めてって言ってるのかとか考えちゃう

848 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 17:28:53.98 P
>>847?????
ニートになろうが性別が変わろうが離婚すればいいと思うが?
独立って学生終ったらって事じゃねぇの?
今娘2人が働いてるなら、離婚を機に家を出ろよって事だろ

娘が大人になって、分別がつくと判断したから話したと思うよ

849 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 18:19:20.73 O
>>842
うちも一緒だw
離れた弟(今大学一年)が卒業したらなりそうwww

でも、オカンのすきにすればいいと思ってる。ド田舎自営業の本家に同居で嫁いだオカンが相当大変だったのは、子供ながらに思ってたから。

5人男兄弟の次男である父親もちょっと変わってる。あ、でもオカンが家を出たいのは、不倫とか借金とかではなくて、考え方が合わないっていう理由だけどね。

父方祖父母にとって私は内孫。ずっと同居してた訳で、嫌いじゃないけど、スッゲー難しい性格(考え)の家柄なのは今はもう理解してるから、実家でなにかあった時にはオカンの味方に付きたいと思ってるよ。

850 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 21:35:16.45 0
>>844
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8F%E6%AE%BA%E4%BA%BA#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E5.A4.A7.E9.87.8F.E6.AE.BA.E4.BA.BA.E4.BA.8B.E4.BB.B6
どれだろう

851 :名無しさん@HOME:2012/01/07(土) 22:30:18.92 0
>>849
息子が大学生ならオトンはまだ現役バリバリな年代と思うが、
オカンは離婚したら身を寄せる処はあるのか

852 :名無しさん@HOME:2012/01/08(日) 01:04:52.15 O
>>851
両親今56。まぁ自営業だし現役っちゃ現役。弟19、自分25、兄貴28ね。

オカン方の祖母は他界、祖父はボケてるから既に施設。身寄りといえば独身の妹(私のおば・40代)かなぁ。無条件でオカンの味方だし、オカンの苦労をずっと見てきたから、いまだにパパ家のことはあまり良く思ってない。笑

私も結婚願望ないし、親の金銭支援しても余るだけ稼いでいるし、なんなら一緒に住んでもいいと思ってるんだけどね。“本家の嫁が家出る”ってなったら、風当たり厳しいのはオカンだし、私一人くらいオカンの味方になってもいいかと思ってる。

853 :名無しさん@HOME:2012/01/08(日) 19:34:15.35 0
父方の祖父母が在日朝鮮人だった。北か南かは不明。父親も詳しく知らないらしい。
自分が生まれる前に親が帰化していたので自分も一応日本人だけどね。

854 :名無しさん@HOME:2012/01/09(月) 13:37:30.83 P
>>844ー両親ー祖父母
        |
      祖母妹ー夫
          |
         夫の姉夫婦=殺人犯

近いようで遠いようで、近いのか?
でも祖父母が父方で祖母妹が実家姓を名乗ってても、その夫の姉は
姓も違うだろうし、影響無いか少ないと思うけど
夫婦で殺人犯ってことでもどれなのか絞るのは難しい
載ってるのは6人以上の事件だけだし

855 :名無しさん@HOME:2012/01/09(月) 16:14:35.19 0
>>844
赤の他人だしあなたには全く関係のないことだから忘れてしまっていいと思うよ。

856 :名無しさん@HOME:2012/01/09(月) 18:14:51.71 0
ひょっとして、こないだテレビでやってたやつかな…
糞旦那に嫁いだ奥さんも段々染まって最終的に旦那より悪玉になっちゃったやつ

857 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 01:52:14.74 O
母方祖父が次男にも関わらず長男を差し置いて家を継いだ理由

858 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 08:57:32.75 P
子どもの頃に非常に可愛がってくれて両親とも仲良くしてたはずの
伯父一家といつの間にか絶縁してた。
「詳しくは言えないがあいつらが酷い事をしたんだ」という両親の言葉を
なんとなく信じてきたけど大人になってみて分かった。
酷いのはウチの両親。
伯父一家と絶縁した頃から何かと言えば「金がない金がない」と
我慢を強いられ進学するにも一苦労だった。
金がないない言いながらも一生懸命働いているならまだ諦めもつくけど
父親は仕事が続かない低所得リーマンで母親は扶養範囲内のパートしかしてない。
それでも二人合わせて30万くらいの月収はあったはずなのに
入れば入っただけ使う性格で「貯金」というものを一切してない家庭だった。
車検とか賃貸の更新とかでまとまったお金の必要が出たら
おばあちゃん(父方祖母)にたかりに行ってたらしい。
そんな両親の浪費生活を心配して父方祖母と同居してた伯父夫婦に
苦言を言われていたようなのを「酷い事」と変換したのが絶縁の原因だってさ。
あーそうか。そういや絶縁したのはおばあちゃんが弱ってきて死んだ頃だわ。
葬式には行ったけど以降の交流ゼロだったわ。
私がどうにか就職して貯金して一人暮らしをすると言ったら
すごい勢いで止められたけど家出みたいに独立した。
一人暮らしになってみたら実家にいて金取られてるより生活が楽になった不思議w
この間思い切って伯父家におばあちゃんの仏壇にお参りさせてと
訪ねてみたら伯父も義伯母もものすごく喜んで迎えてくれた。
両親が相変わらず貯金ゼロなその日暮らしな事を伝えたら
まぁそうなの…それでもあなたは立派になって…と泣かれた。
おばあちゃんがあなた達(私と妹)にとお金を残してくれたのよと
100万もらったので親には内緒で妹の自立費用に当てるつもり。


859 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 09:37:26.02 0
>>858
親にはお金の援助しちゃダメだよ!妹と一緒に縁切りしてもいいかも。相談は伯父夫婦にするといいよ。

860 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 09:49:02.90 P
>>858だけじゃ書き足りなかった。
思えば「絶縁」の頃に両親が家を買って引越したんだけど
それは祖母の遺産を伯父が平等に分けてくれたから出来たことだったらしい。
そういえばあの頃は海外旅行にも行ったりしてなんか羽振りが良かったなぁ…。
あと「酷い事」のもう一つは、祖母の遺言により
私と妹名義の口座を作っていくばくかのお金を残してくれてたのを
伯父達が管理して進学費用にあててくれていたらしいこと。
進学のたびにブツブツ言われたのは伯父家に振込のお願いにいかなければ
いけないのを鬱陶しく思っていたからじゃないかと。
もう就職して独り立ちしたからと伯父が私名義の通帳印鑑をくれたのを見たら
綺麗に進学費用分だけが引かれていた。
妹のも同様に管理してくれているようで安心した。
自分の分の残金は数十万だったから自分の貯金として大事に持っていることにした。
前述の「100万」は進学費用とは別に残してくれてたお金だった。
どう考えてもおばあちゃんの遺産と伯父家の管理がなければ
私と妹は進学も満足にできなかった状態。

