[PR] 男の高収入求人【関西】【九州】激熱!! [PR]
2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【音楽】辻井伸行さんが英音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールで公演、6000人の聴衆から拍手喝采

1 :禿の月φ ★:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???P
新進ピアニストの辻井伸行さん(24)が16日
(日本時間17日)、英国の音楽の殿堂といわれる
ロンドン中心部のロイヤル・アルバート・ホールで公演した。

英BBC放送の主催で毎年夏に約2カ月間行われる
世界最大規模のクラシック音楽の祭典「プロムス」に招かれ出演。

ロンドンでの公演は昨年5月に続き2回目で
「このホールで演奏できるのは光栄なこと」と話した。

辻井さんは生まれつき目が見えず、09年のバン・クライバーン
国際ピアノコンクールでの優勝をきっかけに脚光を浴びた。

共同電によると、この日は同コンクール決勝でも弾いた
得意曲であるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏。
約6000人の聴衆から拍手喝采を受けた。

ソース:スポニチ Sponichi Annex
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/07/18/kiji/K20130718006241770.html
画像:16日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで演奏する辻井伸行さん
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/07/18/jpeg/G20130718006239920_view.jpg

2 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:kcQyU0SV0
ナニコラタココラ!

3 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:upup17TC0
ロイヤル・アパートかと思った

4 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:tEQjBh8D0
日本人として誇らしい
ホルホル

5 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:EtvydkE00
レッドツェッペリンのロイヤルアルバートホール公演がすき

6 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:qP7wAPnh0
アルバート・ハモンド

7 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:fiJcDvmP0
全盲だと、どんなに頑張って弾いても
「すごい演奏」でなく「すごい曲芸」と思われてしまうのが気の毒

8 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/PBRkoZH0
>>7
>>7

9 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:OPEViUGo0
>>7
欧米ではその肩書きない
というかなくそうとしている

日本はダメ

10 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:iXcebDnIO
この人は健常者だったら評価されてた?

目が見えないわりには凄いって評価?どっちなの

11 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:q2mHsxri0
youtubeで見たけど、バン・クライバーンピアノコンクールのラフマニノフ2番は酷かったな。
指揮者が全然、辻井君の演奏に合せなくて、メチャクチャだった。

12 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:aPArJjXc0
同じような感じのバイオリニストがいたけど、
今じゃあまり聞かないし、結局は「目が見えないのにすごい」
ていうだけで、正当な評価受けられないよな。

13 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:wwbwNjo00
全盲のピアニスト 辻井伸行
全聾の作曲家 佐村河内守(さむらごうち まもる)

ピアニストのフジ子へミングも左耳の聴力が40%あるだけで右耳は聞こえないし、

日本のクラシック業界は、障害者しか話題にならないのかwww

14 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:OfEbgZsQ0
>>9
そうなんだよな。まったくその通り。
「そういう大道芸的なことは
やらないようにしましょ。ね、わかるでしょ?」っていう空気感すらある。

腐る程天才ピアニストを輩出していて
才能あふれるあのユダヤ人たちでさえ、
全盲ピアニストなんていないんだぜ?
キリスト教含め、 宗教上の禁忌みたいなものがきっとあるんだろう。

15 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:3YNKfNaO0
>>13
一般の話題には乗らないが海外で普通に演奏活動してる日本人奏者はいるよ
マスコミが一般人向けにリリースするクラシックの話題はこんなんでもないとみんな興味ないしどーでもいいでしょうが

16 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:wwbwNjo00
>>10
目が見えないハンデは確実に演奏に現れている。
だから、目が見えないわりには凄いって評価。

パラリンピックなら断トツで金メダルだけど、
オリンピックなら予選落ち。
日本人でもっと上手いのはゴロゴロいるから、日本代表として参加すら出来ないと言う人もいるけど、
一応、ショパン国際ピアノコンクール出場で、2次予選敗退だった。
http://www.youtube.com/watch?v=BRf5b_koSC0

17 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:qPq8HVY70
ショパンコンクール出たんだ
この世界も結局売り方次第ってことなんだな
まぁクラシックに馴染みが無い人達からすりゃ違いなんかわからんだろし

18 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:OfEbgZsQ0
>>17
所属がえーべっくすってことからもわかるだろww

19 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:V1PflkyF0
>>1
>得意曲であるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏

この曲って、「のだめ」で有名な曲だよな。
→ http://www.youtube.com/watch?v=dYo1cFg3aRU

20 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:vszYBwNE0
偽善者共のオナニーか
2chの方がよほど健全

21 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:BJnQ1rxb0
この人、ピアノの才能は実際どうなの?
全盲なのにここまで弾けるのは凄いっていうレベル?
それとも目は関係なく純粋に凄いの?