ものすごくサスペンスな「秘密」じゃないんだけど
大人になって自分の親が「計画性のないクズ」という事を
思い知るのはやっぱり辛かった。

861 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 10:05:51.13 0
>>綺麗に進学費用分だけが引かれていた
立派な伯父さん夫妻だなぁ。姪たちが知らない祖母の遺産なんて
伯父さん夫婦が自分たちのために使ったって、>>860姪たちは
文句言いようないのに、律儀に守っていてくれたんだ。

862 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 10:29:18.06 0
>>811
>>812
明治生まれの女性などではそういう例は多くあったと思う
私の祖母も長子と末子は20歳以上離れていて
末子は43歳で産んでる
私は30代だが父母とも明治生まれの子沢山の下の方の子だったので
もう曾祖父母に幕末に生まれた人(慶応生まれ)がいる


863 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 12:08:12.43 0
>>858さんの伯父さん夫婦はいい人たちだよねー。
妹さんと858さんが無事親元から逃げ切れますように。

864 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 14:43:16.22 0
>>862
うちの母(8人兄弟の末っ子)は年下の姪がいるよ。
長女が嫁いで出産後、末っ子を妊娠出産。
上の兄弟姉妹とは一回り以上年が離れてるから、実際の兄弟より「姪っ子、甥っ子」が兄弟のように思っていたそうだ。
(私も実際のいとこ達より「いとこの子供」をいとこだとずっと思っていたw)

865 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 21:22:15.15 P
>>858です。
なんかありがとうございます。
つかすんごい長文ですいません。
自分が親に疑問を持ったのは中学入学時。
制服代(一式で6万ぐらいだった記憶)をすんごく渋られた。
制服の金額の案内とか指定購入場所の案内とか
夏頃には貰ってたのに小学校卒業間近になってもお金がないない言われた。
もう中学校に行けないんじゃないかと焦って担任に相談したら
PTAで一部の家庭向けに卒業生のお古を貰える会があるからと言われて
良かった貰えるんだ!これで中学校に行ける!と喜んで
親に伝えたらなぜかすごく怒り出して翌々日ぐらいにはお金を持ってきたこと。
後から考えたら「一部の家庭」というのは生活保護家庭とかなのかと
思ったけど、ウチだって保護受けてなくてもお金ないじゃんと。
どっかにお金あるなら何ですぐ出してくれないんだろうと腹が立った。
これも伯父に聞いたら「進学に関わる費用なら先に自分達で貯金して出した後に
領収書なり持ってきてくれれば貯金からおろすよ」と父に言ってあったのに
結局「先払いして領収書を持ってくる」という事は一度もなく
いつもギリギリに請求書だけ持って押し掛けてきてたそうな。
中学も高校も大学もずっとそんな調子。
ある日突然進学するわけじゃなし、月々少しずつでも貯金しとけば
制服代もないって事はないだろうになぁと伯父がため息をついてました。

ちなみにウチの浪費は主に食料品と父の酒代。
食卓は確かに豪華な家だった。稼いだ分は全部腹の中。
自分で働いて食べてってみると何てバカな家だろうと思います。

866 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 21:44:31.22 0
伯父さんの>>865姪たちを思う気持ちがあったからこそ
ちゃんと中高大と進学できたのだねぇ
伯父さんは865両親の享楽的な生活では姪たちが苦労するって
見抜いていたんだろうね。
本当に伯父さん伯母さんが善い人でよかった

867 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 22:00:05.46 0
伯父の死因が自殺だったことかな
ずっと祖母似で体が弱くて20代そこそこで病死したんだと聞かされていたが
成人してから「実は・・・」と母(伯父の実妹)が話してくれた
もう40年は昔の話だけど、地方から東京の某名門大学に進学した伯父。
長男坊だったしそりゃもう仕送りもいっぱいもらって支援されてた
当時の母実家は結構裕福だったんだが、そこに目を付けられて揺すられていたらしい
なんでも学生運動の資金に利用されていたとか
伯父は事実を話したら実家に迷惑かける、ゆすりたかりも激しくなってくる、という状況に耐えられなくなってしまった
(母曰く、気の優しい人だったそうな)
そしてとうとう下宿で・・・
これがきっかけで祖母は精神を患い(祖父はすでに故人)母が実家の一切を切り盛りしなければならなくなったそうな
幸い協力的な親戚もいたから良かったけど、もっと親孝行せねばと思ったよ・・・

868 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 22:03:30.76 0
>>858
妹も強い意志で独立しないと食い物にされそうだなぁ

869 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 22:30:15.67 0
伯父さん出来た人かも知れんがやりすぎやな。
弟が親として自分で責任取らないといけないところまでやる必要は無い
そこまでやるならきちんと養子縁組したほうが、責任ある大人だね。

870 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 23:40:57.33 P
>>858はそんな毒親のもとでまっとうに育ったんだ。
妹が毒されないよう早めに独立させたほうがいいよ。
それにしてもおばあちゃんはそんな息子を見抜いて
孫にお金を用意しておいてくれたんだろうけど、
孫に対しても息子に対してもちょっと甘いよな。

871 :名無しさん@HOME:2012/01/11(水) 12:09:28.05 P
>>869
いくらなんでもばあちゃんの遺産管理して学資出してやるのと
養子縁組までしてやるのとでは責任の重さが違いすぎるっしょw
858姉妹が親と同じ享楽DQNに育っちゃう可能性だってあったワケだし。
858の両親みたいなタイプはどうやっても治らない。
浪費の限りを尽くして堕ちていくのみ。
伯父夫妻とばあちゃんの陰ながらの善意が実を結んで
姪がまともに育った事の方が奇跡。

872 :名無しさん@HOME:2012/01/11(水) 18:26:34.35 0
>>869
それこそやりすぎw

873 :名無しさん@HOME:2012/01/11(水) 21:56:22.63 0
世の中捨てたものではないな、と思えるいい話だった
伯父GJ

874 :名無しさん@HOME:2012/01/12(木) 09:39:24.88 0
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

875 :名無しさん@HOME:2012/01/14(土) 15:41:59.89 0
>>864
862だけど
父方の祖母の長子(私の伯母)はもう91歳になってる
正月などに祖母の家に親戚一同が集うと
色んな世代の人が祖母の事を
お姉さん・お母さん・おばあちゃん・ひいおばあちゃんと呼ぶので
子供の頃には見ていると面白かった記憶がある







876 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 00:02:46.57 O
全然秘密じゃないけどうちの曾祖母(生きていたら122歳)の最初のひ孫は50過ぎなのに対し最後のひ孫はまだ小1だよ

877 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 00:27:39.76 0
昔からガラの悪いDQ父親だったが、当時は地元で一番の不良で人を刺して少年院へ
2回行ってた事がわかった。
少年院に入ってる時に、度胸試し的にちんこに真珠もどき(歯ブラシの柄を削った物)を
5個入れて、年をとってきたせいか排出しちゃって今は1個しかないらしい。
育ちの件はともかくシモの話なんか聞きたくなかったし、横でウフフ言ってる母親も見た
くなかった。ああキモイ。
しかし父が少年院入ってる間に私授かった計算になるんだけど、その辺わかってるん
だろうか。
あああキモイ。

878 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 01:18:26.81 0
父は父じゃなかった
って事?

879 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 03:24:29.92 P
ドキュンは頭悪いから気づかないよ
ドキュンの血を引かないですんでよかったじなん

880 :877:2012/01/15(日) 09:41:04.50 0
>>878
計算するとそうなるんですよね。
父親は気がついてないようで、母親はバレてないと思ってるかも?

>>879
母親も相当アレな人なんで、小さい頃から二人をダメな見本と思って頑張りました。
離れてから自分自身、常識が無い事に気がついて焦って社会常識を勉強しました。
今では見事没交渉です。

ありがとうございました。

881 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 10:06:23.91 O
母はバツイチで私が生まれてから父と籍を入れた。
兄の父親は元夫だと思ってたけど、もしかしたら違うかも?
兄は誰の子か尋ねたら、また今度話すとか言われて何か秘密があるのだろうかと疑ってる。

昔、父と兄が仲よくなかったり、私がパスポート(戸籍書類)取ろうとしたら母が目茶苦茶取り乱した事とか他にもおかしな事あったなぁ。
母は自分がバツイチ再婚なのに私が離婚考えた時、大反対して我慢しろとか言ってきたのが腹立つ。
母は養子で実親知らないらしい。
私の父が亡くなってから中古だけど家2つ買った(保険金いくらもらったんだろ)、まだまだ秘密隠してると思う。


882 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 12:55:34.74 0
実祖父が戦死した関係で、
嫁に婿をとっていた我が家。
曾祖父母の遺産(てか田舎の家屋敷、田畑)は1代飛ばして父が相続(20代)
祖父母(義理祖父と実祖母)、その実子である叔父叔母と同居していた。
小さい頃から法事やら折々に訪れる親戚の関係がわからず???となっていた訳だと知ったのが高校卒業後。
孫たちはかわいがってもらっていたと思うが、
祖母は実の子である父を追い出して義理祖父との子に継がせたいと思ってたらしい。
本来ならそんなことすれば自分たちが追い出されるだろうにねえ。
そしてうちの父母の稼ぎをかなり後まで管理してかなり貯め、
叔父2人が結婚するときに家を建ててあげてた。
私はうちが貧乏なのだとばかり思っていたので、服もぼろぼろになっても買ってくれと言い出せなかったのに。
田舎にはありがちなのかなあ。

そして同居していた叔母は略奪→駆け落ちして後で連れ戻されていた。
駆け落ちした男は妻のもとに戻り、
ケチのついた叔母はもらってくれる相手が見つからず、母方の親戚のつてで結婚したが
その結婚式の日まで下にもおかず大歓迎していた母方親戚及び母を、
叔母の結婚式帰って来た時から無視してたw

それをグチグチ繰り言をいう母もなんだかなあ、なのですよね。
いや、言いたくなるのわかるけど、エンドレスだからね…
そのくせ私が妹の愚痴を言うと聞きたくない!
と説教ですよ。めんどくさい。

883 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 13:46:18.88 P
なんかゴチャゴチャしてるなぁ

884 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 15:06:45.30 0
父がエネでしょうよ
自分が相続した資産を自分で管理せずに
実母に好き勝手にさせてたからでしょ

885 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 23:17:34.52 O
母の周りは敵だらけだね

886 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 06:43:09.92 0
祖母が毒で父がエネで母がデモデモダッテちゃんか。
祖母が死んだときが見物だな。

887 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 06:47:24.01 0
>>882
母親にとっては妹も可愛い子供だから
妹の愚痴言っても共感してくれないよ。

ところで母親は祖母が寝たきりになった時に介護するんだろうか。
するんだろうな。

888 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 15:41:28.12 0
秘密でも無いけど
私の叔父と叔母は正確な生年月日が不明
戦時中に生まれたので混乱してたんだろう

889 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 18:19:36.68 O
>888
昭和32年1月生まれのうちの父親には昭和31年11月生まれ説があるのだが

890 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 19:33:51.96 0
戦時中は混乱してて、住民があちこちに疎開してたり
役場が焼失したりして届けられないこともままあったろうね。

親の出身県内には豪雪地帯があって、そこでは
雪が降ったら役場行けないからその間生まれた子の出生届は翌春、
しかし3〜4ヶ月前に生まれてましたじゃ怒られるから、
春になって最近生まれたことにして届けるのが戦後も行われてたそう。
さすがに今は除雪車とかもあるし普通に届けてるそうだけど。

891 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 19:38:19.12 0
「戦時中は混乱してて」といえば『砂の器』を思い出す。
ああいう戸籍乗っ取りで他人に成りすます人、大勢いたのだろうか?

892 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 20:23:43.98 0
色々あるのね

893 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 23:07:35.25 0
>>891
震災で壊滅した街なんかは現在進行形で起きてるんじゃないの
やってるのはヤクザと中国人と朝鮮人だろうけど

894 :名無しさん@HOME:2012/01/17(火) 03:51:23.73 O
父方の祖父母が実は駆け落ちだった。
祖母は資産家のお嬢様で、結婚相手は無理矢理親が決めた人だった。
家柄に合った家の男性と結婚させられ、嫁いだ日に嫁ぎ先から逃走。
その後、毎日郵便を配達しに来る男性(祖父)を好きだった祖母は祖父に思いを告げる。
その後に郵便配達の自転車(時代が時代なのでバイクではない)の荷台に祖母を乗せて、二人で駆け落ちしたらしい。
何てロマンチック!大正ロマンラブストーリー!とか思ったが、その後色々大変だったらしい。
激怒した祖母の父は、娘には財産をびた一文譲らん!と縁を切られ、二人の間に出来た八人の子供も戦時中に五人死んだ。
父は三人姉弟だと思ってたんだけど、八人もいたとは…。
おじいちゃんとおばあちゃん、駆け落ちするだけあって仲良かったんだなwとか思ったり。

でもおばあちゃんは結構、変わり者な人だったらしい。
三度の飯よりカロリーメイトとポカリ!な人で、晩年は毎日それを食べてたらしい。
世の中にこんな美味しいものがあったとは!と偏食っぷりを晒してみんなに心配されたとか。
蝶よ花よのお嬢様暮らしから、郵便配達の青年との貧乏暮らしで味覚が狂ったのか何なのか…。
でも、貧乏暮らしでも愛があったから幸せだったんだろうな。


895 :名無しさん@HOME:2012/01/17(火) 11:45:47.47 0
>891
戸籍は、2箇所に分けて管理してる
その2箇所とも紛失した時、届出にしたがって戸籍を作り直す
2箇所同時に紛失するようなコトは戦争みたいなコトが無い限り
無いはず だから“砂の器”みたいなコトもあった

>891
被災地で“ココからココまでは自分の土地だったのよーーー”って、なまった日本語で
騒いで居た人がいたってニュースがあったけど
今は、ネットワークで管理してるから乗っ取りが何処まで出来るんでしょうね?