22 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:eBdmskViO
>>10
テクニカルな奏者じゃないよ
ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールってのは将来性のある若い新人ピアニストをデビューさせるのが目的
選考基準の審美眼はチャイコフスキー国際コンクールより上と言われてるコンクールなんだけど
一方で優勝者は過酷な演奏スケジュールを要求され、ことごとく潰れてしまうと言ういわく付きのコンクールでもある
まあ、健常者でも辻井伸行みたいにあのクソ難曲なLisztのラ・カンパネラを、耳の肥えた西洋人の前で情緒的に弾きこなして、オマケに観客を号泣させるのは難しいね

23 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:dCNDBQtP0
朝から嫉妬が続きます

24 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:T+5wr7qC0
天安門で大虐殺

25 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:+skEJdSP0
>>16>>22
どっちやねん

26 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:IKLCN9MkO
そもそもピアニストなんてみんな鍵盤見なくて弾けるっての
だから全盲にしてはとか言って区別してるここの連中に上手さなんてわかるわけないだろw

27 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:LlnVDXydO
>>25
別に矛盾してなくね?

28 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:U4KGR1h+O
もう少し親や周囲の人々から人間的に自立しないとこの先厳しいのかな?
あと、作曲した作品は幼い感じがしてあまり感心できない。

29 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:P98BBLjIO
>>26
楽譜が読めないのはハンデじゃね
確か耳コピで曲覚えてんだろ?

30 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:IKLCN9MkO
>>29
楽譜なんて全盲で一般人より耳のいいやつには必要ないから
まあクラシックは長いから全て覚えるのはハンデかもしれないがプロのピアニストなら自分のやる曲ぐらいは暗記出来るはずだけどね
楽譜読めなくても世界三大テノールに成れるぐらいだから音楽ってのは目より耳が重要

31 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/PBRkoZH0
>>26
楽譜が読めない
指揮が見えない
だけでも確実に不利だよね、だからこその賞賛でもあるわけで

32 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:eBdmskViO
>>25
ショパン国際ピアノコンクールはテクニカルだわ
当時の辻井伸行のようなミスタッチが比較的多いピアニストには優勝なんて出来ない
ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールは違うわな
2009年の優勝者が辻井伸行とチャン・ハオチェンだったのはテクニカルな才能は中国人、個性的な才能は日本人って事なんだろうよ
まぁ、中村 紘子みたいなテクニカルなピアニストや音楽を愛する演奏家は腐る程いるが、音楽の神から祝福を受けた演奏家は稀だって話し
何を弾いても一発でフジコ・ヘミングなのは、それが類い希な祝福を受けたピアニストだという証だろう
まぁ、辻井伸行がこの先どちらになるかなんて知らん

33 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:tPBlPzRG0
さだまさしがコンサートしたとこだな

34 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:wqTr0Gcd0
>>13
障害者で音楽家は多いよ。
まあ辻井さんが脚光浴びたときはヘルムート・ヴァルヒャの
例がよく持ち出されたし、イツァク・パールマンは車いすだし、
レヴァインとかホルストシュタインはなんとなく奇形の体つきだし。

童貞も多い。
おそらくベートーヴェンとシューベルトは一生童貞だった。
ブラームスとかマーラー、ブルックナーも奥手だった。
ドイツ人の音楽家はまじめすぎるんだな。

音楽は芸術そのものと言われるくらい高度だから、
そのぶん人生の犠牲も大きくなるのかも知れない。

35 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:U4KGR1h+O
普通はまず譜面を視覚的に見て、
そこに書かれたさまざまな音符や記号から作曲家の意図を解釈するわけでしょ。
文章を視覚的に読むのと一緒。視覚的な文字のニュアンスを含めて解釈できる。
目が見えないとそれが困難だと思われる。

36 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:wqTr0Gcd0
>>35
ベートーヴェンは音が聞こえない中で第九とかハンマークラヴィーア
を作曲したんだが。音楽家にとって目が見えないのと音が聞こえないのと
どっちがハンデだと思う。

37 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:m8ORHnJh0
>>34
ブラームスはくららとやりまくってたよ絶対

38 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:fiJcDvmP0
>>37
やってかたどうかワカランけど
クララをおかずに抜きまくっていたのは確実