896 :名無しさん@HOME:2012/01/21(土) 12:43:18.04 0
>>894
祖父母は幸せだったと思う。

897 :889:2012/01/24(火) 13:14:35.29 O
>>890
確かに父の生まれた頃は祖父の生まれた頃ほどではないが未開の土地だったね
現在でも吹雪でたまに通行止めになり父の出身中学では受験前に車で30分の高校の近くの旅館に泊まったりして
父は同じ町内なのに下宿生活、
現在は父の出身中学は私の出身中学に統合されたけど吹雪時などに泊まるスペースが出来たらしい

しかし11月が1月になったのは甚だ疑問
祖父の性格なら十分にありえるがまだ20代でしかも産後とはいえ祖母の当時の家庭内地位はそこまで低かったのか?

898 :名無しさん@HOME:2012/01/24(火) 17:55:26.60 O
父方の祖母の死因が自殺だった。祖母が死んだ時私は小学一年生。親からは「事故死」だと聞かされていた。最近親戚から「実は」と教えられた。自宅にある井戸に飛び込んだらしい。

あとプチだが両親ともアスペ。機能不全障害家庭だったのを知った。と同時に自分がアダルトチルドレンであることも知った。

899 :名無しさん@HOME:2012/01/24(火) 18:18:30.43 0
私の父は昔から浮気性だった、のは知っていた。
幼稚園の頃に父と当事の彼女と3人で動物園に行ったことがあるのでw


大人になってから、最近母に聞いた話。
うちは両親と兄と私の4人家族だったのだが、兄が独立し、
私も学校卒業と同時に独立、実家を離れたのだが、
両親は当事流行っていたIターンとかいうので、田舎に家を購入、引っ越した。
その時父が母に、「彼女と3人で住みたい」と言いやがったらしい。
しかもその彼女(20代前半)で、うちの兄とも知り合いだったらしく、
とんでもないことを兄に持ちかけてたらしく、
「兄君と結婚したい!そうすればずっと(父)さんと一緒にいれるから(ハアト」って・・・。
結局どんな修羅場があって事態を収拾させたのかは、母は語ってくれなかった。

って話を、父のガンの手術の待ち時間に母からにこやかに話された。





900 :名無しさん@HOME:2012/01/24(火) 18:41:18.04 0
兄ちゃんに失礼すぎだな

901 :名無しさん@HOME:2012/01/24(火) 19:31:32.32 0
うちの父も浮気してるっぽい不倫か?
しかも相手が父の兄の嫁。
いつからそういう関係だったのかわからないけれど
従兄弟だと思ってた人が異母兄弟だったりして・・・
母から聞いた話なのでどこまで本当かわからないけれど
昔から田舎にしょっちゅう帰ってたな〜


902 :名無しさん@HOME:2012/01/24(火) 21:21:02.11 O
かなりプチな事なんだが。
母の兄嫁は、母の学生時代の大親友なんだそうな。
兄2人妹1人の4人兄妹なんだが、兄嫁2人+母&母の妹の4人で温泉旅行に行っちゃうくらいの仲の良さの秘密はコレだったのかー!
と最近知って納得しました。

903 :名無しさん@HOME:2012/01/25(水) 09:00:15.16 0
>>902
なんか幸せそうだね。

904 :名無しさん@HOME:2012/01/25(水) 12:40:07.93 0
母が私に対して必要以上に婚前交渉に煩いのは
母の姉が昔、決まっていた見合いを蹴ってほぼ駆け落ち同然で男と逃げたのを見たかららしい
母が極端に潔癖なのは姉の反動だったか…
祖母(母の母)は逆に「結婚する前に同棲してみろ」って言うくらい軽いわ
怒り狂う祖父と母に黙って、仕送りもしてあげてたらしい

905 :名無しさん@HOME:2012/01/31(火) 08:40:04.19 0
いい、おばあちゃんじゃないの。

906 :名無しさん@HOME:2012/01/31(火) 11:16:00.50 0
潔癖になる母の気持ちも、結婚前に試せ見極めろという母の母の気持ちも分かる。
母の姉の見合いが政略結婚だっただろうことも分かる。
母の姉も母も幸せな結婚生活を過ごせているならいい。

907 :名無しさん@HOME:2012/02/06(月) 22:35:29.52 0
父に姉がいた。
・・・って書くとなんか普通そうに聞こえるんだけど、
父は三人兄弟の一番上の長男なので、上に兄弟がいるはずない。
どうやら祖父が祖母と結婚する前に出来た子供らしい。
十数年前、祖父の葬式のときに来たらしいけど、もちろん私は全然知らなかった。
それ以来も全然繋がりは無かったらしいけど、
まずその話を聞いたのが弟からだった。
「それいつ知ったの?」と聞いたら「うーん・・結構前だよ?」って。
わたしゃ全然聞いてないよ・・・嫁に出た後に聞いたのかもしれないけど、
自分だけ知らなかったことがなんだかなー。
知らないからって別に何があるわけじゃないけど。

あと、母が中絶してたこと。
私と弟の後に妊娠して、高齢なのと母の病気の関係でおろしたってのは知っていたけど、
私が生まれる前にも一回おろしてるらしい。
というのを祖母から聞いた。
その話を聞いたのは、私が流産してソウハ手術受けた後だったので、
おんなじ感覚でしゃべったのかもしれないけど、
聞いてもいないのに勝手に母が話してない秘密をしゃべるなと思った。
しかも私は流産後の気分落ちてるときなんですけど・・・
で、祖母自体も中絶経験ありで、父、叔母、叔母、の後に一人、
「妊娠しやすかったみたいだから中絶のときついでに卵管縛ってもらったのよ〜」なんて
ベラベラしゃべって、私がどう思うのか考えてないのかな?と思った。
ちょっとそこらへん感覚がずれてる祖母にモヤモヤ。

908 :名無しさん@HOME:2012/02/07(火) 00:50:16.40 0
父と叔母の二人兄妹だと思ってたら、祖母は戦後の経済苦で3人堕ろしてたらしい

自分もそういう辛い思いをしたはずなのに
なかなか妊娠しなかった母(嫁)に跡取り跡取りと呪文のように催促し続けてノイローゼに追いやってたこと
こういうのをトメ根性っていうんだろうか…
自分の祖母がと思うと辛い

909 :名無しさん@HOME:2012/02/08(水) 00:12:36.71 0
なかなか妊娠しないのとすぐに妊娠するのではベクトルが逆だから

910 :名無しさん@HOME:2012/02/14(火) 05:35:42.33 0
数年前父が亡くなり、諸手続きのため父の戸籍を取った。
そしたら三男だと思ってた父が何故か四男と書かれてた。
ずっと、すぐ上の兄が次男で父が三男だと聞いてたし
三兄弟それぞれ一郎二郎みたいに順番通りの漢数字が入った名前。
確かに長男と次男(戸籍上の三男)の間は随分年があいてたけど、
長男が幼い頃先妻死亡、私の父達は後妻が来てからできたので疑問はなかった。
本当の次男の存在は存命中の父も兄達も一言も言わなかったし、
母も聞いたことがなかった。
見たことない名前の次男は、書かれた年から推察すると
父のすぐ上の兄が生まれる前に亡くなったらしい。

父実家は田舎の旧家で、百年を超えるご先祖の法要もやってる。
結婚で別に家を構えた父の法事はうちでやるけど、
長男や、成人したが結婚する前の若いうち亡くなった次男(戸籍上の三男)の
法要はあるのに、仏様としては兄弟中で一番古い戸籍上の次男のは
法要も墓碑も何もない。
末っ子の父が亡くなった時点で兄達は既に全員亡く、実家は長男の息子の代、
菩提寺住職は孫の代、分家の人達も当時を知る世代は亡くなるかぼけたかで
聞けないでいたら、祖父の代に奉公人として住み込んでた
ご老人から法事の時話を聞けた。

911 :名無しさん@HOME:2012/02/14(火) 05:38:59.84 0
先妻は死んだのではなく離婚して実家に帰されたそう。
戸籍上の次男は祖父との間の子ではなかった。
生まれた時はわからず次男として届けたけど、病弱な子で
治療中に血液型を調べることがあってわかったらしい。
なので子供達を残して実家に帰した。
不義の子の次男を祖父が育てる義理もなかったけど、離婚理由が不義密通じゃ
外聞が悪いので何か他の表向きの理由で離婚して、そういう場合
ことに男児は婚家に残して嫁だけ出て行くのが常だったから。
次男とともに追い出すと、不義密通バレバレで体裁が悪い。
その子は幼くして亡くなり、後妻をもらってできたのがすぐ上の兄と父だと。
三男に二、四男に三の入る名前をつけたのは祖父。
次男はいなかったものとしたかったのかな。
他の男の子を息子だと思わされた怒りやら恥辱やら
色々思うところはあるだろうけど、悪いのは先妻であって次男じゃない。
幼いうち死んでるから相続問題なんかもなかったし。
と思うのは、自分が当事者じゃなく一歩離れたとこから見てるからなのかな。
何十年も顧みられず法要どころか存在すらなかったことになってる
幻の伯父さんの遺骨は今どこにあるんだろう。
元奉公人さんもそこまでは知らなかった。

912 :名無しさん@HOME:2012/02/14(火) 10:28:13.90 0
胸にぐっとくる秘密だわ。
名もない幼くして無くなった方の冥福を祈りたい。

913 :名無しさん@HOME:2012/02/15(水) 11:30:55.55 0
>>907
体大丈夫かな?
昔の人の中絶の感覚って、お腹痛いから病院で薬貰ったと同じくらいの感覚だから、モヤモヤするだろうけどスルーしたほうが気分的に楽だよ。
「そういう事は傷つく」と伝えても「当時は特に珍しい事でもなかったのよ。ナーバスねぇ」なんて返されたら余計傷つくしさ。


914 :名無しさん@HOME:2012/03/05(月) 00:49:27.31 0
でい

915 :名無しさん@HOME:2012/03/08(木) 15:51:53.80 0
満州から引き上げる際に、中国に残してきた伯父がいるらしいこと

916 :名無しさん@HOME:2012/03/09(金) 11:36:35.08 0
伯父のその後は不明?…なんだろうなぁ

917 :名無しさん@HOME:2012/03/09(金) 22:40:31.68 0
>>915
そういやちょっと前までは定期的にそういう引き揚げ孤児と日本の家族を再会させるためにTVや新聞で色々やってたけど最近見ないな。

918 :名無しさん@HOME:2012/03/09(金) 22:47:14.79 0
高齢化で死んじゃった人も多いからかな・・・

919 :名無しさん@HOME:2012/03/09(金) 22:52:27.08 0
>>917-918
残留孤児の訪問団は、人数が減っちゃったので個人対応になったようだ。
あとは「偽装残留孤児」とか「偽装残留婦人」が増えてですね…

920 :名無しさん@HOME:2012/03/09(金) 22:57:18.16 0
>>919
あぁなるほど。サンクス。
残留孤児、という単語が出てこなかった。

921 :名無しさん@HOME:2012/03/10(土) 21:20:17.38 0
祖母の初婚相手は娼家の若旦那だった(売防法施行前)。
うまくいかなくて一年位で別れたそうだが。
そもそも堅気の商家(娼家にあらず)の娘がなんでそんなところに
嫁に行ったのか、伯母の話では「なんかすごい美男子だったらしいよ」
とのこと。おばあちゃん面食いだったんかい、とオモタ。

922 :名無しさん@HOME:2012/03/10(土) 21:23:01.17 0
うちの両親が駆け落ち結婚で祖父母を含めた親戚も別に死に絶えていたわけではなかったということ
天涯孤独を覚悟していたのでいきなりいとこが10人できたときはびっくりした

923 :名無しさん@HOME:2012/03/10(土) 22:36:23.91 0
小学生の頃、父が入院した。4週間のはずが2ヶ月くらいの入院になった。
その間、病名はうやむやにされ見舞いも母のみ、退院した父からも
「大した病気じゃなかった」と言われていた。
なぜか退院と同時期に、当時まだ珍しかったウォシュレットが家に設置された。
特につながりはないと思っていた。
私が40歳目前になってやっと知らされた。父の病名は「ぢ」。
当時思春期の娘(私)に知られるのが恥ずかしくて嫌われたくなくてひた隠しに隠してきたらしいw
しかし当の私は出産の度に痔になり、育児真っ最中ということで悪い部分だけを
何度も切っていた。医師からは「遺伝性の痔核が16個あるね」と言われていた。
出産あたりでカミングアウトしても良かったろうに、と思っている。
男性のシャイさがかわいいよ父、と思う。

924 :名無しさん@HOME:2012/03/11(日) 11:00:23.55 0
>>922
いとこならまだマシかな。
親戚の人間性にもよるけど、いきなりいとこ10人もできたら
中にはイタタな奴もいるだろう。
天涯孤独の方が良かったと思うこともあるだろうね。

925 :名無しさん@HOME:2012/03/11(日) 12:49:15.97 P
>>923
ぢで2ヶ月も入院することあるのか?こえーっ。


926 :名無しさん@HOME:2012/03/11(日) 13:33:46.72 0
両親が中学の同じクラス時から付き合ってた事。
互いに違う高校、かなり離れた大学に進学したのにまだ付き合っていて、
卒業して24同士で結婚した事。