39 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:AtZwaEDE0
ベートーヴェンとシューベルト一生童貞だったって事はないんじゃないか
娼婦買った事くらいあっただろ

40 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:IKLCN9MkO
>>35
でも音符って一般的にわかるようにするツールだからな
そりゃ作者の意図をわかろうとするなら元の楽譜見るのがいいんだけど所詮記号だから
同じ譜面見ても解釈は人によって変わるし耳コピでも超一流の音源から耳コピしてるだろうからマイナスばかりとは思わないけどな

41 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:fiJcDvmP0
>>39
シューベルトは売春婦から梅毒をうつされたという説があるらしい
貧乏で五線紙が買えないから梅毒の水銀療法の説明書の裏に記譜してたとか

42 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:U4KGR1h+O
>>36
生まれつきじゃなくて途中から耳が不自由になったのであれば、作曲は可能なのかな。
頭の中で音を鳴らせるし、理論的に作れる所もあるだろうし。
今も佐村河内守さんみたいな人が話題になってるみたいだし。
だけど演奏だと厳しいんじゃないかな。自分の出す音の強弱や音程がわからないだろうから。
でも難聴の打楽器奏者で有名な人はいるみたいだね。

43 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:jzYgezEj0
>>40
耳コピの元音源が楽譜とは似ても似つかないものだったらそういう曲になっちゃうよ
耳コピオンリーならね
だから点字楽譜もちゃんと読まなきゃ

44 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:+skEJdSP0
>>32
門外漢にも判り易い解説乙
志ん生型でも文楽型でも、まあ、どっちでもいいから
辻井くんが芸術家として大成してもらいたい

45 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:i/sh1zxm0
この人の明るい音楽性は好きだけどな

46 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:e/JkZ2NM0
>>13
和製スティービーワンダーとかレイチャールズを出したいんだろう。

47 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:wwbwNjo00
辻井君の場合は、東京音大の川上昌裕先生という6才からピアノを教えていた先生が、
「符読みテープ」というものを作って、辻井君がこれを聴いて練習する。
このテープには、先生が右手と左手別々に弾いた音が入っていて、
同時に音色やリズム、強弱記号などの情報が声で吹き込まれている。
また、作曲家がどんな思いを込めたのか、目標とする表現はどういうものかといった
解説まで声で入っている。

生まれながらに全盲だから、音符を見たことがないので、点字音符も使えないらしい。

子供の頃から、音大の先生がここまでやって育てたのが辻井君な訳で、
彼の成功は川上先生との二人三脚と、三枝成彰のマスコミへのプッシュの成果。

あと、お父さんが産婦人科の開業医で財力があったのも大きいね。
お母さんもすごい美人だしねwww

http://hon.bunshun.jp/articles/-/1565

48 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:o7CzARA50
音楽の中でテクニックの要素が占める割合って
このレベルになるとどんどん小さくなってくるね。

芸術性音楽性人間性世界観とかの要素が
はるかに大きい。

49 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:xODGyV6M0
この人やグラサン作曲家の人はやっぱ障害者補正入って評価されてんのかな
俺音楽わかんないんだけどどうなんだろう

50 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:wqTr0Gcd0
>>49
辻井君はまだ若すぎるから。

音楽家としての評価はあと10年先だよ。

51 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:goerzGg8O
>>32
ピロコがテクニカル?
フジコの才能?

おまえがシロートだということがよくわかった。
嘘を語るなよ。知ったかぶり野郎。

フジコは「下手くそ」だ。

52 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:C+betrY4O
障害者で凄い
美男美女で凄い
子供で凄い
ってだけで実力はそこまでじゃない人ばっかりだけど
実力二流でそういうオプションがある人の方が
CD出したら売れるんだよね

53 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:goerzGg8O
>>47
誰もが東京音大に進学すると思ってたら、
ユッキーの上野学園だからな、当時はびっくりしたよ。
川上マチャの努力をユッキーが横取りしたようにしか見えない。
ソルフェやセンターを考えたら芸大は無理だけど、
東京音大なら形ばかりの試験か面談のみで行けただろうに。
上野学園のこれからが末恐ろしいというか、
大化けするのだろうか?
講師陣はスゲエな、上野学園。
なんで生徒はあんなに馬鹿ばかりなのだ?
演奏家コースはマトモなのか?
普通コースの生徒の学費を、講師陣と演奏家コース生徒のギャラにしてるのか?