927 :名無しさん@HOME:2012/03/11(日) 13:43:36.02 0
>>925
この病気はにっちもさっちも行かなくなってから医者にかかる人が多い。
特に男性は大変なことになってからでないと来ない。
口コミやセカンドオピニオンもあまり無い。そして通うのに便利な医者はヤブが多い。
よほど悪化すれば人工肛門になる。しぬこともある。
笑い事じゃない。

私が世話になった専門医のお言葉。

928 :名無しさん@HOME:2012/03/11(日) 14:12:30.69 0
ああ、例のあの○ぼ○日記がまさにねぇ。

929 :名無しさん@HOME:2012/03/11(日) 16:11:38.96 0
そういや昔新聞に「ぢは苦しい・・・ヒサヤ大黒堂」の広告が定期的に出てたなぁ

930 :名無しさん@HOME:2012/03/11(日) 17:08:49.99 0
単純な切痔以外は我慢しても市販薬でごまかしても全快することはまずない。
行きつ戻りつ徐々に悪化していく。茶化す人が多いけど怖い病気だよ。
最近は痛み止めもいいのがあるし患者の負担が軽い治療法が増えているらしいけど、
30年ぐらい前だと大変だったろうね。

931 :名無しさん@HOME:2012/03/11(日) 19:35:21.07 0
>>928
それって延々治療を先延ばしにして薬で排便するようになって、結局尻の肉が腐った人のだっけ?

932 :名無しさん@HOME:2012/03/12(月) 17:18:52.45 0
何それ怖い

933 :名無しさん@HOME:2012/03/13(火) 16:45:57.73 O
両親の離婚の理由が
父のプライドが高いこと

母に隠れてこっそり投資して失敗して
失敗を母に知らせずリカバリーするために、さらに投資して
詐欺にひっかかって警察沙汰になって
でも反省せずにさらに投資して(ry

父はプライドが高くて失敗を母に言えず
失敗に失敗を重ねて膨大な借金をした

それで母が借金を返すために働こうとしたら
妻を働かせるなんて甲斐性のない男と周囲の人に思われるから働かせず

これで膨れ上がった借金が元になって離婚へ


934 :名無しさん@HOME:2012/03/13(火) 20:20:54.19 0
それプライド高いって言うかな?

ただの俺様で見栄っ張りなサイマー

935 :名無しさん@HOME:2012/03/13(火) 23:26:00.32 0
>>934
同意同意。クズじゃん。

936 :名無しさん@HOME:2012/03/14(水) 11:06:50.14 0
で、そのDNAは着実に遺伝してる場合が多いと。

937 :名無しさん@HOME:2012/03/14(水) 14:27:03.83 0
遺伝(先天)より環境(後天)の方が原因としてはるかに大きいだろう。

938 :名無しさん@HOME:2012/03/15(木) 01:15:29.41 0
一家心中にならなくてよかったね。
数年前、借金問題抱えてにっちもさっちもいかなくなった父親が
リセットするべく心中を企て、まずは一家皆殺しや瀕死の重傷を負わせて
自分だけ生き残るって事件が続いたことがあったから。

939 :名無しさん@HOME:2012/03/21(水) 21:54:54.69 0
昨年末に事故で急死した親父の遺産相続のため、
戸籍をさかのぼってとったら、
バツイチだったことを今日知った。母もわたしも。

年上の女性と駆け落ちしたらしく、
相手の姓を名乗っていた時期が2年ほどあった。
そんな過去が母にバレないように、
結婚当初に出生地から取り寄せた戸籍は偽造したらしい。
父方の祖父は戸籍係だったので。

わたしは全く予想しなかったので役所の窓口で呆然。
母はなんとなく思いあたるフシがあったらしく苦笑。
子どもいなかったから許すわと言ってた。
親父の財産って、
母が興した事業を手伝って作ったものなので、
子どもがいたら殺すと言ってたが……もう死んでるよ。

940 :名無しさん@HOME:2012/03/22(木) 00:48:35.75 0
まだ15年と10ヶ月なのだが・・・

自分の家が本家じゃぁなかったということ。
この御時世、この位気にすることではないんだろうか。

941 :名無しさん@HOME:2012/03/22(木) 08:09:46.66 0
むしろ、ラッキーかと思われる。

942 :名無しさん@HOME:2012/03/22(木) 14:53:50.92 0
うちの家は、曾祖父の代で一度破産というか潰れかけた
大人になってから知ったその原因が…

曾祖父は、何より食べることがとにかく大好きで
家は山中のド田舎にも関わらず
「○○亭のビフテキが絶品」とか「△△屋のトンカツが大評判」とか聞こうものなら
有り金全部下ろして町に出ていったまま何日も帰って来ない
曾祖父から音沙汰はないまま、家には色んな店からのツケの請求だけはどんどん来る

祖父(長男)はまだ子供だったが満足に学校も行けず
なりふり構わず働きまくって曾祖母と弟妹10人を食わせていたと

事業に失敗してとか、酒に溺れてとか、女と逃げてとかならよくある話かも知れないが
ただひたすら食欲だけで家を潰しかけた
曾祖父みたいな人を何と言ったらいいのかよく分からない
あまりに恥ずかしくて言えないから確かに秘密だと思った



943 :名無しさん@HOME:2012/03/22(木) 15:05:36.72 0
まさに、食いつぶしただね。

944 :名無しさん@HOME:2012/03/22(木) 15:32:32.99 0
>>942
食欲のために男を殺しまくった例のデブ女もいる訳ですし…

945 :名無しさん@HOME:2012/03/22(木) 22:54:22.01 0
父がかつて浮気をしていたこと。
怪しいな、と思った時期はあったけれど、まさか相手が職場の部下で、しかもダブル不倫だったとは。
相手の旦那は知らんらしい。
表沙汰にならなかった(母がしなかった)お陰で、父は役員になれて人事室長なんかもやってたという。
家に無関心だとは思っていたが、よくそれで「自分は家族のことを思って云々」などと言えたものだと呆れ返った。

ワーカーホリックの仕事人間だったし、実際仕事は出来る人なんだろうが、正直、“父親”や“夫”としては最低の人間だと思っている。

946 :名無しさん@HOME:2012/03/22(木) 23:18:50.29 0
>>939の戸籍偽造父のことを母に問いただしたら、
結婚前に父が年上の女性と住んでいて、
喧嘩になって手を上げたら、
父の♂の愛人と彼女が逃げたという話しは、
風の噂で聞いて知っていたらしい。
母は同棲していただけだと思っていたので、
結婚していたことに心底驚いて、
それを隠すために戸籍偽造していたことに呆れてた。

♂の愛人がいたことはうすうす知っていたけど、
その展開は……もう言葉にもなりません。

947 :名無しさん@HOME:2012/03/22(木) 23:26:05.51 0
>>943-944
父は「食い道楽」なんて表現してたけど
日本語として成立してるかは不安