54 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:zOVbi0U40
才能はあるのかもしれんが如何せん顔が気持ち悪すぎる

55 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:o7CzARA50
それなりのコンクールで1位になったのは
やはりそれだけのものを持ってるよ。

カルテットなんかやオケの人間からは総じて好評。
音楽家から好かれるタイプだね。

56 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:IzgDtntQ0
>>10
 
音楽的にもメカ的にも、普通のプロの演奏家とは比べものにならないよ( きっぱりと )。
一言でいえば、大ざっぱで、雑過ぎる。
もっと楽曲の隅々まで気を配って丁寧に弾けよ、って耳をふさぎたくなる演奏。

てーか通常のスコアを見て、アナリーゼを思考できないのは、
非常にハンデだということが良くわかる。

演奏表現文法で、アーティキュレーションっていうのがあって、
音型のつなぎ方や切り方を規定し、ニュアンスや表情を与えるんだけど、
それができてないのは、点字スコアだと限界なんだろう。
バロック楽器やエレキギターでおなじみのTAB譜でも、アナリーゼは無理だしね。
それじゃ話にならない。

辻井の「 展覧会の絵 」で驚いたのは、
いきなりプロムナードで 「 間違った呼吸 」 を入れていて、
「 4分の5拍子 + 4分の6拍子 」 を崩してしまってたこと><
ヴァイオリンは弓の返しでフレージングやアーティキュレーションを際立てやすいが、ピアノは難しい。
だからこそアーティキュレーションを注意深くしっかり意識して、
彫りの深い立体的な演奏を心がけるべきなのに。。。辻井はそれ以前の話( 苦笑 )

また純粋なメカでも、ハンガリー狂詩曲やショパンOp.10-10なんか
妙にはしょったり、弾き飛ばして団子になる部分が露見するんだよな。
そんなに指がまわる方でもないのに。。。
リスト超絶技巧4番「 マゼッパ 」 ニ短調なんか、辻井には絶対無理だw

ま、辻井には何も罪はないけど、エイベの、ねつ造寒流並に香ばしいごり押しがむかつくね。
 

57 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:fwPXz8K90
音楽をサーカスと比べたり勘違いするのは
必ずいるんだよ。

58 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:tV68cvR80!
プロムスの演奏をBBCのラジオで聴いたけど、コンクールの時より、技術的にすごい上達してんじゃん。
ラフマニノフも、アンコールのラ・カンパネラも。もう「目が見えないわりには凄い」じゃないと思う。
コンクールでも、その将来性を評価されたんじゃないの?
性格が明るいから曲想など大雑把かもしれないけど、これから変わっていくだろうし、
技術的にも大雑把かもしれないけど、他の人にないある種の技術を持ってると思う。小さい時から。

59 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:duc3CmO0O
チケットがなかなか売れないウチの県でも
即日完売なんだからすごいわ

60 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:ZMpwOg4MO
音楽に限らず芸能なんてのはある程度のレベルから上の違いなんかは素人には解らない
芸術分野で満員にするには違いの解る人だけでなく素人も入れなきゃいけないからネームバリューや障害者がもてはやされるんだよね

61 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:rKlcl6L80
辻井もフジコ・ヘミングも特に上手いとは思わんし感動もしないな。

62 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:Z4xR0DBf0
でもリズム感は特筆すべきものがある。
あれは感動的なんだ

63 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:iyda5Ii30
>>58
末尾!ってことは半島エイベ糞か
工作必死だな

64 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:tV68cvR80!
>>63
BBC見てるんだからイギリスだよ。

65 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:iyda5Ii30
>>64
フシアナしてみw

66 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:oD3/3Wm+O
「僕アルバートォオオオ!」

67 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:T6alJO2Q0
また意地悪な指揮者にあたったりして
わざとピッチを上げて演奏させたりとか

68 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:rqajospx0
テクニック、音楽的には何ひとつ評価するものがない。

69 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:xJkLk3nB0
神経質っぽい演奏が苦手...。
なんかキーシンと似てないか?