曾祖父の反動からか、祖父母は白いご飯に奈良漬だけで生きていくって感じの人だった
それに若かりし日の父が反発して
腹いっぱいお好み焼きが食いたいという理由だけで関西に進学したという後日談…


948 :名無しさん@HOME:2012/03/23(金) 08:00:56.02 0
>946
>♂の愛人がいたことはうすうす知っていたけど、

そこをkwsk

949 :名無しさん@HOME:2012/03/23(金) 18:23:47.05 0
>>948
若い頃からゲイだと有名だったと母に聞いてたし、
♂と必要以上にスキンシップ激しい写真があったので。
男性アイドルをTVで見て、
「昔好きだった人に似ている」とかも言ってたし…。

母は噂では色々聞いていたけど、
ハンサムで出世の早い父へのやっかみと思っていたらしく、
「本当だったのね」と今さらながら呆れています。

950 :名無しさん@HOME:2012/03/23(金) 18:27:06.51 0
>>949
そういう人と結婚したお母さん、凄いわ〜

951 :名無しさん@HOME:2012/03/23(金) 18:58:38.16 0
ゲイじゃなくてバイだろ

952 :名無しさん@HOME:2012/03/23(金) 22:40:02.21 P
「三代前のおじいさんが酒で身上つぶした」っていう話よく聞くんだけど
ほとんど作り話なんじゃないかと思ってる。うちは昔は金持ちだったんだよーって
自慢にならない自慢話なんじゃないかと。うちの父方実家、母方実家両方とも
祖父の先々代が酒飲みで山を売ったって伝え聞いている。

953 :名無しさん@HOME:2012/03/24(土) 03:34:42.91 0
バイ戸籍偽造父を選んだ母は、
またトンでもない噂の持ち主なんです。
昔このスレに噂の内容書き込んで呆れられましたが、
本当に噂だけで真実ではなかったので、
父のトンでもない噂も気にしなかったみたい。
職場の部下でイケメンハーレムを作ってると聞いて、
「見に行ったらイケてる人いなかったから」
という理由で噂はあてにならないと思っていたとか。
チェックするポイント違うよ母…。

954 :名無しさん@HOME:2012/03/25(日) 11:43:19.53 O
母親に昔、母自身がB型肝炎キャリアだと、何かの話の流れで聞いた。
その時はふーんで流したが、大人になって、あれ?と思い始めた。
私と姉はキャリアじゃない。
母は元生保営業で医療関係じゃない。
父は予防薬飲んでたふうではなかった。
私はここ十数年モヤモヤしてる。

これは母は黒ですか?

955 :名無しさん@HOME:2012/03/25(日) 12:31:08.09 0
母子感染は必ずするわけじゃないよ。お祖母さんからお母さんに感染したけど娘さん達にはうつらなかっただけじゃない?
黒ってなんか失礼な気がする。

956 :名無しさん@HOME:2012/03/25(日) 12:35:25.99 0
おかあさんに聞いてみたら?

957 :名無しさん@HOME:2012/03/25(日) 15:01:55.32 0
あんまり感染力の強いウィルスじゃないから
エッチしても絶対感染するってわけじゃないし
母子感染も絶対するわけじゃないよ

958 :名無しさん@HOME:2012/03/25(日) 17:27:34.29 0
>>954
今はそうあることではないけれど、というか無いはずだけど、祖母が輸血のせいでC型だった。
約30年位前にも、輸血だか血液製剤だかに混ざってたことがあったらしい。
その時期に手術経験がある人は検査してくれ、と何年か前に病院から連絡があって母は検査に行ったけどキャリアではなかった。
もしかして、貴方のお母さん30年位前に手術経験ない?

959 :名無しさん@HOME:2012/03/25(日) 17:57:17.91 0
学校での注射器遣いまわしとかもあったらしい

960 :名無しさん@HOME:2012/03/25(日) 18:57:20.90 O
皆様ご意見ありがとうです。
モヤモヤが少し晴れました。
母は結婚前に盲腸をしたので、そこかもしれません。
母の仕事のお陰で私達は進学できたので、母のことは尊敬してます。
なんで、そんな考えになったかというと、私が幼い頃、姉が「母は結構遊んでる(遊んでた)」的なことを私に言ってたので。
幼い私にはかなり衝撃的な内容でした。
こうして書くと私と姉は残念な人間だ。
お騒がせいたしました。

961 :名無しさん@HOME:2012/03/26(月) 18:17:26.71 0
>959
“らしい”じゃなくて“あった”
注射針、取り替えること無くアルコール綿で拭いて回し打ち
3,4番目あたりになると、針先が鈍ってくるから
刺す時が、1番目の時より痛くなる


962 :名無しさん@HOME:2012/03/26(月) 19:19:13.40 P
まぁ母ちゃん世代の「遊び」は男女混合でハイキングによく行ったとか
ボーリングに行ったとかそんな程度だったりするから
いま現在娘さん達が母に対して感謝してるなら
そんなに深く考えなくてもいいと思うよ。

963 :名無しさん@HOME:2012/03/26(月) 19:33:45.72 0
感染症予防に緩い時代だったからね
歯医者、理髪店(顔そり襟そり)、病院
滅菌、消毒、使い捨て器具
今ほど徹底してなかった

964 :名無しさん@HOME:2012/03/26(月) 22:15:53.91 P
>>961
針先は拭いてなかったよ。
そのまま続けて刺してた。

965 :名無しさん@HOME:2012/03/26(月) 22:21:15.93 0
うわー同じ針をアルコールで拭いて使った光景を確かに見た・・・・

966 :名無しさん@HOME:2012/03/27(火) 00:18:19.96 0
自分も小学生の時に見た気がする…

967 :名無しさん@HOME:2012/03/27(火) 00:23:00.00 0
母(50代)が>>961とおんなじこと言ってたなぁ・・・
何番目かになると痛いから嫌だったとか。
自分のときはもう一人ずつ換えてたけど。

968 :名無しさん@HOME:2012/03/27(火) 09:38:48.36 P
痛くて怖いスレになってるよー泣

969 :名無しさん@HOME:2012/03/27(火) 11:43:02.65 P
秘密ではないんだが、最近まで知らなかったこと。
うちの両親が結婚した時はいわゆるマスオさん型の同居だった。
家には母の父(祖父)と年の離れた異母妹(叔母)がいたんだけど
私が生まれて間もなく祖父が亡くなり、私が物心つく頃には叔母は
独立していた。ずっと知らなかったというか気づかなかったのが
その叔母の年齢。叔母は母と15歳差で、中学卒業と同時に家を出て
一度も家に戻らなかった。
母は子供の頃、一人っ子で我がままいっぱいに育てられ、
その後継母と折り合いが悪くとまぁよくあるひねくれた性格の持ち主で
子供の頃の叔母にもずいぶんきつく当たってたらしく、私の姉は小さい時
そんな様子を見ていたそうだ。
たった15歳で家を出て自活し、一切の親戚づきあいもせず、家にも戻らず
生きてきた叔母の孤独を思うと切なくなった。

970 :名無しさん@HOME:2012/03/27(火) 15:23:53.46 0
母の気持ちを考えてしまった・・・。
実の親子で仲良く暮らしてたのに、離婚か死別か知らないけど、実母がいなくなり
知らない女が後妻に入り、15歳差の妹まで生まれて、家での自分の地位が危うくなってきた。
結婚して、マスオさんだったのは、異母妹に家を盗られないための対策だったのかもしれないね。
実の母と楽しく暮らしてた家(めっちゃ想像w)を取られたくない!という母の意地を感じる。


>一人っ子で我がままいっぱいに育てられ、

ここ、偏見が入ってないか?w
結婚した時、家には母の父と異母妹がいたと書いてあったけど、後妻さんはどうした?

971 :969:2012/03/27(火) 22:19:36.90 P
実母も継母も死別。
姉妹ともに幼い時に実母を亡くしてる者同士で
励ましあって生きてきたって言えば美しい話なんだけどね、
とても仲が悪い。めったに会わないし。
母が結婚した時、継母はもう亡くなってたから、マスオさんになった。

972 :名無しさん@HOME:2012/03/28(水) 07:19:51.07 0
「かにみそ」がかにの●じゃなかったこと。
小さい頃から「これはかにの●だからね。身体に悪いから、かーさんが食べてあげるからね」
と言われて、素直に信じていた。
社会人に成り立ての頃、それを言ったら大爆笑された。

食い物の恨みは怖いんだぞ、カーチャン…

973 :名無しさん@HOME:2012/03/28(水) 07:21:43.72 0
あ、家族の秘密だった。誤爆ゴメン。
母が大嘘つきだったのを、オトナになってから知った、と言うことにしておいてorz

974 :名無しさん@HOME:2012/03/28(水) 09:41:50.86 0
かわええw

975 :名無しさん@HOME:2012/03/28(水) 09:57:34.28 0
自分が30近くになった頃、姉に聞かされたこと。
うちの父親は夭逝した人を含め八人兄弟なのだが
その兄弟達から産まれた男子(自分の兄弟と従兄達)のほとんどが
前科者か精神病院行きだということ。
・長男の息子 まとも(でもその息子は精神病院行き)
・次男の息子 前科者
・三男の息子 精神病院行き
・四男の息子 前科者
(長女〜三女は娘のみか子梨。夭逝した人がひとり)

たまたまなのか、呪われてるのか?
さすがにこういうことは知人友人に話せんよ……。

976 :975:2012/03/28(水) 09:59:26.85 0
連投すまん。
子供の頃は
兄弟のことはともかく
従兄達のことまでは知らなかった。
だから姉から聞いて、えっ、てなった。

977 :名無しさん@HOME:2012/03/28(水) 11:00:37.22 0
呪いの前に遺伝を心配しないの?

978 :名無しさん@HOME:2012/03/28(水) 12:06:34.29 0
>>975
お姉さんや自分は大丈夫そう?

979 :名無しさん@HOME:2012/03/28(水) 22:18:40.40 0
ドクターKで男子がみな早死にする話はあったっけ。
遺伝病が原因。

犯罪者の軽度知的障害者率は高いというし、
軽度知的が原因で精神やられる人はけっこういるし、
遺伝も可能性あり?

980 :名無しさん@HOME:2012/03/28(水) 22:51:43.47 0
単に環境の問題じゃないかと思うんだが。
従兄弟のことはよく知らないってくらいだから他の親戚とは離れてるんだろ。
父親の実家が膿家でスポイルされた男子達が同じような道を辿ったのでは?

981 :名無しさん@HOME:2012/03/29(木) 02:47:48.94 0
発達障害と遺伝について研究した人がいて、
サンプル家庭数が少なすぎるので確定ではないんだけど、
調べた家庭の中に、男女ともに原因と思われる遺伝子はあるが
男子にしか障害が現れてなかったっていうのがあった。

ソースはググって掘り出したどこぞの大学の論文PDF
んなもんなんで探したかって自分の家系もなんか怪しいから

ちなみにサンプル家庭の中には、
遺伝的要素が見つからなかったのもあるらしいので
あくまでも、遺伝が原因である場合もあるかもしれない、程度の結論だった。

982 :名無しさん@HOME:2012/03/29(木) 05:56:41.10 P
ウチには自殺した身内がいる。
と言ってもその人は私から見ても祖父(故人)の弟という遠い関係で
死亡したのも大昔。私が産まれるン十年前とかのレベル。
先日身内の集まりで親族の話題になった時に
バカ親父がうっかり甥の前で自殺した身内の話を始めてしまい気まずい雰囲気。
「自殺」という単語は出てなくて「早くに亡くなった」という程度だったのだけど
小学生の甥は「なんで?なんで死んだの?」と食いつく食いつく。
そらそうだわ。
しかたがないので病死だよ昔だからねとみんなで口裏合わせておいたが
それこそ「甥が大人になってから知る秘密」を作り出した気分。
子どもの前で余計な話をグダグダと始めんじゃねーよボケ親父が。
まぁ甥にとっては曾祖父の弟なんて古代生物も同然だから
このまま忘れ去ってくれればいいし大人になってからも
私や兄が言わなければそのまま知らないで済むだろう。
津波で母を亡くした子の頭の中に「身内が自殺」という情報を入れたくないので
秘密を守り通すことにするよ。王様の耳はロバの耳。

983 :名無しさん@HOME:2012/03/29(木) 11:31:55.24 0
>>982
あなたにとってもそこまで遠い親戚なら甥っ子には尚更だし、覚えてもないだろうし、大きくなったら一人くらいそういう人がいても気にしないと思う。遠縁だし。

984 :名無しさん@HOME:2012/03/29(木) 17:27:02.60 O
ウチの母が泥だったかもしれないと言う話を
ある日、妹からスカイプで聞いてしまった。

妹によると子供の頃、夜中トイレに行ってたら
母がまさに父の財布からお金を抜き取ってる現場を目撃してしまったと言う。
すると母は慌てるどころか人差し指を口に当てて
「シーね」と、やたら手慣れて落ち着いた様子だったとか…('A`)

しかし、よくよく考えてみれば
昔から父は母に「お前また俺の財布から金盗みやがったな!」とか怒鳴ってたし
独身の頃、しょっちゅう目が覚めたら財布からお金がなくなってたのも
ひょっとしたら母の仕業だろうかorz

と、泥が遺伝しなくて良かったなと思う反面
家族相手になにやってんだオカン…と悲しくもなる話だった。

985 :名無しさん@HOME:2012/03/29(木) 17:35:26.23 0
被害者は家族だけかな?

321 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.01.03 2014/02/20 Code Monkey ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)