70 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:CYKRmNY80
この人の作る曲って穢れがないよね
ドロドロした情念が一切ない
悲しみの表現さえ「純粋な悲しみ」っていうか…上手くいえないんだけど
はじめはそこがちょっとつまんないかなーと思ってたけど、
最近はそれって稀有なことだと思い始めた

71 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:Z4xR0DBf0
>>70
いいとこ見てると思う。
どれも似たような曲になってるし
作曲的にはその専門からみると色々言いたいことありそうなところだが
だれもあえて指摘してないようだな。

辻井の音楽性を高く評価してる一つの理由だろう。

72 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:yGB+qj0V0
ほう、ロイヤルアルバートホールで向こうの観客のみで単独公演したか、認めよう
日本のロックバンドも、同様な偉業達成したら認めてやるよ

73 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:tV68cvR80!
「Promsでは珍しいスタンディングオベーションが起きている」(ラジオアナウンサー)

74 :名無しさん@恐縮です:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:3a4G8kP10
エグザイルの人に寄生されて困ってるんだよな

75 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:mHI+YNQtO
この人が演奏会をしているかたわらで
ママが今だに『私の子育て論』みたいな講演会しちゃうのはどうなのかねぇ‥
辻井クンももう25歳になるんだし、
もう少し大人の男性として扱ってあげたどうなんだろうねえ

76 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:hnSy7GYC0
演奏、音楽性そのものについては翌日には誰も話題にしない。
口にするのは盲目サーカス芸についてだけ。
ここの書き込みみても、そーいう現実の厳しさがあるね。

77 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Yywo9f110
全盲のオルガニストHelmut Walchaの録音聴いてみ、
CD10枚のが1200円ほどで手に入るから。

78 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:fjsTsyaxO
単なるカタワのビアノ弾きとヴァルヒャと比べるんじゃねえよ。

79 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:4G7Xwxsv0
そういやベートーベンもカタワだったなw
芥川龍之介は親子揃ってキチガイだしw

80 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:7/ardsjA0
自作の曲が幼稚、立ち居振る舞いも子供っぽい
親離れしてなさそう
母親が世話を焼きすぎるのが原因か

81 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:fOZ1MwH60
まあ、20代だからね。
マイケルは晩年もマイケルらしかったけど。三枝成彰は今後どう言う方向に持って行きたいのかなあ?

82 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:wyogH4E10
>>25
>>16だな。
>>22>>32をみてもわかるように
ちよっと的外れなこと言ってます。
カンパネラなんてそんなにクソ難しくないし
(まともな音大生はもちろん
国際コン出るような連中は平気で弾ける)
フジコがなんちゃら言ってる時点で眉唾度満点。

83 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:FzmGHFNe0
しっかしアマの音楽家ってなんでこんなひねくれてんねんww
真髄に近づくプロほど理論を振り回さない

84 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:wyogH4E10
>>30
とにかくね、辻井の演奏には膨大なコストかかるんよ。

ボランティアとはいえ、点字楽譜起こす人が2〜3人は必要だし、
コンサートなんかは全行程必ず事務所スタッフが同行しなきゃならんし。
そのコストをみんな回収しようとするから
えーべっくすに入って曲芸に磨きをかけるなんてことになる。
音楽の良心を守っていたら盲人は暮らしていけない。

同じ全盲ピアニストとしては梯君の方が
断然優れてるけど、良心守ってるから
売れない。お前ら知らないだろ?梯君の存在。

85 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:WFUj2eeU0!
>断然優れてるけど

好きだけど、そうか???どういう面で?

86 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:mHI+YNQtO
とにかく知名度を上げて演奏家として成功するためには、
芸術性以外の人目を引く何かが必要なのかの?
その点は辻井くんはランランの顔芸やファジル・サイに負けない存在はあるよ。
そういえば、去年の日本音楽コンクールのピアノ部門でも素晴らしい顔芸の人が何人かいたね。
流行ってるのかな?

87 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:9AfsLMmU0
カイジの作者じゃなかったのか

88 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:32TKBZRRO
>>71
どれも似たり寄ったりで、
はっきり言ってつまらん。
作曲なんかしないで演奏活動だけしてりゃあいいものを…

89 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:9iBbEcUa0
コンサートの選曲がなんか地味なんだよな
自作品もなーんか地味で小さくまとまってる感じ
もっと華が欲しいところ

90 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:WFUj2eeU0!
ランランの顔芸はむしろアンチを増やすだけでしょ?
YouTubeのコメント見たら、「顔の表情さえなければ」て人たくさんいるわ。
その欠点があっても聴きたいほどのテクニックや演奏ということでしょ?

91 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:xd5vznRx0
ピアノはまぁいいとして作曲の才能は皆無
手垢に塗れに塗れたメロディと4度進行の嵐
やっぱ作曲は特殊技能なんだなぁと思うわ

92 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:GlzHRy/w0
どこまで行っても大道芸なのが惜しいなあ

93 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:jpvGjatsO
欧米では受けそうな演奏するよな
ひたすらきれいっていう
俺としてはヘミングばあさんの演奏のほうが好きだがな
まあピアノ全くの素人なんだがね

94 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:ZrfBqtVSO
こんな顔して、日本の女優だけじゃなく、ハリウッドの女優も食い放題なのはちょっとうらやましい

95 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:wyogH4E10
>>85
まずなにより音が断然きれい。
本当に耳がいいってのがわかる。
そして大きくフレーズをつかむ感覚。
辻井君みたいに小手先情動的ルバートとか
無意味な曲芸弾きやらないところ。

96 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:WFUj2eeU0!
>>95
耳がいいし音が綺麗で、音楽性も大人だけど、テクニック的には?
辻井君も音が綺麗。

97 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:I2Z7TAdl0
本当は目が見えるんだよな、スティービーワンダーと同じ。
見えない詐欺。

98 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Uxrw8ULd0
正直めくらじゃなきゃ三流、でも世の中ってそんなもん

99 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:V/KVe1Vd0
嫉妬がうずまくスレですね。

100 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:wyogH4E10
>>96
まったく問題ない。テクはあるけど変にひけらかさない。
音楽の要請に応じたテクニックを使ってる。
ロンティボー3位だからな。
そのあたりの感覚はたいしたもの。

101 :名無しさん@恐縮です:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:WFUj2eeU0!
>>100
ロンティボー2位
ショパンコンクールのCD聞いたけどいまいち。

102 :名無しさん@恐縮です:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:eL4KLSKM0!
今、辻井君の映像で見たけどすごく良かった。ここで叩いてる人も感想聞かせてください。
日本でもBBC iPlayerのラジオで何日間か聴けるはず。33:10から。
http://www.bbc.co.uk/iplayer/episode/b036vstb/BBC_Proms_2013_Prom_06_David_Matthews_Rachmaninov_and_Nielsen/

103 :名無しさん@恐縮です:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:VnDInLTMO
日本のババアを騙すならカタワ最強

104 :名無しさん@恐縮です:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:CqKwyLRp0
この世界はうまいやつなんて、山ほどいるんだよ
うまいだけじゃ駄目な世界
キャラクターの強さ、何かうまさ以外のアピールがいるんだよ
目が見えないってことも、ある意味、個性であり
アピールポイントなんだよ

105 :名無しさん@恐縮です:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:rpu6Y047O
きれいすぎるんだよな
もう少し情がほしいと感じるのは俺だけか
でも演奏技術は文句なしに一流だし、ひたすら美しい演奏ってのもそれはそれで素晴らしい

106 :名無しさん@恐縮です:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:ZmAIIpsr0
アメリカの「クラシカル」ランクはボチェッリとか2チェロズとか
顔本位なのに、
日本は不細工と片輪(大人子供含む)と婆ばっかり上位。

107 :名無しさん@恐縮です:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:lR9F+UhkO
ピアニストなんて変わり者や変態ぞろいなんだから
辻井くんももっと変態になったほうが良いと思うよ。
ホロヴィッツもアルゲリッチもヒロコもフジコも変態に違いないし、
ラン・ランとかトリフォノフも見るからにド変態だね。
辻井くんの場合は本人よりも周囲にいる辻井ママや佐渡裕が変態なんだろうかね。

108 :名無しさん@恐縮です:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:mh8iW4Ce0
>>105
辻井の師匠がテク偏重だから
綺麗すぎるタッチ、音楽作りにはならない。
川上にしたって横山にしたって
ロシアものをどうかっちょ良く弾くかとか
初犯の10-2とか三度の弾き方とかは教えられるけど
綺麗な音を出すなんてことには
この師匠たちはこれっぽっちも興味ねーからな。

109 :名無しさん@恐縮です:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:HlNY3sW30
辻井は意図的に揺らしてるよ。
強弱も右左のバランスもリズムも。
小節ごとにタイミングをずらしてるもの
計算してやってる。
音楽というものを感じながら演奏してるのがよく分かる。

110 :名無しさん@恐縮です:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:XwY/bgBj0
>>109
なに言ってるかよくわかりませんw

111 :名無しさん@恐縮です:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:5hAfPBT10
綺麗な音を出したいと言うより
音楽を楽しみたい楽しんで貰いたいということだろ
jk

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.01.03 2014/02/20 Code Monkey ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)